httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r643967 [15/42] - in /httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual: ./ developer/ howto/ mod/ ssl/ style/ style/xsl/util/ vhosts/
Date Wed, 02 Apr 2008 16:47:12 GMT
Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -6,9 +6,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: directive-dict.html.ja.euc-jp
+URI: directive-dict.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: directive-dict.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directive-dict.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,304 +1,304 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>ディレクティブの解説に使われる用語 - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>ディレクティブの解説に使われる用語 - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body id="manual-page"><div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>ディレクティブの解説に使われる用語</h1>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>ディレクティブの解説に使われる用語</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../en/mod/directive-dict.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/directive-dict.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/directive-dict.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/directive-dict.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/directive-dict.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/directive-dict.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/directive-dict.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div>
 
-    <p>この文書は各 Apache <a href="directives.html">設定ディレクティブ</a>
-    を説明するために使われている用語を説明します。</p>
+    <p>この文書は各 Apache <a href="directives.html">設定ディレクティブ</a>
+    を説明するために使われている用語を説明します。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Description">説明</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Syntax">構文</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Default">デフォルト</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Context">コンテキスト</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Override">上書き</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Status">ステータス</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Module">モジュール</a></li>
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Compatibility">互換性</a></li>
-</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="../configuring.html">設定ファイル</a></li></ul></div>
+<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Description">説明</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Syntax">構文</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Default">デフォルト</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Context">コンテキスト</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Override">上書き</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Status">ステータス</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Module">モジュール</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#Compatibility">互換性</a></li>
+</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="../configuring.html">設定ファイル</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Description" id="Description">説明</a></h2>
+<h2><a name="Description" id="Description">説明</a></h2>
 
-<p>ディレクティブの目的の簡単な説明。</p>
+<p>ディレクティブの目的の簡単な説明。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Syntax" id="Syntax">構文</a></h2>
+<h2><a name="Syntax" id="Syntax">構文</a></h2>
 
-    <p>設定ファイル中のディレクティブの書式を示します。
-    この構文はディレクティブ特有なので、詳細はディレクティブの説明を
-    参照してください。一般的に、ディレクティブ名の後には
-    空白により分割されたいくつかの引数が続きます。
-    引数が空白を含むときは二重引用符 (訳注: ")
-    で囲まれています。 オプショナルな引数は括弧
-    (訳注: []) で囲まれています。
-    引数が複数の値を取り得る場合は、それらの値は垂直の棒 "|"
-    で 分割されています。
-    変更されないテキストはデフォルトのフォントで表示され、置換の必要な
-    引数は<em>強調されて</em>表示されます。
-    引数の数が変わるディレクティブは最後の
-    引数が繰り返されることを示すために "..."
-    で終わります。</p>
+    <p>設定ファイル中のディレクティブの書式を示します。
+    この構文はディレクティブ特有なので、詳細はディレクティブの説明を
+    参照してください。一般的に、ディレクティブ名の後には
+    空白により分割されたいくつかの引数が続きます。
+    引数が空白を含むときは二重引用符 (訳注: ")
+    で囲まれています。 オプショナルな引数は括弧
+    (訳注: []) で囲まれています。
+    引数が複数の値を取り得る場合は、それらの値は垂直の棒 "|"
+    で 分割されています。
+    変更されないテキストはデフォルトのフォントで表示され、置換の必要な
+    引数は<em>強調されて</em>表示されます。
+    引数の数が変わるディレクティブは最後の
+    引数が繰り返されることを示すために "..."
+    で終わります。</p>
 
     <p>
-    ディレクティブは多くの違う型の引数をとります。いくつか、良く
-    使われるものを以下で定義します。</p>
+    ディレクティブは多くの違う型の引数をとります。いくつか、良く
+    使われるものを以下で定義します。</p>
 
     <dl>
       <dt><em>URL</em></dt>
 
       <dd><code>http://www.example.com/path/to/file.html</code>
-      のように、
-      スキーム、ホスト名、パス名(省略可能)を含んでいる完全な
-      Uniform Resource Locator。</dd>
+      のように、
+      スキーム、ホスト名、パス名(省略可能)を含んでいる完全な
+      Uniform Resource Locator。</dd>
 
       <dt><em>URL-path</em></dt>
 
-      <dd><code>/path/to/file.html</code> のように、スキームと
-      ホスト名の後に続く <em>url</em>
-      の一部。<em>url-path</em> は
-      ファイルシステムからの視点ではなく、
-      ウェブからの視点でリソースを表現します。</dd>
+      <dd><code>/path/to/file.html</code> のように、スキームと
+      ホスト名の後に続く <em>url</em>
+      の一部。<em>url-path</em> は
+      ファイルシステムからの視点ではなく、
+      ウェブからの視点でリソースを表現します。</dd>
 
       <dt><em>file-path</em></dt>
 
       <dd><code>/usr/local/apache/htdocs/path/to/file.html</code>
-      のように、
-      ルートディレクトリから始まるローカルのファイルシステム上のファイルへのパス。
-      通常、スラッシュで始まらない <em>file-path</em> は <a href="core.html#serverroot">ServerRoot</a>
-      からの相対パスとして 扱われます。</dd>
+      のように、
+      ルートディレクトリから始まるローカルのファイルシステム上のファイルへのパス。
+      通常、スラッシュで始まらない <em>file-path</em> は <a href="core.html#serverroot">ServerRoot</a>
+      からの相対パスとして 扱われます。</dd>
 
