cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ste...@apache.org
Subject [02/51] [partial] docs commit: added 5.4.0 docs for all languages
Date Tue, 10 Nov 2015 03:46:03 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md
new file mode 100644
index 0000000..1e50d65
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md
@@ -0,0 +1,59 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: SQLResultSet
+---
+
+# SQLResultSet
+
+ときに、 `[SQLTransaction](../sqltransaction/sqltransaction.html)` オブジェクトの `executeSql` メソッドは、指定されたコールバック実行される、 `SQLResultSet` パラメーター。
+
+## プロパティ
+
+*   **insertId**: 行の行 ID を `SQLResultSet` オブジェクトの SQL 文をデータベースに挿入します。
+
+*   **rowsAffected**: 0 ステートメントは、行に影響しない場合、SQL ステートメントによって変更された行の数。
+
+*   **行**: `[SQLResultSetRowList](../sqlresultsetrowlist/sqlresultsetrowlist.html)` 返される行を表す、空の行が返されない場合。
+
+## 詳細
+
+ときに、 `[SQLTransaction](../sqltransaction/sqltransaction.html)` オブジェクトの `executeSql` メソッドは、指定されたコールバックで実行すること、 `SQLResultSet` 3 つのプロパティが含まれているパラメーター。
+
+*   `insertId`、Successly の SQL 挿入ステートメントの行番号を返します。場合は、SQL は、任意の行を挿入しません、 `insertId` が設定されていません。
+
+*   `rowsAffected`は、常に `` sql `select` ステートメント。ため `insert` または `update` 変更された行のステートメントの数を返します。
+
+*   最終的な `SQLResultSetList` SQL の select ステートメントから返されたデータが含まれています。
+
+## サポートされているプラットフォーム
+
+*   アンドロイド
+*   ブラックベリー WebWorks (OS 6.0 およびより高い)
+*   iOS
+*   Tizen
+
+## 簡単な例を SQL を実行します。
+
+    機能 queryDB(tx) {tx.executeSql (' 選択 * からデモ '、、querySuccess、errorCB);}querySuccess (テキサス州、結果) 機能 {console.log ("で返された行数 ="+ results.rows.length);//select ステートメントだったのでそして rowsAffected は 0 だった場合は、true になります (! results.rowsAffected) {console.log ('ない行!');リターン偽;}//、insert ステートメントのこのプロパティは最後に挿入された行 console.log の ID を返します ("最後に挿入された行の ID ="+ results.insertId);}errorCB(err) 関数 {警告 ("SQL を処理中にエラー:"+ err.code);}var db = window.openDatabase (「データベース」、「1.0」、」コルドバ デモ「、200000);db.transaction queryDB (errorCB);
+    
+
+## 完全な例
+
+    <!DOCTYPE html >< html >< 頭 >< タイトル > ストレージの例 </タイトル >< 型のスクリプト"テキスト/javascript に"charset =「utf-8」src="cordova.js ="></スクリプト >< 型のスクリプト"テキスト/javascript に"charset = =「utf-8」>/デバイス API ライブラリをロードするを待つ///document.addEventListener ("deviceready"、onDeviceReady、false);//データベース設定//関数 populateDB(tx) {tx.executeSql (' ドロップ テーブル IF EXISTS デモ');tx.executeSql (' 作成テーブル IF NOT 存在するデモ (id 固有データ)');tx.executeSql (' (id、データ) のデモに挿入値 (1、「最初の行」)');tx.executeSql ('(id、データ) のデモに挿入値 (2、」2 番目の行"));}//データベースのクエリ//queryDB(tx) 関数 {tx.executeSql (' 選択 * からデモ '、、querySuccess、errorCB);}//クエリ成功コールバック//querySuccess (テキサス州、結果) 関数 {co
 nsole.log ("で返された行数 ="+ results.rows.length);//select ステートメントだったのでそして rowsAffected は 0 だった場合は、true になります (! results.rowsAffected) {console.log ('ない行!');リターン偽;}//、insert ステートメントのこのプロパティは最後に挿入された行 console.log の ID を返します ("最後に挿入された行の ID ="+ results.insertId);}//トランザクション エラー コールバック//errorCB(err) 関数 {console.log ("SQL を処理中にエラー:"+ err.code);}//取引成功コールバック//successCB() 関数 {var db = window.openDatabase (「データベース」、「1.0」、」コルドバ デモ「、200000);db.transaction queryDB (errorCB);}/デバイス Api が利用可能な///onDeviceReady() 関数 {var db = window.openDatabase (「データベース」、「1.0」、」コルドバ デモ「、200000);db.transaction (populateDB、errorCB、successCB);} </スクリプト 
 ></ヘッド >< 本体 >< h1 > 例 </h1 >< データベース p > </p ></ボディ ></html >
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultsetrowlist/sqlresultsetrowlist.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultsetrowlist/sqlresultsetrowlist.md b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultsetrowlist/sqlresultsetrowlist.md
new file mode 100644
index 0000000..1c0b4b0
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqlresultsetrowlist/sqlresultsetrowlist.md
@@ -0,0 +1,53 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: SQLResultSetRowList
+---
+
+# SQLResultSetRowList
+
+プロパティの 1 つ、 `[SQLResultSet](../sqlresultset/sqlresultset.html)` の行を含む SQL クエリから返されます。
+
+## プロパティ
+
+*   **長さ**: SQL クエリによって返される行の数。
+
+## メソッド
+
+*   **項目**: JavaScript オブジェクトによって表される指定されたインデックス位置の行を返します。
+
+## 詳細
+
+`SQLResultSetRowList`、SQL から返されたデータが含まれています `select` ステートメント。 オブジェクトが含まれています、 `length` どのように多くの列を示すプロパティ、 `select` ステートメントを返します。 データの行を取得する呼び出し、 `item` のインデックスを指定するメソッド。 Java スクリプトの設定を返します `Object` プロパティは、データベースの列、 `select` に対してステートメントを実行します。
+
+## サポートされているプラットフォーム
+
+*   アンドロイド
+*   ブラックベリー WebWorks (OS 6.0 およびより高い)
+*   iOS
+*   Tizen
+
+## 簡単な例を SQL を実行します。
+
+    機能 queryDB(tx) {tx.executeSql (' 選択 * からデモ '、、querySuccess、errorCB);}querySuccess (テキサス州、結果) 機能 {var len = results.rows.length;console.log ("デモ テーブル:"len +「行が見つかりませんでした」);(var 私 = 0; 私は < len; i++) {console.log ("行 ="+ 私は +"ID ="+ results.rows.item (i) .id +"データ ="+ results.rows.item(i).data);}} 関数 errorCB(err) {警告 ("SQL を処理中にエラー:"+ err.code);} var db = window.openDatabase (「データベース」、「1.0」、」コルドバ デモ「、200000);db.transaction queryDB (errorCB);
+    
+
