manifoldcf-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From mingc...@apache.org
Subject svn commit: r1650722 [2/2] - /manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml
Date Sat, 10 Jan 2015 05:54:40 GMT

Modified: manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml
URL: http://svn.apache.org/viewvc/manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml?rev=1650722&r1=1650721&r2=1650722&view=diff
==============================================================================
--- manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml (original)
+++ manifoldcf/trunk/site/src/documentation/content/xdocs/ja_JP/end-user-documentation.xml Sat Jan 10 05:54:39 2015
@@ -43,16 +43,16 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-output-connections_ja_JP.PNG" alt="出力コネクション一覧" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>始めて利用される場合は、出力コネクションは定義されていないかもしれません。出力コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。出力コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい出力コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい出力コネク
 ションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、出力コネクションは定義されていないかもしれません。出力コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。出力コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい出力コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい出力コネクシ
 ョンを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-output-connection-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Output Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブは出力コネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。出力コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意性である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択す
 ると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。出力コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択する
 と以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-output-connection-type_ja_JP.PNG" alt="Add New Output Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>コネクションタイプ・プルダウンリストを選択すると、出力コネクション一覧が表示されます。一覧に表示される出力コネクタ及び名前は、Apache ManifoldCFをンストール/セットアップしたシステムインテグレータによって異なる場合があります。表示されるタブは、選択されたコネクションタイプによって変わります。以降の節でタブの設定内容を説明します。</p>
+                <p>コネクションタイプ・プルダウンリストを選択すると、出力コネクション一覧が表示されます。一覧に表示される出力コネクタ及び名前は、Apache ManifoldCFをインストール/セットアップしたシステムインテグレータによって異なる場合があります。表示されるタブは、選択されたコネクションタイプによって変わります。以降の節でタブの設定内容を説明します。</p>
                 <p>出力コネクションタイプをプルダウンリストから選択して、「次へ」ボタンを選択してください。選択された出力コネクションの定義に必要な要素のタブが表示されます。また、ページの下に「保存」ボタンも表示されます。コネクションを作成する場合はこの「保存」ボタンを<b>必ず</b>選択してください。設定内容を破棄する場合は、「キャンセル」ボタン又はå·
 に表示されるメニュー項目を選択してください。</p>
                 <p>すべての出力コネクションタイプには「スロットリング」タブがあります。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
@@ -65,61 +65,60 @@
                 <title>権限コネクションの定義</title>
                 <p>左側メニューから「権限一覧」を選択すると、権限コネクション一覧が表示されます。権限コネクションとは、特定のセキュリティ環境をもつシステムへ接続するためのコネクションです。例えば、アクティブディレクトリで管理されているファイルを参照する場合は、アクティブディレクトリ権限コネクションを定義します。</p>
