cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From dblot...@apache.org
Subject [22/45] docs commit: Updated to the latest version of the docs.
Date Fri, 28 Aug 2015 00:39:06 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
index d3a74f6..ebf946e 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
@@ -33,67 +33,72 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
         < メタ名 = 'ビューポート' コンテンツ =' 幅初期スケール デバイス幅を = = 1、ユーザー スケーラブル = no'/>
         
 
-*   `MediaPlaybackRequiresUserAction`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` を HTML5 ビデオまたはオーディオが自動的に遊ぶを防ぐために、 `autoplay` 属性または JavaScript を介して。
+*   `MediaPlaybackAllowsAirPlay`(ブール値、デフォルト `true` ): に設定 `false` このビューで使用されている空気を再生しないようにします。 既定 UIWebView と WKWebView で利用可能です。
+    
+        <preference name="MediaPlaybackAllowsAirPlay" value="false"/>
+        
+
+*   `MediaPlaybackRequiresUserAction`(ブール値、デフォルト `false` ): に設定 `true` 自動的に遊んでから HTML5 ビデオまたはオーディオを防ぐために、 `autoplay` 属性または JavaScript を使用。
     
         <preference name="MediaPlaybackRequiresUserAction" value="true"/>
         
 
-*   `AllowInlineMediaPlayback`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` ネイティブ コントロールではなくブラウザー指定のコントロールを使用して、画面のレイアウト内に*インライン*表示する HTML5 メディアの再生を許可します。 このために、追加、 `webkit-playsinline` 属性のいずれかに `<video>` の要素。
+*   `AllowInlineMediaPlayback`(ブール値、デフォルト `false` ): に設定 `true` ネイティブ コントロールではなく、ブラウザーが指定したコントロールを使用して、画面レイアウト内で*インライン*表示する HTML5 メディアの再生を許可します。 動作するようにこれを追加、 `webkit-playsinline` 属性のいずれかに `<video>` 要素。
     
         <preference name="AllowInlineMediaPlayback" value="true"/>
         
 
-*   `BackupWebStorage`(文字列のいずれか `none` 、 `local` 、またはデフォルトの `cloud` ): に設定されている `cloud` web ストレージ データを iCloud を介してバックアップを許可します。 設定されている `local` iTunes の同期を介してローカル バックアップのみを許可します。 設定されている `none` web ストレージ バックアップを防ぐ。
+*   `BackupWebStorage`(文字列、どちらか `none` 、 `local` 、またはデフォルト `cloud` ): に設定 `cloud` web ストレージ データを iCloud 経由でのバックアップを許可します。 設定 `local` iTunes 同期を介してローカル バックアップのみを許可します。 設定 `none` web ストレージ バックアップを防止。
     
         <preference name="BackupWebStorage" value="local"/>
         
 
-*   `TopActivityIndicator`(文字列、既定値は `gray` ): 重要なプロセッサの活動状況を示すステータス バーに小さな回転アイコンの外観をコントロールします。 有効な値は `whiteLarge` 、 `white` と`gray`.
+*   `TopActivityIndicator`(文字列、既定値は `gray` ): 重要なプロセッサの活動状況を示すステータス バーに回転する小さいアイコンの外観をコントロールします。 有効な値は、 `whiteLarge` 、 `white` と`gray`.
     
         <preference name="TopActivityIndicator" value="white"/>
         
 
-*   `KeyboardDisplayRequiresUserAction`(ブール値、既定値は `true` ): に設定されている `false` を呼び出すときに表示されるキーボードを許可する `focus()` フォーム入力に。
+*   `KeyboardDisplayRequiresUserAction`(ブール値、デフォルト `true` ): に設定 `false` を呼び出すときに表示するキーボードを許可する `focus()` フォームの入力。
     
         <preference name="KeyboardDisplayRequiresUserAction" value="false"/>
         
 
-*   `SuppressesIncrementalRendering`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` のすべてのコンテンツを受信するまで、画面にレンダリングする前に待機します。
+*   `SuppressesIncrementalRendering`(ブール値、デフォルト `false` ): に設定されて `true` それは、画面にレンダリングされる前にすべてのコンテンツを受信するまで待機します。
     
         <preference name="SuppressesIncrementalRendering" value="true"/>
         
 
-*   `GapBetweenPages`(float、既定値は `` ): ページ間のポイントのギャップのサイズ。
+*   `GapBetweenPages`(フロート、デフォルト `` ): ページ間のポイントで、ギャップの大きさ。
     
         <preference name="GapBetweenPages" value="0"/>
         
 
-*   `PageLength`(float、既定値は `` ): ページ フローの方向にポイント単位で指定する各ページのサイズ。 とき PaginationMode が右左からまたは左から右に、このプロパティは、各ページの幅を表します。 PaginationMode は、topToBottom または bottomToTop が、このプロパティの各ページの高さを表します。 既定値は 0、レイアウト ビューポートのサイズを使用して、ページの寸法を決定することを意味します。
+*   `PageLength`(フロート、デフォルト `` ): ページ フロー方向のポイントで、各ページのサイズ。 とき PaginationMode が右左からまたは左から右に、このプロパティは、各ページの幅を表します。 PaginationMode が topToBottom または bottomToTop の場合、このプロパティは各ページの高さを表します。 既定値は 0、つまり、レイアウト ページのサイズを決定するビューポートのサイズを使用します。
     
         <preference name="PageLength" value="0"/>
         
 
-*   `PaginationBreakingMode`(文字列、既定値は `page` ): 有効な値は `page` と `column` 。列またはページ分割が発生する方法です。 このプロパティは、特定の CSS プロパティの列とページ分割に関するを表彰するか無視するかどうかを決定します。 このプロパティ設定すると `column` 、コンテンツはページ区切りの場所で列区切りに関連した CSS プロパティを尊重します。
+*   `PaginationBreakingMode`(文字列、既定値は `page` ): 有効な値は、 `page` と `column` 。列またはページ分割が発生する方法です。 このプロパティは、特定の CSS プロパティ列とページ分割に関するを表彰するか無視するかを決定します。 このプロパティに設定するとき `column` 、コンテンツが改ページの場所の柱破壊に関連する CSS プロパティを尊重します。
     
         <preference name="PaginationBreakingMode" value="page"/>
         
 
-*   `PaginationMode`(文字列、既定値は `unpaginated` ): 有効な値は `unpaginated` 、 `leftToRight` 、 `topToBottom` 、 `bottomToTop` 、および `rightToLeft` 。 このプロパティは、web ビューのコンテンツは、時に、ビューの 1 つの画面を埋めるページに分割または 1 つの長いスクロール ビューとして表示されるかどうかを決定します。 場合は改ページ調整のフォームは、このプロパティに設定するとそのコンテンツを再配置するか、GapBetweenPages の値を使用する web ビューを引き起こすコンテンツの改ページ調整レイアウトを切り替えます。
+*   `PaginationMode`(文字列、既定値は `unpaginated` ): 有効な値は、 `unpaginated` 、 `leftToRight` 、 `topToBottom` 、 `bottomToTop` 、および `rightToLeft` 。 このプロパティは、web ビューのコンテンツは、時に、ビューの 1 つの画面を入力するページに分割または 1 つの長いスクロール ビューとして表示かどうかを決定します。 場合は改ページされたフォームは、このプロパティを設定は、コンテンツは、そのコンテンツを再配置する PageLength と GapBetweenPages の値を使用して web 表示の原因のページ レイアウトを切り替えます。
     
