httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ka...@apache.org
Subject svn commit: r1211294 - in /httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod: mod_proxy_ftp.xml.ja mod_proxy_scgi.xml.ja
Date Wed, 07 Dec 2011 04:24:16 GMT
Author: kawai
Date: Wed Dec  7 04:24:16 2011
New Revision: 1211294

URL: http://svn.apache.org/viewvc?rev=1211294&view=rev
Log:
Add new translation.
Submitted by: INOUE Seiichiro <inoue _at_ ariel-networks.com>
Reviewed by: OKANO Takayoshi <kano _at_ na.rim.or.jp>

Added:
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_ftp.xml.ja
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_scgi.xml.ja

Added: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_ftp.xml.ja
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_ftp.xml.ja?rev=1211294&view=auto
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_ftp.xml.ja (added)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_ftp.xml.ja [utf-8] Wed Dec  7 04:24:16
2011
@@ -0,0 +1,143 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!DOCTYPE modulesynopsis SYSTEM "../style/modulesynopsis.dtd">
+<?xml-stylesheet type="text/xsl" href="../style/manual.en.xsl"?>
+<!-- $LastChangedRevision: 669475 $ -->
+
+<!--
+ Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more
+ contributor license agreements.  See the NOTICE file distributed with
+ this work for additional information regarding copyright ownership.
+ The ASF licenses this file to You under the Apache License, Version 2.0
+ (the "License"); you may not use this file except in compliance with
+ the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+     http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+ Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+ distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+ WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+ See the License for the specific language governing permissions and
+ limitations under the License.
+-->
+
+<modulesynopsis metafile="mod_proxy_ftp.xml.meta">
+
+<name>mod_proxy_ftp</name>
+<description><module>mod_proxy</module> のための FTP サポートモジュール</description>
+<status>Extension</status>
+<sourcefile>mod_proxy_ftp.c</sourcefile>
+<identifier>proxy_ftp_module</identifier>
+
+<summary>
+    <p>本モジュールには <module>mod_proxy</module> が<em>必要です</em>。
+    本モジュールは FTP サイトへのプロキシ機能を提供します。
+    現状、 FTP サポートは GET メソッドに限定されていることに注意してください。</p>
+
+    <p>FTP プロキシリクエストを扱うためには、<module>mod_proxy</module>