                 <p>一般公開されているコンテンツのみをクロールする場合は、権限コネクションを定義する必要はありません。例えばインターネット上で認証なしでだれでも閲覧できるwebページ, RSS, Wikiをクロールする場合は不要です。反対に、社内で利用されている多くのコンテンツを検索する場合はユーザ認証が必要な場合が多いため、権限コネクションを定義する必要がありますã€
 ‚</p>
-                <p>リポジトリコネクションを定義する<b>前</b>に権限コネクションを定義してください。後でリポジトリコネクションと権限コネクションの関係を変更することも可能ですが、変更した場合はコンテンツを再クロールされる必要があるかもしれません。</p>
+                <p>リポジトリコネクションを定義する<b>前</b>に権限コネクションを定義してください。後でリポジトリコネクションと権限コネクションの関係を変更することも可能ですが、変更した場合はコンテンツを再クロールする必要があるかもしれません。</p>
                 <p>権限コネクションを定義するには、右側メニューから「権限一覧」を選択してください。選択すると次のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-authority-connections_ja_JP.PNG" alt="List Authority Connections" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>始めて利用される場合は、権限コネクションは定義されていないかもしれません。権限コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。権限コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい権限コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい権限コネク
 ションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、権限コネクションは定義されていないかもしれません。権限コネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。権限コネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しい権限コネクションを定義する場合は、一覧の下の「新しい権限コネクシ
 ョンを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-authority-connection-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Authority Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブは権限コネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。権限コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意性である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択す
 ると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。権限コネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選択する
 と以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-authority-connection-type_ja_JP.PNG" alt="Add New Authority Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>コネクションタイプ・プルダウンリストを選択すると、権限コネクション一覧が表示されます。一覧に表示される権限コネクタ及び名前は、Apache ManifoldCFをンストール/セットアップしたシステムインテグレータによって異なる場合があります。表示されるタブは、選択されたコネクションタイプによって変わります。以降の節でタブの設定内容を説明します。</p>
+                <p>コネクションタイプ・プルダウンリストを選択すると、権限コネクション一覧が表示されます。一覧に表示される権限コネクタ及び名前は、Apache ManifoldCFをインストール/セットアップしたシステムインテグレータによって異なる場合があります。表示されるタブは、選択されたコネクションタイプによって変わります。以降の節でタブの設定内容を説明します。</p>
                 <p>権限コネクションタイプをプルダウンリストから選択して、「次へ」ボタンを選択してください。選択された権限コネクションの定義に必要な要素のタブが表示されます。また、ページの下に「保存」ボタンも表示されます。コネクションを作成する場合はこの「保存」ボタンを<b>必ず</b>選択してください。設定内容を破棄する場合は、「キャンセル」ボタン又はå·
 に表示されるメニュー項目を選択してください。</p>
-                <p>すべての出力コネクションタイプには「スロットリング」タブがあります。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>すべての権限コネクションタイプには「スロットリング」タブがあります。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/authority-throttling_ja_JP.PNG" alt="Authority Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこの出力コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、出力コネクション・タイプによってã
 ¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の出力コネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
+                <p>このページには一つの項目のみがあります:システムがこの権限コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、権限コネクション・タイプによってã
