httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From n.@apache.org
Subject svn commit: r398128 [1/2] - in /httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual: ./ developer/ howto/ mod/
Date Sat, 29 Apr 2006 12:10:37 GMT
Author: nd
Date: Sat Apr 29 05:10:33 2006
New Revision: 398128

URL: http://svn.apache.org/viewcvs?rev=398128&view=rev
Log:
update transformation

Modified:
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/developer/modules.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.xml.meta
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/howto/ssi.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.xml.meta
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.xml.meta
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.meta
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_autoindex.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_expires.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_status.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_userdir.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/quickreference.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mpm.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mpm.xml.meta
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/urlmapping.html.ja.euc-jp
    httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/urlmapping.xml.meta

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/developer/modules.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/developer/modules.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/developer/modules.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/developer/modules.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -227,7 +227,7 @@
       <dd>(プロトコルの処理)</dd>
 
       <dt><code>ap_hook_child_init</code></dt>
-      <dd>(子プロセル起動直後)</dd>
+      <dd>(子プロセス起動直後)</dd>
 
       <dt><code>ap_hook_create_request</code></dt>
       <dd>(??)</dd>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -10,7 +10,7 @@
 <link href="./style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
 <link href="./style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" />
 <link href="./images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
-<body id="manual-page" class="no-sidebar"><div id="page-header">
+<body id="manual-page"><div id="page-header">
 <p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="./faq/">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
 <p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.2</p>
 <img alt="" src="./images/feather.gif" /></div>
@@ -24,51 +24,110 @@
 <a href="./ja/filter.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/filter.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a></p>
 </div>
-<div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
-            English version for recent changes.</div>
 
     <p>Apache でのフィルタの使い方について記述しています。</p>
   </div>
+<div id="quickview"><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#intro">Apache 2 のフィルタ</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#smart">スマートフィルタ</a></li>
+<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#using">フィルタの使い方</a></li>
+</ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
-<h2><a name="filters" id="filters">フィルタ</a></h2>
+<h2><a name="intro" id="intro">Apache 2 のフィルタ</a></h2>
     
-    <table class="related"><tr><th>関連モジュール</th><th>関連ディレクティブ</th></tr><tr><td><ul><li><code class="module"><a href="./mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code></li></ul></td><td><ul><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#addinputfilter">AddInputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#addoutputfilter">AddOutputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#removeinputfilter">RemoveInputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#removeoutputfilter">RemoveOutputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_ext_filter.html#extfilterdefine">ExtFilterDefine</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_ext_filter
 .html#extfilteroptions">ExtFilterOptions</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#setinputfilter">SetInputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code></li></ul></td></tr></table>
+    <table class="related"><tr><th>関連モジュール</th><th>関連ディレクティブ</th></tr><tr><td><ul><li><code class="module"><a href="./mod/mod_filter.html">mod_filter</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_charset_lite.html">mod_charset_lite</a></code></li></ul></td><td><ul><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterchain">FilterChain</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterdeclare">FilterDeclare</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterprotocol">FilterProtocol</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterprovider">FilterProvider</a></code></li><li><c
 ode class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#addinputfilter">AddInputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#addoutputfilter">AddOutputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#removeinputfilter">RemoveInputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#removeoutputfilter">RemoveOutputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_ext_filter.html#extfilterdefine">ExtFilterDefine</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_ext_filter.html#extfilteroptions">ExtFilterOptions</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#setinputfilter">SetInputFilter</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code></li></ul></td></tr></table>
 
-    <p><em>フィルタ</em> とは、サーバが送受信したデータに
-    適用される処理プロセスのことをいいます。クライアントからサーバに
-    送られたデータは <em>入力フィルタ</em> によって、サーバから
-    クライアントに送られるデータは<em>出力フィルタ</em>によって
-    処理されます。複数のフィルタを適用することができ、
-    その順番を厳密に指定することもできます。</p>
-
-    <p>Apache 内部では、チャンク (データのぶつ切り) を行ったり、
-    バイト範囲の指定されたリクエストを扱ったりといった機能を
-    行う際に、フィルタが使われています。それに加えて、
-    実行時の設定ディレクティブで選択が可能なフィルタを
-    モジュールが提供できます。
-    データに適応されるフィルタのセットは、
+<p>Apache 2.0 以降ではフィルタチェイン機能が使え、データが
+どこから来るかに関わらず、非常に柔軟で調整しやすい方法で
+入出力データを処理できます。
+入力データをプリプロセスしたり出力データをポストプロセスしたりできます。
+この処理は、これまでのリクエスト処理フェーズとは根本的に独立した
+処理になります。</p>
+<p class="figure">
+<img src="images/filter_arch.png" width="569" height="392" alt="Filters can be chained, in a Data Axis orthogonal to request processing" />
+</p>
+<p>Apache の標準的なディストリビューションでのフィルタ例は :</p>
+<ul>
+<li><code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code> で、サーバサイドインクルード SSI を実装しています</li>
+<li><code class="module"><a href="./mod/mod_ssl.html">mod_ssl</a></code> で、SSL 暗号化 (https) を実装しています。</li>
+<li><code class="module"><a href="./mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code> で、on-the-fly のデータ圧縮・展開機能を実装しています。</li>
+<li><code class="module"><a href="./mod/mod_charset_lite.html">mod_charset_lite</a></code> で、異なる文字セット間の変換を実装しています。</li>
+<li><code class="module"><a href="./mod/mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></code> で、外部プログラムをフィルタとして実行します。</li>
+</ul>
+<p>チャンキングやバイトレンジ処理といった処理を行うために
+Apache は、内部的にいくつかのフィルタを使っています。</p>
+
+<p>様々なアプリケーションがサードパーティ製のフィルタモジュールとして
+実装されていて、<a href="http://modules.apache.org/">modules.apache.org</a>
+などから取得できます。たとえば :</p>
+
+<ul>
+<li>HTML や XML の処理と書き換え</li>
+<li>XSLT 変換と XIncludes</li>
+<li>XML 名前空間のサポート</li>
+<li>ファイルアップロード処理や HTML フォームのデコード</li>
+<li>画像処理</li>
+<li>PHP スクリプトなどのアプリケーションに対する保護機能</li>
+<li>テキストの検索置換・編集機能</li>
+</ul>
+</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="smart" id="smart">スマートフィルタ</a></h2>
+
+<p class="figure">
+<img src="images/mod_filter_new.png" width="423" height="331" alt="Smart filtering applies different filter providers according to the state of request processing" />
+</p>
+<p>Apache 2.1 移行に含まれる <code class="module"><a href="./mod/mod_filter.html">mod_filter</a></code> では、
+実行時に動的にフィルタチェインを有効にできます。
+ですからたとえば、HTML を HTML フィルタで、JPEG 画像をそれとは
+全く別のフィルタで、書き換えるようなプロクシを設定することもできます。
+その上、そのプロクシはどのオリジンサーバがコンテンツを送信するか
+事前情報無しでいいように構成できます。
+これは、実行時に実際のコンテンツに応じて別々のフィルタプロバイダに
+ディスパッチするフィルタハーネスを使うことで実現されています。
+チェインの中に直接入れて無条件に適用したり、動的にプロバイダとして
+適用するようにしたりすることは、どんなフィルタでもできます。
+たとえば、</p>
+<ul>
+<li>HTML 処理フィルタはコンテントが text/html あるいは
+application/xhtml+xml の場合にのみ実行されます</li>
+<li>圧縮フィルタは圧縮可能な入力で、非圧縮状態のものに
+対してのみ実行されます</li>
+<li>文字セット変換フィルタはテキスト文書が
+希望の文字セットになっていない場合に挿入されます</li>
+</ul>
+</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
+<div class="section">
+<h2><a name="using" id="using">フィルタの使い方</a></h2>
+
+<p>フィルタの使い方には二つの方法があります: シンプルとダイナミック。
+一般的にはどちらかのみを使ったほうがよいでしょう。
+これらを組み合わせて使用すると、予期しない結果になるかもしれません。
+(とはいえ、シンプルな入力フィルタとシンプルあるいはダイナミックな
+出力フィルタを組み合わせることは自由に出来ます。)</p>
+<p>シンプルな方法は、入力フィルタのみを設定し、必要に応じて
+静的なフィルタチェインを出力フィルタとして設定する方法です。
+関連するディレクティブは、
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#setinputfilter">SetInputFilter</a></code>,
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code>,
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#addinputfilter">AddInputFilter</a></code>,
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#addoutputfilter">AddOutputFilter</a></code>,
     <code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#removeinputfilter">RemoveInputFilter</a></code>,
     <code class="directive"><a href="./mod/mod_mime.html#removeoutputfilter">RemoveOutputFilter</a></code>
-    ディレクティブで制御できます。</p>
-
-    <p>現行の Apache HTTP サーバの配布では、
-    次のユーザ選択可能なフィルタが提供されています。</p>
+    になります。</p>
 
