httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r643967 [35/42] - in /httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual: ./ developer/ howto/ mod/ ssl/ style/ style/xsl/util/ vhosts/
Date Wed, 02 Apr 2008 16:47:12 GMT
Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,6 +10,6 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: worker.html.ja.euc-jp
+URI: worker.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/worker.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,57 +1,57 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>worker - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>worker - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body>
 <div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
 <div id="page-content">
 <div id="preamble"><h1>Apache MPM worker</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/worker.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/worker.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/worker.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/worker.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/worker.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div>
 <div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
             English version for recent changes.</div>
-<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>マルチスレッドとマルチプロセスのハイブリッド型
-ウェブサーバを実装したマルチプロセッシングモジュール</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#ModuleIdentifier">モジュール識別子:</a></th><td>mpm_worker_module</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#SourceFile">ソースファイル:</a></th><td>worker.c</td></tr></table>
-<h3>概要</h3>
-
-    <p>このマルチプロセッシングモジュール (MPM) 
-    は、マルチスレッドとマルチプロセスのハイブリッド型サーバを
-    実装しています。リクエストの応答にスレッドを使うと、
-    プロセスベースのサーバよりも少ないシステム資源で、
-    多くのリクエストに応答することができます。
-    さらに、多くのスレッドを持った複数のプロセスを維持することで、
-    プロセスベースのサーバの持つ安定性を保持しています。</p>
-
-    <p>この MPM を制御するのに使われる最も重要なディレクティブは、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> と
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> です。
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> は
-    各子プロセスで用意されるスレッド数を制御して、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> は
-    起動されるスレッドの総数の最大値を制限します。</p>
+<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>マルチスレッドとマルチプロセスのハイブリッド型
+ウェブサーバを実装したマルチプロセッシングモジュール</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#ModuleIdentifier">モジュール識別子:</a></th><td>mpm_worker_module</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#SourceFile">ソースファイル:</a></th><td>worker.c</td></tr></table>
+<h3>概要</h3>
+
+    <p>このマルチプロセッシングモジュール (MPM) 
+    は、マルチスレッドとマルチプロセスのハイブリッド型サーバを
+    実装しています。リクエストの応答にスレッドを使うと、
+    プロセスベースのサーバよりも少ないシステム資源で、
+    多くのリクエストに応答することができます。
+    さらに、多くのスレッドを持った複数のプロセスを維持することで、
+    プロセスベースのサーバの持つ安定性を保持しています。</p>
+
+    <p>この MPM を制御するのに使われる最も重要なディレクティブは、
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> と
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> です。
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> は
+    各子プロセスで用意されるスレッド数を制御して、
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> は
+    起動されるスレッドの総数の最大値を制限します。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
 <ul id="toc">
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#acceptmutex">AcceptMutex</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#coredumpdirectory">CoreDumpDirectory</a></li>
@@ -74,82 +74,82 @@
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#user">User</a></li>
 </ul>
-<h3>トピック</h3>
+<h3>トピック</h3>
 <ul id="topics">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#how-it-works">動作方法</a></li>
-</ul><h3>参照</h3>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#how-it-works">動作方法</a></li>
+</ul><h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><a href="../bind.html">Apache 
-の使用するアドレスとポートの設定</a></li>
+の使用するアドレスとポートの設定</a></li>
 </ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="how-it-works" id="how-it-works">動作方法</a></h2>
-    <p>一つの制御用プロセス (親) が子プロセスを起動します。
-    子プロセスは
+<h2><a name="how-it-works" id="how-it-works">動作方法</a></h2>
+    <p>一つの制御用プロセス (親) が子プロセスを起動します。
+    子プロセスは
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code>
-    ディレクティブで指定された一定数のサーバスレッドと接続を
-    listen するスレッドを一つ作ります。
-    Listener スレッドは接続が来たときにサーバプロセスに渡します。</p>
-
-    <p>Apache は<dfn>スペアの</dfn>、つまりアイドルなサーバスレッドの
-    プールを常に維持していて、それらは入ってくるリクエストに
-    答えられるように待機しています。
-    このようにして、クライアントはリクエストの応答が得られるようになるために
-    新しいスレッドやプロセスが生成されるのを
-    待たなくてもよいようになっています。
-    起動初期時のプロセス総数は、
+    ディレクティブで指定された一定数のサーバスレッドと接続を
+    listen するスレッドを一つ作ります。
+    Listener スレッドは接続が来たときにサーバプロセスに渡します。</p>
+
+    <p>Apache は<dfn>スペアの</dfn>、つまりアイドルなサーバスレッドの
+    プールを常に維持していて、それらは入ってくるリクエストに
+    答えられるように待機しています。
+    このようにして、クライアントはリクエストの応答が得られるようになるために
+    新しいスレッドやプロセスが生成されるのを
+    待たなくてもよいようになっています。
+    起動初期時のプロセス総数は、
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#startservers">StartServers</a></code>
-    ディレクティブで設定されます。その後の稼働中に、
-    Apache は全プロセスのアイドルスレッドの合計数を見積もって、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#minsparethreads">MinSpareThreads</a></code> と
+    ディレクティブで設定されます。その後の稼働中に、
+    Apache は全プロセスのアイドルスレッドの合計数を見積もって、
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#minsparethreads">MinSpareThreads</a></code> と
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxsparethreads">MaxSpareThreads</a></code>
-    で指定された範囲の中にこの数が収まるように fork したり
-    kill したりします。この操作は非常に自律的なので、
-    これらのディレクティブをデフォルト値から変更する必要は
-    めったにないでしょう。
-    同時に応答することのできるクライアント数の最大数
-    (つまり全プロセス中の総スレッド数の最大値) は
+    で指定された範囲の中にこの数が収まるように fork したり
+    kill したりします。この操作は非常に自律的なので、
+    これらのディレクティブをデフォルト値から変更する必要は
+    めったにないでしょう。
+    同時に応答することのできるクライアント数の最大数
+    (つまり全プロセス中の総スレッド数の最大値) は
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code>
-    ディレクティブで決定されます。
-    活動中の子プロセス数の最大値は
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> を
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> で割った
-    ものになります。</p>
+    ディレクティブで決定されます。
+    活動中の子プロセス数の最大値は
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> を
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> で割った
+    ものになります。</p>
     