       <dt><em>directory-path</em></dt>
 
       <dd><code>/usr/local/apache/htdocs/path/to/</code>
-      のように、
-      ルートディレクトリから始まるローカルのファイルシステムのディレクトリへの
-      パス。</dd>
+      のように、
+      ルートディレクトリから始まるローカルのファイルシステムのディレクトリへの
+      パス。</dd>
 
       <dt><em>filename</em></dt>
 
-      <dd><code>file.html</code> のように、パス情報の付いていない
-      ファイル名。</dd>
+      <dd><code>file.html</code> のように、パス情報の付いていない
+      ファイル名。</dd>
 
       <dt><em>regex</em></dt>
 
-      <dd>Perl 互換の<a href="../glossary.html#regex">正規表現</a>です。
-      ディレクティブの定義が <em>regex</em>
-      が何に対してマッチを行なうのかを指定します。</dd>
+      <dd>Perl 互換の<a href="../glossary.html#regex">正規表現</a>です。
+      ディレクティブの定義が <em>regex</em>
+      が何に対してマッチを行なうのかを指定します。</dd>
 
       <dt><em>extension</em></dt>
 
-      <dd>一般的には <em>filename</em>
-      の最後のドットの後の部分です。 しかし、Apache
-      は複数のファイルの拡張子を認識しますので、<em>filename</em>
-      に複数のドットがあると、最初のドットの後の、それぞれのドットで分離された部分が
-      <em>extension</em> (訳注: 拡張子)
-      になります。例えば、<em>filename</em>
+      <dd>一般的には <em>filename</em>
+      の最後のドットの後の部分です。 しかし、Apache
+      は複数のファイルの拡張子を認識しますので、<em>filename</em>
+      に複数のドットがあると、最初のドットの後の、それぞれのドットで分離された部分が
+      <em>extension</em> (訳注: 拡張子)
+      になります。例えば、<em>filename</em>
       <code>file.html.en</code>
-      には二つの拡張子があります。<code>.html</code> と
-      <code>.en</code> です。Apache
-      のディレクティブでは、<em>extension</em>
-      はドット付きでも無しでも指定できます。さらに、<em>extension</em>
-      は 大文字小文字を区別しません。</dd>
+      には二つの拡張子があります。<code>.html</code> と
+      <code>.en</code> です。Apache
+      のディレクティブでは、<em>extension</em>
+      はドット付きでも無しでも指定できます。さらに、<em>extension</em>
+      は 大文字小文字を区別しません。</dd>
 
       <dt><em>MIME-type</em></dt>
 
-      <dd><code>text/html</code> のように、スラッシュで分離された
-      主フォーマットと副フォーマットによってファイルの形式を
-      表す方法です。</dd>
+      <dd><code>text/html</code> のように、スラッシュで分離された
+      主フォーマットと副フォーマットによってファイルの形式を
+      表す方法です。</dd>
 
       <dt><em>env-variable</em></dt>
 
-      <dd>Apache の設定により定義される <a href="../env.html">環境変数</a>の名前です。これはオペレーティングシステムの
-      環境変数と同じとは限らないことに注意してください。詳細は <a href="../env.html">環境変数の説明</a>を参照してください。</dd>
+      <dd>Apache の設定により定義される <a href="../env.html">環境変数</a>の名前です。これはオペレーティングシステムの
+      環境変数と同じとは限らないことに注意してください。詳細は <a href="../env.html">環境変数の説明</a>を参照してください。</dd>
     </dl>
   </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Default" id="Default">デフォルト</a></h2>
+<h2><a name="Default" id="Default">デフォルト</a></h2>
 
-    <p>ディレクティブにデフォルト値
-    (<em>すなわち</em>、設定ファイルから
-    省略されていても、Apache
-    ウェブサーバは特定の値に設定されているかのように
-    動作します) がある場合はここに記述されます。
-    デフォルト値の無い場合、ここは "<em>None</em>" と
-    書かれます。ここで書かれているデフォルトはサーバと共に配布されている
-    デフォルトの httpd.conf
-    内に書かれているディレクティブの値と
-    違う可能性があることに注意してください。</p>
+    <p>ディレクティブにデフォルト値
+    (<em>すなわち</em>、設定ファイルから
+    省略されていても、Apache
+    ウェブサーバは特定の値に設定されているかのように
+    動作します) がある場合はここに記述されます。
+    デフォルト値の無い場合、ここは "<em>None</em>" と
+    書かれます。ここで書かれているデフォルトはサーバと共に配布されている
+    デフォルトの httpd.conf
+    内に書かれているディレクティブの値と
+    違う可能性があることに注意してください。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Context" id="Context">コンテキスト</a></h2>
+<h2><a name="Context" id="Context">コンテキスト</a></h2>
 
     <p>
-    これは、サーバの設定ファイル中のどこでディレクティブが有効なのかを示します。
-    次に示す値が一つ以上カンマ区切りで列挙されています。</p>
+    これは、サーバの設定ファイル中のどこでディレクティブが有効なのかを示します。
+    次に示す値が一つ以上カンマ区切りで列挙されています。</p>
 
     <dl>
-      <dt>サーバ設定ファイル</dt>
+      <dt>サーバ設定ファイル</dt>
 
-      <dd>これは、サーバ設定ファイル
-      (<em>例えば</em>、<code>httpd.conf</code>,
+      <dd>これは、サーバ設定ファイル
+      (<em>例えば</em>、<code>httpd.conf</code>,
       <code>srm.conf</code>, <code>access.conf</code>)
-      内では使用できますが、
-      <code class="directive"><a href="../mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code> や
-      <code class="directive"><a href="../mod/core.html#directory">&lt;Directory&gt;</a></code> の中では
-      <strong>使用できない</strong>ことを示します。
-      <code>.htaccess</code>ファイルでの使用は許可されていません。</dd>
+      内では使用できますが、
+      <code class="directive"><a href="../mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code> や
+      <code class="directive"><a href="../mod/core.html#directory">&lt;Directory&gt;</a></code> の中では
+      <strong>使用できない</strong>ことを示します。
+      <code>.htaccess</code>ファイルでの使用は許可されていません。</dd>
 
