httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r1674389 [11/16] - in /httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual: ./ howto/ misc/ mod/ programs/ vhosts/
Date Fri, 17 Apr 2015 20:01:38 GMT
Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.ja.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.ja.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.ja.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.ja.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -56,20 +56,64 @@
     配布物の support ディレクトリにある <code>check_forensic</code> 
     スクリプトが役に立つでしょう。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
-<ul id="toc">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#forensiclog">ForensicLog</a></li>
-</ul>
-<h3>トピック</h3>
+<div id="quickview"><h3>トピック</h3>
 <ul id="topics">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#formats">Forensic ログフォーマット</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#security">セキュリティの問題</a></li>
-</ul><h3>参照</h3>
+</ul><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<ul id="toc">
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#forensiclog">ForensicLog</a></li>
+</ul>
+<h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><a href="../logs.html">Apache ログファイル</a></li>
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_log_config.html">mod_log_config</a></code></li>
 </ul><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">コメント</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="formats" id="formats">Forensic ログフォーマット</a></h2>
+    <p>各リクエストは2回ログ収集されます。最初はリクエストが処理される
+    <em>前</em> (つまり、ヘッダを受け取った後) です。2度目のログは
+    リクエストが処理された<em>後</em>、通常のログ収集と同じときに
+    行なわれます。</p>
+
+    <p>各リクエストを識別するために、リクエストには
+    一意なリクエスト ID が割り当てられます。この forensic ID は
+    フォーマット文字列 <code>%{forensic-id}n</code> を使うことで
+    通常の transfer ログにログ収集することもできます。
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_unique_id.html">mod_unique_id</a></code> を使っている場合は、それが生成する
+    ID が使われます。</p>
+
+    <p>最初の行は forensic ID、リクエスト行と受け取ったすべてのヘッダを
+    パイプ文字 (<code>|</code>) で分離してログ収集します。
+    例えば以下のようになります (実際はすべて同じ行になります):</p>
+
+    <div class="example"><p><code>
+        +yQtJf8CoAB4AAFNXBIEAAAAA|GET /manual/de/images/down.gif
+        HTTP/1.1|Host:localhost%3a8080|User-Agent:Mozilla/5.0 (X11;
+        U; Linux i686; en-US; rv%3a1.6) Gecko/20040216
+        Firefox/0.8|Accept:image/png, <var>etc...</var>
+    </code></p></div>
+
+    <p>最初のプラス文字がこのログは最初のログであることを示します。
+    二番目の行はマイナス文字と ID のみです:</p>
+
+    <div class="example"><p><code>
+      -yQtJf8CoAB4AAFNXBIEAAAAA
+    </code></p></div>
+
+    <p><code>check_forensic</code> スクリプトは引数としてログファイルの名前を
+    取ります。<code>+</code>/<code>-</code> の ID の組を調べ、完了していない
+    リクエストがある場合は警告を発します。</p>
+</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="security" id="security">セキュリティの問題</a></h2>
+    <p>ログファイルが保存されるディレクトリがサーバを起動したユーザ
+    以外で書き込み可能になっているときにセキュリティが破られる可能性が
+    あることについての詳細は<a href="../misc/security_tips.html#serverroot">セキュリティのこつ</a>を
+    参照してください。</p>
+</div>
+<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="ForensicLog" id="ForensicLog">ForensicLog</a> <a name="forensiclog" id="forensiclog">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>Forensic ログのファイル名を設定する</td></tr>
@@ -117,50 +161,6 @@
     </dl>
 
 </div>
-<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="formats" id="formats">Forensic ログフォーマット</a></h2>
-    <p>各リクエストは2回ログ収集されます。最初はリクエストが処理される
-    <em>前</em> (つまり、ヘッダを受け取った後) です。2度目のログは
-    リクエストが処理された<em>後</em>、通常のログ収集と同じときに
-    行なわれます。</p>
-
-    <p>各リクエストを識別するために、リクエストには
-    一意なリクエスト ID が割り当てられます。この forensic ID は
-    フォーマット文字列 <code>%{forensic-id}n</code> を使うことで
-    通常の transfer ログにログ収集することもできます。
-    <code class="module"><a href="../mod/mod_unique_id.html">mod_unique_id</a></code> を使っている場合は、それが生成する
-    ID が使われます。</p>
-
-    <p>最初の行は forensic ID、リクエスト行と受け取ったすべてのヘッダを
-    パイプ文字 (<code>|</code>) で分離してログ収集します。
-    例えば以下のようになります (実際はすべて同じ行になります):</p>
-
-    <div class="example"><p><code>
-        +yQtJf8CoAB4AAFNXBIEAAAAA|GET /manual/de/images/down.gif
-        HTTP/1.1|Host:localhost%3a8080|User-Agent:Mozilla/5.0 (X11;
-        U; Linux i686; en-US; rv%3a1.6) Gecko/20040216
-        Firefox/0.8|Accept:image/png, <var>etc...</var>
-    </code></p></div>
-
-    <p>最初のプラス文字がこのログは最初のログであることを示します。
-    二番目の行はマイナス文字と ID のみです:</p>
-
-    <div class="example"><p><code>
-      -yQtJf8CoAB4AAFNXBIEAAAAA
-    </code></p></div>
-
-    <p><code>check_forensic</code> スクリプトは引数としてログファイルの名前を
-    取ります。<code>+</code>/<code>-</code> の ID の組を調べ、完了していない
-    リクエストがある場合は警告を発します。</p>
-</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="security" id="security">セキュリティの問題</a></h2>
-    <p>ログファイルが保存されるディレクトリがサーバを起動したユーザ
-    以外で書き込み可能になっているときにセキュリティが破られる可能性が
-    あることについての詳細は<a href="../misc/security_tips.html#serverroot">セキュリティのこつ</a>を
-    参照してください。</p>
-</div>
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>翻訳済み言語: </span><a href="../en/mod/mod_log_forensic.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.tr.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.tr.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.tr.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_log_forensic.html.tr.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -51,67 +51,20 @@
