manifoldcf-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From kwri...@apache.org
Subject svn commit: r1651907 [2/2] - in /manifoldcf/trunk: CHANGES.txt site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml
Date Thu, 15 Jan 2015 00:17:12 GMT
Modified: manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml
URL: http://svn.apache.org/viewvc/manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml?rev=1651907&r1=1651906&r2=1651907&view=diff
==============================================================================
--- manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml (original)
+++ manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml Thu Jan 15 00:17:11 2015
@@ -45,28 +45,28 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-transformation-connections_ja_JP.png" alt="List Transformation Connections" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>始めて利用される場合は、変換コネクションは定義されていないかもしれません。変換コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。変換コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい変換コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい変換コネク
 ションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、変換コネクションは定義されていないかもしれません。変換コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。変換コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集、削除することができます。新しい変換コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい変換コネクション
 を追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-transformation-connection-name_ja_JP.png" alt="Add New Transformation Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブは変換コネクションの要素の纏まりです、タブ別にコネクションの異なる属性を指定できます。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。変換コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意性である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択す
 ると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>まず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。変換コネクション名はコネクションを識別するのに使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更できませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択すると以下のよう
 なページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-transformation-connection-type_ja_JP.png" alt="Add New Transformation Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>プルダウンリストに表示される変換コネクションタイプと異なるタイプから何が呼ばれるかはシステムインテグレータにより決められます。各種変換コネクションタイプの設定タブは其々のセクションで後述します。</p>
+                <p>プルダウンリストに表示される変換コネクションタイプと異なるタイプから何が呼ばれるかはシステムインテグレータにより決められます。各種変換コネクションタイプの設定タブはそれぞれのセクションで後述します。</p>
                 <p>変換コネクションタイプをプルダウンリストから選択して、「次へ」ボタンを選択してください。選択された変換コネクションの定義に必要な要素のタブが表示されます。また、ページの下に「保存」ボタンも表示されます。コネクションを作成する場合はこの「保存」ボタンを<b>必ず</b>選択してください。設定内容を破棄する場合は、「キャンセル」ボタン又はå·
 に表示されるメニュー項目を選択してください。</p>
                 <p>すべての変換コネクションタイプには「スロットリング」タブがあります。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/transformation-throttling_ja_JP.png" alt="Transformation Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このタブには一つの項目のみがあります:システムがこの変換コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、変換コネクション・タイプによってはã
 “の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の変換コネクション・タイプにおけるマニュアルで正確な推奨値を参照してください。</p>
-                <p>コネクションを保存すると、設定したコネクションの概要ページが表示されます。以下のようなページが表示されます(コネクションタイプによっては内容が多少ことなります):</p>
+                <p>このタブには一つの項目のみがあります:システムがこの変換コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数をの制限したりすることができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、変換コネクション・タイプによã
 £ã¦ã¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の変換コネクション・タイプにおけるマニュアルで正確な推奨値を参照してください。</p>
+                <p>コネクションを保存すると、設定したコネクションの概要ページが表示されます。以下のようなページが表示されます(コネクションタイプによっては内容が多少異なります):</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/view-transformation-connection_ja_JP.png" alt="View Transformation Connection" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>概要ページにはコネクションの状態も表示されます。コネクションが正しく設定された場合は、状態は「正常」と表示されます。設定に間違いがある場合は、エラー内容が表示されます。エラーメッセージが表示された場合は、設定内容を修正してください。</p>
