cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From dblot...@apache.org
Subject [14/26] docs commit: Global search and replace: wheeeeeee. Images fixed now.
Date Sat, 08 Aug 2015 03:13:21 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/cli/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/cli/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/cli/index.md
index 4b9427a..d7bdc69 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/cli/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/cli/index.md
@@ -3,14 +3,14 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
          under the License.
-    
+
 
 ---
 
@@ -42,12 +42,12 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 1.  ダウンロードしてインストール[Node.js][1]。呼び出すことができる必要がありますインストール直後は、 `node` または `npm` コマンド ライン。
 
 2.  インストール、 `cordova` ユーティリティ。Unix では、プレフィックス、追加 `sudo` 開発ユーティリティをインストールする必要があるかもしれませんコマンドでディレクトリを制限されてそれ以外の場合。
-    
+
         $ sudo npm install -g cordova
-        
-    
+
+
     インストール ログすべてアンインストールされたプラットフォーム Sdk の誤差が生じる可能性があります。インストール後、実行することができる必要があります `cordova` コマンド ・ ラインで。
-    
+
     **注**: `-g` 上記のフラグは、npm コルドバをグローバルにインストールします。 Npm ディレクトリ グローバルを呼び出すためにあなたのパスにインストールする npm モジュールを追加する必要があります。 Windows では、npm が通常あります `C:\Users\username\AppData\Roaming\npm` と Unix で`/usr/local/share/npm`.
 
  [1]: http://nodejs.org/
@@ -57,7 +57,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 ソース コードを維持する、ディレクトリに移動し、次のようなコマンドを実行します。
 
         $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
-    
+
 
 いくつかの時間がかかるを完了するコマンドがかかります。コマンドを実行して、 `-d` オプションは、進行状況に関する情報を表示します。
 
@@ -72,7 +72,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 すべての後続コマンドは、プロジェクトのディレクトリまたはそのサブディレクトリのスコープ内で実行する必要があります。
 
         $ cd hello
-    
+
 
 プロジェクトをビルドする前に対象プラットフォームのセットを指定する必要があります。 これらのコマンドを実行する能力にあなたのマシンが各 SDK をサポートしているかどうかに依存し、各 SDK をインストールされて既にがあるかどうか。 Mac からこれらのいずれかを実行します。
 
@@ -81,7 +81,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
         $ cordova platform add firefoxos
-    
+
 
 *Wp*は Windows Phone オペレーティング システムの異なるバージョンを参照 Windows マシンからこれらのいずれかを実行します。
 
@@ -92,12 +92,12 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
         $ cordova platform add firefoxos
-    
+
 
 現在のプラットフォームのセットを確認するこれを実行します。
 
         $ cordova platforms ls
-    
+
 
 (注、 `platform` と `platforms` コマンドは同じ意味です)。
 
@@ -106,7 +106,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform remove blackberry10
         $ cordova platform rm amazon-fireos
         $ cordova platform rm android
-    
+
 
 各指定されたプラットフォームがサブディレクトリとして追加またはプラットフォームに影響を与えるプロジェクトの*プラットフォーム*ディレクトリの内容を削除するコマンドを実行します。 *Www*ソース ディレクトリは再現などに表示されるプラットフォームごとのサブディレクトリ内で `platforms/ios/www` または `platforms/android/assets/www` 。 CLI 常にコピーするので*www*のソース フォルダーからファイルをこれらのファイルではなく*プラットフォーム*サブディレクトリの下にあるもののみ編集する必要があります。 バージョン管理ソフトウェアを使用する*マージ*フォルダーと共にこのソース*www*フォルダーをバージョン管理システムに追加してください。 (*マージ*フォルダーに関する詳細については、下記の各プラットフォームのカスタマ
 ズ セクションで発見ことができます)。
 
@@ -123,18 +123,18 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 繰り返しプロジェクトをビルドする、次のコマンドを実行します。
 
         $ cordova build
-    
+
 
 これは、プロジェクト内でプラットフォーム固有のコードを生成します `platforms` サブディレクトリ。必要に応じて、特定のプラットフォームを各ビルドのスコープを制限できます。
 
         $ cordova build ios
-    
+
 
 `cordova build`コマンドは、この例では、単一のプラットフォームにも対象指定される次の簡略化。
 
         $ cordova prepare ios
         $ cordova compile ios
-    
+
 
 この場合、1 回を実行する `prepare` 、変更およびコルドバ内で生成するプラットフォーム固有のコードをコンパイルする別の方法として Apple の Xcode SDK を使用することができます `platforms/ios` 。 他のプラットフォームの Sdk と同じアプローチを使用できます。
 
@@ -143,7 +143,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 モバイル プラットフォーム用の Sdk はしばしばホーム画面からアプリを起動し、それは多くのプラットフォーム機能と対話する方法を参照してくださいすることができますようにデバイス イメージを実行するエミュレーターにバンドルされています。 アプリを再構築し、特定のプラットフォームのエミュレーター内で表示するには、次のようなコマンドを実行します。
 
         $ cordova emulate android
-    
+
 
 いくつかのモバイル プラットフォーム既定では、iOS のプロジェクトのため iPhone など、特定のデバイスをエミュレートします。他のプラットフォーム用に最初のデバイス エミュレーターに関連付ける必要があります。
 
@@ -153,18 +153,18 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 
 ![][2]
 
- [2]: img/guide/cli/android_emulate_init.png
+ [2]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/cli/android_emulate_init.png
 
 フォロー アップで、 `cordova emulate` コマンドは、ホーム画面から起動できるようになります最新のアプリケーションを表示するエミュレーター イメージを更新します。
 
 ![][3]
 
- [3]: img/guide/cli/android_emulate_install.png
+ [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/cli/android_emulate_install.png
 
 代わりに、携帯電話をお使いのコンピューターに差し込み、アプリを直接テストすることができます。
 
         $ cordova run android
-    
+
 
 このコマンドを実行する前に必要、テスト デバイスを設定するプラットフォームごとに異なる手順に従います。 人造人間とアマゾン火 OS のデバイス、デバイス上の**USB デバッグ**オプションを有効にして、おそらく開発環境に応じて USB ドライバーを追加する必要があります。 各プラットフォームの要件の詳細については、プラットフォームのガイドを参照してください。
 
@@ -177,135 +177,135 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
  [4]: http://plugins.cordova.io/
 
         $ cordova plugin search bar code
-    
+
         com.phonegap.plugins.barcodescanner - Scans Barcodes
-    
+
 
 のみをお探しの `bar` 言葉の利回りと追加の結果。
 
         org.apache.cordova.statusbar - Cordova StatusBar Plugin
-    
+
 
 `cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。 Web プロジェクト開発のワークフローに従います、CLI を使用すると、CLI は世話することプラットフォームごとの適切な場所にプラグインのコードを追加するに注意してください。 (場合ネイティブ プロジェクト Dev ワークフローに従っている、あなたが各プラットフォーム Plugman (ガイド リンクはここ)、複数回を使用してプラグインを追加する。)
 
 CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 *   基本的なデバイス情報 (デバイス API):
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.device
-        
+
 
 *   ネットワーク接続とバッテリーのイベント:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.network-information
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.battery-status
-        
+
 