-      <dt>バーチャルホスト</dt>
+      <dt>バーチャルホスト</dt>
 
-      <dd>これは、サーバ設定ファイルの
+      <dd>これは、サーバ設定ファイルの
       <code class="directive"><a href="../mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
-      の中で使用できることを示します。</dd>
+      の中で使用できることを示します。</dd>
 
-      <dt>ディレクトリ</dt>
+      <dt>ディレクトリ</dt>
 
-      <dd>これは、サーバ設定ファイルの
+      <dd>これは、サーバ設定ファイルの
       <code class="directive"><a href="../mod/core.html#directory">&lt;Directory&gt;</a></code>, 
       <code class="directive"><a href="../mod/core.html#location">&lt;Location&gt;</a></code>, 
       <code class="directive"><a href="../mod/core.html#files">&lt;Files&gt;</a></code> 
-      コンテナの中で、 <a href="../sections.html">Directory, Location, Files セクションの動作方法</a>
-      で説明されている制限の下で使用できることを示します。</dd>
+      コンテナの中で、 <a href="../sections.html">Directory, Location, Files セクションの動作方法</a>
+      で説明されている制限の下で使用できることを示します。</dd>
 
       <dt>.htaccess</dt>
 
-      <dd>これは、ディレクトリ<em>毎</em>の
-      <code>.htaccess</code> ファイル内で
-      使用可能であることを示します。 ただ、<a href="#Override">上書き</a>
-      の設定によっては、処理されないかもしれません。</dd>
+      <dd>これは、ディレクトリ<em>毎</em>の
+      <code>.htaccess</code> ファイル内で
+      使用可能であることを示します。 ただ、<a href="#Override">上書き</a>
+      の設定によっては、処理されないかもしれません。</dd>
     </dl>
 
     <p>
-    ディレクティブは指示されたコンテキストで<em>のみ</em>許可されます。
-    他の場所で使おうとすると、サーバがそのコンテキストを正しく扱えなく
-    なるような設定エラーが発生するか、サーバがまったく動作しなくなる、
-    <em>すなわち</em>、サーバが起動しなくなるということになります。</p>
+    ディレクティブは指示されたコンテキストで<em>のみ</em>許可されます。
+    他の場所で使おうとすると、サーバがそのコンテキストを正しく扱えなく
+    なるような設定エラーが発生するか、サーバがまったく動作しなくなる、
+    <em>すなわち</em>、サーバが起動しなくなるということになります。</p>
 
     <p>
-    ディレクティブの有効な位置は、実際は挙げられているコンテキストの
-    論理和 (訳注: Boolen OR)
-    になります。言い換えると、
-    "<code>サーバ設定ファイル、.htaccess</code>" で有効だと
-    記されているディレクティブは <code>httpd.conf</code>
-    ファイルと <code>.htaccess</code>
-    ファイルとで有効ですが、 <code class="directive"><a href="../mod/core.html#directory">&lt;Directory&gt;</a></code>
-    や <code class="directive"><a href="../mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
-    の中では使用できません。</p>
+    ディレクティブの有効な位置は、実際は挙げられているコンテキストの
+    論理和 (訳注: Boolen OR)
+    になります。言い換えると、
+    "<code>サーバ設定ファイル、.htaccess</code>" で有効だと
+    記されているディレクティブは <code>httpd.conf</code>
+    ファイルと <code>.htaccess</code>
+    ファイルとで有効ですが、 <code class="directive"><a href="../mod/core.html#directory">&lt;Directory&gt;</a></code>
+    や <code class="directive"><a href="../mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
+    の中では使用できません。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Override" id="Override">上書き</a></h2>
+<h2><a name="Override" id="Override">上書き</a></h2>
 
-    <p>このディレクティブの属性は、<code>.htaccess</code>
-    ファイル中に
-    ディレクティブが現れたときに、それの処理を有効にするために
-    どの設定の上書きが必要かを示します。 ディレクティブの
-    <a href="#Context">コンテキスト</a>
-    が、<code>.htaccess</code>
-    ファイル中では許可していない場合は、 この属性は
-    "<em>適用不可</em>" と書かれます。</p>
-
-    <p>上書きは、<code class="directive"><a href="../mod/core.html#allowoverride">AllowOverride</a></code>
-    ディレクティブによって有効にされ、
-    特定のスコープ(ディレクトリなど)と、
-    さらに下位のレベルの <code class="directive"><a href="../mod/core.html#allowoverride">AllowOverride</a></code>
-    で修正されない限り、 その配下に対して適用されます。
-    ディレクティブのドキュメントは取り得る上書きの名前も挙げます。</p>
+    <p>このディレクティブの属性は、<code>.htaccess</code>
+    ファイル中に
+    ディレクティブが現れたときに、それの処理を有効にするために
+    どの設定の上書きが必要かを示します。 ディレクティブの
+    <a href="#Context">コンテキスト</a>
+    が、<code>.htaccess</code>
+    ファイル中では許可していない場合は、 この属性は
+    "<em>適用不可</em>" と書かれます。</p>
+
+    <p>上書きは、<code class="directive"><a href="../mod/core.html#allowoverride">AllowOverride</a></code>
+    ディレクティブによって有効にされ、
+    特定のスコープ(ディレクトリなど)と、
+    さらに下位のレベルの <code class="directive"><a href="../mod/core.html#allowoverride">AllowOverride</a></code>
+    で修正されない限り、 その配下に対して適用されます。
+    ディレクティブのドキュメントは取り得る上書きの名前も挙げます。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Status" id="Status">ステータス</a></h2>
+<h2><a name="Status" id="Status">ステータス</a></h2>
 