       <code>check_forensic</code> betiği adli günlük dosyalarının
       değerlendirilmesinde yardımcı olabilir.</p>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">Yönergeler</h3>
-<ul id="toc">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#forensiclog">ForensicLog</a></li>
-</ul>
-<h3>Konular</h3>
+<div id="quickview"><h3>Konular</h3>
 <ul id="topics">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#formats">Adli Günlük Biçemi</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#security">Güvenlik Kaygıları</a></li>
-</ul><h3>Ayrıca bakınız:</h3>
+</ul><h3 class="directives">Yönergeler</h3>
+<ul id="toc">
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#forensiclog">ForensicLog</a></li>
+</ul>
+<h3>Ayrıca bakınız:</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><a href="../logs.html">Apache Günlük Dosyaları</a></li>
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_log_config.html">mod_log_config</a></code></li>
 </ul><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">Yorum</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="ForensicLog" id="ForensicLog">ForensicLog</a> <a name="forensiclog" id="forensiclog">Yönergesi</a></h2>
-<table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">Açıklama:</a></th><td>Adli günlük için dosya ismini belirler.</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">Sözdizimi:</a></th><td><code>ForensicLog <var>dosya-adı</var>|<var>borulu-süreç</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">Bağlam:</a></th><td>sunucu geneli, sanal konak</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">Durum:</a></th><td>Eklenti</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">Modül:</a></th><td>mod_log_forensic</td></tr>
-</table>
-    <p><code class="directive">ForensicLog</code> yönergesi adli inceleme için
-      sunucuya yapılan istekleri günlüğe kaydetmekte kullanılır. Her günlük
-      girdisine, normal <code class="directive"><a href="../mod/mod_log_config.html#customlog">CustomLog</a></code> yönergesinde kullanılarak istekle
-      ilişkilendirilebilen eşsiz bir kimlik atanır.
-      <code class="module"><a href="../mod/mod_log_forensic.html">mod_log_forensic</a></code> modülü, aktarım günlüğünün biçem
-      dizgesinde <code>%{forensic-id}n</code> şeklinde kullanılmak üzere
-      <code>forensic-id</code> adı verilen bir dizgecik oluşturur.</p>
-
-    <p>Günlüğün yazılacağı yeri belirleyen argüman şu iki değerden birini
-      alabilir:</p>
-
-    <dl>
-      <dt><var>dosya-adı</var></dt>
-      <dd><code class="directive"><a href="../mod/core.html#serverroot">ServerRoot</a></code> yönergesinin
-        değerine göreli bir dosya ismi.</dd>
-
-      <dt><var>borulu-süreç</var></dt>
-      <dd>"<code>|</code>" boru karakteri ile öncelenmiş olarak günlük
-        bilgisini standart girdisinden kabul edecek sürecin ismi (veya komut
-        satırı). Program adının <code class="directive"><a href="../mod/core.html#serverroot">ServerRoot</a></code> yönergesinin değerine göre belirtildiği
-        varsayılır.
-
-      <div class="warning"><h3>Güvenlik:</h3>
-      <p>Bir borulu süreç kullanılmışsa, süreç <code class="program"><a href="../programs/httpd.html">httpd</a></code>’yi
-        başlatan kullanıcı tarafından başlatılacaktır. Sunucu root tarafından
-        başlatılıyorsa bu root olacaktır; bu bakımdan günlük kaydını alacak
-        programın güvenilir olması veya daha az yetkili bir kullanıcıya geçiş
-        yapması önemlidir.</p>
-      </div>
-
-      <div class="warning"><h3>Bilginize</h3>
-        <p>Dosya yolunu belirtirken tersbölü çizgisi kullanılan Unix dışı
-          platformlarda bile yapılandırma dosyasında bu amaçla normal bölü
-          çizgilerini kullanmaya özen gösterilmelidir.</p>
-      </div></dd>
-    </dl>
-
-</div>
-<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
 <h2><a name="formats" id="formats">Adli Günlük Biçemi</a></h2>
     <p>Her istek günlüğe iki defa kaydedilir. İlki, işlemin başlangıcında
@@ -159,6 +112,53 @@
      parolalar) gibi hassas veriler içerebilir, bu bakımdan sunucuyu başlatan
      kullanıcı dışında hiç kimse bu dosyaları okuyamamalıdır.</p>
 </div>
+<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="directive-section"><h2><a name="ForensicLog" id="ForensicLog">ForensicLog</a> <a name="forensiclog" id="forensiclog">Yönergesi</a></h2>
+<table class="directive">
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">Açıklama:</a></th><td>Adli günlük için dosya ismini belirler.</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">Sözdizimi:</a></th><td><code>ForensicLog <var>dosya-adı</var>|<var>borulu-süreç</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">Bağlam:</a></th><td>sunucu geneli, sanal konak</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">Durum:</a></th><td>Eklenti</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">Modül:</a></th><td>mod_log_forensic</td></tr>
+</table>
+    <p><code class="directive">ForensicLog</code> yönergesi adli inceleme için
+      sunucuya yapılan istekleri günlüğe kaydetmekte kullanılır. Her günlük
+      girdisine, normal <code class="directive"><a href="../mod/mod_log_config.html#customlog">CustomLog</a></code> yönergesinde kullanılarak istekle
+      ilişkilendirilebilen eşsiz bir kimlik atanır.