 *   加速度計、コンパス、および地理位置情報:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-motion
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-orientation
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.geolocation
-        
+
 
 *   カメラ、メディアの再生とキャプチャ:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.camera
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.media-capture
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.media
-        
+
 
 *   デバイスまたはネットワーク (File API) 上のアクセス ファイル:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.file
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.file-transfer
-        
+
 
 *   ダイアログ ボックスまたは振動による通知:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.dialogs
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.vibration
-        
+
 
 *   連絡先:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.contacts
-        
+
 
 *   グローバル化:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.globalization
-        
+
 
 *   スプラッシュ ・ スクリーン:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.splashscreen
-        
+
 
 *   開いている新しいブラウザー ウィンドウ (InAppBrowser):
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.inappbrowser
-        
+
 
 *   デバッグ コンソール:
-    
+
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
-        
+
 
 使用 `plugin ls` (または `plugin list` 、または `plugin` 自体によって) 現在を表示するプラグインをインストールします。それぞれの識別子が表示されます。
 
         $ cordova plugin ls    # or 'plugin list'
         [ 'org.apache.cordova.console' ]
-    
+
 
 プラグインを削除するには、リストに表示される同じ識別子によってそれを参照してください。たとえば、ここではリリース バージョンからデバッグ コンソールのサポートを削除するだろう方法です。
 
         $ cordova plugin rm org.apache.cordova.console
         $ cordova plugin remove org.apache.cordova.console    # same
-    
+
 
 バッチ削除したりコマンドごとに 1 つ以上の引数を指定して、プラグインを追加します。
 
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console org.apache.cordova.device
-    
+
 
 ## 高度なプラグインのオプション
 
 プラグインを追加するときいくつかのオプション プラグインを取得する場所からを指定することができます。 上記の例をよく知られている使用して `registry.cordova.io` レジストリ、およびプラグインで指定の `id` :
 
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
-    
+
 
 `id`の後に追加のプラグインのバージョン番号を含めることができます、 `@` 文字です。`latest`のバージョンは最新バージョンの別名です。たとえば。
 
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console@latest
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console@0.2.1
-    
+
 
 プラグインが登録されていない場合 `registry.cordova.io` が別の git リポジトリ内にある別の URL を指定することができます。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git
-    
+
 
 上記の git の例は、master ブランチの終わりからプラグインをフェッチが後、代替 git ref タグまたは分岐などを追加することができます、 `#` 文字。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git#r0.2.0
-    
+
 
 場合は、プラグイン (とその `plugin.xml` ファイル) は git のレポ内のサブディレクトリでそれを指定することができます、 `:` 文字。 注意してください、 `#` 文字が必要であります。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/someone/aplugin.git#:/my/sub/dir
-    
+
 
 また、git ref とサブディレクトリの両方を組み合わせることができます。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/someone/aplugin.git#r0.0.1:/my/sub/dir
-    
+
 
 またはを含むプラグイン ディレクトリへのローカル パスを指定する、 `plugin.xml` ファイル。
 
         $ cordova plugin add ../my_plugin_dir
-    
+
 
 ## 各プラットフォームのカスタマイズを*マージ*を使用します。
 
@@ -314,16 +314,16 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 代わりに、最上位 `merges` ディレクトリの特定のプラットフォームに展開する資産を指定する場所を提供しています。 各プラットフォーム固有のサブディレクトリ内で `merges` のディレクトリ構造をミラー、 `www` ソース ツリーで、オーバーライドまたは必要に応じてファイルを追加することができます。 たとえば、使用する可能性がありますどのようにここでは `merges` Android とアマゾン火 OS デバイスの既定のフォント サイズを後押しします。
 
 *   編集、 `www/index.html` 、追加の CSS ファイルへのリンクを追加して、ファイル `overrides.css` この場合。
-    
+
         <link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/overrides.css" />
-        
+
 
 *   必要に応じて作成する空の `www/css/overrides.css` ファイル、不足しているファイルのエラーを防止する、すべてのアンドロイド ビルドに適用されます。
 
 *   作成、 `css` 内のサブディレクトリ `merges/android` 、追加し、対応する `overrides.css` ファイル。 CSS オーバーライド内で指定された 12 ポイントの既定のフォント サイズを指定する `www/css/index.css` 、たとえば。
-    
+
         body { font-size:14px; }
-        
+
 
 プロジェクトをリビルドするとき他が変わらない間、Android のバージョン カスタム フォント サイズを備えています。
 
@@ -335,12 +335,12 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
     $ cordova help
     $ cordova        # same
-    
+
 
 `info`コマンドは、現在インストールされているプラットフォームとプラグイン、各プラットフォーム用の SDK バージョン CLI のバージョンなどの潜在的有用な詳細情報の一覧を生成して `node.js` :
 
     $ cordova info
-    
+
 
 両方の画面に情報を提示し、地元の出力をキャプチャ `info.txt` ファイル。
 
@@ -351,18 +351,18 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 インストールした後、 `cordova` ユーティリティ、常に更新できます、最新のバージョンに次のコマンドを実行します。
 
         $ sudo npm update -g cordova
-    
+
 
 特定のバージョンをインストールするには、この構文を使用します。
 
         $ sudo npm install -g cordova@3.1.0-0.2.0
-    
+
 
 実行 `cordova -v` を現在実行されているどのバージョンを参照してください。 実行、 `npm
 info` をその他の利用可能なバージョン番号と共に現在のバージョンを含む長い一覧のコマンド。
 
         $ npm info cordova
-    
+
 
 コルドバ 3.0 は、このセクションで説明されているコマンド ライン インターフェイスをサポートするために最初のバージョンです。 前述のように、新しいプロジェクトを作成し、古いアプリケーション資産の最上位レベルにコピーする必要があります 3.0 以前のバージョンから更新する場合は `www` ディレクトリ。 該当する場合は、3.0 へのアップグレードに関する詳細はプラットフォームのガイドで利用できます。 アップグレードした後、 `cordova` コマンド ライン インターフェイスおよび使用 `npm update` 現在滞在より時間のかかる手順には、もはや関連。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/amazonfireos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/amazonfireos/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/amazonfireos/index.md
index 86f16ef..a403e2d 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/amazonfireos/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/amazonfireos/index.md
@@ -49,12 +49,12 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 Mac、Linux または他の Unix ライクなプラットフォームで、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK のインストールに応じて、次のような行を追加します。
 
     エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
-    
+
 
 これは、SDK で新しくオープンしたターミナル windows のツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
 
     $ ソース ~/.bash_profile
-    
+
 
 Windows 7 を道の環境を変更: する
 
@@ -67,16 +67,16 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
 *   **パス**変数を選択し、キーを押して**編集**.
 
 *   たとえば、SDK をインストールしたに基づくパスに次を追加します。
-    
+
         ;C:\Development\adt-bundle\sdk\platform-tools;C:\Development\adt-bundle\sdk\tools
-        
+
 
 *   値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
 
 また、コマンド ・ プロンプトとタイプ Java および Ant. オープンを有効にする必要があります `java` 、また入力と `ant` 。パスに追加いずれかを実行する失敗します。
 
     ;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
-    
+
 
 ### アマゾン WebView SDK
 
@@ -93,7 +93,7 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
     $ cd hello
     $ cordova platform add amazon-fireos
     $ cordova build
-    
+
 
 作成したらここでは、SDK を使用して、それを変更する方法です。
 
@@ -107,7 +107,7 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
 
 *   **終了**キーを押します。.
 