-    <dl>
-      <dt>INCLUDES</dt>
-      <dd><code class="module"><a href="./mod/mod_include.html">mod_include</a></code> で Server-Side Include をします。</dd>
-      <dt>DEFLATE</dt>
-      <dd><code class="module"><a href="./mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code>
-      を使って、クライアントに送信する前に出力を圧縮します。</dd>
-    </dl>
+<p>ダイナミックな方法は、静的なものとフレキシブルなものを両方有効にする
+方法で、<code class="module"><a href="./mod/mod_filter.html">mod_filter</a></code> のページで述べられています。
+関連するディレクティブは、
+    <code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterchain">FilterChain</a></code>,
+    <code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterdeclare">FilterDeclare</a></code>, 
+    <code class="directive"><a href="./mod/mod_filter.html#filterprovider">FilterProvider</a></code>
+    になります。</p>
+
+<p>ディレクティブ <code class="directive"><a href="./mod/core.html#addoutputfilterbytype">AddOutputFilterByType</a></code>
+はまだサポートされていますが、種々の問題をはらんでおり、非推奨です。
+ダイナミックな設定方法を代わりに使ってください。</p>
 
-    <p>また、<code class="module"><a href="./mod/mod_ext_filter.html">mod_ext_filter</a></code> モジュールで
-    外部プログラムをフィルタとして指定することができます。</p>
   </div></div>
 <div class="bottomlang">
 <p><span>Available Languages: </span><a href="./en/filter.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.xml.meta
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.xml.meta?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.xml.meta (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/filter.xml.meta Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -9,7 +9,7 @@
     <variant>en</variant>
     <variant outdated="yes">es</variant>
     <variant outdated="yes">fr</variant>
-    <variant outdated="yes">ja</variant>
+    <variant>ja</variant>
     <variant outdated="yes">ko</variant>
   </variants>
 </metafile>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/howto/ssi.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/howto/ssi.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/howto/ssi.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/howto/ssi.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -254,7 +254,7 @@
 
 
     <p>もし数ページを超えるページを持つサイトを管理しているならば、
-    全ページに対して変項を行なうことが本当に苦痛となり得ることが
+    全ページに対して変更を行なうことが本当に苦痛となり得ることが
     分かるでしょう。全てのページに渡ってある種の標準的な外観を
     維持しようとしているならば特にそうでしょう。</p>
 

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -25,17 +25,15 @@
 <a href="./ja/install.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/install.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a></p>
 </div>
-<div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
-            English version for recent changes.</div>
 
 
     <p>この文書で扱う範囲は、Unix や Unix に類似したシステムでの
-    Apache のコンパイルとインストールです。 Windows における
+    Apache HTTPd サーバのコンパイルとインストールです。 Windows における
     コンパイルとインストールに関しては「<a href="platform/windows.html">Microsoft
-    Windows で Apache を使う</a>」をご覧下さい。
+    Windows で Apache HTTPd を使う</a>」をご覧下さい。
     その他のプラットホームに関しては「<a href="platform/">プラットホーム</a>」をご覧下さい。</p>
 
-    <p>Apache 2.0 では他の Open Source プロジェクトと同様、
+    <p>Apache HTTPd では他の Open Source プロジェクトと同様、
     ビルド環境構築に <code>libtool</code> と <code>autoconf</code>
     を使うようになっています。</p>
 
@@ -54,7 +52,7 @@
 <li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#customize">カスタマイズ</a></li>
 <li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#test">テスト</a></li>
 <li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#upgrading">アップグレード</a></li>
-</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="programs/configure.html">ソースツリーの設定</a></li><li><a href="invoking.html">Apacheの起動</a></li><li><a href="stopping.html">Apacheの停止と再起動</a></li></ul></div>
+</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="programs/configure.html">ソースツリーの設定</a></li><li><a href="invoking.html">Apache HTTPd の起動</a></li><li><a href="stopping.html">Apache HTTPd の停止と再起動</a></li></ul></div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
 <h2><a name="overview" id="overview">概要 (せっかちな人向け)</a></h2>
@@ -114,13 +112,13 @@
     置き換えてください。<em>PREFIX</em> を指定しなかった場合は、
     デフォルトの <code>/usr/local/apache2</code> になります。</p>
 
-    <p>Apache httpd のコンパイルとインストールに必要なものをはじめとして、
+    <p>Apache HTTP サーバのコンパイルとインストールに必要なものをはじめとして、
     コンパイルとインストールについては、次に詳しく記述されています。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
 <h2><a name="requirements" id="requirements">必要なもの</a></h2>
 
-    <p>Apache のビルドには次のものが必要です:</p>
+    <p>Apache HTTPd のビルドには次のものが必要です:</p>
 
     <dl>
       <dt>ディスクスペース</dt>
@@ -158,10 +156,10 @@
       明示的に指定すると良いでしょう。
       <code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code> スクリプトで Perl 5 インタプリタが
       見つからない場合は、この影響を受けるサポートスクリプトが使えなくなります。
-      もちろん、Apache httpd のコンパイルとインストールは問題なく行えます。</dd>
+      もちろん、Apache HTTPd のコンパイルとインストールは問題なく行えます。</dd>
 
       <dt><a href="http://apr.apache.org">apr/apr-util &gt;= 1.2</a></dt>
-      <dd><code>apr</code> と <code>apr-util</code> は Apache httpd
+      <dd><code>apr</code> と <code>apr-util</code> は Apache HTTPd
       ソースリリースに同梱されていますし、どんな環境でもほぼ問題なく
       使えるはずです。ただし <code>apr</code> と <code>apr-util</code>
       のバージョン 1.0 や 1.1 がシステムの一部として既にインストールされている場合、
@@ -169,24 +167,25 @@
       httpd を隔離した環境でビルドする必要があります。
       バンドルされている <code>apr</code>/<code>apr-util</code> を使って
       アップグレードする場合は、これらを手動でインストールする必要があります :
-<div class="example"><p><code>
-# Build and install apr 1.2<br />
-cd srclib/apr<br />
-./configure --prefix=/usr/local/apr-httpd/<br />
-make<br />
-make install<br />
-<br />
-# Build and install apr-util 1.2<br />
-cd ../apr-util<br />
-./configure --prefix=/usr/local/apr-util-httpd/ --with-apr=/usr/local/apr-httpd
-/<br />
-make<br />
-make install<br />
-<br />
-# Configure httpd<br />
-cd ../../<br />
-./configure --with-apr=/usr/local/apr-httpd/ --with-apr-util=/usr/local/apr-util-httpd/<br />
-</code></p></div>
+      <div class="example"><p><code>
+        # Build and install apr 1.2<br />
+        cd srclib/apr<br />
+        ./configure --prefix=/usr/local/apr-httpd/<br />
+        make<br />
+        make install<br />
+        <br />
+        # Build and install apr-util 1.2<br />
+        cd ../apr-util<br />
+        ./configure --prefix=/usr/local/apr-util-httpd/ 
+          --with-apr=/usr/local/apr-httpd/<br />
+        make<br />
+        make install<br />
+        <br />
+        # Configure httpd<br />
+        cd ../../<br />
+        ./configure --with-apr=/usr/local/apr-httpd/ 
+          --with-apr-util=/usr/local/apr-util-httpd/
+      </code></p></div>
       </dd>
     </dl>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
@@ -196,7 +195,7 @@
     <p>Apache HTTP サーバは <a href="http://httpd.apache.org/download.cgi">Apache HTTP
     サーバダウンロードサイト</a>からダウンロードできますし、
     同じ場所に幾つかのミラーサイトもリストしています。
-    UNIX に類似するシステムで Apache を使うユーザは、ソースを
+    UNIX に類似するシステムで Apache HTTPd を使うユーザは、ソースを
     ダウンロードしてビルドしたほうが良いでしょう。
     ビルドの手順(下記)は簡単ですし、そのおかげでニーズに
     見合ったカスタマイズを簡単にできます。
@@ -218,14 +217,14 @@
 <div class="section">
 <h2><a name="extract" id="extract">展開</a></h2>
 
