httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r643967 [14/42] - in /httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual: ./ developer/ howto/ mod/ ssl/ style/ style/xsl/util/ vhosts/
Date Wed, 02 Apr 2008 16:47:12 GMT
Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/mod/core.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -1,37 +1,37 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>core - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>core - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="../style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
 <link href="../style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="../style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="../images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body>
 <div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="../mod/">モジュール</a> | <a href="../mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="../faq/">FAQ</a> | <a href="../glossary.html">用語</a> | <a href="../sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="../images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="../images/left.gif" /></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="../">バージョン 2.0</a> &gt; <a href="./">モジュール</a></div>
 <div id="page-content">
-<div id="preamble"><h1>Apache コア機能</h1>
+<div id="preamble"><h1>Apache コア機能</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="../de/mod/core.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="../en/mod/core.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
-<a href="../es/mod/core.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
+<a href="../es/mod/core.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/core.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div>
 <div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
             English version for recent changes.</div>
-<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>常に使用可能な Apache HTTP サーバのコア機能</td></tr>
-<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr></table>
+<table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>常に使用可能な Apache HTTP サーバのコア機能</td></tr>
+<tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr></table>
 </div>
-<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
+<div id="quickview"><h3 class="directives">ディレクティブ</h3>
 <ul id="toc">
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#acceptpathinfo">AcceptPathInfo</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#accessfilename">AccessFileName</a></li>
@@ -99,54 +99,54 @@
 </div>
 
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AcceptPathInfo" id="AcceptPathInfo">AcceptPathInfo</a> <a name="acceptpathinfo" id="acceptpathinfo">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AcceptPathInfo" id="AcceptPathInfo">AcceptPathInfo</a> <a name="acceptpathinfo" id="acceptpathinfo">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>後に続くパス名情報を受け付けるリソースの指定</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AcceptPathInfo On|Off|Default</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AcceptPathInfo Default</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.30 以降で使用可能</td></tr>
-</table>
-
-    <p>このディレクティブは実際のファイル名 (もしくは存在するディレクトリの
-    存在しないファイル) の後に続くパス名情報があるリクエストを受け付けるか
-    拒否するかを制御します。続きのパス名情報はスクリプトには <code>PATH_INFO</code>
-    環境変数として利用可能になります。</p>
-
-    <p>例えば、<code>/test/</code> が、<code>here.html</code> というファイル
-    一つのみがあるディレクトリを指しているとします。そうすると、
-    <code>/test/here.html/more</code> と <code>/test/nothere.html/more</code>
-    へのリクエストは両方とも <code>/more</code> を <code>PATH_INFO</code> とします。</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>後に続くパス名情報を受け付けるリソースの指定</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AcceptPathInfo On|Off|Default</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AcceptPathInfo Default</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.30 以降で使用可能</td></tr>
+</table>
+
+    <p>このディレクティブは実際のファイル名 (もしくは存在するディレクトリの
+    存在しないファイル) の後に続くパス名情報があるリクエストを受け付けるか
+    拒否するかを制御します。続きのパス名情報はスクリプトには <code>PATH_INFO</code>
+    環境変数として利用可能になります。</p>
+
+    <p>例えば、<code>/test/</code> が、<code>here.html</code> というファイル
+    一つのみがあるディレクトリを指しているとします。そうすると、
+    <code>/test/here.html/more</code> と <code>/test/nothere.html/more</code>
+    へのリクエストは両方とも <code>/more</code> を <code>PATH_INFO</code> とします。</p>
 
-    <p><code class="directive">AcceptPathInfo</code> ディレクティブに指定可能な
-    三つの引数は:</p>
+    <p><code class="directive">AcceptPathInfo</code> ディレクティブに指定可能な
+    三つの引数は:</p>
 
     <dl>
-    <dt><code>Off</code></dt><dd>リクエストは存在するパスにそのまま
-    マップされる場合にのみ受け付けられます。ですから、上の例の
-    <code>/test/here.html/more</code> のように、本当のファイル名の
-    後にパス名情報が続くリクエストには 404 NOT FOUND エラーが返ります。</dd>
-
-    <dt><code>On</code></dt><dd>前の方のパスが存在するファイルにマップする場合は
-    リクエストが受け付けられます。上の例の <code>/test/here.html/more</code>
-    は <code>/test/here.html</code> が有効なファイルにマップすれば
-    受け付けられます。</dd>
+    <dt><code>Off</code></dt><dd>リクエストは存在するパスにそのまま
+    マップされる場合にのみ受け付けられます。ですから、上の例の
+    <code>/test/here.html/more</code> のように、本当のファイル名の
+    後にパス名情報が続くリクエストには 404 NOT FOUND エラーが返ります。</dd>
+
+    <dt><code>On</code></dt><dd>前の方のパスが存在するファイルにマップする場合は
+    リクエストが受け付けられます。上の例の <code>/test/here.html/more</code>
+    は <code>/test/here.html</code> が有効なファイルにマップすれば
+    受け付けられます。</dd>
     
-    <dt><code>Default</code></dt><dd>続きのパス名情報の扱いはリクエストの
-    <a href="../handler.html">ハンドラ</a>で決まります。
-    普通のファイルのためのコアハンドラのデフォルトは <code>PATH_INFO</code> を拒否します。
-    <a href="mod_cgi.html">cgi-script</a> や <a href="mod_isapi.html">isapi-handler</a> のようにスクリプトを扱うハンドラは
-    一般的にデフォルトで <code>PATH_INFO</code> を受け付けます。</dd>
+    <dt><code>Default</code></dt><dd>続きのパス名情報の扱いはリクエストの
+    <a href="../handler.html">ハンドラ</a>で決まります。
+    普通のファイルのためのコアハンドラのデフォルトは <code>PATH_INFO</code> を拒否します。
+    <a href="mod_cgi.html">cgi-script</a> や <a href="mod_isapi.html">isapi-handler</a> のようにスクリプトを扱うハンドラは
+    一般的にデフォルトで <code>PATH_INFO</code> を受け付けます。</dd>
     </dl>
 