-    <p>これはディレクティブが Apache
-    ウェブサーバにどれくらいきつく組み込まれているかを
-    示します。言い換えれば、ディレクティブとその機能を利用するために、
-    モジュールの数を増やして、サーバを再コンパイルする必要があるかもしれない
-    ということを示します。
-    この属性が取り得る値は以下のものです:</p>
+    <p>これはディレクティブが Apache
+    ウェブサーバにどれくらいきつく組み込まれているかを
+    示します。言い換えれば、ディレクティブとその機能を利用するために、
+    モジュールの数を増やして、サーバを再コンパイルする必要があるかもしれない
+    ということを示します。
+    この属性が取り得る値は以下のものです:</p>
 
     <dl>
       <dt>Core</dt>
 
-      <dd>"Core" のディレクティブは Apache
-      ウェブサーバの基本となるべきものであり、
-      常に使用可能であることを示します。</dd>
+      <dd>"Core" のディレクティブは Apache
+      ウェブサーバの基本となるべきものであり、
+      常に使用可能であることを示します。</dd>
 
       <dt>MPM</dt>
 
-      <dd>"MPM" のディレクティブは<a href="../mpm.html">マルチプロセッシングモジュール</a>で提供されています。
-      この種類のディレクティブはディレクティブの定義の<a href="#Module">モジュール</a>の行に使っているモジュールの名前が書かれている
-      場合にのみ使用可能です。</dd>
+      <dd>"MPM" のディレクティブは<a href="../mpm.html">マルチプロセッシングモジュール</a>で提供されています。
+      この種類のディレクティブはディレクティブの定義の<a href="#Module">モジュール</a>の行に使っているモジュールの名前が書かれている
+      場合にのみ使用可能です。</dd>
 
       <dt>Base</dt>
 
-      <dd>"Base" のディレクティブは
-      デフォルトでサーバに組み込まれている標準モジュールの中の一つでサ
-      ポートされていて、わざわざ設定からモジュールを削除したときを除いて、
-      通常では使用可能であることを示します。</dd>
+      <dd>"Base" のディレクティブは
+      デフォルトでサーバに組み込まれている標準モジュールの中の一つでサ
+      ポートされていて、わざわざ設定からモジュールを削除したときを除いて、
+      通常では使用可能であることを示します。</dd>
 
       <dt>Extension</dt>
 
-      <dd>"Extension" のディレクティブは、 Apache
-      サーバの配布物に同梱されているモジュールの一つで提供されているものの、
-      通常ではサーバに組み込まれていないことを示します。
-      ディレクティブとその機能を有効にするには、サーバビルド用の設定ファイルを
-      変更して Apache
-      を再コンパイルする必要があります。</dd>
+      <dd>"Extension" のディレクティブは、 Apache
+      サーバの配布物に同梱されているモジュールの一つで提供されているものの、
+      通常ではサーバに組み込まれていないことを示します。
+      ディレクティブとその機能を有効にするには、サーバビルド用の設定ファイルを
+      変更して Apache
+      を再コンパイルする必要があります。</dd>
 
       <dt>Experimental</dt>
 
-      <dd>"Experimental" のディレクティブは、Apache
-      配布物に
-      同梱されているものの、試したい場合は自己責任で行なう
-      必要があるということを示します。ディレクティブは、すべてのドキュメントを
-      完全にそろわせるために解説されていますが、サポートされているとは限りません。
-      ディレクティブを提供するモジュールはデフォルトで組み込まれているかも
-      しれませんし、そうでないかもしれません。使用可能かどうかは、
-      ディレクティブとモジュールの説明をしているページの先頭を調べてください。</dd>
+      <dd>"Experimental" のディレクティブは、Apache
+      配布物に
+      同梱されているものの、試したい場合は自己責任で行なう
+      必要があるということを示します。ディレクティブは、すべてのドキュメントを
+      完全にそろわせるために解説されていますが、サポートされているとは限りません。
+      ディレクティブを提供するモジュールはデフォルトで組み込まれているかも
+      しれませんし、そうでないかもしれません。使用可能かどうかは、
+      ディレクティブとモジュールの説明をしているページの先頭を調べてください。</dd>
     </dl>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Module" id="Module">モジュール</a></h2>
+<h2><a name="Module" id="Module">モジュール</a></h2>
 
     <p>
-    これは単純にディレクティブが定義されているモジュールの名前を記載します。</p>
+    これは単純にディレクティブが定義されているモジュールの名前を記載します。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="Compatibility" id="Compatibility">互換性</a></h2>
+<h2><a name="Compatibility" id="Compatibility">互換性</a></h2>
 
