Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmdfns1.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmdfns1.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmdfns1.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,83 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +java.sql.DatabaseMetaData.getBestRowIdentifierメソッド + + + + +

java.sql.DatabaseMetaData.getBestRowIdentifierメソッド

+ + + +

java.sql.DatabaseMetaData.getBestRowIdentifierメソッドは決められた優先順位で識別子を探します。必ずしも行を特定できる情報が見つかるわけではありません。

+ +
+
java.sql.DatabaseMetaData.getBestRowIdentifierメソッドは以下の順序で識別子となる情報を探します。 +
    +
  • 表の主キー
  • + +
  • 表の一意性制約あるいは一意性索引
  • + +
  • 表にある全列
  • + +
+
+ +
注: java.sql.DatabaseMetaData.getBestRowIdentifierメソッドは、主キー、一意性制約・一意性索引を見つけられない場合に、表にある全列から識別子を探し出します。このようにして識別子をメソッドが探し出す時、メソッドは行を特定する列の集合を必ず見つけ出します。しかしこうして得られた列の集合の値が重複した行が、表に存在する場合があり、その場合は一 „ã«è¡Œã‚’見つけることはできません。
+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
DatabaseMetaData 結果セット
+
java.sql.DatabaseMetaData.getProcedureColumnsメソッド
+
getProcedureColumnsの引数
+
getProcedureColumnsから返る結果セットにある列について
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmdfns1.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmrs.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmrs.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmrs.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,68 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +DatabaseMetaData 結果セット + + + + +

DatabaseMetaData 結果セット

+ +
+

自動コミットが有効であったとしても、DatabaseMetaData結果セットが、他の文の結果セットを閉じることはありません。

+
+ +

ユーザがJDBCのオブジェクトに行った操作により、自動的なコミットが行われるとき、DatabaseMetaData結果セットは閉じられます。もし自動的なコミットを起こすような他の操作を実行している間、DatabaseMetaData結果セットにアクセスできるようにする必要があるなら、setAutoCommit(false)により +自動コミットを切ってください。

+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
java.sql.DatabaseMetaData.getProcedureColumnsメソッド
+
getProcedureColumnsの引数
+
getProcedureColumnsから返る結果セットにある列について
+
java.sql.DatabaseMetaData.getBestRowIdentifierメソッド
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdmrs.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropfunctionstatement.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropfunctionstatement.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropfunctionstatement.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,73 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +DROP FUNCTION 文 + + + + +

DROP FUNCTION 文

+ +
+

構文

DROP FUNCTION 関数名
+

+破棄する関数を指定します。指定した関数名の関数がスキーマにて一つのみ見つかった場合に有効です。指定された関数はいくつ引数を持っていてもかまいません。指定された名前の関数がスキーマに見つからなかった場合はエラーとなります。(SQLSTATE 42704) +指定された名前やスキーマの関数が複数見つかった場合もエラーとなります。

+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
DROP INDEX 文
+
DROP PROCEDURE 文
+
DROP SCHEMA 文
+
DROP SYNONYM 文
+
DROP TABLE 文
+
DROP TRIGGER 文
+
DROP VIEW 文
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropfunctionstatement.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropprocedurestatement.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropprocedurestatement.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropprocedurestatement.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,75 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +DROP PROCEDURE 文 + + + + +

DROP PROCEDURE 文

+ +
+

構文

DROP PROCEDURE 手続名
+ +

指定した手続名により破棄する手続がスキーマに一つだけ見つかったとき有効です。 +見つかった手続きには引数がいくつあってもかまいません。 +指定された名前でスキーマに手続きが見つからなかった場合はエラーとなります。(SQLSTATE 42704) +また手続きがスキーマに複数見つかった場合もエラーとなります。

+
+ +
+ +
+ +
関連資料
+
DROP FUNCTION 文
+
DROP INDEX 文
+
DROP SCHEMA 文
+
DROP SYNONYM 文
+
DROP TABLE 文
+
DROP TRIGGER 文
+
DROP VIEW 文
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdropprocedurestatement.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdttlimits.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdttlimits.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdttlimits.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,126 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +DATE、TIMEとTIMESTAMPの制限 + + + + +