- [3]: img/guide/platforms//eclipse_new_project.png
+ [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms//eclipse_new_project.png
 
 Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
 
@@ -130,8 +130,8 @@ Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**
 アプリをデバイスにプッシュするには、コマンド行から。
 
     $ cordova run amazon-fireos
-    
+
 
 Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、**人造人間アプリケーション → として実行**を選択します.
 
-**注**: 現在、エミュレーターを介してテストはサポートされていませんアマゾン WebView ベースのアプリ。
\ No newline at end of file
+**注**: 現在、エミュレーターを介してテストはサポートされていませんアマゾン WebView ベースのアプリ。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/android/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/android/index.md
index 4625181..2d430d3 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/android/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/android/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -54,12 +54,12 @@ Android SDK をインストールします。 [developer.android.com/sdk][3].And
 コルドバ動作するコマンド ライン ツール、SDK の含まする必要があります `tools` と `platform-tools` パス環境のディレクトリ。 Mac、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK のインストールに応じて、次のような行を追加します。
 
     エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
-    
+
 
 これは、SDK で新しくオープンしたターミナル windows のツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
 
     $ ソース ~/.bash_profile
-    
+
 
 Windows 7 を道の環境を変更: する
 
@@ -72,16 +72,16 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
 *   **パス**変数を選択し、キーを押して**編集**.
 
 *   たとえば、SDK をインストールしたに基づくパスに次を追加します。
-    
+
         ;C:\Development\adt-bundle\sdk\platform-tools;C:\Development\adt-bundle\sdk\tools
-        
+
 
 *   値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
 
 また、コマンド ・ プロンプトとタイプ Java および Ant. オープンを有効にする必要があります `java` 、また入力と `ant` 。パスに追加いずれかを実行する失敗します。
 
         ;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
-    
+
 
 ## SDK でプロジェクトを開く
 
@@ -91,7 +91,7 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
         $ cd hello
         $ cordova platform add android
         $ cordova build
-    
+
 
 作成したらここでは、SDK を使用して、それを変更する方法です。
 
@@ -107,7 +107,7 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
 
 *   **終了**キーを押します。.
 
- [5]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
+ [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
 
 Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
 
@@ -128,45 +128,45 @@ Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**
 *   実行 `android` コマンド ・ ラインで。
 
 *   Eclipse、内でこのツールバー アイコンを押します。
-    
+
     ![][6]
 
- [6]: img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
+ [6]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
 
 一度開いて、アンドロイド SDK マネージャーはさまざまなランタイム ライブラリが表示されます。
 
 ![][7]
 
- [7]: img/guide/platforms/android/asdk_window.png
+ [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/asdk_window.png
 
 **ツール → 管理 Avd** (Android 仮想デバイス) を選択し、表示されたダイアログ ボックス内の**デバイス定義**から任意の項目を選択します。
 
 ![][8]
 
- [8]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
+ [8]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/asdk_device.png
 
 プレス**AVD の作成**、必要に応じて、名前の変更、変更を受け入れて**[ok]**を押します。
 
 ![][9]
 
- [9]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
+ [9]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
 
 これで、AVD **Android 仮想デバイス**リストに表示されます。
 
 ![][10]
 
- [10]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
+ [10]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
 
 エミュレーターを開くには、個別のアプリケーションとして、AVD を選択し、**開始**を押します。ハードウェア ボタンで使用できるコントロールを追加して、デバイスのように多くを起動します。
 
 ![][11]
 
- [11]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
+ [11]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
 
 この時点で使用することができます、 `cordova` ユーティリティをコマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
 
         $ cordova emulate android
-    
+
 
 Eclipse 内で作業する代わりに、プロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します。どれもが既に開かれている場合、AVD を指定しようとしています。
 
@@ -189,6 +189,6 @@ Eclipse 内で作業する代わりに、プロジェクトを右クリックし
 アプリをデバイスにプッシュするには、コマンド行から。
 
         $ cordova run android
-    
 
-Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、**人造人間アプリケーション → として実行**を選択します.
\ No newline at end of file
+
+Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、**人造人間アプリケーション → として実行**を選択します.

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/blackberry10/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/blackberry10/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/blackberry10/index.md
index e171d7e..c2a5570 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/blackberry10/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/blackberry10/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -35,17 +35,17 @@ Windows:
 *   **私のコンピューター → プロパティ → 詳細設定 → 環境変数**に行く.
 
 *   ネイティブ SDK のインストール ディレクトリ パスに追加、たとえば。
-    
+
     ;C:\bbndk\host\_10\_2\_0\_132\darwin\x86\usr\bin\
 
 Mac および Linux:
 
 *   編集、 `~/.bash_profile` ネイティブ SDK のインストール先に応じて、次のような行を追加するファイル。
-    
+
     $ export PATH=${PATH}:/Applications/Momentics.app/host\_10\_2\_0\_15/darwin/x86/usr/bin/
 
 *   現在のセッションで変更を適用するのには、次を実行します。
-    
+
     $ ソース ~/.bash_profile
 
 ## 署名を設定します。
@@ -61,7 +61,7 @@ Mac および Linux:
 最後の手順は、署名証明書を生成します。
 
     $ blackberry-keytool -genkeypair -storepass <password> -author 'Your Name’
-    
+
 
 ## プロジェクトを作成します。
 
@@ -71,7 +71,7 @@ Mac および Linux:
     $ cd hello
     $ cordova platform add blackberry10
     $ cordova build
-    
+
 
 ## エミュレーターへの展開します。
 
@@ -88,18 +88,18 @@ Mac および Linux:
 
 ![][3]
 
- [3]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_home.png
+ [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/blackberry10/bb_home.png
 
 移動し、**セキュリティとプライバシー → 開発モード**セクションし、オプションを有効にします。
 
 ![][4]
 
- [4]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_devel.png
+ [4]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/blackberry10/bb_devel.png
 
 その後、実行、 `emulate` アプリケーションを表示するコマンド。
 
     $ cordova emulate blackberry10 --devicepass <password>
-    
+
 
 ## デバイスへの配置します。
 
@@ -108,12 +108,12 @@ Mac および Linux:
 その後、実行、 `run` アプリケーションを表示するコマンド。
 
     $ cordova run blackberry10 --devicepass <password>
-    
+
 
 デバッグ トークンがまだない場合、デバイスの設定、エラー メッセージされたらパスワードを入力するときにアプリケーションに署名するお使いのコンピューターの構成を定義しています。
 
     $ cordova run blackberry10 --devicepass <password> --keystorepass <signing password>
-    
+
 
 ## WebInspector とデバッグ
 
@@ -128,7 +128,7 @@ Mac および Linux:
 使用する `--release` BlackBerry の世界を介して配信に適してリリース バージョンを作成します。
 
