Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbc99392.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbc99392.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbc99392.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,155 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC2.0で提供されるメソッド + + + + +

java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC2.0で提供されるメソッド

+ + +
+ +
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
表 1. java.sql.PreparedStatementで利用可能なJDBC 2.0のメソッド
返り値シグネチャ実装の但し書き
voidaddBatch() 
ResultSetMetaDatagetMetaData() 
voidsetBlob(int i, Blob x)  
voidsetClob(int i, Clob x)  
+
+ +
+ +
+ +
関連概念
+
java.sqlにある、JDBCの主なクラス、 インターフェイス、メソッド
+
+
関連資料
+
java.sql.Driverインターフェイス
+
java.sql.DriverManager.getConnection メソッド
+
java.sql.Connection インターフェイス
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス
+
java.sql.Statementインターフェイス
+
java.sql.CallableStatement インターフェイス
+
java.sql.SQLException クラス
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス
+
java.sql.ResultSet インターフェイス
+
java.sql.ResultSetMetaData インターフェイス
+
java.sql.SQLWarning クラス
+
java.sql.SQLXMLインターフェイス
+
SQL型とjava.sql.Typesの対応
+
JDBC 2.0 の機能
+
java.sql.Connection インターフェイス: JDBC 2.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: 利用可能なJDBC 2.0のメソッド
+
java.sql.ResultSet
+
java.sql.ResultSetMetaData インターフェイス: JDBC 2.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Statement インターフェイス: 利用可能なJDBC 2.0のメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbc99392.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcdatabasemetadata30.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcdatabasemetadata30.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcdatabasemetadata30.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,183 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド + + + + +

java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド

+ +
+ +
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
表 1. DatabaseMetaDataで利用可能なJDBC 3.0のメソッド
返り値シグネチャ実装の但し書き
booleansupportsSavepoints() 
intgetDatabaseMajorVersion() 
intgetDatabaseMinorVersion() 
intgetJDBCMajorVersion() 
intgetJDBCMinorVersion() 
intgetSQLStateType() 
booleansupportsNamedParameters() 
booleansupportsMultipleOpenResults() 
booleansupportsGetGeneratedKeys() 
booleansupportsResultSetHoldability(int holdability) 
intgetResultSetHoldability()ResultSet.HOLD_CURSORS_OVER_COMMITを返す。
+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
java.sql.Connectionインターフェイス: JDBC3.0にて利用可能なメソッド
+
java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Savepoint インターフェイス
+
java.sql.Statementインターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcdatabasemetadata30.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcescapedate.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcescapedate.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcescapedate.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,82 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +日付書式のJDBCエスケープ構文 + + + + +

日付書式のJDBCエスケープ構文

+ + +
+

Derbyは日付のJDBCエスケープ構文を、等価な日付のSQL構文に解釈します。

+
+ +

構文

{d 'yyyy-mm-dd'}
+
+ +

以下と等価

DATE 'yyyy-mm-dd'
+
+ +

例

VALUES {d '1995-12-19'}
+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
呼び出し文のJDBCエスケープキーワード
+
JDBCエスケープ構文
+
LIKE節のJDBCエスケープ構文
+
fnキーワードを使ったJDBCエスケープ構文
+
外部結合のJDBCエスケープ構文
+
時刻書式のJDBCエスケープ構文
+
タイムスタンプ書式のJDBCエスケープ構文
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcescapedate.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlconnection30.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlconnection30.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlconnection30.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,158 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.Connectionインターフェイス: JDBC3.0にて利用可能なメソッド + + + + +

java.sql.Connectionインターフェイス: JDBC3.0にて利用可能なメソッド

+ + +
+
+
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
表 1. Connectionにて利用可能なJDBC 3.0のメソッド
返り値シグネチャ実装の但し書き
SavepointsetSavepoint (String name)現在のトランザクションにて指定した名前のセーブポイントを作成して、それを表す新規セーブポイントオブジェクトを返す。
SavepointsetSavepoint ()現在のトランザクションにてセーブポイントを作成して、それを表す新規セーブポイントオブジェクトを返す。
voidreleaseSavepoint (Savepoint savepoint) 指定したセーブポイントオブジェクトを現在のトランザクションから除去する。
voidrollback(Savepoint savepoint) 指定されたセーブポイント以降に行われた変更を取り消す。
PreparedStatementprepareStatement(String sql, int autoGeneratedKeys)sqlがINSERT文でなければ、autoGeneratedKeysの引数は無視される。
PreparedStatementprepareStatement(String sql, int [] columnIndexes)sqlがINSERT文でなければ、columnIndexesは無視される。配列のそれぞれの列の番号は、INSERTの対象表にある自動増分列に対応する。組み込みモードでのみ利用可能。
PreparedStatementprepareStatement(String sql, String [] columnNames)sqlがINSERT文でなければ、columnNamesは無視される。配列のそれぞれの列名は、INSERTの対象表の自動増分列を指定する。組み込みモードでのみ利用可能。
+
+
+ + + +
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Savepoint インターフェイス
+
java.sql.Statementインターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlconnection30.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlpreparedstatement30.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlpreparedstatement30.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlpreparedstatement30.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,95 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッド + + + + +

java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッド

+ +
+
PreparedStatement.getParameterMetaDataメソッドはPreparedStatementのパラメータマーカを記述するParameterMetaDataオブジェクトを返します。詳細はjava.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッドを参照してください。 +
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
表 1. PreparedStatementで利用可能なJDBC 3.0のメソッド
返り値シグネチャ実装の但し書き
ParameterMetaDatagetParameterMetaData() 
+
+
+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
java.sql.Connectionインターフェイス: JDBC3.0にて利用可能なメソッド
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Savepoint インターフェイス
+
java.sql.Statementインターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlpreparedstatement30.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlsavepoint.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlsavepoint.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlsavepoint.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,85 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.Savepoint インターフェイス + + + + +

java.sql.Savepoint インターフェイス

+ + +
+

SavepointインターフェイスはJDBC 3.0にて新たに追加されました。このインターフェイスにはセーブポイントの設定、解除、トランザクションの指定されたセーブポイントへのロールバックのためのメソッドが用意されています。 +セーブポイントが設定してあれば、それまでの処理に影響を与えることなく、トランザクションをそのセーブポイントへロールバックすることができます。セーブポイントによりトランザクションのある時点を指定することで、粒度の細かいトランザクション制御が行えます。

+
+ +
+ +
+ + + +
関連資料
+
java.sql.Connectionインターフェイス: JDBC3.0にて利用可能なメソッド
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Statementインターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlsavepoint.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlstatement30.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlstatement30.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlstatement30.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,158 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.Statementインターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド + + + + +

java.sql.Statementインターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド

+ +
+ +
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
表 1. JDBC 3.0で利用可能なStatementのメソッド
返り値シグネチャ実装の但し書き
ResultSetgetGeneratedKeys()ユーザが自動生成キーを有効にしていた場合、このメソッドはIDENTITY_VAL_LOCAL関数が呼ばれた時と同じ値を返します。もし有効ではないなら、この関数はnullを返します。
booleanexecute(String sql, int autoGeneratedKeys) +sqlがINSERT文ではない場合、autoGeneratedKeys引数は無視されます。
booleanexecute(String sql, int [] columnIndexes) +sqlがINSERT文ではない場合、columnIndexesは無視されます。配列のそれぞれの列番号は、INSERTの対象表にある自動増分の列に対応します。組み込みモードでのみ利用することができます。
booleanexecute(String sql, String [] columnNames) +sqlがINSERT文ではない場合、columnNamesは無視されます。配列のそれぞれの列名は、自動増分の列に対応します。組み込みモードでのみ利用することができます。
intexecuteUpdate(String sql, int autoGeneratedKeys)sqlがINSERT文ではない場合、autoGeneratedKeys引数は無視されます。
intexecuteUpdate(String sql, int [] columnIndexes)sqlがINSERT文ではない場合、columnIndexesは無視されます。 +配列のそれぞれの列番号は、INSERTの対象表の自動増分列に対応します。組み込みモードでのみ利用することができます。
intexecuteUpdate(String sql, String [] columnNames) +sqlがINSERT文ではない場合、columnNamesは無視されます。配列のそれぞれの列名は、INSERTの対象表にある自動増分列を表します。組み込みモードでのみ利用が可能です。
+
+ +
+ +
+ + + +
関連資料
+
java.sql.Connectionインターフェイス: JDBC3.0にて利用可能なメソッド
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: JDBC 3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Savepoint インターフェイス
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjavasqlstatement30.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjsr169.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjsr169.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjsr169.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,121 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +Connected Device ConfigurationおよびFoundation Profile向けのJDBCパッケージ(JSR169) + + + + +

Connected Device ConfigurationおよびFoundation Profile向けのJDBCパッケージ(JSR169)

+ + +
+

DerbyではJSR169すなわち、Connected Device ConfigurationおよびFoundation Profile向けに定義されたJDBC APIが利用可能です。この機能ではJDBC 3.0の機能が部分的に利用できます。JSR169は組込みのドライバでのみ利用可能です。DerbyではネットワークサーバをJSR169の元で利用することはできません。

+
+ +

JSR169の仕様に基づき接続を確立するために、org.apache.derby.jdbc.EmbeddedSimpleDataSourceクラスを利用します。このクラスはorg.apache.derby.jdbc.EmbeddedDataSourceと実装的に同じものです。 +org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDataSourceクラスの属性の使い方については、Derby ディベロッパーズ ガイドの情報を参照してください。