-    <p>活動中の子プロセスの数と子プロセス中のサーバスレッドの数の越えられない
-    上限を設定するディレクティブが二つあります。これらはサーバを
-    完全に停止して、再起動することでしか変更することはできません。
+    <p>活動中の子プロセスの数と子プロセス中のサーバスレッドの数の越えられない
+    上限を設定するディレクティブが二つあります。これらはサーバを
+    完全に停止して、再起動することでしか変更することはできません。
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#serverlimit&#10;    ">ServerLimit
-    </a></code> は活動中の子プロセスの越えられない上限を設定し、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> ディレクティブ
-    の値を <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#&#10;    threadsperchild">
-    ThreadsPerChild</a></code> の値で割った値以上である
-    必要があります。<code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadlimit">ThreadLimit</a></code> は
-    サーバスレッドの越えられない上限で、<code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> ディレクティブの
-    値以上である必要があります。デフォルト以外の値を指定する場合は
-    他の <code class="module"><a href="../mod/worker.html">worker</a></code> ディレクティブよりも前に書かれている
-    必要があります。</p>
-
-    <p>活動中の子プロセス群に加えて、少なくとも一つのサーバスレッドが
-    既存のクライアントからの接続を扱っている終了しようとしている
-    子プロセスがある可能性があります。終了中のプロセスは <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> で指定された数まで
-    存在できますが、実際に期待される数はずっと少なくなります。この
-    振舞いは各子プロセスを終了させないようにすることで回避できます。
-    これは以下の様にして実現できます。</p>
+    </a></code> は活動中の子プロセスの越えられない上限を設定し、
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> ディレクティブ
+    の値を <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#&#10;    threadsperchild">
+    ThreadsPerChild</a></code> の値で割った値以上である
+    必要があります。<code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadlimit">ThreadLimit</a></code> は
+    サーバスレッドの越えられない上限で、<code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></code> ディレクティブの
+    値以上である必要があります。デフォルト以外の値を指定する場合は
+    他の <code class="module"><a href="../mod/worker.html">worker</a></code> ディレクティブよりも前に書かれている
+    必要があります。</p>
+
+    <p>活動中の子プロセス群に加えて、少なくとも一つのサーバスレッドが
+    既存のクライアントからの接続を扱っている終了しようとしている
+    子プロセスがある可能性があります。終了中のプロセスは <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code> で指定された数まで
+    存在できますが、実際に期待される数はずっと少なくなります。この
+    振舞いは各子プロセスを終了させないようにすることで回避できます。
+    これは以下の様にして実現できます。</p>
      
     <ul>
       <li><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#&#10;      maxrequestsperchild">
-      MaxRequestsPerChild</a></code> の値を 0 に設定する</li>
+      MaxRequestsPerChild</a></code> の値を 0 に設定する</li>
 
       <li><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#&#10;      maxsparethreads">
-      MaxSpareThreads</a></code> の値を
+      MaxSpareThreads</a></code> の値を
       <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code>
-      と同じ値にする</li>
+      と同じ値にする</li>
     </ul>
 
-    <p><code class="module"><a href="../mod/worker.html">worker</a></code> MPM の典型的なプロセス・スレッド制御の
-    設定では、次のようになります。</p>
+    <p><code class="module"><a href="../mod/worker.html">worker</a></code> MPM の典型的なプロセス・スレッド制御の
+    設定では、次のようになります。</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       ServerLimit         16<br />
@@ -160,29 +160,29 @@
       ThreadsPerChild     25
     </code></p></div>
 