-    <p><code>AcceptPathInfo</code> の主な目的はハンドラの <code>PATH_INFO</code> を
-    受け付けるか拒否するかの選択を上書きできるようにすることです。
-    例えば、これは例えば <a href="mod_include.html">INCLUDES</a> のような
-    <a href="../filter.html">フィルタ</a>を使って <code>PATH_INFO</code> に
-    基づいてコンテンツを生成しているときに必要になります。</p>
+    <p><code>AcceptPathInfo</code> の主な目的はハンドラの <code>PATH_INFO</code> を
+    受け付けるか拒否するかの選択を上書きできるようにすることです。
+    例えば、これは例えば <a href="mod_include.html">INCLUDES</a> のような
+    <a href="../filter.html">フィルタ</a>を使って <code>PATH_INFO</code> に
+    基づいてコンテンツを生成しているときに必要になります。</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;Files "mypaths.shtml"&gt;<br />
@@ -160,30 +160,30 @@
 
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AccessFileName" id="AccessFileName">AccessFileName</a> <a name="accessfilename" id="accessfilename">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AccessFileName" id="AccessFileName">AccessFileName</a> <a name="accessfilename" id="accessfilename">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>分散設定ファイルの名前</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AccessFileName <var>filename</var> [<var>filename</var>] ...</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AccessFileName .htaccess</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-</table>
-    <p>リクエストを処理するとき、サーバはディレクトリに
-    対して分散設定ファイルが<a href="#allowoverride">有効になっていれば</a>、
-    そのドキュメントへの
-    パス上にある全てのディレクトリから、ここで指定された名前の一覧の中で
-    最初に見つかったファイルをそれぞれ設定ファイルとして読み込みます。例えば:</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>分散設定ファイルの名前</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AccessFileName <var>filename</var> [<var>filename</var>] ...</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AccessFileName .htaccess</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>リクエストを処理するとき、サーバはディレクトリに
+    対して分散設定ファイルが<a href="#allowoverride">有効になっていれば</a>、
+    そのドキュメントへの
+    パス上にある全てのディレクトリから、ここで指定された名前の一覧の中で
+    最初に見つかったファイルをそれぞれ設定ファイルとして読み込みます。例えば:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       AccessFileName .acl
     </code></p></div>
 
-    <p>という設定があると、以下のようにして無効にされていない限り、
-    ドキュメント <code>/usr/local/web/index.html</code>
-    を返す前に、サーバは <code>/.acl</code>, <code>/usr/.acl</code>,
-    <code>/usr/local/.acl</code>, <code>/usr/local/web/.acl</code> から
-    ディレクティブを読み込みます。</p>
+    <p>という設定があると、以下のようにして無効にされていない限り、
+    ドキュメント <code>/usr/local/web/index.html</code>
+    を返す前に、サーバは <code>/.acl</code>, <code>/usr/.acl</code>,
+    <code>/usr/local/.acl</code>, <code>/usr/local/web/.acl</code> から
+    ディレクティブを読み込みます。</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;Directory /&gt;<br />
@@ -193,33 +193,33 @@
       &lt;/Directory&gt;
     </code></p></div>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
 <li><code class="directive"><a href="#allowoverride">AllowOverride</a></code></li>
-<li><a href="../configuring.html">設定ファイル</a></li>
-<li><a href="../howto/htaccess.html">.htaccess ファイル</a></li>
+<li><a href="../configuring.html">設定ファイル</a></li>
+<li><a href="../howto/htaccess.html">.htaccess ファイル</a></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AddDefaultCharset" id="AddDefaultCharset">AddDefaultCharset</a> <a name="adddefaultcharset" id="adddefaultcharset">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AddDefaultCharset" id="AddDefaultCharset">AddDefaultCharset</a> <a name="adddefaultcharset" id="adddefaultcharset">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>明示的に文字セットを指定していない応答に追加される
-デフォルトの文字セット</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AddDefaultCharset On|Off|<var>charset</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AddDefaultCharset Off</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-</table>
-    <p>このディレクティブは、HTTP ヘッダにコンテントタイプパラメータを
-    持たない応答に追加される文字セットの名前を指定します。
-    これは、ドキュメント内の META タグで指定されたどのような文字セット
-    も無効にします。
-    <code>AddDefaultCharset Off</code> という設定により、この機能は無効になります。
-    <code>AddDefaultCharset On</code> にすれば、ディレクティブの要求通り
-    Apache 内部のデフォルト文字セット <code>iso-8859-1</code> に設定します。
-    また、他の <var>charset</var> も指定できます。例えば:</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>明示的に文字セットを指定していない応答に追加される
+デフォルトの文字セット</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AddDefaultCharset On|Off|<var>charset</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AddDefaultCharset Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>このディレクティブは、HTTP ヘッダにコンテントタイプパラメータを
+    持たない応答に追加される文字セットの名前を指定します。
+    これは、ドキュメント内の META タグで指定されたどのような文字セット
+    も無効にします。
+    <code>AddDefaultCharset Off</code> という設定により、この機能は無効になります。
+    <code>AddDefaultCharset On</code> にすれば、ディレクティブの要求通り
+    Apache 内部のデフォルト文字セット <code>iso-8859-1</code> に設定します。
+    また、他の <var>charset</var> も指定できます。例えば:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       AddDefaultCharset utf-8
@@ -227,34 +227,34 @@
 