+      <code class="module"><a href="../mod/mod_log_forensic.html">mod_log_forensic</a></code> modülü, aktarım günlüğünün biçem
+      dizgesinde <code>%{forensic-id}n</code> şeklinde kullanılmak üzere
+      <code>forensic-id</code> adı verilen bir dizgecik oluşturur.</p>
+
+    <p>Günlüğün yazılacağı yeri belirleyen argüman şu iki değerden birini
+      alabilir:</p>
+
+    <dl>
+      <dt><var>dosya-adı</var></dt>
+      <dd><code class="directive"><a href="../mod/core.html#serverroot">ServerRoot</a></code> yönergesinin
+        değerine göreli bir dosya ismi.</dd>
+
+      <dt><var>borulu-süreç</var></dt>
+      <dd>"<code>|</code>" boru karakteri ile öncelenmiş olarak günlük
+        bilgisini standart girdisinden kabul edecek sürecin ismi (veya komut
+        satırı). Program adının <code class="directive"><a href="../mod/core.html#serverroot">ServerRoot</a></code> yönergesinin değerine göre belirtildiği
+        varsayılır.
+
+      <div class="warning"><h3>Güvenlik:</h3>
+      <p>Bir borulu süreç kullanılmışsa, süreç <code class="program"><a href="../programs/httpd.html">httpd</a></code>’yi
+        başlatan kullanıcı tarafından başlatılacaktır. Sunucu root tarafından
+        başlatılıyorsa bu root olacaktır; bu bakımdan günlük kaydını alacak
+        programın güvenilir olması veya daha az yetkili bir kullanıcıya geçiş
+        yapması önemlidir.</p>
+      </div>
+
+      <div class="warning"><h3>Bilginize</h3>
+        <p>Dosya yolunu belirtirken tersbölü çizgisi kullanılan Unix dışı
+          platformlarda bile yapılandırma dosyasında bu amaçla normal bölü
+          çizgilerini kullanmaya özen gösterilmelidir.</p>
+      </div></dd>
+    </dl>
+
+</div>
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Mevcut Diller: </span><a href="../en/mod/mod_log_forensic.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ja.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ja.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ja.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ja.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -51,12 +51,12 @@
     必要です。</p>
 
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
-<p>このモジュールにディレクティブはありません。</p>
-<h3>トピック</h3>
+<div id="quickview"><h3>トピック</h3>
 <ul id="topics">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#formats">カスタムログ書式</a></li>
-</ul><h3>参照</h3>
+</ul><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<p>このモジュールにディレクティブはありません。</p>
+<h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_log_config.html">mod_log_config</a></code></li>
 <li><a href="../logs.html">Apache ログファイル</a></li>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ko.euc-kr
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ko.euc-kr?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ko.euc-kr [euc-kr] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.ko.euc-kr [euc-kr] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -27,7 +27,7 @@
 <p><span>가능한 언어: </span><a href="../en/mod/mod_logio.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/mod_logio.html" hreflang="ja" rel="alternate" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/mod_logio.html" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/mod_logio.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="T?rk?e">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/mod_logio.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="T&#252;rk&#231;e">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div>
 <div class="outofdate">이 문서는 최신판 번역이 아닙니다.
             최근에 변경된 내용은 영어 문서를 참고하세요.</div>
@@ -48,12 +48,12 @@
     필요하다.</p>
 
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">지시어들</h3>
-<p>이 모듈에는 지시어가 없습니다.</p>
-<h3>주제</h3>
+<div id="quickview"><h3>주제</h3>
 <ul id="topics">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#formats">사용자정의 로그 형식</a></li>
-</ul><h3>참고</h3>
+</ul><h3 class="directives">지시어들</h3>
+<p>이 모듈에는 지시어가 없습니다.</p>
+<h3>참고</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_log_config.html">mod_log_config</a></code></li>
 <li><a href="../logs.html">아파치 로그파일</a></li>
@@ -92,7 +92,7 @@
 <p><span>가능한 언어: </span><a href="../en/mod/mod_logio.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/mod_logio.html" hreflang="ja" rel="alternate" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/mod_logio.html" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/mod_logio.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="T?rk?e">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/mod_logio.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="T&#252;rk&#231;e">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img src="../images/up.gif" alt="top" /></a></div><div class="section"><h2><a id="comments_section" name="comments_section">Comments</a></h2><div class="warning"><strong>Notice:</strong><br />This is not a Q&amp;A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our <a href="http://httpd.apache.org/lists.html">mailing lists</a>.</div>