-    <p>通常 Unix では親プロセスは 80 番ポートにバインドするために
-    <code>root</code> で起動されますが、子プロセスやスレッドは
-    もっと低い権限のユーザで Apache によって起動されます。
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#user">User</a></code> と
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#group">Group</a></code> ディレクティブは
-    Apache の子プロセスの権限を設定するのに用いられます。
-    子プロセスはクライアントに送るコンテンツ全てを読めないといけませんが、
-    可能な限り必要最小限の権限のみを持っているようにするべきです。
-    さらに、<a href="../suexec.html">suexec</a>
-    が使用されていない限り、これらのディレクティブは
-    CGI スクリプトで継承される権限も設定します。</p>
+    <p>通常 Unix では親プロセスは 80 番ポートにバインドするために
+    <code>root</code> で起動されますが、子プロセスやスレッドは
+    もっと低い権限のユーザで Apache によって起動されます。
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#user">User</a></code> と
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#group">Group</a></code> ディレクティブは
+    Apache の子プロセスの権限を設定するのに用いられます。
+    子プロセスはクライアントに送るコンテンツ全てを読めないといけませんが、
+    可能な限り必要最小限の権限のみを持っているようにするべきです。
+    さらに、<a href="../suexec.html">suexec</a>
+    が使用されていない限り、これらのディレクティブは
+    CGI スクリプトで継承される権限も設定します。</p>
 
     <p><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxrequestsperchild">MaxRequestsPerChild</a></code>
-    は、古いプロセスを停止して新しいプロセスを起動することによって、
-    どの程度の頻度でサーバがプロセスをリサイクルするかを制御します。</p>
+    は、古いプロセスを停止して新しいプロセスを起動することによって、
+    どの程度の頻度でサーバがプロセスをリサイクルするかを制御します。</p>
 </div>
 </div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/worker.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/worker.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/worker.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/worker.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/worker.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,9 +10,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: mpm.html.ja.euc-jp
+URI: mpm.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: mpm.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mpm.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,26 +1,26 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>マルチプロセッシングモジュール (MPM) - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>マルチプロセッシングモジュール (MPM) - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="./style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="./style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="./style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="./images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body id="manual-page"><div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="./images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="./images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="./">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>マルチプロセッシングモジュール (MPM)</h1>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="./">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>マルチプロセッシングモジュール (MPM)</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./de/mpm.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="./en/mpm.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="./es/mpm.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="./es/mpm.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="./ja/mpm.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/mpm.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
 <a href="./ru/mpm.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a></p>
@@ -28,96 +28,96 @@
 <div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
             English version for recent changes.</div>
 
-<p>この文書ではマルチプロセッシングモジュールがどのようなもので、
-Apache HTTP サーバでどのように使用されるかについて解説しています。</p>
+<p>この文書ではマルチプロセッシングモジュールがどのようなもので、
+Apache HTTP サーバでどのように使用されるかについて解説しています。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#introduction">はじめに</a></li>
-<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#choosing">MPM を選ぶ</a></li>
-<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#defaults">MPM デフォルト値</a></li>
+<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#introduction">はじめに</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#choosing">MPM を選ぶ</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#defaults">MPM デフォルト値</a></li>
 </ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="introduction" id="introduction">はじめに</a></h2>
+<h2><a name="introduction" id="introduction">はじめに</a></h2>
 
-    <p>Apache HTTP サーバは異なる幅広い環境、多種多様なプラットホームで
-    動作するように、パワフルで柔軟性に富んだ設計になっています。
-    異なるプラットホーム・異なる環境ではしばしば、
-    異なる機能が必要になったり、
-    同じ機能でも効率のために異なる実装が必要になったりします。
-    Apache ではモジュール化された設計により幅広い環境に適応してきました。
-    この設計のおかげで、管理者は
-    コンパイル時または実行時にどのモジュールをロードするか選ぶことによって、
-    どの機能をサーバに取り込むか選択することがができます。</p>
-
-    <p>Apache 2.0 では、
-    このモジュール化された設計をサーバの基本機能にまで拡張しました。
-    サーバには精選されたマルチプロセッシングモジュール (MPM) 
-    が付いてきて、これらはマシンのネットワークポートをバインドしたり、
-    リクエストを受け付けたり、リクエストを扱うよう子プロセスに割り当てたり、
-    といった役割を持ちます。</p>
+    <p>Apache HTTP サーバは異なる幅広い環境、多種多様なプラットホームで
+    動作するように、パワフルで柔軟性に富んだ設計になっています。
+    異なるプラットホーム・異なる環境ではしばしば、
+    異なる機能が必要になったり、
+    同じ機能でも効率のために異なる実装が必要になったりします。
+    Apache ではモジュール化された設計により幅広い環境に適応してきました。
+    この設計のおかげで、管理者は
+    コンパイル時または実行時にどのモジュールをロードするか選ぶことによって、
+    どの機能をサーバに取り込むか選択することがができます。</p>
+
+    <p>Apache 2.0 では、
+    このモジュール化された設計をサーバの基本機能にまで拡張しました。
+    サーバには精選されたマルチプロセッシングモジュール (MPM) 
+    が付いてきて、これらはマシンのネットワークポートをバインドしたり、
+    リクエストを受け付けたり、リクエストを扱うよう子プロセスに割り当てたり、
+    といった役割を持ちます。</p>
 
-    <p>モジュール化された設計をサーバのこのレベルまで拡張することで
-    二つの重要な利点が生まれます:</p>
+    <p>モジュール化された設計をサーバのこのレベルまで拡張することで
+    二つの重要な利点が生まれます:</p>
 
