incubator-cloudstack-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ke4...@apache.org
Subject [14/50] [abbrv] git commit: CS-13739: check in Japanese translation file from Japan team
Date Sun, 27 May 2012 22:35:41 GMT
CS-13739: check in Japanese translation file from Japan team


Project: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubator-cloudstack/repo
Commit: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubator-cloudstack/commit/1b4b94b0
Tree: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubator-cloudstack/tree/1b4b94b0
Diff: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubator-cloudstack/diff/1b4b94b0

Branch: refs/heads/3.0.x
Commit: 1b4b94b05668b9a1a0e432467fe75cf7da1fa196
Parents: a96a9a0
Author: Jessica Wang <jessica@cloud.com>
Authored: Fri May 25 10:51:10 2012 -0700
Committer: Jessica Wang <jessica@cloud.com>
Committed: Fri May 25 10:51:32 2012 -0700

----------------------------------------------------------------------
 .../WEB-INF/classes/resources/messages.properties  |   20 +-
 .../classes/resources/messages_ja.properties       |  616 +--------------
 2 files changed, 46 insertions(+), 590 deletions(-)
----------------------------------------------------------------------


http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubator-cloudstack/blob/1b4b94b0/client/WEB-INF/classes/resources/messages.properties
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/client/WEB-INF/classes/resources/messages.properties b/client/WEB-INF/classes/resources/messages.properties
index 94bb005..7b0f264 100644
--- a/client/WEB-INF/classes/resources/messages.properties
+++ b/client/WEB-INF/classes/resources/messages.properties
@@ -3,6 +3,15 @@ label.action.enable.physical.network=Enable physical network
 label.action.disable.physical.network=Disable physical network
 message.action.enable.physical.network=Please confirm that you want to enable this physical network.
 message.action.disable.physical.network=Please confirm that you want to disable this physical network.
+#new labels (end) ************************************************************************************************
+
+
+#modified labels (begin) *****************************************************************************************
+
+
+#modified labels (end) *******************************************************************************************
+
+
 label.ipaddress=IP Address
 label.vcdcname=vCenter DC name
 label.vcipaddress=vCenter IP Address
@@ -30,13 +39,8 @@ label.action.register.iso=Register ISO
 label.isolation.method=Isolation method
 label.action.register.template=Register template
 label.checksum=MD5 checksum
-#new labels (end) ************************************************************************************************
-
-
-#modified labels (begin) *****************************************************************************************
-
-
-#modified labels (end) *******************************************************************************************
+label.vpn=VPN
+label.vlan=VLAN
 
 
 label.management.ips=Management IP Addresses
@@ -1245,7 +1249,6 @@ label.virtual.appliances=Virtual Appliances
 label.virtual.network=Virtual Network
 label.vlan.id=VLAN ID
 label.vlan.range=VLAN Range
-label.vlan=VLAN
 label.vm.add=Add Instance
 label.vm.destroy=Destroy
 label.vm.reboot=Reboot
@@ -1257,7 +1260,6 @@ label.volume.limits=Volume Limits
 label.volume.name=Volume Name
 label.volume=Volume
 label.volumes=Volumes
-label.vpn=VPN
 label.vsphere.managed=vSphere Managed
 label.waiting=Waiting
 label.warn=Warn

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubator-cloudstack/blob/1b4b94b0/client/WEB-INF/classes/resources/messages_ja.properties
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/client/WEB-INF/classes/resources/messages_ja.properties b/client/WEB-INF/classes/resources/messages_ja.properties
index 800b4d2..ea9c1d1 100644
--- a/client/WEB-INF/classes/resources/messages_ja.properties
+++ b/client/WEB-INF/classes/resources/messages_ja.properties
@@ -1,458 +1,5 @@
-
-#new labels (begin) **********************************************************************************************
-#cloudstack 3.0 (begin) ********************************************************************************************
-
 #new labels (begin) **********************************************************************************************
 
-message.migrate.instance.to.host=別のホストにインスタンスを移行することを確認してください。
-label.migrate.instance.to.host=別のホストにインスタンスを移行する
-message.migrate.instance.to.ps=別のプライマリ·ストレージにインスタンスを移行することを確認してください。
-label.migrate.instance.to.ps=別のプライマリストレージにインスタンスを移行する
->>>>>>> 4b2709c... Add missing localization for instances.js
-label.corrections.saved=修正が保存され
-message.installWizard.copy.whatIsSecondaryStorage=セカンダリストレージは、ゾーンに関連付けられており、それは次のように格納されてい:<ul><li>テンプレート - OSイメージのVMを起動すると、インストール済みのアプリケーションなどの追加の構成情報を含めることができます使用することができます</li><li>ISOイメージ - ブートまたは非ブートできるOSイメージ</li><li>ディスクボリュームのスナップショット - データ復旧のために使用することができ、VMデータのコピーを保存したり、新しいテンプレートを作成する</ul>
