geronimo-scm mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ke...@apache.org
Subject svn commit: r882367 [7/7] - in /geronimo/server/trunk/plugins: activemq/activemq-portlets/src/main/i18n-resources/ console/console-base-portlets/src/main/i18n-resources/ console/console-portal-driver/src/main/i18n-resources/ console/plugin-portlets/src...
Date Fri, 20 Nov 2009 00:48:08 GMT
Modified: geronimo/server/trunk/plugins/system-database/sysdb-portlets/src/main/i18n-resources/systemdatabase_ja.properties
URL: http://svn.apache.org/viewvc/geronimo/server/trunk/plugins/system-database/sysdb-portlets/src/main/i18n-resources/systemdatabase_ja.properties?rev=882367&r1=882366&r2=882367&view=diff
==============================================================================
--- geronimo/server/trunk/plugins/system-database/sysdb-portlets/src/main/i18n-resources/systemdatabase_ja.properties (original)
+++ geronimo/server/trunk/plugins/system-database/sysdb-portlets/src/main/i18n-resources/systemdatabase_ja.properties Fri Nov 20 00:48:07 2009
@@ -19,153 +19,153 @@
 dbwizard.basicParams.driverConnectionProperties                    = ドライバー接続情報
 dbwizard.basicParams.host                                          = ホスト
 dbwizard.basicParams.port                                          = ポート
-dbwizard.basicParams.propertyExp                                   = {0}に接続するためのプロパティです。任意入力の場合もあります(JDBCドライバーのドキュメントを参照して下さい)
-dbwizard.basicParams.seeDocumentation                              = JDBC ドライバーのドキュメントを参照して下さい。
-dbwizard.basicParams.title                                         = <b>DB プールの作成</b> -- Step 2: ドライバー、JAR ファイル、パラメータの設定
+dbwizard.basicParams.propertyExp                                   = {0} に接続するためのプロパティーです。任意入力の可能性もあります (JDBC ドライバーのドキュメントを参照してください)。
+dbwizard.basicParams.seeDocumentation                              = JDBC ドライバーのドキュメントを参照してください。
+dbwizard.basicParams.title                                         = <b>データベース・プールの作成</b> -- Step 2: ドライバー、JAR ファイル、パラメーターの設定
 dbwizard.basicParams.typicalJDBCURL                                = JDBC URL 書式
-dbwizard.basicParams.unableToLoadDriver                            = 指定された JAR ファイルからドライバーをロードできません。
+dbwizard.basicParams.unableToLoadDriver                            = 指定された JAR ファイルからドライバーをロードできません!
 dbwizard.common.DBPassword                                         = DB パスワード
-dbwizard.common.DBPasswordExp                                      = DB 接続用のパスワード
-dbwizard.common.DBUserName                                         = DB ユーザーID
-dbwizard.common.DBUserNameExp                                      = DB 接続用のユーザーID
-dbwizard.common.JDBCConnectURL                                     = JDBC 接続URL
-dbwizard.common.JDBCDriverClass                                    = JDBC ドライバークラス名
-dbwizard.common.URLFits                                            = URL が JDBC ドライバーのシンタックスに合っている事を確認して下さい。
+dbwizard.common.DBPasswordExp                                      = データベースへ接続するために使用されるパスワード
+dbwizard.common.DBUserName                                         = DB ユーザー名
+dbwizard.common.DBUserNameExp                                      = データベースへ接続するために使用されるユーザー名
+dbwizard.common.JDBCConnectURL                                     = JDBC 接続 URL
+dbwizard.common.JDBCDriverClass                                    = JDBC ドライバー・クラス
+dbwizard.common.URLFits                                            = 生成された URL が JDBC ドライバーの書式を満たしていることを確認してください。
 dbwizard.common.actions                                            = 操作
 dbwizard.common.blockingTimeout                                    = ブロッキング・タイムアウト
 dbwizard.common.cancel                                             = キャンセル
-dbwizard.common.configFile                                         = 定義ファイル
-dbwizard.common.confirmAndDeploy                                   = 確認と配置
+dbwizard.common.configFile                                         = 構成ファイル
+dbwizard.common.confirmAndDeploy                                   = 確認とデプロイ
 dbwizard.common.confirmPassword                                    = 確認用パスワード
-dbwizard.common.connectionPoolParameters                           = 接続プールのパラメータ
+dbwizard.common.connectionPoolParameters                           = 接続プールのパラメーター
 dbwizard.common.delete                                             = 削除
 dbwizard.common.deploy                                             = デプロイ
-dbwizard.common.downloadDriver                                     = ドライバーをダウンロード
+dbwizard.common.downloadDriver                                     = ドライバーのダウンロード
 dbwizard.common.driverJAR                                          = ドライバーの JAR
-dbwizard.common.driverJARExplanation                               = JAR ファイルは DB 接続に必要です。CTRL + 左クリック、SHIFT + 左クリックで複数の JAR ファイルを選択する事ができます。<br>JAR ファイルは GERONIMO/repository にインストールされている必要があります。(または
-dbwizard.common.driverTransactionTypes                             = コネクションプールがサポートするトランザクションのタイプ
+dbwizard.common.driverJARExplanation                               = JAR ファイルはデータベース接続に必要です。CTRL + クリック、SHIFT + クリックを使用して複数の JAR ファイルを選択することができます。<br>JAR ファイルは GERONIMO/repository へ事前にインストールされている必要があります。(または
+dbwizard.common.driverTransactionTypes                             = コネクション・プールがサポートするトランザクション・タイプ
 dbwizard.common.edit                                               = 編集