         <preference name="PaginationMode" value="unpaginated"/>
         
 
-*   `UIWebViewDecelerationSpeed`(文字列、既定値は `normal` ): 有効な値は `normal` 、 `fast` 。 このプロパティは勢いのスクロールの減速速度を制御します。 `normal`ほとんどのネイティブ アプリの場合、既定の速度は、 `fast` モバイル Safari の既定値です。
+*   `UIWebViewDecelerationSpeed`(文字列、既定値は `normal` ): 有効な値は、 `normal` 、 `fast` 。 このプロパティは、運動量のスクローリング減速速度を制御します。 `normal`ほとんどのネイティブ アプリケーションのデフォルトの速度と `fast` 既定値は、移動式のサファリ。
     
         <preference name="UIWebViewDecelerationSpeed" value="fast" />
         
 
-*   `ErrorUrl`(既定で設定されていない文字列): 場合は、設定アプリケーションで、エラー発生時に参照先のローカル ページが表示されます。
+*   `ErrorUrl`(文字列、既定では設定されていない): 場合設定、アプリケーションのエラー時に参照されるローカル ページが表示されます。
     
         <preference name="ErrorUrl" value="myErrorPage.html"/>
         
 
-*   `OverrideUserAgent`(文字列、既定では設定されていない): 設定すると、値は webview の古い UserAgent を交換します。 リモート ページを要求するときにアプリ ・ ブラウザーから要求を識別すると便利です。 注意して使用、これは web サーバーと compitiable 問題を原因します。 ほとんどの場合、AppendUserAgent を代わりに使用します。
+*   `OverrideUserAgent`(文字列、既定では設定されていない): 設定すると、値は webview の古い UserAgent を交換します。 リモート ページを要求するときに、アプリ ・ ブラウザーから要求を識別すると便利です。 注意して使用、これは web サーバーと compitiable 問題を原因します。 ほとんどの場合、AppendUserAgent を代わりに使用します。
     
         <preference name="OverrideUserAgent" value="Mozilla/5.0 My Browser" />
         

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
index f3edd69..5288928 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
@@ -25,7 +25,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 *   IOS のアップグレード
 *   iOS の web 表示
 *   iOS のプラグイン
-*   iOS コマンド ライン ツール
+*   iOS シェル ツール ガイド
 
 上記のコマンド ライン ツールはコルドバ 3.0 より前のバージョンを参照してください。現在のインタ フェースについての情報は、コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
 
@@ -61,30 +61,30 @@ Comman ライン ・ ターミナルから実行します。
 
         $ npm install -g ios-sim
         $ npm install -g ios-deploy
-
+    
 
 ## 新しいプロジェクトを作成します。
 
 コルドバのコマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトをセットアップする`コルドバ`ユーティリティを使用します。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
 
         $ コルドバ作成こんにちは com.example.hello"HelloWorld"$ cd こんにちは $ コルドバ プラットフォームは、ios を追加 $ コルドバ準備 # または"構築コルドバ"
-
+    
 
 ## アプリを展開します。
 
 接続されている iOS デバイス上のアプリを展開。
 
         $ cordova run ios --device
-
+    
 
 デフォルト iOS エミュレーター上でアプリケーションを展開するには
 
         $ cordova emulate ios
-
+    
 
 使用することができます**cordova run ios --list**を見るすべての利用可能なターゲットと**cordova run ios --target=target_name** 、特定のデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションを実行する (たとえば、`cordova run ios --target="iPhone-6"`).
 
-**コルドバの実行 - ヘルプ**を使用して、追加のビルドを参照してください、オプションを実行することもできます。
+**コルドバ実行 - ヘルプ**は、追加のビルドを表示し、オプションを実行するもできます。
 
 ## SDK でプロジェクトを開く
 
@@ -92,9 +92,9 @@ Ios プラットフォームをプロジェクトに追加すると、Xcode の
 
 ![][6]
 
- [6]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/helloworld_project.png
+ [6]: img/guide/platforms/ios/helloworld_project.png
 
-## エミュレーターへの展開します。
+## エミュレーターに展開します。
 
 : IOS のエミュレーターでアプリケーションをプレビューするには
 
@@ -103,25 +103,25 @@ Ios プラットフォームをプロジェクトに追加すると、Xcode の
 2.  右側のパネルで**こんにち**はアプリを選択します。
 
 3.  ツールバーの**配色**メニューから目的のデバイスを選択します、iPhone などとして 6.0 シミュレータはここに強調:
-
+    
     ![][7]
 
 4.  **スキーム**の左側に同じツールバーに表示される**実行**ボタンを押します。 ビルド、配置、エミュレーターでアプリケーションを実行します。 独立したエミュレータ アプリケーションは、アプリを表示するが開きます。
-
+    
     ![][8]
-
+    
     1 つだけのエミュレーターでは一度に実行可能性がありますので、別のエミュレーターでアプリケーションをテストする場合は、エミュレーターのアプリケーションを終了し、Xcode の内で別のターゲットを実行する必要があります。
 
- [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/select_xcode_scheme.png
- [8]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/HelloWorldStandard.png
+ [7]: img/guide/platforms/ios/select_xcode_scheme.png
+ [8]: img/guide/platforms/ios/HelloWorldStandard.png
 
 Xcode は、iPhone および iPad の最新バージョン用のエミュレーターが付属しています。 古いバージョンはから入手できます、 **Xcode → 設定 → ダウンロード → コンポーネント**パネル。
 
 ## デバイスへの配置します。
 
-デバイスに展開するさまざまな要件の詳細については Apple の[iOS 用ツール ワークフロー ガイド][9]の*構成の開発と配布の資産*セクションを参照してください。 簡単に言えば、展開する前に以下を行う必要があります。
+デバイスに展開する様々 な要件の詳細については、Apple の[アプリ配布のワークフローについて][9]の*あなたのアプリをデバイスの起動*セクションを参照してください。 簡単に言えば、展開する前に以下を行う必要があります。
 
- [9]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/Xcode/Conceptual/ios_development_workflow/00-About_the_iOS_Application_Development_Workflow/introduction.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007959
+ [9]: https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/documentation/IDEs/Conceptual/AppDistributionGuide/Introduction/Introduction.html
 
 1.  アップルの iOS 開発者プログラムに参加します。
 
@@ -148,7 +148,7 @@ Xcode は、iPhone および iPad の最新バージョン用のエミュレー
 Xcode の警告`invokeString`方法についてカスタム URL からアプリケーションを起動する機能にかかわる。 カスタム URL から読み込むためのメカニズムが変更されており、このコードはまだ存在している後方コルドバの古いバージョンで作成されたアプリの機能を提供します。 これらの警告を無視することができますので、サンプル アプリはこの機能を使用しません。 これらの警告が表示されないように、非推奨となった invokeString API を参照するコードを削除します。
 