-    <p>ディレクティブが Apache 2
-    の配布に組み込まれていなかった場合、
-    ディレクティブが導入されたバージョンがここに書かれています。
-    また、ディレクティブが特定のプラットフォームにのみ存在するときも
-    ここに書かれています。</p>
+    <p>ディレクティブが Apache 2
+    の配布に組み込まれていなかった場合、
+    ディレクティブが導入されたバージョンがここに書かれています。
+    また、ディレクティブが特定のプラットフォームにのみ存在するときも
+    ここに書かれています。</p>
 </div></div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../en/mod/directive-dict.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/directive-dict.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/directive-dict.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/directive-dict.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/directive-dict.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/directive-dict.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/directive-dict.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,9 +10,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: directives.html.ja.euc-jp
+URI: directives.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: directives.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,40 +1,40 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>ディレクティブ一覧 - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>ディレクティブ一覧 - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body id="directive-index"><div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div><div id="preamble"><h1>ディレクティブ一覧</h1>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div><div id="preamble"><h1>ディレクティブ一覧</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/directives.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/directives.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/directives.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/directives.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/directives.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/directives.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
 <a href="../ru/mod/directives.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/directives.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/directives.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div>
 
     <p>
-      標準 Apache 配布にあるすべての Apache のディレクティブの一覧です。
-      これらは一貫した形式で書かれていて、使われている用語の
-      <a href="directive-dict.html" rel="Glossary">用語集</a> も用意されています。
+      標準 Apache 配布にあるすべての Apache のディレクティブの一覧です。
+      これらは一貫した形式で書かれていて、使われている用語の
+      <a href="directive-dict.html" rel="Glossary">用語集</a> も用意されています。
     </p>
     <p>
-      各ディレクティブの概要を説明した <a href="quickreference.html">ディレクティブクイックリファレンス</a>も
-      あります。
+      各ディレクティブの概要を説明した <a href="quickreference.html">ディレクティブクイックリファレンス</a>も
+      あります。
     </p>
   
 <p class="letters"><a href="#A">&nbsp;A&nbsp;</a> | <a href="#B">&nbsp;B&nbsp;</a> | <a href="#C">&nbsp;C&nbsp;</a> | <a href="#D">&nbsp;D&nbsp;</a> | <a href="#E">&nbsp;E&nbsp;</a> | <a href="#F">&nbsp;F&nbsp;</a> | <a href="#G">&nbsp;G&nbsp;</a> | <a href="#H">&nbsp;H&nbsp;</a> | <a href="#I">&nbsp;I&nbsp;</a> | <a href="#K">&nbsp;K&nbsp;</a> | <a href="#L">&nbsp;L&nbsp;</a> | <a href="#M">&nbsp;M&nbsp;</a> | <a href="#N">&nbsp;N&nbsp;</a> | <a href="#O">&nbsp;O&nbsp;</a> | <a href="#P">&nbsp;P&nbsp;</a> | <a href="#R">&nbsp;R&nbsp;</a> | <a href="#S">&nbsp;S&nbsp;</a> | <a href="#T">&nbsp;T&nbsp;</a> | <a href="#U">&nbsp;U&nbsp;</a> | <a href="#V">&nbsp;V&nbsp;</a> | <a href="#W">&nbsp;W&nbsp;</a> | <a href="#X">&nbsp;X&nbsp;</a></p>
@@ -399,12 +399,12 @@
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/directives.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/directives.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/directives.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/directives.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/directives.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/directives.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
 <a href="../ru/mod/directives.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/directives.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/directives.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -10,9 +10,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: index.html.ja.euc-jp
+URI: index.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: index.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko

Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/index.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,51 +1,51 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>モジュール一覧 - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>モジュール一覧 - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body id="module-index"><div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>モジュール一覧</h1>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>モジュール一覧</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div>
 