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AddOutputFilterByType" id="AddOutputFilterByType">AddOutputFilterByType</a> <a name="addoutputfilterbytype" id="addoutputfilterbytype">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AddOutputFilterByType" id="AddOutputFilterByType">AddOutputFilterByType</a> <a name="addoutputfilterbytype" id="addoutputfilterbytype">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>MIME-type に出力フィルタを割り当てる</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AddOutputFilterByType <var>filter</var>[;<var>filter</var>...] <var>MIME-type</var>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>MIME-type に出力フィルタを割り当てる</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AddOutputFilterByType <var>filter</var>[;<var>filter</var>...] <var>MIME-type</var>
 [<var>MIME-type</var>] ...</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.33 以降で使用可能</td></tr>
-</table>
-    <p>このディレクティブは応答の MIME-type に応じて出力<a href="../filter.html">フィルタ</a>を使用するようにします。</p>
-
-    <p>次の例は <code class="module"><a href="../mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code> の <code>DEFLATE</code> フィルタを
-    使っています。<code>text/html</code> と <code>text/plain</code> の
-    すべての出力 (静的なものも動的なものも) をクライアントに送られる前に
-    圧縮します。</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.33 以降で使用可能</td></tr>
+</table>
+    <p>このディレクティブは応答の MIME-type に応じて出力<a href="../filter.html">フィルタ</a>を使用するようにします。</p>
+
+    <p>次の例は <code class="module"><a href="../mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code> の <code>DEFLATE</code> フィルタを
+    使っています。<code>text/html</code> と <code>text/plain</code> の
+    すべての出力 (静的なものも動的なものも) をクライアントに送られる前に
+    圧縮します。</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       AddOutputFilterByType DEFLATE text/html text/plain
     </code></p></div>
 
-    <p>複数のフィルタでコンテンツを処理させたいときは、それぞれの名前をセミコロンで
-    分ける必要があります。各フィルタに対して
-    <code class="directive">AddOutputFilterByType</code> を一つずつ書くこともできます。</p>
+    <p>複数のフィルタでコンテンツを処理させたいときは、それぞれの名前をセミコロンで
+    分ける必要があります。各フィルタに対して
+    <code class="directive">AddOutputFilterByType</code> を一つずつ書くこともできます。</p>
 
-    <p>次の例は <code>text/html</code> のスクリプトのすべての出力を
-    まず <code>INCLUDES</code> フィルタで処理し、さらに <code>DEFLATE</code> フィルタにかけます。</p>
+    <p>次の例は <code>text/html</code> のスクリプトのすべての出力を
+    まず <code>INCLUDES</code> フィルタで処理し、さらに <code>DEFLATE</code> フィルタにかけます。</p>
 
     <div class="example"><p><code>
     &lt;Location /cgi-bin/&gt;<br />
@@ -265,339 +265,339 @@
     &lt;/Location&gt;
     </code></p></div>
 
-    <div class="warning"><h3>注:</h3>
-      <p><code class="directive">AddOutputFilterByType</code> ディレクティブにより
-      有効にしたフィルタは場合によっては、部分的もしくは完全に適用されないことが
-      あります。例えば、MIME タイプがが決定できないときには
-      <code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code> の設定が同じだったとしても、
-      <code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code> 設定を使うようになります。</p>
-      <p>しかし、確実にフィルタが適用されるようにしたいときは、リソースに
-      明示的にコンテントタイプを割り当てることができます。これには例えば
-      <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#addtype">AddType</a></code> ディレクティブや
-      <code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code> ディレクティブを使います。
-      (nphでない) CGI スクリプトでコンテントタイプを設定するというものでも
-      大丈夫です。</p>
+    <div class="warning"><h3>注:</h3>
+      <p><code class="directive">AddOutputFilterByType</code> ディレクティブにより
+      有効にしたフィルタは場合によっては、部分的もしくは完全に適用されないことが
+      あります。例えば、MIME タイプがが決定できないときには
+      <code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code> の設定が同じだったとしても、
+      <code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code> 設定を使うようになります。</p>
+      <p>しかし、確実にフィルタが適用されるようにしたいときは、リソースに
+      明示的にコンテントタイプを割り当てることができます。これには例えば
+      <code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#addtype">AddType</a></code> ディレクティブや
+      <code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code> ディレクティブを使います。
+      (nphでない) CGI スクリプトでコンテントタイプを設定するというものでも
+      大丈夫です。</p>
 
-      <p>タイプ毎の出力フィルタはプロキシリクエストには決して適用されません。</p>
+      <p>タイプ毎の出力フィルタはプロキシリクエストには決して適用されません。</p>
     </div>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
 <li><code class="directive"><a href="../mod/mod_mime.html#addoutputfilter">AddOutputFilter</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code></li>
-<li><a href="../filter.html">フィルタ</a></li>
+<li><a href="../filter.html">フィルタ</a></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AllowEncodedSlashes" id="AllowEncodedSlashes">AllowEncodedSlashes</a> <a name="allowencodedslashes" id="allowencodedslashes">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AllowEncodedSlashes" id="AllowEncodedSlashes">AllowEncodedSlashes</a> <a name="allowencodedslashes" id="allowencodedslashes">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>URL 中の符号化されたパス分離文字が先に伝えられるのを許可するかどうかを
-決定する</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AllowEncodedSlashes On|Off</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AllowEncodedSlashes Off</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.46 以降で使用可能</td></tr>
-</table>
-    <p><code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> ディレクティブは符号化された
-    パス分離文字 (<code>/</code> は <code>%2F</code>、さらにシステムによっては
-    <code>\</code> に対応する <code>%5C</code>) が存在する URL の使用を
-    許可するかどうかを決定します。通常はそのような URL は 404 (Not found) エラー
-    で拒否されます。</p>
-
-    <p><code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> <code>On</code> による
-    パス分離文字の使用は、<code>PATH_INFO</code> と合わせて
-    使うときに一番役に立ちます。</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>URL 中の符号化されたパス分離文字が先に伝えられるのを許可するかどうかを
+決定する</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AllowEncodedSlashes On|Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AllowEncodedSlashes Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.46 以降で使用可能</td></tr>
+</table>
+    <p><code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> ディレクティブは符号化された
+    パス分離文字 (<code>/</code> は <code>%2F</code>、さらにシステムによっては
+    <code>\</code> に対応する <code>%5C</code>) が存在する URL の使用を
+    許可するかどうかを決定します。通常はそのような URL は 404 (Not found) エラー
+    で拒否されます。</p>
+
+    <p><code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> <code>On</code> による
+    パス分離文字の使用は、<code>PATH_INFO</code> と合わせて
+    使うときに一番役に立ちます。</p>
     <p>Turning <code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> <code>On</code> is
     mostly useful when used in conjunction with <code>PATH_INFO</code>.</p>
 