 *   *Classes/MainViewController.m*ファイルを編集して、コードの次のブロックを囲む `/*` および `*/` 下図のように、そのタイプのコメント**コマンドの**ファイルを保存します。
-
+    
         (void)webViewDidFinishLoad:(UIWebView*)theWebView
         {
         // only valid if ___PROJECTNAME__-Info.plist specifies a protocol to handle
@@ -162,15 +162,15 @@ Xcode の警告`invokeString`方法についてカスタム URL からアプリ
         */
         // Black base color for background matches the native apps
         theWebView.backgroundColor = [UIColor blackColor];
-
+        
         return [super webViewDidFinishLoad:theWebView];
         }
-
+        
 
 *   下図のように、2 つのスラッシュを挿入して次の行をコメント アウト、 *Classes/AppViewDelegate.m*ファイルを編集し、**コマンドの**ファイルを保存する入力します。
-
+    
         //self.viewController.invokeString = invokeString;
-
+        
 
 *   **コマンド + b**ボタンを押して、プロジェクトをリビルドし、警告を除去します。
 
@@ -181,10 +181,10 @@ Xcode の警告`invokeString`方法についてカスタム URL からアプリ
 1.  **Xcode → 設定 → 場所**を選択します.
 
 2.  **派生データ**] セクションで、**詳細設定**ボタンを押しますをここに示すように**ビルド場所**として**ユニークな**を選択します。
-
+    
     ![][11]
 
- [11]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/ios/xcode_build_location.png
+ [11]: img/guide/platforms/ios/xcode_build_location.png
 
 これは新しい Xcode のインストールの既定の設定が異なる Xcode の旧バージョンからのアップグレード、次を設定可能性があります。
 
@@ -194,18 +194,19 @@ Xcode の警告`invokeString`方法についてカスタム URL からアプリ
 
 *   [メンバー センターのホーム ページ][13]はテクニカル リソース テクニカル リソース、プロビジョニング ポータル、配布ガイドおよびコミュニティ フォーラムを含むいくつかの iOS へのリンクを提供します。
 
-*   [IOS 用ツール ワークフロー ガイド][9]
+*   [IOS 用ツール ワークフロー ガイド][14]
 
-*   [Xcode ユーザー ガイド][14]
+*   [Xcode ユーザー ガイド][15]
 
-*   アップル世界広い開発者会議 2012 (WWDC2012) からの[セッションのビデオ][15]
+*   アップル世界広い開発者会議 2012 (WWDC2012) からの[セッションのビデオ][16]
 
-*   [Xcode 選択コマンド][16]が複数ある場合、Xcode の正しいバージョンを指定することができますがインストールされています。
+*   [Xcode 選択コマンド][17]が複数ある場合、Xcode の正しいバージョンを指定することができますがインストールされています。
 
  [12]: http://developer.apple.com/library/ios/#referencelibrary/GettingStarted/RoadMapiOS/index.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011343
  [13]: https://developer.apple.com/membercenter/index.action
- [14]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/ToolsLanguages/Conceptual/Xcode4UserGuide/000-About_Xcode/about.html#//apple_ref/doc/uid/TP40010215
- [15]: https://developer.apple.com/videos/wwdc/2012/
- [16]: http://developer.apple.com/library/mac/#documentation/Darwin/Reference/ManPages/man1/xcode-select.1.html
+ [14]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/Xcode/Conceptual/ios_development_workflow/00-About_the_iOS_Application_Development_Workflow/introduction.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007959
+ [15]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/ToolsLanguages/Conceptual/Xcode4UserGuide/000-About_Xcode/about.html#//apple_ref/doc/uid/TP40010215
+ [16]: https://developer.apple.com/videos/wwdc/2012/
+ [17]: http://developer.apple.com/library/mac/#documentation/Darwin/Reference/ManPages/man1/xcode-select.1.html
 
-(Mac ® OS X ® アップル ®、Xcode ® アプリ Store℠、iPad ®、iPhone ®、iPod ® ファインダー ® はアップル社の商標です)
+(Mac ® OS X ® アップル ®、Xcode ® アプリ Store℠、iPad ®、iPhone ®、iPod ® ファインダー ® はアップル社の商標です)
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
index daa5be1..99920b0 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
@@ -49,20 +49,21 @@ IOS 用シェル ・ ツールを有効にするには、コルドバ[cordova.ap
         $ /path/to/my_new_project/cordova/run --device
     
 
-## アプリケーションの署名
+## アプリの署名
 
 署名、iOS アプリの配布、証明書の作成および[iOS 開発者ライブラリ][2]上のプロファイルのプロビジョニングについて学べます.
 
  [2]: https://developer.apple.com/library/ios/documentation/IDEs/Conceptual/AppDistributionGuide/ConfiguringYourApp/ConfiguringYourApp.html
 
-コルドバのアプリに署名する必要があります次: * 調印のアイデンティティ (`-codeSignIdentity`) をコード: [XCode を使用して][3]アイデンティティを署名の新しい iOS を作成でき、あなたのキーチェーンに追加。 コード署名 id - 通常配布または開発の種類は、ここで指定する必要があります。
+コルドバのアプリに署名するには、次が必要です。
 
- [3]: https://developer.apple.com/library/ios/documentation/IDEs/Conceptual/AppDistributionGuide/MaintainingCertificates/MaintainingCertificates.html#//apple_ref/doc/uid/TP40012582-CH31-SW6
+*   コードの id を署名 ( `--codeSignIdentity` ): [XCode を使用して][3]アイデンティティを署名の新しい iOS を作成でき、あなたのキーチェーンを追加。 コード署名 id - 通常配布または開発の種類は、ここで指定する必要があります。
 
-*   プロファイル (`--provisioningProfile`):[アップルのメンバー センターを使用して][4]プロビジョニング プロファイルを作成することができます。 あなたのマシンにプロビジョニング プロファイルをダウンロードし、それを登録する XCode でそれを起動します。 ここでお使いの Mac にコピーされます: ~/Library/MobileDevice/Provisioning\ プロファイル/。 テキスト エディターで開くと、ここで指定する必要がある UUID を検索できます。
+*   プロファイルのプロビジョニング ( `--provisioningProfile` ):[アップルのメンバー センターを使用して][4]プロビジョニング プロファイルを作成することができます。 あなたのマシンにプロビジョニング プロファイルをダウンロードし、それを登録する XCode でそれを起動します。 ここでお使いの Mac にコピーされます: ~/Library/MobileDevice/Provisioning\ プロファイル/。 テキスト エディターで開くと、ここで指定する必要がある UUID を検索できます。
 
-*   コード署名のリソースの規則 (`--codeSignResourceRules`) (省略可能): カスタム署名リソース ルールを指定することができます。
+*   コード署名のリソースの規則 ( `--codeSignResourceRules` ) (省略可能): カスタム署名リソース ルールを指定することができます。
 
+ [3]: https://developer.apple.com/library/ios/documentation/IDEs/Conceptual/AppDistributionGuide/MaintainingCertificates/MaintainingCertificates.html#//apple_ref/doc/uid/TP40012582-CH31-SW6
  [4]: https://developer.apple.com/library/ios/documentation/IDEs/Conceptual/AppDistributionGuide/MaintainingProfiles/MaintainingProfiles.html#//apple_ref/doc/uid/TP40012582-CH30-SW61
 
