httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r643967 [11/42] - in /httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual: ./ developer/ howto/ mod/ ssl/ style/ style/xsl/util/ vhosts/
Date Wed, 02 Apr 2008 16:47:12 GMT
Copied: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.utf8 (from r643946, httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp)
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.utf8?p2=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.utf8&p1=httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp&r1=643946&r2=643967&rev=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/invoking.html.ja.utf8 [iso-8859-1] Wed Apr  2 09:46:34
2008
@@ -1,26 +1,26 @@
-<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head><!--
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
               This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
         XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
       -->
-<title>Apache の起動 - Apache HTTP サーバ</title>
+<title>Apache の起動 - Apache HTTP サーバ</title>
 <link href="./style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main
stylesheet" />
 <link href="./style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all"
type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="./style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css"
/>
 <link href="./images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
 <body id="manual-page"><div id="page-header">
-<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a>
| <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
-<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
+<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a
href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a
href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> |
<a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
+<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.0</p>
 <img alt="" src="./images/feather.gif" /></div>
 <div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="./images/left.gif"
/></a></div>
 <div id="path">
-<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP
サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a>
&gt; <a href="./">バージョン 2.0</a></div><div id="page-content"><div
id="preamble"><h1>Apache の起動</h1>
+<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP
サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a>
&gt; <a href="./">バージョン 2.0</a></div><div
id="page-content"><div id="preamble"><h1>Apache の起動</h1>
 <div class="toplang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./de/invoking.html" hreflang="de"
rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="./en/invoking.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a>
|
-<a href="./es/invoking.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
+<a href="./es/invoking.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
 <a href="./ja/invoking.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/invoking.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a>
|
 <a href="./ru/invoking.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a></p>
@@ -28,137 +28,137 @@
 <div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
             English version for recent changes.</div>
 
-    <p>Windows 上では、Apache は通常は
-    Windows NT, 2000, XP ではサービスとして、Windows 9x, ME 
-    ではコンソールアプリケーションとして実行されます。
-    詳細に関しては、「<a href="platform/windows.html#winsvc">
-    サービスとして実行する</a>」と「<a href="platform/windows.html#wincons">
-    コンソールアプリケーションとして実行する</a>」をご覧下さい。</p>
-
-    <p>Unixでは、<a href="programs/httpd.html">httpd</a> 
-    プログラムが、バックグラウンドで常にリクエスト処理を行う
-    デーモンとして実行されます。この文書ではどのように
-    <code>httpd</code> を起動するかについて記述しています。</p>
+    <p>Windows 上では、Apache は通常は
+    Windows NT, 2000, XP ではサービスとして、Windows
9x, ME 
+    ではコンソールアプリケーションとして実行されます。
+    詳細に関しては、「<a href="platform/windows.html#winsvc">
+    サービスとして実行する</a>」と「<a
href="platform/windows.html#wincons">
+    コンソールアプリケーションとして実行する</a>」をご覧下さい。</p>
+
+    <p>Unixでは、<a href="programs/httpd.html">httpd</a> 
+    プログラムが、バックグラウンドで常にリクエスト処理を行う
+    デーモンとして実行されます。この文書ではどのように
+    <code>httpd</code> を起動するかについて記述しています。</p>
 </div>
-<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif"
/> <a href="#startup">Apache の起動方法</a></li>
-<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#errors">起動時のエラー</a></li>
-<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#boot">ブート時の起動</a></li>
-<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#info">追加情報</a></li>
-</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="stopping.html">停止と再起動</a></li><li><a
href="programs/httpd.html">httpd</a></li><li><a href="programs/apachectl.html">apachectl</a></li></ul></div>
+<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif"
/> <a href="#startup">Apache の起動方法</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#errors">起動時のエラー</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#boot">ブート時の起動</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#info">追加情報</a></li>
+</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="stopping.html">停止と再起動</a></li><li><a
href="programs/httpd.html">httpd</a></li><li><a href="programs/apachectl.html">apachectl</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif"
/></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="startup" id="startup">Apache の起動方法</a></h2>
+<h2><a name="startup" id="startup">Apache の起動方法</a></h2>
 
-    <p>もし、設定ファイル中で指定されている
+    <p>もし、設定ファイル中で指定されている
     <code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>
-    がデフォルトの 80 (もしくは 1024 以下の他のポート)
-    である場合は、Apache を起動するためには root
-    権限が必要になりますが、
-    これはこの特権ポートにバインドするためです。
-    起動して、一度ログファイルを開くといった準備のための
-    動作を幾つか実行した後は、クライアントからのリクエストに対する
-    listen と応答を実際に行う<em>子</em>プロセスを起動します。
-    メインの <code>httpd</code> プロセスは root 権限で走り続けますが、
-    子プロセスはもっと低い権限で走ります。
-    これは選択した<a href="mpm.html">マルチプロセッシングモジュール</a>で制御されます。</p>
+    がデフォルトの 80 (もしくは 1024 以下の他のポート)
+    である場合は、Apache を起動するためには
root
+    権限が必要になりますが、
+    これはこの特権ポートにバインドするためです。
+    起動して、一度ログファイルを開くといった準備のための
+    動作を幾つか実行した後は、クライアントからのリクエストに対する
+    listen と応答を実際に行う<em>子</em>プロセスを起動します。
+    メインの <code>httpd</code> プロセスは
root 権限で走り続けますが、
+    子プロセスはもっと低い権限で走ります。
+    これは選択した<a href="mpm.html">マルチプロセッシングモジュール</a>で制御されます。</p>
 