-    <div class="note"><h3>注</h3>
-      <p>符号化されたスラッシュを許可することは、<em>復号</em>をすることを
-       意味<em>しません</em>。<code>%2F</code> や (関係するシステムでの)
-       <code>%5C</code> は、他の部分が復号された URL の中でもそのままの形式で
-       残されます。</p>
+    <div class="note"><h3>注</h3>
+      <p>符号化されたスラッシュを許可することは、<em>復号</em>をすることを
+       意味<em>しません</em>。<code>%2F</code> や (関係するシステムでの)
+       <code>%5C</code> は、他の部分が復号された URL の中でもそのままの形式で
+       残されます。</p>
     </div>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
 <li><code class="directive"><a href="#acceptpathinfo">AcceptPathInfo</a></code></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AllowOverride" id="AllowOverride">AllowOverride</a> <a name="allowoverride" id="allowoverride">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AllowOverride" id="AllowOverride">AllowOverride</a> <a name="allowoverride" id="allowoverride">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td><code>.htaccess</code> で許可されるディレクティブの種類</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AllowOverride All|None|<var>directive-type</var> 
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td><code>.htaccess</code> で許可されるディレクティブの種類</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AllowOverride All|None|<var>directive-type</var> 
 [<var>directive-type</var>] ...</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AllowOverride All</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-</table>
-    <p>サーバが (<code class="directive"><a href="#accessfilename">AccessFileName</a></code> によって指定された)
-    .htaccess ファイルを見つけた時、そのファイルの中で
-    宣言されたどのディレクティブがより前に定義された設定ディレクティブを
-    上書きできるかを知る必要があります。</p>
-
-    <div class="note"><h3>&lt;Directory&gt; セクションでのみ使用可能</h3>
-    <code class="directive">AllowOverride</code> は正規表現無しの<code class="directive"><a href="#directory">&lt;Directory&gt;</a></code>
-    セクションでのみ有効で、<code class="directive"><a href="#location">&lt;Location&gt;</a></code> や <code class="directive"><a href="#directorymatch">&lt;DirectoryMatch&gt;</a></code>
-    や <code class="directive"><a href="#files">&lt;Files&gt;</a></code> セクションでは無効です。
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>AllowOverride All</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>サーバが (<code class="directive"><a href="#accessfilename">AccessFileName</a></code> によって指定された)
+    .htaccess ファイルを見つけた時、そのファイルの中で
+    宣言されたどのディレクティブがより前に定義された設定ディレクティブを
+    上書きできるかを知る必要があります。</p>
+
+    <div class="note"><h3>&lt;Directory&gt; セクションでのみ使用可能</h3>
+    <code class="directive">AllowOverride</code> は正規表現無しの<code class="directive"><a href="#directory">&lt;Directory&gt;</a></code>
+    セクションでのみ有効で、<code class="directive"><a href="#location">&lt;Location&gt;</a></code> や <code class="directive"><a href="#directorymatch">&lt;DirectoryMatch&gt;</a></code>
+    や <code class="directive"><a href="#files">&lt;Files&gt;</a></code> セクションでは無効です。
     </div>
 
-    <p>このディレクティブを None に設定すると、<a href="#accessfilename">.htaccess</a> ファイルは完全に
-    無視されます。
-    この場合、サーバはファイルシステムの <code>.htaccess</code> ファイルを読むことを
-    試みさえしません。</p>
-
-    <p>このディレクティブが <code>All</code> に設定されている時には、
-    <code>.htaccess</code> という <a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト</a> を持つ
-    全てのディレクティブが利用できます。</p>
+    <p>このディレクティブを None に設定すると、<a href="#accessfilename">.htaccess</a> ファイルは完全に
+    無視されます。
+    この場合、サーバはファイルシステムの <code>.htaccess</code> ファイルを読むことを
+    試みさえしません。</p>
+
+    <p>このディレクティブが <code>All</code> に設定されている時には、
+    <code>.htaccess</code> という <a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト</a> を持つ
+    全てのディレクティブが利用できます。</p>
 
-    <p><var>directive-type</var> には、以下のディレクティブ群の
-    キーワードのどれかを指定します。</p>
+    <p><var>directive-type</var> には、以下のディレクティブ群の
+    キーワードのどれかを指定します。</p>
 