 これらのパラメーターは、`buid`または`run`スクリプトを上記のコマンドライン引数を使用して指定できます。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
index a19ad8de..8ad9fbf 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
@@ -21,7 +21,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 
 このガイドを大きな iOS アプリケーション内コルドバ有効 WebView コンポーネントを埋め込む方法を示します。これらのコンポーネントが互いと通信できる方法については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
 
-コルドバ 1.4、始まる iOS web 表示のサポートを使用して、 `Cleaver` コンポーネント Xcode テンプレートを参照実装として提供しています。 コルドバ 2.0 およびそれ以降のバージョンのみサブプロジェクト ベース包丁実装をサポートします。
+コルドバ バージョン 1.4、始まる iOS の web 表示のサポートを使用して、 `Cleaver` コンポーネント Xcode テンプレートを参照実装として提供しています。 コルドバ 2.0 およびそれ以降のバージョンのみサブプロジェクト ベース包丁実装をサポートします。
 
 これらの手順を少なくとも必要とコルドバ 3.x と iOS の新しく作成されたプロジェクトから `config.xml` ファイルと共に、Xcode 6.0。 ことができます手順をコマンド ライン インターフェイスで、新しいプロジェクトを作成し、取得する、 `config.xml` 内で名前付きアプリケーションのサブディレクトリ内のファイルから`platforms/ios`.
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
index 158b3e5..d40f47e 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
@@ -62,7 +62,7 @@ Tizen SDK には、Linux Ubuntu 10.04/10.10/11.04/11.10 (32-ビット)、また
 1.  Tizen の Eclipse IDE を起動します。
 
 2.  **→ インポート → Tizen Web プロジェクトのファイル**を選択します。
-
+    
     ![][2]
 
 3.  **次**のキーを押します.
@@ -72,22 +72,22 @@ Tizen SDK には、Linux Ubuntu 10.04/10.10/11.04/11.10 (32-ビット)、また
 5.  **プロジェクト ワークスペースにコピー**がオンになっていることを確認します。
 
 6.  **参照**を押すし、選択コルドバ Tizen `samples` プロジェクト ディレクトリ (など `/cordova-basic` )。
-
+    
     ![][3]
 
 7.  **終了**キーを押します。プロジェクト必要があります今インポートして、**プロジェクト エクスプ ローラー]**ビューに表示されます。
-
+    
     ![][4]
 
- [2]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/import_project.png
- [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/import_widget.png
- [4]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/project_explorer.png
+ [2]: img/guide/platforms/tizen/import_project.png
+ [3]: img/guide/platforms/tizen/import_widget.png
+ [4]: img/guide/platforms/tizen/project_explorer.png
 
 **プロジェクト エクスプ ローラー]**ビューを右クリックしてプロジェクトをリビルドし、**プロジェクトのビルド**を選択します。
 
 ![][5]
 
- [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/build_project.png
+ [5]: img/guide/platforms/tizen/build_project.png
 
 *Hello.wgt*などのウィジェット パッケージ ファイルがプロジェクトのルート ディレクトリに生成されます。
 
@@ -97,19 +97,19 @@ Tizen SDK には、Linux Ubuntu 10.04/10.10/11.04/11.10 (32-ビット)、また
 
 ![][6]
 
- [6]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/runas_web_sim_app.png
+ [6]: img/guide/platforms/tizen/runas_web_sim_app.png
 
 ## デバイスへの配置します。
 
 *   ターゲット デバイス正しく起動、接続され構成されていることを確認します。その**日付と時刻**の設定を正しく設定する必要があります。
 
 *   **接続エクスプ ローラー]**ビューを使用してアプリケーションの配置先を選択します:**ウィンドウ → 表示 → 接続エクスプ ローラー**.
-
+    
     ![][7]
 
 *   **プロジェクト エクスプ ローラー]**ビューでプロジェクトを右クリックし、 **→ として Tizen Web アプリケーションの実行**を選択します。
-
+    
     ![][8]
 
- [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/connection_explorer.png
- [8]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/tizen/runas_web_app.png
+ [7]: img/guide/platforms/tizen/connection_explorer.png
+ [8]: img/guide/platforms/tizen/runas_web_app.png
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
index 48fb831..2529326 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
@@ -93,7 +93,7 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows 中心のシェル ・ ツールを使
 
 ![][12]
 
- [12]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_installSDK.png
+ [12]: img/guide/platforms/win8/win8_installSDK.png
 
 Windows 10、Visual Studio インストーラーには普遍的な Windows アプリケーションを構築するためのツールをインストールするオプションがあります。 このオプションが必要な SDK をインストールするのをインストールするときに選択されているを確認する必要があります。
 
@@ -104,42 +104,42 @@ Windows 10、Visual Studio インストーラーには普遍的な Windows ア
         > cordova create hello com.example.hello HelloWorld
         > cd hello
         > cordova platform add windows
+    
 
-
-ここでは、対応する下位レベル シェル ツール アプローチ:
+ここでは、対応する下位シェル ツール アプローチです。
 
         C:\path\to\cordova-windows\package\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
-
+    
 
 このプロジェクトは、既定のターゲット OS として Windows 8.1 を対象します。 8.0 や 10.0 は、すべてのビルドの (以下「構成ターゲット Windows 版」を参照してください) をターゲットすることができます。 または、ビルドごとに特定特定バージョン対象とします。
 
 ## プロジェクトをビルドします
 
-開発で CLI を使用している場合は、プロジェクト ディレクトリの最上位 `www` ディレクトリにソース ファイルが含まれています。アプリを再構築するには、プロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
+プロジェクト ディレクトリの最上位レベルで開発に CLI を使用する場合は `www` ディレクトリには、ソース ファイルが含まれています。アプリケーションを再構築するプロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
 
         > cordova build
         > cordova build windows              # do not rebuild other platforms
         > cordova build windows   --debug    # generates debugging information
         > cordova build windows   --release  # signs the apps for release
+    
 
+ここでは、対応する下位シェル ツール アプローチです。
 
-ここでは、対応する下位レベル シェル ツール アプローチ:
-
-        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug        
         C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
+    
 
+`clean`コマンドは、次の準備のためにディレクトリを洗い流すのに役立ちます `build` :
 
-`clean`コマンドは準備として、次のディレクトリを洗い流すのに役立ちます `build` :
-
-        C:\path\to\project\cordova\clean.bat
-
+        C:\path\to\project\cordova\clean.bat 
+    
 
 ## 対象の Windows のバージョンを構成します。
 
 既定の`build`によってコマンドは、2 つのパッケージを生成されます: Windows 8.0 と Windows Phone 8.1。 バージョン 8.1 コンフィグレーション ファイル (`config.xml`に次の構成設定を追加する必要がありますに Windows パッケージをアップグレードするには).
 