-message.installWizard.copy.whatIsPrimaryStorage=プライマリストレージとセカンダリストレージ:CloudStack™クラウド·インフラストラクチャは、ストレージの2つのタイプを使用しています。これらの両方は、iSCSIまたはNFSサーバー、またはlocaldiskすることができます。<br/><br/>プライマリ·ストレージは、クラスタに関連付けられており、そのクラスタ内のホスト上で実行されているすべてのVMの各ゲストVMのディスクボリュームに格納されています。プライマリ·ストレージ·サーバーは通常、ホストの近くに位置しています。
-message.installWizard.copy.whatIsAHost=ホストは、単一のコンピュータです。ホストは、ゲスト仮想マシンを実行するコンピューティングリソースを提供しています。各ホストは、ゲストVMを(高度なインストレーション·ガイドで説明する特殊なケースであるベアメタルホストを除く)を管理するためにそれにインストールされているソフトウェアをハイパーバイザしています。たとえば、Linux KVM対応のサーバーは、Citrix XenServerサーバ、およびESXiサーバがホストです。基本インストールでは、我々は、XenServerを実行する単一ホストを使用します。<br/><br/>ホストはCloudStack™展開内で最小の組織単位です。ホストがクラスタ内に含まれている、クラスタは、ポッド内に含まれており、ポッドは、ゾーン内に含まれています。
-message.installWizard.copy.whatIsACluster=クラスタは、グループのホストにする方法を提供します。クラスタ内のホストはすべて同一のハードウェアを持っている、同じハイパーバイザー実行したのと同じサブネット上にあり、同じ共有ストレージにアクセスすることができます。仮想マシン·インスタンス(VMS)は、ユーザーにサービスを中断することなく、同じクラスタ内の別のホストからのライブ移行することができます。クラスタは、CloudStack内サード最大の組織単位™展開です。クラスタは、ポッド内に含まれており、ポッドは、ゾーン内に含まれています。<br/><br/>CloudStack™は、クラウドの展開で複数のクラスタを使用できますが、基本的なインストールのために、私達は1つのクラスタのみを必要としています。
-message.installWizard.copy.whatIsAPod=ポッドは、多くの場合、単一のラックを表しています。同じポッド内のホストが同じサブネット内にあります。<br/><br/>ポッドはCloudStack内で二番目に大きい組織単位™展開です。ポッドは、ゾーン内に含まれています。各ゾーンは、1つまたは複数のポッドを含めることができます。基本インストールでは、あなたのゾーンのひとつポッドを持っています。
-message.installWizard.copy.whatIsAZone=ゾーンはCloudStack内で最大の組織単位™展開です。それはデータセンター内の複数のゾーンを持つことが許されているが、ゾーンは、通常、単一のデータセンターに対応しています。ゾーンにインフラを整理することの利点は、物理的な分離と冗長性を提供することです。たとえば、各ゾーンは独自の電源とネットワークのアップリンクを持つことができ、ゾーンが広く(これは必須ではありませんが)地理的に分離することができます。
-message.installWizard.copy.whatIsCloudStack=CloudStack™は、プール·コンピューティング·リソースがサービス(IaaSの)雲のように、パブリック、プライベート、ハイブリッドインフラストラクチャを構築することがソフトウェアプラットフォームです。 CloudStack™は、ネットワーク、ストレージ、クラウドインフラストラクチャを構成する計算ノードを管理します。展開、管理、およびクラウドコンピューティング環境を構成するためにCloudStack™を使用しています。<br/><br/>コモディティ·ハードウェア上で実行されている個々の仮想マシンのイメージを超えて拡張すると、CloudStack™は、サービスとしての仮想データセンターを実現するためのターンキー·クラウド·インフラストラクチャ·ソフトウェア·スタックを提供します - マルチティアとマルチ
 ナント型のクラウドを構築、デプロイ、および管理するために不可欠なすべてのコンポーネントを提供アプリケーション。オープンソースとプレミアムバージョンの両方がほぼ同じ機能を提供するオープンソースのバージョンでは、用意されています。
-message.installWizard.tooltip.addSecondaryStorage.path=あなたは上記で指定したサーバー上にあるエクスポートされたパス、
-message.installWizard.tooltip.addSecondaryStorage.nfsServer=セカンダリ·ストレージをホストしているNFSサーバのIPアドレス
-message.installWizard.tooltip.addPrimaryStorage.path=(NFS)のNFSでは、これはサーバーからエクスポートされたパスです。パス(SharedMountPoint用)。 KVMでこれは、このプライマリ·ストレージがマウントされている場所は、各ホスト上のパスです。たとえば、 /mnt/primary。
-message.installWizard.tooltip.addPrimaryStorage.server=(NFS、iSCSI、またはPreSetup)のIPアドレスまたはストレージデバイスのDNS名。
-message.installWizard.tooltip.addPrimaryStorage.name=ストレージデバイスの名前を入力します。
-message.installWizard.tooltip.addHost.password=これは上記の名前のユーザのパスワード(XenServerのインストールから)です。
-message.installWizard.tooltip.addHost.username=通常ルート。
-message.installWizard.tooltip.addHost.hostname=DNS名またはホストのIPアドレス。
-message.installWizard.tooltip.addCluster.name=クラスタの名前。これは任意のテキストにすることができ、CloudStack使用されていません。
-message.installWizard.tooltip.addPod.reservedSystemEndIp=これはCloudStackは、セカンダリストレージの仮想マシンとコンソールのプロキシ仮想マシンを管理するために使用するプライベートネットワーク内のIP範囲です。これらのIPアドレスは、コンピューティング·サーバーと同じサブネットから取得されます。
-message.installWizard.tooltip.addPod.reservedSystemStartIp=これはCloudStackは、セカンダリストレージの仮想マシンとコンソールのプロキシ仮想マシンを管理するために使用するプライベートネットワーク内のIP範囲です。これらのIPアドレスは、コンピューティング·サーバーと同じサブネットから取得されます。
-message.installWizard.tooltip.addPod.reservedSystemNetmask=お客様が使用されるサブネットで使用中のマスク。
-message.installWizard.tooltip.addPod.reservedSystemGateway=そのポッド内のホストに対するゲートウェイ。
-message.installWizard.tooltip.addPod.name=ポッドの名前
-message.installWizard.tooltip.configureGuestTraffic.guestEndIp=このゾーンのゲストへの割り当てのために利用できるようになりますIPアドレスの範囲。つのNICが使用されている場合、これらのIPはポッドCIDR CIDRと同じである必要があります。
-message.installWizard.tooltip.configureGuestTraffic.guestStartIp=このゾーンのゲストへの割り当てのために利用できるようになりますIPアドレスの範囲。つのNICが使用されている場合、これらのIPはポッドCIDR CIDRと同じである必要があります。
-message.installWizard.tooltip.configureGuestTraffic.guestNetmask=ゲストが使用する必要があるサブネットで使用中のマスク
-message.installWizard.tooltip.configureGuestTraffic.guestGateway=ゲストが使用するゲートウェイ
-message.installWizard.tooltip.configureGuestTraffic.description=ネットワークの説明
-message.installWizard.tooltip.configureGuestTraffic.name=あなたのネットワークの名前
-message.installWizard.tooltip.addZone.internaldns2=これらは、ゾーン内のシステムのVMで使用するためのDNSサーバです。これらのDNSサーバーは、システムのVMのプライベート·ネットワーク·インタフェースを介してアクセスされます。あなたはポッドを提供するプライベートIPアドレスは、ここという名前のDNSサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.installWizard.tooltip.addZone.internaldns1=これらは、ゾーン内のシステムのVMで使用するためのDNSサーバです。これらのDNSサーバーは、システムのVMのプライベート·ネットワーク·インタフェースを介してアクセスされます。あなたはポッドを提供するプライベートIPアドレスは、ここという名前のDNSサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.installWizard.tooltip.addZone.dns2=これらは、ゾーン内のゲストVMで使用するためのDNSサーバです。これらのDNSサーバーは、後で追加され、パブリックネットワークを介してアクセスされます。ゾーンのパブリックIPアドレスは、ここで名前のDNSサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.installWizard.tooltip.addZone.name=ゾーンの名前
-message.installWizard.tooltip.addZone.dns1=これらは、ゾーン内のゲストVMで使用するためのDNSサーバです。これらのDNSサーバーは、後で追加され、パブリックネットワークを介してアクセスされます。ゾーンのパブリックIPアドレスは、ここで名前のDNSサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.setup.successful=雲のセットアップに成功!