     <dl>
       <dt>AuthConfig</dt>
 
       <dd>
 
-      認証に関するディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="../mod/mod_auth_dbm.html#authdbmgroupfile">AuthDBMGroupFile</a></code>,
+      認証に関するディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="../mod/mod_auth_dbm.html#authdbmgroupfile">AuthDBMGroupFile</a></code>,
       <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth_dbm.html#authdbmuserfile">AuthDBMUserFile</a></code>,
       <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code>,
       <code class="directive"><a href="#authname">AuthName</a></code>, 
-      <code class="directive"><a href="#authtype">AuthType</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code>, <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> <em>など。</em>)。</dd>
+      <code class="directive"><a href="#authtype">AuthType</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code>, <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> <em>など。</em>)。</dd>
 
       <dt>FileInfo</dt>
 
       <dd>
-      ドキュメントタイプを制御するためのディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code>, <code class="directive"><a href="#errordocument">ErrorDocument</a></code>, <code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_negotiation.html#languagepriority">LanguagePriority</a></code>,
+      ドキュメントタイプを制御するためのディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code>, <code class="directive"><a href="#errordocument">ErrorDocument</a></code>, <code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_negotiation.html#languagepriority">LanguagePriority</a></code>,
       <code class="directive"><a href="#sethandler">SetHandler</a></code>, <code class="directive"><a href="#setinputfilter">SetInputFilter</a></code>, <code class="directive"><a href="#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code>, 
-      <code class="module"><a href="../mod/mod_mime.html">mod_mime</a></code> の Add* と Remove*
-      ディレクティブ<em>など。</em>)。</dd>
+      <code class="module"><a href="../mod/mod_mime.html">mod_mime</a></code> の Add* と Remove*
+      ディレクティブ<em>など。</em>)。</dd>
 
       <dt>Indexes</dt>
 
       <dd>
-      ディレクトリインデックスを制御するためのディレクティブの使用を許可する
+      ディレクトリインデックスを制御するためのディレクティブの使用を許可する
       (<code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#adddescription">AddDescription</a></code>,
       <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#addicon">AddIcon</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#addiconbyencoding">AddIconByEncoding</a></code>,
       <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#addiconbytype">AddIconByType</a></code>,
       <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#defaulticon">DefaultIcon</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_dir.html#directoryindex">DirectoryIndex</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#fancyindexing">FancyIndexing</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#headername">HeaderName</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#indexignore">IndexIgnore</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#indexoptions">IndexOptions</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_autoindex.html#readmename">ReadmeName</a></code>
-      <em>など。</em>)。</dd>
+      <em>など。</em>)。</dd>
 
       <dt>Limit</dt>
 
       <dd>
-      ホストへのアクセス制御を行うためのディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="../mod/mod_access.html#allow">Allow</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_access.html#deny">Deny</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_access.html#order">Order</a></code>).</dd>
+      ホストへのアクセス制御を行うためのディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="../mod/mod_access.html#allow">Allow</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_access.html#deny">Deny</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_access.html#order">Order</a></code>).</dd>
 
       <dt>Options</dt>
 
       <dd>
-      特定のディレクトリにおける機能を指定するためのディレクティブの使用を許可する
-      (<code class="directive"><a href="#options">Options</a></code> と
-      <code class="directive"><a href="../mod/mod_include.html#xbithack">XBitHack</a></code>)。</dd>
+      特定のディレクトリにおける機能を指定するためのディレクティブの使用を許可する
+      (<code class="directive"><a href="#options">Options</a></code> と
+      <code class="directive"><a href="../mod/mod_include.html#xbithack">XBitHack</a></code>)。</dd>
     </dl>
 
-    <p>例:</p>
+    <p>例:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       AllowOverride AuthConfig Indexes
     </code></p></div>
 
-    <p>上の例では <code>AuthConfig</code> と <code>Indexes</code> のどちらにも
-    属さないディレクティブはすべて内部サーバエラーを引き起こします。</p>
+    <p>上の例では <code>AuthConfig</code> と <code>Indexes</code> のどちらにも
+    属さないディレクティブはすべて内部サーバエラーを引き起こします。</p>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
 <li><code class="directive"><a href="#accessfilename">AccessFileName</a></code></li>
-<li><a href="../configuring.html">設定ファイル</a></li>
-<li><a href="../howto/htaccess.html">.htaccess ファイル</a></li>
+<li><a href="../configuring.html">設定ファイル</a></li>
+<li><a href="../howto/htaccess.html">.htaccess ファイル</a></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AuthName" id="AuthName">AuthName</a> <a name="authname" id="authname">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AuthName" id="AuthName">AuthName</a> <a name="authname" id="authname">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>HTTP 認証の認可領域 (訳注: realm)</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AuthName <var>auth-domain</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>AuthConfig</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-</table>
-    <p>このディレクティブはディレクトリに対する認可領域 (訳注: realm)
-    の名前を指定します。
-    認可領域は、利用者がどのユーザ名とパスワードを送信すればよいのかを
-    クライアントに教えるために利用します。
-    <code class="directive">AuthName</code> は一つの引数をとり、
-    スペースが含まれる場合には、
-    引用符で括らなければなりません。
-    このディレクティブは
-    <code class="directive"><a href="#authtype">AuthType</a></code> ディレクティブや
-    <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> ディレクティブと、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code> や
-    <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code> などのディレクティブと
-    一緒に利用する必要があります。</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>HTTP 認証の認可領域 (訳注: realm)</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AuthName <var>auth-domain</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>AuthConfig</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>このディレクティブはディレクトリに対する認可領域 (訳注: realm)
+    の名前を指定します。
+    認可領域は、利用者がどのユーザ名とパスワードを送信すればよいのかを
+    クライアントに教えるために利用します。
+    <code class="directive">AuthName</code> は一つの引数をとり、
+    スペースが含まれる場合には、
+    引用符で括らなければなりません。
+    このディレクティブは
+    <code class="directive"><a href="#authtype">AuthType</a></code> ディレクティブや
+    <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> ディレクティブと、
+    <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code> や
+    <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code> などのディレクティブと
+    一緒に利用する必要があります。</p>
 