     <ul>
-      <li>Apache は幅広いオペレーティングシステムを
-      より美しく効率的にサポートできます。
-      特に Windows 版の Apache は随分効率的になりました。
-      なぜなら <code class="module"><a href="./mod/mpm_winnt.html">mpm_winnt</a></code>
-      によって、Apache 1.3 で用いられていた POSIX 
-      レイヤの代わりにネイティブのネットワーク機能を
-      利用できるからです。
-      特別化された MPM 
-      を実装した他のオペレーティングシステムでも、
-      同様にこの利点は生まれます。</li>
-
-      <li>サーバは特定のサイト向けに、より上手にカスタマイズできます。
-      例えば、非常に大きなスケーラビリティを必要とするサイトでは、
-      <code class="module"><a href="./mod/worker.html">worker</a></code> といったスレッド化された
-      MPM を利用できる一方で、安定性や古いソフトウェアとの互換性を
-      必要とするサイトでは <code class="module"><a href="./mod/prefork.html">prefork</a></code>
-      が利用できます。また、
-      異なるホストを異なるユーザ ID で動作させる
-      (<code class="module"><a href="./mod/perchild.html">perchild</a></code>) といった
-      特別な機能も提供できます。</li>
+      <li>Apache は幅広いオペレーティングシステムを
+      より美しく効率的にサポートできます。
+      特に Windows 版の Apache は随分効率的になりました。
+      なぜなら <code class="module"><a href="./mod/mpm_winnt.html">mpm_winnt</a></code>
+      によって、Apache 1.3 で用いられていた POSIX 
+      レイヤの代わりにネイティブのネットワーク機能を
+      利用できるからです。
+      特別化された MPM 
+      を実装した他のオペレーティングシステムでも、
+      同様にこの利点は生まれます。</li>
+
+      <li>サーバは特定のサイト向けに、より上手にカスタマイズできます。
+      例えば、非常に大きなスケーラビリティを必要とするサイトでは、
+      <code class="module"><a href="./mod/worker.html">worker</a></code> といったスレッド化された
+      MPM を利用できる一方で、安定性や古いソフトウェアとの互換性を
+      必要とするサイトでは <code class="module"><a href="./mod/prefork.html">prefork</a></code>
+      が利用できます。また、
+      異なるホストを異なるユーザ ID で動作させる
+      (<code class="module"><a href="./mod/perchild.html">perchild</a></code>) といった
+      特別な機能も提供できます。</li>
     </ul>
 
-    <p>ユーザレベルでは、MPM は他の Apache 
-    モジュールと同等に見えます。
-    主な違いは、いつでも唯一の MPM 
-    がロードされなければならないという点です。
-    利用可能な MPM は 
-    <a href="mod/">module インデックス</a>にあります。</p>
+    <p>ユーザレベルでは、MPM は他の Apache 
+    モジュールと同等に見えます。
+    主な違いは、いつでも唯一の MPM 
+    がロードされなければならないという点です。
+    利用可能な MPM は 
+    <a href="mod/">module インデックス</a>にあります。</p>
 
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="choosing" id="choosing">MPM を選ぶ</a></h2>
+<h2><a name="choosing" id="choosing">MPM を選ぶ</a></h2>
 
-    <p>MPM は設定中に選択して、サーバ内部にコンパイルされなければ
-    なりません。
-    コンパイラは、スレッドが使用されていれば様々な機能を最適化できますが、
-    そもそもスレッドが使われているということを知る必要があります。
-    MPM には Unix 上でスレッドを用いるものや、スレッドをまったく
-    使わないものがあるので、
-    Apache は、MPM が設定中に選択されて Apache 内部に組み込まれた場合の方が
-    常により良いパフォーマンスを発揮します。</p>
-
-    <p>望みの MPM を実際に選ぶためには、./configure スクリプトで
-    --with-mpm= <em>NAME</em> 引数を用いてください。
-    <em>NAME</em> は望みの MPM の名前です。</p>
-
-    <p>サーバコンパイル後は、どの MPM が選択されたかを
-    <code>./httpd -l</code> で確かめることができます。
-    このコマンドは、MPM
-    を含め、サーバにコンパイルで組み込まれたモジュール全てを
-    列挙します。</p>
+    <p>MPM は設定中に選択して、サーバ内部にコンパイルされなければ
+    なりません。
+    コンパイラは、スレッドが使用されていれば様々な機能を最適化できますが、
+    そもそもスレッドが使われているということを知る必要があります。
+    MPM には Unix 上でスレッドを用いるものや、スレッドをまったく
+    使わないものがあるので、
+    Apache は、MPM が設定中に選択されて Apache 内部に組み込まれた場合の方が
+    常により良いパフォーマンスを発揮します。</p>
+
+    <p>望みの MPM を実際に選ぶためには、./configure スクリプトで
+    --with-mpm= <em>NAME</em> 引数を用いてください。
+    <em>NAME</em> は望みの MPM の名前です。</p>
+
+    <p>サーバコンパイル後は、どの MPM が選択されたかを
+    <code>./httpd -l</code> で確かめることができます。
+    このコマンドは、MPM
+    を含め、サーバにコンパイルで組み込まれたモジュール全てを
+    列挙します。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="defaults" id="defaults">MPM デフォルト値</a></h2>
+<h2><a name="defaults" id="defaults">MPM デフォルト値</a></h2>
 