-    <p>推奨の <code>httpd</code> 実行プログラムの起動方法は、
+    <p>推奨の <code>httpd</code> 実行プログラムの起動方法は、
     <a href="programs/apachectl.html">apachectl</a>
-    制御スクリプトを使用する方法です。このスクリプトは、<code>httpd</code>

-    がオペレーティングシステム上で正常に動作するように必要な環境変数を
-    適切に設定して、<code>httpd</code> バイナリを起動します。
-    <code>apachectl</code> はどんなコマンドライン引数も通過させますので、
-    <code>httpd</code> のどのコマンドラインオプションも
-    <code>apchectl</code> のオプションとして使用できます。
-    また、<code>apchectl</code> スクリプトを直接編集し、
-    スクリプト先頭付近の <code>HTTPD</code> 変数を変更することで、
-    <code>httpd</code> バイナリの正しい位置を指定したり、<em>常に</em>
-    付加させるコマンドライン引数を指定したりすることができます。</p>
-
-    <p><code>httpd</code> が起動されてまず最初にすることは、
-    <a href="configuring.html">設定ファイル</a>
-    <code>httpd.conf</code> の位置を特定して読み込むことです。
-    このファイルの位置はコンパイル時に設定されますが、実行時に
-    <code>-f</code> コマンドラインオプションを使って
-    位置を指定することもできます。例えば次のようにです。</p>
+    制御スクリプトを使用する方法です。このスクリプトは、<code>httpd</code>

+    がオペレーティングシステム上で正常に動作するように必要な環境変数を
+    適切に設定して、<code>httpd</code> バイナリを起動します。
+    <code>apachectl</code> はどんなコマンドライン引数も通過させますので、
+    <code>httpd</code> のどのコマンドラインオプションも
+    <code>apchectl</code> のオプションとして使用できます。
+    また、<code>apchectl</code> スクリプトを直接編集し、
+    スクリプト先頭付近の <code>HTTPD</code>
変数を変更することで、
+    <code>httpd</code> バイナリの正しい位置を指定したり、<em>常に</em>
+    付加させるコマンドライン引数を指定したりすることができます。</p>
+
+    <p><code>httpd</code> が起動されてまず最初にすることは、
+    <a href="configuring.html">設定ファイル</a>
+    <code>httpd.conf</code> の位置を特定して読み込むことです。
+    このファイルの位置はコンパイル時に設定されますが、実行時に
+    <code>-f</code> コマンドラインオプションを使って
+    位置を指定することもできます。例えば次のようにです。</p>
 
 <div class="example"><p><code>/usr/local/apache2/bin/apachectl -f
       /usr/local/apache2/conf/httpd.conf</code></p></div>
 
-    <p>スタートアップが万事上手くいったら、サーバはターミナルから
-    切り離されて、コマンドプロンプトが即座に戻ってくるでしょう。
-    これはサーバが起動している状態を示しています。
-    その後はブラウザでサーバに接続して、
+    <p>スタートアップが万事上手くいったら、サーバはターミナルから
+    切り離されて、コマンドプロンプトが即座に戻ってくるでしょう。
+    これはサーバが起動している状態を示しています。
+    その後はブラウザでサーバに接続して、
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code>
-    ディレクトリのテストページやそこからリンクされている
-    ローカルのドキュメントを見ることができるでしょう。</p>
+    ディレクトリのテストページやそこからリンクされている
+    ローカルのドキュメントを見ることができるでしょう。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif"
/></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="errors" id="errors">起動時のエラー</a></h2>
+<h2><a name="errors" id="errors">起動時のエラー</a></h2>
 
-    <p>Apache は、起動時に致命的な問題に遭遇すると、
-    終了する前に、コンソールか
+    <p>Apache は、起動時に致命的な問題に遭遇すると、
+    終了する前に、コンソールか
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#errorlog">ErrorLog</a></code>
-    のどちらかに問題を記述したメッセージを出力します。
-    最もよくあるエラーメッセージは
-    「<code>Unable to bind to Port ...</code>」
-    です。このメッセージは普通は次のどちらかが原因です。</p>
+    のどちらかに問題を記述したメッセージを出力します。
+    最もよくあるエラーメッセージは
+    「<code>Unable to bind to Port ...</code>」
+    です。このメッセージは普通は次のどちらかが原因です。</p>
 
     <ul>
-      <li>root でログインしていない時に、
-      特権ポートでサーバを起動しようとした。</li>
+      <li>root でログインしていない時に、
+      特権ポートでサーバを起動しようとした。</li>
 