 dbwizard.common.editSettings                                       = 再入力
 dbwizard.common.emptyText                                          = フォーカスされている項目は空欄にできません。
 dbwizard.common.finish                                             = 終了
 dbwizard.common.idleTimeout                                        = アイドル・タイムアウト
 dbwizard.common.import                                             = {0} インポート
-dbwizard.common.importFromJBoss                                    = JBoss4 から移行
+dbwizard.common.importFromJBoss                                    = JBoss 4 から移行
 dbwizard.common.importFromWebLogic                                 = WebLogic 8.1 から移行
 dbwizard.common.inMilliseconds                                     = ミリ秒
 dbwizard.common.inMinutes                                          = 分
-dbwizard.common.maxNoOfCon                                         = コネクションプールの最大数。デフォルトは10。
+dbwizard.common.maxNoOfCon                                         = プール内のコネクションの最大数。デフォルト値は 10 です。
 dbwizard.common.name                                               = 名前
 dbwizard.common.next                                               = 次へ
 dbwizard.common.passwordMismatch                                   = パスワードが一致していません。
-dbwizard.common.poolMaxSize                                        = 最大プールサイズ
-dbwizard.common.poolMinSize                                        = 最小プールサイズ
+dbwizard.common.poolMaxSize                                        = 最大プール・サイズ
+dbwizard.common.poolMinSize                                        = 最小プール・サイズ
 dbwizard.common.returnToList                                       = 一覧に戻る
 dbwizard.common.save                                               = 保存
-dbwizard.common.showPlan                                           = プランを表示
+dbwizard.common.showPlan                                           = プラン表示
 dbwizard.common.skipRemainingPools                                 = 残りのプールをスキップ
-dbwizard.common.skipTestAndDeploy                                  = テストなしで配置
-dbwizard.common.skipTestAndShowPlan                                = テストなしでプランを表示
+dbwizard.common.skipTestAndDeploy                                  = テストをスキップしてデプロイ
+dbwizard.common.skipTestAndShowPlan                                = テストをスキップしてプラン表示
 dbwizard.common.state                                              = 状態
 dbwizard.common.testConnection                                     = テスト接続
-dbwizard.common.transactionType                                    = トランザクションタイプ
-dbwizard.common.usingPoolWizard                                    = Geronimo データベースプール・ウイザードを利用
-dbwizard.confirmURL.blockingTimeoutExp                             = 接続待ち時間の長さ。ブランクでデフォルト値を利用。
+dbwizard.common.transactionType                                    = トランザクション・タイプ
+dbwizard.common.usingPoolWizard                                    = Geronimo データベース・プール・ウイザードの使用
+dbwizard.confirmURL.blockingTimeoutExp                             = 接続待ち時間の長さ。空欄にするとデフォルト値を設定します。
 dbwizard.confirmURL.driverStatus                                   = ドライバーの状態
-dbwizard.confirmURL.idleTimeoutExp                                 = コネクションを閉じるまでの待ち時間。ブランクでデフォルト値を利用。
-dbwizard.confirmURL.loadedSuccessfully                             = ロード成功
-dbwizard.confirmURL.maxNoOfCon                                     = コネクションプールの最大数。ブランクでデフォルト値。
-dbwizard.confirmURL.minimumNoOfCon                                 = コネクションプールの最小数。ブランクでデフォルト値。
-dbwizard.confirmURL.title                                          = <b>データベースプール作成</b> -- Step 3:プールの最終設定
-dbwizard.downloadStatus.summary                                    = ドライバー・ダウンロードの途中経過をモニターします。
-dbwizard.downloadStatus.title                                      = <b>データベースプール作成</b> -- ドライバー・ダウンロード
-dbwizard.edit.basicConProperties                                   = 接続用基本情報
-dbwizard.edit.blockingTimeoutExp                                   = 接続時の待ち時間。デフォルトは5000。
-dbwizard.edit.errorMsg01                                           = 最小プール・サイズは数値でなければいけません。初期値は 0 です。
-dbwizard.edit.errorMsg02                                           = 最小プール・サイズは正数でなければいけません。初期値は 0 です。
-dbwizard.edit.errorMsg03                                           = 最大プール・サイズは数値でなければいけません。初期値は 10 です。
-dbwizard.edit.errorMsg04                                           = 最大プール・サイズは 0 より大きい数値でなければいけません。初期値は 10 です。
-dbwizard.edit.errorMsg05                                           = 最大プール・サイズは最小プール・サイズより大きい数値でなければいけません。
-dbwizard.edit.idleTimeoutExp                                       = 利用されていないコネクションを放置しておく時間。デフォルトは15。
-dbwizard.edit.maxNoOfCon                                           = コネクションプールの最大数。デフォルトは10。
-dbwizard.edit.minimumNoOfCon                                       = コネクションプールの最小数。デフォルトは0。
+dbwizard.confirmURL.idleTimeoutExp                                 = コネクションを閉じるまでの待ち時間。空欄にするとデフォルト値を設定します。
+dbwizard.confirmURL.loadedSuccessfully                             = 正常にロードしました
+dbwizard.confirmURL.maxNoOfCon                                     = プール内のコネクションの最大数。空欄にするとデフォルト値を設定します。
+dbwizard.confirmURL.minimumNoOfCon                                 = プール内のコネクションの最小数。空欄にするとデフォルト値を設定します。
+dbwizard.confirmURL.title                                          = <b>データベース・プールの作成</b> -- Step 3: プールの最終構成