         <preference name="windows-target-version" value="8.1" />
-
+    
 
 追加するこの設定`build`コマンド Windows 8.1 および Windows Phone 8.1 のパッケージを生産開始されます。
 
@@ -148,7 +148,7 @@ Windows 10、Visual Studio インストーラーには普遍的な Windows ア
 特定の OS をターゲット アプリケーションの特定のバージョンをビルドすることもできます (たとえば、設定した Windows 10 を対象とするが、Windows Phone 8.1 用に構築する場合)。 これを行うには、するには、 `--appx`パラメーターを使用します。
 
         > cordova build windows -- --appx=8.1-phone
-
+    
 
 ビルド システムでは、設定は、ターゲットの Windows バージョン用の config.xml の設定を無視し、厳密に Windows Phone 8.1 のパッケージを構築します。
 
@@ -168,13 +168,13 @@ Windows パッケージを展開。
 
         > cordova run windows -- --win  # explicitly specify Windows as deployment target
         > cordova run windows # `run` uses Windows package by default
-
+    
 
 Windows Phone のパッケージを展開するには。
 
         > cordova run windows -- --phone  # deploy app to Windows Phone 8.1 emulator
         > cordova run windows --device -- --phone  # deploy app to connected device
-
+    
 
 **cordova run windows --list**を使用して、すべての使用可能なターゲットすることができますと**cordova run windows --target=target_name \-- -|-phone**特定のデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションを実行する (たとえば、`cordova run windows --target="Emulator 8.1 720P 4.7 inch" -- --phone`).
 
@@ -186,25 +186,25 @@ Windows Phone のパッケージを展開するには。
 
 ![][14]
 
- [14]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk_openSLN.png
+ [14]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_openSLN.png
 
 `CordovaApp`コンポーネントは、ソリューション内で表示し、 `www`ディレクトリに`index.html`ホーム ページを含む web ベースのソース コードが含まれています。
 
 ![][15]
 
- [15]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk.png
+ [15]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk.png
 
 Visual Studio のメイン メニューの下にあるコントロールでは、テストまたはアプリケーションを配置することができます。
 
 ![][16]
 
- [16]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk_deploy.png
+ [16]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_deploy.png
 
 **ローカル コンピューター**を選択、Visual Studio を実行している同じマシン上でアプリケーションをインストールするのには緑の矢印を押します。そうと、アプリが Windows 8 のアプリ一覧に表示されます。
 
 ![][17]
 
- [17]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runApp.png
+ [17]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runApp.png
 
 アプリを再構築するたびに、インターフェイスのバージョンが更新されます。
 
@@ -212,20 +212,20 @@ Visual Studio のメイン メニューの下にあるコントロールでは
 
 ![][18]
 
- [18]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runHome.png
+ [18]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runHome.png
 
 メモ仮想マシン環境内でアプリケーションを開いた場合は、コーナーでまたはアプリの切り替えや追加機能にアクセスする windows の側面に沿ってをクリックする必要があります。
 
 ![][19]
 
- [19]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk_run.png
+ [19]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_run.png
 
 また、タブレット デバイス上で実行されているかのようにアプリを表示するのには**シミュレータ**導入オプションを選択します。
 
 ![][20]
 
- [20]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/win8/win8_sdk_sim.png
+ [20]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_sim.png
 
 デスクトップの展開とは異なり、このオプションでは、タブレットの向き、場所をシミュレートし、そのネットワーク設定を変更することができます。
 
-**注**: あなたのワークフローでコルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK を使用する方法についてのアドバイスの概要を参照してください。 コルドバの CLI は、日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK を使用して、プロジェクトを変更する場合は、CLI の代わりに低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
+**注**: あなたのワークフローでコルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK を使用する方法についてのアドバイスの概要を参照してください。 コルドバの CLI は、日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK を使用して、プロジェクトを変更する場合は、CLI の代わりに低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
index 20cf9fe..5d3fe9d 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
@@ -85,7 +85,7 @@ CLI を使用してビルド構成ファイル (build.json) を使用してこ
 
 ![](img/guide/platforms/win8/createprivatekeywindow.png)
 
-Pvk と cer ファイルが作成されると、これらの証明書から pfx ファイルを作成私たち必要があります。 Pfx (個人的な交換形式) ファイルには、各種証明書、ルート証明機関証明書、証明書チェーンおよび秘密キーなどの暗号化に関する情報が含まれています。 証明書をパッケージするには使用、ツールは、 [pvk2pfx](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff550672(v=vs.85).aspx)を呼ばれます。 このツールは、Windows SDK に付属し、 `%ProgramFiles(x86) %\Windows Kits\8.1\bin\x64`または`%ProgramFiles(x86) %\Windows Kits\8.1\bin\x86`の下で見つけることができます。.
+Pvk と cer ファイルが作成されると、これらの証明書から pfx ファイルを作成私たち必要があります。 Pfx (個人的な交換形式) ファイルには、各種証明書、ルート証明機関証明書、証明書チェーンおよび秘密キーなどの暗号化に関する情報が含まれています。 証明書をパッケージするには使用、ツールは、 [pvk2pfx](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff550672(v=vs.85).aspx)を呼ばれます。 このツールは、Windows SDK に付属しの下で見つけることができます `%ProgramFiles(x86)%\Windows Kits\8.1\bin\x64` または`%ProgramFiles(x86)%\Windows Kits\8.1\bin\x86`.
 
 `pvk2pfx -pvk FakeCorp.com.pvk -pi pvkPassword -spc FakeCorp.com.cer -pfx FakeCorp.com.pfx -po pfxPassword`
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/plugin.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/plugin.md
index 0da5c87..22cfd96 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/plugin.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/plugin.md
@@ -199,6 +199,10 @@ var 解像度 = EchoRuntimeComponent.EchoPluginRT.echo("boom");これをファ
 
 それは、今、世界と共有することができます、配布可能なプラグインがある! 1 つの事に注意してください Windows コルドバ プロジェクトにフレームワークを追加するためのサポートは、コルドバの現在のツーリングになっていることを確認する必要がありますのでのみ最近追加されました。 コルドバ cli とコルドバ plugman サポート ネイティブ バックアップのプラグインを削除するを追加します。
 
-> cordova plugin add com.risingj.echoplugin or > plugman install --platform windows --plugin com.risingj.echoplugin --project .
+> cordova plugin add com.risingj.echoplugin
+
+または
+
+> plugman install --platform windows --plugin com.risingj.echoplugin --project .
 
 https://github.com/purplecabbage/cordova-runtimecomp-echoplug
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp7/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp7/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp7/index.md
index 5408bc0..4a76464 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp7/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp7/index.md
@@ -3,13 +3,13 @@
 license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
            http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-
+    
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-
+    
 
    under the License.
 ---
@@ -65,7 +65,7 @@ Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
 コマンドラインからバッチ ファイルを実行する場合も自動的にインストールするパラメーターで呼び出すことができます。
 
         > createTemplates.bat-インストール
-
+    
 
 ## 新しいプロジェクトを設定します。
 
@@ -83,7 +83,7 @@ Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
 
 ![][5]
 
- [5]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
+ [5]: img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
 
 ## デバイス プロジェクトをビルドします。
 
@@ -99,6 +99,6 @@ Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
 
 ![][7]
 
- [7]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp7/wpd.png
+ [7]: img/guide/platforms/wp7/wpd.png
 