-    <p>Apache HTTPD の tarball
+    <p>Apache HTTPd の tarball
     からソースファイルを展開して取り出すとは、
     単なる圧縮の解除と tar の展開です:</p>
 
-<div class="example"><p><code>
-$ gzip -d httpd-<em>NN</em>.tar.gz<br />
-$ tar xvf httpd-<em>NN</em>.tar
-</code></p></div>
+    <div class="example"><p><code>
+      $ gzip -d httpd-<em>NN</em>.tar.gz<br />
+      $ tar xvf httpd-<em>NN</em>.tar
+    </code></p></div>
 
     <p>配布用のソースコードがある現在いるディレクトリの下に、
     新しいディレクトリが作られます。
@@ -236,12 +235,12 @@
 <h2><a name="configure" id="configure">ソースツリーを設定する</a></h2>
 
     <p>次のステップは、あなたのプラットホームと
-    個人的な要求に合うように Apache
+    個人的な要求に合うように Apache HTTPd
     ソースツリーを設定することです。
     これは配布ディレクトリのルートディレクトリにある、
     <code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code>
     スクリプトで行ないます。
-     (Apache ソースツリーの未リリース
+     (Apache HTTPd ソースツリーの未リリース
     版をダウンロードした開発者は、次のステップに進む前に
     <code>autoconf</code> と<code>libtool</code>
     をインストールして <code>buildconf</code>
@@ -253,15 +252,15 @@
     デフォルトオプションを変更できるように、<code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code>
     には様々な変数やコマンドラインオプションが用意されています。</p>
 
-    <p>最も重要なオプションは、Apache がこの後でインストールされる位置
-    <code>--prefix</code> です。Apache は、このインストール位置に
+    <p>最も重要なオプションは、Apache HTTPd がこの後でインストールされる位置
+    <code>--prefix</code> です。Apache HTTPd は、このインストール位置に
     おいて正常に動作するように設定しなければならないからです。
     さらに詳細なファイル位置の制御は追加の <a href="programs/configure.html#installationdirectories">設定オプション
     </a> でできます。</p>
 
     <p>この時点で、<a href="mod/">モジュール</a> を有効にしたり
-    無効にしたりすることで Apache 本体に含まれる <a href="programs/configure.html#optionalfeatures">機能</a>
-    を指定できます。Apache 本体にはデフォルトで、モジュールの <a href="mod/module-dict.html#Status">Base</a> セットが
+    無効にしたりすることで Apache HTTPd 本体に含まれる <a href="programs/configure.html#optionalfeatures">機能</a>
+    を指定できます。Apache HTTPd 本体にはデフォルトで、モジュールの <a href="mod/module-dict.html#Status">Base</a> セットが
     含まれます。その他のモジュールは 
     <code>--enable-<var>module</var></code> オプションで
     有効になります。ここで <var>module</var> はモジュールの名前で、
@@ -291,12 +290,12 @@
     <code class="module"><a href="./mod/mod_speling.html">mod_speling</a></code> を後で DSO 
     メカニズムでロードするようにコンパイルしてみます:</p>
 
-<div class="example"><p><code>
+    <div class="example"><p><code>
       $ CC="pgcc" CFLAGS="-O2" \<br />
        ./configure --prefix=/sw/pkg/apache \<br />
        --enable-rewrite=shared \<br />
        --enable-speling=shared
-</code></p></div>
+    </code></p></div>
 
     <p><code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code> を実行したら、システムの機能を
     テストしたり、後でサーバをコンパイルするために必要な Makefile
@@ -309,7 +308,7 @@
 <div class="section">
 <h2><a name="compile" id="compile">ビルド</a></h2>
 
-    <p>これで Apache の様々なパーツをビルドすることができます。
+    <p>これで Apache HTTPd の様々なパーツをビルドすることができます。
     次のコマンドを単純に実行するだけです:</p>
 
 <div class="example"><p><code>$ make</code></p></div>
@@ -340,7 +339,7 @@
 
 <div class="example"><p><code>$ vi <em>PREFIX</em>/conf/httpd.conf</code></p></div>
 
-    <p><a href="./">docs/manual/</a> の Apache マニュアルをざっと見てください。
+    <p><a href="./">docs/manual/</a> の Apache HTTP サーバマニュアルをざっと見てください。
     または、<a href="http://httpd.apache.org/docs/2.2/">http://httpd.apache.org/docs/2.2/</a>
     にあるマニュアル最新版、<a href="mod/directives.html">設定ディレクティブ</a>に当たってみてください。</p>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
@@ -359,7 +358,7 @@
     サーバを再び<a href="stopping.html">停止</a>するには、
     次のコマンドを実行します:</p>
 
-<div class="example"><p><code>$ <em>PREFIX</em>/bin/apachectl -k stop</code></p></div>
+    <div class="example"><p><code>$ <em>PREFIX</em>/bin/apachectl -k stop</code></p></div>
 </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
 <div class="section">
 <h2><a name="upgrading" id="upgrading">アップグレード</a></h2>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.xml.meta
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.xml.meta?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.xml.meta (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/install.xml.meta Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -10,7 +10,7 @@
     <variant>en</variant>
     <variant outdated="yes">es</variant>
     <variant outdated="yes">fr</variant>
-    <variant outdated="yes">ja</variant>
+    <variant>ja</variant>
     <variant outdated="yes">ko</variant>
   </variants>
 </metafile>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/invoking.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -125,7 +125,7 @@
     内のファイル) に追加しなければなりません。
     この方法では Apache を root 権限で起動します。
     これをする前に、セキュリティやアクセス制限が
-    適切に設定されていていることを確認してください。</p>
+    適切に設定されていることを確認してください。</p>
 
     <p><code class="program"><a href="./programs/apachectl.html">apachectl</a></code> スクリプトは通常は、標準的な SysV init 
     スクリプトとして動作するように設計されています。

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -22,8 +22,6 @@
 <a href="./ja/logs.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
 <a href="./ko/logs.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a></p>
 </div>
-<div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
-            English version for recent changes.</div>
 
     <p>ウェブサーバを効果的に管理するためには、サーバの活動やパフォーマンス、
     今発生しているかもしれない問題に関するフィードバックを得ることが必要です。
@@ -267,14 +265,14 @@
 	この情報は、リクエストが成功応答 (2 で始まるコード) であったか、
 	リダイレクション (3 で始まるコード) であったか、クライアントによる
 	エラー (4 で始まるコード) であったか、サーバのエラー (5 で始まるコード)
-	であったか、を現すので、非常に大切です。ステータスコードの
+	であったか、を表すので、非常に大切です。ステータスコードの
 	完全なリストは <a href="http://www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616.txt">HTTP
 	規格</a> (RFC2616 第 10 節) にあります。</dd>
 