+dbwizard.downloadStatus.summary                                    = ドライバーのダウンロード経過を監視します。
+dbwizard.downloadStatus.title                                      = <b>データベース・プールの作成</b> -- ドライバーのダウンロード
+dbwizard.edit.basicConProperties                                   = 接続の基本属性
+dbwizard.edit.blockingTimeoutExp                                   = 接続時の待ち時間。デフォルト値は 5000 です。
+dbwizard.edit.errorMsg01                                           = 最小プール・サイズは数値である必要があります。デフォルト値は 0 です。
+dbwizard.edit.errorMsg02                                           = 最小プール・サイズは正数である必要があります。デフォルト値は 0 です。
+dbwizard.edit.errorMsg03                                           = 最大プール・サイズは数値である必要があります。デフォルト値は 10 です。
+dbwizard.edit.errorMsg04                                           = 最大プール・サイズは 0 より大きい数値である必要があります。デフォルト値は 10 です。
+dbwizard.edit.errorMsg05                                           = 最大プール・サイズは最小プール・サイズより大きい数値である必要があります。
+dbwizard.edit.idleTimeoutExp                                       = 使用されていないコネクションを放置しておく時間。デフォルト値は 15 です。
+dbwizard.edit.maxNoOfCon                                           = プール内のコネクションの最大数。デフォルト値は 10 です。
+dbwizard.edit.minimumNoOfCon                                       = プール内のコネクションの最小数。デフォルト値は 0 です。
 dbwizard.edit.poolName                                             = プール名
-dbwizard.edit.poolNameExp                                          = 他のプール名と重複しない様に、サーバー内でユニークな名前にして下さい。(名前に空白は不可)
-dbwizard.edit.poolType                                             = プールタイプ
-dbwizard.edit.seeDocumentation                                     = JDBC ドライバーのドキュメントを参照して下さい。
-dbwizard.edit.seeLog                                               = 詳細はログを参照して下さい。
-dbwizard.edit.summary                                              = このページではデータベースプールの登録と保守をします。
-dbwizard.edit.unableToLoadDriver                                   = 指定されたJARファイルからドライバーをロードできません。
-dbwizard.importStatus.currentPools                                 = サーバーに登録されているプール
-dbwizard.importStatus.importFailed                                 = インポート処理の失敗。 または、有効なデータベースが見つかりません。
-dbwizard.importStatus.importMessages                               = インポートメッセージ
+dbwizard.edit.poolNameExp                                          = サーバー内で他のデータベース・プール名と重複しない一意的な名前 (名前に空白を含めないでください)。
+dbwizard.edit.poolType                                             = プール・タイプ
+dbwizard.edit.seeDocumentation                                     = JDBC ドライバーのドキュメントを参照してください。
+dbwizard.edit.seeLog                                               = 詳細はログを参照してください。
+dbwizard.edit.summary                                              = このページでは、既存のデータベース・プールを編集します。
+dbwizard.edit.unableToLoadDriver                                   = 指定された JAR ファイルからドライバーをロードできません!
+dbwizard.importStatus.currentPools                                 = サーバー内のプール
+dbwizard.importStatus.importFailed                                 = インポート処理の失敗、または、有効なデータベースが見つかりません!
+dbwizard.importStatus.importMessages                               = インポート・メッセージ
 dbwizard.importStatus.importStatus                                 = インポート状態
 dbwizard.importStatus.originalJNDI                                 = オリジナルの JNDI
 dbwizard.importStatus.originalName                                 = オリジナルの名前
-dbwizard.importStatus.summary                                      = 認識されたデータベースプールは下記の通りです。いずれのプールも Geronimo にデプロイ可能で、JDBC プール、または Geronimo がサポートする XA アダプターの XA プールとして設定されます。以下のプールのリストはインポート処理の状況メッセージです。
-dbwizard.importStatus.title                                        = <b>Import Database Pools</b> -- Step 2: インポートしたデータベースの確認
-dbwizard.importUpload.aboutWebLogic                                = WebLogic8.1 が Geronimo と同じマシンにインストールされていて WebLogic のドメイン・ディレクトリが Geronimo を実行しているユーザーから参照可能であれば、WebLogic のインストレーションとドメイン・ディレクトリを直接参照する事ができます。この方式の場合はインポート処理がデータベースのパスワードを読み取ってくれる利点あります。これに対して <tt>config.xml</tt> をã
 ‚¤ãƒ³ãƒãƒ¼ãƒˆã™ã‚‹å ´åˆã¯ã€ãƒ‘スワードを再入力する必要が有ります。
+dbwizard.importStatus.summary                                      = 認識されたデータベース・プールは以下の通りです。いずれのプールも Geronimo にデプロイ可能で、JDBC プール、または、Geronimo がサポートする XA アダプターの XA プールとして構成されます。以下のプール一覧は、インポート処理の状況メッセージです。
+dbwizard.importStatus.title                                        = <b>データベース・プールのインポート</b> -- Step 2: インポートしたデータの確認
+dbwizard.importUpload.aboutWebLogic                                = WebLogic 8.1 が Geronimo と同じマシンにインストールされていて WebLogic のドメイン・ディレクトリーが Geronimo を実行しているユーザーから参照可能であれば、WebLogic のインストレーションとドメイン・ディレクトリーを直接参照することができます。この方式の場合、インポート処理がデータベースのパスワードを読み取る利点があります。これに対して <tt>config.xml</tt> を
 ‚¤ãƒ³ãƒãƒ¼ãƒˆã™ã‚‹å ´åˆã¯ã€ãƒ‘スワードを再入力する必要があります。
 dbwizard.importUpload.alternateImport                              = 代替 {0} のインポート
-dbwizard.importUpload.domainDirectoryPath                          = ドメイン ディレクトリ パス
-dbwizard.importUpload.domainDirectoryPathExp                       = WebLogic ドメインのドメインディレクトリ(<tt>config.xml</tt> が格納されているディレクトリ)の絶対パスを入力してください。
-dbwizard.importUpload.enterFullPath                                = WebLogic8.1 の <tt>weblogic81/server/lib</tt> ディレクトリの絶対パスを入力してください。
+dbwizard.importUpload.domainDirectoryPath                          = ドメイン・ディレクトリー・パス
+dbwizard.importUpload.domainDirectoryPathExp                       = WebLogic ドメインのドメイン・ディレクトリー (<tt>config.xml</tt> が格納されているディレクトリー) の絶対パスを入力してください。
+dbwizard.importUpload.enterFullPath                                = WebLogic 8.1 の <tt>weblogic81/server/lib</tt> ディレクトリーの絶対パスを入力してください。
