cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From victo...@apache.org
Subject [05/11] docs commit: CB-9128 cordova-docs documentation translation: cordova-docs
Date Fri, 12 Jun 2015 14:38:17 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
index 81cde1f..da311e0 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md
@@ -15,7 +15,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Windows プラットフォームのガイド
 
-このガイドは、SDK の開発環境構築および Windows 8、Windows 8.1 および Windows Phone 8.1 Cordova アプリを展開するを設定する方法を示します。ツールを使用してどちらかシェルを生成し、アプリケーションを構築する方法を示しています。 またはクロス プラットフォーム コルドバ CLI コマンド ライン インターフェイスでの議論。 (これらの開発オプション比較の概要」を参照)。また、Visual Studio 内で Cordova アプリを変更する方法についても説明します。 どちらの作成方法に関係なく下記のような Visual Studio SDK をインストールする必要はあります。
+このガイドでは、構築および Windows 10 普遍的なアプリケーション プラットフォーム、Windows Phone 8.1 Windows 8.1 Windows 8 の Cordova アプリを展開する SDK の開発環境を設定する方法を示しています。 シェル ツールを使用して生成し、アプリケーションを構築する方法を示します。 またはクロスプラット フォーム コルドバ CLI コマンド ライン インターフェイスでの議論。 (これら開発オプションの比較の概要」を参照してください)。このセクションでは、Visual Studio 内でコルドバのアプリを変更する方法も示します。 、採用するアプローチに関係なくあなたは、次のよう Visual Studio SDK をインストールする必要があります。
 
 既存の Windows 8 コルドバ プロジェクトをアップグレードする方法の詳細については、Windows 8 のアップグレードを参照してください。
 
@@ -31,55 +31,71 @@ Windows プラットフォーム用のアプリを開発するには、必要が
 
 *   最低 4 GB の RAM と Windows 8.1 では、32 ビットまたは 64 ビット マシン (*ホーム*、 *Pro*、または*エンタープライズ*エディション)。
 
-*   Windows Phone エミュレーターは、Windows の 8.1 (64) プロフェッショナル ・ エディションのためまたは[クライアント HYPER-V と第 2 レベル アドレス変換 (SLAT)][2]をサポートする、高いとプロセッサ。 Windows 8.1 エンタープライズの評価版は[マイクロソフトの開発者ネットワーク][3]から利用可能.
+*   Windows 8.0、8.1 または 10、32 または 64 ビット*ホーム*、 *Pro*、または[Visual Studio 2012 Express][2]または Visual Studio 2013 と共に、*エンタープライズ*版。 Visual Studio 2015 は Windows 8.0 アプリケーションを構築できません。
 
-*   [Windows 用の visual Studio 2013][4](エクスプレスまたはより高い)。
+ [2]: http://www.visualstudio.com/downloads
 
- [2]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/ff626524(v=vs.105).aspx#hyperv
- [3]: http://msdn.microsoft.com/en-US/evalcenter/jj554510
- [4]: http://www.visualstudio.com/downloads/download-visual-studio-vs#d-express-windows-8
+アプリの開発 Windows 8.0 および 8.1 (Windows Phone 8.1 を含む)。
 
-Windows 8.1 でコンパイルしたアプリケーションは*いない*Windows 8.0 の下で実行します。Windows 8.0 でコンパイルしたアプリケーションは転送-互換性のある 8.1 で。
+*   Windows 8.1 または Windows 10、32 または 64 ビット*ホーム*、 *Pro*、または[Visual Studio 2013 Express][2]と共に以上の*エンタープライズ*エディション。 Windows 8.1 エンタープライズの評価版は[マイクロソフト開発者ネットワーク][3]から利用可能です.
 
-Windows ストアにアプリを提出する[windowsstore.com][5]に記載された手順に従ってください。
+*   Windows Phone エミュレーターは、Windows 8.1 (64) プロフェッショナル ・ エディションの[クライアント HYPER-V とセカンド レベル アドレス変換 (SLAT)][4]をサポートするプロセッサとより高い、または。 Windows 8.1 エンタープライズの評価版は[マイクロソフト開発者ネットワーク][3]から利用可能です.
 
- [5]: http://www.windowsstore.com/
+*   [Windows 用の visual Studio 2013][5](急行またはより高い)。
 
-Windows の Cordova アプリを開発する Windows を実行して PC を使用する可能性がありますが、仮想マシン環境を実行して、またはを使用してブート キャンプをデュアル ブート Windows 8.1 パーティションも mac では、開発可能性があります。 Mac で必要な Windows 開発環境を設定するこれらのリソースを参照してください。
+ [3]: http://msdn.microsoft.com/en-US/evalcenter/jj554510
+ [4]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/ff626524(v=vs.105).aspx#hyperv
+ [5]: http://www.visualstudio.com/downloads/download-visual-studio-vs#d-express-windows-8
 
-*   [VMWare Fusion][6]
+10 Windows 用アプリの開発。
 
-*   [Parallels Desktop][7],
+*   Windows 8.1 または Windows 10 テクニカル プレビュー 2、32 ビットまたは 64 ビット、 [Visual Studio 2015 RC][6]と一緒に以上。
 
-*   [Boot Camp][8].
+ [6]: http://www.visualstudio.com/preview
 
- [6]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945426
- [7]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945424
- [8]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945423
+アプリの互換性は、アプリケーションが対象とする OS によって決定されます。 アプリは、前方互換がない下位互換、8.0 で Windows 8.1 をターゲット アプリケーションは実行できませんが、8.1 8.0 用に構築されたアプリケーションを実行できます。
 
-## SDK をインストールします。
+Windows ストアにアプリを提出する[windowsstore.com][7]で指示に従います。
+
+ [7]: http://www.windowsstore.com/
+
+Windows の Cordova アプリの開発には、Windows を実行する PC を使用しますが、仮想マシン環境を実行することによって、またはデュアル ブート Windows 8.1 のパーティションにブート キャンプを使用しては、また mac で開発することがあります。 Mac で必要な Windows 開発環境を設定するこれらのリソースを参照してください。
 
-*究極*、*プレミアム*、または[Visual Studio][4]の*Professional* 2013 エディションをインストールします。.
+*   [VMWare Fusion][8]
 
-![][9]
+*   [Parallels Desktop][9]
 
- [9]: img/guide/platforms/win8/win8_installSDK.png
+*   [Boot Camp][10]
+
+ [8]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945426
+ [9]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945424
+ [10]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945423
 
 ## コルドバのシェル ・ ツールを使用してください。
 
 SDK と一緒にコルドバの Windows 中心のシェル ・ ツールを使用する場合は、2 つの基本的なオプションがあります。
 
-*   CLI で生成されたプロジェクト コードからローカル アクセスします。利用できる、`プラットフォーム/windows/`ディレクトリ以下に示すように、 `windows`プラットフォームを追加した後。
+*   CLI で生成されたプロジェクト コードからローカルでアクセスします。利用できる、`platforms/windows/`ディレクトリ以下の説明に従って、 `windows`プラットフォームを追加した後。
 
-*   [Cordova.apache.org][10]で別のディストリビューションからそれらをダウンロードします。 コルドバ分布にはプラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 必ず、空のディレクトリ内でこの場合、適切なアーカイブ、`コルドバ windows`を展開してください。 関連するバッチ ユーティリティを`パッケージ/bin`ディレクトリで利用できます。 (より詳細な指示が必要な場合は、 **README**ファイルを参照して)。
+*   [cordova.apache.org][11]で別のディストリビューションからそれらをダウンロードします。 コルドバの配布には、プラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 必ず空のディレクトリ内でこのような場合は、適切なアーカイブ、`コルドバ windows`を展開してください。 `package/bin`ディレクトリに関連するバッチ ユーティリティがあります。 (必要に応じてより詳細な指示について**README**ファイルを参照して)。
 
- [10]: https://www.apache.org/dist/cordova/platforms/
+ [11]: https://www.apache.org/dist/cordova/platforms/
 
 これらのシェルのツールを作成、構築、および Windows アプリケーションを実行することができます。 すべてのプラットフォームのプラグイン機能を有効にする追加のコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。
 
