httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r643967 [33/42] - in /httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual: ./ developer/ howto/ mod/ ssl/ style/ style/xsl/util/ vhosts/
Date Wed, 02 Apr 2008 16:47:12 GMT
Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,6 +10,6 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: mpm_winnt.html.ja.euc-jp
+URI: mpm_winnt.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mpm_winnt.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr
 2 09:46:34 2008
@@ -1,47 +1,47 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>mpm_winnt - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>mpm_winnt - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main
stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all"
type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css"
/>
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body>
 <div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> |
<a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif"
/></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP
サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a>
&gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP
サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a>
&gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
 <div id="page-content">
 <div id="preamble"><h1>Apache MPM winnt</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/mpm_winnt.html"
hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/mpm_winnt.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a>
|
-<a href="../es/mod/mpm_winnt.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
+<a href="../es/mod/mpm_winnt.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
 <a href="../ja/mod/mpm_winnt.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div>
 <div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
             English version for recent changes.</div>
-<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>Windows
NT
-向けに最適化されたマルチプロセッシングモジュール</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#ModuleIdentifier">モジュール識別子:</a></th><td>mpm_winnt_module</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#SourceFile">ソースファイル:</a></th><td>mpm_winnt.c</td></tr></table>
-<h3>概要</h3>
+<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>Windows
NT
+向けに最適化されたマルチプロセッシングモジュール</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#ModuleIdentifier">モジュール識別子:</a></th><td>mpm_winnt_module</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#SourceFile">ソースファイル:</a></th><td>mpm_winnt.c</td></tr></table>
+<h3>概要</h3>
 
-    <p>このマルチプロセッシングモジュール (MPM)
-    は Windows NT でのデフォルトになります。
-    一つの制御用プロセスを用い、これが一つの子プロセスを起動し、
-    そして子プロセスがリクエストを取り扱うためにスレッドを
-    起動します。</p>
+    <p>このマルチプロセッシングモジュール
(MPM)
+    は Windows NT でのデフォルトになります。
+    一つの制御用プロセスを用い、これが一つの子プロセスを起動し、
+    そして子プロセスがリクエストを取り扱うためにスレッドを
+    起動します。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
 <ul id="toc">
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#coredumpdirectory">CoreDumpDirectory</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#listen">Listen</a></li>
@@ -58,23 +58,23 @@
 </div>
 
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif"
/></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="Win32DisableAcceptEx" id="Win32DisableAcceptEx">Win32DisableAcceptEx</a>
<a name="win32disableacceptex" id="win32disableacceptex">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="Win32DisableAcceptEx" id="Win32DisableAcceptEx">Win32DisableAcceptEx</a>
<a name="win32disableacceptex" id="win32disableacceptex">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>ネットワーク接続の受け付けに
accept() をAcceptEx の代わりに使う</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>Win32DisableAcceptEx</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AcceptEx()
はデフォルトで有効になっています。AcceptEx() を無効にする
-ためにこのディレクティブを使います。</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>mpm_winnt</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>2.0.49
バージョン以降で使用可能</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>ネットワーク接続の受け付けに
accept() をAcceptEx の代わりに使う</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>Win32DisableAcceptEx</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AcceptEx()
はデフォルトで有効になっています。AcceptEx()
を無効にする
+ためにこのディレクティブを使います。</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>mpm_winnt</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>2.0.49
バージョン以降で使用可能</td></tr>
 </table>
-    <p>AcceptEx() は Microsoft WinSock v2 API で、場合によっては
-    BSD 形式の <code>accept()</code> API よりもよい性能を発揮します。
-    よく使われている Windows 製品の中で、特にウィルススキャナや
VPN パッケージ
-    の中には、バグが原因で <code>AcceptEx()</code> の適切な動作を妨げるものがあります。
-    以下のようなエラーに遭遇した場合は、このディレクティブを使用して
-    <code>AcceptEx()</code> を使用しないようにしてください。</p>
+    <p>AcceptEx() は Microsoft WinSock v2 API で、場合によっては
+    BSD 形式の <code>accept()</code> API よりもよい性能を発揮します。
+    よく使われている Windows 製品の中で、特にウィルススキャナや
VPN パッケージ
+    の中には、バグが原因で <code>AcceptEx()</code>
の適切な動作を妨げるものがあります。
+    以下のようなエラーに遭遇した場合は、このディレクティブを使用して
+    <code>AcceptEx()</code> を使用しないようにしてください。</p>
 