 <script type="text/javascript"><!--//--><![CDATA[//><!--
 var comments_shortname = 'httpd';

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.tr.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.tr.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.tr.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_logio.html.tr.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -52,12 +52,12 @@
       yeniden uzlaşımı tetikleyen istekle ilişkilendirilir.</div>
 
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">Yönergeler</h3>
-<p>Bu modül yönerge içermez.</p>
-<h3>Konular</h3>
+<div id="quickview"><h3>Konular</h3>
 <ul id="topics">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#formats">Özel Günlük Biçemleri</a></li>
-</ul><h3>Ayrıca bakınız:</h3>
+</ul><h3 class="directives">Yönergeler</h3>
+<p>Bu modül yönerge içermez.</p>
+<h3>Ayrıca bakınız:</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_log_config.html">mod_log_config</a></code></li>
 <li><a href="../logs.html">Apache Günlük Dosyaları</a></li>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ja.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ja.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ja.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ja.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -64,6 +64,7 @@
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_cache.html">mod_cache</a></code></li>
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_disk_cache.html">mod_disk_cache</a></code></li>
 </ul><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">コメント</a></li></ul></div>
+
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="MCacheMaxObjectCount" id="MCacheMaxObjectCount">MCacheMaxObjectCount</a> <a name="mcachemaxobjectcount" id="mcachemaxobjectcount">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
@@ -229,7 +230,6 @@
     </div>
 
 </div>
-
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>翻訳済み言語: </span><a href="../en/mod/mod_mem_cache.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ko.euc-kr
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ko.euc-kr?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ko.euc-kr [euc-kr] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mem_cache.html.ko.euc-kr [euc-kr] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -68,6 +68,7 @@
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_cache.html">mod_cache</a></code></li>
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_disk_cache.html">mod_disk_cache</a></code></li>
 </ul><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">Comments</a></li></ul></div>
+
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="MCacheMaxObjectCount" id="MCacheMaxObjectCount">MCacheMaxObjectCount</a> <a name="mcachemaxobjectcount" id="mcachemaxobjectcount">지시어</a></h2>
 <table class="directive">
@@ -228,7 +229,6 @@
     </div>
 
 </div>
-
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>가능한 언어: </span><a href="../en/mod/mod_mem_cache.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mime.html.ja.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mime.html.ja.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mime.html.ja.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_mime.html.ja.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -85,7 +85,12 @@
     受け取るように、影響を受けるファイルに 'touch' コマンドを実行する
     (最終更新日を更新する) 必要があるかもしれません。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<div id="quickview"><h3>トピック</h3>
+<ul id="topics">
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#multipleext">複数の拡張子のあるファイル</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#contentencoding">コンテントエンコーディング</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#charset-lang">文字セットと言語</a></li>
+</ul><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
 <ul id="toc">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#addcharset">AddCharset</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#addencoding">AddEncoding</a></li>
@@ -106,12 +111,7 @@
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#removetype">RemoveType</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#typesconfig">TypesConfig</a></li>
 </ul>
-<h3>トピック</h3>
-<ul id="topics">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#multipleext">複数の拡張子のあるファイル</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#contentencoding">コンテントエンコーディング</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#charset-lang">文字セットと言語</a></li>
-</ul><h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><code class="directive"><a href="../mod/mod_mime_magic.html#mimemagicfile">MimeMagicFile</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="../mod/core.html#adddefaultcharset">AddDefaultCharset</a></code></li>
@@ -122,6 +122,118 @@
 <li><code class="directive"><a href="../mod/core.html#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code></li>