+## SDK をインストールします。
+
+[Visual Studio][2]の要件が上記のバージョンと一致するの任意のエディションをインストールします。
+
+![][12]
+
+ [12]: img/guide/platforms/win8/win8_installSDK.png
+
+Windows 10、Visual Studio インストーラーには普遍的な Windows アプリケーションを構築するためのツールをインストールするオプションがあります。 このオプションが必要な SDK をインストールするのをインストールするときに選択されているを確認する必要があります。
+
 ## 新しいプロジェクトを作成します。
 
-この時点で、新しいプロジェクトを作成する、コマンド ライン インターフェイスまたは特定の Windows シェル ツールのセットで説明するクロス プラットフォーム CLI ツールの間に選択できます。 以下の CLI アプローチ新しい`ハロー`プロジェクト ディレクトリ内に*HelloWorld*という名前をアプリケーションが生成されます。
+この時点で、新しいプロジェクトを作成する、コマンド ライン インターフェイスまたは一連の Windows 固有のシェル ツールで説明されているクロスプラット フォームの CLI ツール間できます。 以下の CLI 接近は、 *HelloWorld*をという名前の新しい`ハロー`プロジェクト ディレクトリ内にあるアプリを生成します。
 
         > cordova create hello com.example.hello HelloWorld
         > cd hello
@@ -91,6 +107,8 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows 中心のシェル ・ ツールを使
         C:\path\to\cordova-windows\package\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
     
 
+このプロジェクトは、既定のターゲット OS として Windows 8.1 を対象します。 8.0 や 10.0 は、すべてのビルドの (以下「構成ターゲット Windows 版」を参照してください) をターゲットすることができます。 または、ビルドごとに特定特定バージョン対象とします。
+
 ## プロジェクトをビルドします
 
 開発で CLI を使用している場合は、プロジェクト ディレクトリの最上位 `www` ディレクトリにソース ファイルが含まれています。アプリを再構築するには、プロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
@@ -105,82 +123,105 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows 中心のシェル ・ ツールを使
 
         C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug        
         C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
-        C:\path\to\project\cordova\clean.bat
+    
+
+`clean`コマンドは準備として、次のディレクトリを洗い流すのに役立ちます `build` :
+
+        C:\path\to\project\cordova\clean.bat 
     
 
 ## 対象の Windows のバージョンを構成します。
 
-既定の`ビルド`によってコマンドは 2 つのパッケージが生成されます: Windows 8.0 と Windows Phone 8.1。 コンフィグレーション ファイル (`config.xml`に次の構成設定を追加する必要がありますバージョン 8.1 への Windows パッケージをアップグレードするには).
+既定の`build`によってコマンドは、2 つのパッケージを生成されます: Windows 8.0 と Windows Phone 8.1。 バージョン 8.1 コンフィグレーション ファイル (`config.xml`に次の構成設定を追加する必要がありますに Windows パッケージをアップグレードするには).
+
+        <preference name="windows-target-version" value="8.1" />
+    
+
+追加するこの設定`build`コマンド Windows 8.1 および Windows Phone 8.1 のパッケージを生産開始されます。
+
+### --appx パラメーター
 
-        <preference name='windows-target-version' value='8.1' />
+特定の OS をターゲット アプリケーションの特定のバージョンをビルドすることもできます (たとえば、設定した Windows 10 を対象とするが、Windows Phone 8.1 用に構築する場合)。 これを行うには、するには、 `--appx`パラメーターを使用します。
+
+        > cordova build windows -- --appx=8.1-phone
     
 
-追加するこの設定`ビルド`コマンドが Windows 8.1 および Windows Phone 8.1 のパッケージの生産を開始します。
+ビルド システムでは、設定は、ターゲットの Windows バージョン用の config.xml の設定を無視し、厳密に Windows Phone 8.1 のパッケージを構築します。
+
+`8.1-win`、 `8.1-phone`、 `uap` (Windows 10 ユニバーサルアプリ) のため、 `--appx`フラグの有効な値。 これらのオプションは、`cordova run`コマンドにも適用されます。
+
+### ターゲットの Windows バージョンの考慮事項
+
+Windows 10 コルドバ アプリ (と一般的に HTML アプリケーション) の新しい「リモート」モードをサポートしています。 このモードにより、アプリの DOM 操作とインライン スクリプトの使用などの一般的な web のパターンを使用する点ではるかに自由が公共の Windows ストアに提出するとき一連の機能を減らすことによってアプリを使用可能性があります。 Windows 10 とリモート モードの詳細については、 [Windows 10 コルドバ][13]のドキュメントを見てください。
+
+ [13]: win10-support.md.html
+
+リモート モードを使用している場合、開発者がスクリプト注入攻撃を防ぐために、アプリケーションにコンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) を適用することをお勧めします。
 
 ## アプリを展開します。
 
-パッケージを展開する Windows:
+Windows パッケージを展開。
 
         > cordova run windows -- --win  # explicitly specify Windows as deployment target
         > cordova run windows # `run` uses Windows package by default
     
 
-パッケージを展開する Windows Phone:
+Windows Phone のパッケージを展開するには。
 
         > cordova run windows -- --phone  # deploy app to Windows Phone 8.1 emulator
         > cordova run windows --device -- --phone  # deploy app to connected device
     
 
-**cordova run windows --list**すべての利用可能なターゲットを使用と**cordova run windows --target=target_name \-- -|-phone**、特定のデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションを実行する (たとえば、`cordova run windows --target="Emulator 8.1 720P 4.7 inch" -- --phone`).
+**cordova run windows --list**を使用して、すべての使用可能なターゲットすることができますと**cordova run windows --target=target_name \-- -|-phone**特定のデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションを実行する (たとえば、`cordova run windows --target="Emulator 8.1 720P 4.7 inch" -- --phone`).
 
-**コルドバの実行 - ヘルプ**を使用して、追加のビルドを参照してください、オプションを実行することもできます。
+**コルドバ実行 - ヘルプ**は、追加のビルドを表示し、オプションを実行するもできます。
 
 ## SDK でプロジェクトを開き、アプリを展開します。
 
-一度上記のように Cordova アプリをビルドする Visual Studio で開くことができます。 さまざまな`ビルド`のコマンドは、Visual Studio のソリューション (*.sln*) ファイルを生成します。 Visual Studio 内のプロジェクトを変更するファイル エクスプ ローラーでファイルを開きます。
+前述のように Cordova アプリをビルドすると、Visual Studio で開くことが。 様々 な`構築`コマンドは、Visual Studio のソリューション (*.sln*) ファイルを生成します。 Visual Studio 内のプロジェクトを変更するのにはファイル エクスプ ローラーでファイルを開きます。
 
-![][11]
+![][14]
 
- [11]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_openSLN.png
+ [14]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_openSLN.png
 
-`CordovaApp`コンポーネントは、ソリューション内で表示し、その`www`ディレクトリに`index.html`ホーム ページを含む web ベースのソース コードが含まれています。
+`CordovaApp`コンポーネントは、ソリューション内で表示し、 `www`ディレクトリに`index.html`ホーム ページを含む web ベースのソース コードが含まれています。
 
-![][12]
+![][15]
 
- [12]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk.png
+ [15]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk.png
 
-Visual Studio のメイン メニューの下のコントロールをテストしたり、アプリを展開することができます。
+Visual Studio のメイン メニューの下にあるコントロールでは、テストまたはアプリケーションを配置することができます。
 
-![][13]
+![][16]
 
- [13]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_deploy.png
+ [16]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_deploy.png
 
-**ローカル コンピューター**を選択、Visual Studio を実行している同じマシン上のアプリのインストールに緑色の矢印キーを押します。そうと、Windows 8 アプリ一覧にアプリが表示されます。
+**ローカル コンピューター**を選択、Visual Studio を実行している同じマシン上でアプリケーションをインストールするのには緑の矢印を押します。そうと、アプリが Windows 8 のアプリ一覧に表示されます。
 
-![][14]
+![][17]
 
- [14]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runApp.png
+ [17]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runApp.png
 
-アプリケーションをリビルドするたびに、インターフェイスのバージョンが更新されます。
+アプリを再構築するたびに、インターフェイスのバージョンが更新されます。
 
-一度利用できるアプリの一覧で、メイン画面にピン留めすることができます**CTRL**キーを押したまま、アプリを選択します。
+アプリ一覧に表示する、メイン画面にピン留めする**CTRL**キーを押しながらアプリケーションを選択できます。
 