-label.may.continue=あなたは今継続することができます。
-error.installWizard.message=何かが間違っていた、元に戻ってすべてのエラーを訂正することができる
-message.installWizard.now.building=今すぐあなたのクラウドを構築...
-message.installWizard.click.retry=起動を再試行する]ボタンをクリックします。
-label.launch=起動する
-label.installWizard.click.launch=起動ボタンをクリックします。
-label.congratulations=おめでとう!
-label.installWizard.addSecondaryStorageIntro.subtitle=二次記憶装置とは何ですか?
-label.installWizard.addSecondaryStorageIntro.title=のがセカンダリ·ストレージを追加してみましょう
-label.installWizard.addPrimaryStorageIntro.subtitle=プライマリストレージとは何ですか?
-label.installWizard.addPrimaryStorageIntro.title=のは、プライマリ·ストレージを追加してみましょう
-label.installWizard.addHostIntro.subtitle=ホストとは何ですか?
-label.installWizard.addHostIntro.title=のホストを追加してみましょう
-label.installWizard.addClusterIntro.subtitle=クラスタとは何ですか?
-label.installWizard.addClusterIntro.title=のクラスタを追加してみましょう
-label.installWizard.addPodIntro.subtitle=ポッドとは何ですか?
-label.installWizard.addPodIntro.title=のは、ポッドを追加してみましょう
-label.installWizard.addZone.title=ゾーンを追加する
-label.installWizard.addZoneIntro.subtitle=ゾーンとは何ですか?
-label.installWizard.addZoneIntro.title=ゾーンを追加する
-error.password.not.match=パスワードフィールドが一致しません
-label.confirm.password=パスワードを確認
-message.change.password=パスワードを変更してください。
-label.save.and.continue=保存して続行
-label.skip.guide=このガイドをスキップする前に、私はCloudStack使用している
-label.continue.basic.install=基本的なインストールを続行し
-label.introduction.to.cloudstack=CloudStack&#8482するために導入
-label.what.is.cloudstack=CloudStack&#8482 は何ですか?
-label.hints=ヒント
-label.installWizard.subtitle=このツアーでは、あなたのCloudStack&#8482 のインストールを設定する際に役立ちます
-label.continue=続ける
-label.installWizard.title=こんにちは、CloudStack&#8482 へようこそ。
-label.agree=同意する
-label.license.agreement=ライセンス契約
-label.license.agreement.subtitle=インストールする前に、CloudStack&#8482 ライセンスに同意してください。
->>>>>>> 6d8a11c... Complete localization for quick install wizard
-label.manage.resources=リソースを管理する
-label.port.forwarding.policies=ポートフォワーディングのポリシー
-label.load.balancing.policies=バランサポリシーをロードする
-label.networking.and.security=ネットワークとセキュリティ
-label.bandwidth=帯域幅
-label.virtual.machines=仮想マシン
-label.compute.and.storage=コンピューティングとストレージ
-label.task.completed=タスクが完了する
-label.update.project.resources=プロジェクトリソースを更新
-label.remove.project.account=プロジェクト·アカウントを削除します。
-label.item.listing=アイテムリスト
-message.select.item=項目を選択してください。
-label.removing=削除する
-label.invite=招待
-label.add.by=して追加
-label.max.vms=最大ユーザーのVM
-label.max.public.ips=最大のパブリックIP
-label.max.volumes=最大ボリューム
-label.max.snapshots=最大スナップショット
-label.max.templates=最大のテンプレート
-label.project.dashboard=プロジェクトダッシュボード
-label.remind.later=私に後で通知する
-label.invited.accounts=招待アカウント
-label.invite.to=への招待
-label.add.accounts.to=にアカウントを追加します。
-label.add.accounts=アカウントを追加する
-label.project.name=プロジェクト名
-label.create.project=プロジェクトを作成します。
-label.networks=ネットワーク
-label.launch.vm=VMを起動します。
-label.new.vm=新しいVM
-label.previous=前
-label.add.to.group=グループに追加する
-message.vm.review.launch=次の情報を確認して、仮想インスタンスが起動する前に、正しいことを確認してください。
-message.select.security.groups=新しいVMのセキュリティグループを選択してください。
-label.new=新しい
-message.please.select.networks=仮想マシンのネットワークを選択してください。
-message.please.proceed=次のステップに進んでください。
-message.zone.no.network.selection=あなたが選択したゾーンは、ネットワークの選択の任意の選択肢を持っていません。
-label.no.thanks=遠慮します
-label.my.templates=私のテンプレート
-message.select.template=新しい仮想インスタンス用のテンプレートを選択してください。
-message.select.iso=新しい仮想インスタンスは、ISOを選択してください。
-message.template.desc=VMを起動するために使用することができ、OSイメージ
-message.iso.desc=データやOSのブータブルメディアを含むディスクイメージ
-label.select.iso.or.template=を選択し、ISOまたはテンプレート
-message.select.a.zone=ゾーンは、通常、単一のデータセンターに対応しています。複数のゾーンは、物理的な隔離と冗長性を提供することにより、クラウドの信頼性を高める。
-label.select.a.zone=ゾーンを選択します
-label.review=レビュー
-label.select.a.template=テンプレートを選択します。
-label.setup=セットアップ
-state.Allocated=割り当てられた
-changed.item.properties=変更された項目のプロパティ
-label.apply=適用される
-label.default=デフォルト
-label.viewing=表示
-label.move.to.top=トップに移動
-label.move.up.row=1行上に移動
-label.move.down.row=1行下に移動
-label.drag.new.position=新しい位置にドラッグ
-label.order=オーダー
-label.no.data=表示するデータがありません
-label.change.value=値を変更する
-label.clear.list=一覧をクリアする
-label.full.path=フルパス
-message.add.domain=このドメインの下に作成するサブドメインを指定してください
-message.delete.user=このユーザーを削除したいことを確認してください。
-message.enable.user=このユーザーを有効にしたいことを確認してください。
-message.disable.user=このユーザーを無効にしたいことを確認してください。
-message.generate.keys=このユーザーの新しい鍵を生成したいことを確認してください。
-message.update.resource.count=このアカウントのリソースカウントを更新することを確認してください。
-message.edit.account=編集( "-1"リソース作成の量に制限がないことを示します)
-label.total.of.vm=VMの合計
-label.total.of.ip=IPアドレスの合計
-state.enabled=使用可能
-message.action.download.iso=このISOイメージをダウンロードすることを確認してください。
-message.action.download.template=このテンプレートをダウンロードすることを確認してください。
-label.destination.zone=宛先ゾーン
-label.keyboard.type=キーボードの種類
-label.nic.adapter.type=NICアダプタの種類
-label.root.disk.controller=ルート·ディスク·コントローラ
-label.community=コミュニティ
-label.remove.egress.rule=出力ルールを削除する
-label.add.egress.rule=出力ルールを追加
-label.egress.rule=出力ルール
-label.remove.ingress.rule=入力規則を削除する
-label.delete.vpn.user=VPNユーザを削除します。
-label.add.vpn.user=VPNユーザを追加します。
-label.remove.pf=ポートフォワーディングルールを削除する
-label.remove.vm.from.lb=ロード·バランサのルールからVMを削除します。
-label.add.vms.to.lb=バランサのルールをロードするためにVM(s)を追加する
-label.add.vm=VMを追加します。
-label.remove.static.nat.rule=スタティックNATルールを削除します。
-label.remove.rule=ルールを削除する
-label.add.static.nat.rule=スタティックNATルールを追加します。
-label.add.rule=ルールを追加します。
-label.configuration=設定
-message.disable.vpn=あなたは、VPNを無効にしてもよろしいですか?