+ +
この他、DerbyにてJSR169の実装を使うときに意識するべき事柄を挙げます。:
    +
  • アプリケーションはDECIMALの値を取得したり設定したりするとき、getString()やsetString()のような、getXXXおよびsetXXXのうち、代替となるJDBCのメソッドを利用しなければなりません。JDBC 2.0やJDBC 3.0にてDECIMAL型に対して利用可能な代替のメソッドはJSR169にて何れも利用できます。
  • + +
  • CONTAINS SQLやREADS SQL DATA、MODIFIES +SQL DATA等のサーバ側のJDBC引数をとるJavaによる関数やプロシージャは、JSR169では利用できません。
  • + +
  • 接続を確立するための標準API(jdbc:default:connection)はJSR169では利用できません。 +ルーチンがjdbc:default:connectionを使って接続を確立しようとすると実行時エラーが発生することがあります。
  • + +
  • 診断表は利用できません。
  • + +
  • トリガは利用できません。
  • + +
  • 暗号化されたデータベースは利用できません。
  • + +
  • DriverManagerは利用できません。DriverManager.getConnection()で接続を確立できません。
  • + +
+
+
+ +
+ +
+ +
関連概念
+
SQLの識別子
+
文
+
組込みシステム関数
+
JDBC リファレンス
+
+
関連資料
+
大文字小文字と特殊文字
+
SQL 節
+
SQL式
+
JOIN 演算
+
SQL 問い合わせ
+
組み込み関数
+
SQL予約語
+
DerbyのサポートするSQL-92の機能
+
Derbyのシステム表
+
Derbyの例外メッセージとSQL state
+
java.sql.BatchUpdateException クラス
+
JDBC 3.0の機能
+
JDBC 4.0の機能
+
JDBCエスケープの構文
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcjsr169.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcparametermetadata30.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcparametermetadata30.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcparametermetadata30.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,174 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド + + + + +

java.sql.ParameterMetaDataインターフェイス:JDBC3.0で利用可能なメソッド

+ + +
+

ParameterMetaDataはJDBC 3.0にて新規に追加されました。これは準備済み文にある引数の数、型、属性を記述します。PreparedStatement.getParameterMetaData メソッドはPreparedStatementオブジェクト中のパラメータマーカを記述するParameterMetaDataオブジェクトを返します。詳細はjava.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC3.0で利用可能なメソッドを参照してください。

+
+ +
ParameterMetaDataインターフェイスのメソッドを以下に挙げます。 + +
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
表 1. ParameterMetaDataのJDBC 3.0にて利用可能なメソッド
返り値シグネチャ実装の但し書き
intgetParameterCount() 
intisNullable(int param) 
booleanisSigned(int param) 
intgetPrecision(int param) 
intgetScale(int param) 
intgetParameterType(int param) 
StringgetParamterTypeName (int param) 
StringgetParamterClassName (int param) 
intgetParameterMode (int param) 
+
+
+
+ +
+ +
+ + +
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcparametermetadata30.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcrefsqlxml.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcrefsqlxml.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcrefsqlxml.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,104 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.SQLXMLインターフェイス + + + + +

java.sql.SQLXMLインターフェイス

+ + +
+

JDBC 4.0では、SQLのXML型の情報はjava.sql.SQLXMLに対応付けられます。しかしながら、Derbyでは、XML型はSQLの層でのみ実現されています。JDBCの側ではXML型や演算子は実現されていません。

+ +

Derbyでは、java.sql.SQLXMLオブジェクトのインスタンスを生成できません。またXMLの値を直接バインドしたり、結果セットから直接XMLの値を取得することもできません。XMLの値をバインドしたり取得する為には、SQLの問合せ文にてXMLPARSEやXMLSERIALIZE等のXML演算子を明示的に記述して、XMLの情報をJavaの文字列として扱う必要があります。

+

加えてDerbyでは、XML型についてJDBCメタデータの機能は実現されていません。

+
+ +
+ +
+ + +
関連資料
+
java.sql.Driverインターフェイス
+
java.sql.DriverManager.getConnection メソッド
+
java.sql.Connection インターフェイス
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス
+
java.sql.Statementインターフェイス
+
java.sql.CallableStatement インターフェイス
+
java.sql.SQLException クラス
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス
+
java.sql.ResultSet インターフェイス
+
java.sql.ResultSetMetaData インターフェイス
+
java.sql.SQLWarning クラス
+
SQL型とjava.sql.Typesの対応
+
JDBC 2.0 の機能
+
java.sql.Connection インターフェイス: JDBC 2.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.DatabaseMetaData インターフェイス: 利用可能なJDBC 2.0のメソッド
+
java.sql.PreparedStatementインターフェイス: JDBC2.0で提供されるメソッド
+
java.sql.ResultSet
+
java.sql.ResultSetMetaData インターフェイス: JDBC 2.0で利用可能なメソッド
+
java.sql.Statement インターフェイス: 利用可能なJDBC 2.0のメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefjdbcrefsqlxml.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native