     <p>
-      以下は Apache の配布の一部として配られているすべてのモジュールの
-      一覧です。すべての <a href="directives.html">Apache
-      ディレクティブ</a> のアルファベット順のリストも見てください。
+      以下は Apache の配布の一部として配られているすべてのモジュールの
+      一覧です。すべての <a href="directives.html">Apache
+      ディレクティブ</a> のアルファベット順のリストも見てください。
     </p>
   </div>
 <div id="quickview"><ul id="toc">
-<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#core">コア機能と MPM</a></li><li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#other">他のモジュール</a></li></ul><h3>参照</h3>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#core">コア機能と MPM</a></li><li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#other">他のモジュール</a></li></ul><h3>参照</h3>
 <ul class="seealso">
-<li><a href="../mpm.html">マルチプロセッシングモジュール (MPMs)</a>
+<li><a href="../mpm.html">マルチプロセッシングモジュール (MPMs)</a>
   </li>
-<li><a href="quickreference.html">ディレクティブ クイックリファレンス</a>
+<li><a href="quickreference.html">ディレクティブ クイックリファレンス</a>
   </li>
 </ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section"><h2><a id="core" name="core">コア機能と MPM</a></h2>
+<div class="section"><h2><a id="core" name="core">コア機能と MPM</a></h2>
 <dl>
-<dt><a href="core.html">core</a></dt><dd>常に使用可能な Apache HTTP サーバのコア機能</dd>
-<dt><a href="mpm_common.html">mpm_common</a></dt><dd class="separate">二つ以上のマルチプロセッシングモジュール (MPM)
-で実装されているディレクティブのコレクション</dd>
+<dt><a href="core.html">core</a></dt><dd>常に使用可能な Apache HTTP サーバのコア機能</dd>
+<dt><a href="mpm_common.html">mpm_common</a></dt><dd class="separate">二つ以上のマルチプロセッシングモジュール (MPM)
+で実装されているディレクティブのコレクション</dd>
 <dt><a href="beos.html">beos</a></dt><dd>This Multi-Processing Module is optimized for BeOS.</dd>
 <dt><a href="leader.html">leader</a></dt><dd>An experimental variant of the standard <code class="module"><a href="../mod/worker.html">worker</a></code>
 MPM</dd>
@@ -54,27 +54,27 @@
 <dt><a href="mpmt_os2.html">mpmt_os2</a></dt><dd>Hybrid multi-process, multi-threaded MPM for OS/2</dd>
 <dt><a href="perchild.html">perchild</a></dt><dd>Multi-Processing Module allowing for daemon processes serving
 requests to be assigned a variety of different userids</dd>
-<dt><a href="prefork.html">prefork</a></dt><dd>スレッドを使わず、先行して fork を行なうウェブサーバを実装
+<dt><a href="prefork.html">prefork</a></dt><dd>スレッドを使わず、先行して fork を行なうウェブサーバを実装
 </dd>
 <dt><a href="threadpool.html">threadpool</a></dt><dd>Yet another experimental variant of the standard
 <code class="module"><a href="../mod/worker.html">worker</a></code> MPM</dd>
 <dt><a href="mpm_winnt.html">mpm_winnt</a></dt><dd>Windows NT
-向けに最適化されたマルチプロセッシングモジュール</dd>
-<dt><a href="worker.html">worker</a></dt><dd>マルチスレッドとマルチプロセスのハイブリッド型
-ウェブサーバを実装したマルチプロセッシングモジュール</dd>
+向けに最適化されたマルチプロセッシングモジュール</dd>
+<dt><a href="worker.html">worker</a></dt><dd>マルチスレッドとマルチプロセスのハイブリッド型
+ウェブサーバを実装したマルチプロセッシングモジュール</dd>
 </dl></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="section"><h2><a id="other" name="other">他のモジュール</a></h2>
+<div class="section"><h2><a id="other" name="other">他のモジュール</a></h2>
 <p class="letters"><a href="#A">&nbsp;A&nbsp;</a> | <a href="#C">&nbsp;C&nbsp;</a> | <a href="#D">&nbsp;D&nbsp;</a> | <a href="#E">&nbsp;E&nbsp;</a> | <a href="#F">&nbsp;F&nbsp;</a> | <a href="#H">&nbsp;H&nbsp;</a> | <a href="#I">&nbsp;I&nbsp;</a> | <a href="#L">&nbsp;L&nbsp;</a> | <a href="#M">&nbsp;M&nbsp;</a> | <a href="#N">&nbsp;N&nbsp;</a> | <a href="#P">&nbsp;P&nbsp;</a> | <a href="#R">&nbsp;R&nbsp;</a> | <a href="#S">&nbsp;S&nbsp;</a> | <a href="#U">&nbsp;U&nbsp;</a> | <a href="#V">&nbsp;V&nbsp;</a></p>
-<dl><dt><a href="mod_access.html" id="A" name="A">mod_access</a></dt><dd>クライアントのホスト名、IP アドレス、その他のクライアント
-のリクエストの特徴に基づいたアクセス制御機能を提供する</dd>
-<dt><a href="mod_actions.html">mod_actions</a></dt><dd>メディアタイプやリクエストメソッドに応じて
-CGI スクリプトを実行する機能を提供</dd>
-<dt><a href="mod_alias.html">mod_alias</a></dt><dd>ホストファイルシステム上のいろいろな違う場所を
-    ドキュメントツリーにマップする機能と、
-    URL のリダイレクトを行なう機能を提供する</dd>
-<dt><a href="mod_asis.html">mod_asis</a></dt><dd>自分用の HTTP ヘッダの書かれているファイルを送信する</dd>
-<dt><a href="mod_auth.html">mod_auth</a></dt><dd>テキストファイルを用いたユーザ認証</dd>
+<dl><dt><a href="mod_access.html" id="A" name="A">mod_access</a></dt><dd>クライアントのホスト名、IP アドレス、その他のクライアント
+のリクエストの特徴に基づいたアクセス制御機能を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_actions.html">mod_actions</a></dt><dd>メディアタイプやリクエストメソッドに応じて
+CGI スクリプトを実行する機能を提供</dd>
+<dt><a href="mod_alias.html">mod_alias</a></dt><dd>ホストファイルシステム上のいろいろな違う場所を
+    ドキュメントツリーにマップする機能と、
+    URL のリダイレクトを行なう機能を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_asis.html">mod_asis</a></dt><dd>自分用の HTTP ヘッダの書かれているファイルを送信する</dd>
+<dt><a href="mod_auth.html">mod_auth</a></dt><dd>テキストファイルを用いたユーザ認証</dd>