-label.disable.vpn=VPNを無効にします。
-message.enable.vpn=あなたがこのIPアドレスに対して有効になってVPNアクセスが必要であることを確認してください。
-label.enable.vpn=VPNを有効にする
-message.acquire.new.ip=あなたはこのネットワークのネットのIPアドレスを取得したいことを確認してください。
-label.elastic=エラスティック
-label.my.network=私のネットワーク
-label.add.vms=VMを追加する
-label.configure=設定する
-label.stickiness=粘り
-label.source=ソース
-label.least.connections=最小接続
-label.round.robin=ラウンドロビン
-label.network.domain.text=ネットワーク·ドメインのテキスト
-label.restart.required=必要な再起動
-label.clean.up=クリーンアップ
-message.restart.network=あなたは、ネットワークを再起動することを確認してください
-label.restart.network=ネットワークを再起動します
-label.edit.network.details=ネットワークの詳細を編集
-label.add.guest.network=ゲストネットワークを追加します。
-label.guest.networks=ゲストネットワーク
-message.ip.address.changed=あなたのIPアドレスが変更されている場合があります。あなたは、リストをリフレッシュしたいですか?このケースでは、詳細ペインを閉じることに注意してください。
-state.BackingUp=バックアップ
-state.BackedUp=バックアップ
-label.done=行われ
-label.vm.name=VMの名前
-message.migrate.volume=別のプライマリ·ストレージにボリュームを移行することを確認してください。
-label.migrate.volume=別のプライマリ·ストレージへのボリュームの移行
-message.create.template=あなたがテンプレートを作成してもよろしいですか?
-label.create.template=テンプレートを作成する
-message.download.volume.confirm=あなたはこのボリュームをダウンロードすることを確認してください。
-message.detach.disk=あなたは、このディスクをデタッチしてもよろしいですか?
-state.ready=レディ
-state.Ready=レディ
-label.vm.display.name=VMの表示名
-label.select-view=ビューを選択します。
-label.local.storage=ローカルストレージ
-label.direct.ips=直接IPアドレス
-label.view.all=すべてを見る
-label.zone.details=ゾーンの詳細
-message.alert.state.detected=アラート状態が検出されました
-state.Starting=出発
-state.Expunging=抹消
-state.Creating=作成
-message.decline.invitation=このプロジェクトに招待を辞退してもよろしいですか?
-label.decline.invitation=衰退への招待
-message.confirm.join.project=あなたはこのプロジェクトに参加したい確認してください。
-message.join.project=これで、プロジェクトに参加しています。プロジェクトを参照するビューをプロジェクトに切り替えてください。
-label.accept.project.invitation=プロジェクトへの招待を受け入れる
-label.token=トークン
-label.project.id=プロジェクトID
-message.enter.token=あなたがあなたの招待状を電​​子メールで与えられているトークンを入力してください。
-label.enter.token=トークンを入力します。
-state.Accepted=受け入れ
-state.Pending=ペンディング
-state.Completed=完了する
-state.Declined=減少しました
-label.project=プロジェクト
-label.invitations=招待状
-label.delete.project=プロジェクトを削除します。
-message.delete.project=このプロジェクトを削除してもよろしいですか?
-message.activate.project=あなたはこのプロジェクトをアクティブにしてもよろしいですか?
-label.activate.project=プロジェクトをアクティブにする
-label.suspend.project=プロジェクトを一時停止
-message.suspend.project=あなたはこのプロジェクトを中断してもよろしいですか?