+## 完全な例
+
+    <!DOCTYPE html >< html >< 頭 >< タイトル > ストレージの例 </タイトル >< 型のスクリプト"テキスト/javascript に"charset =「utf-8」src="cordova.js ="></スクリプト >< 型のスクリプト"テキスト/javascript に"charset = =「utf-8」>/デバイス API ライブラリをロードするを待つ///document.addEventListener ("deviceready"、onDeviceReady、false);//データベース設定//関数 populateDB(tx) {tx.executeSql (' ドロップ テーブル IF EXISTS デモ');tx.executeSql (' 作成テーブル IF NOT 存在するデモ (id 固有データ)');tx.executeSql (' (id、データ) のデモに挿入値 (1、「最初の行」)');tx.executeSql ('(id、データ) のデモに挿入値 (2、」2 番目の行"));}//データベースのクエリ//queryDB(tx) 関数 {tx.executeSql (' 選択 * からデモ '、、querySuccess、errorCB);}//クエリ成功コールバック//querySuccess (テキサス州、結果) 関数 {va
 r len = results.rows.length;console.log ("デモ テーブル:"len +「行が見つかりませんでした」);(var 私 = 0; 私は < len; i++) {console.log ("行 ="+ 私は +"ID ="+ results.rows.item (i) .id +"データ ="+ results.rows.item(i).data);}}//トランザクション エラー コールバック//errorCB(err) 関数 {console.log ("SQL を処理中にエラー:"+ err.code);}//取引成功コールバック//successCB() 関数 {var db = window.openDatabase (「データベース」、「1.0」、」コルドバ デモ「、200000);db.transaction queryDB (errorCB);}/デバイス Api が利用可能な///onDeviceReady() 関数 {var db = window.openDatabase (「データベース」、「1.0」、」コルドバ デモ「、200000);db.transaction (populateDB、errorCB、successCB);} </スクリプト ></ヘッド >< 本体 >< h1 > 例 </h1 >< データベース p > </p ></ボディ ></html >
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md
new file mode 100644
index 0000000..127670a
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md
@@ -0,0 +1,111 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: SQLTransaction
+---
+
+# SQLTransaction
+
+データベースに対する SQL 文の実行が可能です。
+
+## メソッド
+
+*   **executeSql**: SQL ステートメントを実行します。
+
+## 詳細
+
+呼び出して、 `Database` オブジェクトのトランザクション メソッド、パス、 `SQLTransaction` 指定されたコールバック メソッドをオブジェクト。
+
+## サポートされているプラットフォーム
+
+*   アンドロイド
+*   ブラックベリー WebWorks (OS 6.0 およびより高い)
+*   iOS
+*   Tizen
+
+## 簡単な例を SQL を実行します。
+
+    function populateDB(tx) {
+        tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS DEMO');
+        tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS DEMO (id unique, data)');
+        tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (1, "First row")');
+        tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (2, "Second row")');
+    }
+    
+    function errorCB(err) {
+        alert("Error processing SQL: "+err);
+    }
+    
+    function successCB() {
+        alert("success!");
+    }
+    
+    var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+    db.transaction(populateDB, errorCB, successCB);
+    
+
+## 完全な例
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage Example</title>
+    
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+    
+        // Wait for device API libraries to load
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+    
+        // device APIs are available
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+            db.transaction(populateDB, errorCB, successCB);
+        }
+    
+        // Populate the database
+        //
+        function populateDB(tx) {
+            tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS DEMO');
+            tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS DEMO (id unique, data)');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (1, "First row")');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (2, "Second row")');
+        }
+    
+        // Transaction error callback
+        //
+        function errorCB(err) {
+            alert("Error processing SQL: "+err);
+        }
+    
+        // Transaction success callback
+        //
+        function successCB() {
+            alert("success!");
+        }
+    
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>Example</h1>
+        <p>SQLTransaction</p>
+      </body>
+    </html>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.md b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.md
new file mode 100644
index 0000000..acc8889
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.md
@@ -0,0 +1,68 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: ストレージ
+---
+
+# ストレージ
+
+> コルドバの記憶域オプションの概要です。
+
+いくつかのストレージ Api は、コルドバのアプリケーションで使用できます。[Html5rocks][1] を参照してください。完全な概要と例。
+
+ [1]: http://www.html5rocks.com/en/features/storage
+
+## LocalStorage
+
+*Web ストレージ*、*シンプルなストレージ*、またはその代替*セッション ストレージ*インターフェイスによってまた知られている、この API 同期キー/値ペアの記憶域を提供し、WebView の基になる実装で利用可能です。 詳細については[、W3C 仕様][2]を参照してください。
+
+ [2]: http://www.w3.org/TR/webstorage/
+
+## WebSQL
+
+この API は、基になる web ビューで利用可能です。 [Web の SQL データベースの仕様][3]を利用してより多くのフル機能を備えたデータベース テーブル アクセス SQL クエリ。
+
+ [3]: http://dev.w3.org/html5/webdatabase/
+
+次のプラットフォームをサポートして WebSQL:
+
+*   アンドロイド
+*   ブラックベリー 10
+*   iOS
+*   Tizen
+
+## IndexedDB
+
+この API は、基になる web ビューで利用可能です。[Indexeddb][4]は LocalStorage より多くの機能よりも少ない WebSQL を提供しています。
+
+ [4]: http://www.w3.org/TR/IndexedDB/
+