-![][15]
+![][18]
 
- [15]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runHome.png
+ [18]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_runHome.png
 
-メモ仮想マシン環境内でアプリケーションを開いた場合、コーナーでまたはアプリを切り替えるか、追加機能にアクセスする windows の側面に沿ってをクリックする必要があります。
+メモ仮想マシン環境内でアプリケーションを開いた場合は、コーナーでまたはアプリの切り替えや追加機能にアクセスする windows の側面に沿ってをクリックする必要があります。
 
-![][16]
+![][19]
 
- [16]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_run.png
+ [19]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_run.png
 
-代わりに、タブレット デバイスで実行されていたかのようにアプリケーションを表示する**シミュレータ**の展開オプションを選択します。
+また、タブレット デバイス上で実行されているかのようにアプリを表示するのには**シミュレータ**導入オプションを選択します。
 
-![][17]
+![][20]
 
- [17]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_sim.png
+ [20]: img/guide/platforms/win8/win8_sdk_sim.png
 
-デスクトップの展開とは異なりこのオプションはタブレットの方向、場所をシミュレートし、そのネットワーク設定を変更することができます。
+デスクトップの展開とは異なり、このオプションでは、タブレットの向き、場所をシミュレートし、そのネットワーク設定を変更することができます。
 
-**注**: コルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK には、ワークフローで使用する方法についてのアドバイスの概要を参照してください。 コルドバ CLI は日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK を使用して、プロジェクトを変更する場合は、CLI に代わるものとして、低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
\ No newline at end of file
+**注**: あなたのワークフローでコルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK を使用する方法についてのアドバイスの概要を参照してください。 コルドバの CLI は、日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK を使用して、プロジェクトを変更する場合は、CLI の代わりに低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
new file mode 100644
index 0000000..f703abb
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/packaging.md
@@ -0,0 +1,111 @@
+* * *
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+    
+
+* * *
+
+# Windows パッケージ
+
+署名および[MSDN](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh446593(v=vs.85).aspx)の Windows ストア アプリのパッケージについての詳細を学ぶことができます。.
+
+正しくパッケージ化して Windows に署名できるようにするには、アプリはいくつ必要です。
+
+  * 署名証明書
+  * 指定された署名証明書に一致する識別情報の詳細
+
+Windows プロジェクトの id の詳細は package.appxmanifest ファイルで保持されます。Cordova アプリをビルドするたびに、このファイルが自動的に設定されます。Identity は、3 つの重要なフィールドを保持しています。
+
+  * Name
+  * Publisher
+  * Version
+
+*NAme*と*Version*は、 **config.xml**から設定できます。*Publisher*は、構築パラメーターとして指定することができます。 または**build.json**ファイルに設定することができます。
+
+![](img/guide/platforms/win8/packaging.png)
+
+いずれかの CLI から、または build.json ファイル、署名証明書を指定できます。証明書は、CLI のフラグ関連。
+
+  * `--packageCertificateKeyFile` : パッケージの署名証明書を作成すると、このパラメーターを使用してアプリケーションに証明書を関連付けることができます。このフラグは、ファイルのパスを引数として受け取ります。 例えば。 `> cordova build -- --packageCertificateKeyFile="platforms\windows\CordovaApp_TemporaryKey.pfx"`
+  * `--packageThumbprint` : パッケージ拇印を使用してパッケージ証明書キー ファイルの信頼性を検証します。 証明書キー ファイルを作成すると、この値は、エンド ・ ユーザーに提供されます。 例えば。 `> cordova build -- --packageCertificateKeyFile="platforms\windows\CordovaApp_TemporaryKey.pfx" --packageThumbprint="ABCABCABCABC123123123123"`
+
+CLI を使用してビルド構成ファイル (build.json) を使用してこれらの値を指定ことができますまた、(-buildConfig)。サンプルのビルド構成ファイル:
+
+    {
+        "windows": {
+            "debug": {
+                "packageCertificateKeyFile": "platforms\\windows\\CordovaApp_TemporaryKey.pfx"
+            },
+            "release": {
+                "packageCertificateKeyFile": "c:\\path-to-key\\keycert.pfx",
+                "packageThumbprint": "ABCABCABCABC123123123123",
+                "publisherId": "CN=FakeCorp.com, L=Redmond, S=Washington, C=US"
+            }
+        }
+    }
+    
+
+サポートをミックスし、コマンド ・ ライン引数および build.json ファイルのパラメーターと一致しています。コマンドライン引数から値は優先順位を取得します。
+
+# 証明書にキーと署名コルドバ windows アプリを作成する方法
+
+署名が配布して Windows ストア アプリをインストールする必要です。 このプロセスは、リリースのパッケージを展開するとき通常 Visual Studio によって処理されます。 私たちは私たち自身の証明書を作成する必要があります Visual Studio せず tmhis を行う。
+
+証明書を作成するため我々 は util。 [makecert.exe](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff548309(v=vs.85).aspx)を使用する必要があります。 このツールは、Windows SDK に付属し、 `%ProgramFiles(x86) %\Windows Kits\8.1\bin\x64`または`%ProgramFiles(x86) %\Windows Kits\8.1\bin\x86`の下で見つけることができます。.
+
+我々 が行う必要がある最初の事は、我々 のアプリに署名するためのルート キーを作成します。
+
+`makecert.exe -n "CN=FakeCorp.com" -r -eku "1.3.6.1.5.5.7.3.3,1.3.6.1.4.1.311.10.3.13" -e "01/01/2020" –h 0 -sv FakeCorp.com.pvk FakeCorp.com.cer`
+
+何の makecert は理解して、何をパラメーターの簡単な説明をここでは。
+
+  * -n"CN=FakeCorp.com": これは、 [X.509](http://en.wikipedia.org/wiki/X.509)証明書の件名。この例では**C**ommon**N**ame=FakeCorp.com です。
+  * -r:[自己署名証明書](http://en.wikipedia.org/wiki/Self-signed_certificate)を作成します.
+  * -eku #EKU_VAL #: カンマで区切られた拡張キー使用法の Oid。 
+      * 1.3.6.1.5.5.7.3.3 は、証明書がコードの署名用に有効であることを示します。常に証明書の使用目的を制限するこの値を指定します。
+      * 1.3.6.1.4.1.311.10.3.13 は、証明書が有効期間の署名を尊重することを示します。 通常、証明書いた時点で有効なスタンプの時間だったとき、タイムスタンプを署名が場合、署名証明書の有効期限が切れた場合でも有効なままです。 この EKU は、署名がスタンプの時間かどうかにかかわらず期限切れに署名を強制します。
+  * -e「2020/01/01」: 証明書の有効期限を設定します。 
+  * -h 0: この証明書の下のツリーの最大の高さを証明書が他の証明書を発行できる証明機関 (CA) として使用されているを防ぐために 0 に設定します。
+  * -sv FakeCorp.com.pvk: 出力 PVK ファイル。Windows では、コード署名の秘密キーを格納する PVK ファイルを使用します。
+  * FakeCorp.com.cer: 出力証明書ファイル。CER ファイルを使用して、X.509 証明書を格納します。
+
+初めての makecert を実行した後ポップアップ画面で専用パスワードを入力します。
+
+![](img/guide/platforms/win8/createprivatekeywindow.png)
+
+Pvk と cer ファイルが作成されると、これらの証明書から pfx ファイルを作成私たち必要があります。 Pfx (個人的な交換形式) ファイルには、各種証明書、ルート証明機関証明書、証明書チェーンおよび秘密キーなどの暗号化に関する情報が含まれています。 証明書をパッケージするには使用、ツールは、 [pvk2pfx](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff550672(v=vs.85).aspx)を呼ばれます。 このツールは、Windows SDK に付属し、 `%ProgramFiles(x86) %\Windows Kits\8.1\bin\x64`または`%ProgramFiles(x86) %\Windows Kits\8.1\bin\x86`の下で見つけることができます。.
+
+`pvk2pfx -pvk FakeCorp.com.pvk -pi pvkPassword -spc FakeCorp.com.cer -pfx FakeCorp.com.pfx -po pfxPassword`
+
+場所:
+
+  * pvk: 入力 pvk ファイル名
+  * pi: pvk パスワード
+  * spc: 入力証明書ファイル名
+  * pfx: 出力 pfx ファイル名
+  * po: pfx パスワード;pvk パスワードを指定しない場合と同じ
+
+この pfx ファイルを build.json ファイルを提供する、もし私たちは次のエラーを持つでしょう:"キー ファイルはパスワードで保護することがあります。 この問題を解決する現在のユーザーの個人用証明書ストアに証明書を手動でインポートしよう。」。 それをインポートするために、私達は管理者プロンプトで[certutil](https://technet.microsoft.com/en-us/library/ee624045(v=ws.10).aspx)を使用しなければなりません。
