httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From taka...@apache.org
Subject svn commit: r675567 - /httpd/httpd/trunk/docs/manual/sections.xml.ja
Date Thu, 10 Jul 2008 13:16:15 GMT
Author: takashi
Date: Thu Jul 10 06:16:15 2008
New Revision: 675567

URL: http://svn.apache.org/viewvc?rev=675567&view=rev
Log:
sync

Submitted by: kawai
Reviewed by: takashi

Modified:
    httpd/httpd/trunk/docs/manual/sections.xml.ja

Modified: httpd/httpd/trunk/docs/manual/sections.xml.ja
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/trunk/docs/manual/sections.xml.ja?rev=675567&r1=675566&r2=675567&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/trunk/docs/manual/sections.xml.ja [utf-8] (original)
+++ httpd/httpd/trunk/docs/manual/sections.xml.ja [utf-8] Thu Jul 10 06:16:15 2008
@@ -1,7 +1,7 @@
 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
 <!DOCTYPE manualpage SYSTEM "./style/manualpage.dtd">
 <?xml-stylesheet type="text/xsl" href="./style/manual.ja.xsl"?>
-<!-- English Revision: 151408:420990 (outdated) -->
+<!-- English Revision: 420990 -->
 
 <!--
  Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more
@@ -36,6 +36,7 @@
 <related>
 <modulelist>
 <module>core</module>
+<module>mod_version</module>
 <module>mod_proxy</module>
 </modulelist>
 <directivelist>
@@ -45,6 +46,7 @@
 <directive type="section" module="core">FilesMatch</directive>
 <directive type="section" module="core">IfDefine</directive>
 <directive type="section" module="core">IfModule</directive>
+<directive type="section" module="mod_version">IfVersion</directive>
 <directive type="section" module="core">Location</directive>
 <directive type="section" module="core">LocationMatch</directive>
 <directive type="section" module="mod_proxy">Proxy</directive>
@@ -55,10 +57,11 @@
 
 <p>コンテナには二つの基本となる種類があります。ほとんどのコンテナは
 各リクエストに対して評価されます。その場合、コンテナ中のディレクティブは
-コンテナにマッチするリクエストにのみ適用されます。
-一方、<directive type="section"
- module="core">IfDefine</directive> コンテナと <directive
-type="section" module="core">IfModule</directive> コンテナは
+コンテナにマッチするリクエストにのみ適用されます。一方、
+<directive type="section" module="core">IfDefine</directive>, 
+<directive type="section" module="core">IfModule</directive>, 
+<directive type="section" module="mod_version">IfVersion</directive>
+コンテナは
 サーバの起動時と再起動時にのみ評価されます。起動時に条件が真であれば、
 コンテナ中のディレクティブはすべてのリクエストに適用されます。条件が
 偽であれば、コンテナ中のディレクティブは無視されます。</p>
@@ -96,8 +99,27 @@
 &lt;/IfModule&gt;
 </example>
 
-<p><directive type="section" module="core">IfDefine</directive> ディレクティブと
-<directive type="section" module="core">IfModule</directive> ディレクティブは
+<p><directive type="section" module="mod_version">IfVersion</directive>
+ディレクティブは
+<directive type="section" module="core">IfDefine</directive> や
+<directive type="section" module="core">IfModule</directive>と、
+とてもよく似ていますが、稼働中のサーバのバージョンが特定のバージョンの時にのみ
+適用されます。様々なバージョンの httpd を様々な設定で動作させることになる場合で、
+テストスイートや巨大なネットワークでの用途を想定して、
+このモジュールは設計されています。</p>
+
+<example>
+  &lt;IfVersion >= 2.1&gt;<br />
+  <indent>
+    # this happens only in versions greater or<br />
+    # equal 2.1.0.<br />
+  </indent>
+  &lt;/IfVersion&gt;
+</example>
+
+<p><directive type="section" module="core">IfDefine</directive>, 
+<directive type="section" module="core">IfModule</directive>,
+<directive type="section" module="mod_version">IfVersion</directive> ディレクティブは
 テストの前に "!" を付けることで否定の条件を適用することができます。
 また、これらのセクションはより複雑な制限を課すために入れ子にすることができます。
 </p>
@@ -174,7 +196,8 @@
 <section id="webspace"><title>ウェブ空間コンテナ</title>
 
 <p>一方、<directive type="section" module="core">Location</directive>
-ディレクティブとその正規表現版はウェブ空間上の内容に対して設定を変更します。
+ディレクティブとその<glossary ref="regex">正規表現</glossary>版は
+ウェブ空間上の内容に対して設定を変更します。
 たとえば、次の設定では /private で始まる URL パスへのアクセスを制限します。
 具体的には、
 <code>http://yoursite.example.com/private</code>,
@@ -222,8 +245,8 @@
 <directive type="section" module="core">DirectoryMatch</directive>, 
 <directive type="section" module="core">FilesMatch</directive>, 
 <directive type="section" module="core">LocationMatch</directive>
-があり、マッチを選択するのに perl 互換<a href="glossary.html#regex"
->正規表現</a>を使用できます。しかし、次の設定のマージに目を通して、
+があり、マッチを選択するのに perl 互換<glossary ref="regex"
+>正規表現</glossary>を使用できます。しかし、次の設定のマージに目を通して、
 regex セクションを使用することで、ディレクティブの適用がどのように
 変化するか把握しておいてください。</p>
 
@@ -476,4 +499,4 @@
 </section>
 
 </section>
-</manualpage>
+</manualpage>
\ No newline at end of file



Mime
View raw message