-state.Suspended=サスペンド
-label.edit.project.details=プロジェクトの詳細を編集します。
-label.new.project=新規プロジェクト
-state.Active=アクティブ
-state.Disabled=無効にする
-label.projects=プロジェクト
-label.make.project.owner=アカウントのプロジェクトの所有者を作る
-label.remove.project.account=プロジェクトからアカウントを削除する
-message.project.invite.sent=ユーザーに送信される招待し、彼らが招待を受け入れた後、彼らがプロジェクトに追加されます
-label.add.account.to.project=プロジェクトにアカウントを追加する
-label.revoke.project.invite=招待を取り消す
-label.project.invite=プロジェクトへの招待
-label.select.project=プロジェクトを選択します。
-message.no.projects=任意のプロジェクトを持っていません。<br/>プロジェクトセクションから新しいものを作成してください。
-message.no.projects.adminOnly=任意のプロジェクトを持っていません。<br/>新しいプロジェクトを作成するには、管理者にお問い合わせください。
-message.pending.projects.1=あなたは、プロジェクトへの招待を保留されている。
-message.pending.projects.2=表示するには、プロジェクトの項を参照してくださいし、ドロップダウンからの招待を選択します。
-message.instanceWizard.noTemplates=使用可能な任意のテンプレートを持っていません。インスタンスウィザードを互換性のあるテンプレートを追加してください、再起動します。
-label.view=ビュー
-create.template.complete=テンプレートが正常に作成された
-create.template.confirm=テンプレートを作成することを確認してください。
-create.template.notification=新しいテンプレートを作成する
-create.template.success=新しいテンプレートが作成されています
-instances.actions.reboot.label=再起動のインスタンス
-label.filterBy=によるフィルタ
-label.ok=[OK]
-notification.reboot.instance=再起動のインスタンス
-notification.start.instance=インスタンスを起動します。
-notification.stop.instance=インスタンスを停止します。
-label.display.name=表示名
-label.zone.name=ゾーン名
-ui.listView.filters.all=すべて
-ui.listView.filters.mine=鉱山
-state.Running=ランニング
-state.Stopped=停止
-state.Destroyed=破壊された
-state.Error=エラー
-message.reset.password.warning.notPasswordEnabled=このインスタンスが作成されたテンプレートには、パスワードは有効ではありません
-message.reset.password.warning.notStopped=インスタンスは、その現在のパスワードを変更しようとする前に停止する必要があります。
-label.notifications=通知
-label.default.view=デフォルトのビュー
-label.project.view=プロジェクトビュー
-
-message.add.system.service.offering=新しいシステム·サービスの提供を追加するには、次のデータを記入してください。
-message.action.delete.system.service.offering=このシステムサービスの提供を削除することを確認してください。
-label.action.delete.system.service.offering=削除システムサービスの提供
-label.hypervisor.capabilities=機能をハイパーバイザ
-label.hypervisor.version=のバージョンをハイパーバイザ
-label.max.guest.limit=最大ゲストの制限
-label.add.network.offering=ネットワークの提供を追加します。
-label.supported.services=サポートされているサービス
-label.service.capabilities=サービス機能
-label.guest.type=ゲストの種類
-label.specify.IP.ranges=指定したIPの範囲
-label.conserve.mode=モードを節約
-label.created.by.system=システムによって作成され
-label.menu.system.service.offerings=システムサービスの提供
-label.add.system.service.offering=システムサービスの提供を追加します。
-label.redundant.router.capability=Redundant router capability
-label.supported.source.NAT.type=Supported Source NAT type
-label.elastic.LB=Elastic LB
-label.LB.isolation=LB isolation
-label.elastic.IP=Elastic IP
-label.network.label.display.for.blank.value=デフォルトゲートウェイを使用する
-label.xen.traffic.label=XenServerのトラフィックのラベル
-label.kvm.traffic.label=KVMトラフィックのラベル
-label.vmware.traffic.label=VMwareのトラフィックのラベル
-label.start.IP=IPアドレスの範囲を起動します。
-label.end.IP=終了IPアドレスの範囲
-label.remove.ip.range=IPアドレス範囲を削除します。
-label.ip.ranges=IP範囲
-label.start.vlan=スタートVLAN
-label.end.vlan=エンドVLAN
-label.broadcast.domain.range=ドメインの範囲をブロードキャスト
-label.compute=計算
-message.add.guest.network=あなたがゲストネットワークを追加したいことを確認してください
-label.subdomain.access=サブドメインアクセス
-label.guest.start.ip=ゲストの開始IP
-label.guest.end.ip=ゲストの終了IP
-label.virtual.router=Virtual Router
-label.physical.network.ID=物理的なネットワークID
-label.destination.physical.network.id=先の物理的なネットワークID
-label.dhcp=DHCP
-label.destroy.router=ルータを破壊する
-message.confirm.destroy.router=このルータを破壊することを確認してください
-label.change.service.offering=サービス·オファリングを変更する
-label.view.console=コンソールを表示する
-label.redundant.state=冗長状態
-label.enable.provider=プロバイダを有効にする
-message.confirm.enable.provider=このプロバイダを有効にしたいことを確認してください
-label.disable.provider=プロバイダを無効にする
-message.confirm.disable.provider=このプロバイダを無効にしたいことを確認してください
-label.shutdown.provider=シャットダウン·プロバイダー
-message.confirm.shutdown.provider=このプロバイダをシャットダウンすることを確認してください
-label.netScaler=NetScaler
-label.add.new.NetScaler=新しいNetScalerを追加する
-number.of.retries=再試行の回数
-label.capacity=容量
-label.dedicated=専用の
-label.f5=F5
-label.add.new.F5=新しいF5キーを追加する
-label.srx=SRX
-label.providers=プロバイダー
-label.add.new.SRX=新しいSRXを追加します。
-label.timeout=タイムアウト
-label.public.network=パブリックネットワーク
-label.private.network=プライベートネットワーク
-label.enable.swift=スウィフトを有効にする
-confirm.enable.swift=スウィフトのサポートを有効にするには、次の情報を入力してください。
-message.after.enable.swift=スウィフトは、設定されています。注:このページを出るときは、もう一度再構成するスウィフトにはできません。
-label.key=キー
-label.delete.NetScaler=削除NetScalerは
-message.confirm.delete.NetScaler=あなたがNetScalerを削除したいことを確認してください
-label.delete.F5=削除F5
-message.confirm.delete.F5=F5キーを削除したいことを確認してください
-label.delete.SRX=削除SRX
-message.confirm.delete.SRX=あなたはSRXを削除したいことを確認してください
-label.pods=ポッド
-label.pod.name=ポッド名
-label.reserved.system.gateway=予約システムのゲートウェイ
-label.reserved.system.netmask=予約システムのネットマスク
-label.start.reserved.system.IP=予約システムのIPを起動します。
-label.end.reserved.system.IP=最後の予約システムのIP
-label.clusters=クラスタ
-label.cluster.name=クラスタ名
-label.host.MAC=ホストのMAC
-label.agent.username=エージェントのユーザー名
-label.agent.password=エージェントのパスワード
-message.confirm.action.force.reconnect=このホストを再接続を強制することを確認してください。
-label.resource.state=リソースの状態
-label.LUN.number=LUN #
-message.confirm.remove.IP.range=あなたがこのIPアドレス範囲の削除を希望することを確認してください。
-message.tooltip.zone.name=ゾーンの名前を入力します。
-message.tooltip.dns.1=ゾーン内のVMで使用するためにDNSサーバーの名前を指定します。ゾーンのパブリックIPアドレスは、このサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.tooltip.dns.2=ゾーン内のVMで使用するための二次DNSサーバー名を指定します。ゾーンのパブリックIPアドレスは、このサーバへのルートを持っている必要があります
-message.tooltip.internal.dns.1=ゾーン内のCloudStack内部システムのVMによって使用されるDNSサーバーの名前を指定します。ポッド用のプライベートIPアドレスはこのサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.tooltip.internal.dns.2=ゾーン内のCloudStack内部システムのVMによって使用されるDNSサーバーの名前を指定します。ポッド用のプライベートIPアドレスはこのサーバへのルートを持っている必要があります。
-message.tooltip.network.domain=ゲストVMによってアクセスされるネットワーク用のカスタムドメイン名を作成するDNSサフィックスです。
-message.tooltip.pod.name=このポッドの名前を入力します。
-message.tooltip.reserved.system.gateway=ポッド内のホストに対するゲートウェイ。
-message.tooltip.reserved.system.netmask=ポッドサブネットを定義するネットワーク接頭辞。 CIDR表記を使用しています。
-message.creating.zone=ゾーンを作成する
-message.creating.physical.networks=物理的なネットワークを作成する
-message.configuring.physical.networks=物理的なネットワークを構成する
-message.adding.Netscaler.device=NetScalerのデバイスを追加する
-message.creating.pod=ポッドを作成する
-message.configuring.public.traffic=公共交通を構成する
-message.configuring.storage.traffic=ストレージ·トラフィックの設定
-message.configuring.guest.traffic=ゲストのトラフィックを設定する
-message.creating.cluster=クラスタの作成
-message.adding.host=ホストを追加する
-message.creating.primary.storage=プライマリ·ストレージを作成する
-message.creating.secondary.storage=セカンダリ·ストレージを作成する
-message.Zone.creation.complete=完全なゾーンの作成
-message.enabling.zone=Enabling zone
-error.something.went.wrong.please.correct.the.following=Something went wrong; please correct the following
-error.could.not.enable.zone=Could not enable zone
-message.zone.creation.complete.would.you.like.to.enable.this.zone=Zone creation complete. Would you like to enable this zone?