+
+`certutil -user -p PASSWORD -importPFX FakeCorp.com.pfx`
+
+場所:
+
+  * user:「現在のユーザー」を指定します個人ストア
+  * p: pfx ファイルのパスワード
+  * importPfx: pfx ファイルの名前
+
+一度インストールすれば、次のステップは、packageThumbprint と packageCertificateKeyFile を build.json に追加するのには。 PackageThumbprint を見つけるために、我々 は証明書に関連付けられている共通の検索します。
+
+`powershell -Command " & {dir -path cert:\LocalMachine\My | where { $_.Subject -like \"*FakeCorp.com*\" }}"`
+
+一度これらの最終的な値が提供されます。コルドバ正常にパッケージ化し、アプリケーションに署名します。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/win10-support.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/win10-support.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/win10-support.md
new file mode 100644
index 0000000..91bb626
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/win8/win10-support.md
@@ -0,0 +1,101 @@
+# Windows 10 コルドバ
+
+多分、代わりにそれを呼び出すこと"10 を Windows コルドバの" Windows 10 プラットフォーム セキュリティ制限あなたの方法のうちを取得して web にコルドバのサポートをもたらすことを再設計、HTML と JavaScript アプリのプラットフォームを持っています。
+
+## Windows 10 入門
+
+Windows 10 を追加するアプリ サポートは Windows ターゲット プラットフォームのバージョンを 10.0 に設定すると同じくらい簡単です。
+
+    <preference name="windows-target-version" value="10.0" />
+    <preference name="windows-phone-target-version" value="10.0" />
+    
+
+両方の設定これらの設定でビルドするときだけ、1 つ .appx (.appxupload) を作成するとします。 彼らは、少なくとも Windows 10 を必要があります。
+
+### リモート モードとローカル モード
+
+リモート モードは、Windows 10 で HTML アプリケーションの Windows プラットフォームの新機能です。 Windows 8 と 8.1 は、HTML アプリケーションが Windows 10 で「ローカル モード」と呼ばれるもので働いていた。 ローカル モードでは、HTML アプリケーションはネイティブ Windows API 表面および機能へのフル アクセスをあります。 悪意のあるコードによる個人情報の漏洩になる可能性があるスクリプト注入攻撃を防ぐためにローカル モードはインライン スクリプトを禁止し、明示的なコンテキスト (`MSApp.execUnsafeLocalFunction`以内に DOM を操作する開発者が必要です。).
+
+リモート モードは、変更することがなく、コード内で直接 jQuery や AngularJS のような修飾されていないライブラリを使用することが可能になるこれらの要件を排除します。 これを行うには、Windows ストアでアプリを証明するときに特定の機能を宣言するあなたの能力を削除します。 これらの機能は通常の除去は、特定の機能への行き方ですがそれは Api や戦術の異なる組み合わせを使用する必要があります。
+
+### リモート モードの機能に及ぼす影響
+
+次の機能は、Windows ストアにリモート モード アプリケーションを配置するときに使用できません。
+
+  * エンタープライズ認証 (`enterpriseAuthentication`)
+  * 共有ユーザー証明書 (`sharedUserCertificates`)
+  * ドキュメント ライブラリ (`documentsLibrary`)
+  * 音楽ライブラリ (`musicLibrary`)
+  * 画像ライブラリ (`picturesLibrary`)
+  * 動画ライブラリ (`videosLibrary`)
+  * リムーバブル ストレージ (`removableStorage`)
+  * インターネット クライアント/サーバー (`internetClientClientServer`) - その`internetClient`に注意してくださいが許可されても
+  * プライベート ネットワーク クライアント/サーバー (`privateNetworkClientServer`)
+
+各ライブラリの制限はユーザーが[ファイル ピッカー](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/windows.storage.pickers.fileopenpicker.aspx)を通じてファイル システムと対話することを要求することによって回避することがあります。 これは、悪意のある挿入されたコードが任意ファイル システムにアクセスするを防ぎます。
+
+ネットワーク関連の制限は、チェック機能を使用していない API を使用するか、または`XMLHttpRequest`や Web ソケットなどの標準的なインターネット通信チャネル経由で通信を仲介することによって回避する必要があります。
+
+エンタープライズ認証およびユーザーの証明書の共有機能は、エンタープライズ シナリオでとりわけ目標とされます。 これらの機能は、プライベート/エンタープライズ対応の App ストアでサポートされるので、まだこれらをサポートすることができます内部展開機構に展開しようとしているアプリケーションを構築する場合。 しかし、彼らはリモート モード パブリック Windows ストアでアプリのサポートされていません。 これらの機能の 1 つは、アプリ マニフェストで検出された場合、Windows 10 をターゲットをビルドすると、警告が表示されます。
+
+## 参照
+
+### config.xml の設定
+
+#### windows-target-version, windows-phone-target-version
+
+    <preference name="windows-target-version" value="10.0" />
+    <preference name="windows-phone-target-version" value="10.0" />
+    
+
+*少なくとも 1 つは必要です。*
+
+これらの設定は特定バージョンの Windows または Windows Phone アプリ パッケージのターゲットにしたいです。
+
+**有効な値**
+
+  * `10.0`、 `UAP`: Windows 10 普遍的なアプリケーション プラットフォームの構築
+  * `8.1`: ビルドの Windows 8.1 または Windows Phone 8.1
+  * `8.0`: Windows 8.0 の構築します。 Windows Phone では無効です (代わりに**wp8**コルドバ プラットフォームを使用)
+
+**シナリオ**
+
+のみのみ Windows 10 を対象としている、場合は、config.xml ファイルに 1 つの`windows-target-version`設定があります。
+
+#### WindowsDefaultUriPrefix
+
+    <preference name="WindowsDefaultUriPrefix" value="ms-appx://|ms-appx-web://" />
+    
+
+この設定は、アプリがそのスタートアップ URI として**ローカル コンテキスト**または**リモート コンテキスト**をターゲットにするかどうかを識別します。 既定でリモート コンテキストは、Windows の 10 を作成するとき (`ms-appx-web://`).
+
+リモート モードの機能制限の影響を受けないローカル モード アプリケーションを作成するためにこの設定を設定する必要が`ms-appx://`リモート Uri に`< アクセス >`要素を宣言しません。
+
+**有効な値**
+
+  * `ms-appx://`(Windows 8.0、8.1 の既定値): スタート ページがローカル コンテキストで実行されます。
+  * `ms-appx-web://`(Windows 10 の既定値): スタート ページがリモート コンテキストで実行
+
+#### {SDK} MinVersion、{SDK} MaxVersionTested
+
+*オプション*
+
+    <preference name="Windows.Universal-MinVersion" value="10.0.0.0" />
+    <preference name="Windows.Mobile-MinVersion" value="10.0.9927.0" />
+    <preference name="Windows.Mobile-MaxVersionTested" value="10.0.10031.0" />
+    <preference name="Microsoft.Band-MinVersion" value="10.0.11.0" />
+    
+
+これらの設定が (普遍的な Windows、Windows Mobile、または Xbox に限定されないを含む) どの生態系を識別し、その最小/最大のバージョンと互換性があります。 まだプラットフォーム普遍的なアプリケーション プラットフォーム (ので基本 OS として Windows 10) をサポートしていることが必要です。 ただし、アプリケーションがのみ承ります (Xbox 上でゲームのストリーミング) などの特定のデバイスの特定の機能に注意してください示唆された可能性があります。
+
+**有効な値**
+
+それぞれの値に 3 つの部分があります: **SDK**、**バージョンの制限**、および**バージョンの値**。 これらの設定は、 `Windows`または`Microsoft`に始まり、 `MinVersion -`または`- MaxVersionTested`で終わるによって検出されました。
+
+  * **SDK**は、対象とする専門的なプラットフォームを定義します。 既定値は`Windows.Universal`です。 これらの有効な値は、`パッケージ/Depednencies/TargetPlatform`要素内の AppxManifest スキーマで定義されます。
+  * 、 **バージョン制限** アプリケーション互換性の規則を定義します。 たとえば場合、 `-MinVersion` それをロードすることはできません少なくとも対応する SDK のと、10.1.0.0 をサポートしていない OS とバージョンと、10.1.0.0 に設定されます。 
+      * `MinVersion-`必要な SDK の最低限のバージョンを指定します。
+      * `-MaxVersionTested`は、SDK の最も高いテスト バージョンを指定します。 対応する SDK の新しいバージョンがリリースされた場合は、指定されたバージョンの互換モードで実行されます。
+  * **バージョンの値**は*major.minor.build.qfe*の形で 4 整数の組. 
+
+Config.xml ファイルのこれらの種類の設定を指定しない場合、既定では Windows.Universal バージョン 10.0.0.0 が選択されます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
index 2b73cfa..3719c9f 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
@@ -36,17 +36,20 @@ Windows Phone 8 プラットフォーム コルドバ WebView に依存してい
 