 ¯ã“の値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の権限コネクション・タイプの説明を参照してください。</p>
                 <p>コネクションタイプのタブの詳細に付いては、権限コネクション・タイプによって表示されるタブの説明を参照してください。</p>
                 <p>コネクションを保存すると、設定したコネクションの内容ページが表示されます。コネクションの状態も表示されます。コネクションが正しく設定された場合は、状態は「正常」と表示されます。設定に間違いがある場合は、エラー内容が表示されます。エラーメッセージが表示された場合は、設定内容を修正してください。</p>
                        
             </section>
             <section id="connectors">
                 <title>リポジトリコネクションの定義</title>
-                <p>左側メニューから「リポジトリ一覧」を選択すると、リポジトリコネクション一覧が表示されます。リポジトリコネクションとは、索引を作成するコンテンツを保管しているリポジトリへのコネクションです。
-特定のセキュリティ環境をもつシステムへ接続するためのコネクションです。例えば、アクティブディレクトリで管理されているファイルを参照する場合は、アクティブディレクトリ権限コネクションを定義します。</p>
+                <p>左側メニューから「リポジトリ一覧」を選択すると、リポジトリコネクション一覧が表示されます。リポジトリコネクションとは、索引を作成するコンテンツを保管しているリポジトリへのコネクションです。</p>
                 <p>すべてのジョブにはリポジトリコネクションを指定する必要があります。ジョブは指定されたリポジトリコネクションからコンテンツを読み込みます。コンテンツから索引を作成するジョブを定義する前に、リポジトリコネクションを作成してください。</p>
-                <p>リポジトリコネクションに権限コネクションを指定することもできます。権限コネクションは、リポジトリコネクションで読み込むコンテンツのセキュリティ環境を指定します。クローラーを実行した後にもリポジトリコネクションに対応した権限コネクションを変更することもできますが、この場合はリポジトリコネクションが対象とするすべてのコンテンツを
 再読み込みして索引を再構成する必要があります。そのため、リポジトリコネクションを定義する前に権限コネクションを定義することを推奨します。スロットリング</p>
+                <p>リポジトリコネクションに権限コネクションを指定することもできます。権限コネクションは、リポジトリコネクションで読み込むコンテンツのセキュリティ環境を指定します。クローラーを実行した後にもリポジトリコネクションに対応した権限コネクションを変更することもできますが、この場合はリポジトリコネクションが対象とするすべてのコンテンツを
 再読み込みして索引を再構成する必要があります。そのため、リポジトリコネクションを定義する前に権限コネクションを定義することを推奨します。</p>
                 <p>リポジトリコネクションを定義するには左側のメニューから「リポジトリコネクション一覧」を選択します。次のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-repository-connections_ja_JP.PNG" alt="List Repository Connections" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>始めて利用される場合は、リポジトリコネクションは定義されていないかもしれません。リポジトリコネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。リポジトリコネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。リポジトリしい出力コネクションを定義する場合は、一
 覧の下の「新しいリポジトリコネクションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <p>初めて利用する場合は、リポジトリコネクションは定義されていないかもしれません。リポジトリコネクションが定義されている場合は、一覧表示されます。リポジトリコネクションの左に表示される「表示」、「編集」、「削除」リンクを選択して設定内容を表示、編集したり削除することができます。新しいリポジトリコネクションを定義する場合は、一覧の
 下の「新しいリポジトリコネクションを追加」リンクを選択してください。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-repository-connection-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Repository Connection, specify Name" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>上に表示されるタブはリポジトリコネクションの要素の纏まりです。コネクションタイプによって表示されるタブは異なります。</p>
-                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。リポジトリコネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意性である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。
 選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
-                <br/><br/>コネクションタイプのタブの詳細に付いては、権限コネクション・タイプによって表示されるタブの説明を参照してください。
+                <p>先ず、コネクションに付ける名前と説明を入力してください。リポジトリコネクション名はコネクションを識別するために使われるため、一意である必要があります。また、一旦設定すると変更することができませんので注意してください。名前は32文字以内、説明は255文字以内に設定してください。入力した後に、「タイプ」タブを選択してください。選