-この時点でしています。
+この時点でしています。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
index da9c6a0..aa181b8 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
@@ -92,7 +92,7 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 
 ![][12]
 
- [12]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/wp8_downloadSDK.png
+ [12]: img/guide/platforms/wp8/wp8_downloadSDK.png
 
 ## 新しいプロジェクトを作成します。
 
@@ -101,12 +101,12 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
         > cordova create hello com.example.hello HelloWorld
         > cd hello
         > cordova platform add wp8
-
+    
 
 ここでは、対応する下位レベル シェル ツール アプローチ:
 
         C:\path\to\cordova-wp8\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
-
+    
 
 ## プロジェクトをビルドします
 
@@ -114,57 +114,57 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 
         > cordova build
         > cordova build wp8   # do not rebuild other platforms
-
+    
 
 開発で Windows Phone 固有のシェルのツールを使用している場合、別のアプローチがあります。 プロジェクトを生成した後、既定のアプリケーションのソースは、 `projects\wp8\www` サブディレクトリ。 以降のコマンドは、 `cordova` 、同じレベルのサブディレクトリ。
 
 `build`コマンドをプロジェクト ファイルを消去して、アプリを再構築します。最初の例では、デバッグ情報を生成して、2 番目のリリースのアプリに署名します。
 
-        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug        
         C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
-
+    
 
 `clean`コマンドは準備として、次のディレクトリを洗い流すのに役立ちます `build` :
 
         C:\path\to\project\cordova\clean.bat
-
+    
 
 ## エミュレーターへの展開します。
 
 この時点で使用することができます、 `cordova` CLI ユーティリティ コマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
 
         > cordova emulate wp8
-
+    
 
 それ以外の場合、代替シェル インターフェイスを使用します。
 
         C:\path\to\project\cordova\run
-
+    
 
 既定で、 `run` スクリプト エミュレーター フラグを呼び出すし、追加のビルド フラグを受け入れる `--debug` 、既定値を提供します。
 
         C:\path\to\project\cordova\run --emulator --debug
         C:\path\to\project\cordova\run --emulator --release
         C:\path\to\project\cordova\run --emulator --nobuild
-
+    
 
 エミュレーターはインストールされているアプリケーションとデバイス イメージを起動します。 ホーム画面から、 **HelloWorld**アプリケーションを起動するアプリのパネルに移動します。これはメイン インタ フェースに続いてそのスプラッシュ画面を起動するアプリを示しています。
 
 ![][13]
 
- [13]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator.png
+ [13]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator.png
 
 デバイスの画面の右上に、エミュレーターの基本的なコントロールを縦向きと横向きに切り替えることができます。 **>**ボタンより複雑な方向とジェスチャをテストすることができますより多くのコントロールが表示されます。
 
 ![][14]
 
- [14]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_orient.png
+ [14]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_orient.png
 
 これらの高度なコントロールを使用または動きのシーケンスをシミュレートするデバイスの場所を変更するしたりすることもできます。
 
 ![][15]
 
- [15]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_loc.png
+ [15]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_loc.png
 
 ## デバイスへの配置します。
 
@@ -175,12 +175,12 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 その後、デバイス上のアプリを実行するには、次の CLI コマンドを実行します。
 
     > cordova run wp8
-
+    
 
 この低レベルのシェル コマンドに対応しています。
 
     C:\path\to\project\cordova\run --device
-
+    
 
 代わりに、Visual Studio で作業する場合は、トップ、押します**再生**緑の近隣にはボタンまたは他の**f5 キーを押して**にドロップ ダウン メニューから**Windows Phone デバイス**を選択します。.
 
@@ -190,6 +190,6 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 
 ![][17]
 
- [17]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/wp8_vs.png
+ [17]: img/guide/platforms/wp8/wp8_vs.png
 
-コルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK には、ワークフローで使用する方法についてのアドバイスは、「概要」を参照してください。 コルドバ CLI は日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK 内で作業する場合、CLI に代わるものとして、低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
+コルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK には、ワークフローで使用する方法についてのアドバイスは、「概要」を参照してください。 コルドバ CLI は日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK 内で作業する場合、CLI に代わるものとして、低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
index 52ae9c8..6c21e62 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
@@ -28,14 +28,14 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 1.  平行線デスクトップの準備が Windows 8 のディスク イメージを選択し、**設定**を選択します.
 
 2.  **一般的な → Cpu**オプションを選択します。*2 つ*の Cpu を指定します。推奨条件の範囲外になる場合でも少なくとも 2 GB のメモリを指定します。
-
+    
     ![][2]
 
 3.  Windows 8 の仮想マシン内でデバイス エミュレーター イメージを実行できる**最適化**オプションを選択し、**入れ子に仮想化**を有効にします。.
-
+    
     ![][3]
 
- [2]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/parallel_cpu_opts.png
- [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/parallel_optimize_opts.png
+ [2]: img/guide/platforms/wp8/parallel_cpu_opts.png
+ [3]: img/guide/platforms/wp8/parallel_optimize_opts.png
 
-これらの手順が完了すると、Windows Phone SDK をインストールする準備が整いました。詳細については、「Windows Phone 8 プラットフォーム ガイドを参照してください。
+これらの手順が完了すると、Windows Phone SDK をインストールする準備が整いました。詳細については、「Windows Phone 8 プラットフォーム ガイドを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
index 1679b70..fd3c1a6 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
@@ -19,7 +19,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 
 # Windows Phone 8 プラグイン
 
-Windows Phone プラットフォームでネイティブのプラグインのコードを実装する方法の詳細について説明します。 これを読む前に、プラグインの構造とその一般的な JavaScript のインタ フェースの概要プラグイン開発ガイド 』 を参照してください。 このセクションは、ネイティブ プラットフォームに戻るコルドバ webview から通信するサンプル*エコー*プラグインを示すために続けています。
+Windows Phone プラットフォームでネイティブのプラグインのコードを実装する方法の詳細について説明します。 これを読んで、前にプラグインの構造とその一般的な JavaScript のインターフェイスの概要についてはプラグイン開発ガイド 』 を参照してください。 このセクションは、ネイティブ プラットフォームに戻るコルドバ webview から通信するサンプル*エコー*プラグインを示すために続けています。
 
 Windows Phone 上のコルドバのプラグインを書くには、コルドバのアーキテクチャの基本的な理解が必要です。 コルドバ WP8 から成っている、 `WebBrowser` をホスト アプリケーションの JavaScript コードとネイティブ API 呼び出しを管理します。 C# を拡張する `BaseCommand` クラス ( `WPCordovaClassLib.Cordova.Commands.BaseCommand` )、必要な機能のほとんどが付属しています:
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
index 0367b46..a2b0925 100644
--- a/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
+++ b/www/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
@@ -28,23 +28,23 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 1.  VMWare Fusion 内、Windows 8 ディスク イメージを選択する用意しており、**設定**を選択します.
 