+    と <module>mod_proxy_ftp</module>が サーバに組み込まれて
+    いなければいけません。</p>
+
+    <note type="warning"><title>警告</title>
+      <p><a href="mod_proxy.html#access">
+      安全なサーバにする</a>までプロキシ機能は有効にしないでください。
+      オープンプロキシサーバはあなた自身のネットワークにとっても、
+      インターネット全体にとっても危険です。</p>
+    </note>
+</summary>
+<seealso><module>mod_proxy</module></seealso>
+
+    <section id="mimetypes"><title>なぜファイルタイプ <var>xxx</var>
+    は FTP ダウンロードできないのでしょう?</title>
+      <p>おそらく、プロキシの mime.types 設定ファイルでそのファイルタイプを
+      <code>application/octet-stream</code> として定義していないのでしょう。
+      以下の行が便利でしょう。</p>
+
+      <example>
+<pre>application/octet-stream   bin dms lha lzh exe class tgz taz</pre>
+      </example>
+	<p>デフォルトで全てをバイナリにするのもいいかもしれません:</p>
+      <example>
+<pre>DefaultType application/octet-stream</pre>
+      </example>
+    </section> <!-- /mimetypes -->
+
+    <section id="type"><title>ファイル <var>xxx</var> を ASCII
モードで
+    FTP ダウンロードさせるにはどうすればいいのでしょう?</title>
+      <p>稀に、特定のファイルを FTP の <code>ASCII</code> 転送モードでダウンロードしなければ
+      ならない場合があります (なお、デフォルトの転送モードは <code>binary</code>
です)。
+      この場合、リクエストの末尾に <code>;type=a</code> を加えることで
+      <module>mod_proxy</module> のデフォルト動作を変更して、 ASCII
転送モードにできます。
+      (一方、 FTP のディレクトリ一覧は常に ASCII モードです。)</p>
+    </section> <!-- /type -->
+
+    <section id="ftpnonget"><title>FTP アップロードはできますか?</title>
+	<p>現状、 mod_proxy は FTP の GET のみサポートしています。
+        もちろん、 Apache プロキシで HTTP アップロード (POST または PUT)
+        はできます。</p>
+    </section>
+
+    <section id="percent2fhck"><title>ホームディレクトリ外のファイルに
FTP
+    アクセスするにはどうすればよいでしょうか?</title>
+      <p>FTP の URI はログイン中のユーザのホームディレクトリの相対パスとして
+      解釈されます。より上位のディレクトリに行くために /../ を使っても無駄です。
+      と言うのも、ドットふたつはブラウザが解釈するだけで、実際に
FTP サーバには
+      送られないからです。この問題に対して、 Apache の FTP プロキシは
+      いわゆる <dfn>Squid %2f hack</dfn> を実装しています;
+      <a href="http://www.squid-cache.org/">Squid Proxy Cache</a> などの
+      他の有名なプロキシサーバも採用している解決方法です。
+      リクエストのパスの先頭に <code>/%2f</code> をつけると、これらのプロキシ
+      は FTP のディレクトリを <code>/</code> 開始にします (ホームディレクトリではなく)。
+      例えば、<code>/etc/motd</code> ファイルを取得するには、次の
URL を
+      使えばよいでしょう:</p>
+
+      <example>
+        ftp://<var>user</var>@<var>host</var>/%2f/etc/motd
+      </example>
+    </section> <!-- /percent2fhck -->
+
+    <section id="ftppass"><title>ブラウザの URL 欄に FTP のパスワードがそのまま
+    載らないようにするにはどうすればよいでしょうか?</title>
+      <p>FTP サーバにユーザ名とパスワードを使ってログインするために、
Apache 
+      は異なる戦略を使います。 URL にユーザ名もパスワードも無ければ、
Apache 
+      は FTP サーバに匿名 (anonymous) ログインしようとします。
+      <em>例</em></p>
+
+      <example>
+        user: anonymous<br />
+        password: apache_proxy@
+      </example>
+
+      <p>匿名アクセスを設定したすべての有名な FTP サーバでこれは動作します。</p>
+
+      <p>特定のユーザ名でログインするために、 URL に次のようにユーザ名を埋め込めます:</p>
+
+      <example>
+        ftp://<var>username</var>@<var>host</var>/myfile
+      </example>
+
+      <p>FTP サーバがこのユーザ名に対してパスワードを求めると
(そうあるべきです) 、
+      Apache は <code>401</code> (Authorization required) レスポンスを返します。
+      これによりブラウザはユーザ名とパスワードを求めるダイアログ画面をポップアップします。
+      パスワードを入力すると、もう一度接続しなおし、認証が成功すると、
+      要求していたリソースが現れます。このやりとりの利点は、ブラウザがパスワードを
+      そのまま表示しないことです。もし最初に次の URL を使っていると</p>
+
+      <example>
+        ftp://<var>username</var>:<var>password</var>@<var>host</var>/myfile
+      </example>
+
+      <p>パスワードがそのまま見えてしまいます。</p>
+
+      <note><title>注意</title>
+        <p>このように送信するパスワードはネットワーク上は暗号化されません。
+        ブラウザと Apache プロキシサーバの間は base64 エンコードした生パスワードで、
+        Apache プロキシサーバと FTP サーバの間はプレインテキストです。
+        このため、 HTTP 経由で FTP サーバにアクセスする時 (とにかく
FTP で個人的な
+        ファイルにアクセスする時 ) 、倍の慎重さが求められます。
+        安全でないネットワークを使っている場合、経路上でパスワードを盗み取られる
+        可能性があります。</p>
+      </note>
+    </section> <!-- /ftppass -->
+
+
+</modulesynopsis>

Added: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_scgi.xml.ja
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_scgi.xml.ja?rev=1211294&view=auto
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_scgi.xml.ja (added)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_proxy_scgi.xml.ja [utf-8] Wed Dec  7 04:24:16
2011
@@ -0,0 +1,142 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!DOCTYPE modulesynopsis SYSTEM "../style/modulesynopsis.dtd">
+<?xml-stylesheet type="text/xsl" href="../style/manual.en.xsl"?>
+<!-- $LastChangedRevision: 1031426 $ -->
+
+<!--
+ Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more
+ contributor license agreements.  See the NOTICE file distributed with
+ this work for additional information regarding copyright ownership.
+ The ASF licenses this file to You under the Apache License, Version 2.0
+ (the "License"); you may not use this file except in compliance with
+ the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+     http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+ Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+ distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+ WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+ See the License for the specific language governing permissions and
+ limitations under the License.
+-->
+
+<modulesynopsis metafile="mod_proxy_scgi.xml.meta">
+
+<name>mod_proxy_scgi</name>
+<description><module>mod_proxy</module> のための SCGI ゲートウェイモジュール</description>
+<status>Extension</status>
+<sourcefile>mod_proxy_scgi.c</sourcefile>
+<identifier>proxy_scgi_module</identifier>
+<compatibility>Apache 2.2.14 以降で使用可能</compatibility>
+
+<summary>
+    <p>本モジュールには <module>mod_proxy</module> が<em>必要です</em>。
+    本モジュールは <a href="http://python.ca/scgi/protocol.txt">SCGI protocol,

+    version 1</a> をサポートします。</p>
+
+    <p>SCGI プロトコルを扱うためには、<module>mod_proxy</module>