+次のプラットフォームでは、IndexedDB をサポートします。
+
+*   ブラックベリー 10
+*   Firefox の OS
+*   Windows Phone 8
+*   Windows 8
+
+## プラグイン ベースのオプション
+
+Api が上記保存だけでなく、[ファイル API][5]できますローカル ファイル システム上のデータをキャッシュします。 [コルドバのプラグイン][6]の他の同様のストレージ オプションを提供します。
+
+ [5]: https://github.com/apache/cordova-plugin-file/blob/master/doc/index.md
+ [6]: http://plugins.cordova.io/
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md
new file mode 100644
index 0000000..df1c211
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md
@@ -0,0 +1,72 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: openDatabase
+---
+
+# openDatabase
+
+新しいを返します `Database` オブジェクト。
+
+    var dbShell = window.openDatabase(database_name, database_version, database_displayname, database_size);
+    
+
+## 説明
+
+メソッドは、新しい SQL Lite データベースが作成されますを返します、 `Database` 、データの操作が可能なオブジェクト。
+
+## サポートされているプラットフォーム
+
+*   アンドロイド
+*   ブラックベリー WebWorks (OS 6.0 およびより高い)
+*   iOS
+*   Tizen
+
+## 簡単な例
+
+    var db = window.openDatabase("test", "1.0", "Test DB", 1000000);
+    
+
+## 完全な例
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage Example</title>
+    
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+    
+        // Wait for device API libraries to load
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+    
+        // device APIs are available
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            var db = window.openDatabase("test", "1.0", "Test DB", 1000000);
+        }
+    
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>Example</h1>
+        <p>Open Database</p>
+      </body>
+    </html>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/hooks/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/hooks/index.md b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/hooks/index.md
new file mode 100644
index 0000000..a78d87e
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/hooks/index.md
@@ -0,0 +1,260 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: フック ガイド
+---
+
+# フック ガイド
+
+コルドバのフックは、アプリケーションとプラグインの開発者によって追加することができるまたはあなた専有物によってもコルドバ コマンドをカスタマイズするシステムを構築する特別なスクリプトを表します。 フック スクリプトは、定義済みの特別なフォルダーにそれらを追加することによって定義できる ( `/hooks` ) もしくは構成ファイル ( `config.xml` と `plugin.xml` ) と、次の順序で直列に実行します。
+
+  * アプリケーションからフック `/hooks` ;
+  * アプリケーションからフック `config.xml` ;
+  * プラグイン フックから`plugins/.../plugin.xml`.
+
+**注**: `/hooks`ディレクトリは、config.xml と plugin.xml にフック要素の使用は推奨と見なされます。
+
+## サポートされているフック タイプ
+
+次のフックの種類がサポートされます。
+
+    after_build
+    after_compile
+    after_clean
+    after_docs
+    after_emulate
+    after_platform_add
+    after_platform_rm
+    after_platform_ls
+    after_plugin_add
+    after_plugin_ls
+    after_plugin_rm
+    after_plugin_search
+    after_plugin_install // Plugin hooks in plugin.xml are executed for a plugin being installed only
+    after_prepare
+    after_run
+    after_serve
+    before_build
+    before_clean
+    before_compile
+    before_docs
+    before_emulate
+    before_platform_add
+    before_platform_rm/
+    before_platform_ls
+    before_plugin_add
+    before_plugin_ls
+    before_plugin_rm
+    before_plugin_search/
+    before_plugin_install // Plugin hooks in plugin.xml are executed for a plugin being installed only
+    before_plugin_uninstall // Plugin hooks in plugin.xml are executed for a plugin being uninstalled only
+    before_prepare
+    before_run
+    before_serve
+    pre_package // Windows and Windows Phone only
+    
+
+## フックを定義する方法
+
+### `/hooks`ディレクトリ経由で
+
+**注**: このメソッドは、config.xml と plugin.xml にフック要素の使用は推奨と見なされます。
+
+対応するフック タイプが発生したときにカスタム アクションを実行する 'フック' ディレクトリ内のサブフォルダーの名前としてフック タイプを使用して、配置するには、ファイルここでは、たとえばスクリプトします。
+
+    # script file will be automatically executed after each build
+    hooks/after_build/after_build_custom_action.js
+    
+
+これらのフックを使用する場合は JavaScript のローダブル モジュールとしてではなく、実行可能ファイルとして実行常に。 **注意**: ここでは、スクリプトを実行可能にします。
+
+### Config.xml
+
+フックは、たとえば`< hooks >`要素を使用してプロジェクトの`config.xml`で定義できます。
+
+    <hook type="before_build" src="scripts/appBeforeBuild.bat" />
+    <hook type="before_build" src="scripts/appBeforeBuild.js" />
+    <hook type="before_plugin_install" src="scripts/appBeforePluginInstall.js" />
+    
+    <platform name="wp8">
+        <hook type="before_build" src="scripts/wp8/appWP8BeforeBuild.bat" />
+        <hook type="before_build" src="scripts/wp8/appWP8BeforeBuild.js" />
+        <hook type="before_plugin_install" src="scripts/wp8/appWP8BeforePluginInstall.js" />
+        ...
+    </platform>
+    
+    <platform name="windows8">
+        <hook type="before_build" src="scripts/windows8/appWin8BeforeBuild.bat" />
+        <hook type="before_build" src="scripts/windows8/appWin8BeforeBuild.js" />
+        <hook type="before_plugin_install" src="scripts/windows8/appWin8BeforePluginInstall.js" />
+        ...