-<p>次表に様々な OS 向けのデフォルトの MPM 一覧を掲載しています。
-コンパイル時に意図的に他を選択しなければ、自動的にこれらの MPM
-が選択されます。</p>
+<p>次表に様々な OS 向けのデフォルトの MPM 一覧を掲載しています。
+コンパイル時に意図的に他を選択しなければ、自動的にこれらの MPM
+が選択されます。</p>
 
 <table>
 
@@ -131,11 +131,11 @@
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./de/mpm.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="./en/mpm.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="./es/mpm.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="./es/mpm.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="./ja/mpm.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/mpm.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
 <a href="./ru/mpm.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -14,9 +14,9 @@
 Content-Language: fr
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: new_features_2_0.html.ja.euc-jp
+URI: new_features_2_0.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: new_features_2_0.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/new_features_2_0.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,253 +1,253 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>Apache 2.0 の新機能の概要 - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>Apache 2.0 の新機能の概要 - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="./style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="./style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="./style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="./images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body id="manual-page"><div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="./images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="./images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="./">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>Apache 2.0 の新機能の概要</h1>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="./">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>Apache 2.0 の新機能の概要</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./de/new_features_2_0.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="./en/new_features_2_0.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="./es/new_features_2_0.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
-<a href="./fr/new_features_2_0.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
+<a href="./es/new_features_2_0.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="./fr/new_features_2_0.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
 <a href="./ja/new_features_2_0.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/new_features_2_0.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
 <a href="./ru/new_features_2_0.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a></p>
 </div>
 
-  <p>この文書では、Apache HTTP サーババージョン 1.3 と 2.0
-     の主な違いについて記述しています。</p>
+  <p>この文書では、Apache HTTP サーババージョン 1.3 と 2.0
+     の主な違いについて記述しています。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#core">コア機能の拡張</a></li>
-<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#module">モジュールの拡張</a></li>
-</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="upgrading.html">1.3 から 2.0 へのアップグレード</a></li></ul></div>
+<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#core">コア機能の拡張</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#module">モジュールの拡張</a></li>
+</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="upgrading.html">1.3 から 2.0 へのアップグレード</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="core" id="core">コア機能の拡張</a></h2>
+<h2><a name="core" id="core">コア機能の拡張</a></h2>
     