 2.  **プロセッサとメモリ**の構成オプションを選択します。 *2 つ*のプロセッサ コアを指定することを確認し、**この仮想マシンでハイパーバイザー アプリケーションを有効に**します。
-
+    
     ![][2]
-
+    
     Windows Phone エミュレーターだけで全体的な VMWare の少なくとも 2 GB を予約するメモリの 1 ギガバイトを使用します。
 
 3.  **高度な**設定を選択します。有効にすると、**優先仮想化エンジン: EPT で Intel VT-x**オプション。
-
+    
     ![][3]
 
 4.  *.Vmx*ファイルを追加または変更、次の設定を変更します。
-
+    
         hypervisor.cpuid.v0 = "FALSE"
         mce.enable = "TRUE"
         vhv.enable = "TRUE"
+        
 
+ [2]: img/guide/platforms/wp8/vmware_memory_opts.png
+ [3]: img/guide/platforms/wp8/vmware_advanced_opts.png
 
- [2]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/vmware_memory_opts.png
- [3]: {{ site.baseurl }}/static/img/guide/platforms/wp8/vmware_advanced_opts.png
-
-これらの手順が完了すると、Windows Phone SDK をインストールする準備ができているし。詳細については、「Windows Phone 8 プラットフォーム ガイドを参照してください。
+これらの手順が完了すると、Windows Phone SDK をインストールする準備ができているし。詳細については、「Windows Phone 8 プラットフォーム ガイドを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md b/www/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
index 4067e42..863fadb 100644
--- a/www/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
+++ b/www/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
@@ -40,12 +40,17 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 
     <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
         ...
-        <engine name="android" spec="^4.0.0" />
+        <engine name="android" spec="~4.0.0" />
         ...
-    </ xml>
+    </xml>
     
 
-いくつかの例: * = > **'cordova platform add android --save'**を固定の android プラットフォームのバージョンを取得します、それをプロジェクトに追加し、config.xml を更新します。 = > **'cordova platform add android@3.7.0 --save'**をバージョン 3.7.0 npm から android プラットフォームを取得します、それをプロジェクトに追加します、次に、config.xml を更新します。 = > **'cordova platform add android@https://github.com/apache/cordova-android.git​ --save'**指定したコルドバ android git リポジトリをクローン、android プラットフォームをプロジェクトに追加します config.xml を更新し、指定した git url をそのバージョンをポイントします。 指定したディレクトリから android プラットフォームを取得 = > **'cordova platform add C:/path/to/android/platform --save'**をプロジェクトに追加、config.xml を更新し、デ
 ィレクトリをポイントします。
+いくつかの例:
+
+  * android プラットフォームの固定されたバージョンを取得します = > **'保存コルドバ プラットフォームを追加 android-'**を、プロジェクトに追加し、config.xml を更新します。
+  * 取得 = > **'保存コルドバ プラットフォームの追加 android@3.7.0-'**をバージョン 3.7.0 npm から android プラットフォームはプロジェクト、その後更新 config.xml にそれを追加します。
+  * = > **'コルドバ プラットフォーム android @https://github.com/apache/cordova-android.git - を保存追加'**指定したコルドバ android git リポジトリをクローン、android プラットフォームをプロジェクトに追加します config.xml を更新し、指定した git url をそのバージョンをポイントします。
+  * 取得 = > **'保存コルドバ プラットフォームの追加 c:/パス/を/アンドロイド/プラットフォーム-'**を指定したディレクトリから android プラットフォームはプロジェクト、し、更新プログラムの config.xml ファイルとディレクトリにポイントにそれを追加します。
 
 ### 既存のプロジェクトのプラットフォームを保存質量
 
@@ -62,15 +67,31 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
     $ cordova platform remove <platform> --save
     
 
-いくつかの例: * 固定バージョン、config.xml の更新のエントリに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバ プラットフォーム アップ デート android - 保存'** * バージョン 3.8.0、config.xml の更新のエントリに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバのプラットフォームは、android@3.8.0 - を保存更新'** * フォルダーで、config.xml の更新のエントリのバージョンに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバのプラットフォームは、/path/to/android/platform - を保存更新'** * = > **'保存するコルドバ プラットフォーム削除アンドロイド-'** android プラットフォームをプロジェクトから削除し、config.xml からそのエントリを削除します。
+いくつかの例:
+
+  * 固定バージョン、config.xml の更新のエントリに android プラットフォームのアップデートに加えて = > **'コルドバ プラットフォーム アップ デート android - 保存'**を
+  * バージョン 3.8.0、config.xml の更新のエントリに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバのプラットフォームは、android@3.8.0 - を保存更新'**
+  * フォルダーで、config.xml の更新のエントリのバージョンに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバのプラットフォームは、/path/to/android/platform - を保存更新'**
+  * = > **'保存するコルドバ プラットフォーム削除アンドロイド-'**をプロジェクトから android プラットフォームを削除し、config.xml からそのエントリを削除します。
 
 ### プラットフォームの復元
 
-  * プラットフォームは、 **cordova prepare**コマンドの実行時に自動的に config.xml から復元されます。
-  * インストールするバージョンは、config.xml から撮影バージョン/フォルダー/git_url を指定せず、プラットフォームを追加した場合 **場合が見つかりました**. 
-      * 例: config.xml ファイルに次のエントリが含まれていると仮定します: <? xml バージョン '1.0' エンコード = ='utf-8'? >. <0></0>... </xml > コマンド
-        
-        **'cordova platform add android'** (ないバージョン/フォルダー/git_url 指定) を実行すると、'android@3.7.0' (config.xml から取得)、プラットフォームがインストールされます。
+プラットフォームは、 **「コルドバ準備」**コマンドの実行時に自動的に config.xml から復元されます。
+
+インストールするバージョンは、config.xml から撮影バージョン/フォルダー/git_url を指定せず、プラットフォームを追加した場合**場合が見つかりました**.
+
+例:
+
+Config.xml ファイルに次のエントリが含まれているとします。
+
+    <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
+        ...
+        <engine name="android" spec="3.7.0" />
+        ...
+    </xml>
+    
+
+コマンド**'コルドバ プラットフォームは、android を追加'** (ないバージョン/フォルダー/git_url 指定) を実行すると、'android@3.7.0' (config.xml から取得)、プラットフォームがインストールされます。
 
 * * *
 
@@ -89,16 +110,21 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 
     <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
         ...
-        <plugin name="cordova-plugin-console" spec="^1.0.0" />
+        <plugin name="cordova-plugin-console" spec="~1.0.0" />
         ...
-    </ xml>
+    </xml>
     