 *   [Windows Phone SDK][3].
 
+*   Windows Phone 8.0 SDK とコマンドライン経由で展開するために、 [Visual Studio 2012 更新プログラム 2][4]をインストールしなければなりません。
+
  [2]: http://msdn.microsoft.com/en-US/evalcenter/jj554510
- [3]: https://dev.windowsphone.com/en-us/downloadsdk
+ [3]: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35471
+ [4]: https://support.microsoft.com/en-us/kb/2797912
 
 Cordova アプリの Windows Phone デバイスを開発する Windows を実行して PC を使用することがありますが可能性がありますも開発する mac では、仮想マシン環境を実行することによって、またはデュアル ブートするブート キャンプを使用して Windows パーティション。 Mac で必要な Windows 開発環境を設定するこれらのリソースを参照してください。
 
-*   **VMWare Fusion**: Windows 8 の仮想マシンをセットアップする[マイクロソフトの開発者ネットワーク][4]、によって提供される指示に従い、SDK にバンドルされているエミュレーターを実行する仮想環境の準備についての VMWare Fusion の設定を参照してください。
+*   **VMWare Fusion**: Windows 8 の仮想マシンをセットアップする[マイクロソフトの開発者ネットワーク][5]、によって提供される指示に従い、SDK にバンドルされているエミュレーターを実行する仮想環境の準備についての VMWare Fusion の設定を参照してください。
 
-*   **平行線デスクトップ**: Windows 8 の仮想マシンをセットアップする[マイクロソフトの開発者ネットワーク][5]、によって提供される指示に従い、SDK にバンドルされているエミュレーターを実行する仮想環境の準備について平行線デスクトップを構成するを参照してください。
+*   **平行線デスクトップ**: Windows 8 の仮想マシンをセットアップする[マイクロソフトの開発者ネットワーク][6]、によって提供される指示に従い、SDK にバンドルされているエミュレーターを実行する仮想環境の準備について平行線デスクトップを構成するを参照してください。
 
- [4]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945426
- [5]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945424
+ [5]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945426
+ [6]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945424
 
 <!--
 - __VirtualBox__: To set up the Windows 8 virtual machine, follow the
@@ -56,14 +59,14 @@ Cordova アプリの Windows Phone デバイスを開発する Windows を実行
   2DO: virtualBox doesn't work yet; any extra config info?
 -->
 
-*   **ブート キャンプ**: Windows 8 パーティションをセットアップする[マイクロソフトの開発者ネットワーク][6]によって提供されるインストール指示に従ってください。.
+*   **ブート キャンプ**: Windows 8 パーティションをセットアップする[マイクロソフトの開発者ネットワーク][7]によって提供されるインストール指示に従ってください。.
 
- [6]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945423
+ [7]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945423
 
-PC 上で開発する場合、プロセッサは仮想化 (Intel の*VT-x* ) と[第 2 レベル アドレス変換 (SLAT)][7]をサポートしなければなりません。 [インテルのプロセッサをサポート リスト][8]を参照してください。 既定では、通常、BIOS 設定で有効にする必要がありますので、仮想化は無効です。 PC は、ハード ディスク空き容量の少なくとも 6.5 GB と 4 GB の RAM が必要です。
+PC 上で開発する場合、プロセッサは仮想化 (Intel の*VT-x* ) と[第 2 レベル アドレス変換 (SLAT)][8]をサポートしなければなりません。 [インテルのプロセッサをサポート リスト][9]を参照してください。 既定では、通常、BIOS 設定で有効にする必要がありますので、仮想化は無効です。 PC は、ハード ディスク空き容量の少なくとも 6.5 GB と 4 GB の RAM が必要です。
 
- [7]: http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Level_Address_Translation
- [8]: http://ark.intel.com/Products/VirtualizationTechnology
+ [8]: http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Level_Address_Translation
+ [9]: http://ark.intel.com/Products/VirtualizationTechnology
 
 ## コルドバのシェル ・ ツールを使用してください。
 
@@ -71,19 +74,21 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 
 *   CLI で生成されたプロジェクト コードからローカル アクセスします。利用できる、 `platforms/wp8/cordova` ディレクトリを追加した後、 `wp8` プラットフォームは以下のとおりです。
 
-*   [Cordova.apache.org][9]で別のディストリビューションからそれらをダウンロードします。 コルドバ分布にはプラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 適切なアーカイブを展開してください `cordova-wp8\wp8` この場合、空のディレクトリ内。 関連するバッチ ユーティリティは、トップレベルで利用可能な `bin` ディレクトリ。 (より詳細な指示が必要な場合は、 **README**ファイルを参照して)。
+*   [Cordova.apache.org][10]で別のディストリビューションからそれらをダウンロードします。 コルドバ分布にはプラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 適切なアーカイブを展開してください `cordova-wp8\wp8` この場合、空のディレクトリ内。 関連するバッチ ユーティリティは、トップレベルで利用可能な `bin` ディレクトリ。 (より詳細な指示が必要な場合は、 **README**ファイルを参照して)。
 
- [9]: http://cordova.apache.org
+ [10]: http://cordova.apache.org
 
 これらのシェルのツールを作成、構築、および Windows Phone アプリケーションを実行することができます。 すべてのプラットフォームのプラグイン機能を有効にする追加のコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。 詳細については、Windows Phone プラットフォームに固有のプラグイン、および Windows Phone 8 プラグインを開発する方法に関するガイダンスについては、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
 
 ## SDK をインストールします。
 
-[Dev.windowsphone.com][3]の**ダウンロード**エリアから Windows Phone SDK の最新バージョンをインストールします。 もっと最近エミュレーター更新プログラム パッケージをインストールすることも可能性があります。
+[Dev.windowsphone.com][11]の**ダウンロード**エリアから Windows Phone SDK の最新バージョンをインストールします。 もっと最近エミュレーター更新プログラム パッケージをインストールすることも可能性があります。
+
+ [11]: https://dev.windowsphone.com/en-us/downloadsdk
 
-![][10]
+![][12]
 
- [10]: img/guide/platforms/wp8/wp8_downloadSDK.png
+ [12]: img/guide/platforms/wp8/wp8_downloadSDK.png
 
 ## 新しいプロジェクトを作成します。
 
@@ -141,27 +146,27 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 
 エミュレーターはインストールされているアプリケーションとデバイス イメージを起動します。 ホーム画面から、 **HelloWorld**アプリケーションを起動するアプリのパネルに移動します。これはメイン インタ フェースに続いてそのスプラッシュ画面を起動するアプリを示しています。
 
-![][11]
+![][13]
 
- [11]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator.png
+ [13]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator.png
 
 デバイスの画面の右上に、エミュレーターの基本的なコントロールを縦向きと横向きに切り替えることができます。 **>**ボタンより複雑な方向とジェスチャをテストすることができますより多くのコントロールが表示されます。
 
-![][12]
+![][14]
 
- [12]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_orient.png
+ [14]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_orient.png
 