     $ cordova build --release --keystorepass <signing password>
-    
+
 
 `--keystorepass`オプションに署名するお使いのコンピューターを構成するときに定義されたパスワードを指定しますアプリケーション。
 
@@ -139,13 +139,13 @@ Mac および Linux:
 コマンド ライン ユーティリティのセットを追加、プロジェクトの BlackBerry 10 プラットフォームを設定するときに含められます。 この場合、プロジェクトの最上位ディレクトリから呼び出される、次のコマンドは*emu* IP アドレスを持つという名前のターゲットを関連付けます。
 
 *   Windows:
-    
+
     $ platforms\blackberry10\cordova\target.bat add emu 192.168.2.24 -t simulator
 
 *   Mac の/Linux: 上
-    
+
     $ platforms/blackberry10/cordova/target add emu 192.168.2.24 -t simulator
 
 ターゲットが定義されたら、実行するコマンドを使用する提供できます `--target` :
 
-    $ cordova run blackberry10 --target=emu
\ No newline at end of file
+    $ cordova run blackberry10 --target=emu

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/ios/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/ios/index.md
index a114546..e312e59 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/ios/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/ios/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -55,13 +55,13 @@ Xcode をインストールすると、いくつかのコマンド ライン ツ
         $ cd hello
         $ cordova platform add ios
         $ cordova prepare              # or "cordova build"
-    
+
 
 作成後は、Xcode の内でからそれを開くことができます。ダブルクリックして開き、 `hello/platforms/ios/hello.xcodeproj` ファイル。このような画面になります。
 
 ![][4]
 
- [4]: img/guide/platforms/ios/helloworld_project.png
+ [4]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/helloworld_project.png
 
 ## エミュレーターへの展開します。
 
@@ -72,17 +72,17 @@ Xcode をインストールすると、いくつかのコマンド ライン ツ
 2.  右側のパネルで**こんにち**はアプリを選択します。
 
 3.  ツールバーの**配色**メニューから目的のデバイスを選択します、iPhone などとして 6.0 シミュレータはここに強調:
-    
+
     ![][5]
 
 4.  **スキーム**の左側に同じツールバーに表示される**実行**ボタンを押します。 ビルド、配置、エミュレーターでアプリケーションを実行します。 独立したエミュレータ アプリケーションは、アプリを表示するが開きます。
-    
+
     ![][6]
-    
+
     1 つだけのエミュレーターでは一度に実行可能性がありますので、別のエミュレーターでアプリケーションをテストする場合は、エミュレーターのアプリケーションを終了し、Xcode の内で別のターゲットを実行する必要があります。
 
- [5]: img/guide/platforms/ios/select_xcode_scheme.png
- [6]: img/guide/platforms/ios/HelloWorldStandard.png
+ [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/select_xcode_scheme.png
+ [6]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/HelloWorldStandard.png
 
 Xcode のためのエミュレーターが付属、最新の iPhone と iPad のバージョン。 古いバージョンはから入手できます、 **Xcode → 設定 → ダウンロード → コンポーネント**パネル。
 
@@ -117,14 +117,14 @@ Xcode のためのエミュレーターが付属、最新の iPhone と iPad の
 Xcode の警告について、 `invokeString` メソッドは、カスタム URL からアプリを起動する機能にかかわる。 カスタム URL から読み込むためのメカニズムが変更されており、このコードはまだ存在している後方コルドバの古いバージョンで作成されたアプリの機能を提供します。 これらの警告を無視することができますので、サンプル アプリはこの機能を使用しません。 これらの警告が表示されないように、非推奨となった invokeString API を参照するコードを削除します。
 
 *   *Classes/MainViewController.m*ファイルを編集して、コードの次のブロックを囲む `/*` および `*/` 下図のように、そのタイプのコメント**コマンドの**ファイルを保存します。
-    
+
         (void) webViewDidFinishLoad:(UIWebView*) theWebView {//___PROJECTNAME__ Info.plist を処理するプロトコルを指定した場合にのみ有効/* 場合 (self.invokeString) {//deviceready NSLog を受信したときの js でアクセスすることができますので、deviceready イベントが発生する前に渡されます (@"非推奨: window.invokeString - 常によばれるカスタム スキームの url を使用してアプリを起動したとき、代わりに window.handleOpenURL(url) 関数を使用します");。NSString * jsString = [NSString stringWithFormat:@"var invokeString = \"% @\「;」、self.invokeString];[theWebView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:jsString];} *//黒の基本色/背景に一致するネイティブ アプリ theWebView.backgroundColor = [UIColor blackColor];[スーパー webViewDidFinishLoad: theWebView] を返します。}
-        
+
 
 *   下図のように、2 つのスラッシュを挿入して次の行をコメント アウト、 *Classes/AppViewDelegate.m*ファイルを編集し、**コマンドの**ファイルを保存する入力します。
-    
+
         //self.viewController.invokeString = invokeString;
-        
+
 
 *   **コマンド + b**ボタンを押して、プロジェクトをリビルドし、警告を除去します。
 
@@ -135,10 +135,10 @@ Xcode の警告について、 `invokeString` メソッドは、カスタム URL
 1.  **Xcode → 設定 → 場所**を選択します.
 
 2.  **派生データ**] セクションで、**詳細設定**ボタンを押しますをここに示すように**ビルド場所**として**ユニークな**を選択します。
-    
+
     ![][9]
 
- [9]: img/guide/platforms/ios/xcode_build_location.png
+ [9]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/xcode_build_location.png
 
 これは新しい Xcode のインストールの既定の設定が異なる Xcode の旧バージョンからのアップグレード、次を設定可能性があります。
 
@@ -162,4 +162,4 @@ Xcode の警告について、 `invokeString` メソッドは、カスタム URL
  [13]: https://developer.apple.com/videos/wwdc/2012/
  [14]: http://developer.apple.com/library/mac/#documentation/Darwin/Reference/ManPages/man1/xcode-select.1.html
 
-(Mac ® OS X ® アップル ®、Xcode ® アプリ Store℠、iPad ®、iPhone ®、iPod ® ファインダー ® はアップル社の商標です)
\ No newline at end of file
+(Mac ® OS X ® アップル ®、Xcode ® アプリ Store℠、iPad ®、iPhone ®、iPod ® ファインダー ® はアップル社の商標です)

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/tizen/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/tizen/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/tizen/index.md
index b614e9b..b9ed8c3 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/tizen/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/tizen/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -59,7 +59,7 @@ Tizen SDK には、Linux Ubuntu 10.04/10.10/11.04/11.10 (32-ビット)、また
 1.  Tizen の Eclipse IDE を起動します。
 
 2.  **→ インポート → Tizen Web プロジェクトのファイル**を選択します。
-    
+
     ![][2]
 
 3.  **次**のキーを押します.
@@ -69,22 +69,22 @@ Tizen SDK には、Linux Ubuntu 10.04/10.10/11.04/11.10 (32-ビット)、また
 5.  **プロジェクト ワークスペースにコピー**がオンになっていることを確認します。
 
 6.  **参照**を押すし、選択コルドバ Tizen `samples` プロジェクト ディレクトリ (など `/cordova-basic` )。
-    
+
     ![][3]
 