 
     <dl>
-      <dt>Unix のスレッド</dt>
+      <dt>Unix のスレッド</dt>
 
-      <dd>POSIX スレッドをサポートしている Unix システム上では、
-      Apache はマルチプロセス、マルチスレッドのハイブリッドモードで
-      実行できるようになりました。これにより
-      多くの設定においてスケーラビリティが向上します。</dd>
-
-      <dt>新しいビルドシステム</dt>
-
-      <dd>ビルドシステムは <code>autoconf</code> と <code>libtool</code>
-      に基づいたものになるように、
-      新しく書き直されました。これにより、Apache の configure のシステムは
-      他のパッケージと似たものになりました。</dd>
-
-      <dt>マルチプロトコルサポート</dt>
-
-      <dd>Apache に複数のプロトコルを扱うための機構が備わりました。
-      例として <code class="module"><a href="./mod/mod_echo.html">mod_echo</a></code> が書かれています。</dd>
-
-      <dt>Unix 以外のプラットフォームのサポートの改善</dt>
-
-      <dd>Apache 2.0 は BeOS、OS/2、Windows などの Unix 以外の
-      プラットフォームで、より速く、より安定して動作するようになりました。
-      プラットフォーム特有の <a href="mpm.html">マルチプロセッシングモジュール</a> (MPM) と
-      Apache Portable Runtime (APR) の導入により、
-      ネイティヴの API で実装されるようになり、
-      バグが多く、性能の悪いことが多い POSIX エミュレーションレイヤの使用を
-      回避することができました。</dd>
-
-      <dt>新しい Apache API</dt>
-
-      <dd>2.0 ではモジュールの API が大きく変わりました。
-      1.3 にあったモジュールの順番/優先度の問題の多くは
-      なくなっているはずです。2.0 は優先度の選択をほとんどを自動的に行ない、
-      モジュールの順番はより柔軟性を高めるためにフック毎に行なわれるように
-      なりました。また、コア Apache サーバにパッチをあてることなく
-      追加のモジュール機能を提供することができるように新しい関数が
-      追加されました。</dd>
-
-      <dt>IPv6 サポート</dt>
-
-      <dd>Apache が使用している Apache Portable Runtime library が
-      IPv6 をサポートしているシステムでは Apache は デフォルトで
-      IPv6 のソケットを listen します。さらに、
+      <dd>POSIX スレッドをサポートしている Unix システム上では、
+      Apache はマルチプロセス、マルチスレッドのハイブリッドモードで
+      実行できるようになりました。これにより
+      多くの設定においてスケーラビリティが向上します。</dd>
+
+      <dt>新しいビルドシステム</dt>
+
+      <dd>ビルドシステムは <code>autoconf</code> と <code>libtool</code>
+      に基づいたものになるように、
+      新しく書き直されました。これにより、Apache の configure のシステムは
+      他のパッケージと似たものになりました。</dd>
+
+      <dt>マルチプロトコルサポート</dt>
+
+      <dd>Apache に複数のプロトコルを扱うための機構が備わりました。
+      例として <code class="module"><a href="./mod/mod_echo.html">mod_echo</a></code> が書かれています。</dd>
+
+      <dt>Unix 以外のプラットフォームのサポートの改善</dt>
+
+      <dd>Apache 2.0 は BeOS、OS/2、Windows などの Unix 以外の
+      プラットフォームで、より速く、より安定して動作するようになりました。
+      プラットフォーム特有の <a href="mpm.html">マルチプロセッシングモジュール</a> (MPM) と
+      Apache Portable Runtime (APR) の導入により、
+      ネイティヴの API で実装されるようになり、
+      バグが多く、性能の悪いことが多い POSIX エミュレーションレイヤの使用を
+      回避することができました。</dd>
+
+      <dt>新しい Apache API</dt>
+
+      <dd>2.0 ではモジュールの API が大きく変わりました。
+      1.3 にあったモジュールの順番/優先度の問題の多くは
+      なくなっているはずです。2.0 は優先度の選択をほとんどを自動的に行ない、
+      モジュールの順番はより柔軟性を高めるためにフック毎に行なわれるように
+      なりました。また、コア Apache サーバにパッチをあてることなく
+      追加のモジュール機能を提供することができるように新しい関数が
+      追加されました。</dd>
+
+      <dt>IPv6 サポート</dt>
+
+      <dd>Apache が使用している Apache Portable Runtime library が
+      IPv6 をサポートしているシステムでは Apache は デフォルトで
+      IPv6 のソケットを listen します。さらに、
       <code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>,
       <code class="directive"><a href="./mod/core.html#namevirtualhost">NameVirtualHost</a></code>,
       <code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">VirtualHost</a></code>
-      の各ディレクティブが IPv6 のアドレスを
-      サポートするようになりました (例えば、
-      "<code>Listen [2001:db8::1]:8080</code>")。</dd>
-
-      <dt>フィルタ</dt>
-
-      <dd>Apache のモジュールはサーバから送られてきたり、サーバへ
-      送るストリームに対して動作するフィルタとして書くことができるように
-      なりました。これにより、例えば CGI スクリプトの出力を
-      <code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code> の <code>INCLUDES</code> フィルタを使って
-      Server Side Include のディレクティブを解析する、
-      というようなことが可能になりました。<code class="module"><a href="./mod/mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></code>
-      で外部プログラムをフィルタとして動作させることができます。
-      これは CGI プログラムをハンドラとして動作させるのと
-      よく似た方法でできます。</dd>
-
-      <dt>多言語エラー応答</dt>
-
-      <dd>ブラウザへのエラー応答のメッセージが、SSI の文書を使って
-      複数の言語で提供されるようになりました。見ための一貫性を保つために
-      管理者がカスタマイズすることもできます。</dd>
-
-      <dt>設定の簡素化</dt>
-
-      <dd>多くの混乱を招きがちなディレクティブが簡素化されました。
-      よく混乱を引き起こしていた <code>Port</code> ディレクティブと 
-      <code>Bind</code> ディレクティブは
-      なくなりました。<code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>
-      ディレクティブのみが IP アドレスのバインドに使われます。
-      <code class="directive"><a href="./mod/core.html#servername">ServerName</a></code> ディレクティブでは
-      リダイレクトと vhost の認識のためだけにサーバの名前とポート番号を
-      指定します。</dd>
-
-      <dt>Windows NT のネイティヴ Unicode サポート</dt>
-
-      <dd>Windows NT 上の Apache 2.0 はファイル名の文字エンコード全てに
-      utf-8 を使うようになりました。これらは Unicode ファイルシステムに
-      直接変換されるので、Windows 2000 と Windows XP を含む、全ての
-      Windows NT 系で多言語サポートが提供されます。
-      <em>このサポートは、ファイルシステムのアクセス時にローカルの
-      コードページを使う Windows 95, 98, ME には適用されません。</em></dd>
-
-      <dt>正規表現ライブラリのアップデート</dt>
-
-      <dd>Apache 2.0 は <a href="http://www.pcre.org/">Perl
-      互換正規表現ライブラリ (PCRE) </a>を含んでいます。
-      正規表現の評価には、より強力になった Perl 5
-      構文を使用します。</dd>
+      の各ディレクティブが IPv6 のアドレスを
+      サポートするようになりました (例えば、
+      "<code>Listen [2001:db8::1]:8080</code>")。</dd>
+
+      <dt>フィルタ</dt>
+
+      <dd>Apache のモジュールはサーバから送られてきたり、サーバへ
+      送るストリームに対して動作するフィルタとして書くことができるように
+      なりました。これにより、例えば CGI スクリプトの出力を
+      <code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code> の <code>INCLUDES</code> フィルタを使って
+      Server Side Include のディレクティブを解析する、
+      というようなことが可能になりました。<code class="module"><a href="./mod/mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></code>
+      で外部プログラムをフィルタとして動作させることができます。
+      これは CGI プログラムをハンドラとして動作させるのと
+      よく似た方法でできます。</dd>
+
+      <dt>多言語エラー応答</dt>
+
+      <dd>ブラウザへのエラー応答のメッセージが、SSI の文書を使って
+      複数の言語で提供されるようになりました。見ための一貫性を保つために
+      管理者がカスタマイズすることもできます。</dd>
+
+      <dt>設定の簡素化</dt>
+
+      <dd>多くの混乱を招きがちなディレクティブが簡素化されました。
+      よく混乱を引き起こしていた <code>Port</code> ディレクティブと 
+      <code>Bind</code> ディレクティブは
+      なくなりました。<code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>
+      ディレクティブのみが IP アドレスのバインドに使われます。
+      <code class="directive"><a href="./mod/core.html#servername">ServerName</a></code> ディレクティブでは
+      リダイレクトと vhost の認識のためだけにサーバの名前とポート番号を
+      指定します。</dd>
+
+      <dt>Windows NT のネイティヴ Unicode サポート</dt>
+
+      <dd>Windows NT 上の Apache 2.0 はファイル名の文字エンコード全てに
+      utf-8 を使うようになりました。これらは Unicode ファイルシステムに
+      直接変換されるので、Windows 2000 と Windows XP を含む、全ての
+      Windows NT 系で多言語サポートが提供されます。
+      <em>このサポートは、ファイルシステムのアクセス時にローカルの
+      コードページを使う Windows 95, 98, ME には適用されません。</em></dd>
+
+      <dt>正規表現ライブラリのアップデート</dt>
+
+      <dd>Apache 2.0 は <a href="http://www.pcre.org/">Perl
+      互換正規表現ライブラリ (PCRE) </a>を含んでいます。
+      正規表現の評価には、より強力になった Perl 5
+      構文を使用します。</dd>
 