 択すると以下のようなページが表示されます:</p>
+                <br/><br/>コネクションタイプのタブの詳細に付いては、リポジトリコネクション・タイプによって表示されるタブの説明を参照してください。
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-repository-connection-type_ja_JP.PNG" alt="Add New Repository Connection, select Type" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>コネクションタイプ・プルダウンリストを選択すると、リポジトリコネクション一覧が表示されます。一覧に表示されるリポジトリコネクタ及び名前は、Apache ManifoldCFをンストール/セットアップしたシステムインテグレータによって異なる場合があります。表示されるタブは、選択されたコネクションタイプによって変わります。以降の節でタブの設定内容を説明しま
 ™ã€‚</p>
+                <p>コネクションタイプ・プルダウンリストを選択すると、リポジトリコネクション一覧が表示されます。一覧に表示されるリポジトリコネクタ及び名前は、Apache ManifoldCFをインストール/セットアップしたシステムインテグレータによって異なる場合があります。表示されるタブは、選択されたコネクションタイプによって変わります。以降の節でタブの設定内容を説明し
 ¾ã™ã€‚</p>
                 <p>リポジトリから読み込むコンテンツの権限情報を指定することもできます。権限コネクションはリポジトリコネクションに依存している場合もありますので注意してください。詳細に付いては利用されるリポジトリコネクション及び権限コネクションの説明を参照してください。</p>
                 <p>リポジトリコネクションタイプと権限コネクションを選択した後は「次へ」ボタンを選択してください。選択されたリポジトリコネクションの定義に必要な要素のタブが表示されます。また、ページの下に「保存」ボタンも表示されます。コネクションを作成する場合はこの「保存」ボタンを<b>必ず</b>選択してください。設定内容を破棄する場合は、「キャンセルã€
 ボタン又は左に表示されるメニュー項目を選択してください。</p>
                 <p>すべての出力コネクションタイプには「スロットリング」タブがあります。選択すると以下のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/repository-throttling_ja_JP.PNG" alt="Repository Connection Throttling" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>このページには二つの項目があります:先ず一つ目は、システムがこの出力コネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、出力コネクション・タイãƒ
 —によってはこの値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種の出力コネクション・タイプの説明を参照してください。二つ目は、クローラーがこのコネクションを利用して平均的にどれだけ早くコンテンツを読み込むかです。 </p>
+                <p>このページには二つの項目があります:先ず一つ目は、システムがこのリポジトリコネクション用に利用できる最大のコネクション数です。システムの負荷を調整したり、ライセンス制約によるコネクション数の制限を行うことができます。値を大きくすると、スループットが上がります。コネクションタイプすべてのデフォルト値は10ですが、リポジトリコネクã‚
 ·ãƒ§ãƒ³ãƒ»ã‚¿ã‚¤ãƒ—によってはこの値は最適ではない場合もあります。詳細については、以降の各種のリポジトリコネクション・タイプの説明を参照してください。二つ目は、クローラーがこのコネクションを利用して平均的にどれだけ早くコンテンツを読み込むかです。 </p>
                 <p>コネクション毎に「スロットルbin」を設定することができます。スロットルbinとは、読み込み頻度を制限するリソースの名前です。例えば、WebコネクションはHTTPサーバ名毎にスロットルbinを指定することができます。これにより、HTTPサーバ名毎にコンテンツの読み込み頻度を指定することができます。</p>
                 <p>リポジトリコネクションの「スロットリング」タブから無限のスロットリング設定を定義することができます。スロットリング設定毎にスロットルbin集を表す正規表現、説明文、正規表現毎に一致するスロットルbinの平均読み込み頻度を指定することができます。スロットルbinが1つ以上のスロットリング設定と一致した場合は、一番保資源を利用しない読み込み設å
 šãŒæœ‰åŠ¹ã«ãªã‚Šã¾ã™</p>
-                <p>一番簡単な正規表現は空の式です。この場合はすべてのスロットルbinと一致します。コネクションにデフォルトのスロットル設定を指定する場合にはこの方法を使って設定する事ができます。平均読込み率を指定して、「追加」ボタンを選択してください。以下のようなスロットリングタブが表示します:</p>
+                <p>一番簡単な正規表現は空の式です。この場合はすべてのスロットルbinと一致します。コネクションにデフォルトのスロットル設定を指定する場合にはこの方法を使って設定する事ができます。平均読込み率を指定して、「追加」ボタンを選択してください。以下のようなスロットリングタブが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/repository-throttling-with-throttle_ja_JP.PNG" alt="Repository Connection Throttling With Throttle" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -142,11 +141,11 @@
                 <p>コンテンツが複数ジョブの対象の場合の処理は複雑なため、出来る限りこのような状況は避けたほうがよいです。</p>
                 <p>非継続ジョブは以下のようなステージで実行されます:</p>
                 <ol>