     <div class="example"><p><code>
         [error] (730038)An operation was attempted on something that is
@@ -86,9 +86,9 @@
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/mpm_winnt.html"
hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/mpm_winnt.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a>
|
-<a href="../es/mod/mpm_winnt.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
+<a href="../es/mod/mpm_winnt.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
 <a href="../ja/mod/mpm_winnt.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed
under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version
2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> |
<a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,6 +10,6 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: prefork.html.ja.euc-jp
+URI: prefork.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/prefork.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr 
2 09:46:34 2008
@@ -1,58 +1,58 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>prefork - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>prefork - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main
stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all"
type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css"
/>
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body>
 <div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> |
<a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif"
/></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP
サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a>
&gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP
サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a>
&gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
 <div id="page-content">
 <div id="preamble"><h1>Apache MPM prefork</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/prefork.html"
hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/prefork.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a>
|
-<a href="../es/mod/prefork.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
+<a href="../es/mod/prefork.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
 <a href="../ja/mod/prefork.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div>
 <div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
             English version for recent changes.</div>
-<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>スレッドを使わず、先行して
fork を行なうウェブサーバを実装
+<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>スレッドを使わず、先行して
fork を行なうウェブサーバを実装
 </td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#ModuleIdentifier">モジュール識別子:</a></th><td>mpm_prefork_module</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#SourceFile">ソースファイル:</a></th><td>prefork.c</td></tr></table>
-<h3>概要</h3>
-
-    <p>このマルチプロセッシングモジュール (MPM) は、
-    Unix 上での Apache 1.3 のデフォルトの挙動と非常によく似た方法で
-    リクエストを処理する、スレッドを使わず、先行して fork を行なう
-    ウェブサーバを実装しています。
-    スレッドセーフでないライブラリとの互換性をとるために、
-    スレッドを避ける必要のあるサイトでは、このモジュールの使用が適切でしょう。
-    あるリクエストで発生した問題が他のリクエストに影響しないように、
-    個々のリクエストを単離するのにも、最適な MPM です。</p>
+<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#ModuleIdentifier">モジュール識別子:</a></th><td>mpm_prefork_module</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#SourceFile">ソースファイル:</a></th><td>prefork.c</td></tr></table>
+<h3>概要</h3>
+
+    <p>このマルチプロセッシングモジュール
(MPM) は、
+    Unix 上での Apache 1.3 のデフォルトの挙動と非常によく似た方法で
+    リクエストを処理する、スレッドを使わず、先行して
fork を行なう
+    ウェブサーバを実装しています。
+    スレッドセーフでないライブラリとの互換性をとるために、
+    スレッドを避ける必要のあるサイトでは、このモジュールの使用が適切でしょう。
+    あるリクエストで発生した問題が他のリクエストに影響しないように、
+    個々のリクエストを単離するのにも、最適な
MPM です。</p>
 
-    <p>この MPM は非常に自律的なので、この MPM の設定ディレクティブを
-    調整する必要はほとんどないでしょう。もっとも重要なことは、
+    <p>この MPM は非常に自律的なので、この
MPM の設定ディレクティブを
+    調整する必要はほとんどないでしょう。もっとも重要なことは、
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code>
-    が、予想される同時リクエスト数を十分扱えるぐらいは大きいけれども、
-    全プロセスに十分な物理メモリが確実に行き渡る程度には小さい値にする、
-    ということです。</p>
+    が、予想される同時リクエスト数を十分扱えるぐらいは大きいけれども、
+    全プロセスに十分な物理メモリが確実に行き渡る程度には小さい値にする、
+    ということです。</p>
 