 dbwizard.importUpload.path                                         = パス
-dbwizard.importUpload.pleaseSelect                                 = 選択して下さい 
-dbwizard.importUpload.summary                                      = このページでは、他のアプリケーションサーバーのデータベースプールのインポートを開始します。インポートのために、下記のフィールドを使って定義ファイルをアップロードする必要があります。その後、属性値を変換して、定義ファイルに有った各プール別に確認を求めます。
-dbwizard.importUpload.title                                        = <b>DB プールの作成</b> -- Step 1: 定義ファイルのアップロード
-dbwizard.list.createPool                                           = DB プール作成
-dbwizard.list.deployedAs                                           = 配置
-dbwizard.list.hasDatabasePools                                     = 一覧の各 DB プールの<b>利用方法</b>リンクをクリックすると、プール利用方法サンプルが表示されます。
-dbwizard.list.noDatabasePools                                      = DB プールなし
+dbwizard.importUpload.pleaseSelect                                 = 選択してください 
+dbwizard.importUpload.summary                                      = このページでは、他のアプリケーション・サーバーのデータベース・プールのインポートを開始します。インポートするには、以下の項目を使って構成ファイルをアップロードする必要があります。その後、属性値を変換して、構成で探索する各プールの構成の確認を求められます。
+dbwizard.importUpload.title                                        = <b>データベース・プールのインポート</b> -- Step 1: 構成ファイルのアップロード
+dbwizard.list.createPool                                           = 新規データベース・プールの作成
+dbwizard.list.deployedAs                                           = デプロイ
+dbwizard.list.hasDatabasePools                                     = 一覧の各プールの <b>使用方法</b> リンクをクリックすると、アプリケーションからプールを使用する方法のサンプルが表示されます。
+dbwizard.list.noDatabasePools                                      = データベース・プールが定義されていません
 dbwizard.list.serverWide                                           = サーバ全体
-dbwizard.list.summary                                              = 利用可能な DB の一覧
-dbwizard.list.usage                                                = 利用方法
-dbwizard.selectDatabase.databaseType                               = データベースの種類
+dbwizard.list.summary                                              = このページでは使用可能なデータベース・プールの一覧を表示します。
+dbwizard.list.usage                                                = 使用方法
+dbwizard.selectDatabase.databaseType                               = データベース・タイプ
 dbwizard.selectDatabase.databaseTypeExp                            = 接続するデータベースのタイプ
-dbwizard.selectDatabase.nameOfPool                                 = データベースプールの名前
-dbwizard.selectDatabase.nameOfPoolExplanation                      = 他のプール名とかぶらない様に、サーバー内でユニークな名前にして下さい。(名前に空白は不可)
-dbwizard.selectDatabase.title                                      = <b>DB プールの作成</b> -- Step 1: デーベース名、DB選択
-dbwizard.selectDownload.otherJDBCDrivers                           = Here are some other JDBC drivers you might want to download on your own (just save them somewhere under geronimo/repository/)
-dbwizard.selectDownload.selectDriver                               = ドライバー選択
-dbwizard.selectDownload.selectDriverExp                            = ドライバーは Geronimo により自動的にダウンロードされます。
-dbwizard.selectDownload.selectOtherDatabase                        = データベースから"その他"を選んでください。
-dbwizard.selectDownload.selectPredefinedDatabase                   = 既存の DB から選択
-dbwizard.selectDownload.summary                                    = <p>ここではあたなのためにデータベースドライバーを自動でダウンロードします。ユーザー登録やログインは不要です。 以下翻訳中 </p>
-dbwizard.selectDownload.title                                      = <b>DB プールの作成</b> -- Step 2 デーベース名、DB選択
-dbwizard.showPlan.addToEAR                                         = EAR ファイルに追加
-dbwizard.showPlan.deployAsPartEAR                                  = トップレベルのデータベースプールとして登録する代わりに、EAR の一部とすることもできます。EAR にデータベースプールを追加するためにはこのプランを使ってください。<ol>  <li>プランをコピー&ペーストでファイルに保存</li>  <li>プランファイルを EAR ファイルのトップレベルに保存</li>  <li>RAR ファイルを <tt>GERONIMO_HOME/{0}</tt> からコピーして、EAR ファイルのトップレãƒ
 ルに保存</li>  <li>下記の <tt>module</tt> 要素を含む <tt>META-INF/geronimo-application.xml</tt> を生成して、EAR ファイルに保存。 (RAR ファイル名と、プランファイル名は実際のファイル名に合わせる事):</li></ol>
-dbwizard.showPlan.deployCommand                                    = デプロイ用コマンド
-dbwizard.showPlan.deployPool                                       = プールをデプロイ
-dbwizard.showPlan.deployPoolFromCommandLine                        = コマンドラインからデータベースプールを配置するためには、 (<tt>plan-file.xml</tt> と言う名前の) ファイルに保存して、以下のコマンドを実行して下さい。
+dbwizard.selectDatabase.nameOfPool                                 = データベース・プールの名前
+dbwizard.selectDatabase.nameOfPoolExplanation                      = サーバー内で他のデータベース・プール名と重複しない一意的な名前 (名前に空白を含めないでください)。
+dbwizard.selectDatabase.title                                      = <b>データベース・プールの作成</b> -- Step 1: 名前、データベースの設定
+dbwizard.selectDownload.otherJDBCDrivers                           = ダウンロードしたい他の JDBC ドライバーがここにあります (geronimo/repository/ 配下のどこかに保管されます)
+dbwizard.selectDownload.selectDriver                               = ドライバーの選択
+dbwizard.selectDownload.selectDriverExp                            = Geronimo が自動的にダウンロードするドライバー。
+dbwizard.selectDownload.selectOtherDatabase                        = データベースから "その他" を選択してください。
+dbwizard.selectDownload.selectPredefinedDatabase                   = 既存のデータベースから選択
+dbwizard.selectDownload.summary                                    = <p>このページでは、データベースのドライバーを自動でダウンロードします。ドライバーの JAR は、ユーザー登録やログインなしで使用可能なオンラインです。</p><p><i>このページからロードする時間がとてもかかったり、以下の一覧にドライバーがない場合、おそらく Geronimo のインストール機能がドライバーをダウンロードする構成ファイルを取得すã‚