+    </platform>
+    
+
+### プラグイン フック (plugin.xml)
+
+定義することができますプラグイン開発者としてフックの`plugin.xml`に`< hook >`要素を使用してそのようなスクリプトを実行します。
+
+    <hook type="before_plugin_install" src="scripts/beforeInstall.js" />
+    <hook type="after_build" src="scripts/afterBuild.js" />
+    
+    <platform name="wp8">
+        <hook type="before_plugin_install" src="scripts/wp8BeforeInstall.js" />
+        <hook type="before_build" src="scripts/wp8BeforeBuild.js" />
+        ...
+    </platform>
+    
+
+`before_plugin_install`、 `after_plugin_install`、 `before_plugin_uninstall`プラグインをインストール/アンインストールするプラグイン専用のフックが発生します。
+
+## スクリプト インターフェイス
+
+### Javascript
+
+Node.js を使用してフックを作成する場合、次のモジュール定義を使用する必要があります。
+
+```javascript
+module.exports = function(context) {
+    ...
+}
+```
+
+Q: を使用して、スクリプトの非同期を作ることができます。
+
+```javascript
+module.exports = function(context) {
+    var Q = context.requireCordovaModule('q');
+    var deferral = new Q.defer();
+
+    setTimeout(function(){
+      console.log('hook.js>> end');
+    deferral.resolve();
+    }, 1000);
+
+    return deferral.promise;
+}
+```
+
+`コンテキスト`オブジェクトにフックの種類、実行するスクリプトの完全なパスが含まれています, オプションのフックは、コルドバとトップレベル「コルドバ」オブジェクトに渡されるコマンドライン引数。
+
+```json
+{
+  "hook": "before_plugin_install",
+  "scriptLocation": "c:\\script\\full\\path\\appBeforePluginInstall.js",
+  "cmdLine": "The\\exact\\command\\cordova\\run\\with arguments",
+  "opts": {
+    "projectRoot":"C:\\path\\to\\the\\project",
+    "cordova": {
+      "platforms": ["wp8"],
+      "plugins": ["com.plugin.withhooks"],
+      "version": "0.21.7-dev"
+    },
+    "plugin": {
+      "id": "com.plugin.withhooks",
+      "pluginInfo": {
+        ...
+      },
+      "platform": "wp8",
+      "dir": "C:\\path\\to\\the\\project\\plugins\\com.plugin.withhooks"
+    }
+  },
+  "cordova": {...}
+}
+
+```
+
+`context.opts.plugin`オブジェクトのみプラグイン フック スクリプトに渡されます。
+
+コルドバの追加モジュールを要求する、次のように`context.requireCordovaModule`を使用してスクリプトのことも。
+
+```javascript
+var Q = context.requireCordovaModule('q');
+```
+
+**注**: `config.xml`または`plugin.xml`のみを介して定義されている`.js`ファイルに新しいモジュール ローダー スクリプト インターフェイスを使用します。 互換性の理由から`/hooks`フォルダーで指定したフック ファイルはノード child_process スポーン、後述を参照してください ' javascript' を介して実行されます。
+
+### 非 javascript
+
+**注**: Node.js を使用してクロスプラット フォームになるようにフックを書いて強くお勧めします上記の 'Javascript' セクションを参照してください。
+
+非 javascript スクリプトは、プロジェクトのルート ディレクトリからノード child_process スポーンを介して実行され、最初の引数としてルート ディレクトリ パスを持っています。 その他のすべてのオプションは、環境変数を使用してスクリプトに渡されます。
+
+  * CORDOVA_VERSION - コルドバ-CLI のバージョン。
+  * CORDOVA_PLATFORMS - カンマ区切りのコマンドに適用されるプラットフォームのリスト (例えば: アンドロイド, ios の)。
+  * CORDOVA_PLUGINS - カンマ区切りのプラグインに適用されます、コマンド Id のリスト (例: org.apache.cordova.file、org.apache.cordova.file 転送)
+  * CORDOVA_HOOK - 実行されているフックへのパス。
+  * CORDOVA_CMDLINE - コルドバに渡された正確なコマンドライン引数 (例えば: コルドバ - ios の実行をエミュレート)
+
+スクリプトには、ゼロ以外の終了コードが返された場合は、親コルドバ コマンドが中止されます。
+
+また、たとえウィンドウで作業しているし、コルドバ CLI は通訳を知るための最初の行として、shebang 行を期待するフック スクリプトない bat ファイル (これは推奨、Windows 以外のオペレーティング システムで動作するようにあなたのスクリプトの場合) のため必要を使用してスクリプトを起動するに注意してください。 Shebang 行は、次の例と一致する必要があります。
+
+    #!/usr/bin/env [name_of_interpreter_executable]
+    
+
+## サンプルの使用方法
+
+このサンプルは、コンソール出力生成された .apk ファイル Android プラットフォーム用のサイズにトレースするコルドバ フックの使用方法を示します。
+
+空白の Cordova アプリを作成し、プラットフォーム ビルドするたびに`afterBuild.js`スクリプトを実行するコルドバを指示する`config.xml`に次の定義を追加します。
+
+    <hook type="after_build" src="scripts/afterBuild.js" />
+    
+
+`Scripts/afterBuild.js`ファイルを作成し、次の実装を追加します。 我々 は、 `fs.stat`メソッドの非同期バージョンを使用して、フックを介して非同期機能を行うことができる方法を示します。
+
+    module.exports = function(ctx) {
+        // make sure android platform is part of build 
+        if (ctx.opts.platforms.indexOf('android') < 0) {
+            return;
+        }
+        var fs = ctx.requireCordovaModule('fs'),
+            path = ctx.requireCordovaModule('path'),
+            deferral = ctx.requireCordovaModule('q').defer();
+    
+        var platformRoot = path.join(ctx.opts.projectRoot, 'platforms/android');
+        var apkFileLocation = path.join(platformRoot, 'build/outputs/apk/android-debug.apk');
+    
+        fs.stat(apkFileLocation, function(err,stats) {
+            if (err) {
+                 deferral.reject('Operation failed');
+            } else {
+                console.log('Size of ' + apkFileLocation + ' is ' + stats.size +' bytes');
+                deferral.resolve();
+            }
+        });
+    
+        return deferral.promise;
+    };
+    
+
+上記の例のパラメーター `ctx`コルドバによって渡されるスクリプトの完全なパス、ターゲット プラットフォーム、コマンドライン引数などの実行コンテキストを表しし、も追加のヘルパー機能を公開します。 詳細については上記を参照してください`スクリプト インターフェイス`セクション。
+
+Android プラットフォームを追加し、ビルドを実行することができます。
+
+    cordova platform add android
+    ..