-                <p>ページの下部に表示される三つのボタン「更新」、「編集」、「削除」を選択して設定内容を更新、編集したり削除することができます。</p>
+                <p>ページの下部に表示される三つのボタン「更新」、「編集」、「削除」を選択して設定内容を更新、編集、削除することができます。</p>
                 <p>「更新」ボタンは単純にこの変換コネクションページをリロードしコネクション状態を更新します。変換コネクションの接続先となる外部システムに修正が加わりそれがコネクションの成功・失敗に影響する可能性がある場合使用してください。</p>
                 <p>「編集」ボタンは前に戻りコネクションパラメータの編集を可能にします。コネクションの属性または仕様を変更したい場合使用してください。</p>
                 <p>「削除」ボタンはコネクションの削除を可能にします。変換コネクションの有効リストから削除する際に使用してください。注意:ManifoldCFでジョブから参照中のコネクションを削除することはできません。</p>
@@ -78,12 +78,12 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-output-connections_ja_JP.PNG" alt="出力コネクション一覧" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>初めて利用する場合は、出力コネクションは定義されていないかもしれません。出力コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。出力コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい出力コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい出力コネクシ
 ョンを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、出力コネクションは定義されていないかもしれません。出力コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。出力コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集、削除することができます。新しい出力コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい出力コネクション
 を追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-output-connection-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Output Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブは出力コネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。出力コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択する
 と以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>まず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。出力コネクション名はコネクションを識別するのに使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択すると
 以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-output-connection-type_ja_JP.PNG" alt="Add New Output Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -93,24 +93,24 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/output-throttling_ja_JP.PNG" alt="Output Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこの出力コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、出力コネクション・タイプによってã
 ¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の出力コネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
+                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこの出力コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数を制限したりすることができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、出力コネクション・タイプによã
 £ã¦ã¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の出力コネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
                 <p>コネクションを保存すると、設定したコネクションの内容ページが表示されます。コネクションの状態も表示されます。コネクションが正しく設定された場合は、状態は「正常」と表示されます。設定に間違いがある場合は、エラー内容が表示されます。エラーメッセージが表示された場合は、設定内容を修正してください。</p>
             </section>
             <section id="groups">
                 <title>権限グループの定義</title>
-                <p>左側メニューから「権限グループ一覧」を選択すると、権限グループ一覧が表示されます。権限グループとは、リポジトリの取得対象ドキュメントに対し協調してセキュリティを提供するための権限集合です。例えば、クレームベース認証のSharePoint 2010 repositoryに含まれるドキュメントはSharePoint自身、Active Directory、その他により認証されます。従いまして、このようなSharePointリポジトãƒ
 ªã®ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆã¯SharePointネイティブ権限、SharePoint Active Directory権限、その他SharePointクレームベース権限をメンバーとする権限グループを参照する必要があります。但し殆どの場合、一つの権限のみで構成された権限グループでもリポジトリのセキュリティ保護は十分です。</p>
-                <p>権限コネクションを定義する際権限グループを選択する必要があるため、権限コネクションを定義する<b>前</b>に権限グループを定義してください。権限グループが未定義の場合、権限コネクションを作成できません。権限コネクションを定義する際間違った権限グループを選択した場合、後で修正することは可能です。</p>