 7.  **終了**キーを押します。プロジェクト必要があります今インポートして、**プロジェクト エクスプ ローラー]**ビューに表示されます。
-    
+
     ![][4]
 
- [2]: img/guide/platforms/tizen/import_project.png
- [3]: img/guide/platforms/tizen/import_widget.png
- [4]: img/guide/platforms/tizen/project_explorer.png
+ [2]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/import_project.png
+ [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/import_widget.png
+ [4]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/project_explorer.png
 
 **プロジェクト エクスプ ローラー]**ビューを右クリックしてプロジェクトをリビルドし、**プロジェクトのビルド**を選択します。
 
 ![][5]
 
- [5]: img/guide/platforms/tizen/build_project.png
+ [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/build_project.png
 
 *Hello.wgt*などのウィジェット パッケージ ファイルがプロジェクトのルート ディレクトリに生成されます。
 
@@ -94,19 +94,19 @@ Tizen SDK には、Linux Ubuntu 10.04/10.10/11.04/11.10 (32-ビット)、また
 
 ![][6]
 
- [6]: img/guide/platforms/tizen/runas_web_sim_app.png
+ [6]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/runas_web_sim_app.png
 
 ## デバイスへの配置します。
 
 *   ターゲット デバイス正しく起動、接続され構成されていることを確認します。その**日付と時刻**の設定を正しく設定する必要があります。
 
 *   **接続エクスプ ローラー]**ビューを使用してアプリケーションの配置先を選択します:**ウィンドウ → 表示 → 接続エクスプ ローラー**.
-    
+
     ![][7]
 
 *   **プロジェクト エクスプ ローラー]**ビューを選択として実行**& rarr; でプロジェクトを右クリックします。Tizen Web アプリケーション**:
-    
+
     ![][8]
 
- [7]: img/guide/platforms/tizen/connection_explorer.png
- [8]: img/guide/platforms/tizen/runas_web_app.png
\ No newline at end of file
+ [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/connection_explorer.png
+ [8]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/runas_web_app.png

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/win8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/win8/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/win8/index.md
index db403a6..71ba52a 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/win8/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/win8/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -52,33 +52,33 @@ Visual Studio 2012 の最寄りのバリアントを設定します。 製品の
 *   Visual Studio 2012 を開き、**新しいプロジェクト**を選択します.
 
 *   「プロジェクト」リストからツリーし**空アプリケーション**から**インストール → テンプレート → その他の言語 → JavaScript → Windows ストア**を選択します。 などのような任意のプロジェクトの名前を入力します `CordovaWin8Foo` この例のように:
-    
+
     ![][4]
 
 *   マイクロソフトは引き続き使用 `default.html` 既定のホーム ページが、ほとんどの web 開発者向けとして `index.html` 。 ためには、少なくとも可能性が取り組んでいる他のプラットフォームと一致することをお勧めします。 これを修正する、名前を変更する**ソリューション エクスプ ローラー**で、 `default.html` ファイルを `index.html` 。 ダブルクリックし、 `package.appxmanifest` ファイルし、**ページの開始**値を変更する `index.html` :
-    
+
         ![](img/guide/platforms/win8/wschangemanifest.png)
-        
+
 
 *   含むように `cordova.js` を右クリックして、プロジェクトで、 `js` **ソリューション エクスプ**ローラーおよび**追加 → 新規項目**選択ディレクトリ。 検索、 `cordova.js` ファイルで、 `lib\windows-8` ディレクトリ。
 
 *   コードを編集の `index.html` 。 参照を追加 `cordova.js` 。 手動で、または**ソリューション エクスプ ローラー**からファイルをドラッグすることによってこれを行うことができます。 次の追加アプリのホーム ページに他の依存関係。
-    
+
             <!-- WinJS references -->
             <link href="//Microsoft.WinJS.1.0/css/ui-dark.css" rel="stylesheet" />
             <script src="//Microsoft.WinJS.1.0/js/base.js"></script>
             <script src="//Microsoft.WinJS.1.0/js/ui.js"></script>
-        
+
             <!-- Cordova -->
             <script src="/js/cordova.js"></script>
-        
+
             <!-- CordovaWin8Foo references -->
             <link href="/css/default.css" rel="stylesheet" />
             <script src="/js/default.js"></script>
-        
+
 
 *   追加、 `deviceready` コルドバを示すためにハンドラーの処理します。
-    
+
         <body>
             <p>Content goes here</p>
             <script type="text/javascript">
@@ -88,15 +88,15 @@ Visual Studio 2012 の最寄りのバリアントを設定します。 製品の
                 });
             </script>
         </body>
-        
 
- [4]: img/guide/platforms/win8/wsnewproject.png
+
+ [4]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/wsnewproject.png
 
 ## プロジェクトをテストします
 
 Visual Studio から、プロジェクトを実行します。表示されるメッセージ ボックスが表示されます。
 
         ![](img/guide/platforms/win8/wsalert.png)
-    
 
-それだけです。コルドバでの Windows ストア アプリを構築する準備が整いました。
\ No newline at end of file
+
+それだけです。コルドバでの Windows ストア アプリを構築する準備が整いました。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp7/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp7/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp7/index.md
index 4a76464..5408bc0 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp7/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp7/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -65,7 +65,7 @@ Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
 コマンドラインからバッチ ファイルを実行する場合も自動的にインストールするパラメーターで呼び出すことができます。
 
         > createTemplates.bat-インストール
-    
+
 
 ## 新しいプロジェクトを設定します。
 
@@ -83,7 +83,7 @@ Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
 
 ![][5]
 
- [5]: img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
+ [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
 
 ## デバイス プロジェクトをビルドします。
 
@@ -99,6 +99,6 @@ Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
 
 ![][7]
 
- [7]: img/guide/platforms/wp7/wpd.png
+ [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp7/wpd.png
 
-この時点でしています。
\ No newline at end of file
+この時点でしています。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp8/index.md b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp8/index.md
index 940c064..efbab65 100644
--- a/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp8/index.md
+++ b/www/docs/ja/3.5.0/guide/platforms/wp8/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
+
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-    
+
 
    under the License.
 ---
@@ -29,27 +29,27 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 ## システム要件
 
 *   オペレーティング システム:
-    
-    *   Windows 8 または Windows 8 Pro 
+
+    *   Windows 8 または Windows 8 Pro
         *   64 ビット バージョンの Windows の (64) が、SDK に必要です。
         *   デバイス エミュレーターを実行できるようには、Pro バージョンの使用をお勧めします。
 
 *   ハードウェア:
-    
+
     *   6.5 GB のハード ディスク空き容量
     *   4 GB の RAM
     *   64 ビット (x64) の CPU
 
 *   Windows Phone 8 エミュレーター
-    
+
     *   電話エミュレーター使用ハイパー-V は、このリストにはこれらの前提が含まれています。
     *   Windows 8 Pro の 64 ビット エディションまたはそれ以上
-    *   仮想化をサポートするプロセッサが必要ですと [2 番目のレベル アドレス変換 (SLAT)][1] 
+    *   仮想化をサポートするプロセッサが必要ですと [2 番目のレベル アドレス変換 (SLAT)][1]
         *   [VT-x (仮想化) と EPT (SLAT) をサポートする Intel プロセッサのリスト][2]を見なさい
     *   通常これは既定で無効になっていると、BIOS 設定で仮想化機能 (すなわち、VT-x インテル) を有効にします。
 