 	<dt><code>2326</code> (<code>%b</code>)</dt>
 
 	<dd>この最後のエントリはクライアントに送信されたオブジェクトの、
-	応答ヘッダを除いたサイズを現します。コンテントがクライアントに送られなかった
+	応答ヘッダを除いたサイズを表します。コンテントがクライアントに送られなかった
 	場合は、この値は "<code>-</code>" になります。コンテントが無い場合に
 	"<code>0</code>" をログ収集するには、<code>%b</code> ではなく
 	<code>%B</code> を使ってください。</dd>
@@ -356,7 +354,7 @@
 
     <p>クライアントのリクエストの特徴に基づいてアクセスログにエントリの
     一部をロギングしない方が便利なことがあります。これは <a href="env.html">環境変数</a> の補助により簡単に実現できます。まず、
-    リクエストが何らかの条件に合うということを現すために環境変数が
+    リクエストが何らかの条件に合うということを表すために環境変数が
     設定される必要があります。これは通常は <code class="directive"><a href="./mod/mod_setenvif.html#setenvif">SetEnvIf</a></code> により
     行なわれます。そして、<code class="directive"><a href="./mod/mod_log_config.html#customlog">CustomLog</a></code> ディレクティブの
     <code>env=</code> 節を使って環境変数が設定されているリクエストを
@@ -434,7 +432,7 @@
     と呼ばれている理由です。)</p>
 
     <p>パイプ経由のログ用のプロセスは Apache httpd の親プロセスから起動され、
-    そのプロセスのユーザ ID を継承します。これは、これは、パイプ経由のログ用の
+    そのプロセスのユーザ ID を継承します。これは、パイプ経由のログ用の
     プログラムは普通 root として実行されることを意味します。
     ですから、プログラムを簡単で安全に保つことが非常に重要です。</p>
 
@@ -472,7 +470,7 @@
     すべてのログを同じアクセスログとエラーログにログ収集することができます。
     この手法では個々のバーチャルホストの統計を簡単にとることはできません。</p>
 
-    <p><code class="directive"><a href="./mod/mod_log_config.html#&gt;customlog">&gt;CustomLog</a></code> や
+    <p><code class="directive"><a href="./mod/mod_log_config.html#customlog">CustomLog</a></code> や
     <code class="directive"><a href="./mod/mod_log_config.html#errorlog">ErrorLog</a></code> ディレクティブが
     <code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code> の中に
     置かれた場合は、そのバーチャル
@@ -507,7 +505,27 @@
 <h2><a name="other" id="other">他のログファイル</a></h2>
     
 
-    <table class="related"><tr><th>関連モジュール</th><th>関連ディレクティブ</th></tr><tr><td><ul><li><code class="module"><a href="./mod/mod_cgi.html">mod_cgi</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_rewrite.html">mod_rewrite</a></code></li></ul></td><td><ul><li><code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#pidfile">PidFile</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_rewrite.html#rewritelog">RewriteLog</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_rewrite.html#rewriteloglevel">RewriteLogLevel</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_cgi.html#scriptlog">ScriptLog</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_cgi.html#scriptlogbuffer">ScriptLogBuffer</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_cgi.html#scriptloglength">ScriptLogLength</a></code></li></ul></td></tr></table>
+    <table class="related"><tr><th>関連モジュール</th><th>関連ディレクティブ</th></tr><tr><td><ul><li><code class="module"><a href="./mod/mod_logio.html">mod_logio</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_log_forensic.html">mod_log_forensic</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_cgi.html">mod_cgi</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_rewrite.html">mod_rewrite</a></code></li></ul></td><td><ul><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_log_config.html#logformat">LogFormat</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_log_forensic.html#forensiclog">ForensicLog</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#pidfile">PidFile</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_rewrite.html#rewritelog">RewriteLog</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_rewrite.html#rewriteloglevel">RewriteLogLevel</a></code></li><li><code class="d
 irective"><a href="./mod/mod_cgi.html#scriptlog">ScriptLog</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_cgi.html#scriptlogbuffer">ScriptLogBuffer</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_cgi.html#scriptloglength">ScriptLogLength</a></code></li></ul></td></tr></table>
+
+    <h3>実際に送受信したバイト数のログ</h3>
+      
+
+      <p><code class="module"><a href="./mod/mod_logio.html">mod_logio</a></code> は、
+         ネットワーク上で実際に送受信した数をログする
+         二つのフィールド (%I と %O) を
+         <code class="directive"><a href="./mod/mod_log_config.html#logformat">LogFormat</a></code> 
+         ディレクティブに追加します。</p>
+    
+
+    <h3>Forensic ログ</h3>
+      
+
+      <p><code class="module"><a href="./mod/mod_log_forensic.html">mod_log_forensic</a></code> はクライアントリクエストの
+         forensic ログを取ります。ログはリクエスト処理前と処理後に
+         行われますので、1 リクエストに対して 2 行のログが出力されます。
+         forensic ロガーはとても厳密でカスタマイズできません。
+         デバッグやセキュリティ用のツールとして有効かもしれません。</p>
+    
 
     <h3><a name="pidfile" id="pidfile">PID ファイル</a></h3>
       

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.xml.meta
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.xml.meta?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.xml.meta (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/logs.xml.meta Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -7,7 +7,7 @@
 
   <variants>
     <variant>en</variant>
-    <variant outdated="yes">ja</variant>
+    <variant>ja</variant>
     <variant outdated="yes">ko</variant>
   </variants>
 </metafile>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -25,8 +25,6 @@
 <a href="../en/mod/core.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
 <a href="../ja/mod/core.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a></p>
 </div>
-<div class="outofdate">This translation may be out of date. Check the
-            English version for recent changes.</div>
 <table class="module"><tr><th><a href="module-dict.html#Description">説明:</a></th><td>常に使用可能な Apache HTTP サーバのコア機能</td></tr>
 <tr><th><a href="module-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr></table>
 </div>
@@ -92,7 +90,9 @@
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#setinputfilter">SetInputFilter</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#timeout">TimeOut</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#traceenable">TraceEnable</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#usecanonicalname">UseCanonicalName</a></li>
+<li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#usecanonicalphysicalport">UseCanonicalPhysicalPort</a></li>
 <li><img alt="" src="../images/down.gif" /> <a href="#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></li>
 </ul>
 </div>
@@ -306,9 +306,11 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.33 以降で使用可能</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 2.0.33 以降で使用可能。ただし 2.1 以降で非推奨。</td></tr>
 </table>
-    <p>このディレクティブは応答の MIME-type に応じて出力<a href="../filter.html">フィルタ</a>を使用するようにします。</p>
+    <p>このディレクティブは応答の <a class="glossarylink" href="../glossary.html#mime-type" title="用語集を参照">MIME タイプ</a> に応じて出力<a href="../filter.html">フィルタ</a>を使用するようにします。
+    ただし下で説明される理由により、本ディレクティブは非推奨です。
+    同等の機能は <code class="module"><a href="../mod/mod_filter.html">mod_filter</a></code> で利用できます。</p>
 
     <p>次の例は <code class="module"><a href="../mod/mod_deflate.html">mod_deflate</a></code> の <code>DEFLATE</code> フィルタを
     使っています。<code>text/html</code> と <code>text/plain</code> の
@@ -338,7 +340,7 @@
     <div class="warning"><h3>注:</h3>
       <p><code class="directive">AddOutputFilterByType</code> ディレクティブにより
       有効にしたフィルタは場合によっては、部分的もしくは完全に適用されないことが
-      あります。例えば、MIME タイプがが決定できないときには
+      あります。例えば、<a class="glossarylink" href="../glossary.html#mime-type" title="用語集を参照">MIME タイプ</a> が決定できないときには
       <code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code> の設定が同じだったとしても、
       <code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code> 設定を使うようになります。</p>
       <p>しかし、確実にフィルタが適用されるようにしたいときは、リソースに
@@ -379,8 +381,6 @@
     <p><code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> <code>On</code> による
     パス分離文字の使用は、<code>PATH_INFO</code> と合わせて
     使うときに一番役に立ちます。</p>
-    <p>Turning <code class="directive">AllowEncodedSlashes</code> <code>On</code> is
-    mostly useful when used in conjunction with <code>PATH_INFO</code>.</p>
 