-      <li>同じポートに既にバインドされている Apache
-      がもう一つあるときや他のウェブサーバが存在している時に、
-      サーバを開始しようとした。</li>
+      <li>同じポートに既にバインドされている
Apache
+      がもう一つあるときや他のウェブサーバが存在している時に、
+      サーバを開始しようとした。</li>
     </ul>
 
-    <p>より多くの問題解決の方策の説明は、
-    Apache <a href="faq/">FAQ</a> をご覧下さい。</p>
+    <p>より多くの問題解決の方策の説明は、
+    Apache <a href="faq/">FAQ</a> をご覧下さい。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif"
/></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="boot" id="boot">ブート時の起動</a></h2>
+<h2><a name="boot" id="boot">ブート時の起動</a></h2>
 
-    <p>システムがリブートした後でも
-    サーバが実行され続けるようにしたい場合は、
+    <p>システムがリブートした後でも
+    サーバが実行され続けるようにしたい場合は、
     <code>apachectl</code>
-    を呼び出すものをシステムスタートアップファイル
-    (通常 <code>rc.local</code> や <code>rc.N</code>
-    内のファイル) に追加しなければなりません。
-    この方法では Apache を root 権限で起動します。
-    これをする前に、セキュリティやアクセス制限が
-    適切に設定されていていることを確認してください。</p>
+    を呼び出すものをシステムスタートアップファイル
+    (通常 <code>rc.local</code> や <code>rc.N</code>
+    内のファイル) に追加しなければなりません。
+    この方法では Apache を root 権限で起動します。
+    これをする前に、セキュリティやアクセス制限が
+    適切に設定されていていることを確認してください。</p>
 
-    <p><code>apachectl</code> スクリプトは通常は、標準的な
SysV init 
-    スクリプトとして動作するように設計されています。
+    <p><code>apachectl</code> スクリプトは通常は、標準的な
SysV init 
+    スクリプトとして動作するように設計されています。
     <code>start</code>, <code>restart</code>, <code>stop</code>
-    といった引数をとって、<code>httpd</code> 
-    への適切なシグナルに変換します。
-    ですから、通常は単に適切な init ディレクトリ内から
-    <code>apachectl</code> へリンクすることができます。しかし、
-    念のためシステムの要求に合致していることを確認してください。</p>
+    といった引数をとって、<code>httpd</code>

+    への適切なシグナルに変換します。
+    ですから、通常は単に適切な init ディレクトリ内から
+    <code>apachectl</code> へリンクすることができます。しかし、
+    念のためシステムの要求に合致していることを確認してください。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif"
/></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="info" id="info">追加情報</a></h2>
+<h2><a name="info" id="info">追加情報</a></h2>
 
-    <p><a href="programs/httpd.html">httpd</a> や
+    <p><a href="programs/httpd.html">httpd</a> や
     <a href="programs/apachectl.html">apachectl</a>
-    、サーバに含まれていたその他補助プログラムの、
-    コマンドラインオプションに関する追加情報は、
-    <a href="programs/">サーバと補助プログラム</a>ページに
-    記載されています。
-    Apache 配布に含まれている全<a href="mod/">モジュール</a>、
-    それによって提供される<a href="mod/directives.html">ディレクティブ</a>
-    のドキュメントもあります。</p>
+    、サーバに含まれていたその他補助プログラムの、
+    コマンドラインオプションに関する追加情報は、
+    <a href="programs/">サーバと補助プログラム</a>ページに
+    記載されています。
+    Apache 配布に含まれている全<a href="mod/">モジュール</a>、
+    それによって提供される<a href="mod/directives.html">ディレクティブ</a>
+    のドキュメントもあります。</p>
 </div></div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./de/invoking.html" hreflang="de"
rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
 <a href="./en/invoking.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a>
|
-<a href="./es/invoking.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
+<a href="./es/invoking.html" hreflang="es" rel="alternate" title="Español">&nbsp;es&nbsp;</a>
|
 <a href="./ja/invoking.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/invoking.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a>
|
 <a href="./ru/invoking.html" hreflang="ru" rel="alternate" title="Russian">&nbsp;ru&nbsp;</a></p>
 </div><div id="footer">
 <p class="apache">Copyright 2008 The Apache Software Foundation.<br />Licensed
under the <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version
2.0</a>.</p>
-<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a>
| <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a>
| <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
+<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a
href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a
href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> |
<a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div>
 </body></html>

Modified: httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/logs.html
URL: http://svn.apache.org/viewvc/httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/logs.html?rev=643967&r1=643966&r2=643967&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/logs.html (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.0.x/docs/manual/logs.html Wed Apr  2 09:46:34 2008
@@ -6,9 +6,9 @@
 Content-Language: es
 Content-type: text/html; charset=ISO-8859-1
 
-URI: logs.html.ja.euc-jp
+URI: logs.html.ja.utf8
 Content-Language: ja
-Content-type: text/html; charset=EUC-JP
+Content-type: text/html; charset=UTF-8
 
 URI: logs.html.ko.euc-kr
 Content-Language: ko



Mime
View raw message