     </dl>
   </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="module" id="module">モジュールの拡張</a></h2>
+<h2><a name="module" id="module">モジュールの拡張</a></h2>
     
 
     <dl>
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_ssl.html">mod_ssl</a></code></dt>
 
-      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。このモジュールは OpenSSL が
-      提供する SSL/TLS 暗号プロトコルへのインタフェースです。</dd>
+      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。このモジュールは OpenSSL が
+      提供する SSL/TLS 暗号プロトコルへのインタフェースです。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_dav.html">mod_dav</a></code></dt>
 
-      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。このモジュールはウェブコンテンツを
-      送り、維持するための規格
-      HTTP Distributed Authoring and Versioning (DAV) を実装しています。</dd>
+      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。このモジュールはウェブコンテンツを
+      送り、維持するための規格
+      HTTP Distributed Authoring and Versioning (DAV) を実装しています。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code></dt>
 
-      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。送信前に送信内容を圧縮して
-      ネットワーク帯域を節約する、というリクエストをブラウザが
-      要求できるようにします。</dd>
+      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。送信前に送信内容を圧縮して
+      ネットワーク帯域を節約する、というリクエストをブラウザが
+      要求できるようにします。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_auth_ldap.html">mod_auth_ldap</a></code></dt>
 
-      <dd>Apache 2.0.41 の新モジュール。HTTP 基本認証の証明書を保存するのに、
-      LDAP データベースを使用できるようになります。
-      関連モジュールの <code class="module"><a href="./mod/mod_ldap.html">mod_ldap</a></code> で、
-      コネクションのプール機能と結果のキャッシュ機能が提供されます。</dd>
+      <dd>Apache 2.0.41 の新モジュール。HTTP 基本認証の証明書を保存するのに、
+      LDAP データベースを使用できるようになります。
+      関連モジュールの <code class="module"><a href="./mod/mod_ldap.html">mod_ldap</a></code> で、
+      コネクションのプール機能と結果のキャッシュ機能が提供されます。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_auth_digest.html">mod_auth_digest</a></code></dt>
 
-      <dd>このモジュールは共有メモリを使うことにより、プロセスをまたいだ
-      セッションのキャッシュをサポートするようになりました。</dd>
+      <dd>このモジュールは共有メモリを使うことにより、プロセスをまたいだ
+      セッションのキャッシュをサポートするようになりました。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_charset_lite.html">mod_charset_lite</a></code></dt>
 
-      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。この実験的なモジュールは
-      キャラクタセットの変換や再符号化を可能にします。</dd>
+      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。この実験的なモジュールは
+      キャラクタセットの変換や再符号化を可能にします。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_file_cache.html">mod_file_cache</a></code></dt>
 
-      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。このモジュールには、
-      Apache 1.3 における <code>mod_mmap_static</code> 機能が含まれ、
-      また、追加のキャッシュ機能が加わっています。</dd>
+      <dd>Apache 2.0 の新モジュール。このモジュールには、
+      Apache 1.3 における <code>mod_mmap_static</code> 機能が含まれ、
+      また、追加のキャッシュ機能が加わっています。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_headers.html">mod_headers</a></code></dt>
 
-      <dd>このモジュールは Apache 2.0 で非常に柔軟性が
-      高くなりました。<code class="module"><a href="./mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code>
-      で使われるリクエストのヘッダを変更できるようになりましたし、
-      応答ヘッダを条件に応じて設定できるようになりました。</dd>
+      <dd>このモジュールは Apache 2.0 で非常に柔軟性が
+      高くなりました。<code class="module"><a href="./mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code>
+      で使われるリクエストのヘッダを変更できるようになりましたし、
+      応答ヘッダを条件に応じて設定できるようになりました。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code></dt>
 