 これらの高度なコントロールを使用または動きのシーケンスをシミュレートするデバイスの場所を変更するしたりすることもできます。
 
-![][13]
+![][15]
 
- [13]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_loc.png
+ [15]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_loc.png
 
 ## デバイスへの配置します。
 
-デバイス上でアプリケーションをテストする前に、デバイスを登録する必要があります。 Windows Phone 8 でテストおよび展開する方法の詳細については、 [Microsoft のマニュアル][14]を参照してください。 また、携帯電話は、コンピューターに接続されているし、画面がロックされているかどうかを確認します。
+デバイス上でアプリケーションをテストする前に、デバイスを登録する必要があります。 Windows Phone 8 でテストおよび展開する方法の詳細については、 [Microsoft のマニュアル][16]を参照してください。 また、携帯電話は、コンピューターに接続されているし、画面がロックされているかどうかを確認します。
 
- [14]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsphone/develop/ff402565.aspx
+ [16]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsphone/develop/ff402565.aspx
 
 その後、デバイス上のアプリを実行するには、次の CLI コマンドを実行します。
 
@@ -179,8 +184,8 @@ SDK と一緒にコルドバの Windows Phone を中心としたシェル ・ 
 
 一度上記のように Cordova アプリを構築する SDK で開くことができます。 様々 な `build` コマンドは、Visual Studio のソリューション (*.sln*) ファイルを生成します。 Visual Studio 内のプロジェクトを変更するファイルを開きます。 Web ベースのソース コードは、プロジェクト内で利用可能な `www` ディレクトリ。 その他のツールと一緒に、SDK を提供します、メニューの下のコントロールは、Windows Phone エミュレーターでアプリケーションを起動することができます。
 
-![][15]
+![][17]
 
- [15]: img/guide/platforms/wp8/wp8_vs.png
+ [17]: img/guide/platforms/wp8/wp8_vs.png
 
 コルドバのコマンド ライン ツールまたは SDK には、ワークフローで使用する方法についてのアドバイスは、「概要」を参照してください。 コルドバ CLI は日常的に SDK で使用されるプラットフォーム固有のファイルを上書きするクロスプラット フォームのソース コードに依存します。 SDK 内で作業する場合、CLI に代わるものとして、低レベルのシェル ・ ツールを使用します。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/guide/support/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/support/index.md b/docs/ja/edge/guide/support/index.md
index dbbc655..3a4de3c 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/support/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/support/index.md
@@ -186,7 +186,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-device-motion/blob/master/doc/index.md">加速度センサー</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-device-motion">加速度センサー</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -219,7 +219,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-battery-status/blob/master/doc/index.md">BatteryStatus</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-battery-status">BatteryStatus</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -253,7 +253,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-camera/blob/master/doc/index.md">カメラ</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-camera">カメラ</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -286,7 +286,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-media-capture/blob/master/doc/index.md">キャプチャ</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-media-capture">キャプチャ</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -319,7 +319,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-device-orientation/blob/master/doc/index.md">コンパス</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-device-orientation">コンパス</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -353,7 +353,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-network-information/blob/master/doc/index.md">接続</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-network-information">接続</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -386,7 +386,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-contacts/blob/master/doc/index.md">連絡先</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-contacts">連絡先</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -420,7 +420,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-device/blob/master/doc/index.md">デバイス</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-device">デバイス</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -486,7 +486,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-file/blob/master/doc/index.md">ファイル</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-file">ファイル</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -519,7 +519,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-file-transfer/blob/master/doc/index.md">ファイルの転送</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-file-transfer">ファイルの転送</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -555,7 +555,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-geolocation/blob/master/doc/index.md">地理位置情報</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-geolocation">地理位置情報</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -588,7 +588,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-globalization/blob/master/doc/index.md">グローバリゼーション</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-globalization">グローバリゼーション</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -621,7 +621,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-inappbrowser/blob/master/doc/index.md">InAppBrowser</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-inappbrowser">InAppBrowser</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -655,7 +655,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-media/blob/master/doc/index.md">メディア</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-media">メディア</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -688,7 +688,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-dialogs/blob/master/doc/index.md">通知</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-dialogs">通知</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -721,7 +721,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-splashscreen/blob/master/doc/index.md">スプラッシュ スクリーン</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-splashscreen">スプラッシュ スクリーン</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -754,7 +754,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-statusbar/blob/master/doc/index.md">ステータス バー</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-statusbar">ステータス バー</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="n">
@@ -823,7 +823,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-vibration/blob/master/doc/index.md">振動</a>
+          <a href="https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-vibration">振動</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/index.md b/docs/ja/edge/index.md
index 5065d71..93ef689 100644
--- a/docs/ja/edge/index.md
+++ b/docs/ja/edge/index.md
@@ -98,31 +98,45 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
     </li>
     <li>
       <h2>
+        プラットフォームとプラグインのバージョン管理
+      </h2>
+      
+      <span>保存および CLI プロジェクトを手間をかけずに既知の状態に復元します</span>。
+    </li>
+    <li>
+      <h2>
         ホワイト リスト ガイド
       </h2>
       
-      <span>外部リソースへのアプリケーション アクセスを付与します。</span>
+      <span>アプリケーション外部のリソースへのアクセスを許可します</span>。
     </li>
     <li>
       <h2>
         ストレージ
       </h2>
       
-      <span>ネイティブのストレージ オプションの概要です。</span>
+      <span>のネイティブ ストレージ オプションの概要</span>。
+    </li>
+    <li>
+      <h2>
+        ガイドをフック
+      </h2>
+      
+      <span>カスタム スクリプトを追加することによりコルドバの既定の機能を拡張します</span>。
     </li>
     <li>
       <h2>
         次のステップ
       </h2>
       
-      <span>コルドバの新しい開発者が遭遇するトピックを見て。</span>
+      <span>コルドバの新しい開発者が遭遇するトピックを見てみましょう</span>。
     </li>
     <li>
       <h2>
         <a href="_index.html">キーワード インデックス</a>
       </h2>
       
-      <span>ドキュメントの完全なインデックス。</span>
+      <span>のマニュアルの完全なインデックス</span>。
     </li>
   </ul>
   