+                <p>左側メニューから「権限グループ一覧」を選択すると、権限グループ一覧が表示されます。権限グループとは、リポジトリの取得対象ドキュメントに対し協調してセキュリティを提供するための権限集合です。例えば、クレームベース認証のSharePoint 2010 repositoryに含まれるドキュメントはSharePoint自身、Active Directory、その他により認証されます。従って、このようなSharePointリポジトリのãƒ
 ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆã¯SharePointネイティブ権限、SharePoint Active Directory権限、その他SharePointクレームベース権限をメンバーとする権限グループを参照する必要があります。ただしほとんどの場合、一つの権限のみで構成された権限グループでもリポジトリのセキュリティ保護は十分です。</p>
+                <p>権限コネクションを定義する際に権限グループを選択する必要があるため、権限コネクションを定義する<b>前</b>に権限グループを定義してください。権限グループが未定義の場合、権限コネクションを作成できません。権限コネクションを定義する際に間違った権限グループを選択した場合、後で修正することは可能です。</p>
                 <p>任意のリポジトリコネクションを作成する前に、権限グループを作成しておくことをおすすめします。その理由は、リポジトリコネクションもセキュアなドキュメントのために逆に権限グループを参照する場合があるからです。後でリポジトリコネクションと権限グループの関係を変更することも可能ですが、次回関連ジョブ実行時にたくさんのドキュメントが再
 インデックシングされる場合があります。</p>
                 <p>権限グループを定義するには、右側メニューから「権限グループ一覧」を選択してください。選択すると次のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-authority-groups_ja_JP.png" alt="List Authority Groups" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>権限グループが定義されている場合は、一覧表示されます。権限グループの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい権限グループを定義する場合は、一覧の下の「新しい権限グループを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>権限グループが定義されている場合は、一覧表示されます。権限グループの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集、削除することができます。新しい権限グループを定義する場合は、一覧の下の「新しい権限グループを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-authority-group-name_ja_JP.png" alt="Add New Authority Group, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブは権限グループの各種要素の纏まりです。権限グループには「名前」タブしか表示されません。</p>
-                <p>先ず、権限グループに名前と説明を入力してください。権限グループ名一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に「保存」ボタンをクリックしてください。権限グループを作成または更新した際は<b>必ず</b>「保存」ボタンをã‚
 リックしてください。設定内容を破棄する場合は、「キャンセル」ボタン又は左に表示されるメニュー項目を選択してください。</p>
+                <p>まず、権限グループに名前と説明を入力してください。権限グループ名は一意である必要があります。また、一旦設定すると変更できませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に「保存」ボタンをクリックしてください。権限グループを作成または更新した際は<b>必ず</b>「保存」ボタンをクリックã
 てください。設定内容を破棄する場合は、「キャンセル」ボタン又は左に表示されるメニュー項目を選択してください。</p>
                 <p>権限グループを保存した後、概要ページにグループ情報が表示されます。その後、本権限グループに属する任意の権限コネクション、または本権限グループを参照するリポジトリコネクションを作成してください。</p>
             </section>
             <section id="mappers">
@@ -122,12 +122,12 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-mapping-connections_ja_JP.png" alt="List User Mapping Connections" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>始めて利用される場合は、ユーザーマッピングコネクションは定義されていないかもしれません。ユーザーマッピングコネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。ユーザーマッピングコネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しいユーザーマッピングコ
 ネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しいコネクションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>始めて利用される場合は、ユーザーマッピングコネクションは定義されていないかもしれません。ユーザーマッピングコネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。ユーザーマッピングコネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集、削除することができます。新しいユーザーマッピングコネク
 ションを定義する場合は、一覧の下の「新しいコネクションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-mapping-connection-name_ja_JP.png" alt="Add New User Mapping Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブはユーザーマッピングコネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。ユーザーマッピングコネクション名は一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択すると以下のようなページが表示さ
 れます:</p>
+                <p>まず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。ユーザーマッピングコネクション名は一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択すると以下のようなページが表示さ
 れます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-mapping-connection-type_ja_JP.png" alt="Add New User Mapping Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -142,13 +142,13 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/mapping-throttling_ja_JP.png" alt="User Mapping Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこのユーザーマッピングコネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、ユーザーマッピングã‚