+    cordova build
+    ..
+    Size of path\to\app\platforms\android\build\outputs\apk\android-debug.apk is 1821193 bytes
+    
+
+多くの適切な使用例はここで見つけることができます。
+
+<http://devgirl.org/2013/11/12/three-hooks-your-cordovaphonegap-project-needs/>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/privacy/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/privacy/index.md b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/privacy/index.md
new file mode 100644
index 0000000..43fe4b8
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/privacy/index.md
@@ -0,0 +1,60 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: プライバシー ガイド
+---
+
+# プライバシー ガイド
+
+モバイル プライバシーは重要な問題はすべてアプリケーションの開発者に対処する必要があります。 ユーザーは、収集され、アプリによって適切に扱われる自分の個人情報を期待してください。また、今モバイル プライバシー慣行に関する法的要件がある管轄区域の増加する数があります。
+
+モバイル アプリのプライバシーに関するこのガイドは、いくつかの最も重要な問題に対処する*プライマー*を考慮しなければなりません。 いくつかの広く受け入れられているベスト プラクティスを概説し、他のより詳細なガイドと参照への参照を提供します。
+
+*   **プライバシー ポリシー**: アプリ情報のどんなアプリ収集からまたはユーザーについて、その情報の使用方法、誰と共有している、ユーザーがアプリ内のプライバシー関連の選択肢をすることができますどのようなトピックに対応するプライバシー ポリシーを含める必要があります。理解を助けるため、平易な言葉を使用して技術的な専門用語を避ける必要があります。 あなたのプライバシー ポリシーをアプリのマーケットプ レースでアプリの説明のようなダウンロードする前にレビューするユーザーのために利用可能にする必要があります。 さらに、お客様のプライバシー ポリシーをアプリ自体の内で使用可能にする必要があります。 モバイル デバイスのディスプレイのサイズに制限はプライバシー ポリシーを表示するための
 課題を作成します。 最も重要な情報が含まれるポリシーの*短い形式*の開発を検討し、詳細に興味がある人「長い形式」ポリシーへのリンクを提供しています。 いくつかのグループは、プライバシーに関する声明は、一度これらの規格の成熟を考慮したいと思うことを通信するためのアイコン ベースの基準を開発しようとしています。
+
+*   **機密性の高い情報の収集**: アプリの敏感な個人情報の収集を重要なプライバシーへの懸念を発生させます。 個人の機密情報の例は、個人の金融情報、健康およびからまたは子供についての情報。 また、特定のセンサーと携帯端末やタブレットの地理位置情報、連絡先/電話帳、マイク/カメラ ストアド画像/動画などで通常見られるデータベースから収集された情報が含まれています。 詳細については、次のマニュアル ページを参照してください:[カメラ][1]、[キャプチャ][2]、[連絡先][3]、および[ジオロケーション][4]。 一般に、機密情報を収集する前に、ユーザーの明示的な許可を取得してください、可能であれば、簡単に権限を変更することができます制御機構を提供します。 アプリケーションのオペレーティング システムは、
 レクションの前に、ユーザーの許可を求める - 時のダイアログ ボックスを提示することによっていくつかのインスタンスで助けることができます。 このような場合、必ず明確にどのようにアプリを使用して、該当する場合、このような情報を共有する] ダイアログ ボックスのテキストをカスタマイズするあらゆる機会を活用します。
+
+*   **ユーザーの驚きを回避する**: アプリを収集または場合アプリ (たとえば、保存画像にアクセスする音楽プレーヤー) の主な目的に照らしてユーザーに驚くべきことができる方法で情報を使用して、講じる必要が似たような機密性の高い個人情報の収集と同様。 それは、強くお勧め、ジャスト イン タイム ダイアログ ボックスの使用をコレクションについてユーザーに通知または情報の使用は、該当する場合は、対応するプライバシー制御を提供します。
+
+*   **サード パーティ製データ収集または共有**: アプリは、別の会社に提供される情報を収集する場合ソーシャルネットワーキングプラット フォームまたは (たとえば、アプリに広告が表示される場合)--広告ネットワークなどをユーザーに通知するそのコレクションの共有と。 少なくとも、あなたのプライバシー ポリシー、情報収集を記述する必要があるし、必要に応じて、ユーザーをコントロールする能力を提供していますこのようなコレクションのオプトアウトまたは共有します。
+
+*   **コレクションの制限とセキュリティ**: ユーザーの情報を使ってアプリを委託し、彼らはそれを保護するために適切なセキュリティ対策が講じるされることを期待します。 アプリは、コレクションの特定および正当なビジネス理由を持っていない限り、最初の場所で情報を収集する個人情報のセキュリティ侵害を避けるために最善の方法のいずれかのではないです。 収集する必要の情報、デバイスまたはバックエンド サーバー上に格納されているかどうかは、その情報を保護するために適切なセキュリティ制御を提供することを確認してください。 また、アプリ内で、バックエンド サーバー上に実装されている適切なデータ保持ポリシーを開発する必要があります。
+
+ [1]: cordova_camera_camera.md.html
+ [2]: cordova_media_capture_capture.md.html
+ [3]: cordova_contacts_contacts.md.html
+ [4]: cordova_geolocation_geolocation.md.html
+
+開発者のためのいくつかの追加の有用なモバイル プライバシー ガイドを次に示します。
+
+*   カリフォルニア州検事総長[、外出先でのプライバシー: モバイルの生態系のための推奨事項][5]
+
+*   民主主義・ テクノロジー プライバシーのフォーラム、[モバイル アプリ開発者のベスト プラクティス][6]の未来センター
+
+*   CTIA の無線協会、[ベスト プラクティスとガイドラインの場所ベースのサービス][7]
+
+*   連邦取引委員会[モバイル プライバシー情報開示: 透明性を通じて信頼関係の構築][8]
+
+*   [アプリケーションのプライバシーに関する][9]ウェブサイト プライバシー フォーラムの未来
+
+ [5]: http://oag.ca.gov/sites/all/files/pdfs/privacy/privacy_on_the_go.pdf
+ [6]: http://www.futureofprivacy.org/wp-content/uploads/Best-Practices-for-Mobile-App-Developers_Final.pdf
+ [7]: http://www.ctia.org/business_resources/wic/index.cfm/AID/11300