-   <p>例えば:</p>
+   <p>例えば:</p>
 
    <div class="example"><p><code>
      AuthName "Top Secret"
    </code></p></div>
 
-    <p>ここで <code>AuthName</code> に指定した文字列が、
-    大部分のブラウザのパスワードダイアログに表示されます。</p>
+    <p>ここで <code>AuthName</code> に指定した文字列が、
+    大部分のブラウザのパスワードダイアログに表示されます。</p>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
-<li><a href="../howto/auth.html">認証、承認、アクセス制御</a></li>
+<li><a href="../howto/auth.html">認証、承認、アクセス制御</a></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="AuthType" id="AuthType">AuthType</a> <a name="authtype" id="authtype">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="AuthType" id="AuthType">AuthType</a> <a name="authtype" id="authtype">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>ユーザ認証の種類</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AuthType Basic|Digest</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>AuthConfig</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>ユーザ認証の種類</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>AuthType Basic|Digest</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>AuthConfig</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
-    <p>このディレクティブは対象ディレクトリで利用するユーザー認証の種類を選びます。
-    ただ、現在のところは <code>Basic</code> と <code>Digest</code> しか
-    実装されていません。
+    <p>このディレクティブは対象ディレクトリで利用するユーザー認証の種類を選びます。
+    ただ、現在のところは <code>Basic</code> と <code>Digest</code> しか
+    実装されていません。
 
-    このディレクティブは <code class="directive"><a href="#authname">AuthName</a></code>ディレクティブや
-    <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> ディレクティブと、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code> や <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code> などのディレクティブと
-    一緒に利用する必要があります。</p>
+    このディレクティブは <code class="directive"><a href="#authname">AuthName</a></code>ディレクティブや
+    <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> ディレクティブと、
+    <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code> や <code class="directive"><a href="../mod/mod_auth.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code> などのディレクティブと
+    一緒に利用する必要があります。</p>
 
-<h3>参照</h3>
+<h3>参照</h3>
 <ul>
-<li><a href="../howto/auth.html">認証、承認、アクセス制御</a></li>
+<li><a href="../howto/auth.html">認証、承認、アクセス制御</a></li>
 </ul>
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="CGIMapExtension" id="CGIMapExtension">CGIMapExtension</a> <a name="cgimapextension" id="cgimapextension">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="CGIMapExtension" id="CGIMapExtension">CGIMapExtension</a> <a name="cgimapextension" id="cgimapextension">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>CGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>CGIMapExtension <var>cgi-path</var> <var>.extension</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>None</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>NetWare のみ</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>CGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>CGIMapExtension <var>cgi-path</var> <var>.extension</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>None</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>NetWare のみ</td></tr>
 </table>
-    <p>このディレクティブは Apache が CGI スクリプトを実行するための
-    インタープリタを探す方法を制御します。
-    例えば、<code>CGIMapExtension sys:\foo.nlm .foo</code> と設定すると
-    <code>.foo</code> という拡張子のすべての CGI スクリプトは FOO インタープリタに
-    渡されます。</p>
+    <p>このディレクティブは Apache が CGI スクリプトを実行するための
+    インタープリタを探す方法を制御します。
+    例えば、<code>CGIMapExtension sys:\foo.nlm .foo</code> と設定すると
+    <code>.foo</code> という拡張子のすべての CGI スクリプトは FOO インタープリタに
+    渡されます。</p>
 
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="ContentDigest" id="ContentDigest">ContentDigest</a> <a name="contentdigest" id="contentdigest">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="ContentDigest" id="ContentDigest">ContentDigest</a> <a name="contentdigest" id="contentdigest">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td><code>Content-MD5</code> HTTP 応答ヘッダの生成を有効にする</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>ContentDigest On|Off</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>ContentDigest Off</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>Options</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td><code>Content-MD5</code> HTTP 応答ヘッダの生成を有効にする</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>ContentDigest On|Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>ContentDigest Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>Options</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
-    <p>このディレクティブは、RFC1864 及び RFC2068 において定義されている
-    <code>Content-MD5</code> ヘッダーの生成を有効にします。</p>
+    <p>このディレクティブは、RFC1864 及び RFC2068 において定義されている
+    <code>Content-MD5</code> ヘッダーの生成を有効にします。</p>
 
-    <p>MD5 は、任意長のデータの「メッセージダイジェスト」(「指紋」
-    と表現されることもある) を計算するアルゴリズムで、
-    データの変更があった場合には非常に高い信頼度でメッセージダイジェストに変更が
-    反映されます。</p>
+    <p>MD5 は、任意長のデータの「メッセージダイジェスト」(「指紋」
+    と表現されることもある) を計算するアルゴリズムで、
+    データの変更があった場合には非常に高い信頼度でメッセージダイジェストに変更が
+    反映されます。</p>
 
-    <p><code>Content-MD5</code> ヘッダは、エンドツーエンドで
-    エンティティボディーに含まれるメッセージの完全性チェック
-    (Message Integrity Check - MIC)を提供します。
-    このヘッダを調べることで、プロキシやクライアントは、
-    途中経路におけるエンティティボディの予期せぬ変更などを
-    検出することができます。ヘッダの例:</p>
+    <p><code>Content-MD5</code> ヘッダは、エンドツーエンドで
+    エンティティボディーに含まれるメッセージの完全性チェック
+    (Message Integrity Check - MIC)を提供します。
+    このヘッダを調べることで、プロキシやクライアントは、
+    途中経路におけるエンティティボディの予期せぬ変更などを
+    検出することができます。ヘッダの例:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       Content-MD5: AuLb7Dp1rqtRtxz2m9kRpA==
     </code></p></div>
 