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
 <ul id="toc">
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#acceptmutex">AcceptMutex</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#bs2000account">BS2000Account</a></li>
@@ -74,107 +74,107 @@
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#startservers">StartServers</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/right.gif" /> <a href="mpm_common.html#user">User</a></li>
 </ul>
-<h3>トピック</h3>
+<h3>トピック</h3>
 <ul id="topics">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#how-it-works">動作方法</a></li>
-</ul><h3>参照</h3>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#how-it-works">動作方法</a></li>
+</ul><h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
 <li><a href="../bind.html">Apache
-が使用するアドレスとポートの設定</a></li>
+が使用するアドレスとポートの設定</a></li>
 </ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif"
/></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="how-it-works" id="how-it-works">動作方法</a></h2>
-    <p>一つのコントロールプロセスが、
-    コネクションに対して listen して、しかるべき時に応答する
-    子プロセスを起動します。Apache は常に幾つかの<dfn>スペア</dfn>
-    かアイドルなサーバプロセスを維持していて、それらは入ってきた
-    リクエストに応答できるように待機しています。
-    このようにしてクライアントは、リクエストが応答される前に、
-    新しい子プロセスが fork されるのを待たなくてもよいように
-    なっています。</p>
+<h2><a name="how-it-works" id="how-it-works">動作方法</a></h2>
+    <p>一つのコントロールプロセスが、
+    コネクションに対して listen して、しかるべき時に応答する
+    子プロセスを起動します。Apache は常に幾つかの<dfn>スペア</dfn>
+    かアイドルなサーバプロセスを維持していて、それらは入ってきた
+    リクエストに応答できるように待機しています。
+    このようにしてクライアントは、リクエストが応答される前に、
+    新しい子プロセスが fork されるのを待たなくてもよいように
+    なっています。</p>
 
-    <p>親プロセスがリクエストに応答するの子プロセスを
-    どのように生成するかは、
+    <p>親プロセスがリクエストに応答するの子プロセスを
+    どのように生成するかは、
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#startservers">StartServers</a></code>,
     <code class="directive"><a href="#minspareservers">MinSpareServers</a></code>,
     <code class="directive"><a href="#maxspareservers">MaxSpareServers</a></code>,
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code>
-    で調整します。一般的に、Apache は非常に自律的なので、
-    大抵のサイトではこれらのディレクティブをデフォルト値から調整する
-    必要はないでしょう。
-    同時に 256 を超えるリクエストに応答しないといけないサイトでは、
+    で調整します。一般的に、Apache は非常に自律的なので、
+    大抵のサイトではこれらのディレクティブをデフォルト値から調整する
+    必要はないでしょう。
+    同時に 256 を超えるリクエストに応答しないといけないサイトでは、
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code>
-    を増やす必要があるでしょう。
-    一方、メモリの限られているサイトでは、スラッシング
-    (メモリとディスク間で何度もスワップ) が起こるのを防ぐために
+    を増やす必要があるでしょう。
+    一方、メモリの限られているサイトでは、スラッシング
+    (メモリとディスク間で何度もスワップ)
が起こるのを防ぐために
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxclients">MaxClients</a></code>
-    を減らす必要があるでしょう。プロセス生成のチューニングに関する
-    詳しい情報は、<a href="../misc/perf-tuning.html">性能に関するヒント</a>
-    にあります。</p>
-
-    <p>通常 Unix では親プロセスは 80 番ポートにバインドするために
-    <code>root</code> で起動されますが、子プロセスやスレッドは
-    もっと低い権限のユーザで Apache によって起動されます。
-    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#user">User</a></code>
と
+    を減らす必要があるでしょう。プロセス生成のチューニングに関する
+    詳しい情報は、<a href="../misc/perf-tuning.html">性能に関するヒント</a>
+    にあります。</p>
+
+    <p>通常 Unix では親プロセスは 80 番ポートにバインドするために
+    <code>root</code> で起動されますが、子プロセスやスレッドは
+    もっと低い権限のユーザで Apache によって起動されます。
+    <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#user">User</a></code>
と
     <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#group">Group</a></code>
-    ディレクティブは
-    Apache の子プロセスの権限を設定するのに用いられます。
-    子プロセスはクライアントに送るコンテンツ全てを読めないといけませんが、
-    可能な限り必要最小限の権限のみを持っているようにするべきです。</p>
+    ディレクティブは
+    Apache の子プロセスの権限を設定するのに用いられます。
+    子プロセスはクライアントに送るコンテンツ全てを読めないといけませんが、
+    可能な限り必要最小限の権限のみを持っているようにするべきです。</p>
 