-message.please.add.at.lease.one.traffic.range=Please add at lease one traffic range.
-message.you.must.have.at.least.one.physical.network=You must have at least one physical network
-message.please.select.a.different.public.and.management.network.before.removing=Please select a different public and management network before removing
-
-label.zone.type=Zone Type
-label.setup.zone=Setup Zone
-label.setup.network=Setup Network
-label.add.resources=Add Resources
-label.launch=Launch
-label.set.up.zone.type=Set up zone type
-message.please.select.a.configuration.for.your.zone=Please select a configuration for your zone.
-message.desc.basic.zone=Provide a single network where each VM instance is assigned an IP directly from the network. Guest isolation can be provided through layer-3 means such as security groups (IP address source filtering)
-label.basic=Basic
-message.desc.advanced.zone=For more sophisticated network topologies. This network model provides the most flexibility in defining guest networks and providing custom network offerings such as firewall, VPN, or load balancer support.
-label.advanced=Advanced
-message.desc.zone=A zone is the largest organizational unit in CloudStack, and it typically corresponds to a single datacenter. Zones provide physical isolation and redundancy. A zone consists of one or more pods (each of which contains hosts and primary storage servers) and a secondary storage server which is shared by all pods in the zone.
-label.physical.network=Physical Network        
-label.public.traffic=Public traffic     
-label.guest.traffic=Guest Traffic
-label.storage.traffic=Storage Traffic
-message.setup.physical.network.during.zone.creation=When adding an advanced zone, you need to set up one or more physical networks. Each network corresponds to a NIC on the management server. Each physical network can carry one or more types of traffic, with certain restrictions on how they may be combined.<br/><br/><strong>Drag and drop one or more traffic types</strong> onto each physical network.
-label.add.physical.network=Add physical network
-label.traffic.types=Traffic Types
-label.management=Management
-label.guest=Guest
-label.please.specify.netscaler.info=Please specify Netscaler info
-message.public.traffic.in.advanced.zone=Public traffic is generated when VMs in the cloud access the internet. Publicly-accessible IPs must be allocated for this purpose. End users can use the CloudStack UI to acquire these IPs to implement NAT between their guest network and their public network.<br/><br/>Provide at lease one range of IP addresses for internet traffic.
-message.public.traffic.in.basic.zone=Public traffic is generated when VMs in the cloud access the Internet or provide services to clients over the Internet. Publicly accessible IPs must be allocated for this purpose. When a instance is created, an IP from this set of Public IPs will be allocated to the instance in addition to the guest IP address. Static 1-1 NAT will be set up automatically between the public IP and the guest IP. End users can also use the CloudStack UI to acquire additional IPs to implement static NAT between their instances and the public IP.
-message.add.pod.during.zone.creation=Each zone must contain in one or more pods, and we will add the first pod now. A pod contains hosts and primary storage servers, which you will add in a later step. First, configure a range of reserved IP addresses for CloudStack's internal management traffic. The reserved IP range must be unique for each zone in the cloud.
-message.guest.traffic.in.advanced.zone=Guest network traffic is communication between end-user virtual machines. Specify a range of VLAN IDs to carry guest traffic for each physical network.
-message.guest.traffic.in.basic.zone=Guest network traffic is communication between end-user virtual machines. Specify a range of IP addresses that CloudStack can assign to guest VMs. Make sure this range does not overlap the reserved system IP range.
-message.storage.traffic=Traffic between CloudStack's internal resources, including any components that communicate with the Management Server, such as hosts and CloudStack system VMs. Please configure storage traffic here.
-message.desc.cluster=Each pod must contain one or more clusters, and we will add the first cluster now. A cluster provides a way to group hosts. The hosts in a cluster all have identical hardware, run the same hypervisor, are on the same subnet, and access the same shared storage. Each cluster consists of one or more hosts and one or more primary storage servers.
-message.desc.host=Each cluster must contain at lease one host (computer) for guest VMs to run on, and we will add the first host now. For a host to function in CloudStack, you must install hypervisor software on the host, assign an IP address to the host, and ensure the host is connected to the CloudStack management server.<br/><br/>Give the host's DNS or IP address, the user name (usually root) and password, and any labels you use to categorize hosts.
-message.desc.primary.storage=Each cluster must contain one or more primary storage servers, and we will add the first one now. Primary storage contains the disk volumes for all the VMs running on hosts in the cluster. Use any standards-compliant protocol that is supported by the underlying hypervisor.
-message.desc.secondary.storage=Each zone must have at lease one NFS or secondary storage server, and we will add the first one now. Secondary storage stores VM templates, ISO images, and VM disk volume snapshots. This server must be available to all hosts in the zone.<br/><br/>Provide the IP address and exported path.
-label.launch.zone=Launch zone 
-message.please.wait.while.zone.is.being.created=Please wait while your zone is being created; this may take a while...