-                    <li>ジョブの新規、変更、削除の開始点をキューに登録(「シーディんグ」)</li>
+                    <li>ジョブの新規、変更、削除の開始点をキューに登録(「シーディング」)</li>
                     <li>コンテンツの読込み、新コンテンツの発見、削除対象情報を取得</li>
                     <li>キューから読込み対象外になったコンテンツを削除</li>
                 </ol>
-                <p>ジョブを「継続」に走らすこともできます。継続的に走っているジョブは中断されるまで実行を継続します。継続ジョブは以下のようなステージで実行されます:</p>
+                <p>ジョブを「継続的」に走らせることもできます。継続的に走っているジョブは中断されるまで実行を継続します。継続ジョブは以下のようなステージで実行されます:</p>
                 <ol>設定内容を破棄する場合は、「キャンセル」ボタン又は左に表示されるメニュー項目を選択してください。
                     <li>ジョブの新規、変更、削除の開始点をキューに登録(「シーディング」)</li>
 
@@ -155,16 +154,16 @@
                 <p>注:継続ジョブは<b>除外</b>コンテンツをキューから削除することはできません。リポジトリから削除されたコンテンツのみをキューから外す事ができます。
 </p>
                 <p>ジョブはユーザが即時に実行することもでき、スケジューリングすることもできます。スケジューリングした場合は、指定日時に開始することも、他ジョブが完了した後に実行するように設定することができます。</p>
-                <p>平行実行可能なジョブ数の制限は設けられていません。</p>
+                <p>並列実行可能なジョブ数の制限は設けられていません。</p>
                 <p>ジョブを定義する場合は、左メニューの「ジョブ一覧」を選択します。次のようなページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/list-jobs_ja_JP.PNG" alt="List Jobs" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>定義されたジョブを表示、編集、削除する場合は、一覧に表示されたジョブの右に表示されるリンクを選択してください。定義したジョブを複写することもできます。新規にジョブを定義する場合は、一覧の下に表示される「新しいジョブの追加」リンクを選択してください。次のページが表示します:</p>
+                <p>定義されたジョブを表示、編集、削除する場合は、一覧に表示されたジョブの右に表示されるリンクを選択してください。定義したジョブを複写することもできます。新規にジョブを定義する場合は、一覧の下に表示される「新しいジョブの追加」リンクを選択してください。次のページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-job-name_ja_JP.PNG" alt="Add New Job, name tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>ジョブ名を入力してください。ジョブ名は一意性である必要はありません。ただし、一意性にした方が分かりやすいので一意性にする事を推奨します。入力した後に「コネクション」タグを選択したください:</p>
+                <p>ジョブ名を入力してください。ジョブ名は一意である必要はありません。ただし、一意にした方が分かりやすいので一意にする事を推奨します。入力した後に「コネクション」タグを選択したください:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-job-connection_ja_JP.PNG" alt="Add New Job, connection tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -184,7 +183,7 @@
                 </ul>
                 <br/>
                 <p>最後の3つの設定は継続実行の場合のみ有効です。</p>
-                <p>このページからスケジュール期間を定義することもできます。スケジュール期間とは、ジョブを実行することが可能な時間帯です。時間帯は開始日時(曜日、月、日、時、分)と最大実行時間(分)で指定します。各プールダウンメニューから複数の設定を選択された場合は、各プールダウンメニューで選択された設定の中の<b>一つ</b>と一致した日時にジョブは開å§
 されます。</p>
+                <p>このページからスケジュール期間を定義することもできます。スケジュール期間とは、ジョブを実行することが可能な時間帯です。時間帯は開始日時(曜日、月、日、時、分)と最大実行時間(分)で指定します。各プルダウンメニューから複数の設定を選択された場合は、各プルダウンメニューで選択された設定の中の<b>一つ</b>と一致した日時にジョブは開始さã‚
 ます。</p>
                 <p>スケジュールを入力した後に、「スケジュールの追加」ボタンを押下してください:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/add-new-job-scheduling-with-record_ja_JP.PNG" alt="Add New Job, scheduling tab with record" width="80%"/>
@@ -222,7 +221,7 @@
                 <section id="documentstatus">
                     <title>コンテンツ状態</title>
                     <p>コンテンツ状態レポートは、指定した条件に一致したコンテンツとその状態、状況、予定されている処理の一覧を表示します。実行中のジョブがコンテンツを処理したか確認する場合などに使うことができます。</p>
-                    <p>左メニューから「コンテンツ状態」リングを選択すると、以下のようなページが表示されます:</p>