 ³ãƒã‚¯ã‚·ãƒ§ãƒ³ãƒ»ã‚¿ã‚¤ãƒ—によってはこの値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種のユーザーマッピングコネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
+                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこのユーザーマッピングコネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数を制限したりすることができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、ユーザーマッピãƒ
 ³ã‚°ã‚³ãƒã‚¯ã‚·ãƒ§ãƒ³ãƒ»ã‚¿ã‚¤ãƒ—によってはこの値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種のユーザーマッピングコネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
                 <p>コネクションを保存した後、概要ページにコネクション情報が表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/view-mapping-connection_ja_JP.png" alt="View Mapping Connection" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>コネクションの状態も表示されます。コネクションが正しく設定された場合は、状態は「正常」と表示されます。設定に間違いがある場合は、エラー内容が表示されます。エラーメッセージが表示された場合は、設定内容を修正してください。</p>
-                <p>ページの下部に表示される三つのボタン「更新」、「編集」、「削除」を選択して設定内容を更新、編集したり削除することができます。</p>
+                <p>ページの下部に表示される三つのボタン「更新」、「編集」、「削除」を選択して設定内容を更新、編集、削除することができます。</p>
                 <p>「更新」ボタンは単純にこのマッピングコネクションページをリロードしコネクション状態を更新します。マッピングコネクションの接続先となる外部システムに修正が加わりそれがコネクションの成功・失敗に影響する可能性がある場合使用してください。</p>
                 <p>「編集」ボタンは前に戻りコネクションパラメータの編集を可能にします。コネクションの属性または仕様を変更したい場合使用してください。</p>
                 <p>「削除」ボタンはコネクションの削除を可能にします。マッピングコネクションの有効リストから削除する際に使用してください。注意:ManifoldCFでジョブから参照中のコネクションを削除することはできません。</p>
@@ -162,12 +162,12 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-authority-connections_ja_JP.PNG" alt="List Authority Connections" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>初めて利用する場合は、権限コネクションは定義されていないかもしれません。権限コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。権限コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい権限コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい権限コネクシ
 ョンを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、権限コネクションは定義されていないかもしれません。権限コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。権限コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集、削除することができます。新しい権限コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい権限コネクション
 を追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-authority-connection-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Authority Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブは権限コネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。権限コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択する
 と以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>まず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。権限コネクション名はコネクションを識別するのに使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択すると
 以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-authority-connection-type_ja_JP.PNG" alt="Add New Authority Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -177,7 +177,7 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/authority-throttling_ja_JP.PNG" alt="Authority Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこの権限コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、権限コネクション・タイプによってã
 ¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の権限コネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
+                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこの権限コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数を制限したりすることができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、権限コネクション・タイプによã
 £ã¦ã¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の権限コネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
                 <p>コネクションタイプのタブの詳細に付いては、権限コネクション・タイプによって表示されるタブの説明を参照してください。</p>