 ‹éš›ã« apache.org へ接続できないと思われます。不便で申し訳ございませんが、再度試みるか、ドライバーを手動でインストールしてください (geronimo/repository/ 配下のディレクトリーにドライバーをコピーしてください)。</i></p>
+dbwizard.selectDownload.title                                      = <b>データベース・プールの作成</b> -- Step 2 ドライバー、JAR、パラメーターの設定
+dbwizard.showPlan.addToEAR                                         = EAR に追加
+dbwizard.showPlan.deployAsPartEAR                                  = トップレベルのデータベース・プールとして登録する代わりに、EAR の一部としてデプロイすることもできます。このプランを使って EAR にデータベース・プールを追加するには以下の操作を実行してください。<ol>  <li>プラン・ファイルをコピー&ペーストで保存</li>  <li>プランファイルを EAR ファイルのトップレベルに保存</li>  <li>RAR ファイルを <tt>GERONIMO_HOME/{0}</tt> からã
 ‚³ãƒ”ーして、EAR ファイルのトップレベルに保存</li>  <li>(正しい RAR ファイル名とプラン・ファイル名を代用し) このような <tt>module</tt> 要素を持つ <tt>META-INF/geronimo-application.xml</tt> を EAR ファイル内に作成:</li></ol>
+dbwizard.showPlan.deployCommand                                    = デプロイ・コマンド
+dbwizard.showPlan.deployPool                                       = プールのデプロイ
+dbwizard.showPlan.deployPoolFromCommandLine                        = このプランを使ってコマンドラインからデータベース・プールをデプロイするには、(<tt>plan-file.xml</tt> と言う名前の) ファイルに保存して、以下のコマンドを実行して下さい。
 dbwizard.showPlan.deploymentPlan                                   = デプロイメント・プラン
-dbwizard.showPlan.title                                            = <b>データベースプール作成</b> -- デプロイメント・プランの表示
-dbwizard.testConnection.connectedTo                                = 接続済み:
-dbwizard.testConnection.connectionError                            = 接続失敗(下記を参照)
+dbwizard.showPlan.title                                            = <b>データベース・プールの作成</b> -- デプロイメント・プランの表示
+dbwizard.testConnection.connectedTo                                = 接続済み
+dbwizard.testConnection.connectionError                            = 接続失敗 (以下を参照)
 dbwizard.testConnection.deployAnyway                               = デプロイ中止
 dbwizard.testConnection.testAgain                                  = 再テスト
 dbwizard.testConnection.testError                                  = テスト・エラー
 dbwizard.testConnection.testResult                                 = テスト結果
-dbwizard.testConnection.title                                      = <b>データベース・プール作成</b> -- Step 4: テスト接続
+dbwizard.testConnection.title                                      = <b>データベース・プールの作成</b> -- Step 4: テスト接続
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DatabaseName                      = データベース名
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DatabaseNameExp                   = データベース・サーバーの名前を指定します。この名前は接続 URL のデータベースの一部として使用されます。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DowngradeHoldCursorsUnderXa       = Hold カーソルのダウングレード
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DowngradeHoldCursorsUnderXaExp    = Hold カーソルと関連付けられているロックをダウングレードするかどうかを指定します。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DriverType                        = ドライバー・タイプ
-dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DriverTypeExp                     = このデータソースに作成されたコネクションで使用するドライバー・タイプ。指定可能な値は 2 もしくは 4 です。初期値はタイプ 4 です。
+dbwizard.tranql-connector-db2-xa.DriverTypeExp                     = このデータソースに作成されたコネクションで使用するドライバー・タイプ。指定可能な値は 2 もしくは 4 です。デフォルト値はタイプ 4 です。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.Password                          = パスワード
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.PasswordExp                       = \ 
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.PortNumber                        = ポート番号
-dbwizard.tranql-connector-db2-xa.PortNumberExp                     = リモート・データベース・サーバーが受信したコネクションを待ち受けるポート番号を指定します。DB2 サーバーの初期値は 50000 です。
+dbwizard.tranql-connector-db2-xa.PortNumberExp                     = リモート・データベース・サーバーが受信したコネクションを待ち受けるポート番号を指定します。DB2 サーバーのデフォルト値は 50000 です。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.PreparedStatementCacheSize        = PreparedStatement キャッシュ・サイズ
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.PreparedStatementCacheSizeExp     = PreparedStatement キャッシュ・サイズは、PreparedStatement が各コネクションと対応させる数をドライバーに伝えます。デフォルトではステートメントをキャッシュしません。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.ResultSetHoldability              = ResultSetHoldability
-dbwizard.tranql-connector-db2-xa.ResultSetHoldabilityExp           = ResultSetHoldability には指定可能な値が2つあります: HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT と CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT です。これらの値はどちらも resultSetConcurrency と resultSetConcurrency の有効な組み合わせに指定可能です。設定した値はコネクションのデフォルト holdability を上書きします。<br/><br/>HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT = 1<br/>CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT  = 2
+dbwizard.tranql-connector-db2-xa.ResultSetHoldabilityExp           = ResultSetHoldability には指定可能な値が 2 つあります: HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT と CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT です。これらの値はどちらも resultSetConcurrency と resultSetConcurrency の有効な組み合わせに指定可能です。設定した値はコネクションのデフォルト holdability を上書きします。<br/><br/>HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT = 1<br/>CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT  = 2
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.ServerName                        = サーバー名
-dbwizard.tranql-connector-db2-xa.ServerNameExp                     = サーバー名は DB2 ドライバーが接続するために必要なホストの名前 / IP アドレスです。初期値はありません。