     <div class="note"><h3>注</h3>
       <p>符号化されたスラッシュを許可することは、<em>復号</em>をすることを
@@ -406,7 +406,7 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
     <p>サーバが (<code class="directive"><a href="#accessfilename">AccessFileName</a></code> によって指定された)
-    .htaccess ファイルを見つけた時、そのファイルの中で
+    <code>.htaccess</code> ファイルを見つけた時、そのファイルの中で
     宣言されたどのディレクティブがより前に定義された設定ディレクティブを
     上書きできるかを知る必要があります。</p>
 
@@ -416,7 +416,7 @@
     や <code class="directive"><a href="#files">&lt;Files&gt;</a></code> セクションでは無効です。
     </div>
 
-    <p>このディレクティブを None に設定すると、<a href="#accessfilename">.htaccess</a> ファイルは完全に
+    <p>このディレクティブを <code>None</code> に設定すると、<a href="#accessfilename">.htaccess</a> ファイルは完全に
     無視されます。
     この場合、サーバはファイルシステムの <code>.htaccess</code> ファイルを読むことを
     試みさえしません。</p>
@@ -442,10 +442,15 @@
       <dt>FileInfo</dt>
 
       <dd>
-      ドキュメントタイプを制御するためのディレクティブの使用を許可する (<code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code>, <code class="directive"><a href="#errordocument">ErrorDocument</a></code>, <code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_negotiation.html#languagepriority">LanguagePriority</a></code>,
+      ドキュメントタイプを制御するディレクティブ (<code class="directive"><a href="#defaulttype">DefaultType</a></code>, <code class="directive"><a href="#errordocument">ErrorDocument</a></code>, <code class="directive"><a href="#forcetype">ForceType</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_negotiation.html#languagepriority">LanguagePriority</a></code>,
       <code class="directive"><a href="#sethandler">SetHandler</a></code>, <code class="directive"><a href="#setinputfilter">SetInputFilter</a></code>, <code class="directive"><a href="#setoutputfilter">SetOutputFilter</a></code>, 
       <code class="module"><a href="../mod/mod_mime.html">mod_mime</a></code> の Add* と Remove*
-      ディレクティブ<em>など</em>)。</dd>
+      ディレクティブ<em>など</em>)、
+      ドキュメントのメタデータを制御するディレクティブ (<code class="directive"><a href="../mod/mod_headers.html#header">Header</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_headers.html#requestheader">RequestHeader</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_setenvif.html#setenvif">SetEnvIf</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_setenvif.html#setenvifnocase">SetEnvIfNoCase</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_setenvif.html#browsermatch">BrowserMatch</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_usertrack.html#cookieexpires">CookieExpires</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_usertrack.html#cookiedomain">CookieDomain</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_usertrack.html#cookiestyle">CookieStyle</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_usertrack.html#cookietracking">CookieTracking</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_
 usertrack.html#cookiename">CookieName</a></code>),
+      <code class="module"><a href="../mod/mod_rewrite.html">mod_rewrite</a></code> のディレクティブ <code class="directive"><a href="../mod/mod_rewrite.html#rewriteengine">RewriteEngine</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_rewrite.html#rewriteoptions">RewriteOptions</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_rewrite.html#rewritebase">RewriteBase</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_rewrite.html#rewritecond">RewriteCond</a></code>, <code class="directive"><a href="../mod/mod_rewrite.html#rewriterule">RewriteRule</a></code>) と
+      <code class="module"><a href="../mod/mod_actions.html">mod_actions</a></code> の
+      <code class="directive"><a href="../mod/mod_actions.html#action">Action</a></code>
+      ディレクティブの使用を許可する。</dd>
 
       <dt>Indexes</dt>
 
@@ -538,13 +543,15 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
     <p>このディレクティブは対象ディレクトリで利用するユーザー認証の種類を選びます。
-    ただ、現在のところは <code>Basic</code> と <code>Digest</code> しか
-    実装されていません。
-
-    このディレクティブは <code class="directive"><a href="#authname">AuthName</a></code>ディレクティブや
-    <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> ディレクティブと、
-    <code class="directive"><a href="../mod/mod_authn_file.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code> や <code class="directive"><a href="../mod/mod_authz_groupfile.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code> などのディレクティブと
-    一緒に利用する必要があります。</p>
+    使用できる認証方式は <code>Basic</code> (<code class="module"><a href="../mod/mod_auth_basic.html">mod_auth_basic</a></code> 
+    で実装) と <code>Digest</code> (<code class="module"><a href="../mod/mod_auth_digest.html">mod_auth_digest</a></code>
+    で実装) です。</p>
+
+    <p>認証を有効にするには、<code class="directive"><a href="#authname">AuthName</a></code>
+    と <code class="directive"><a href="#require">Require</a></code> ディレクティブも
+    使う必要があります。それに加えて認証プロバイダモジュールの
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authn_file.html">mod_authn_file</a></code> 等と、承認モジュール
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authz_user.html">mod_authz_user</a></code> 等もサーバに組み込む必要があります。</p>
 
 <h3>参照</h3>
 <ul>
@@ -556,7 +563,6 @@
 <table class="directive">
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>CGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>CGIMapExtension <var>cgi-path</var> <var>.extension</var></code></td></tr>
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>None</code></td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>ディレクトリ, .htaccess</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Override">上書き:</a></th><td>FileInfo</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
@@ -623,7 +629,8 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
-    <p>サーバは、MIME のタイプマップからは決定できない
+    <p>サーバは、<a class="glossarylink" href="../glossary.html#mime-type" title="用語集を参照">MIME タイプ</a>
+    のマッピングでは決定できない
     ドキュメントの送信を要求されることがあります。</p>
 
     <p>サーバは、ドキュメントのコンテントタイプをクライアントに通知する必要が
@@ -689,7 +696,7 @@
 </div>
 
     <p><code>~</code> という文字を
-    付加することで拡張正規表現を利用することもできます。
+    付加することで<a class="glossarylink" href="../glossary.html#regex" title="用語集を参照">正規表現</a>を利用することもできます。
     例えば:</p>
 
 <div class="example"><p><code>
@@ -730,7 +737,7 @@
       (<code>/home</code> ディレクトリに対して)。</li>
 
       <li><code>/home/.htaccess</code>, <code>/home/web/.htaccess</code>,
-      <code>/home/web/.htaccess</code> の順にそれらのファイル中の
+      <code>/home/web/dir/.htaccess</code> の順にそれらのファイル中の
        FileInfo ディレクティブが適用される。</li>
     </ul>
 
@@ -771,7 +778,7 @@
     このあたりについては、<a href="../misc/security_tips.html">セキュリティに関するコツ</a>を
     参照してください。</strong></p>
 
-    <p>ディレクトリセクションは httpd.conf ファイル書きます。
+    <p>ディレクトリセクションは <code>httpd.conf</code> ファイル書きます。
     <code class="directive">&lt;Directory&gt;</code>
     ディレクティブは入れ子にすることができず、
     <code class="directive"><a href="#limit">&lt;Limit&gt;</a></code> や <code class="directive"><a href="#limitexcept">&lt;LimitExcept&gt;</a></code> セクションの中にも
@@ -800,13 +807,13 @@
     ディレクティブと同様に、<code class="directive">&lt;DirectoryMatch&gt;</code>
     と <code>&lt;/DirectoryMatch&gt;</code> は指定されたディレクトリと
     そのサブディレクトリにのみ適用されるディレクティブ群を囲います。
-    しかし、このディレクティブは引数として正規表現をとります。例えば:</p>
+    しかし、このディレクティブは引数として<a class="glossarylink" href="../glossary.html#regex" title="用語集を参照">正規表現</a>をとります。例えば:</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;DirectoryMatch "^/www/(.+/)?[0-9]{3}"&gt;
     </code></p></div>
 
