manifoldcf-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From kwri...@apache.org
Subject svn commit: r1652071 - in /manifoldcf/trunk: CHANGES.txt site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/concepts.xml
Date Thu, 15 Jan 2015 12:02:17 GMT
Author: kwright
Date: Thu Jan 15 12:02:17 2015
New Revision: 1652071

URL: http://svn.apache.org/r1652071
Log:
Fix for CONNECTORS-1146. Committed on behalf of KOIZUMI Satoru.

Modified:
    manifoldcf/trunk/CHANGES.txt
    manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/concepts.xml

Modified: manifoldcf/trunk/CHANGES.txt
URL: http://svn.apache.org/viewvc/manifoldcf/trunk/CHANGES.txt?rev=1652071&r1=1652070&r2=1652071&view=diff
==============================================================================
--- manifoldcf/trunk/CHANGES.txt (original)
+++ manifoldcf/trunk/CHANGES.txt Thu Jan 15 12:02:17 2015
@@ -3,6 +3,9 @@ $Id$
 
 ======================= 2.1-dev =====================
 
+CONNECTORS-1146: Improve Japanese concepts document.
+(KOIZUMI Satoru)
+
 CONNECTORS-1145: File locking hangs when saving output connection.
 (Andreas Baumann, Michael Wilken, Karl Wright)
 

Modified: manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/concepts.xml
URL: http://svn.apache.org/viewvc/manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/concepts.xml?rev=1652071&r1=1652070&r2=1652071&view=diff
==============================================================================
--- manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/concepts.xml (original)
+++ manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/concepts.xml Thu Jan 15 12:02:17
2015
@@ -29,12 +29,12 @@
   <body> 
     <section>
       <title>概要</title>
-      <p>ManifoldCFは次いような目的のために設計されたクローラフレームワークです。</p>
+      <p>ManifoldCFは次のような目的のために設計されたクローラフレームワークです。</p>
       <p></p>
       <ul>
-        <li>シャットダウン及ぶ再起動からの回復力に強く信頼性の高いフレームワーク</li>
+        <li>シャットダウン及び再起動からの回復力に強く信頼性の高いフレームワーク</li>
         <li>差分更新に対応。収集するコンテンツの条件はジョブに定義します。ジョブを継続的に実行してコンテンツの差分を収集することができます</li>
-        <li>同時に平行して異なるリポジトリの種類と接続してコンテンツを収集することが可能です</li>
+        <li>同時に並行して異なるリポジトリの種類と接続してコンテンツを収集することが可能です</li>
         <li>コンテンツセキュリティに対応しています。ユーザ毎に閲覧可能なコンテンツのみの検索結果が表示されます</li>
         <li>高速。多くのコンテンツをそれなりの時間内に処理することができます</li>
         <li>メモリ利用を予測することができます</li>
@@ -45,7 +45,7 @@
       <section>
         <title>ManifoldCFコンテンツモデル</title>
         <p></p>
-        <p>ManifoldCFの各コンテンツはバイナリデータとそれに関連するメタデータから攻勢され、ユニークURIに関連付けられています。検索用に組み合わせて利用する検索エンジンはこのモデルに対応する必要があります。</p>
+        <p>ManifoldCFの各コンテンツはバイナリデータとそれに関連するメタデータから構成され、ユニークURIに関連付けられています。検索用に組み合わせて利用する検索エンジンはこのモデルに対応する必要があります。</p>
         <p></p>
         <p>コンテンツはアクセストークンと関連つけることができます。アクセストークンについては次の節で説明します。</p>
         <p></p>
@@ -59,7 +59,7 @@
         <p></p>
         <p>ManifoldCFセキュリティモデルでは、<em>権限コネクタ</em>が検索を実行したユーザのアクセストークン一覧を作成します。複数の異なるセキュリティで管理されたサーバを検索する場合は、権限コネクタがアクセストークンを組み合わせます。作成されたアクセストークン一覧は検索結果と共に検索エンジンに送られます。検索エンジンはこの情報を元にユーザに表示する内容
 ‚’制限することができます。</p>
         <p></p>
-        <p>コンテンツの索引を作成した後に、ManifoldCFは亜食えすトークンを検索エンジンに送ります。亜食えすトークンには「許可」と「拒否」の2種類のトークンがあります。なお、アクセストークンはActive
Directoryと同様に「共有」,「フォルダ」,「ファイル」にセキュリティを設定することができます。</p>
+        <p>コンテンツの索引を作成した後に、ManifoldCFはアクセストークンを検索エンジンに送ります。アクセストークンには「許可」と「拒否」の2種類のトークンがあります。なお、アクセストークンはActive
Directoryと同様に「共有」,「フォルダ」,「ファイル」にセキュリティを設定することができます。</p>
         <p></p>
         <p>検索エンジンはアクセストークンの内容に基づき表示する検索結果の内容を決めます。検索エンジンにSolr
1.5を利用される場合はこの処理を標準で行えるようにするためにApache
SolrプロジェクトにSearchComponentプラグインとそれを利用する説明書を提供しています(
<a href="https://issues.apache.org/jira/browse/SOLR-1895">SOLR-1895</a>)。</p>
         <p></p>
@@ -84,7 +84,7 @@
           <p></p>
           <table>
             <tr><th>コネクタタイプ</th><th>機能</th></tr>
-            <tr><td>権限コネクタ</td><td>はリポジトリに意味あるようにユーザ名とアクセストークを対応つけます。</td></tr>
+            <tr><td>権限コネクタ</td><td>リポジトリに意味あるようにユーザ名とアクセストークンを対応づける</td></tr>
             <tr><td>リポジトリコネクタ</td><td>指定されたリポジトリ(例:SharePointやWeb)からコンテンツを収集する</td></tr>
             <tr><td>出力コネクタ</td><td>収集したコンテンツと処理(追加や削除など)をバックエンド検索エンジン又はLuceneのようなエンティティに送信する</td></tr>
           </table>



Mime
View raw message