 *   SDK と IDE (Visual Studio)
-    
+
     *   Visual Studio 2012 プロ、プレミアム、または究極の。 メモ Visual Studio Express の Windows Phone (SDK に同梱) はお勧めできません VS Express を使ってテンプレート (下記参照) を築くことができないのでのみ VS プロまたはそれ以上は、**テンプレートのエクスポート**機能を持っていないので。
 
 *   登録し、実際のデバイスでアプリをインストールまたは市場の場所に送信する場合に[Windows Phone デベロッパー センター][3]アカウントのお支払い。
@@ -89,7 +89,7 @@ Documents\Visual Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` 。 **Visual Studio 
 コマンドラインからバッチ ファイルを実行する場合も自動的にインストールするパラメーターで呼び出すことができます。
 
         > createTemplates.bat-インストール
-    
+
 
 ## 新しいプロジェクトを設定します。
 
@@ -101,7 +101,7 @@ Visual Studio Express の Windows Phone を開き、**新しいプロジェク
 
 ![][7]
 
- [7]: img/guide/platforms/wp8/StandAloneTemplate.png
+ [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/StandAloneTemplate.png
 
 ## プロジェクトの構造を確認します。
 
@@ -111,7 +111,7 @@ Visual Studio Express の Windows Phone を開き、**新しいプロジェク
 
 ![][8]
 
- [8]: img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
+ [8]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
 
 ## エミュレーターをビルドおよび配置
 
@@ -121,7 +121,7 @@ Visual Studio Express の Windows Phone を開き、**新しいプロジェク
 
 ![][9]
 
- [9]: img/guide/platforms/wp8/BuildEmulator.png
+ [9]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/BuildEmulator.png
 
 ## デバイス プロジェクトをビルドします。
 
@@ -137,7 +137,7 @@ Visual Studio Express の Windows Phone を開き、**新しいプロジェク
 
 ![][11]
 
- [11]: img/guide/platforms/wp7/wpd.png
+ [11]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp7/wpd.png
 
 この時点でしています。
 
@@ -145,4 +145,4 @@ Visual Studio Express の Windows Phone を開き、**新しいプロジェク
 
 Windows Phone 開発者ブログ IE10 および WebKit のブラウザーとの両方をサポートする方法の違いに[役立つ情報][12]を提供します。
 
- [12]: http://blogs.windows.com/windows_phone/b/wpdev/archive/2012/11/15/adapting-your-webkit-optimized-site-for-internet-explorer-10.aspx
\ No newline at end of file
+ [12]: http://blogs.windows.com/windows_phone/b/wpdev/archive/2012/11/15/adapting-your-webkit-optimized-site-for-internet-explorer-10.aspx

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/cli/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
index 2c8c862..dac9ed5 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
@@ -57,23 +57,23 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
  [2]: http://git-scm.com/
 
 *   OS X と Linux:
-    
+
             $ sudo npm install -g cordova
-        
-    
+
+
     OS X と Linux では、プレフィックスとして、 `npm` コマンドを `sudo` 必要がありますこの開発をインストールするユーティリティでそれ以外の場合制限されるディレクトリよう `/usr/local/share` 。 身廊 nvm オプション/ツールを使用しているか、インストール ディレクトリへの書き込みアクセスがある場合は省略することができます、 `sudo` プレフィックス。 使用して[より多くのヒント][3]がある `npm` なし `sudo` 、それを行うことを望む場合。
 
 *   windows:
-    
+
             C:\>npm install -g cordova
-        
-    
+
+
     `-g`上記のフラグは、 `npm` をインストールする `cordova` 世界的に。 それ以外の場合にインストールされます、 `node_modules` の現在の作業ディレクトリのサブディレクトリ。
-    
+
     追加する必要があります、 `npm` ディレクトリを `PATH` グローバルにインストールされているを呼び出すために `npm` モジュール。 Windows では、 `npm` 通常で発見することができます `C:\Users\username\AppData\Roaming\npm` 。 OS X と Linux それすることができます通常にあります。`/usr/local/share/npm`.
-    
+
     インストール ログすべてアンインストールされたプラットフォーム Sdk の誤差が生じる可能性があります。
-    
+
     インストール後、実行することができる必要があります `cordova` ない引数とコマンド ライン ヘルプ テキストを印刷する必要があります。
 
  [3]: http://justjs.com/posts/npm-link-developing-your-own-npm-modules-without-tears
@@ -83,7 +83,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 ソース コードを維持する、ディレクトリに移動し、次のようなコマンドを実行します。
 
         $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
-    
+
 
 いくつかの時間がかかるを完了するコマンドがかかります。コマンドを実行して、 `-d` オプションは、進行状況に関する情報を表示します。
 
@@ -98,7 +98,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 すべての後続コマンドは、プロジェクトのディレクトリまたはそのサブディレクトリのスコープ内で実行する必要があります。
 
         $ cd hello
-    
+
 
 プロジェクトをビルドする前に対象プラットフォームのセットを指定する必要があります。 これらのコマンドを実行する能力にあなたのマシンが各 SDK をサポートしているかどうかに依存し、各 SDK をインストールされて既にがあるかどうか。 Mac からこれらのいずれかを実行します。
 
@@ -107,17 +107,17 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
         $ cordova platform add firefoxos
-    
+
 
 *Wp*は Windows Phone オペレーティング システムの異なるバージョンを参照 Windows マシンからこれらのいずれかを実行します。
 
         $ コルドバ プラットフォーム追加 wp8 $ コルドバ プラットフォーム追加 $ コルドバ プラットフォームは、追加の windows アマゾン fireos $ コルドバ プラットフォーム追加 android の $ コルドバ プラットフォームは blackberry10 $、追加コルドバ プラットフォーム firefoxos を追加
-    
+
 
 現在のプラットフォームのセットを確認するこれを実行します。
 
         $ cordova platforms ls
-    
+
 
 (注、 `platform` と `platforms` コマンドは同じ意味です)。
 
@@ -126,7 +126,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform remove blackberry10
         $ cordova platform rm amazon-fireos
         $ cordova platform rm android
-    
+
 
 各指定されたプラットフォームがサブディレクトリとして追加またはプラットフォームに影響を与えるプロジェクトの*プラットフォーム*ディレクトリの内容を削除するコマンドを実行します。 *Www*ソース ディレクトリは再現などに表示されるプラットフォームごとのサブディレクトリ内で `platforms/ios/www` または `platforms/android/assets/www` 。 CLI は常にソース*www*フォルダーからファイルをコピー、ためこれらのファイルではなく*プラットフォーム*サブディレクトリの下にあるもののみ編集してください。 バージョン管理ソフトウェアを使用する*マージ*フォルダーと共にこのソース*www*フォルダーをバージョン管理システムに追加してください。 (*マージ*フォルダーについての詳細は、下記の各プラットフォームのカスタマイズ セクション
 発見ことができます)。
 
@@ -143,18 +143,18 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 繰り返しプロジェクトをビルドする、次のコマンドを実行します。
 