-      <dd>proxy モジュールは新しいフィルタの機構を利用するためと、
-      より信頼できる、HTTP/1.1 に準拠した proxy を実装するために
-      完全に書き直されました。さらに、新しい 
+      <dd>proxy モジュールは新しいフィルタの機構を利用するためと、
+      より信頼できる、HTTP/1.1 に準拠した proxy を実装するために
+      完全に書き直されました。さらに、新しい 
       <code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxy">&lt;Proxy&gt;</a></code>
-      設定セクションがproxy されるサイトのより読みやすく (内部的にもより速い)
-      設定を提供します。オーバーロードされた
+      設定セクションがproxy されるサイトのより読みやすく (内部的にもより速い)
+      設定を提供します。オーバーロードされた
       <code>&lt;Directory "proxy:... &gt;</code>
-      設定はサポートされていません。このモジュールは <code>proxy_connect</code>,
+      設定はサポートされていません。このモジュールは <code>proxy_connect</code>,
       <code>proxy_ftp</code>, <code>proxy_http</code> 
-      といった、特定のプロトコルをサポートする
-      モジュールに分割されるようになりました。</dd>
+      といった、特定のプロトコルをサポートする
+      モジュールに分割されるようになりました。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_negotiation.html">mod_negotiation</a></code></dt>
 
-      <dd>クライアントが NOT ACCEPTABLE や MULTIPLE CHOICES 応答の
-      代わりに常に単独の文書を受けとるようにするために、新しいディレクティブ
+      <dd>クライアントが NOT ACCEPTABLE や MULTIPLE CHOICES 応答の
+      代わりに常に単独の文書を受けとるようにするために、新しいディレクティブ
       <code class="directive"><a href="./mod/mod_negotiation.html#forcelanguagepriority">ForceLanguagePriority</a></code>
-      を使うことができるようになりました。
-      さらに、より一貫性のある結果を提供するために
-      ネゴシエーションと MultiViews のアルゴリズムが改善され、
-      文書の内容を含めることのできる、新しい形式のタイプマップが
-      提供されるようになりました。</dd>
+      を使うことができるようになりました。
+      さらに、より一貫性のある結果を提供するために
+      ネゴシエーションと MultiViews のアルゴリズムが改善され、
+      文書の内容を含めることのできる、新しい形式のタイプマップが
+      提供されるようになりました。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_autoindex.html">mod_autoindex</a></code></dt>
 
-      <dd>Autoindex されるディレクトリの内容一覧が、
-      きれいに表示されるために HTML のテーブルを使うように
-      設定できるようになりました。また、バージョンによるソーティングなど、
-      より細かいソーティングの制御ができるようになり、ディレクトリ
-      の内容一覧をワイルドカードにより選別することができるようにもなりました。</dd>
+      <dd>Autoindex されるディレクトリの内容一覧が、
+      きれいに表示されるために HTML のテーブルを使うように
+      設定できるようになりました。また、バージョンによるソーティングなど、
+      より細かいソーティングの制御ができるようになり、ディレクトリ
+      の内容一覧をワイルドカードにより選別することができるようにもなりました。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code></dt>
 
-      <dd>新しいディレクティブにより、SSI のデフォルトの開始タグと終了タグを
-      変更できるようになりました。また、エラーと時刻の形式の設定が SSI の
-      文書中ではなく、主設定ファイル中で行なえるようになりました。
-      正規表現の解析とグループ化の結果 (Perl の正規表現の構文に
-      基づいたものになりました) を <code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code>
-      の変数 $0 .. $9 により取得できるようになりました。</dd>
+      <dd>新しいディレクティブにより、SSI のデフォルトの開始タグと終了タグを
+      変更できるようになりました。また、エラーと時刻の形式の設定が SSI の
+      文書中ではなく、主設定ファイル中で行なえるようになりました。
+      正規表現の解析とグループ化の結果 (Perl の正規表現の構文に
+      基づいたものになりました) を <code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code>
+      の変数 $0 .. $9 により取得できるようになりました。</dd>
 
       <dt><code class="module"><a href="./mod/mod_auth_dbm.html">mod_auth_dbm</a></code></dt>
 
       <dd><code class="directive"><a href="./mod/mod_auth_dbm.html#authdbmtype">AuthDBMType</a></code>
-      ディレクティブにより、複数の DBM 型のデータベースをサポートする
-      ようになりました。</dd>
+      ディレクティブにより、複数の DBM 型のデータベースをサポートする
+      ようになりました。</dd>
 
     </dl>
   </div></div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./de/new_features_2_0.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="./en/new_features_2_0.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="./es/new_features_2_0.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
-<a href="./fr/new_features_2_0.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
+<a href="./es/new_features_2_0.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="./fr/new_features_2_0.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
 <a href="./ja/new_features_2_0.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/new_features_2_0.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
 <a href="./ru/new_features_2_0.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/sections.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/sections.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/sections.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/sections.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -6,9 +6,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: sections.html.ja.euc-jp
+URI: sections.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: sections.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko



Mime
View raw message