+                    <p>左メニューから「コンテンツ状態」リンクを選択すると、以下のようなページが表示されます:</p>
                     <br/><br/>
                     <figure src="images/ja_JP/document-status-select-connection_ja_JP.PNG" alt="Document Status, select connection" width="80%"/>
                     <br/><br/>
@@ -230,7 +229,7 @@
                     <br/><br/>
                     <figure src="images/ja_JP/document-status-select-job_ja_JP.PNG" alt="Document Status, select job" width="80%"/>
                     <br/><br/>
-                    <p>右の表示されるドロップダウンリストから、ジョブを選択して、再び「次へ」ボタンを押下してください。以下のようなページが表示されます:</p>
+                    <p>右に表示されるドロップダウンリストから、ジョブを選択して、再び「次へ」ボタンを押下してください。以下のようなページが表示されます:</p>
                     <br/><br/>
                     <figure src="images/ja_JP/document-status-example_ja_JP.PNG" alt="Document Status, example" width="80%"/>
                     <br/><br/>
@@ -240,7 +239,7 @@
                     <title>キューの状態</title>
                     <p>キューの状態レポートは、指定したclassに現れるコンテンツの回数を表示します。classは指定されたコンテンツIDに一致した正規表現のグループとして指定されます。結果はコンテンツの数として表示します。コンテンツの状態と状況の組み合わせ毎に列が設けられます。</p>
                     <p>例えば、「()」クラスを指定した場合は状態/状況の組み合わせ毎を1行で表示します。「(.*)」クラスと指定した場合は、コンテンツID毎に行が設けられ、関連しているコンテンツの状態/状況の列に「1」が記入され、それ以外の列には「0」が記入されます。</p>
-                    <p>左メニューから「キューの状態」リンクを選択すると、以下のようなページが表示します:</p>
+                    <p>左メニューから「キューの状態」リンクを選択すると、以下のようなページが表示されます:</p>
                     <br/><br/>
                     <figure src="images/ja_JP/queue-status-select-connection_ja_JP.PNG" alt="Queue Status, select connection" width="80%"/>
                     <br/><br/>
@@ -279,8 +278,8 @@
                 <p>レポートは処理問題や性能問題の原因を究明するのに使うことができます。各履歴レポートの詳細に付いては以下の章を参照にしてください。</p>
                 <section id="simplehistory">
                     <title>簡易履歴レポート</title>
-                    <p>簡易レポートは、集計などは行わずに、条件に一致したリポジトリコネクションの履歴データを表示します。最新イベントから古い順に開始時間、終了時間、処理、ID、データ量(バイト)、結果などが表示されます。表示したレポートのイベント数を変えたり、指定した列順にソートしたり、ページを移動することができます。</p>
-                    <p>左メニューから「簡易履歴」リンクを選択してください。次のようなページが表示します:</p>
+                    <p>簡易履歴レポートは、集計などは行わずに、条件に一致したリポジトリコネクションの履歴データを表示します。最新イベントから古い順に開始時間、終了時間、処理、ID、データ量(バイト)、結果などが表示されます。表示したレポートのイベント数を変えたり、指定した列順にソートしたり、ページを移動することができます。</p>
+                    <p>左メニューから「簡易履歴」リンクを選択してください。次のようなページが表示されます:</p>
                     <br/><br/>
                     <figure src="images/ja_JP/simple-history-select-connection_ja_JP.PNG" alt="Simple History Report, select connection" width="80%"/>
                     <br/><br/>
@@ -306,13 +305,13 @@
                 </section>
                 <section id="resulthistogram">
                     <title>結果履歴レポート</title>
-                    <p>結果履歴レポートは、指定したイベントに一致し各結果の数を表示します。</p>
+                    <p>結果履歴レポートは、指定したイベントに一致する各結果の数を表示します。</p>
                 </section>
             </section>
             
             <section id="credentials">
                 <title>認証について</title>