                 <p>コネクションを保存すると、設定したコネクションの内容ページが表示されます。コネクションの状態も表示されます。コネクションが正しく設定された場合は、状態は「正常」と表示されます。設定に間違いがある場合は、エラー内容が表示されます。エラーメッセージが表示された場合は、設定内容を修正してください。</p>
                        
@@ -191,12 +191,12 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-repository-connections_ja_JP.PNG" alt="List Repository Connections" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>初めて利用する場合は、リポジトリコネクションは定義されていないかもしれません。リポジトリコネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。リポジトリコネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しいリポジトリコネクションを定義する場合は、一覧の
 下の「新しいリポジトリコネクションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、リポジトリコネクションは定義されていないかもしれません。リポジトリコネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。リポジトリコネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集、削除することができます。新しいリポジトリコネクションを定義する場合は、一覧の下の
 「新しいリポジトリコネクションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-repository-connection-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Repository Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブはリポジトリコネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。リポジトリコネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選
 択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>まず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。リポジトリコネクション名はコネクションを識別するのに使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択
 すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>コネクションタイプのタブの詳細に付いては、リポジトリコネクション・タイプによって表示されるタブの説明を参照してください。
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-repository-connection-type_ja_JP.PNG" alt="Add New Repository Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -207,7 +207,7 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/repository-throttling_ja_JP.PNG" alt="Repository Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このページには二つの項目があります:先ず一つ目は、システムがこのリポジトリコネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、リポジトリコネクã‚
 ·ãƒ§ãƒ³ãƒ»ã‚¿ã‚¤ãƒ—によってはこの値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種のリポジトリコネクション・タイプの説明を参照してください。二つ目は、クローラーがこのコネクションを利用して平均的にどれだけ早くコンテンツを読み込むかです。 </p>
+                <p>このページには二つの項目があります:まず一つ目は、システムがこのリポジトリコネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数を制限したりすることができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、リポジトリコãƒ
 ã‚¯ã‚·ãƒ§ãƒ³ãƒ»ã‚¿ã‚¤ãƒ—によってはこの値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種のリポジトリコネクション・タイプの説明を参照してください。二つ目は、クローラーがこのコネクションを利用して平均的にどれだけ早くコンテンツを読み込むかです。 </p>
                 <p>コネクション毎に「スロットルbin」を設定することができます。スロットルbinとは、読み込み頻度を制限するリソースの名前です。例えば、WebコネクションはHTTPサーバ名毎にスロットルbinを指定することができます。これにより、HTTPサーバ名毎にコンテンツの読み込み頻度を指定することができます。</p>
                 <p>リポジトリコネクションの「スロットリング」タブから無限のスロットリング設定を定義することができます。スロットリング設定毎にスロットルbin集を表す正規表現、説明文、正規表現毎に一致するスロットルbinの平均読み込み頻度を指定することができます。スロットルbinが1つ以上のスロットリング設定と一致した場合は、一番保資源を利用しない読み込み設å
 šãŒæœ‰åŠ¹ã«ãªã‚Šã¾ã™</p>
                 <p>一番簡単な正規表現は空の式です。この場合はすべてのスロットルbinと一致します。コネクションにデフォルトのスロットル設定を指定する場合にはこの方法を使って設定する事ができます。平均読込み率を指定して、「追加」ボタンを選択してください。以下のようなスロットリングタブが表示されます:</p>
@@ -370,7 +370,7 @@
                 <p>レポートは処理問題や性能問題の原因を究明するのに使うことができます。各履歴レポートの詳細に付いては以下の章を参照にしてください。</p>
                 <section id="simplehistory">
                     <title>簡易履歴レポート</title>
-                    <p>簡易履歴レポートは、集計などは行わずに、条件に一致したリポジトリコネクションの履歴データを表示します。最新イベントから古い順に開始時間、終了時間、処理、ID、データ量(バイト)、結果などが表示されます。表示したレポートのイベント数を変えたり、指定した列順にソートしたり、ページを移動することができます。</p>
+                    <p>簡易履歴レポートは、集計などは行わずに、条件に一致したリポジトリコネクションの履歴データを表示します。最新イベントから古い順に開始時間、終了時間、処理、ID、データ量(バイト)、結果などが表示されます。表示したレポートのイベント数を変えたり、指定した列順にソートしたり、ページを移動したりすることができます。</p>
                     <p>左メニューから「簡易履歴」リンクを選択してください。次のようなページが表示されます:</p>
                     <br/><br/>