-    <p>リクエスト毎にメッセージダイジェストを計算する (値はキャッシュされません)
-    ことから、
-    サーバパフォーマンスが低下することについて注意してください。</p>
-
-    <p><code>Content-MD5</code>は、<code class="module"><a href="../mod/core.html">core</a></code> 機能により処理された
-    ドキュメントを送るときのみ有効であり、
-    SSI ドキュメントや CGI スクリプトの出力、バイトレンジを指定した
-    応答の場合にはこのヘッダは付与されません。
+    <p>リクエスト毎にメッセージダイジェストを計算する (値はキャッシュされません)
+    ことから、
+    サーバパフォーマンスが低下することについて注意してください。</p>
+
+    <p><code>Content-MD5</code>は、<code class="module"><a href="../mod/core.html">core</a></code> 機能により処理された
+    ドキュメントを送るときのみ有効であり、
+    SSI ドキュメントや CGI スクリプトの出力、バイトレンジを指定した
+    応答の場合にはこのヘッダは付与されません。
     </p>
 
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="DefaultType" id="DefaultType">DefaultType</a> <a name="defaulttype" id="defaulttype">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="DefaultType" id="DefaultType">DefaultType</a> <a name="defaulttype" id="defaulttype">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>サーバがコンテントタイプを決定できないときに
-送られる MIME コンテントタイプ</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>DefaultType <var>MIME-type</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>DefaultType text/plain</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-</table>
-    <p>サーバは、MIME のタイプマップからは決定できない
-    ドキュメントの送信を要求されることがあります。</p>
-
-    <p>サーバは、ドキュメントのコンテントタイプをクライアントに通知する必要が
-    ありますので、このようにタイプが未知の場合は
-    <code>DefaultType</code> で指定されたタイプを利用します。
-    例:</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>サーバがコンテントタイプを決定できないときに
+送られる MIME コンテントタイプ</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>DefaultType <var>MIME-type</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>DefaultType text/plain</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>サーバは、MIME のタイプマップからは決定できない
+    ドキュメントの送信を要求されることがあります。</p>
+
+    <p>サーバは、ドキュメントのコンテントタイプをクライアントに通知する必要が
+    ありますので、このようにタイプが未知の場合は
+    <code>DefaultType</code> で指定されたタイプを利用します。
+    例:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       DefaultType image/gif
     </code></p></div>
 
-    <p>これは <code>.gif</code> という拡張子がファイル名に含まれていない
-    多くの GIF 画像が含まれているディレクトリに適しているでしょう。</p>
+    <p>これは <code>.gif</code> という拡張子がファイル名に含まれていない
+    多くの GIF 画像が含まれているディレクトリに適しているでしょう。</p>
 
-    <p><code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code> ディレクティブと
-    違って、このディレクティブはデフォルトの MIME タイプを提供するだけで
-    あることに注意してください。ファイル名の拡張子を含め、
-    メディアタイプを決定できる他の MIME タイプの定義があれば
-    このデフォルトは上書きされます。</p>
+    <p><code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code> ディレクティブと
+    違って、このディレクティブはデフォルトの MIME タイプを提供するだけで
+    あることに注意してください。ファイル名の拡張子を含め、
+    メディアタイプを決定できる他の MIME タイプの定義があれば
+    このデフォルトは上書きされます。</p>
 
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
-<div class="directive-section"><h2><a name="Directory" id="Directory">&lt;Directory&gt;</a> <a name="directory" id="directory">ディレクティブ</a></h2>
+<div class="directive-section"><h2><a name="Directory" id="Directory">&lt;Directory&gt;</a> <a name="directory" id="directory">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>指定のファイルシステムのディレクトリとサブディレクトリとのみに
-適用されるディレクティブを囲む</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>&lt;Directory <var>directory-path</var>&gt;
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>指定のファイルシステムのディレクトリとサブディレクトリとのみに
+適用されるディレクティブを囲む</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>&lt;Directory <var>directory-path</var>&gt;
 ... &lt;/Directory&gt;</code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-</table>
-    <p>指定されたディレクトリとそのサブディレクトリにのみ
-    ディレクティブを適用させるためには、
-    <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code> と 
-    <code>&lt;/Directory&gt;</code> を対として、ディレクティブ群を囲います。
-    その中には、ディレクトリコンテキストで許可された全てのディレクティブを
-    利用できます。
-    <var>directive-path</var> は、フルパスもしくは Unix のシェル形式の
-    ワイルドカードを指定します。
-    <code>?</code> は任意の 1 文字、<code>*</code> は任意の文字列にマッチします。
-    シェルにおける指定同様、文字の範囲を <code>[]</code> で指定できます。
-    ワイルドカードは `/' 文字にはマッチしませんので、
-    <code>/home/user/public_html</code> には
-    <code>&lt;Directory /*/public_html&gt;</code> はマッチしませんが、
-    <code>&lt;Directory /home/*/public_html&gt;</code> はマッチします。
-    例:</p>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>指定されたディレクトリとそのサブディレクトリにのみ
+    ディレクティブを適用させるためには、
+    <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code> と 
+    <code>&lt;/Directory&gt;</code> を対として、ディレクティブ群を囲います。
+    その中には、ディレクトリコンテキストで許可された全てのディレクティブを
+    利用できます。
+    <var>directive-path</var> は、フルパスもしくは Unix のシェル形式の
+    ワイルドカードを指定します。
+    <code>?</code> は任意の 1 文字、<code>*</code> は任意の文字列にマッチします。
+    シェルにおける指定同様、文字の範囲を <code>[]</code> で指定できます。
+    ワイルドカードは `/' 文字にはマッチしませんので、
+    <code>/home/user/public_html</code> には
+    <code>&lt;Directory /*/public_html&gt;</code> はマッチしませんが、
+    <code>&lt;Directory /home/*/public_html&gt;</code> はマッチします。
+    例:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;Directory /usr/local/httpd/htdocs&gt;<br />
@@ -608,29 +608,29 @@
     </code></p></div>
 