+ [8]: http://www.ftc.gov/os/2013/02/130201mobileprivacyreport.pdf
+ [9]: http://www.applicationprivacy.org
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/security/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/security/index.md b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/security/index.md
new file mode 100644
index 0000000..e7e533d
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/security/index.md
@@ -0,0 +1,108 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: セキュリティ ガイド
+---
+
+# セキュリティ ガイド
+
+コルドバのアプリケーションを開発するときに考慮する必要がありますいくつかのセキュリティのベスト プラクティスについて説明します。 セキュリティは非常に複雑なトピック、従ってこのガイドは完全ではないことを留意してください。 このガイドに貢献することができる場合は、お気軽[「ドキュメント」][1]の下でコルドバのバグ追跡システム問題を報告します。 このガイドは、一般的なコルドバ開発 (全プラットフォーム) に該当するように設計されますが、特別なプラットフォーム固有の注意事項が記載されます。
+
+ [1]: https://issues.apache.org/jira/browse/CB/component/12316407
+
+## このガイドには、次のトピックについて説明します。
+
+*   ホワイト リスト
+*   Iframe およびコールバック Id メカニズム
+*   証明書を固定
+*   自己署名証明書
+*   暗号化されたストレージ
+*   一般的なヒント
+*   お勧めの記事やその他のリソース
+
+## ホワイト リスト
+
+*   読み取りし、ホワイト リスト ガイドを理解します。
+
+*   Android の API 10 と以下は、ホワイト リスト登録のドメインは動作しませんし、iframe の WP8 XMLHttpRequest。 つまり、攻撃者が iframe 内の任意のドメインに読み込むことができ、iframe 内のページのスクリプトも一切コルドバの JavaScript オブジェクトと対応するネイティブ Java オブジェクトに直接アクセスできます。 これらのプラットフォーム用のアプリケーションを構築する際、これを考慮に入れなければなりません。 実際にはつまり、ターゲット 10 より高い Android の API と、可能であればを使用しない iframe を読み込む外部コンテンツ - inAppBrowser プラグインや他のサードパーティ製プラグインを使用してください。
+
+## Iframe およびコールバック Id メカニズム
+
+ホワイト リストに登録ドメインから iframe のコンテンツを提供しています、そのドメイン ネイティブ コルドバ ブリッジにお越し。 これはつまり、サードパーティの広告ネットワークをホワイト リストしこれら広告 iframe を通じて、悪意のある広告が iframe を打破し、悪意のある操作を実行することができること可能です。 このため、一般に使用しないでください iframe iframe コンテンツをホストしているサーバーをコントロールしていないかぎり。 サード パーティのプラグインの広告ネットワークをサポートするために利用できるがあることに注意してください。 この文が true の iOS は、iframe の接続を含むすべてを横取りしないことに注意してください。
+
+## 証明書を固定
+
+コルドバは固定する真の証明書をサポートしません。 これに対する主要な障壁は Android にネイティブ Api の欠如 SSL サーバーの証明書のチェックを実行する接続を遮断します。 (JSSE を使用して Java で Android 上の固定を行う証明書することは、Android 上 webview は C++ で書かれてサーバー接続はあなたのため、webview によって処理されますが、だから不可能だが Java と JSSE を使用する。)Apache コルドバは複数のプラットフォーム間で一貫性のある Api を提供するものです、のでその一貫性が切れます主要なプラットフォームの機能を持っていません。
+
+証明書を固定、またはアプリケーションの有効期間中に他の様々 な回でサーバーの公開キー (指紋) 予期される値が、アプリケーションの起動時のチェックなどを近似する方法があります。 サード パーティのプラグインを行うことができますコルドバがあります。 ただし、これは自動的に検証するサーバーへの接続ごとに予期される値の固定 true 証明書と同じです。
+
+## 自己署名証明書
+
+サーバーに自己署名証明書を使用することをお勧めします。 SSL を希望する場合、サーバーが既知の CA (証明機関) によって正しく署名されている証明書であることそれ勧め。 真の証明書を固定することができないことこれが重要になります。
+
+自己署名証明書を受け入れるサーバー証明書がデバイスによって有効と見なされることができます証明書チェーンの検証をバイパスするからです。 これは、中間者攻撃への通信を開きます。 ハッカーを傍受し、デバイスとサーバー間の通信を読むだけでなくだけでなく、コミュニケーションを変更する非常に簡単になります。 デバイスは、サーバーの証明書が信頼された CA によって署名されていることを確認しないのでこれが起こっているか決して知らない。 デバイスには、サーバーはそれを予期している証拠がありません。 中間者攻撃を行うための使いやすさのため自己署名入りの証明書の受け入れがだけ、信頼されていないネットワーク上の https ではなく http を実行するよりも同然。 はい、トラフィックは暗号化されますが、し
 し、真ん中の男は、暗号化は受動オブザーバーを除いて役に立たないので、すべてをアクセスできるように、- で-仲介者からのキーで暗号化できます。 ユーザーに SSL をセキュリティで保護された、信頼し、これが意図的を作ることそれ安全でない、SSL 使用は誤解を招くになります。 これが、信頼されたネットワークで使用される場合 (すなわち、あなたが制御された企業の完全に内側)、[自己署名入りの証明書はまだお勧めしません。 信頼されたネットワークで 2 つの提言は、ネットワーク自体が信頼できる、ちょうど http を使用するか (自己署名されていない) 信頼される CA によって署名された証明書を取得します。 ネットワークが信頼されているかはありません。
+
+ここで説明した原則は Apache コルドバに限定されない、すべてのクライアント サーバー間の通信に適用されます。
+
+Android でコルドバを実行する場合を使用して `android:debuggable="true"` 、アプリケーション マニフェストによって許可されます証明書などの SSL エラー チェーン検証エラー自己署名入りの証明書に。 この構成では自己署名入りの証明書を使用できますが、アプリケーションが運用環境で使用する構成ではありません。 アプリケーションの開発時にのみ使用するものです。
+
+## 暗号化されたストレージ
+
+(未定)
+
+## 一般的なヒント
+
+### Android のジンジャーブレッドを使用しないでください !