+dbwizard.tranql-connector-db2-xa.ServerNameExp                     = サーバー名は DB2 ドライバーが接続するために必要なホストの名前 / IP アドレスです。デフォルト値はありません。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.TraceFile                         = トレース・ファイル
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.TraceFileAppend                   = トレース・ファイル挿入
-dbwizard.tranql-connector-db2-xa.TraceFileAppendExp                = トレース・ファイル属性で指定されたファイルに挿入するか、または、上書きするかを指定します。この属性のデータ・タイプはブーリアンです。初期値は false で、トレース・ファイル属性で指定されたファイルが上書きされることを意味します。
-dbwizard.tranql-connector-db2-xa.TraceFileExp                      = トレースを記録するトレースファイルの名前。
+dbwizard.tranql-connector-db2-xa.TraceFileAppendExp                = トレース・ファイル属性で指定されたファイルに挿入するか、または、上書きするかを指定します。この属性のデータ・タイプはブーリアンです。デフォルト値は false で、トレース・ファイル属性で指定されたファイルが上書きされることを意味します。
+dbwizard.tranql-connector-db2-xa.TraceFileExp                      = トレースを記録するトレース・ファイルの名前。
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.UserName                          = ユーザー名
 dbwizard.tranql-connector-db2-xa.UserNameExp                       = リモート・データベース・サーバーへの接続に使用されるユーザー ID の名前。
 dbwizard.tranql-connector-derby-client-local.CreateDatabase        = データベースの作成
@@ -231,13 +231,13 @@
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.IfxSQLHostType               = IfxSQLHostType
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.IfxSQLHostTypeExp            = IfxSQLH_TYPE の値。
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.Password                     = パスワード
-dbwizard.tranql-connector-informix-xa.PasswordExp                  = パスワード (大小文字を区別しません)。
+dbwizard.tranql-connector-informix-xa.PasswordExp                  = パスワード (大文字と小文字を区別しません)。
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.PortNumber                   = ポート番号
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.PortNumberExp                = Informix データベース・サーバーのポート番号。
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.ServerName                   = サーバー名
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.ServerNameExp                = Informix データベース・サーバー・インスタンス名。
 dbwizard.tranql-connector-informix-xa.UserName                     = ユーザー名
-dbwizard.tranql-connector-informix-xa.UserNameExp                  = ユーザーの名前 (大小文字を区別しません)。
+dbwizard.tranql-connector-informix-xa.UserNameExp                  = ユーザーの名前 (大文字と小文字を区別しません)。
 dbwizard.tranql-connector-mysql-local.DatabaseName                 = データベース名
 dbwizard.tranql-connector-mysql-local.DatabaseNameExp              = 接続先のデータベースの名前。
 dbwizard.tranql-connector-mysql-local.Password                     = パスワード
@@ -337,60 +337,60 @@
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.DatabaseName            = データベース名
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.DatabaseNameExp         = 接続する SQL Server のデータベースの名前。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.Password                = パスワード
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.PasswordExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大小文字を区別しないパスワード。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.PasswordExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大文字と小文字を区別しないパスワード。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.PortNumber              = ポート番号
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.PortNumberExp           = SQL Server の TCP ポートで、初期値は 1433 です。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.PortNumberExp           = SQL Server の TCP ポートで、デフォルト値は 1433 です。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.SelectMethod            = SelectMethod
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.SelectMethodExp         = SelectMethod={cursor | direct}。それ以上の情報はマイクロソフトのドキュメントを参照してください。Direct は管理環境の中で基本的に動作しません。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.SendStringParameters    = SendStringParameters
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.SendStringParametersExp = SendStringParametersAsUnicode={true | false}。詳細はマイクロソフトのドキュメントを参照してください。初期値は true で、これはエンコーディングの不一致をまず起こしませんが、一部の環境では処理速度が少々低下するかもしれません。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.SendStringParametersExp = SendStringParametersAsUnicode={true | false}。詳細はマイクロソフトのドキュメントを参照してください。デフォルト値は true で、これによってエンコーディングの不一致はまず発生しませんが、一部の環境では処理速度が少々低下するかもしれません。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.ServerName              = サーバー名
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.ServerNameExp           = SQL Server の IP アドレス。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.UserName                = ユーザー名
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.UserNameExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大小文字を区別しないユーザー名。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2000-xa.UserNameExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大文字と小文字を区別しないユーザー名。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.DatabaseName            = データベース名
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.DatabaseNameExp         = 接続する SQL Server のデータベースの名前。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.Password                = パスワード
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.PasswordExp             = The case-insensitive password used to connect to your SQL Server database.