 </ul><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">コメント</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="multipleext" id="multipleext">複数の拡張子のあるファイル</a></h2>
+    <p>ファイルは複数の拡張子を持つことができ、拡張子の順番は<em>通常は</em>関係ありません。例えば、ファイル <code>welcome.html.fr</code>
+    がコンテントタイプは <code>text/html</code>
+    に、言語はフランス語にマップされる場合、<code>welcome.fr.html</code>
+    もまったく同じ情報にマップされます。
+    同じメタ情報にマップされる拡張子が複数あるときには、言語と
+    コンテントエンコーディングを除いて、
+    右側にあるものが使用されます。たとえば、<code>.gif</code> が MIME
+    タイプ <code>image/gif</code> にマップされ、<code>.html</code>
+    が MIME タイプ <code>text/html</code>
+    にマップされる場合は、ファイル <code>welcome.gif.html</code> は
+    MIME タイプ <code>text/html</code> に関連付けられます。</p>
+
+    <p>リソースに複数の言語やエンコーディングを関連付けること
+    ができるため、
+    <a href="#charset-lang">言語</a>と<a href="#contentencoding">コンテントエンコーディング</a>は前のものに追加されていきます。
+    たとえば、ファイル <code>welcome.html.en.de</code> は
+    <code>Content-Language: en, de</code> と <code>Content-Type:
+    text/html</code> として送信されます。</p>
+
+    <p>複数の拡張子のあるファイルが MIME
+    タイプとハンドラの両方に関連付けられているときは注意する必要があります。
+    その場合、普通はリクエストがハンドラに関連付けられた
+    モジュールによって扱われることになります。たとえば、拡張子
+    <code>.imap</code> が (<code class="module"><a href="../mod/mod_imagemap.html">mod_imagemap</a></code> の) <code>imap-file</code>
+    にマップされていて、<code>.html</code> が MIME タイプ <code>text/html</code>
+    にマップされているときは、ファイル <code>world.imap.html</code> は
+    <code>imap-file</code> ハンドラと <code>text/html</code> MIME
+    タイプに関連付けられます。ファイルが処理されるときは <code>imap-file</code>
+    ハンドラが使用されますので、そのファイルは <code class="module"><a href="../mod/mod_imagemap.html">mod_imagemap</a></code>
+    のイメージマップファイルとして扱われることになります。</p>
+</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="contentencoding" id="contentencoding">コンテントエンコーディング</a></h2>
+    <p>特定の MIME タイプのファイルはインターネットでの転送を簡単にするために、
+    さらに符号化することができます。これは通常は <code>gzip</code> の
+    ような圧縮のことを指しますが、<code>pgp</code> のような暗号化や、
+    バイナリファイルを ASCII (テキスト) 形式で送るために考案された
+    UUencoding のことを指すこともあります。</p>
+
+    <p><a href="http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt">HTTP/1.1 RFC</a> 
+    14.11 節では次のように記述されています。</p>
+
+    <blockquote cite="http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt">
+      <p>Content-Encoding エンティティヘッダフィールドはメディアタイプの
+      修飾子として使われます。それが存在していれば、値はエンティティボディに
+      どの追加の符号化が適用されたかを示し、Content-Type ヘッダフィールドに
+      書かれているメディアタイプを得るためにどの復号機構を適用すべきか、も
+      示していることになります。Content-Encoding は主に、元のメディアタイプの
+      同一性を失うことなくドキュメントを圧縮することを可能にするために
+      使用されます。</p>
+    </blockquote>
+
+    <p>複数のファイル拡張子 (複数の拡張子については <a href="#multipleext">上の節</a> を参照) 使うことで、
+    ファイルの<em>タイプ</em>や<em>エンコーディング</em>を指定することが
+    できます。</p>
+
+    <p>たとえば、Microsoft Word のドキュメントがあり、サイズを小さくするために
+    pkzip されているとします。<code>.doc</code> 拡張子が Microsoft Word の
+    ファイルタイプと関連付けられていて、<code>.zip</code> 拡張子が
+    pkzip ファイルエンコーディングと関連付けられていると、ファイル
+    <code>Resume.doc.zip</code> は pkzip された Word ドキュメントである
+    ということがわかります。</p>
+
+    <p>クライアントのブラウザにエンコーディング方法を知らせるために、
+    Apache はリソースと共に <code>Content-Encoding</code> ヘッダを
+    送ります。</p>
+
+    <div class="example"><p><code>Content-encoding: pkzip</code></p></div>
+</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="charset-lang" id="charset-lang">文字セットと言語</a></h2>
+    <p>ファイルタイプとファイルエンコーディングの他に重要な情報は
+    ドキュメントの書かれている言語と、どの文字セットでファイルが表示
+    されるべきか、というものです。たとえば、ドキュメントはベトナムの
+    アルファベットやキリル文字で書かれていて、そのように表示される
+    必要があるかもしれません。この情報もまた、HTTP ヘッダで
+    送信されます。</p>
+
+    <p>文字セット、言語、エンコーディング、mime タイプはすべて
+    コンテントネゴシエーション (<code class="module"><a href="../mod/mod_negotiation.html">mod_negotiation</a></code> 参照)
+    の最中に、複数の文字セット、言語、エンコーディング、MIME タイプからなる
+    代替物があるときにどのドキュメントをクライアントに送るのかを
+    決定するときに使われます。<code class="directive"><a href="#addcharset">AddCharset</a></code>,
+    <code class="directive"><a href="#addencoding">AddEncoding</a></code>, <code class="directive"><a href="#addlanguage">AddLanguage</a></code>,
+    <code class="directive"><a href="#addtype">AddType</a></code> の各ディレクティブで作成された
+    拡張子の関連付け (と <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime_magic.html#mimemagicfile">MimeMagicFile</a></code> でリストされている
+    拡張子) がこの選択に参加します。<code class="directive"><a href="#addhandler">AddHandler</a></code>,
+    <code class="directive"><a href="#addinputfilter">AddInputFilter</a></code>,
+    <code class="directive"><a href="#addoutputfilter">AddOutputFilter</a></code> の
+    各ディレクティブでのみ関連付けられている拡張子は
+    <code class="directive"><a href="#multiviewsmatch">MultiviewsMatch</a></code> ディレクティブを
+    使うことでマッチの
+    処理に含めることも外すこともできます。</p>
+
+    <h3><a name="charset" id="charset">Charset</a></h3>
+      <p>さらに情報を伝えるために、Apache は文書の言語を
+      <code>Content-Language</code> ヘッダで送ることもあります。
+      また、情報を正しく表示するために使用すべき文字セットを示すために
+      <code>Conten-Type</code> ヘッダに情報を追加することもあります。</p>
+
+      <div class="example"><p><code>
+        Content-Language: en, fr<br />
+	Content-Type: text/plain; charset=ISO-8859-1
+      </code></p></div>
+
+      <p>言語の指定は二文字の短縮形で行なわれます。<code>charset</code> が
+      使用すべき文字セットの名前です。</p>
+    
+</div>