+    と <module>mod_proxy_scgi</module>が サーバに組み込まれて
+    いなければいけません。</p>
+
+    <note type="warning"><title>警告</title>
+      <p><a href="mod_proxy.html#access">
+      安全なサーバにする</a>までプロキシ機能は有効にしないでください。
+      オープンプロキシサーバはあなた自身のネットワークにとっても、
+      インターネット全体にとっても危険です。</p>
+    </note>
+</summary>
+
+<seealso><module>mod_proxy</module></seealso>
+<seealso><module>mod_proxy_balancer</module></seealso>
+
+<section id="examples"><title>例</title>
+    <p>以下の例を動かすには、<module>mod_proxy</module> と
<module>mod_proxy_scgi</module>
+    を有効にしなければいけないことを忘れないでください。</p>
+
+    <example><title>簡単なゲートウェイ</title>
+      ProxyPass /scgi-bin/ scgi://localhost:4000/
+    </example>
+
+    <p>ロードバランスするゲートウェイには、既に言及したプロキシモジュール
+    に加えて <module>mod_proxy_balancer</module> が必要です。</p>
+
+    <example><title>ロードバランスするゲートウェイ</title>
+    ProxyPass /scgi-bin/ balancer://somecluster/<br />
+    &lt;Proxy balancer://somecluster/&gt;<br />
+    <indent>
+        BalancerMember scgi://localhost:4000/<br />
+        BalancerMember scgi://localhost:4001/<br />
+    </indent>
+    &lt;/Proxy&gt;
+    </example>
+</section>
+
+<directivesynopsis>
+<name>ProxySCGISendfile</name>
+<description><var>X-Sendfile</var> 疑似レスポンスヘッダの評価を有効にする</description>
+<syntax>ProxySCGISendfile On|Off|<var>Headername</var></syntax>
+<default>ProxySCGISendfile Off</default>
+<contextlist><context>server config</context><context>virtual host</context>
+<context>directory</context></contextlist>
+
+<usage>
+    <p><directive>ProxySCGISendfile</directive> ディレクティブを設定すると、
+    SCGI バックエンドの代わりにゲートウェイが直接ファイルを転送できるようにします。
+    これはパフォーマンス向上のために使えます。 httpd は <code>sendfile</code>
+    などの最適化を行うことができます。これはバックエンドからソケット経由でファイルを
+    受けた時にはできない最適化です。</p>
+    <p><directive>ProxySCGISendfile</directive> の引数でゲートウェイの動作
+    を制御します:</p>
+    <dl>
+    <dt><code>Off</code></dt>
+    <dd>特別な動作をしません。</dd>
+
+    <dt><code>On</code></dt>
+    <dd>ゲートウェイはバックエンドのレスポンスヘッダから <code>X-Sendfile</code>
と
+    呼ばれるヘッダを探し、その値を転送対象のファイル名と見なします。
+    ヘッダは最終的なレスポンスヘッダからは除かれます。
+    次の設定と等価です。
+    <code>ProxySCGISendfile X-Sendfile</code>.</dd>
+
+    <dt>その他</dt>
+    <dd><code>On</code> にした場合に似ていますが、ハードコードしたヘッダ名の
+    代わりに、引数がヘッダ名として使われます。</dd>
+    </dl>
+
+    <example><title>Example</title>
+    # Use the default header (X-Sendfile)<br />
+    ProxySCGISendfile On<br />
+    <br />
+    # Use a different header<br />
+    ProxySCGISendfile X-Send-Static
+    </example>
+</usage>
+</directivesynopsis>
+
+<directivesynopsis>
+<name>ProxySCGIInternalRedirect</name>
+<description>バックエンドからの内部的なリダイレクトレスポンスを有効あるいは無効にする</description>
+<syntax>ProxySCGIInternalRedirect On|Off</syntax>
+<default>ProxySCGIInternalRedirect On</default>
+<contextlist><context>server config</context><context>virtual host</context>
+<context>directory</context></contextlist>
+
+<usage>
+    <p><directive>ProxySCGIInternalRedirect</directive> で、
+    バックエンドが内部的にゲートウェイを別の URL にリダイレクトできるようにします。
+    この機能は <module>mod_cgi</module> 起源で、レスポンスステータスが
+    <code>OK</code> (<code>200</code>) で、かつレスポンスが
<code>Location</code>
+    ヘッダを持ち、かつヘッダ値の先頭がスラッシュ (<code>/</code>)
であれば、
+    内部的にリダイレクトします。このヘッダ値が内部的なリダイレクト先の
+    新しい URL として解釈されます。</p>
+
+    <p>機能を無効にしない限り、<module>mod_proxy_scgi</module>
は 
+    上記の点で <module>mod_cgi</module> と同じ動作をします。</p>
+
+    <example><title>例</title>
+    ProxySCGIInternalRedirect Off
+    </example>
+</usage>
+</directivesynopsis>
+
+</modulesynopsis>



Mime
View raw message