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md b/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
new file mode 100644
index 0000000..2a3c889
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/platform_plugin_versioning_ref/index.md
@@ -0,0 +1,119 @@
+* * *
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+    
+
+* * *
+
+# プラットフォームとプラグインのバージョン管理
+
+バージョン 4.3.0 以降、コルドバは、プラットフォームおよびプラグイン保存および復元する機能を提供します。
+
+この機能を使用して、保存し、すべてのプラットフォームとプラグインのソース コードをチェックインすることがなく既知の状態に自分たちのアプリを復元することができます。
+
+'save' コマンドは、config.xml でアプリのプラットフォームとプラグインのバージョンに関する詳細を格納します。 **cordova prepare**することが発行されたときに '復元' 手順自動的に行われます config.xml ファイルに保存されている情報の使用します。
+
+保存/復元機能が便利になるシナリオの 1 つは、プラットフォームやプラグインに焦点を各チーム メンバーとアプリに、連携する大規模なチームです。 この機能では、簡単にプロジェクトを共有し、リポジトリにチェックインされているコードの重複の量を減らします。
+
+## プラットフォームのバージョン管理
+
+### プラットフォームを保存
+
+プラットフォームを保存するには、次のコマンドを発行します。
+
+    $ cordova platform add <platform[@<version>] | directory | git_url> --save
+    
+
+上記のコマンドを実行すると、結果の config.xml はようになります。
+
+    <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
+        ...
+        <engine name="android" spec="^4.0.0" />
+        ...
+    </ xml>
+    
+
+いくつかの例: * = > **'cordova platform add android --save'**を固定の android プラットフォームのバージョンを取得します、それをプロジェクトに追加し、config.xml を更新します。 = > **'cordova platform add android@3.7.0 --save'**をバージョン 3.7.0 npm から android プラットフォームを取得します、それをプロジェクトに追加します、次に、config.xml を更新します。 = > **'cordova platform add android@https://github.com/apache/cordova-android.git​ --save'**指定したコルドバ android git リポジトリをクローン、android プラットフォームをプロジェクトに追加します config.xml を更新し、指定した git url をそのバージョンをポイントします。 指定したディレクトリから android プラットフォームを取得 = > **'cordova platform add C:/path/to/android/platform --save'**をプロジェクトに追加、config.xml を更新し、デ
 ィレクトリをポイントします。
+
+### 既存のプロジェクトのプラットフォームを保存質量
+
+'--save' 上記フラグは、プラットフォームの追加使用を覚えている場合にのみ役に立つ。 既存のプロジェクトがある場合、プロジェクトに追加された現在のすべてのプラットフォームを保存する場合は、使用することができます。
+
+    $ cordova platform save
+    
+
+### 更新/プラットフォームを削除します。
+
+また、コマンド 'コルドバ プラットフォーム アップ デート' と 'コルドバ プラットフォームを削除' の間に config.xml から更新/削除することが可能です。
+
+    $ cordova platform update <platform[@<version>] | directory | git_url> --save
+    $ cordova platform remove <platform> --save
+    
+
+いくつかの例: * 固定バージョン、config.xml の更新のエントリに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバ プラットフォーム アップ デート android - 保存'** * バージョン 3.8.0、config.xml の更新のエントリに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバのプラットフォームは、android@3.8.0 - を保存更新'** * フォルダーで、config.xml の更新のエントリのバージョンに android プラットフォームのアップデートに加えて => **'コルドバのプラットフォームは、/path/to/android/platform - を保存更新'** * = > **'保存するコルドバ プラットフォーム削除アンドロイド-'** android プラットフォームをプロジェクトから削除し、config.xml からそのエントリを削除します。
+
+### プラットフォームの復元
+
+  * プラットフォームは、 **cordova prepare**コマンドの実行時に自動的に config.xml から復元されます。
+  * インストールするバージョンは、config.xml から撮影バージョン/フォルダー/git_url を指定せず、プラットフォームを追加した場合 **場合が見つかりました**. 
+      * 例: config.xml ファイルに次のエントリが含まれていると仮定します: <? xml バージョン '1.0' エンコード = ='utf-8'? >. <0></0>... </xml > コマンド
+        
+        **'cordova platform add android'** (ないバージョン/フォルダー/git_url 指定) を実行すると、'android@3.7.0' (config.xml から取得)、プラットフォームがインストールされます。
+
+* * *
+
+## バージョン管理プラグイン
+
+*(プラグインのコマンドがプラグインのコマンドのミラー)*
+
+### プラグインの保存
+
+プラグインを保存するには、次のコマンドを発行します。
+
+    $ cordova plugin add <plugin[@<version>] | directory | git_url> --save
+    
+
+上記のコマンドを実行すると、結果の config.xml はようになります。
+
+    <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
+        ...
+        <plugin name="cordova-plugin-console" spec="^1.0.0" />
+        ...
+    </ xml>
+    
+
+いくつかの例: * = > **'cordova plugin add cordova-plugin-console --save'**をコンソール ・ プラグインの固定されたバージョンを取得します、それをプロジェクトに追加します、次に、config.xml を更新します。 = > **'cordova plugin add cordova-plugin-console@0.2.13 --save'**を android のプラグイン バージョン 0.2.13 npm からを取得、それをプロジェクトに追加し、config.xml を更新します。 **'cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git --save'** = > 指定されたコンソールのプラグインの git リポジトリのクローンを作成、コンソール ・ プラグインをプロジェクトに追加しますし、config.xml を更新および指定した git url をそのバージョンをポイントします。 指定したディレクトリからコンソール ・ プラグインを取得します = > **'cordova plugin add C:/path/to/console/plugin --save'*
 *をプロジェクトに追加、config.xml を更新し、ディレクトリをポイントします。
+
+### 既存のプロジェクトのプラグインを保存質量
+
+'--save' 上記フラグは、プラグインの追加を使用して、それを覚えている場合にのみ役に立つ。 既存のプロジェクトがある場合や保存する場合、すべては現在プロジェクトにプラグインを追加を使用できます。
+
+    $ cordova plugin save
+    
+
+### 更新/プラグインを削除
+
+また、コマンド 'コルドバ プラグイン更新' と 'コルドバ プラグインを削除' の間に config.xml から更新/削除することが可能です。
+
+    $ cordova plugin update <plugin[@<version>] | directory | git_url> --save
+    $ cordova plugin remove <plugin> --save
+    
+
+いくつかの例: * 固定バージョン、config.xml の更新のエントリにコンソール ・ プラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグイン更新保存のコルドバ-プラグイン-コンソール-'** * バージョン 3.8.0、config.xml の更新のエントリに android のプラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグインは、cordova-plugin-console@0.2.13 - を保存更新'** * フォルダーで、config.xml の更新のエントリのバージョンをコンソール ・ プラグインの更新に加えて => **'コルドバ プラグインは、/path/to/console/plugin - を保存更新'** * = > **'保存するコルドバ プラグイン削除コルドバ-プラグイン-コンソール-'**をプロジェクトからコンソール ・ プラグインを削除し、config.xml からそのエントリを削除します。
+
+### プラグインを復元します。
+
+  * プラグインは、 **cordova prepare**コマンドの実行時に自動的に config.xml から復元されます。
+  * インストールするバージョンは、config.xml から撮影バージョン/フォルダー/git_url を指定することがなく、プラグインを追加する場合 **場合が見つかりました**. 
+      * 例: config.xml ファイルに次のエントリが含まれていると仮定します: <? xml バージョン '1.0' エンコード = ='utf-8'? >. <0></0>... </xml > コマンド
+        
+        **'コルドバ プラグインは、コルドバ プラグイン コンソールを追加する'** (ないバージョン/フォルダー/git_url 指定) を実行すると、'cordova-plugin-console@0.2.11' (config.xml から取得)、プラグインがインストールされます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/89be0380/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md b/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
index 75ed756..947fe67 100644
--- a/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
+++ b/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
@@ -409,35 +409,57 @@ Windows プラットフォーム用 `<lib-file>` 要素は、`< SDKReference >`
 
 プラグインが依存フレームワーク (通常 OS/プラットフォームの一部) を識別します。
 
-例:
+省略可能な`custom`属性がフレームワークはプラグイン ファイルの一部として含まれているかどうかを示すブール値 (こうだはシステム フレームワークではない)。
+
+### iOS のための*framework*
 
     <framework src="libsqlite3.dylib" />
     <framework src="social.framework" weak="true" />
     <framework src="relative/path/to/my.framework" custom="true" />
-    <framework src="path/to/project/LibProj.csproj" custom="true" type="projectReference"/>
     
 
-`src` 属性は、どの plugman を与えられたプラットホームのための正しい方法のコルドバ プロジェクトに追加しようとしています。 フレームワークを識別します。
+省略可能な`weak`属性はフレームワークが弱リンクする必要があるかどうかを示すブール値です。デフォルトは`false`.
+
+### 人造人間のための*framework*
+
+(Cordova-android@4.0.0) 現在のアンドロイド、Maven 依存関係を含めるか、バンドルされているライブラリ プロジェクトを含める*framework*タグが使用されます。
+
+例:
+
+    <!-- Depend on latest version of GCM from play services -->
+    <framework src="com.google.android.gms:play-services-gcm:+" />
+    <!-- Depend on v21 of appcompat-v7 support library -->
+    <framework src="com.android.support:appcompat-v7:21+" />
+    <!-- Depend on library project included in plugin -->
+    <framework src="relative/path/FeedbackLib" custom="true" />
+    
+
+*framework*は、メイン プロジェクトの .gradle ファイルに含まれるサブ カスタム .gradle ファイルを持っている使用もできます。
 
-省略可能な `weak` 属性はフレームワークが弱いリンクする必要があるかどうかを示すブール値です。既定値は `false`.
+    <framework src="relative/path/rules.gradle" custom="true" type="gradleReference" />
+    
 
-省略可能な `custom` 属性が、フレームワークがプラグイン ファイルの一部として含まれているかどうかを示すブール値 (従ってないシステム フレームワークです)。 既定値は`false`です。 ***Android の*** **src**を治療する方法を指定します。 場合`true` **src**アプリケーション プロジェクトのディレクトリからの相対パスそれ以外の場合--人造人間 SDK ディレクトリから。
+Pre-android@4.0.0 (ANT ベースのプロジェクト): のため
 