+<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="AddCharset" id="AddCharset">AddCharset</a> <a name="addcharset" id="addcharset">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>ファイル名の拡張子を指定された文字セットにマップする</td></tr>
@@ -822,118 +934,6 @@
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_mime_magic.html">mod_mime_magic</a></code></li>
 </ul>
 </div>
-<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="multipleext" id="multipleext">複数の拡張子のあるファイル</a></h2>
-    <p>ファイルは複数の拡張子を持つことができ、拡張子の順番は<em>通常は</em>関係ありません。例えば、ファイル <code>welcome.html.fr</code>
-    がコンテントタイプは <code>text/html</code>
-    に、言語はフランス語にマップされる場合、<code>welcome.fr.html</code>
-    もまったく同じ情報にマップされます。
-    同じメタ情報にマップされる拡張子が複数あるときには、言語と
-    コンテントエンコーディングを除いて、
-    右側にあるものが使用されます。たとえば、<code>.gif</code> が MIME
-    タイプ <code>image/gif</code> にマップされ、<code>.html</code>
-    が MIME タイプ <code>text/html</code>
-    にマップされる場合は、ファイル <code>welcome.gif.html</code> は
-    MIME タイプ <code>text/html</code> に関連付けられます。</p>
-
-    <p>リソースに複数の言語やエンコーディングを関連付けること
-    ができるため、
-    <a href="#charset-lang">言語</a>と<a href="#contentencoding">コンテントエンコーディング</a>は前のものに追加されていきます。
-    たとえば、ファイル <code>welcome.html.en.de</code> は
-    <code>Content-Language: en, de</code> と <code>Content-Type:
-    text/html</code> として送信されます。</p>
-
-    <p>複数の拡張子のあるファイルが MIME
-    タイプとハンドラの両方に関連付けられているときは注意する必要があります。
-    その場合、普通はリクエストがハンドラに関連付けられた
-    モジュールによって扱われることになります。たとえば、拡張子
-    <code>.imap</code> が (<code class="module"><a href="../mod/mod_imagemap.html">mod_imagemap</a></code> の) <code>imap-file</code>
-    にマップされていて、<code>.html</code> が MIME タイプ <code>text/html</code>
-    にマップされているときは、ファイル <code>world.imap.html</code> は
-    <code>imap-file</code> ハンドラと <code>text/html</code> MIME
-    タイプに関連付けられます。ファイルが処理されるときは <code>imap-file</code>
-    ハンドラが使用されますので、そのファイルは <code class="module"><a href="../mod/mod_imagemap.html">mod_imagemap</a></code>
-    のイメージマップファイルとして扱われることになります。</p>
-</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="contentencoding" id="contentencoding">コンテントエンコーディング</a></h2>
-    <p>特定の MIME タイプのファイルはインターネットでの転送を簡単にするために、
-    さらに符号化することができます。これは通常は <code>gzip</code> の
-    ような圧縮のことを指しますが、<code>pgp</code> のような暗号化や、
-    バイナリファイルを ASCII (テキスト) 形式で送るために考案された
-    UUencoding のことを指すこともあります。</p>
-
-    <p><a href="http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt">HTTP/1.1 RFC</a> 
-    14.11 節では次のように記述されています。</p>
-
-    <blockquote cite="http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt">
-      <p>Content-Encoding エンティティヘッダフィールドはメディアタイプの
-      修飾子として使われます。それが存在していれば、値はエンティティボディに
-      どの追加の符号化が適用されたかを示し、Content-Type ヘッダフィールドに
-      書かれているメディアタイプを得るためにどの復号機構を適用すべきか、も
-      示していることになります。Content-Encoding は主に、元のメディアタイプの
-      同一性を失うことなくドキュメントを圧縮することを可能にするために
-      使用されます。</p>
-    </blockquote>
-
-    <p>複数のファイル拡張子 (複数の拡張子については <a href="#multipleext">上の節</a> を参照) 使うことで、
-    ファイルの<em>タイプ</em>や<em>エンコーディング</em>を指定することが
-    できます。</p>
-
-    <p>たとえば、Microsoft Word のドキュメントがあり、サイズを小さくするために
-    pkzip されているとします。<code>.doc</code> 拡張子が Microsoft Word の
-    ファイルタイプと関連付けられていて、<code>.zip</code> 拡張子が
-    pkzip ファイルエンコーディングと関連付けられていると、ファイル
-    <code>Resume.doc.zip</code> は pkzip された Word ドキュメントである
-    ということがわかります。</p>
-
-    <p>クライアントのブラウザにエンコーディング方法を知らせるために、
-    Apache はリソースと共に <code>Content-Encoding</code> ヘッダを
-    送ります。</p>
-
-    <div class="example"><p><code>Content-encoding: pkzip</code></p></div>
-</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="charset-lang" id="charset-lang">文字セットと言語</a></h2>
-    <p>ファイルタイプとファイルエンコーディングの他に重要な情報は
-    ドキュメントの書かれている言語と、どの文字セットでファイルが表示
-    されるべきか、というものです。たとえば、ドキュメントはベトナムの
-    アルファベットやキリル文字で書かれていて、そのように表示される
-    必要があるかもしれません。この情報もまた、HTTP ヘッダで
-    送信されます。</p>
-
-    <p>文字セット、言語、エンコーディング、mime タイプはすべて
-    コンテントネゴシエーション (<code class="module"><a href="../mod/mod_negotiation.html">mod_negotiation</a></code> 参照)
-    の最中に、複数の文字セット、言語、エンコーディング、MIME タイプからなる
-    代替物があるときにどのドキュメントをクライアントに送るのかを
-    決定するときに使われます。<code class="directive"><a href="#addcharset">AddCharset</a></code>,
-    <code class="directive"><a href="#addencoding">AddEncoding</a></code>, <code class="directive"><a href="#addlanguage">AddLanguage</a></code>,
-    <code class="directive"><a href="#addtype">AddType</a></code> の各ディレクティブで作成された
-    拡張子の関連付け (と <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime_magic.html#mimemagicfile">MimeMagicFile</a></code> でリストされている
-    拡張子) がこの選択に参加します。<code class="directive"><a href="#addhandler">AddHandler</a></code>,
-    <code class="directive"><a href="#addinputfilter">AddInputFilter</a></code>,
-    <code class="directive"><a href="#addoutputfilter">AddOutputFilter</a></code> の
-    各ディレクティブでのみ関連付けられている拡張子は
-    <code class="directive"><a href="#multiviewsmatch">MultiviewsMatch</a></code> ディレクティブを
-    使うことでマッチの
-    処理に含めることも外すこともできます。</p>
-
-    <h3><a name="charset" id="charset">Charset</a></h3>
-      <p>さらに情報を伝えるために、Apache は文書の言語を
-      <code>Content-Language</code> ヘッダで送ることもあります。
-      また、情報を正しく表示するために使用すべき文字セットを示すために
