httpd-cvs mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ka...@apache.org
Subject svn commit: r219689 - /httpd/httpd/trunk/docs/manual/mod/mpm_common.xml.ja
Date Tue, 19 Jul 2005 14:04:31 GMT
Author: kawai
Date: Tue Jul 19 07:04:30 2005
New Revision: 219689

URL: http://svn.apache.org/viewcvs?rev=219689&view=rev
Log:
Update Japanese translation.
fix typo.

Modified:
    httpd/httpd/trunk/docs/manual/mod/mpm_common.xml.ja

Modified: httpd/httpd/trunk/docs/manual/mod/mpm_common.xml.ja
URL: http://svn.apache.org/viewcvs/httpd/httpd/trunk/docs/manual/mod/mpm_common.xml.ja?rev=219689&r1=219688&r2=219689&view=diff
==============================================================================
--- httpd/httpd/trunk/docs/manual/mod/mpm_common.xml.ja [iso-2022-jp] (original)
+++ httpd/httpd/trunk/docs/manual/mod/mpm_common.xml.ja [iso-2022-jp] Tue Jul 19 07:04:30
2005
@@ -1,11 +1,11 @@
 <?xml version="1.0" encoding="iso-2022-jp"?>
 <!DOCTYPE modulesynopsis SYSTEM "../style/modulesynopsis.dtd">
 <?xml-stylesheet type="text/xsl" href="../style/manual.ja.xsl"?>
-<!-- English Revision: 151408:190982 (outdated) -->
+<!-- English Revision: 190982 -->
 
 <!--
- Copyright 2002-2005 The Apache Software Foundation or its licensors,
-                     as applicable.
+ Copyright 2002-2005 The Apache Software Foundation or its licensors, as
+ applicable.
 
  Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
  you may not use this file except in compliance with the License.
@@ -87,7 +87,7 @@
 
   <note type="warning"><title>警告</title>
      <p>ほとんどのシステムにおいては、<code>pthread</code>
オプションが
-     選ばれていると、子プロセスが <code>ApacheCntl</code> mutex
を
+     選ばれていると、子プロセスが <code>AcceptCntl</code> mutex
を
      保持しているときに異常終了した場合、サーバはリクエストへの応答を
      停止してしまいます。これが発生した場合は、サーバを復旧させるためには
      手動で再起動させる必要があります。</p>
@@ -220,6 +220,7 @@
 をサーバが記録するためのファイル</description>
 <syntax>PidFile <var>filename</var></syntax>
 <default>PidFile logs/httpd.pid</default>
+<contextlist><context>server config</context></contextlist>
 <modulelist><module>beos</module><module>leader</module>
 <module>mpm_winnt</module><module>mpmt_os2</module>
 <module>perchild</module><module>prefork</module>
@@ -260,14 +261,16 @@
 <directivesynopsis>
 <name>Listen</name>
 <description>サーバが listen するIP アドレスとポート番号</description>
-<syntax>Listen [<var>IP-address</var>:]<var>portnumber</var></syntax>
+<syntax>Listen [<var>IP-address</var>:]<var>portnumber</var>
[<var>protocol</var>]</syntax>
 <contextlist><context>server config</context></contextlist>
 <modulelist><module>beos</module><module>leader</module>
 <module>mpm_netware</module><module>mpm_winnt</module>
 <module>mpmt_os2</module><module>perchild</module>
 <module>prefork</module><module>threadpool</module><module>worker</module>
+<module>event</module>
 </modulelist>
-<compatibility>Apache 2.0 から必要なディレクティブ</compatibility>
+<compatibility>Apache 2.0 から必須ディレクティブ。<var>protocol</var>
+引数は 2.1.5 で追加。</compatibility>
 
 <usage>
     <p><directive>Listen</directive> ディレクティブは Apache
@@ -315,9 +318,23 @@
        Listen [fe80::a00:20ff:fea7:ccea]:80
     </example>
 
+    <p><var>protocol</var> オプション引数は通常の設定では必要ありません。
+       無指定の場合、443 番ポートには <code>https</code> が、他のポートには
+       <code>http</code> がデフォルト値として使用されます。
+       protocol 指定は、どのモジュールがリクエストを処理するかを決定し、
+       <directive module="core">AcceptFilter</directive> 
+       によるプロトコル特有の最適化を行うようにします。</p>
+
+    <p>非標準なポートで運用している際にのみ protocol 指定が必要になります。
+       たとえば <code>https</code> なサイトを 8443 番ポートで運用している場合
:</p>
+
+    <example>
+      Listen 192.170.2.1:8443 https
+    </example>
+
     <note><title>エラー条件</title>
-      同一 IP アドレスとポートの組に、複数の <code>Listen</code>

-      ディレクティブを指定してしまうと、'Address already in use' 
+      同一 IP アドレスとポートの組に、複数の <directive>Listen</directive>

+      ディレクティブを指定してしまうと、<code>Address already in use</code>

       というエラーメッセージを受けることになります。
     </note>
 
@@ -421,7 +438,7 @@
     では、<directive>MaxClients</directive> 
     は、クライアントに応答できるスレッドの総数を制限します。
     <module>beos</module> でのデフォルト値は <code>50</code>
です。
-    ハイブリッド MPM でのデフォルト値は 16
+    ハイブリッド MPM でのデフォルト値は <code>16</code>
     <directive module="mpm_common">ServerLimit</directive>
     の <code>25</code> 倍 (<directive
     module="mpm_common">ThreadsPerChild</directive>) です。
@@ -582,8 +599,8 @@
     もし子プロセスに十分な数のスレッドがなければ、
     サーバはその子プロセスに新しいスレッドを作り始めます。
     ですから、<directive module="perchild">NumServers</directive>
-    を 10 に、<directive>MinSpareThreads</directive> を
-    5 にした場合は、最小でも 50 のアイドルスレッドが
+    を <code>10</code> に、<directive>MinSpareThreads</directive>
を
+    <code>5</code> にした場合は、最小でも 50 のアイドルスレッドが
     システム上にあることになります。</p>
 
     <p><module>worker</module>, <module>leader</module>,
@@ -821,8 +838,8 @@
     </p>
 
     <p><directive>ThreadLimit</directive> のデフォルト値は
-    <module>mpm_winnt</module> のときは 1920 で、
-    他の場合は 64 です。</p>
+    <module>mpm_winnt</module> のときは <code>1920</code> で、
+    他の場合は <code>64</code> です。</p>
 
     <note><title>注意</title>
       <p><code>ThreadLimit 20000</code> (<module>mpm_winnt</module>
@@ -923,7 +940,7 @@
     <p><directive>User</directive> ディレクティブは
     サーバがリクエストに応答する際に用いるユーザ ID を設定します。
     このディレクティブを使用するためには、スタンドアロン型の
-    サーバは最初に root 権限で起動されている必要があります。
+    サーバは最初に <code>root</code> 権限で起動されている必要があります。
     非 root ユーザでサーバを起動した場合は、
     権限の低いユーザへと変わることができず、
     結局元のユーザのプロセスとして実行され続けます。



Mime
View raw message