                     <figure src="images/ja_JP/simple-history-select-connection_ja_JP.PNG" alt="Simple History Report, select connection" width="80%"/>
@@ -493,8 +493,8 @@
             </section>
             <section id="amazoncloudsearchoutputconnector">
                 <title>Amazon Cloud Search出力コネクション</title>
-                <p>Amazon Cloud Search出力コネクションタイプは指定されたAmazon Cloud Searchインスタンス内の特定パスにドキュメントを送ります。このコネクションタイプは出来る限りコストを適切なところまで下げるため、更にドキュメントを一括処理します。従いまして、一部ドキュメントは通常のインデックシング時ではなくジョブ実行の最後に送信される場合があります。</p>
-                <p>Amazon Cloud Search出力コネクションタイプのコネクション設定情報には付加的に「サーバー」タブが含めれています:</p>
+                <p>Amazon Cloud Search出力コネクションタイプは指定されたAmazon Cloud Searchインスタンス内の特定パスにドキュメントを送ります。このコネクションタイプは出来る限りコストを適切なところまで下げるため、更にドキュメントを一括処理します。従って、一部ドキュメントは通常のインデックシング時ではなくジョブ実行の最後に送信される場合があります。</p>
+                <p>Amazon Cloud Search出力コネクションタイプのコネクション設定情報には追加の「サーバー」タブが含まれています:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/amazon-configure-server_ja_JP.png" alt="Amazon Output Configuration, Server tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -623,7 +623,7 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/documentum-authority-system-acls_ja_JP.PNG" alt="Documentum Authority, System ACLs tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>自動生成されたACLを無視するように指定することができます。先ず無視するように設定して、必要であれば有効にすることを推奨します。Documentumシステム管理者に連絡して正しい設定を聞いてください。</p>
+                <p>自動生成されたACLを無視するように指定することができます。まず無視するように設定して、必要であれば有効にすることを推奨します。Documentumシステム管理者に連絡して正しい設定を聞いてください。</p>
                 <p>入力した後に「保存」ボタンを押下すると、次のような概要及び状態情報が表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/documentum-authority-status_ja_JP.PNG" alt="Documentum Authority Status" width="80%"/>
@@ -1035,7 +1035,7 @@
                 <br/><br/>
                 <p>「セキュリティ」タブからは次の3機能を設定することができます:ファイルセキュリティ、共有セキュリティ、ジョブで索引が作成されたすべてのコンテンツのセキュリティトークン(セキュリティが無効の場合)。</p>
                 <p><b>ファイルセキュリティ</b>とは、Windowsが各ファイルに適用しているセキュリティです。
-殆どのWindows互換のNASタイプサーバでサポートされています。</p>
+ほとんどのWindows互換のNASタイプサーバでサポートされています。</p>
                 <p><b>共有セキュリティ</b>とは、WindowsがWindows共有フォルダで使っているセキュリティです。古いセキュリティの仕組みで、このセキュリティを利用しているユーザは少なくなっています。最新のNASシステムやSambaではサポートされていない場合があります。Windows共有セキュリティがサポートされていないシステムでこのコネクタを利用しても正しくされません。コンテンツを取得
 しようとするとエラーになり、ジョブは中断されます。</p>
                 <p>ファイルセキュリティを無効にすると、ジョブでクロールするすべてのコンテンツに索引アクセストークンを追加することができます。ただしこのトークンはサーバのトークンと一致している必要があります。トークンを入力して「追加」ボタンを押下してください。この機能はデモ以外に使われることは少ないと思います。</p>
                 <p>「メタデータ」タブを選択すると次のようなページが表示されます:</p>
@@ -1392,7 +1392,7 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/sharepoint-job-paths_ja_JP.PNG" alt="SharePoint Job, Paths tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>ルールを定義するには、先ず一致するパスを指定します。パスを選択又は入力して「サイトの追加」ボタン、「ライブラリの追加」ボタン、「テキストの追加」ボタンの一つを押下してください。完全のパスを指定するまで、追加を繰り返してください。SharePointコネクションがパスのエンティティを判断できない場合は、SharePointエンティティを手動で選択してくださいã€
 ‚次に「含む」又は「除外」用のルールかを選択してください。最後に「新しいルールを追加」ボタンを押下してルールをルール一覧に追加してください。</p>
+                <p>ルールを定義するには、まず一致するパスを指定します。パスを選択又は入力して「サイトの追加」ボタン、「ライブラリの追加」ボタン、「テキストの追加」ボタンの一つを押下してください。完全のパスを指定するまで、追加を繰り返してください。SharePointコネクションがパスのエンティティを判断できない場合は、SharePointエンティティを手動で選択してくださいã€
 ‚次に「含む」又は「除外」用のルールかを選択してください。最後に「新しいルールを追加」ボタンを押下してルールをルール一覧に追加してください。</p>
                 <p>「セキュリティ」タブからSharePointセキュリティをコンテンツに適用するか指定することができます。ジョブが対象とするコンテンツにアクセストークンを付けることもできます。「セキュリティ」タブを選択すると次のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/sharepoint-job-security_ja_JP.PNG" alt="SharePoint Job, Security tab" width="80%"/>
@@ -1404,7 +1404,7 @@
                 <br/><br/>
                 <p>「パス」タブとの違いは、個々のサイト、ライブラリ、コンテンツを含む/除外するルールを定義する代わりにコンテンツに含む/除外するメタデータを定義します。メタデータはファイルのみに提供可能なため、サイト及びライブラリ用のメタデータパスルールはありません。</p>

[... 7 lines stripped ...]


Mime
View raw message