         $ cordova build
-    
+
 
 これは、プロジェクト内でプラットフォーム固有のコードを生成します `platforms` サブディレクトリ。必要に応じて、特定のプラットフォームを各ビルドのスコープを制限できます。
 
         $ cordova build ios
-    
+
 
 `cordova build`コマンドは、この例では、単一のプラットフォームにも対象指定される次の簡略化。
 
         $ cordova prepare ios
         $ cordova compile ios
-    
+
 
 この場合、1 回を実行する `prepare` 、変更およびコルドバ内で生成するプラットフォーム固有のコードをコンパイルする別の方法として Apple の Xcode SDK を使用することができます `platforms/ios` 。 他のプラットフォームの Sdk と同じアプローチを使用できます。
 
@@ -163,7 +163,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 モバイル プラットフォーム用の Sdk はしばしばホーム画面からアプリを起動し、それは多くのプラットフォーム機能と対話する方法を参照してくださいすることができますようにデバイス イメージを実行するエミュレーターにバンドルされています。 アプリを再構築し、特定のプラットフォームのエミュレーター内で表示するには、次のようなコマンドを実行します。
 
         $ cordova emulate android
-    
+
 
 いくつかのモバイル プラットフォーム既定では、iOS のプロジェクトのため iPhone など、特定のデバイスをエミュレートします。他のプラットフォーム用に最初のデバイス エミュレーターに関連付ける必要があります。
 
@@ -173,18 +173,18 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 
 ![][4]
 
- [4]: img/guide/cli/android_emulate_init.png
+ [4]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/cli/android_emulate_init.png
 
 フォロー アップで、 `cordova emulate` コマンドは、ホーム画面から起動できるようになります最新のアプリケーションを表示するエミュレーター イメージを更新します。
 
 ![][5]
 
- [5]: img/guide/cli/android_emulate_install.png
+ [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/cli/android_emulate_install.png
 
 代わりに、携帯電話をお使いのコンピューターに差し込み、アプリを直接テストすることができます。
 
         $ cordova run android
-    
+
 
 このコマンドを実行する前にする必要があるテストで、デバイスを設定するプラットフォームごとに異なる手順に従います。 人造人間とアマゾン火 OS のデバイス、デバイス上の**USB デバッグ**オプションを有効にして、おそらく開発環境に応じて USB ドライバーを追加する必要があります。 各プラットフォームの要件の詳細については、プラットフォームのガイドを参照してください。
 
@@ -203,78 +203,78 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
  [7]: http://plugins.cordova.io/
 
         $ cordova plugin search bar code
-    
+
         com.phonegap.plugins.barcodescanner - Scans Barcodes
-    
+
 
 のみをお探しの `bar` 言葉の利回りと追加の結果。
 
         cordova-plugin-statusbar - Cordova StatusBar Plugin
-    
+
 
 `cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 *   基本的なデバイス情報 (デバイス API):
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-device
-        
+
 
 *   ネットワーク接続とバッテリーのイベント:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-network-information
         $ cordova plugin add cordova-plugin-battery-status
-        
+
 
 *   加速度計、コンパス、および地理位置情報:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-device-motion
         $ cordova plugin add cordova-plugin-device-orientation
         $ cordova plugin add cordova-plugin-geolocation
-        
+
 
 *   カメラ、メディアの再生とキャプチャ:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-camera
         $ cordova plugin add cordova-plugin-media-capture
         $ cordova plugin add cordova-plugin-media
-        
+
 
 *   デバイスまたはネットワーク (File API) 上のアクセス ファイル:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-file
         $ cordova plugin add cordova-plugin-file-transfer
-        
+
 
 *   ダイアログ ボックスまたは振動による通知:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-dialogs
         $ cordova plugin add cordova-plugin-vibration
-        
+
 
 *   連絡先:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-contacts
-        
+
 
 *   グローバル化:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-globalization
-        
+
 
 *   スプラッシュ ・ スクリーン:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-splashscreen
-        
+
 
 *   開いている新しいブラウザー ウィンドウ (InAppBrowser):
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-inappbrowser
-        
+
 
 *   デバッグ コンソール:
-    
+
         $ cordova plugin add cordova-plugin-console
-        
+
 
 **メモ**: CLI プラットフォームごとの適切なプラグインのコードを追加します。 低レベルのシェルのツールやプラットフォーム Sdk の概要で説明されているようで開発する場合は、個別に各プラットフォーム用のプラグインを追加する Plugman ユーティリティを実行する必要があります。 (詳細については、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください)。
 
@@ -282,56 +282,56 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 
         $ cordova plugin ls    # or 'plugin list'
         [ 'cordova-plugin-console' ]
-    
+
 
 プラグインを削除するには、リストに表示される同じ識別子によってそれを参照してください。たとえば、ここではリリース バージョンからデバッグ コンソールのサポートを削除するだろう方法です。
 
         $ cordova plugin rm cordova-plugin-console
         $ cordova plugin remove cordova-plugin-console    # same
-    
+
 
 バッチ削除したり、各コマンドの 1 つ以上の引数を指定してプラグインを追加します。
 
         $ cordova plugin add cordova-plugin-console cordova-plugin-device
-    
+
 
 ## 高度なプラグインのオプション
 
 プラグインを追加するときいくつかのオプション プラグインを取得する場所からを指定することができます。 上記の例をよく知られている使用して `registry.cordova.io` レジストリ、およびプラグインで指定の `id` :
 
         $ cordova plugin add cordova-plugin-console
-    
+
 
 `id`の後に追加のプラグインのバージョン番号を含めることができます、 `@` 文字です。`latest`のバージョンは最新バージョンの別名です。たとえば。
 
         $ cordova plugin add cordova-plugin-console@latest
         $ cordova plugin add cordova-plugin-console@0.2.1
-    
+
 
 プラグインが登録されていない場合 `registry.cordova.io` が別の git リポジトリ内にある別の URL を指定することができます。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git
-    
+
 
 上記の git の例は、master ブランチの終わりからプラグインをフェッチが後、代替 git ref タグまたは分岐などを追加することができます、 `#` 文字。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git#r0.2.0
-    
+
 
 場合は、プラグイン (とその `plugin.xml` ファイル) は git のレポ内のサブディレクトリでそれを指定することができます、 `:` 文字。 注意してください、 `#` 文字が必要であります。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/someone/aplugin.git#:/my/sub/dir
-    
+
 
 また、git ref とサブディレクトリの両方を組み合わせることができます。
 
         $ cordova plugin add https://github.com/someone/aplugin.git#r0.0.1:/my/sub/dir
-    
+
 
 またはを含むプラグイン ディレクトリへのローカル パスを指定する、 `plugin.xml` ファイル。
 
         $ cordova plugin add ../my_plugin_dir
-    
+
 
 ## 各プラットフォームのカスタマイズを*マージ*を使用します。
 
@@ -340,16 +340,16 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 代わりに、最上位 `merges` ディレクトリの特定のプラットフォームに展開する資産を指定する場所を提供しています。 各プラットフォーム固有のサブディレクトリ内で `merges` のディレクトリ構造をミラー、 `www` ソース ツリーで、オーバーライドまたは必要に応じてファイルを追加することができます。 たとえば、使用する可能性がありますどのようにここでは `merges` Android とアマゾン火 OS デバイスの既定のフォント サイズを後押しします。
 