DATE、TIMEとTIMESTAMPの制限

+ +
+
以下の表にて、Derbyにおける、日付、時刻とタイムスタンプの制限を記します。 + +
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
Table 1. DATE、TIMEとTIMESTAMPの制限
値制限
DATEの最小値0001-01-01
DATEの最大値9999-12-31
TIMEの最小値00:00:00
TIMEの最大値24:00:00
TIMESTAMPの最小値0001-01-01-00.00.00.000000
TIMESTAMPの最大値9999-12-31-23.59.59.999999
+
+
+ +
+ +
+ +
Related reference
+
データベース設定値の制限
+
識別子の長さ制限
+
数値の制限
+
並びの制限
+
XMLの制限
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefdttlimits.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefemptystmtcache.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefemptystmtcache.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefemptystmtcache.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,60 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +SYSCS_UTIL.SYSCS_EMPTY_STATEMENT_CACHE システム手続き + + + + +

SYSCS_UTIL.SYSCS_EMPTY_STATEMENT_CACHE システム手続き

+ +
+

システム手続きのSYSCS_UTIL.SYSCS_EMPTY_STATEMENT_CACHEはシステム診断の便利な道具です。

+
+ +

構文

SYSCS_UTIL.SYSCS_EMPTY_STATEMENT_CACHE()
+
+ +

例

CALL SYSCS_UTIL.SYSCS_EMPTY_STATEMENT_CACHE()
+
+ +
+ +
+ +
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefemptystmtcache.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native Added: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefexcept16677.html ============================================================================== --- websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefexcept16677.html (added) +++ websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefexcept16677.html Wed Mar 13 13:54:17 2013 @@ -0,0 +1,119 @@ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +Derbyの例外メッセージとSQL state + + + + +

Derbyの例外メッセージとSQL state

+ + + +

Derbyにて発生する全てのエラーは、JDBCからSQLExceptionとして挙がります。 +もしユーザの定義した型から例外が挙がって、その例外がSQLExceptionでは無い場合、その例外はSQLExceptionにラップされています。 +Derby固有のSQLExceptionは、SQLStateクラスに定義されたXで始まるコードを用います。標準に定義されたSQLStateの値は、対応する例外に対して返されます。

+ +

JDBCドライバにて実装されていない機能には、0Aで始まるSQLStateのSQLExceptionが返されます +もしあなたのアプリケーションがJDK 1.6以上の環境で実行されているのであれば、例外クラスはjava.sql.SQLFeatureNotSupportedExceptionとなります。 +これらの実装されていないとされる部分は、Derbyにてサポートされていない機能です。

+
+ +

Derbyは、文言とSQLStateのフィールドに値を提供します。さらに、DerbyはnextExceptionの連鎖により複数のSQLExceptionsを返すことがあります。 +最初の例外は、常にSQL-92に定義された最も致命的な例外であり、これはDerby固有の例外に先立ちます。 +

+
+ +

SQLExceptionsの処理については、Derby ディベロッパーズ ガイドを参照してください。

+
+ +
+ +
+ + + +
関連概念
+
SQLの識別子
+
文
+
組込みシステム関数
+
JDBC リファレンス
+
+
関連資料
+
大文字小文字と特殊文字
+
SQL 節
+
SQL式
+
JOIN 演算
+
SQL 問い合わせ
+
組み込み関数
+
SQL予約語
+
DerbyのサポートするSQL-92の機能
+
Derbyのシステム表
+
java.sql.BatchUpdateException クラス
+
Connected Device ConfigurationおよびFoundation Profile向けのJDBCパッケージ(JSR169)
+
JDBC 3.0の機能
+
JDBC 4.0の機能
+
JDBCエスケープの構文
+
+
+ + + Propchange: websites/production/db/content/derby/docs/10.4/ja_JP/ref/rrefexcept16677.html ------------------------------------------------------------------------------ svn:eol-style = native