-    <p>は /www/ 以下にある数字 3 文字のディレクトリにマッチします。</p>
+    <p>は <code>/www/</code> 以下にある数字 3 文字のディレクトリにマッチします。</p>
 
 
 <h3>参照</h3>
@@ -921,7 +928,7 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>バージョン 2.0.44 以降で使用可能</td></tr>
 </table>
-    <p>このディレクティブはクライアンにファイルの内容を送るときに
+    <p>このディレクティブはクライアントにファイルの内容を送るときに
     <code class="program"><a href="../programs/httpd.html">httpd</a></code> がカーネルの
     sendfile サポートを使うかどうかを制御します。デフォルトでは、
     例えば静的なファイルの配送のように、リクエストの処理にファイルの
@@ -941,6 +948,8 @@
     <li>Linux では、sendfile を用いると、
     IPv6 使用時に存在する特定ネットワークカードの TCP-checksum
     オフロードのバグを踏んでしまいます。</li>
+    <li>Itanium で動いている Linux で、sendfile は 2GB 以上の
+    ファイルを扱うことができないでしょう。</li>
     <li>ネットワークマウントされた <code class="directive"><a href="#documentroot">DocumentRoot</a></code>
     (例えば NFS や SMB)
     では、カーネルは自身のキャッシュを使ってネットワークからのファイルを
@@ -1045,7 +1054,7 @@
     <p>Microsoft Internet Explorer (MSIE) はデフォルトではサーバが生成したエラーメッセージが
     「小さすぎる」ときには無視をして自分自身の「やさしい」エラーメッセージで
     置換します。サイズのしきい値はエラーの種類によって異なりますが、
-    一般的にはエラーの文書を 512 バイトよりも多きくすると、MSIE は
+    一般的にはエラーの文書を 512 バイトよりも大きくすると、MSIE は
     サーバが生成したエラーを隠さずに表示します。詳しい情報は Microsoft
     Knowledge Base の記事 <a href="http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;en-us;Q294807">Q294807</a>
     にあります。</p>
@@ -1206,7 +1215,7 @@
 
     <p><var>filename</var> 引数は、ファイル名かワイルドカード文字列
     で、ワイルドカードでは <code>?</code> は一つの文字、<code>*</code> は任意の文字列にマッチします。
-    <code>~</code> という文字を付加することで拡張正規表現を使うこともできます。
+    <code>~</code> という文字を付加することで<a class="glossarylink" href="../glossary.html#regex" title="用語集を参照">正規表現</a>を使うこともできます。
     例えば、</p>
 
     <div class="example"><p><code>
@@ -1329,7 +1338,7 @@
     <code>Double</code>を指定した場合、2 重の逆引きを行ないます。
     つまり、逆引きの後に、その結果に対して正引きを行ないます。正引きの
     結果の IP アドレスの中にオリジナルのアドレスと一致するものがなければ
-    なりません。("tcpwrappers" の用語では PARANOID と呼ばれています。)</p>
+    なりません。("tcpwrappers" の用語では <code>PARANOID</code> と呼ばれています。)</p>
 
     <p><code class="module"><a href="../mod/mod_authz_host.html">mod_authz_host</a></code> でホスト名によるアクセス
     制御を行なう場合には、
@@ -1763,17 +1772,17 @@
     デフォルト値は、定数 <code>DEFAULT_LIMIT_REQUEST_FIELDS</code>
     によりコンパイル時に定義されます (配布時には 100 と指定されています)。</p>
 
-    <p>LimitRequestBody ディレクティブは、
+    <p><code class="directive">LimitRequestBody</code> ディレクティブは、
     サーバ管理者が HTTP リクエスト中において許可するリクエストヘッダフィールド数を
     指定します。
     サーバはこの値には通常のクライアントからのリクエストに含まれるであろう
     フィールドの数より大きな値が必要とします。
     クライアントにより使われた要求ヘッダーフィールドの数が
     20 を超えることはほとんどありませんが、
-    これは種々のクライアントの実装よって変わり、
+    これは種々のクライアントの実装によって変わり、
     詳細なコンテントネゴシエーションをするためのブラウザの設定までにも
     影響されることがあります。
-    オプションの HTTP 拡張はリクエストヘッダフィールドを使って現される場合が
+    オプションの HTTP 拡張はリクエストヘッダフィールドを使って表される場合が
     多くあります。</p>
 
     <p>このディレクティブは、
@@ -1935,7 +1944,7 @@
     <p>URL にはワイルドカードを利用することができます。
     <code>?</code> は任意の一文字、<code>*</code> は任意の文字列にマッチします。 </p>
 
-    <p><code>~</code> という文字を追加することで、拡張正規表現を
+    <p><code>~</code> という文字を追加することで、<a class="glossarylink" href="../glossary.html#regex" title="用語集を参照">正規表現</a>を
     利用することもできます。
     例えば:</p>
 
@@ -2014,7 +2023,8 @@
     <p><code class="directive">&lt;LocationMatch&gt;</code> ディレクティブは、
     <code class="directive"><a href="#location">&lt;Location&gt;</a></code> と同じ様に
     URL により中に書かれたディレクティブの適用範囲を制限します。
-    但し、引数は普通の文字列ではなく、正規表現となります。例えば、</p>
+    但し、引数は普通の文字列ではなく、<a class="glossarylink" href="../glossary.html#regex" title="用語集を参照">正規表現</a>となります。
+    例えば、</p>
 
     <div class="example"><p><code>
       &lt;LocationMatch "/(extra|special)/data"&gt;
@@ -2397,9 +2407,11 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
-    <p>このディレクティブは、どの認証済みのユーザがリソースに
-    アクセスすることができるかを指定します。
-    以下のような構文になります。</p>
+    <p>このディレクティブは、認証されたユーザがリソースに対して
+    アクセスできるかを制御します。
+    制限条件は承認モジュールで処理されます。
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authz_user.html">mod_authz_user</a></code> と <code class="module"><a href="../mod/mod_authz_groupfile.html">mod_authz_groupfile</a></code>
+    で提供されている構文には、次のようなものもあります:</p>
 
     <dl>
       <dt><code>Require user <var>userid</var> [<var>userid</var>] ...</code></dt>
@@ -2415,6 +2427,11 @@
       <dd>全ての認証されたユーザに、ディレクトリへのアクセスを許可します。</dd>
     </dl>
 
+    <p>require オプションを実装している他の承認モジュールには、
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authnz_ldap.html">mod_authnz_ldap</a></code>,
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authz_dbm.html">mod_authz_dbm</a></code>,
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authz_owner.html">mod_authz_owner</a></code> といったものがあります。</p>
+
     <p><code class="directive">Require</code> は、正しく動作するためには <code class="directive"><a href="#authname">AuthName</a></code> 及び <code class="directive"><a href="#authtype">AuthType</a></code> ディレクティブや、
     (ユーザとグループを指定するために) <code class="directive"><a href="../mod/mod_authn_file.html#authuserfile">AuthUserFile</a></code> 及び <code class="directive"><a href="../mod/mod_authz_groupfile.html#authgroupfile">AuthGroupFile</a></code>
     といったディレクティブと共に
@@ -2437,9 +2454,37 @@
     <code class="directive">Require</code> を
     指定してください。</p>
 