-オプションの`型`属性に追加するフレームワークの型を示す文字列です。 現在のところ`projectReference`がサポートされていると Windows 用のみ。 使用して `custom='true'` と `type='projectReference'`、プロジェクトのコンパイルに追加されます + コルドバ プロジェクトの手順のリンクへの参照を追加します。 これは本質的に唯一の方法は現在 'カスタム' フレームワークが対象にする複数のアーキテクチャ参照コルドバ アプリケーションである依存関係として構築されている明示的にです。
+追加するフレームワークの種類を示す文字列`type`はオプションの属性です。 現在は`projectReference`がサポートされていると Windows 用のみ。 使用して`custom='true'`と`type='projectReference'` 、コンパイルに追加されます + コルドバ プロジェクトの手順をリンクするプロジェクトへの参照を追加します。 これは本質的に参照するコルドバ アプリケーションである依存関係として構築されている明示的に 'custom' フレームワーク複数のアーキテクチャが対象にする唯一の方法は現在です。
 
-オプションの `parent` 属性は、現在 Android 上でのみサポートされます。 参照を追加するサブ プロジェクトを含むディレクトリへの相対パスを設定します。 既定値は`.`、すなわちアプリケーション プロジェクト。 この例でのようなサブ プロジェクト間参照を追加することができます。
+オプションの`parent`は、追加参照するサブプロジェクトを含むディレクトリへの相対パスを設定します。 既定値は`.`、すなわちアプリケーション プロジェクト。 この例でようなサブ プロジェクト間の参照を追加することができます。
 
-    <framework src="FeedbackLib" custom="true" />
     <framework src="extras/android/support/v7/appcompat" custom="false" parent="FeedbackLib" />
     
 
-Windows プラットフォームを絞り込むときに、フレームワークが含まれてする必要があります (すべて省略可能) の 3 つの追加属性をサポートします。
+### Windows のための*framework*
+
+Windows プラットフォームは、絞り込むときにフレームワークが含まれてする必要があります (すべて省略可能) の 3 つの追加属性をサポートします。
+
+    <framework src="path/to/project/LibProj.csproj" custom="true" type="projectReference"/>
+    
 
-`arch` 属性をフレームワークのみ含めるように指定したアーキテクチャの構築を示します。 サポートされる値は `x 86`、`x64` または `ARM`.
+`arch`の属性は、指定されたアーキテクチャを構築するときに、フレームワークを含めるだけあることを示します。 サポートされる値は `x 86`、`x64` または `ARM`.
 
-`device-target`属性をフレームワークのみ含めるように指定されたターゲット デバイスの種類を作成する場合を示します。 サポートされる値は `win` (または `windows`) `phone` または `all`.
+`device-target`属性は、指定されたターゲット デバイス タイプを作成するときに、フレームワークを含めるだけあることを示します。 サポートされる値は `win` (または `windows`) `phone` または `all`.
 
-`versions` 属性をフレームワークのみ含めるように指定されたバージョン文字列と一致するバージョンを作成する場合を示します。 値は任意の有効なノードのセマンティック バージョン範囲の文字列にすることができます。
+`versions`属性は、指定されたバージョン文字列と一致するバージョンを構築するときに、フレームワークを含めるだけあることを示します。 値は任意の有効なノードのセマンティック バージョン範囲の文字列にすることができます。
 
 これらの Windows の特定の属性を使用しての例:
 
@@ -449,44 +471,52 @@ Windows プラットフォームを絞り込むときに、フレームワーク
 
 ## *情報*要素
 
-追加の情報をユーザーに提供します。これは、余分な手順を簡単に自動化することはできませんまたは plugman の範囲を超えていることが必要な場合に役立ちます。 例:
+ユーザーに提供される追加情報。これは、簡単に自動化することはできませんまたは plugman の範囲を超えている追加の手順を必要とする場合に便利です。 例:
 
     <info>
     You need to install __Google Play Services__ from the `Android Extras` section using the Android SDK manager (run `android`).
     
-    'local.properties' に次の行を追加する必要があります: android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib </情報 >
+    You need to add the following line to the `local.properties`:
+    
+    android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
+    </info>
+    
+
+## *hook*要素
+
+特定のアクションが発生したときにコルドバで呼び出されるカスタム スクリプトを表します (たとえば、プラグインを追加またはプラットフォーム準備ロジックが呼び出されます)。 これは、コルドバの既定の機能を拡張する必要が便利です。 詳細についてはフックのガイドを参照してください。
+
+    <hook type="after_plugin_install" src="scripts/afterPluginInstall.js" />
     
 
 ## 変数
 
-特定の場合、プラグインは構成の変更、ターゲット アプリケーションに依存する必要があります。 たとえば、Android 上 C2DM を登録するパッケージ id が`com.alunny.message`アプリは許可を要求するよう。
+特定の場合、プラグインは、構成の変更をターゲット アプリケーションに依存させる必要があります。 たとえば、Android 上 C2DM を登録するパッケージ id が`com.alunny.message`アプリが許可を要求するよう。
 
-    <uses-permission
-    android:name="com.alunny.message.permission.C2D_MESSAGE"/>
+    <uses-permission android:name="com.alunny.message.permission.C2D_MESSAGE"/>
     
 
-`plugin.xml`ファイルから挿入するコンテンツは前もって知られていないこのような場合、変数はドル記号の後に大文字、数字、またはアンダー スコアの一連で示されますことができます。 上記の例では、 `plugin.xml`ファイルにはこのタグが含まれます。
+`Plugin.xml`ファイルから挿入されたコンテンツが事前に知られていないこのようなの場合、ドル記号の大文字、数字、またはアンダー スコアの後に変数を指定できます。 上記の例では、 `plugin.xml`ファイルはこのタグを含めます。
 
-    <uses-permission
-    android:name="$PACKAGE_NAME.permission.C2D_MESSAGE"/>
+    <uses-permission android:name="$PACKAGE_NAME.permission.C2D_MESSAGE"/>
     
 
-plugman が存在しない、指定された値または空の文字列に変数の参照を置き換えます。 変数参照の値 (この場合から`与えます`ファイル) を検出したり、ツール; のユーザーによって指定されました。正確なプロセスは、特定のツールに依存します。
+検索されない場合は、plugman によって指定された値または空の文字列で変数の参照を置き換えます。 変数参照の値を (この場合、`与えます。`ファイル) から検出されたまたはツールのユーザーが指定した可能性があります。正確なプロセスは特定のツールに依存しています。
 
-plugman は、プラグインの必要な変数を指定するユーザーを要求できます。たとえば、c2m-更新と Google Maps API キーは、コマンドライン引数として指定できます。
+plugman は、プラグインの必要な変数を指定するユーザーを要求できます。たとえば、c2m-更新と Google マップの API キーは、コマンドライン引数として指定できます。
 
     plugman --platform android --project /path/to/project --plugin name|git-url|path --variable API_KEY=!@CFATGWE%^WGSFDGSDFW$%^#$%YTHGsdfhsfhyer56734
     
 
-変数の必須に`< プラットフォーム >`タグは`< 優先順位 >`タグが含まれている必要があります。たとえば。
+変数を必須にするには、 `<platform>`タグは`<preference>`タグを含める必要があります。たとえば。
 
     <preference name="API_KEY" />
     
 
-plugman はこれらの必要な設定が渡されたことを確認します。 それ以外の場合はそれに変数を渡すし、0 以外のコードで終了する方法をユーザーに警告する必要があります。
+plugman は、これらの必要な設定が渡されたことを確認します。 されていない場合は、方法で変数を渡すし、0 以外のコードで終了ユーザーに警告する必要がありますそれ。
 
-以下に示す特定の変数名を予約する必要があります。
+下記のとおり、特定の変数名を予約する必要があります。
 
 ## $PACKAGE_NAME
 
-逆ドメイン スタイル`CFBundleIdentifier` iOS または`与えます`ファイルの最上位の`マニフェストの`要素の`パッケージ`属性に対応するパッケージの一意の識別子。
\ No newline at end of file
+逆ドメイン スタイル`CFBundleIdentifier` iOS または`与えます。`ファイルの`マニフェストの`トップレベルの要素の`パッケージ`属性に対応するパッケージの一意の識別子。
\ No newline at end of file


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message