     <p><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#maxrequestsperchild">MaxRequestsPerChild</a></code>
-    は、古いプロセスを停止して新しいプロセスを起動することによって、
-    どの程度の頻度でサーバがプロセスをリサイクルするかを制御します。</p>
+    は、古いプロセスを停止して新しいプロセスを起動することによって、
+    どの程度の頻度でサーバがプロセスをリサイクルするかを制御します。</p>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif"
/></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="MaxSpareServers" id="MaxSpareServers">MaxSpareServers</a>
<a name="maxspareservers" id="maxspareservers">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="MaxSpareServers" id="MaxSpareServers">MaxSpareServers</a>
<a name="maxspareservers" id="maxspareservers">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>アイドルな子サーバプロセスの最大個数</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>MaxSpareServers
<var>number</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>MaxSpareServers
10</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>prefork</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>アイドルな子サーバプロセスの最大個数</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>MaxSpareServers
<var>number</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>MaxSpareServers
10</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>prefork</td></tr>
 </table>
-    <p><code class="directive">MaxSpareServers</code> ディレクティブは、
-    <em>アイドルな</em>子サーバプロセスの希望最大個数を設定します。
-    アイドルプロセスとは、リクエストを扱っていないプロセスです。
-    <code class="directive">MaxSpareServers</code> よりも多い数がアイドルであれば、
-    親プロセスは超過プロセスを kill します。</p>
+    <p><code class="directive">MaxSpareServers</code> ディレクティブは、
+    <em>アイドルな</em>子サーバプロセスの希望最大個数を設定します。
+    アイドルプロセスとは、リクエストを扱っていないプロセスです。
+    <code class="directive">MaxSpareServers</code> よりも多い数がアイドルであれば、
+    親プロセスは超過プロセスを kill します。</p>
 
-    <p>非常に混んでいるサイトでのみ、このパラメータをチューニングするべきです。
-    このパラメータを大きくするということは、大抵の場合は悪い発想です。
+    <p>非常に混んでいるサイトでのみ、このパラメータをチューニングするべきです。
+    このパラメータを大きくするということは、大抵の場合は悪い発想です。
     <code class="directive"><a href="#minspareservers">MinSpareServers</a></code>
-    よりも小さい値に設定した場合、<code class="directive">MinSpareServers</code>
-    <code>+1</code> に自動調整されます。</p>
+    よりも小さい値に設定した場合、<code
class="directive">MinSpareServers</code>
+    <code>+1</code> に自動調整されます。</p>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
 <li><code class="directive"><a href="#minspareservers">MinSpareServers</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#startservers">StartServers</a></code></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif"
/></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="MinSpareServers" id="MinSpareServers">MinSpareServers</a>
<a name="minspareservers" id="minspareservers">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="MinSpareServers" id="MinSpareServers">MinSpareServers</a>
<a name="minspareservers" id="minspareservers">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>アイドルな子サーバプロセスの最小個数</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>MinSpareServers
<var>number</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>MinSpareServers
5</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>prefork</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>アイドルな子サーバプロセスの最小個数</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>MinSpareServers
<var>number</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>MinSpareServers
5</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>MPM</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>prefork</td></tr>
 </table>
-    <p><code class="directive">MaxSpareServers</code> ディレクティブは、
-    <em>アイドルな</em>子サーバプロセスの希望最小個数を設定します。
-    アイドルプロセスとは、リクエストを扱っていないプロセスです。
-    <code class="directive">MinSpareServers</code> よりも少ない数がアイドルであれば、
-    親プロセスは最高で 1 秒につき 1 個の割合で新しい子プロセスを生成します。</p>
+    <p><code class="directive">MaxSpareServers</code> ディレクティブは、
+    <em>アイドルな</em>子サーバプロセスの希望最小個数を設定します。
+    アイドルプロセスとは、リクエストを扱っていないプロセスです。
+    <code class="directive">MinSpareServers</code> よりも少ない数がアイドルであれば、
+    親プロセスは最高で 1 秒につき 1 個の割合で新しい子プロセスを生成します。</p>
 
-    <p>非常に混んでいるサイトでのみ、このパラメータをチューニングするべきです。
-    このパラメータを大きくするということは、大抵の場合は悪い発想です。</p>
+    <p>非常に混んでいるサイトでのみ、このパラメータをチューニングするべきです。
+    このパラメータを大きくするということは、大抵の場合は悪い発想です。</p>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
 <li><code class="directive"><a href="#maxspareservers">MaxSpareServers</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#startservers">StartServers</a></code></li>
@@ -184,9 +184,9 @@
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/prefork.html"
hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/prefork.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a>
|
-<a href="../es/mod/prefork.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
+<a href="../es/mod/prefork.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
 <a href="../ja/mod/prefork.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed
under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version
2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> |
<a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a>
| <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/quickreference.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/quickreference.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/quickreference.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/quickreference.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,9 +10,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: quickreference.html.ja.euc-jp
+URI: quickreference.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: quickreference.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko



Mime
View raw message