-                <p>選択されたコネクションタイプに認証が必要な場合は、システム管理から必要な情報を入手してください。各コネクションは、コンテンツを読取るのに最低限に必要とする認証で動作するように設計されています。もし実行中にセキュリティに関しての警告が表示した場合は、認証の権限を再確認してください。</p>
+                <p>選択されたコネクションタイプに認証が必要な場合は、システム管理から必要な情報を入手してください。各コネクションは、コンテンツを読取るのに最低限に必要とする認証で動作するように設計されています。もし実行中にセキュリティに関しての警告が表示された場合は、認証の権限を再確認してください。</p>
             </section>
 
         </section>
@@ -329,12 +328,12 @@
                 <figure src="images/ja_JP/solr-configure-server_ja_JP.PNG" alt="Solr Configuration, Server tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>Solrの設定を入力してください。現リリースではベーシック認証のみ対応しています。下の部分にユーザ/パスワードを入力してください。</p>
-                <p>「スキーマ」タブからドキュメントIDに使うSolr項目を指定することができます。Solrコネクションはこの項目をコンテンツを検索するたキーとして使います。</p>
+                <p>「スキーマ」タブからドキュメントIDに使うSolr項目を指定することができます。Solrコネクションはこの項目をコンテンツを検索するキーとして使います。</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/solr-configure-schema_ja_JP.PNG" alt="Solr Configuration, Schema tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>「引数」タブからはSolrに送る任意の引数を指定することができます。Solrの更新リクエストに利用できる任意の引数を利用することができます。
-たとえば、Solrのドキュメントを処理するために使われるパイプライン/チェイン:update.chain=myChainを追加することができます。その他に指定可能な引数に付いてはSolrのマニュアルを参照にしてください。タブは以下のように表示されます:</p>
+たとえば、Solrのドキュメントを処理するために使われるパイプライン/チェイン:update.chain=myChainを追加することができます。その他に指定可能な引数に付いてはSolrのマニュアルを参照してください。タブは以下のように表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/solr-configure-arguments_ja_JP.PNG" alt="Solr Configuration, Arguments tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
@@ -342,14 +341,14 @@
                 <p>4番目のタブは"コンテンツ"タブです。これはドキュメントのサイズやMIMEタイプに基づいてフィルタリングを行うことができます。ドキュメントのバイト単位の最大長を指定することによって、そのサイズ(例えば10485760は10MBと同じです)を超えたドキュメントを除外することができます。特定のMIMEタイプのドキュメントだけを追加したい場合は、"含むMIMEタイプ"フィールド
 «ãã‚Œã‚‰ã‚’入力することができます(例えばHTML以外のドキュメントを除外するなら"text/html"と登録します)。"除外するMIMEタイプ"フィールドは、特定のMIMEタイプのドキュメントを除外するためのものです(例えばJPEG画像を除外するなら"image/jpeg"と登録します)。タブは以下のように表示されます:</p>
                 <figure src="images/ja_JP/solr-configure-documents_ja_JP.PNG" alt="Solr Configuration, Documents tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>5番目のタブは"コミット"タブです。これはコミットを動作を制御することができます。すべてのジョブの終了時にドキュメントをコミットするようデフォルトで有効になっています。また、ミリ秒単位で一定時間内に各ドキュメントをコミットすることができます(10秒以内にコミットなら"10000"と登録します)。<a href="http://wiki.apache.org/solr/CommitWithin">commit within</a>の挙動はManifoldCFでなくSolrに委ねらã
 ‚Œã¦ã„ます。タブは以下のように表示されます:</p>
+                <p>5番目のタブは"コミット"タブです。これはコミットの動作を制御することができます。すべてのジョブの終了時にドキュメントをコミットするようデフォルトで有効になっています。また、ミリ秒単位で一定時間内に各ドキュメントをコミットすることができます(10秒以内にコミットなら"10000"と登録します)。<a href="http://wiki.apache.org/solr/CommitWithin">commit within</a>の挙動はManifoldCFでなくSolrに委ねらã
 ‚Œã¦ã„ます。タブは以下のように表示されます:</p>
                 <figure src="images/ja_JP/solr-configure-commits_ja_JP.PNG" alt="Solr Configuration, Documents tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>設定の入力を完了した場合は、「保存」ボタンを押下してください。次のような入力した設定一覧が表示します:</p>