 *   編集、 `www/index.html` 、追加の CSS ファイルへのリンクを追加して、ファイル `overrides.css` この場合。
-    
+
         <link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/overrides.css" />
-        
+
 
 *   必要に応じて空を作成する `www/css/overrides.css` ファイル、不足しているファイルのエラーを防止する、すべてのアンドロイド ビルドに適用されます。
 
 *   作成、 `css` 内のサブディレクトリ `merges/android` 、追加し、対応する `overrides.css` ファイル。 CSS オーバーライド内で指定された 12 ポイントの既定のフォント サイズを指定する `www/css/index.css` 、たとえば。
-    
+
         body { font-size:14px; }
-        
+
 
 プロジェクトをリビルドするとき他が変わらない間、Android のバージョン カスタム フォント サイズを備えています。
 
@@ -361,17 +361,17 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 
     $ cordova help
     $ cordova        # same
-    
+
 
 さらに、特定のコマンドに関するより詳細なヘルプを得ることができます。たとえば。
 
     $ cordova run --help
-    
+
 
 `info`コマンドは、現在インストールされているプラットフォームとプラグイン、各プラットフォーム用の SDK バージョン CLI のバージョンなどの潜在的有用な詳細情報の一覧を生成して `node.js` :
 
     $ cordova info
-    
+
 
 両方の画面に情報を提示し、地元の出力をキャプチャ `info.txt` ファイル。
 
@@ -382,18 +382,18 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 インストールした後、 `cordova` ユーティリティは、常に更新できますそれを最新バージョンに次のコマンドを実行します。
 
         $ sudo npm update -g cordova
-    
+
 
 特定のバージョンをインストールするには、この構文を使用します。
 
         $ sudo npm install -g cordova@3.1.0-0.2.0
-    
+
 
 実行 `cordova -v` を現在実行されているどのバージョンを参照してください。 実行、 `npm
 info` をその他の利用可能なバージョン番号と共に現在のバージョンを含む長い一覧のコマンド。
 
         $ npm info cordova
-    
+
 
 コルドバ 3.0 は、このセクションで説明されているコマンド ライン インターフェイスをサポートするために最初のバージョンです。 前述のように、新しいプロジェクトを作成し、古いアプリケーション資産の最上位レベルにコピーする必要があります 3.0 以前のバージョンから更新する場合は `www` ディレクトリ。 該当する場合は、3.0 へのアップグレードに関する詳細はプラットフォームのガイドで利用できます。 アップグレードした後、 `cordova` コマンド ライン インターフェイスおよび使用 `npm update` 現在滞在より時間のかかる手順には、もはや関連。
 
@@ -401,4 +401,4 @@ info` をその他の利用可能なバージョン番号と共に現在のバ
 
         $ cordova platform update android
         $ cordova platform update ios
-        ...etc.
\ No newline at end of file
+        ...etc.

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/9a60eab7/www/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
index dca6ab8..d259891 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
@@ -70,12 +70,12 @@ Apache Ant ビルドツール[、Ant のバイナリ配布物をダウンロー
 Mac、Linux または他の Unix ライクなプラットフォームで、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK と Ant のインストール先に応じて、次のような行を追加します。
 
     エクスポート パス ${PATH} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール:/開発/apache ant/bin
-    
+
 
 これは新しくオープンしたターミナル ウィンドウで SDK ツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
 
     $ source ~/.bash_profile
-    
+
 
 #### Windows パス
 
@@ -90,16 +90,16 @@ Windows の PATH 環境を変更: する
 *   **パス**変数を選択し、キーを押して**編集**.
 
 *   次のパスに追加インストールした SDK と Ant、たとえばに基づいて:
-    
+
         ;C:\Development\adt-bundle\sdk\platform-tools;C:\Development\adt-bundle\sdk\tools;C:\Development\apache-ant\bin
-        
+
 
 *   値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
 
 *   また、Java を有効にする必要があります。 コマンド プロンプトを開き、型 `java` 実行されない場合、同様にあなたのパスに Java バイナリの場所を追加します。 % JAVA_HOME が JDK のインストール ディレクトリを指していることを確認します。 JAVA_HOME 環境変数別途追加する必要があります。
-    
+
         %JAVA_HOME%\bin
-        
+
 
 ### アマゾン WebView SDK
 
@@ -108,9 +108,9 @@ Windows の PATH 環境を変更: する
 *   [Amazon 開発者ポータル][1]からアマゾン WebView SDK をダウンロードします。.
 
 *   コピー `awv_interface.jar` コルドバの作業ディレクトリにダウンロードした SDK から。それが存在しない場合は、commonlibs(shown below) フォルダーを作成します。
-    
+
     **Mac/Linux:** `~/.cordova/lib/commonlibs/`
-    
+
     **Windows:** `%USERPROFILE%\.cordova\lib\commonlibs`
 
 ## アマゾン火 OS の新しいプロジェクトを作成します。
@@ -121,7 +121,7 @@ Windows の PATH 環境を変更: する
     $ cd hello
     $ cordova platform add amazon-fireos
     $ cordova build
-    
+
 
 ***注:***アマゾン fireos プラットフォームは、システムにインストールされている初めてコルドバの作業ディレクトリに適切なファイルをダウンロードするそれとして AWV SDK サポート ファイル (上記参照) が不足しては失敗します。 インストールするには、上記の手順に従って、 `awv_interface.jar` 、削除し、再度アマゾン fireos プラットフォームをプロジェクトに追加します。 この手順はのみ行う必要があります最初のアマゾン火 OS プロジェクト。
 
@@ -134,7 +134,7 @@ Windows の PATH 環境を変更: する
 アプリをデバイスにプッシュするには、コマンド行から。
 
     アマゾン fireos 実行 $ コルドバ
-    
+
 
 交互 Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します.
 
@@ -147,14 +147,14 @@ Windows の PATH 環境を変更: する
 開発者ツールを使用するには、を入力します。
 
     $ cordova run --debug amazon-fireos
-    
+
 
 これは実行しているクライアント上のツールを有効になります。接続できますクライアントに Android のデバッグ橋 (adb) を使用してポート転送によって、アプリのパッケージ名を参照します。
 
 たとえば。
 
     adb 前方 tcp:9222 localabstract:com.example.helloworld.devtools
-    
+
 
 クロム ベースのブラウザーを介して DevTools に移動して使用することしてできます。`http://localhost:9222`.
 
@@ -174,7 +174,7 @@ Windows の PATH 環境を変更: する
 
 *   **終了**キーを押します。.
 
- [9]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
+ [9]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
 
 Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
 
@@ -186,4 +186,4 @@ Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**
 
 *   **[Ok]**をクリックします.
 
-*   **クリーン****をプロジェクト**メニューから選択します。これは、プロジェクト内のすべてのエラーを修正する必要があります。
\ No newline at end of file
+*   **クリーン****をプロジェクト**メニューから選択します。これは、プロジェクト内のすべてのエラーを修正する必要があります。


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message