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.PasswordExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大文字と小文字を区別しないパスワード。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.PortNumber              = ポート番号
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.PortNumberExp           = SQL Server の TCP ポートで、初期値は 1433 です。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.PortNumberExp           = SQL Server の TCP ポートで、デフォルト値は 1433 です。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.SelectMethod            = SelectMethod
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.SelectMethodExp         = SelectMethod={cursor | direct}。それ以上の情報はマイクロソフトのドキュメントを参照してください。Direct は管理環境の中で基本的に動作しません。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.SendStringParameters    = SendStringParameters
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.SendStringParametersExp = SendStringParametersAsUnicode={true | false}。詳細はマイクロソフトのドキュメントを参照してください。初期値は true で、これはエンコーディングの不一致をまず起こしませんが、一部の環境では処理速度が少々低下するかもしれません。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.SendStringParametersExp = SendStringParametersAsUnicode={true | false}。詳細はマイクロソフトのドキュメントを参照してください。初期値は true で、これによってエンコーディングの不一致はまず発生しませんが、一部の環境では処理速度が少々低下するかもしれません。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.ServerName              = サーバー名
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.ServerNameExp           = SQL Server の IP アドレス。
 dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.UserName                = ユーザー名
-dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.UserNameExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大小文字を区別しないユーザー名。
+dbwizard.tranql-connector-sqlserver2005-xa.UserNameExp             = SQL Server データベースに接続するために使用される大文字と小文字を区別しないユーザー名。
 dbwizard.usage.applicationCode                                     = アプリケーションのコード
-dbwizard.usage.geronimo_webExp                                     = <p>Geronimo のデータベースプールを定義したリソース参照を利用すために、WEB アプリケーションには <tt>geronimo-web.xml</tt> デプロイメント・プランが必要です。これは、WAR ファイルの WEB-INF ディレクトリにパッケージしても、コマンドラインのツールでデプロイ時に使ってもよいです。\r\n<tt>geronimo-web.xml</tt> プランには、データベースプールのモジュールを記述した <tt>dependency</tt> 要ç
  ã¨ã€å‰è¿°ã® <tt>web.xml</tt> <tt>resource-ref</tt>に対応した <tt>resource-ref</tt> ブロックが必要で、これは指定したデータベースプールへのリソース参照に結びつけられます。ここでは、<tt>ref-name</tt> が <tt>web.xml</tt> の <tt>res-ref-name</tt> (前述)と一致し、<tt>resource-link</tt> はデータベースプールの名前と一致していなければいけません。</p> <p><i>{0}という名前の Geronimo にデプロイされたただ一つのデータベースプールを利用する場合は、下è
 ¨˜ã®ã‚ˆã†ã«ãªã‚Šã¾ã™ã€‚</i></p>\r\n
-dbwizard.usage.moreThanOnePool                                     = 複数の{0}と言う名前の JNDI リソースを利用する場合(例えば、2つの dependencies モジュールが<b>それぞれ</b>{0}という名前のコンポーネントを含んでいる場合)は、下記のように artifactId によりに dependencies モジュールを指定する事ができます。\n
-dbwizard.usage.resource_refSection                                 = <tt>web.xml</tt> には、下記のようなデータベースプールを記述した <tt>resource-ref</tt> セクションが必要です。<tt>res-ref-name</tt> にはプールへの参照をマップする必要がある事と、アプリケーションがこれを利用するという事に注意してください。
-dbwizard.usage.searchOnlyOne                                       = 上記の例では、アプリケーションと dependencies の各モジュール(とそのモジュールが依存しているモジュール)が{0}という名前のプールを検索します。\r\n
-dbwizard.usage.title                                               = このページでは、J2EE アプリケーションからデータベースプール {0}を利用する方法について説明します。下記は Web アプリケーションの場合ですが、Web アプリケーション以外でも同様の方法で利用できます。
-dbwizard.usage.usingInCode                                         = データベースプールへの参照を取得する場合、下記のようにコーディングします。JNDI の検索文字列は <tt>java:comp/env/</tt> に web.xml に記述された <tt>res-ref-name</tt> (上記参照)を連結したものだという事に注意してください。
+dbwizard.usage.geronimo_webExp                                     = <p>Geronimo のデータベース・プールを定義したリソース参照を使用するには、Web アプリケーションに <tt>geronimo-web.xml</tt> デプロイメント・プランが必要です。これは、WAR ファイルの WEB-INF ディレクトリに同梱しても、コマンドライン上のデプロイ・ツールで分割して指定しても構いません。\r\n<tt>geronimo-web.xml</tt> プランには、データベース・プールのモジュールを記述した <tt>d
 ependency</tt> 要素と、前述の <tt>web.xml</tt> <tt>resource-ref</tt>に対応した <tt>resource-ref</tt> ブロックが必要で、これは指定したデータベース・プールへのリソース参照に結びつけられます。ここでは、<tt>ref-name</tt> が <tt>web.xml</tt> の <tt>res-ref-name</tt> (前述) と一致し、<tt>resource-link</tt> はデータベース・プールの名前と一致していなければいけません。</p> <p><i>{0} という名前の Geronimo にデプロイされた 1 つのデータベース・プールのみを使用する
  ´åˆã¯ã€ä»¥ä¸‹ã®ã‚ˆã†ã«ãªã‚Šã¾ã™ã€‚</i></p>\r\n
+dbwizard.usage.moreThanOnePool                                     = 複数の {0} という名前の JNDI リソースを使用すると (例えば、2 つの dependencies モジュールが<b>それぞれ</b> {1} という名前のコンポーネントを含んでいる場合) 、以下のように使用するプールをさらに明示的に指定することができます:
+dbwizard.usage.resource_refSection                                 = <tt>web.xml</tt> には、以下のようなデータベース・プールを記述した <tt>resource-ref</tt> セクションが必要です。<tt>res-ref-name</tt> にはプールへの参照をマップする必要があることや、アプリケーションがプールへアクセスするために必要であるということに注意してください。
+dbwizard.usage.searchOnlyOne                                       = 上記の例では、アプリケーションと dependencies の各モジュール (および、それらの依存モジュール、等) が {0} という名前のプールを検索します。
+dbwizard.usage.title                                               = このページでは、J2EE アプリケーションからデータベース・プール {0} を使用する方法について説明します。この例は Web アプリケーションですが、Web アプリケーション以外でも同様の方法で動作します。