+                <p>設定の入力を完了した場合は、「保存」ボタンを押下してください。次のような入力した設定一覧が表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/solr-status_ja_JP.PNG" alt="Solr Status" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>画面例では、Solrコネクションは正常に動作していないため、エラーメッセージが表示していうます。</p>
+                <p>画面例では、Solrコネクションは正常に動作していないため、エラーメッセージが表示されています。</p>
             </section>
 
             <section id="filesystemoutputconnector">
@@ -369,7 +368,7 @@
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/en_US/hdfs-configure-server.PNG" alt="HDFS Output Configuration, Server tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
-                <p>HDFSネームノードのURIおよびHDFSユーザー名に書き入れてください。両方とも必要となります。</p>
+                <p>HDFSネームノードのURIおよびHDFSユーザー名を書き入れてください。両方とも必要となります。</p>
                 <p>HDFS出力接続タイプについては、「出力パス」と呼ばれる付加的なJobタブがあります。このタブこのように見えます。</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/en_US/hdfs-job-output-path.PNG" alt="HDFS Output Specification, Output Path tab" width="80%"/>
@@ -392,8 +391,8 @@
             	<p>ジョブでOpenSearchServer出力コネクションを選択した場合は、「OpenSearchServer」タブが表示されます。このタブから以下の設定を指定する事ができます:</p><br/>
             	<ul>
             		<li>対象とするコンテンツの最大サイズ(バイト)。デフォルトでは16MBです。</li>
-            		<li>対象とするMIMEタイプ。リポジトリコネクションによっては正しく処されません。</li>
-            		<li>対象とするファイル拡張子。リポジトリコネクションによっては正しく処されません。</li>
+            		<li>対象とするMIMEタイプ。リポジトリコネクションによっては正しく処理されません。</li>
+            		<li>対象とするファイル拡張子。リポジトリコネクションによっては正しく処理されません。</li>
             	</ul>
             	<figure src="images/ja_JP/opensearchserver-job-parameters_ja_JP.PNG" alt="OpenSearchServer, job parameters" width="80%"/>
             	<p>すべてのアクティビティは履歴レポートから参照することができます。コネクタは3つのアクティビティに対応しています:コンテンツの読込み(索引の作成)、コンテンツの削除、索引の最適化。ジョブが終了すると索引は最適化されます。</p>
@@ -415,8 +414,8 @@
             	<p>ジョブでElasticSearch出力コネクションを選択した場合は、「ElasticSearch」タブが表示されます。このタブから以下の設定を指定する事ができます:</p><br/>
             	<ul>
             		<li>対象とするコンテンツの最大サイズ(バイト)。デフォルトでは16MBです。</li>
-            		<li>対象とするMIMEタイプ。リポジトリコネクションによっては正しく処されません。</li>
-            		<li>対象とするファイル拡張子。リポジトリコネクションによっては正しく処されません。</li>
+            		<li>対象とするMIMEタイプ。リポジトリコネクションによっては正しく処理されません。</li>
+            		<li>対象とするファイル拡張子。リポジトリコネクションによっては正しく処理されません。</li>
             	</ul>
             	<figure src="images/ja_JP/elasticsearch-job-parameters_ja_JP.png" alt="ElasticSearch, job parameters" width="80%"/>
             	<p>すべてのアクティビティは履歴レポートから参照することができます。コネクタは3つのアクティビティに対応しています:コンテンツの読込み(索引の作成)、コンテンツの削除、索引の最適化。ジョブが終了すると索引は最適化されます。</p>
@@ -456,7 +455,7 @@
                 <figure src="images/ja_JP/ad-configure-dc_ja_JP.PNG" alt="AD Configuration, Domain Controller tab" width="80%"/>
                 <br/><br/>
                 <p>必要な項目を入力してください。普通は「管理者ユーザ名」にはドメインを入力する必要はありませんが、ドメインコントローラの構成によっては「ユーザ名@ドメイン」形式で記入する必要があります。</p>
-                <p>入力した後に「保存」ボタンを押下すると、次のような設定概要と状態ページが表示します:</p>
+                <p>入力した後に「保存」ボタンを押下すると、次のような設定概要と状態ページが表示されます:</p>
                 <br/><br/>
                 <figure src="images/ja_JP/ad-status_ja_JP.PNG" alt="AD Status" width="80%"/>

[... 770 lines stripped ...]


Mime
View raw message