-
-label.load.balancing=Load Balancing
-label.static.nat.enabled=Static NAT Enabled
-label.zones=Zones
-label.view.more=View more
-label.number.of.zones=Number of Zones
-label.number.of.pods=Number of Pods
-label.number.of.clusters=Number of Clusters
-label.number.of.hosts=Number of Hosts
-label.total.hosts=Total Hosts
-label.total.CPU=Total CPU
-label.total.memory=Total Memory
-label.total.storage=Total Storage
-
-#new labels (end) **********************************************************************************************
-
 
 #new labels (end) ************************************************************************************************
 
@@ -463,6 +10,37 @@ label.total.storage=Total Storage
 #modified labels (end) *******************************************************************************************
 
 
+label.ipaddress=IP アドレス
+label.vcdcname=vCenter DC 名
+label.vcipaddress=vCenter IP アドレス
+label.vsmctrlvlanid=コントロール VLAN ID
+label.vsmpktvlanid=パケット VLAN ID
+label.vsmstoragevlanid=ストレージ VLAN ID
+label.nexusVswitch=Nexus vSwitch
+label.action.delete.nexusVswitch=Nexus vSwitch の削除
+label.action.enable.nexusVswitch=Nexus vSwitch の有効化
+label.action.disable.nexusVswitch=Nexus vSwitch の無効化
+label.action.list.nexusVswitch=Nexus vSwitch の一覧表示
+message.action.delete.nexusVswitch=この Nexus vSwitch を削除してもよろしいですか?
+message.action.enable.nexusVswitch=この Nexus vSwitch を有効にしてもよろしいですか?
+message.action.disable.nexusVswitch=この Nexus vSwitch を無効にしてもよろしいですか?
+message.specify.url=URL を指定してください
+label.select.instance.to.attach.volume.to=ボリュームをアタッチするインスタンスを選択してください
+label.upload=アップロード
+label.upload.volume=ボリュームのアップロード
+label.virtual.routers=仮想ルーター
+label.primary.storage.count=プライマリ ストレージ プール
+label.secondary.storage.count=セカンダリ ストレージ プール
+label.number.of.system.vms=システム VM 数
+label.number.of.virtual.routers=仮想ルーター数
+label.action.register.iso=ISO の登録
+label.isolation.method=分離方法
+label.action.register.template=テンプレートの登録
+label.checksum=MD5 チェックサム
+label.cpu=CPU
+label.vlan=VLAN
+
+
 label.management.ips=管理 IP アドレス
 label.devices=デバイス
 label.rules=規則
@@ -801,7 +379,7 @@ state.Running=実行中
 state.Stopped=停止済み
 state.Destroyed=破棄済み
 state.Error=エラー
-message.reset.password.warning.notPasswordEnabled=このインスタンスの作成に使用されたテンプレートは、パスワード管理が有効ではありません。
+message.reset.password.warning.notPasswordEnabled=このインスタンスのテンプレートは、パスワード管理を有効にせずに作成されました。
 message.reset.password.warning.notStopped=現在のパスワードを変更する前にインスタンスを停止する必要があります。
 label.notifications=通知
 label.default.view=デフォルト ビュー
@@ -1018,7 +596,6 @@ label.action.unmanage.cluster=クラスターの非管理対象化
 message.action.unmanage.cluster=クラスターを非管理対象にしてもよろしいですか?
 label.action.unmanage.cluster.processing=クラスターを非管理対象にしています...
 
-
 label.allocation.state=割り当て状態
 managed.state=管理対象状態
 
@@ -1324,9 +901,8 @@ label.code=コード
 label.confirmation=確認
 label.cpu.allocated.for.VMs=VM に割り当て済みの CPU
 label.cpu.allocated=割り当て済みの CPU
-label.cpu.mhz=CPU (MHz 単位)
+label.cpu.mhz=CPU 
 label.cpu.utilized=CPU 使用率
-label.cpu=CPU
 label.created=作成日時
 label.cross.zones=クロス ゾーン
 label.custom.disk.size=カスタム ディスク サイズ
@@ -1444,7 +1020,7 @@ label.lun=LUN
 label.manage=管理
 label.maximum=最大
 label.memory.allocated=割り当て済みのメモリ
-label.memory.mb=メモリ (MB 単位)
+label.memory.mb=メモリ
 label.memory.total=メモリ合計
 label.memory.used=メモリ使用量
 label.memory=メモリ
@@ -1670,7 +1246,6 @@ label.virtual.appliances=仮想アプライアンス
 label.virtual.network=仮想ネットワーク
 label.vlan.id=VLAN ID
 label.vlan.range=VLAN の範囲
-label.vlan=VLAN
 label.vm.add=インスタンスの追加
 label.vm.destroy=破棄
 label.vm.reboot=再起動
@@ -1799,6 +1374,7 @@ message.number.storage=<h2>プライマリ ストレージ ボリューム<span>
 message.number.zones=<h2>ゾーン<span>数</span></h2>
 message.remove.vpn.access=次のユーザーから VPN アクセスを削除してもよろしいですか?