 
-いくつかの例: * = > **'cordova plugin add cordova-plugin-console --save'**をコンソール ・ プラグインの固定されたバージョンを取得します、それをプロジェクトに追加します、次に、config.xml を更新します。 = > **'cordova plugin add cordova-plugin-console@0.2.13 --save'**を android のプラグイン バージョン 0.2.13 npm からを取得、それをプロジェクトに追加し、config.xml を更新します。 **'cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git --save'** = > 指定されたコンソールのプラグインの git リポジトリのクローンを作成、コンソール ・ プラグインをプロジェクトに追加しますし、config.xml を更新および指定した git url をそのバージョンをポイントします。 指定したディレクトリからコンソール ・ プラグインを取得します = > **'cordova plugin add C:/path/to/console/plugin --save'*
 *をプロジェクトに追加、config.xml を更新し、ディレクトリをポイントします。
+いくつかの例:
+
+  * = > **'を保存コルドバ プラグインの追加コルドバ-プラグイン-コンソール-'**をコンソール ・ プラグインの固定されたバージョンを取得します、それをプロジェクトに追加します、次に、config.xml を更新します。
+  * 取得 = > **'保存コルドバ プラグインの追加 cordova-plugin-console@0.2.13-'**を android のプラグインは、バージョン 0.2.13 npm からはプロジェクト、その後更新 config.xml にそれを追加します。
+  * **'保存コルドバ プラグインの追加 https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git-'** = > 指定されたコンソールのプラグインの git リポジトリのクローンを作成、コンソール ・ プラグインをプロジェクトに追加しますし、config.xml を更新および指定した git url をそのバージョンをポイントします。
+  * 取得 = > **'保存コルドバ プラグインの追加 c:/パス/を/コンソール/プラグイン-'**を指定したディレクトリからコンソール ・ プラグインはプロジェクト、し、更新プログラムの config.xml ファイルとディレクトリにポイントにそれを追加します。
 
 ### 既存のプロジェクトのプラグインを保存質量
 
-'--save' 上記フラグは、プラグインの追加を使用して、それを覚えている場合にのみ役に立つ。 既存のプロジェクトがある場合や保存する場合、すべては現在プロジェクトにプラグインを追加を使用できます。
+'--保存' 上記のフラグは、プラグイン追加時に使用するを忘れないで場合にのみ役に立つ。 既存のプロジェクトがある場合や保存する場合、すべては現在、プロジェクトのプラグインを追加を使用できます。
 
     $ cordova plugin save
     
@@ -111,12 +137,28 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
     $ cordova plugin remove <plugin> --save
     
 
-いくつかの例: * 固定バージョン、config.xml の更新のエントリにコンソール ・ プラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグイン更新保存のコルドバ-プラグイン-コンソール-'** * バージョン 3.8.0、config.xml の更新のエントリに android のプラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグインは、cordova-plugin-console@0.2.13 - を保存更新'** * フォルダーで、config.xml の更新のエントリのバージョンをコンソール ・ プラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグインは、/path/to/console/plugin - を保存更新'** * = > **'保存するコルドバ プラグイン削除コルドバ-プラグイン-コンソール-'**をプロジェクトからコンソール ・ プラグインを削除し、config.xml からそのエントリを削除します。
+いくつかの例:
+
+  * 固定されたバージョン、config.xml の更新のエントリをコンソール ・ プラグインの更新に加えて => **「保存コルドバ プラグインのアップデート コルドバ-プラグイン-コンソール」**
+  * android のプラグインの更新バージョン 3.8.0、config.xml の更新のエントリに加え => **'コルドバ プラグインは、cordova-plugin-console@0.2.13 - を保存更新'**
+  * フォルダーで、config.xml の更新のエントリのバージョンをコンソール ・ プラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグインは、/path/to/console/plugin - を保存更新'**
+  * = > **'保存するコルドバ プラグイン削除コルドバ-プラグイン-コンソール-'**をプロジェクトからコンソール ・ プラグインを削除し、config.xml からそのエントリを削除します。
 
 ### プラグインを復元します。
 
-  * プラグインは、 **cordova prepare**コマンドの実行時に自動的に config.xml から復元されます。
-  * インストールするバージョンは、config.xml から撮影バージョン/フォルダー/git_url を指定することがなく、プラグインを追加する場合 **場合が見つかりました**. 
-      * 例: config.xml ファイルに次のエントリが含まれていると仮定します: <? xml バージョン '1.0' エンコード = ='utf-8'? >. <0></0>... </xml > コマンド
-        
-        **'コルドバ プラグインは、コルドバ プラグイン コンソールを追加する'** (ないバージョン/フォルダー/git_url 指定) を実行すると、'cordova-plugin-console@0.2.11' (config.xml から取得)、プラグインがインストールされます。
\ No newline at end of file
+プラグインは、 **「コルドバ準備」**コマンドの実行時に自動的に config.xml から復元されます。
+
+バージョン/フォルダー/git_url を指定することがなく、プラグインを追加すると、インストールするバージョンは、config.xml から取ら**場合が見つかりました**.
+
+例:
+
+Config.xml ファイルに次のエントリが含まれているとします。
+
+    <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
+        ...
+        <plugin name="cordova-plugin-console" spec="0.2.11" />
+        ...
+    </ xml>
+    
+
+コマンド**'コルドバ プラグインは、コルドバ プラグイン コンソールを追加する'** (ないバージョン/フォルダー/git_url 指定) を実行すると、'cordova-plugin-console@0.2.11' (config.xml から取得)、プラグインがインストールされます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/0ada4670/www/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/www/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md b/www/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
index 40ac5e4..0fbb94d 100644
--- a/www/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
+++ b/www/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
@@ -136,38 +136,72 @@ Plugman 動けなくなるまたは問題が発生した場合に役立つこと
 
 *   cordova-plugin-battery-status
     
-    plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-battery-status
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-battery-status`
 
-*   cordova-plugin-camera plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-camera
+*   cordova-plugin-camera
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-camera`
 
-*   cordova-plugin-console plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-console
+*   cordova-plugin-console
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-console`
 
-*   cordova-plugin-contacts plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-contacts
+*   cordova-plugin-contacts
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-contacts`
 
-*   cordova-plugin-device plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device
+*   cordova-plugin-device
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device`
 
-*   cordova-plugin-device-motion (accelerometer) plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device-motion
+*   cordova-plugin-device-motion (accelerometer)
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device-motion`
 
-*   cordova-plugin-device-orientation (compass) plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device-orientation
+*   cordova-plugin-device-orientation (compass)
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device-orientation`
 
-*   cordova-plugin-dialogs plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-dialogs
+*   cordova-plugin-dialogs
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-dialogs`
 
-*   cordova-plugin-file plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-file
+*   cordova-plugin-file
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-file`
 
-*   cordova-plugin-file-transfer plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-file-transfer
+*   cordova-plugin-file-transfer
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-file-transfer`
 
-*   cordova-plugin-geolocation plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-geolocation
+*   cordova-plugin-geolocation
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-geolocation`
 
-*   cordova-plugin-globalization plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-globalization
+*   cordova-plugin-globalization
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-globalization`
 
-*   cordova-plugin-inappbrowser plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-inappbrowser
+*   cordova-plugin-inappbrowser
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-inappbrowser`
 
-*   cordova-plugin-media plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-media
+*   cordova-plugin-media
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-media`
 
-*   cordova-plugin-media-capture plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-media-capture
+*   cordova-plugin-media-capture
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-media-capture`
 
-*   cordova-plugin-network-information plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-network-information
+*   cordova-plugin-network-information
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-network-information`
 
-*   cordova-plugin-splashscreen plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-splashscreen
+*   cordova-plugin-splashscreen
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-splashscreen`
 
-*   cordova-plugin-vibration plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-vibration
\ No newline at end of file
+*   cordova-plugin-vibration
+    
+    `plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-vibration`
\ No newline at end of file


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message