 <div class="note">
-<p><var>directory-path</var> 引数には注意してください: その引数は
-Apache がファイルをアクセスするために使うファイルシステムのパスに
-そのままマッチする必要があります。ある <code>&lt;Directory&gt;</code> に
-適用されるディレクティブは、別のシンボリックリンクをたどったりして
-同じディレクトリを違うパスでアクセスした場合には適用されません。</p>
+<p><var>directory-path</var> 引数には注意してください: その引数は
+Apache がファイルをアクセスするために使うファイルシステムのパスに
+そのままマッチする必要があります。ある <code>&lt;Directory&gt;</code> に
+適用されるディレクティブは、別のシンボリックリンクをたどったりして
+同じディレクトリを違うパスでアクセスした場合には適用されません。</p>
 </div>
 
-    <p><code>~</code> という文字を
-    付加することで拡張正規表現を利用することもできます。
-    例えば:</p>
+    <p><code>~</code> という文字を
+    付加することで拡張正規表現を利用することもできます。
+    例えば:</p>
 
 <div class="example"><p><code>
    &lt;Directory ~ "^/www/.*/[0-9]{3}"&gt;
 </code></p></div>
 
-    <p>といった指定の場合、<code>/www/</code> 以下にある数字
-    3 文字のディレクトリにマッチします。</p>
+    <p>といった指定の場合、<code>/www/</code> 以下にある数字
+    3 文字のディレクトリにマッチします。</p>
 
-    <p>もし複数の (正規表現以外の) <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code>セクションが
-    ドキュメントを含むディレクトリ (やその上位ディレクトリのどれか) とマッチしたならば、
-    <a href="#accessfilename">.htaccess</a> ファイルのディレクティブも読み込みつつ、
-    短いパスから順に適用されます。
-    例えば、</p>
+    <p>もし複数の (正規表現以外の) <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code>セクションが
+    ドキュメントを含むディレクトリ (やその上位ディレクトリのどれか) とマッチしたならば、
+    <a href="#accessfilename">.htaccess</a> ファイルのディレクティブも読み込みつつ、
+    短いパスから順に適用されます。
+    例えば、</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;Directory /&gt;<br />
@@ -646,25 +646,25 @@
       &lt;/Directory&gt;
     </code></p></div>
 
-    <p>と設定し、ドキュメント <code>/home/web/dir/doc.html</code> への
-    アクセスがあった場合には以下のように動作します:</p>
+    <p>と設定し、ドキュメント <code>/home/web/dir/doc.html</code> への
+    アクセスがあった場合には以下のように動作します:</p>
 
     <ul>
-      <li><code>AllowOverride None</code> が適用される。
-      (<code>.htaccess</code> ファイルは無効になる)</li>
+      <li><code>AllowOverride None</code> が適用される。
+      (<code>.htaccess</code> ファイルは無効になる)</li>
 
-      <li><code>AllowOverride FileInfo</code> が適用される
-      (<code>/home</code> ディレクトリに対して)。</li>
+      <li><code>AllowOverride FileInfo</code> が適用される
+      (<code>/home</code> ディレクトリに対して)。</li>
 
       <li><code>/home/.htaccess</code>, <code>/home/web/.htaccess</code>,
-      <code>/home/web/.htaccess</code> の順にそれらのファイル中の
-       FileInfo ディレクティブが適用される。</li>
+      <code>/home/web/.htaccess</code> の順にそれらのファイル中の
+       FileInfo ディレクティブが適用される。</li>
     </ul>
 
-    <p>正規表現は、通常のセクションがすべて適用されるまで
-    考慮されません。
-    その後、全ての正規表現が設定ファイルに現れた順で試されます。
-    例えば、以下のような場合に</p>
+    <p>正規表現は、通常のセクションがすべて適用されるまで
+    考慮されません。
+    その後、全ての正規表現が設定ファイルに現れた順で試されます。
+    例えば、以下のような場合に</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;Directory ~ abc$&gt;<br />
@@ -674,15 +674,15 @@
       &lt;/Directory&gt;
     </code></p></div>
 
-    <p>正規表現のセクションはすべての通常の <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code> と
-    <code>.htaccess</code> の適用が終わるまで考慮されません。
-    その後で、正規表現は <code>/home/abc/public_html/abc</code> にマッチし、
-    対応する <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code> が適用されます。</p>
-
-    <p><strong>Apache のデフォルトでは <code>&lt;Directory /&gt;</code> へのアクセスは
-    <code>Allow from All</code> になっていることに注意してください。
-    これは、URL からマップされたどのファイルでも Apache は送るということです。
-    これは以下のようにして変更することが推奨されています。</strong></p>
+    <p>正規表現のセクションはすべての通常の <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code> と
+    <code>.htaccess</code> の適用が終わるまで考慮されません。
+    その後で、正規表現は <code>/home/abc/public_html/abc</code> にマッチし、
+    対応する <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code> が適用されます。</p>
+
+    <p><strong>Apache のデフォルトでは <code>&lt;Directory /&gt;</code> へのアクセスは
+    <code>Allow from All</code> になっていることに注意してください。

[... 4008 lines stripped ...]


Mime
View raw message