+
+*   10 以上 min ターゲット sdk レベルを設定します。API 10 ジンジャーブレッド, あり、ジンジャーブレッドは、もはや Google またはデバイスの製造元によってサポートされているし、お勧めしたがってできません Cordova チームによって。 
+*   ジンジャーブレッドは、安全でないことを示されているし、1 つは、最もターゲット モバイル Os [http://www.mobilemag.com/2012/11/06/andriod-2-3-gingerbread-security/][2]. 
+*   ジンジャーブレッドまたは低い Android 上のホワイト リストは動作しません。 つまり、攻撃者は悪意のあるコード コルドバ Api のすべてにアクセスする必要がありますし、そのアクセスを使用して個人データを盗む、プレミアム レート番号に SMS メッセージを送信およびその他の悪意のある行為を実行するでしたする iframe を読み込むことができます。 
+
+ [2]: http://bgr.com/2012/11/06/android-security-gingerbread-malware/
+
+### InAppBrowser 外部リンクを使用します。
+
+*   InAppBrowser は、外部のウェブサイトへのリンクを開くときに使用します。 これは、ホワイト リスト登録のドメイン名と、InAppBrowser ネイティブ ブラウザーのセキュリティ機能を使用して、web サイトを与えることはありませんので、あなたのアプリケーション内で直接内容を含むコルドバ環境へのアクセスよりはるかに安全です。 サード パーティの web サイトを信頼、アプリケーションに直接組み込む場合でもその第三者の web サイトは悪意のある web コンテンツをリンクでした。 
+
+### すべてのユーザー入力を検証します。
+
+*   常にあなたのアプリケーションを受け入れるすべての入力を検証します。 これには、ユーザー名、パスワード、日付、アップロードされたメディアなどが含まれます。 攻撃者は HTML と JS 資産 (アプリケーションを逆コンパイル、または chrome://inspect のようなデバッグ ツールを使用するか) 操作可能性があります、ためこの検証データ任意のバックエンド サービスに渡す前に、特にまた、サーバー上実行必要があります。 
+*   他のソースのデータを検証する必要があります: ユーザー ドキュメント、連絡先、プッシュ通知
+
+### 機密性の高いデータをキャッシュしません。
+
+*   ユーザー名、パスワード、地理位置情報などの機密データをキャッシュする場合それが潜在的取得後、未承認のユーザーやアプリケーションによって。
+
+### あなたが何をやっている知っている限り、eval() を使用しないでください。
+
+*   JavaScript 関数 eval() 虐待されての長い歴史を持ちます。正しくを使用、コードのデバッグの難しさ、およびコード実行の速度が低下、インジェクション攻撃のために開くことができます。 
+
+### ソース コードが安全であるとは限りません
+
+*   コルドバのアプリケーションは、ネイティブなコンテナーにパッケージ化された HTML と JavaScript の資産から組み込まれて、あなたのコードが安全であることを考えないでください。 リバース エンジニア リング、コルドバ アプリケーションに可能です。 
+
+## お勧めの記事やその他のリソース
+
+*   [HTML5 アプリケーションをセキュリティ保護する方法を詳述した HTML5 セキュリティ カンニング][3]
+*   [データの暗号化を使用するなど、デバイスのセキュリティに関する Phonegap の記事][4]
+*   [Webview でよく知られているセキュリティ上の欠陥についてのホワイト ペーパー ベースのハイブリッド アプリケーション][5]
+
+ [3]: https://www.owasp.org/index.php/HTML5_Security_Cheat_Sheet
+ [4]: https://github.com/phonegap/phonegap/wiki/Platform-Security
+ [5]: http://www.cis.syr.edu/~wedu/Research/paper/webview_acsac2011.pdf
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/fd1b79a4/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/whitelist/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/whitelist/index.md b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/whitelist/index.md
new file mode 100644
index 0000000..ffcbb80
--- /dev/null
+++ b/www/docs/ja/5.4.0/guide/appdev/whitelist/index.md
@@ -0,0 +1,145 @@
+---
+license: >
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+        http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+
+title: ホワイト リスト ガイド
+---
+
+# ホワイト リスト ガイド
+
+ホワイト リスト登録のドメインのアクセスを制御するセキュリティ モデルは、アプリケーションが制御なしの外部ドメインに。 コルドバは、外部サイトへのアクセスを定義する構成可能なセキュリティ ポリシーを提供します。 既定では、新しいアプリ任意のサイトへのアクセスを許可するように構成されています。 生産へアプリケーションを移動する前に、ホワイト リストを策定し、特定のネットワーク ドメインおよびサブドメインにアクセスできるようにする必要があります。
+
+Android と iOS の (現在の 4.0 リリース) は、コルドバのセキュリティ ポリシーはプラグイン インター フェース経由で拡張可能です。 良いセキュリティとコルドバの以前のバージョンよりも構成を提供するので、アプリ[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]を使用してください。 それはホワイト リスト プラグインを実装することが可能ですが、アプリは非常に特定のセキュリティ ポリシーの必要性を持っていない限りは推奨されません。 使用法と構成[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。
+
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-plugin-whitelist
+
+他のプラットフォーム用コルドバは特定のドメインへのネットワーク アクセスを有効にするアプリの`config.xml`ファイル内で`<access>`要素に依存している[W3C のウィジェットのアクセス][2]仕様に準拠しています。 コマンド ライン インターフェイスで記述された CLI ワークフローに依存するプロジェクトのためこのファイルにあるプロジェクトの最上位ディレクトリ それ以外の場合、プラットフォーム固有の開発パス場所は以下のセクションに表示されます。 (各プラットフォーム上のさまざまなプラットフォームのガイドの詳細を参照)。
+
+ [2]: http://www.w3.org/TR/widgets-access/
+
+次の例では、 `<access>`ホワイト リストの構文。
+
+*   [Google.com][3]へのアクセス:
+    