 <dt><a href="mod_auth_anon.html">mod_auth_anon</a></dt><dd>Allows "anonymous" user access to authenticated
 areas</dd>
 <dt><a href="mod_auth_dbm.html">mod_auth_dbm</a></dt><dd>Provides for user authentication using DBM
@@ -83,51 +83,51 @@
     Digest Authentication.</dd>
 <dt><a href="mod_auth_ldap.html">mod_auth_ldap</a></dt><dd>Allows an LDAP directory to be used to store the database
 for HTTP Basic authentication.</dd>
-<dt><a href="mod_autoindex.html">mod_autoindex</a></dt><dd>Unix の <code>ls</code> コマンドや
-    Win32 の <code>dir</code> シェルコマンドに似た
-    ディレクトリインデックスを生成する</dd>
+<dt><a href="mod_autoindex.html">mod_autoindex</a></dt><dd>Unix の <code>ls</code> コマンドや
+    Win32 の <code>dir</code> シェルコマンドに似た
+    ディレクトリインデックスを生成する</dd>
 <dt><a href="mod_cache.html" id="C" name="C">mod_cache</a></dt><dd>Content cache keyed to URIs.</dd>
 <dt><a href="mod_cern_meta.html">mod_cern_meta</a></dt><dd>CERN httpd metafile semantics</dd>
-<dt><a href="mod_cgi.html">mod_cgi</a></dt><dd>CGI スクリプトの実行</dd>
-<dt><a href="mod_cgid.html">mod_cgid</a></dt><dd>外部 CGI デーモンを使った CGI スクリプトの実行</dd>
+<dt><a href="mod_cgi.html">mod_cgi</a></dt><dd>CGI スクリプトの実行</dd>
+<dt><a href="mod_cgid.html">mod_cgid</a></dt><dd>外部 CGI デーモンを使った CGI スクリプトの実行</dd>
 <dt><a href="mod_charset_lite.html">mod_charset_lite</a></dt><dd>Specify character set translation or recoding</dd>
-<dt><a href="mod_dav.html" id="D" name="D">mod_dav</a></dt><dd>分散オーサリングとバージョン管理
-(<a href="http://www.webdav.org/">WebDAV</a>) 機能</dd>
-<dt><a href="mod_dav_fs.html">mod_dav_fs</a></dt><dd><code class="module"><a href="../mod/mod_dav.html">mod_dav</a></code> のためのファイルシステムプロバイダ</dd>
-<dt><a href="mod_deflate.html">mod_deflate</a></dt><dd>クライアントへ送られる前にコンテンツを圧縮する</dd>
-<dt><a href="mod_dir.html">mod_dir</a></dt><dd>「最後のスラッシュ」のリダイレクトと、ディレクトリの
-インデックスファイルを扱う機能を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_dav.html" id="D" name="D">mod_dav</a></dt><dd>分散オーサリングとバージョン管理
+(<a href="http://www.webdav.org/">WebDAV</a>) 機能</dd>
+<dt><a href="mod_dav_fs.html">mod_dav_fs</a></dt><dd><code class="module"><a href="../mod/mod_dav.html">mod_dav</a></code> のためのファイルシステムプロバイダ</dd>
+<dt><a href="mod_deflate.html">mod_deflate</a></dt><dd>クライアントへ送られる前にコンテンツを圧縮する</dd>
+<dt><a href="mod_dir.html">mod_dir</a></dt><dd>「最後のスラッシュ」のリダイレクトと、ディレクトリの
+インデックスファイルを扱う機能を提供する</dd>
 <dt><a href="mod_disk_cache.html">mod_disk_cache</a></dt><dd>Content cache storage manager keyed to URIs</dd>
 <dt><a href="mod_dumpio.html">mod_dumpio</a></dt><dd>Dumps all I/O to error log as desired.</dd>
-<dt><a href="mod_echo.html" id="E" name="E">mod_echo</a></dt><dd>プロトコルモジュールの概要を示すための単純なエコーサーバ
+<dt><a href="mod_echo.html" id="E" name="E">mod_echo</a></dt><dd>プロトコルモジュールの概要を示すための単純なエコーサーバ
 </dd>
-<dt><a href="mod_env.html">mod_env</a></dt><dd>CGI スクリプト及び SSI
-ページに渡される環境変数を変更する機能を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_env.html">mod_env</a></dt><dd>CGI スクリプト及び SSI
+ページに渡される環境変数を変更する機能を提供する</dd>
 <dt><a href="mod_example.html">mod_example</a></dt><dd>Illustrates the Apache module API</dd>
-<dt><a href="mod_expires.html">mod_expires</a></dt><dd>ユーザの指定した基準に基づいた <code>Expires</code> と
-<code>Cache-Control</code> HTTP ヘッダの生成</dd>
+<dt><a href="mod_expires.html">mod_expires</a></dt><dd>ユーザの指定した基準に基づいた <code>Expires</code> と
+<code>Cache-Control</code> HTTP ヘッダの生成</dd>
 <dt><a href="mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></dt><dd>Pass the response body through an external program before
 delivery to the client</dd>
 <dt><a href="mod_file_cache.html" id="F" name="F">mod_file_cache</a></dt><dd>Caches a static list of files in memory</dd>
 <dt><a href="mod_headers.html" id="H" name="H">mod_headers</a></dt><dd>Customization of HTTP request and response
 headers</dd>
 <dt><a href="mod_imap.html" id="I" name="I">mod_imap</a></dt><dd>Server-side imagemap processing</dd>
-<dt><a href="mod_include.html">mod_include</a></dt><dd>サーバがパースする html ドキュメント (Server Side Includes)</dd>
-<dt><a href="mod_info.html">mod_info</a></dt><dd>サーバの設定の包括的な概観を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_include.html">mod_include</a></dt><dd>サーバがパースする html ドキュメント (Server Side Includes)</dd>
+<dt><a href="mod_info.html">mod_info</a></dt><dd>サーバの設定の包括的な概観を提供する</dd>
 <dt><a href="mod_isapi.html">mod_isapi</a></dt><dd>ISAPI Extensions within Apache for Windows</dd>
 <dt><a href="mod_ldap.html" id="L" name="L">mod_ldap</a></dt><dd>LDAP connection pooling and result caching services for use
 by other LDAP modules</dd>
-<dt><a href="mod_log_config.html">mod_log_config</a></dt><dd>サーバへのリクエストのロギング</dd>
+<dt><a href="mod_log_config.html">mod_log_config</a></dt><dd>サーバへのリクエストのロギング</dd>