 message.restart.mgmt.server=新しい設定を有効にするために、管理サーバーを再起動してください。
+message.restart.mgmt.usage.server=新しい設定を有効にするために、管理サーバーと使用状況測定サーバーを再起動してください。
 message.security.group.usage=(該当するセキュリティ グループをすべて選択するには、<strong>Ctrl キーを押しながらクリック</strong>してください)
 message.snapshot.schedule=次のオプションから選択してポリシーの基本設定を適用することにより、定期スナップショットのスケジュールをセットアップできます。
 message.step.1.continue=続行するにはテンプレートまたは ISO を選択してください
@@ -1829,125 +1405,3 @@ error.menu.select=項目が選択されていないため操作を実行でき
 error.mgmt.server.inaccessible=管理サーバーにアクセスできません。後で再実行してください。
 error.session.expired=セッションの有効期限が切れました。
 error.unresolved.internet.name=インターネット名を解決できません。
-
-#Jes
-message.add.system.service.offering=新しいシステム·サービスの提供を追加するには、次のデータを記入してください。
-message.action.delete.system.service.offering=このシステムサービスの提供を削除することを確認してください。
-label.action.delete.system.service.offering=削除システムサービスの提供
-label.hypervisor.capabilities=機能をハイパーバイザ
-label.hypervisor.version=のバージョンをハイパーバイザ
-label.max.guest.limit=最大ゲストの制限
-label.add.network.offering=ネットワークの提供を追加します。
-label.supported.services=サポートされているサービス
-label.service.capabilities=サービス機能
-label.guest.type=ゲストの種類
-label.specify.IP.ranges=指定したIPの範囲
-label.conserve.mode=モードを節約
-label.created.by.system=システムによって作成され
-label.menu.system.service.offerings=システムサービスの提供
-label.add.system.service.offering=システムサービスの提供を追加します。
-label.redundant.router.capability=Redundant router capability
-label.supported.source.NAT.type=Supported Source NAT type
-label.elastic.LB=Elastic LB
-label.LB.isolation=LB isolation
-label.elastic.IP=Elastic IP
-label.network.label.display.for.blank.value=デフォルトゲートウェイを使用する
-label.xen.traffic.label=XenServerのトラフィックのラベル
-label.kvm.traffic.label=KVMトラフィックのラベル
-label.vmware.traffic.label=VMwareのトラフィックのラベル
-label.start.IP=IPアドレスの範囲を起動します。
-label.end.IP=終了IPアドレスの範囲
-label.remove.ip.range=IPアドレス範囲を削除します。
-label.ip.ranges=IP範囲
-label.start.vlan=スタートVLAN
-label.end.vlan=エンドVLAN
-label.broadcast.domain.range=ドメインの範囲をブロードキャスト
-label.compute=計算
-message.add.guest.network=あなたがゲストネットワークを追加したいことを確認してください
-label.subdomain.access=サブドメインアクセス
-label.guest.start.ip=ゲストの開始IP
-label.guest.end.ip=ゲストの終了IP
-label.virtual.router=Virtual Router
-label.physical.network.ID=物理的なネットワークID
-label.destination.physical.network.id=先の物理的なネットワークID
-label.dhcp=DHCP
-label.destroy.router=ルータを破壊する
-message.confirm.destroy.router=このルータを破壊することを確認してください
-label.change.service.offering=サービス·オファリングを変更する
-label.view.console=コンソールを表示する
-label.redundant.state=冗長状態
-label.enable.provider=プロバイダを有効にする
-message.confirm.enable.provider=このプロバイダを有効にしたいことを確認してください
-label.disable.provider=プロバイダを無効にする
-message.confirm.disable.provider=このプロバイダを無効にしたいことを確認してください
-label.shutdown.provider=シャットダウン·プロバイダー
-message.confirm.shutdown.provider=このプロバイダをシャットダウンすることを確認してください
-label.netScaler=NetScaler
-label.add.new.NetScaler=新しいNetScalerを追加する
-number.of.retries=再試行の回数
-label.capacity=容量
-label.dedicated=専用の
-label.f5=F5
-label.add.new.F5=新しいF5キーを追加する
-label.srx=SRX
-label.providers=プロバイダー
-label.add.new.SRX=新しいSRXを追加します。
-label.timeout=タイムアウト
-label.public.network=パブリックネットワーク
-label.private.network=プライベートネットワーク
-label.enable.swift=スウィフトを有効にする
-confirm.enable.swift=スウィフトのサポートを有効にするには、次の情報を入力してください。
-message.after.enable.swift=スウィフトは、設定されています。注:このページを出るときは、もう一度再構成するスウィフトにはできません。
-label.key=キー
-label.delete.NetScaler=削除NetScalerは
-message.confirm.delete.NetScaler=あなたがNetScalerを削除したいことを確認してください
-label.delete.F5=削除F5
-message.confirm.delete.F5=F5キーを削除したいことを確認してください
-label.delete.SRX=削除SRX
-message.confirm.delete.SRX=あなたはSRXを削除したいことを確認してください
-label.pods=ポッド
-label.pod.name=ポッド名
-label.reserved.system.gateway=予約システムのゲートウェイ
-label.reserved.system.netmask=予約システムのネットマスク
-label.start.reserved.system.IP=予約システムのIPを起動します。
-label.end.reserved.system.IP=最後の予約システムのIP
-label.clusters=クラスタ
-cluster.name=クラスタ名
-host.MAC=ホストのMAC
-agent.username=エージェントのユーザー名
-agent.password=エージェントのパスワード
-confirm.action.force.reconnect=このホストを再接続を強制することを確認してください。
-resource.state=リソースの状態
-LUN.number=LUN #
-confirm.remove.IP.range=あなたがこのIPアドレス範囲の削除を希望することを確認してください。
-label.cluster.name=クラスタ名
-label.host.MAC=ホストのMAC
-label.agent.username=エージェントのユーザー名
-label.agent.password=エージェントのパスワード
-message.confirm.action.force.reconnect=このホストを再接続を強制することを確認してください。
-label.resource.state=リソースの状態
-label.LUN.number=LUN #
-message.confirm.remove.IP.range=あなたがこのIPアドレス範囲の削除を希望することを確認してください。
-tooltip.zone.name=ゾーンの名前を入力します。
-tooltip.dns.1=ゾーン内のVMで使用するためにDNSサーバーの名前を指定します。ゾーンのパブリックIPアドレスは、このサーバへのルートを持っている必要があります。
-tooltip.dns.2=ゾーン内のVMで使用するための二次DNSサーバー名を指定します。ゾーンのパブリックIPアドレスは、このサーバへのルートを持っている必要があります
-tooltip.internal.dns.1=ゾーン内のCloudStack内部システムのVMによって使用されるDNSサーバーの名前を指定します。ポッド用のプライベートIPアドレスはこのサーバへのルートを持っている必要があります。
-tooltip.internal.dns.2=ゾーン内のCloudStack内部システムのVMによって使用されるDNSサーバーの名前を指定します。ポッド用のプライベートIPアドレスはこのサーバへのルートを持っている必要があります。
-tooltip.network.domain=ゲストVMによってアクセスされるネットワーク用のカスタムドメイン名を作成するDNSサフィックスです。
-tooltip.pod.name=このポッドの名前を入力します。
-tooltip.reserved.system.gateway=ポッド内のホストに対するゲートウェイ。
-tooltip.reserved.system.netmask=ポッドサブネットを定義するネットワーク接頭辞。 CIDR表記を使用しています。
-creating.zone=ゾーンを作成する
-creating.physical.networks=物理的なネットワークを作成する
-configuring.physical.networks=物理的なネットワークを構成する
-adding.Netscaler.device=NetScalerのデバイスを追加する
-creating.pod=ポッドを作成する
-configuring.public.traffic=公共交通を構成する
-configuring.storage.traffic=ストレージ·トラフィックの設定
-configuring.guest.traffic=ゲストのトラフィックを設定する
-creating.cluster=クラスタの作成
-adding.host=ホストを追加する
-creating.primary.storage=プライマリ·ストレージを作成する
-creating.secondary.storage=セカンダリ·ストレージを作成する
-Zone.creation.complete=完全なゾーンの作成
-


Mime
View raw message