httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ka...@apache.org
Subject svn commit: r1210075 - /httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.ja
Date Sun, 04 Dec 2011 08:26:32 GMT
Author: kawai
Date: Sun Dec  4 08:26:32 2011
New Revision: 1210075

URL: http://svn.apache.org/viewvc?rev=1210075&view=rev
Log:
fix typo.
Submitted by: OKANO Takayoshi <kano _at_ na.rim.or.jp>
Reviewed by: kawai

Modified:
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.ja

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.ja
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.ja?rev=1210075&r1=1210074&r2=1210075&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.ja [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.ja [utf-8] Sun Dec  4 08:26:32 2011
@@ -126,7 +126,9 @@
     受け付けるか拒否するかの選択を上書きできるようにすることです。
     例えば、これは例えば <a href="mod_include.html">INCLUDES</a> のような
     <a href="../filter.html">フィルタ</a>を使って <code>PATH_INFO</code>
に
-    基づいてコンテンツを生成しているときに必要になります。</p>
+    基づいてコンテンツを生成しているときに必要になります。
+    コアハンドラでは通常拒否されるので、そういったスクリプトを動作させるには
+    次のような設定を使います。</p>
 
     <example>
       &lt;Files "mypaths.shtml"&gt;<br />
@@ -850,7 +852,7 @@ module="core">Directory</directive></see
     Apache は OS がサポートしていればファイルをメモリにマップします。</p>
 
     <p>
-    このメモリマップは性能の向上を持たらすことがあります。
+    このメモリマップは性能の向上をもたらすことがあります。
     しかし、環境によっては運用上の問題を防ぐためにメモリマッピングを
     使用しないようにした方が良い場合もあります:</p>
 
@@ -1902,7 +1904,7 @@ module="core">Directory</directive></see
 
     <p><directive type="section">Location</directive> セクションは
     完全にファイルシステムと関連せずに動作します。このことから導かれる
-    結果にはいつくか注意する点があります。最も重要なものは、
+    結果にはいくつか注意する点があります。最も重要なものは、
     ファイルシステムの位置へのアクセス制御に <directive
     type="section">Location</directive> ディレクティブを使うべきではない
     ということです。複数の URL がファイルシステムの同じ位置にマップされる
@@ -1970,12 +1972,12 @@ module="core">Directory</directive></see
     ファイルシステムにおいて利用する場合には複数のスラッシュでも一つの
     スラッシュとして扱われることが多いですが、
     (<em>すなわち</em>、<code>/home///foo</code> は
-    <code>/home/foo</code> と同じいったように)
+    <code>/home/foo</code> と同じといったように)
     URL においては必ずしもそうなるわけではありません。
     <directive type="section" module="core">LocationMatch</directive>
     ディレクティブや正規表現を利用した
     <directive type="section">Location</directive> ディレクティブで、
-    複数のスラッシュにマッチさせたいときには、、明示的に記述する
+    複数のスラッシュにマッチさせたいときには、明示的に記述する
     必要があります。</p>
 
     <p>例えば、<code>&lt;LocationMatch ^/abc&gt;</code> は、
@@ -3123,7 +3125,7 @@ module="core">Directory</directive></see
     の挙動をオーバーライドします。デフォルトの <code>TraceEnable
on</code>
     は、リクエストボディを受け入れないような、RFC2616 に準拠した
     <code>TRACE</code> リクエストを受け付けます。
-    <code>TraceEnale off</code> と設定すると、コアサーバと
+    <code>TraceEnable off</code> と設定すると、コアサーバと
     <module>mod_proxy</module> は <code>405</code> (メソッド不許可)
     エラーをクライアントに返します。</p>
 
@@ -3311,7 +3313,7 @@ module="core">Directory</directive></see
     もしくはホスト名に対応する必要があり、
     1 番目の場合には複数のアドレスで IP パケットを受信できるように
     サーバマシンを設定しなければなりません。
-    (もし、マシンが複数のネットワークインターフェースと持たない場合は、
+    (もし、マシンが複数のネットワークインターフェースを持たない場合は、
     (OSがサポートしていれば) <code>ifconfig alias</code> コマンドにより
     達成できます)。</p>
 



Mime
View raw message