+    <p><code class="directive">Require</code> を <code class="directive"><a href="../mod/mod_authz_host.html#allow">Allow</a></code> ディレクティブや <code class="directive"><a href="../mod/mod_authz_host.html#deny">Deny</a></code> ディレクティブと
+    組み合わせて使った場合、これらの制約の相互作用は <code class="directive"><a href="#satisfy">Satisfy</a></code> ディレクティブで制御されます。
+    </p>
+
+    <div class="note"><h3>サブディレクトリで制御を解除する方法</h3>
+    <p><code class="directive"><a href="#satisfy">Satisfy</a></code> ディレクティブ
+    で、保護されたディレクトリのサブディレクトリ内でアクセス制御を
+    無効にする例は、下のようになります。
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_authz_host.html">mod_authz_host</a></code> によるアクセス制御も無効化されるので、
+    このテクニックは注意してご活用ください。</p>
+    <div class="example"><p><code>
+      &lt;Directory /path/to/protected/&gt;<br />
+        <span class="indent">
+        Require user david<br />
+        </span>
+      &lt;/Directory&gt;<br />
+      &lt;Directory /path/to/protected/unprotected&gt;<br />
+        <span class="indent">
+        # All access controls and authentication are disabled<br />
+        # in this directory<br />
+        Satisfy Any<br />
+        Allow from all<br />
+        </span>
+      &lt;/Directory&gt;<br />
+    </code></p></div>
+    </div>
+      
 
 <h3>参照</h3>
 <ul>
+<li><a href="../howto/auth.html">認証・承認・アクセス制御</a></li>
 <li><code class="directive"><a href="#satisfy">Satisfy</a></code></li>
 <li><code class="module"><a href="../mod/mod_authz_host.html">mod_authz_host</a></code></li>
 </ul>
@@ -2491,7 +2536,7 @@
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
 </table>
-    <p>一つか二つのパラメータををとります。
+    <p>一つか二つのパラメータをとります。
     最初のパラメータは全プロセスに対するリソースのソフトリミットを設定し、
     2 番目のパラメータは最大のリソースリミットを設定します。
     パラメータには数字か、オペレーティングシステムの最大となる
@@ -2766,6 +2811,7 @@
     <p>自己参照 URL (例えば <code class="module"><a href="../mod/mod_dir.html">mod_dir</a></code> モジュールによるものなど)
     が指定されたポートを使うか、クライアントのリクエストのポート番号を使うかを
     決定する設定は <code class="directive"><a href="#usecanonicalname">UseCanonicalName</a></code> 
+    ディレクティブと <code class="directive"><a href="#usecanonicalphysicalport">UseCanonicalPhysicalPort</a></code>
     ディレクティブを参照してください。</p>
 
 <h3>参照</h3>
@@ -2773,6 +2819,7 @@
 <li><a href="../dns-caveats.html">DNS と Apache に関する話</a></li>
 <li><a href="../vhosts/">Apache バーチャルホスト説明書</a></li>
 <li><code class="directive"><a href="#usecanonicalname">UseCanonicalName</a></code></li>
+<li><code class="directive"><a href="#usecanonicalphysicalport">UseCanonicalPhysicalPort</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="#namevirtualhost">NameVirtualHost</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="#serveralias">ServerAlias</a></code></li>
 </ul>
@@ -2863,7 +2910,7 @@
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="ServerTokens" id="ServerTokens">ServerTokens</a> <a name="servertokens" id="servertokens">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
-<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>Server HTTP 応答ヘッダを設定する</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td><code>Server</code> HTTP 応答ヘッダを設定する</td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>ServerTokens Major|Minor|Min[imal]|Prod[uctOnly]|OS|Full</code></td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>ServerTokens Full</code></td></tr>
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
@@ -2957,6 +3004,11 @@
     <p><code>None</code> という値を設定することで、
     前の方の <code class="directive">SetHandler</code> で定義された設定を無効にすることが
     できます。</p>
+    <p><strong>注意:</strong>SetHandler はデフォルトのハンドラをオーバーライド
+    しますので、通常の挙動、たとえば、スラッシュ (/) で終わる URL が
+    リクエストされたときにディレクトリやインデックスファイルを返すよう取り扱う挙動は、
+    行われなくなります。
+    </p>
 
 
 <h3>参照</h3>
@@ -3055,6 +3107,37 @@
 
 </div>
 <div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="directive-section"><h2><a name="TraceEnable" id="TraceEnable">TraceEnable</a> <a name="traceenable" id="traceenable">ディレクティブ</a></h2>
+<table class="directive">
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td><code>TRACE</code> メソッドのリクエストに対する応答方法を決める
+</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>TraceEnable <var>[on|off|extended]</var></code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>TraceEnable on</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Compatibility">互換性:</a></th><td>Apache 1.3.34, 2.0.55 以降</td></tr>
+</table>
+    <p>コアサーバと <code class="module"><a href="../mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code> 両方の <code>TRACE</code>
+    の挙動をオーバーライドします。デフォルトの <code>TraceEnable on</code>
+    は、リクエストボディを受け入れないような、RFC2616 に準拠した
+    <code>TRACE</code> リクエストを受け付けます。
+    <code>TraceEnale off</code> と設定すると、コアサーバと
+    <code class="module"><a href="../mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code> は <code>405</code> (メソッド不許可)
+    エラーをクライアントに返します。</p>
+
+    <p>最後に、テストや調査目的などの限定用途として、使用に準拠しない
+    <code>TraceEnable extended</code> を使って、リクエストボディを
+    受け付けるように挙動を変更できます。(オリジンサーバとしての)
+    コアサーバでは、リクエストボディのサイズは 64k (
+    <code>Transfer-Encoding: chunked</code> が使われている場合は 
+    chunk ヘッダ用に +8k) に制限されます。
+    コアサーバは、フルヘッダと全ての chunk ヘッダをレスポンスの
+    ボディとして返却します。
+    proxy サーバとしては、リクエストボディのサイズは 64k に制限されません。</p>
+
+</div>
+<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
 <div class="directive-section"><h2><a name="UseCanonicalName" id="UseCanonicalName">UseCanonicalName</a> <a name="usecanonicalname" id="usecanonicalname">ディレクティブ</a></h2>
 <table class="directive">
 <tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>サーバが自分自身の名前とポートを決定する方法を設定する</td></tr>
@@ -3112,6 +3195,56 @@
 
 <h3>参照</h3>
 <ul>
+<li><code class="directive"><a href="#usecanonicalphysicalport">UseCanonicalPhysicalPort</a></code></li>
+<li><code class="directive"><a href="#servername">ServerName</a></code></li>
+<li><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code></li>
+</ul>
+</div>
+<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="../images/up.gif" /></a></div>
+<div class="directive-section"><h2><a name="UseCanonicalPhysicalPort" id="UseCanonicalPhysicalPort">UseCanonicalPhysicalPort</a> <a name="usecanonicalphysicalport" id="usecanonicalphysicalport">ディレクティブ</a></h2>
+<table class="directive">
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Description">説明:</a></th><td>サーバの名前とポートの解決方法を設定する</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Syntax">構文:</a></th><td><code>UseCanonicalPhysicalPort On|Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Default">デフォルト:</a></th><td><code>UseCanonicalPhysicalPort Off</code></td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Context">コンテキスト:</a></th><td>サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Status">ステータス:</a></th><td>Core</td></tr>
+<tr><th><a href="directive-dict.html#Module">モジュール:</a></th><td>core</td></tr>
+</table>
+    <p>Apache は様々な状況で <em>自己参照</em> URL つまりサーバが自分自身を指し示す
+    URL を生成する必要があります。
+    <code class="directive"><a href="#usecanonicalname">UseCanonicalName</a></code> ディレクティブの
+    設定によってサーバの別名を構成するようになりますが、
+    その際の別名に使うポートは
+    <code>UseCanonicalPhysicalPort On</code> という設定があれば、
+    実際のポート番号をポート番号として使う候補に入れてリクエストを
+    処理するようになります。<code>UseCanonicalPhysicalPort Off</code>
+    という設定であれば、実際のポート番号は使用せず、設定されている情報を
+    全て信じてポート番号を構成するようになります。</p>
+
+    <div class="note"><h3>注</h3>
+    <p>実際のポート番号が使われる順序は次のようになっています :<br /><br />
+     <code>UseCanonicalName On</code></p>
+     <ul>
+      <li><code>ServerName</code> で指定されているポート番号</li>
+      <li>実際のポート番号</li>
+      <li>デフォルトのポート番号</li>
+     </ul>
+     <code>UseCanonicalName Off | DNS</code>
+     <ul>
+      <li><code>Host:</code> ヘッダから抽出されたポート番号</li>
+      <li>実際のポート番号</li>
+      <li><code>ServerName</code> で指定されているポート番号</li>
+      <li>デフォルトのポート番号</li>
+     </ul>
+    
+    <p><code>UseCanonicalPhysicalPort Off</code> で、
+    実際のポート番号が上の順序から取り除かれます。</p>
+    </div>
+
+
+<h3>参照</h3>
+<ul>
+<li><code class="directive"><a href="#usecanonicalname">UseCanonicalName</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="#servername">ServerName</a></code></li>
 <li><code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code></li>
 </ul>
@@ -3186,21 +3319,6 @@
     (OSがサポートしていれば) <code>ifconfig alias</code> コマンドにより
     達成できます)。</p>
 