+dbwizard.usage.usingInCode                                         = データベース・プールへの参照を取得するには、以下のようにコーディングします。JNDI をルックアップする文字列は <tt>java:comp/env/</tt> に web.xml に記述された <tt>res-ref-name</tt> を連結したものであるということに注意してください (上記参照)。
 
-derbylogmanager.help.title                 = このポートレットでは、Geronimo の内部データベースである Derby のログファイルを表示します。
+derbylogmanager.help.title                 = このポートレットでは、Geronimo 内部のデータベースである Derby のログファイルを表示します。
 derbylogmanager.view.Lines                 = 行
 derbylogmanager.view.containingText        = 検索文字列
 derbylogmanager.view.filterLog             = ログのフィルター
 derbylogmanager.view.filterResults         = 検索結果
-derbylogmanager.view.integer               = フォーカスされている項目は整数値でなければいけません。
-derbylogmanager.view.matchCriterial        = ログファイルの総メッセージ数 {0}件のうち、{1}件が基準にマッチしました。 
+derbylogmanager.view.integer               = フォーカスされている項目は整数値である必要があります。
+derbylogmanager.view.matchCriterial        = ログファイルの総メッセージ数 {0} 件のうち、{1} 件が条件に一致しました。 
 derbylogmanager.view.maxResults            = 最大結果数
-derbylogmanager.view.noEntries             = 検索条件に合致するログは有りません。
+derbylogmanager.view.noEntries             = 指定した条件に一致するログが見つかりません。
 derbylogmanager.view.numberOfResultsCapped = 結果の表示件数には上限があります。
 derbylogmanager.view.refresh               = 更新
 derbylogmanager.view.to                    = ~
 
 internaldb.common.DB                          = データベース
-internaldb.common.DBMajorVersion              = DB メジャーバージョン
-internaldb.common.DBMinorVersion              = DB マイナーバージョン
+internaldb.common.DBMajorVersion              = DB メジャー・バージョン
+internaldb.common.DBMinorVersion              = DB マイナー・バージョン
 internaldb.common.DBProductName               = DB プロダクト名
 internaldb.common.DBProductVersion            = DB プロダクト・バージョン
 internaldb.common.Item                        = 項目
-internaldb.common.JDBCMajorVersion            = JDBC メジャーバージョン
-internaldb.common.JDBCMinorVersion            = JDBC マイナーバージョン
+internaldb.common.JDBCMajorVersion            = JDBC メジャー・バージョン
+internaldb.common.JDBCMinorVersion            = JDBC マイナー・バージョン
 internaldb.common.SQLCommands                 = SQL コマンド
 internaldb.common.SQLStateType                = SQL 標準
 internaldb.common.Value                       = 値
@@ -402,10 +402,10 @@
 internaldb.common.delete                      = 削除
 internaldb.common.deleteDB                    = DB<br/>削除
 internaldb.common.driver                      = ドライバー
-internaldb.common.driverMajorVersion          = ドライバー・メジャーバージョン
-internaldb.common.driverMinorVersion          = ドライバー・マイナーバージョン
+internaldb.common.driverMajorVersion          = ドライバーのメジャー・バージョン
+internaldb.common.driverMinorVersion          = ドライバーのマイナー・バージョン
 internaldb.common.driverName                  = ドライバー名
-internaldb.common.driverVersion               = ドライバーバージョン
+internaldb.common.driverVersion               = ドライバーのバージョン
 internaldb.common.empty                       = データなし
 internaldb.common.emptyText                   = フォーカスされている項目は空欄にできません。
 internaldb.common.etc                         = その他
@@ -413,9 +413,9 @@
 internaldb.common.note                        = 注意
 internaldb.common.numericFunctions            = 数学関数
 internaldb.common.queryResult                 = 検索結果
-internaldb.common.readOnly                    = 読取り専用
+internaldb.common.readOnly                    = 読み取り専用
 internaldb.common.result                      = 実行結果
-internaldb.common.resultSetHoldability        = リザルトセットの保持
+internaldb.common.resultSetHoldability        = 結果セットの保持
 internaldb.common.schemas                     = スキーマ
 internaldb.common.stringFunctions             = 文字列関数
 internaldb.common.supportedSQLKeywords        = サポートする SQL キーワード
@@ -432,19 +432,19 @@
 internaldb.common.viewContents                = 内容表示
 internaldb.common.viewDatabases               = データベース一覧
 internaldb.common.viewTables                  = テーブル一覧
-internaldb.dbViewerHelp.content               = 利用可能な全てのデータベースとそのテーブルを表示し、テーブルのデータも表示します。テーブルの一覧を表示するには、メインウインドウにて各データベースのアプリケーション・リンクか、システム・リンクをクリックします。これでデータベース内のテーブルが表示されます。テーブルのデータを参照するには、内容表示リンクをクリックã
 ます。DB ビューアー・ウインドウの最下部では、データベース表示、テーブル表示に戻るためのリンクが有ります。
-internaldb.internalDBHelp.content             = このポートレットではプロダクト名、データベースのバージョン、サポートしている機能と SQL コマンドといった内部データベースの情報を表示します。全ての情報を参照するには、画面をスクロールして下さい。
+internaldb.dbViewerHelp.content               = 使用可能なすべてのデータベースとそのテーブルを表示し、テーブルのデータも表示します。テーブルの一覧を表示するには、メインウインドウにて各データベースのアプリケーション・リンクかシステム・リンクをクリックします。これでデータベース内のテーブルが表示されます。テーブルのデータを参照するには、"内容表示" リンクをクリックã
 —ます。DB ビューアー・ウインドウの最下部では、他のビューに戻る "データベース表示" や "テーブル表示" のリンクがあります。
+internaldb.internalDBHelp.content             = このページでは、プロダクト名、データベースのバージョン、サポートしている機能と SQL コマンドといった内部データベースの情報を表示します。すべての情報を参照するには、画面をスクロールして下さい。
 internaldb.listDatabases.nodatabases          = データベースなし
-internaldb.listDatabases.title                = DB 一覧
+internaldb.listDatabases.title                = データベース一覧
 internaldb.listTables.noTables                = テーブルなし
-internaldb.runSQLHelp.createDBExp             = 新しいデータベースの名前を入力して、 &quot;Create&quot; ボタンを押してください。
-internaldb.runSQLHelp.deleteDBExp             = プルダウンから選択して &quot;Delete&quot; ボタンを押すことにより、既存のデータベースを削除します。\r\n

[... 20 lines stripped ...]


Mime
View raw message