+        <access origin="http://google.com" />
+        
+
+*   安全な[google.com][4]へのアクセス ( `https://` )。
+    
+        <access origin="https://google.com" />
+        
+
+*   サブドメイン[maps.google.com][5]へのアクセス:
+    
+        <access origin="http://maps.google.com" />
+        
+
+*   すべてのサブドメインに[google.com][3]、たとえば[接続][6]と[docs.google.com][7]へのアクセス:
+    
+        <access origin="http://*.google.com" />
+        
+
+*   たとえば、 [google.com][3]および[developer.mozilla.org][8]の*すべて*のドメインへのアクセス:
+    
+        <access origin="*" />
+        
+    
+    これは、新しく作成した CLI プロジェクトの既定値です。
+
+ [3]: http://google.com
+ [4]: https://google.com
+ [5]: http://maps.google.com
+ [6]: http://mail.google.com
+ [7]: http://docs.google.com
+ [8]: http://developer.mozilla.org
+
+Https プロトコルを使用してなどまたは国固有のドメインを別の url にいくつかのウェブサイトが自動的にリダイレクトをホームページからことを留意してください。 たとえば http://www.google.com https://www.google.com で SSL/TLS を使用するリダイレクトされ、さらに https://www.google.co.uk などの地理にリダイレクト可能性があります。 このようなシナリオは、初期の要件では、変更または追加のホワイト リストのエントリーを必要があります。 ホワイト リストを構築するいると、これをご検討ください。
+
+メモ、ホワイト リストにメイン コルドバ webview にのみ適用されます InAppBrowser webview またはシステム web ブラウザーで開くリンクには適用されません。
+
+## アマゾン火 OS ホワイト
+
+プラットフォーム固有のホワイト リスト登録ルールの `res/xml/config.xml` で発見します。.
+
+## Android のホワイト リスト
+
+上記のように、[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。 コルドバ アンドロイド 4.0.0 の前に、このドキュメントの古いバージョンを参照してください。
+
+## iOS ホワイト
+
+上記のように、[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。 コルドバ ios 4.0.0 の前に、このドキュメントの古いバージョンを参照してください。
+
+## ブラックベリー 10 ホワイト
+
+`Www/config.xml`でホワイト リスト登録ルールの発見します。.
+
+ブラックベリー 10年使用ワイルドカードの次の 2 つの方法で他のプラットフォームによって異なります。
+
+*   `XMLHttpRequest`によってアクセスできるコンテンツを明示的に宣言する必要があります。 設定`origin="*"`この場合動作しません。 また、すべての web セキュリティできない可能性がありますブラックベリーの構成で説明されている`WebSecurity`設定を使用しています。
+    
+        <preference name="websecurity" value="disable" />
+        
+
+*   設定`*.domain`に代わるものとして追加`サブドメイン`属性を`true`に設定します。 それはデフォルトで`false`に設定する必要があります。 たとえば、次のアクセス許可を`google.com`、 `maps.google.com`と`docs.google.com`:
+    
+        <access origin="http://google.com" subdomains="true" />
+        
+    
+    `Google.com`へ次のナロウズ アクセス:
+    
+        <access origin="http://google.com" subdomains="false" />
+        
+    
+    ローカル`file://`プロトコルを含むすべてのドメインへのアクセスを指定します。
+    
+        <access origin="*" subdomains="true" />
+        
+
+(サポートの詳細については、マニュアル参照してくださいブラックベリーの[アクセス要素][9].)
+
+ [9]: https://developer.blackberry.com/html5/documentation/ww_developing/Access_element_834677_11.html
+
+## Firefox OS
+
+Firefox の OS でない概念はホワイト リストの特定のドメインです。 代わりに[SystemXHR][10]と呼ばれる特別なアクセス許可です。 このアクセス許可を`config.xml`に追加する必要があります。
+
+ [10]: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/XMLHttpRequest#Permissions
+
+    <platform name="firefoxos">
+        <permission name="systemXHR" privileged="true" description="load data from server" />
+    </platform>
+    
+
+`XMLHttpRequest`オブジェクトは 2 つのパラメーター `mozAnon`と`mozSystem`でインスタンス化する必要があります。
+
+    var request = new XMLHttpRequest({
+        mozAnon: true,
+        mozSystem: true});
+    
+
+他のプラットフォーム用の違いはありませんので、このソリューションは透過的です。
+
+## Windows Phone のホワイト リスト
+
+Windows Phone 8 のホワイト リスト登録の規則は、アプリケーションの`config.xml`ファイルで発見されます。
+
+## Tizen ホワイト
+
+ホワイト リスト登録の規則は、アプリケーションの`config.xml`ファイルで発見されます。 プラットフォームは、黒イチゴ ・ プラットホームと同じ`サブドメイン`属性に依存します。 (サポートの詳細については、マニュアル参照してください Tizen の[access の要素][11].)
+
+ [11]: https://developer.tizen.org/help/index.jsp?topic=%2Forg.tizen.web.appprogramming%2Fhtml%2Fide_sdk_tools%2Fconfig_editor_w3celements.htm
\ No newline at end of file


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message