-    <p><code>:port</code> といった形式で記述することにより、
-    マッチさせるポートを変更可能です。
-    この指定をしない場合には、主サーバ設定における
-    一番最後に <code><a href="#port">Port</a></code> で指定されたポートが
-    デフォルトとなります。
-    <code>:*</code> を指定することにより、
-    アドレス上の全てのポートにマッチします。(<code>_default_</code> のときは
-    これを使うことが推奨されています。)</p>
-
-    <p><strong>セキュリティに関して</strong>: 
-    サーバーを起動した以外のユーザがログファイルが保管されるディレクトリに
-    書き込み可能なときになぜセキュリティが破られる可能性があるかの詳細は
-    <a href="../misc/security_tips.html">セキュリティに関するコツ</a> を
-    参照してください。</p>
-    
     <div class="note"><h3>注意点</h3>
     <p><code class="directive">&lt;VirtualHost&gt;</code> は Apache が Listen する
     IP アドレスには影響を与え<strong>ません</strong>。
@@ -3218,15 +3336,6 @@
     すべての IP アドレスは「主」サーバ設定も <code>_default_</code> バーチャルホストも
     使わないことに注意してください。詳しくは <a href="../vhosts/name-based.html">ネームベースのバーチャルホスト</a> を
     参照してください。)</p>
-
-    <p><code>:port</code> といった形式で記述することにより、
-    マッチさせるポートを変更可能です。
-    この指定をしない場合には、主サーバ設定における
-    一番最後に <code class="directive"><a href="../mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code> で指定された
-    ポートがデフォルトとなります。
-    <code>:*</code> を指定することにより、
-    アドレス上の全てのポートにマッチします。(<code>_default_</code> のときは
-    これを使うことが推奨されています。)</p>
 
     <p><code>:port</code> といった形式で記述することにより、
     マッチさせるポートを変更可能です。

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.meta
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.meta?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.meta (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/core.xml.meta Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -8,6 +8,6 @@
   <variants>
     <variant outdated="yes">de</variant>
     <variant>en</variant>
-    <variant outdated="yes">ja</variant>
+    <variant>ja</variant>
   </variants>
 </metafile>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/directives.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -400,10 +400,12 @@
 <li><a href="mpm_common.html#threadsperchild">ThreadsPerChild</a></li>
 <li><a href="mpm_common.html#threadstacksize">ThreadStackSize</a></li>
 <li><a href="core.html#timeout">TimeOut</a></li>
+<li><a href="core.html#traceenable">TraceEnable</a></li>
 <li><a href="mod_log_config.html#transferlog">TransferLog</a></li>
 <li><a href="mod_mime.html#typesconfig">TypesConfig</a></li>
 <li><a href="mod_env.html#unsetenv" id="U" name="U">UnsetEnv</a></li>
 <li><a href="core.html#usecanonicalname">UseCanonicalName</a></li>
+<li><a href="core.html#usecanonicalphysicalport">UseCanonicalPhysicalPort</a></li>
 <li><a href="mpm_common.html#user">User</a></li>
 <li><a href="mod_userdir.html#userdir">UserDir</a></li>
 <li><a href="mod_vhost_alias.html#virtualdocumentroot" id="V" name="V">VirtualDocumentRoot</a></li>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_autoindex.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_autoindex.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_autoindex.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_autoindex.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -783,7 +783,7 @@
       ファイル一覧の変化を追跡することができるようになります。
       いくつかのオペレーティングシステムは、新規ファイルや
       移動ファイルは正しく追跡するけれども、
-      ディレクトリ中のファイルのサイズや日付は追跡ないということに
+      ディレクトリ中のファイルのサイズや日付は追跡しないということに
       注意してください。
       <strong>既に存在するファイルのサイズや日付のスタンプが変化しても、
       全ての Unix プラットホームでは、

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_expires.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_expires.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_expires.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_expires.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -181,7 +181,7 @@
     すべてのキャッシュにある現在のドキュメントキャッシュは同時に期限が
     切れます。これは同じ URL に毎週常に置かれる報せのようなものには
     非常に有効です。<code>A</code> が使用された場合は、期限切れの
-    時間は各クライアントよって異なります。これはあまり変更されない
+    時間は各クライアントによって異なります。これはあまり変更されない
     画像ファイルなど、特に関連するドキュメント群がすべて同じ画像を
     参照するとき (<em>すなわち</em>画像が比較的短い期間内に繰り返し
     アクセスされるとき) に有効です。</p>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_status.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_status.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_status.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_status.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -33,11 +33,11 @@
 
     <p>この Status モジュールによりサーバ管理者はサーバがどのくらい
     の性能で動作しているかを知ることができるようになります。
-    現時点でのサーバの統計情報を読みやすい形式で現した HTML ページが
+    現時点でのサーバの統計情報を読みやすい形式で表した HTML ページが
     表示されます。必要であれば、このページは自動的にリフレッシュさせる
     こともできます (互換性のあるブラウザを使用している場合)。
     別に、現時点でのサーバの状態を単純な機械読み取り可能なリストで
-    現すページもあります。</p>
+    表すページもあります。</p>
 
     <p>表示される情報は:</p>
 
@@ -101,7 +101,7 @@
 <h2><a name="autoupdate" id="autoupdate">自動更新</a></h2>
 
     
-    <p>ブラウザが「リフレシュ」機能をサポートしていれば、ステータスページを
+    <p>ブラウザが「リフレッシュ」機能をサポートしていれば、ステータスページを
     自動的に更新するようにできます。N 秒毎に更新させるためには
     <code>http://your.server.name/server-status?refresh=N</code>
     というページをアクセスしてください。</p>

Modified: httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_userdir.html.ja.euc-jp
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_userdir.html.ja.euc-jp?rev=398128&r1=398127&r2=398128&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_userdir.html.ja.euc-jp [euc-jp] (original)
+++ httpd/httpd/branches/2.2.x/docs/manual/mod/mod_userdir.html.ja.euc-jp [euc-jp] Sat Apr 29 05:10:33 2006
@@ -79,7 +79,7 @@
       <em>決して</em>ディレクトリ変換は行われません。</li>
 
       <li><code>enebled</code> キーワードとスペース区切りのユーザ名リスト。
-      全体では変換が無効になっていたといたとしても、
+      全体では変換が無効になっていたとしても、
       これらのユーザ名にはディレクトリ変換が行われます。
       ただし、<code>disabled</code> 節にもあれば変換はされません。
       </li>



Mime
View raw message