-      <code>Conten-Type</code> ヘッダに情報を追加することもあります。</p>
-
-      <div class="example"><p><code>
-        Content-Language: en, fr<br />
-	Content-Type: text/plain; charset=ISO-8859-1
-      </code></p></div>
-
-      <p>言語の指定は二文字の短縮形で行なわれます。<code>charset</code> が
-      使用すべき文字セットの名前です。</p>
-    
-</div>
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>翻訳済み言語: </span><a href="../en/mod/mod_mime.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_negotiation.html.ja.utf8
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_negotiation.html.ja.utf8?rev=1674389&r1=1674388&r2=1674389&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_negotiation.html.ja.utf8 [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_negotiation.html.ja.utf8 [utf-8] Fri Apr 17 20:01:34 2015
@@ -52,17 +52,17 @@
       その結果から選択します。</li>
     </ul>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<div id="quickview"><h3>トピック</h3>
+<ul id="topics">
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#typemaps">タイプマップ</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#multiviews">MultiViews</a></li>
+</ul><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
 <ul id="toc">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#cachenegotiateddocs">CacheNegotiatedDocs</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#forcelanguagepriority">ForceLanguagePriority</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#languagepriority">LanguagePriority</a></li>
 </ul>
-<h3>トピック</h3>
-<ul id="topics">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#typemaps">タイプマップ</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#multiviews">MultiViews</a></li>
-</ul><h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><code class="directive"><a href="../mod/core.html#options">Options</a></code></li>
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_mime.html">mod_mime</a></code></li>
@@ -70,6 +70,114 @@
 <li><a href="../env.html">環境変数</a></li>
 </ul><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">コメント</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="typemaps" id="typemaps">タイプマップ</a></h2>
+    <p>タイプマップは RFC 822 のメールヘッダに類似した書式です。
+    ドキュメントの記述が空行で分離されて書かれていて、ハッシュ文字
+    ('#') で始まる行はコメントとして扱われます。
+    ドキュメントの説明は複数のヘッダレコードから構成されます。
+    レコードは、続きの行が空白で始まっていると複数の行にまたがります。
+    最初の空白が消去されて、前の行とつなげて 1 行として扱われます。
+    ヘッダレコードはキーワード名の後に値が続くという形式で、
+    キーワード名は常にコロンで終わります。空白はヘッダ名と値の間、
+    値のトークンの間に入れることができます。
+    使用可能なヘッダは以下のとおりです:</p>
+
+    <dl>
+      <dt><code>Content-Encoding:</code></dt>
+      <dd>ファイルのエンコーディング。Apache は <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#addencoding">AddEncoding</a></code> ディレクティブ
+      で定義されたエンコーディングだけを認識します。通常 compress
+      されたファイルのための <code>x-compress</code> と gzip
+      されたファイルのための <code>x-gzip</code> を含みます。
+      エンコーディングの比較をするときは、接頭辞 <code>x-</code>
+      は無視されます。</dd>
+
+      <dt><code>Content-Language:</code></dt>
+      <dd>インターネット標準の言語タグ 
+      (<a href="http://www.ietf.org/rfc/rfc1766.txt">RFC 1766</a>)
+      で定義されている言語の種類。例えば、<code>en</code>
+      は英語を表します。
+      複数の言語が格納される場合はコンマで区切られます。</dd>
+
+      <dt><code>Content-Length:</code></dt>
+      <dd>ファイルの長さ (バイト数)。
+      このヘッダがない場合、ファイルの実際の長さが使用されます。</dd>
+
+      <dt><code>Content-Type:</code></dt>
+      <dd>ドキュメントの MIME
+      メディアタイプ、オプショナルなパラメータ付き。パラメータの構文は
+      <code>name=value</code>
+      で、メディアタイプや他のパラメータとはセミコロンで分離されます。
+      共通のパラメータは以下のとおり:
+
+        <dl>
+          <dt><code>level</code></dt>
+          <dd>メディアタイプのバージョンを示す整数。
+          <code>text/html</code> では 2 がデフォルトで、その他の場合は
+          0 がデフォルトです。</dd>
+
+          <dt><code>qs</code></dt>
+          <dd>クライアントの能力に関係なく、variant
+          を他と比較したときの相対的な「品質」で、0.0 から 1.0
+          の範囲の浮動点小数。
+          例えば、写真を表現しようとしているときは普通は JPEG
+          ファイルの方が ASCII ファイルよりも高い品質になります。
+          しかし、リソースが ASCII アートで表現されているときは、ASCII
+          ファイルの方が JPEG
+          ファイルよりも高い品質になります。このように、<code>qs</code>
+          はリソース毎に特有の値を取ります。
+          </dd>
+        </dl>
+
+        <div class="example"><h3>例</h3><p><code>
+          Content-Type: image/jpeg; qs=0.8
+        </code></p></div>
+      </dd>
+
+      <dt><code>URI:</code></dt>
+      <dd>(指定のメディアタイプ、コンテントエンコーディングの) variant の
+      ファイルの uri.  これは、マップファイルからの相対 URL として
+      解釈されます。同じサーバに存在しなければならず、クライアントが
+      直接リクエストしたときにアクセスを許可されるものでなければなりません。</dd>
+
+      <dt><code>Body:</code></dt>
+      <dd>Apache 2.0 で新設されたこの Body ヘッダを使って、
+      リソースの実際の内容をタイプマップファイルに書くことができます。
+      このヘッダは本文の内容の区切りとなる文字列で始まる必要があります。
+      タイプマップファイルの続く行は、区切り文字列が見つかるまで、
+      リソースの本文になります。
+
+      <div class="example"><h3>Example:</h3><p><code>
+        Body:----xyz----<br />
+        &lt;html&gt;<br />
+        &lt;body&gt;<br />
+        &lt;p&gt;Content of the page.&lt;/p&gt;<br />
+        &lt;/body&gt;<br />
+        &lt;/html&gt;<br />
+        ----xyz----
+      </code></p></div>
+      </dd>
+    </dl>
+</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="multiviews" id="multiviews">MultiViews</a></h2>