 <dt><a href="mod_log_forensic.html">mod_log_forensic</a></dt><dd>Forensic Logging of the requests made to the server</dd>
-<dt><a href="mod_logio.html">mod_logio</a></dt><dd>リクエスト毎に入力バイト数と出力バイト数とをロギング</dd>
-<dt><a href="mod_mem_cache.html" id="M" name="M">mod_mem_cache</a></dt><dd>URI をキーにしたコンテンツのキャッシュ</dd>
-<dt><a href="mod_mime.html">mod_mime</a></dt><dd>リクエストされたファイルの拡張子とファイルの振る舞い
-    (ハンドラとフィルタ)、内容 (MIME タイプ、言語、文字セット、エンコーディング)
-    とを関連付ける</dd>
+<dt><a href="mod_logio.html">mod_logio</a></dt><dd>リクエスト毎に入力バイト数と出力バイト数とをロギング</dd>
+<dt><a href="mod_mem_cache.html" id="M" name="M">mod_mem_cache</a></dt><dd>URI をキーにしたコンテンツのキャッシュ</dd>
+<dt><a href="mod_mime.html">mod_mime</a></dt><dd>リクエストされたファイルの拡張子とファイルの振る舞い
+    (ハンドラとフィルタ)、内容 (MIME タイプ、言語、文字セット、エンコーディング)
+    とを関連付ける</dd>
 <dt><a href="mod_mime_magic.html">mod_mime_magic</a></dt><dd>Determines the MIME type of a file
     by looking at a few bytes of its contents</dd>
-<dt><a href="mod_negotiation.html" id="N" name="N">mod_negotiation</a></dt><dd><a href="../content-negotiation.html">コンテントネゴシエーション</a>
-  機能を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_negotiation.html" id="N" name="N">mod_negotiation</a></dt><dd><a href="../content-negotiation.html">コンテントネゴシエーション</a>
+  機能を提供する</dd>
 <dt><a href="mod_nw_ssl.html">mod_nw_ssl</a></dt><dd>Enable SSL encryption for NetWare</dd>
 <dt><a href="mod_proxy.html" id="P" name="P">mod_proxy</a></dt><dd>HTTP/1.1 proxy/gateway server</dd>
 <dt><a href="mod_proxy_connect.html">mod_proxy_connect</a></dt><dd><code class="module"><a href="../mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code> extension for
@@ -138,35 +138,35 @@
 <code class="module"><a href="../mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code></dd>
 <dt><a href="mod_rewrite.html" id="R" name="R">mod_rewrite</a></dt><dd>Provides a rule-based rewriting engine to rewrite requested
 URLs on the fly</dd>
-<dt><a href="mod_setenvif.html" id="S" name="S">mod_setenvif</a></dt><dd>リクエストの特徴に基づいた環境変数の設定を可能にする</dd>
-<dt><a href="mod_so.html">mod_so</a></dt><dd>起動時や再起動時に実行コードとモジュールをサーバにロードする
+<dt><a href="mod_setenvif.html" id="S" name="S">mod_setenvif</a></dt><dd>リクエストの特徴に基づいた環境変数の設定を可能にする</dd>
+<dt><a href="mod_so.html">mod_so</a></dt><dd>起動時や再起動時に実行コードとモジュールをサーバにロードする
 </dd>
-<dt><a href="mod_speling.html">mod_speling</a></dt><dd>ユーザが入力したであろう間違った URL を、
-大文字小文字の区別を無視することと一つ以下の綴り間違いを許容することで
-修正を試みる</dd>
+<dt><a href="mod_speling.html">mod_speling</a></dt><dd>ユーザが入力したであろう間違った URL を、
+大文字小文字の区別を無視することと一つ以下の綴り間違いを許容することで
+修正を試みる</dd>
 <dt><a href="mod_ssl.html">mod_ssl</a></dt><dd>Strong cryptography using the Secure Sockets
 Layer (SSL) and Transport Layer Security (TLS) protocols</dd>
-<dt><a href="mod_status.html">mod_status</a></dt><dd>サーバの活動状況と性能に関する情報を提供する</dd>
-<dt><a href="mod_suexec.html">mod_suexec</a></dt><dd>指定されたユーザとグループで CGI スクリプトを実行する</dd>
-<dt><a href="mod_unique_id.html" id="U" name="U">mod_unique_id</a></dt><dd>それぞれのリクエストに対する一意な識別子の入った環境変数を
-提供する</dd>
-<dt><a href="mod_userdir.html">mod_userdir</a></dt><dd>ユーザ専用のディレクトリを提供
+<dt><a href="mod_status.html">mod_status</a></dt><dd>サーバの活動状況と性能に関する情報を提供する</dd>
+<dt><a href="mod_suexec.html">mod_suexec</a></dt><dd>指定されたユーザとグループで CGI スクリプトを実行する</dd>
+<dt><a href="mod_unique_id.html" id="U" name="U">mod_unique_id</a></dt><dd>それぞれのリクエストに対する一意な識別子の入った環境変数を
+提供する</dd>
+<dt><a href="mod_userdir.html">mod_userdir</a></dt><dd>ユーザ専用のディレクトリを提供
   </dd>
 <dt><a href="mod_usertrack.html">mod_usertrack</a></dt><dd>
 <em>Clickstream</em> logging of user activity on a site
 </dd>
-<dt><a href="mod_version.html" id="V" name="V">mod_version</a></dt><dd>バージョン依存の設定</dd>
+<dt><a href="mod_version.html" id="V" name="V">mod_version</a></dt><dd>バージョン依存の設定</dd>
 <dt><a href="mod_vhost_alias.html">mod_vhost_alias</a></dt><dd>Provides for dynamically configured mass virtual
 hosting</dd>
 </dl></div></div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="../ko/mod/" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
-<a href="../tr/mod/" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
+<a href="../tr/mod/" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mod_access.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mod_access.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mod_access.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/mod_access.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -2,6 +2,6 @@
 Content-Language: en
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: mod_access.html.ja.euc-jp
+URI: mod_access.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8



Mime
View raw message