+    <p>MultiViews 探索は、<code>Multiviews</code> <code class="directive"><a href="../mod/core.html#options">Options</a></code> ディレクティブにより有効になります。
+    サーバが <code>/some/dir/foo</code>
+    へのリクエストを受け取り、<code>/some/dir/foo</code> が存在
+    <em>しない</em>場合、サーバはディレクトリを読んで、
+    <code>foo.*</code> にあてはまる全てのファイルを探し、
+    事実上それらのファイルをマップするタイプマップを作ります。
+    そのとき、メディアタイプとコンテントエンコーディングは、
+    そのファイル名を直接指定したときと同じものが割り当てられます。
+    それからクライアントの要求に一番合うものを選び、
+    そのドキュメントを返します。</p>
+
+    <p>ファイルを選択する際に、関連するコンテントネゴシエーションの
+    メタ情報を持たないファイルについて、判定を行うかどうかを
+    <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#multiviewsmatch">MultiViewsMatch</a></code>
+    ディレクティブで設定します。</p>
+</div>
+<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="CacheNegotiatedDocs" id="CacheNegotiatedDocs">CacheNegotiatedDocs</a> <a name="cachenegotiateddocs" id="cachenegotiateddocs">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>コンテントネゴシエーションされたドキュメントをプロキシサーバが
@@ -189,114 +297,6 @@
 <li><code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#addlanguage">AddLanguage</a></code></li>
 </ul>
 </div>
-<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="typemaps" id="typemaps">タイプマップ</a></h2>
-    <p>タイプマップは RFC 822 のメールヘッダに類似した書式です。
-    ドキュメントの記述が空行で分離されて書かれていて、ハッシュ文字
-    ('#') で始まる行はコメントとして扱われます。
-    ドキュメントの説明は複数のヘッダレコードから構成されます。
-    レコードは、続きの行が空白で始まっていると複数の行にまたがります。
-    最初の空白が消去されて、前の行とつなげて 1 行として扱われます。
-    ヘッダレコードはキーワード名の後に値が続くという形式で、
-    キーワード名は常にコロンで終わります。空白はヘッダ名と値の間、
-    値のトークンの間に入れることができます。
-    使用可能なヘッダは以下のとおりです:</p>
-
-    <dl>
-      <dt><code>Content-Encoding:</code></dt>
-      <dd>ファイルのエンコーディング。Apache は <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#addencoding">AddEncoding</a></code> ディレクティブ
-      で定義されたエンコーディングだけを認識します。通常 compress
-      されたファイルのための <code>x-compress</code> と gzip
-      されたファイルのための <code>x-gzip</code> を含みます。
-      エンコーディングの比較をするときは、接頭辞 <code>x-</code>
-      は無視されます。</dd>
-
-      <dt><code>Content-Language:</code></dt>
-      <dd>インターネット標準の言語タグ 
-      (<a href="http://www.ietf.org/rfc/rfc1766.txt">RFC 1766</a>)
-      で定義されている言語の種類。例えば、<code>en</code>
-      は英語を表します。
-      複数の言語が格納される場合はコンマで区切られます。</dd>
-
-      <dt><code>Content-Length:</code></dt>
-      <dd>ファイルの長さ (バイト数)。
-      このヘッダがない場合、ファイルの実際の長さが使用されます。</dd>
-
-      <dt><code>Content-Type:</code></dt>
-      <dd>ドキュメントの MIME
-      メディアタイプ、オプショナルなパラメータ付き。パラメータの構文は
-      <code>name=value</code>
-      で、メディアタイプや他のパラメータとはセミコロンで分離されます。
-      共通のパラメータは以下のとおり:
-
-        <dl>
-          <dt><code>level</code></dt>
-          <dd>メディアタイプのバージョンを示す整数。
-          <code>text/html</code> では 2 がデフォルトで、その他の場合は
-          0 がデフォルトです。</dd>
-
-          <dt><code>qs</code></dt>
-          <dd>クライアントの能力に関係なく、variant
-          を他と比較したときの相対的な「品質」で、0.0 から 1.0
-          の範囲の浮動点小数。
-          例えば、写真を表現しようとしているときは普通は JPEG
-          ファイルの方が ASCII ファイルよりも高い品質になります。
-          しかし、リソースが ASCII アートで表現されているときは、ASCII
-          ファイルの方が JPEG
-          ファイルよりも高い品質になります。このように、<code>qs</code>
-          はリソース毎に特有の値を取ります。
-          </dd>
-        </dl>
-
-        <div class="example"><h3>例</h3><p><code>
-          Content-Type: image/jpeg; qs=0.8
-        </code></p></div>
-      </dd>
-
-      <dt><code>URI:</code></dt>
-      <dd>(指定のメディアタイプ、コンテントエンコーディングの) variant の
-      ファイルの uri.  これは、マップファイルからの相対 URL として
-      解釈されます。同じサーバに存在しなければならず、クライアントが
-      直接リクエストしたときにアクセスを許可されるものでなければなりません。</dd>
-
-      <dt><code>Body:</code></dt>
-      <dd>Apache 2.0 で新設されたこの Body ヘッダを使って、
-      リソースの実際の内容をタイプマップファイルに書くことができます。
-      このヘッダは本文の内容の区切りとなる文字列で始まる必要があります。
-      タイプマップファイルの続く行は、区切り文字列が見つかるまで、
-      リソースの本文になります。
-
-      <div class="example"><h3>Example:</h3><p><code>
-        Body:----xyz----<br />
-        &lt;html&gt;<br />
-        &lt;body&gt;<br />
-        &lt;p&gt;Content of the page.&lt;/p&gt;<br />
-        &lt;/body&gt;<br />
-        &lt;/html&gt;<br />
-        ----xyz----
-      </code></p></div>
-      </dd>
-    </dl>
-</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section">
-<h2><a name="multiviews" id="multiviews">MultiViews</a></h2>
-    <p>MultiViews 探索は、<code>Multiviews</code> <code class="directive"><a href="../mod/core.html#options">Options</a></code> ディレクティブにより有効になります。
-    サーバが <code>/some/dir/foo</code>
-    へのリクエストを受け取り、<code>/some/dir/foo</code> が存在
-    <em>しない</em>場合、サーバはディレクトリを読んで、
-    <code>foo.*</code> にあてはまる全てのファイルを探し、
-    事実上それらのファイルをマップするタイプマップを作ります。
-    そのとき、メディアタイプとコンテントエンコーディングは、
-    そのファイル名を直接指定したときと同じものが割り当てられます。
-    それからクライアントの要求に一番合うものを選び、
-    そのドキュメントを返します。</p>
-
-    <p>ファイルを選択する際に、関連するコンテントネゴシエーションの
-    メタ情報を持たないファイルについて、判定を行うかどうかを
-    <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#multiviewsmatch">MultiViewsMatch</a></code>
-    ディレクティブで設定します。</p>
-</div>
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>翻訳済み言語: </span><a href="../en/mod/mod_negotiation.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |



Mime
View raw message