cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From victo...@apache.org
Subject [07/15] docs commit: CB-8860 cordova-docs documentation translation: cordova-docs
Date Tue, 28 Apr 2015 00:40:13 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
index 654f28e..c45f97d 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
@@ -19,11 +19,11 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 ## 要件、およびサポート
 
-人造人間のためのコルドバには Android SDK が必要です。Android の SDK の[システム要件][1]を参照してください。.
+人造人間のためのコルドバ OS X、Linux または Windows のオペレーション システムにインストールされている可能性がありますが人造人間 SDK が必要です。 Android の SDK の[システム要件][1]を参照してください。.
 
- [1]: http://developer.android.com/sdk/index.html
+ [1]: http://developer.android.com/sdk/index.html#Requirements
 
-コルドバ アンドロイド 2.3.x (ジンジャーブレッド, Android の API レベル 10 で始まる) および 4.x をサポートします。一般的な規則として Google の[分布のダッシュ ボード][2]上の 5% を下回ると Android のバージョンになるコルドバでサポートされていません。 アンドロイド バージョン API より早くレベル 10、および 3.x バージョン (ハニカム、API レベル 11-13) はその 5 % のしきい値を大きく下回ったことができます。
+コルドバ (Android の API レベル 14 で始まる) アンドロイド 4.0.x をサポートしているより高い。 一般的な規則として Google の[分布のダッシュ ボード][2]上の 5% を下回ると Android のバージョンになるコルドバでサポートされていません。 アンドロイド バージョン API より早くレベル 10、および 3.x バージョン (ハニカム、API レベル 11-13) はその 5 % のしきい値を大きく下回ったことができます。
 
  [2]: http://developer.android.com/about/dashboards/index.html
 
@@ -37,22 +37,34 @@ SDK と一緒にコルドバのアンドロイドを中心のシェル ・ ツ
 
 これらのシェルのツールを作成、構築、および Android アプリを実行することができます。 すべてのプラットフォームのプラグイン機能を有効にする追加のコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。 プラグインを開発する方法の詳細については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
 
-[Developer.android.com/sdk][4]から Android SDK をインストールします。 Android の sdk 'adt - バンドル - < os > < アーチ > - < バージョン >' ファイルとして配布されます。 Windows では、adt バンドルは、インストーラーにパッケージ化されます。 OSX と Linux 上に簡単に解凍 'adt バンドル' 開発ツールを格納する場所。 [Android の SDK のセットアップに関する詳細情報をここで発見ことができます。][5]
+## Java 開発キット (JDK) のインストールします。
 
- [4]: http://developer.android.com/sdk/
- [5]: http://developer.android.com/sdk/installing/bundle.html
+[Java 開発キット (JDK) 7][4]をインストールまたはそれ以降。
 
-コルドバを仕事、またはそれらに基づいている CLI コマンド ライン ツール、SDK を含める必要があります `tools` と `platform-tools` でディレクトリを `PATH` 。 Mac では、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK のインストールに応じて、次のような行を追加します。
+ [4]: http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.html
 
-        エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
+Windows をインストールするときも JDK インストール パス (たとえば、C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_75) によると`JAVA_HOME`環境変数を設定する必要があります。
+
+## Android の SDK をインストールします。
+
+[Android のスタンドアロン SDK ツール][5]や[Android のスタジオ][6]をインストールします。 Procceed 対応`アンドロイド Studio`プラグインのアンドロイド新しいコルドバの開発またはネイティブ ツールを使用して実行および Android プラットフォームをデバッグする場合。 それ以外の場合は、 `Android のスタンドアロン SDK ツール`は Android アプリケーション ビルドおよび配置するのに十分です。
+
+ [5]: http://developer.android.com/sdk/installing/index.html?pkg=tools
+ [6]: http://developer.android.com/sdk/installing/index.html?pkg=studio
+
+詳細なインストール手順は利用可能な上記のリンクをインストールの一部として。
+
+コルドバするために、コマンド ライン ツールまたはに基づいては、CLI は、SDK の`ツール`や`プラットフォーム固有のツール`ディレクトリ`パス`に含める必要があります。 Mac では、テキスト エディターを使用して、作成または SDK のインストールに応じて、次のような行を追加する`~/.bash_profile`ファイルを変更することができます。
+
+        export PATH=${PATH}:/Development/android-sdk/platform-tools:/Development/android-sdk/tools
     
 
-パスを追加します `java` と `ant` に必要な場合。 この行で `~/.bash_profile` 新たにオープンしたターミナル ウィンドウでこれらのツールを公開します。 ターミナル ・ ウィンドウをまだ開いて場合は osx 版、またはログアウト/ログイン Linux 上を避けるために、現在の端末ウィンドウで使用できるようにするこれを実行します。
+`~/.Bash_profile`内のこの行は、新しくオープンしたターミナル ウィンドウでこれらのツールを公開します。 ターミナル ・ ウィンドウをまだ開いて場合は osx 版、またはログアウト/ログイン Linux 上を避けるために、現在の端末ウィンドウで使用できるようにするこれを実行します。
 
-        $ ソース ~/.bash_profile
+        $ source ~/.bash_profile
     
 
-変更する、 `PATH` Windows 7 環境。
+Windows の`PATH`環境を変更: する
 
 1.  デスクトップの左下隅の [**スタート**] メニューをクリックして、**コンピューター**を右クリックして [**プロパティ**].
 
@@ -64,222 +76,193 @@ SDK と一緒にコルドバのアンドロイドを中心のシェル ・ ツ
 
 5.  追加するのには、次の `PATH` 例えば、SDK をインストールしたに基づきます。
     
-        ;C:\Development\adt-bundle\sdk\platform-tools;C:\Development\adt-bundle\sdk\tools
+        ;C:\Development\android-sdk\platform-tools;C:\Development\android-sdk\tools
         
 
 6.  値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
 
-また、コマンド ・ プロンプトとタイプ Java および Ant. オープンを有効にする必要があります `java` 、また入力と `ant` 。追加、 `PATH` これらのいずれかの実行に失敗します。
+## SDK パッケージをインストールします。
 
-        ;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
-    
+アンドロイド SDK マネージャーを開く (たとえば、端末を介して:`アンドロイド`) インストールと。
 
-## SDK で新しいプロジェクトを開く
-
-この時点で、新しいプロジェクトを作成する、コマンド ライン インターフェイスまたは人造人間固有のシェルのツールのセットで説明するクロス プラットフォーム CLI ツールの間に選択できます。 ソース コード ディレクトリ内からの場合、CLI アプローチここです:
+1.  アンドロイド 5.1.1 (API 22) プラットフォーム SDK
+2.  Android の SDK ビルド ツール バージョン 19.1.0 またはそれ以降
+3.  Android 対応リポジトリ (エクストラ)
 
-        $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
-        $ cd hello
-        $ cordova platform add android
-        $ cordova build
-    
-
-ここでは Unix および Windows の対応する低レベル シェル ツール アプローチ:
-
-        $ /path/to/cordova-android/bin/create /path/to/new/hello com.example.hello HelloWorld
-        C:\path\to\cordova-android\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
-    
-
-ここでは、SDK を使用して変更する方法です。
-
-1.  **Eclipse**アプリケーションを起動します。
-
-2.  **新しいプロジェクト**のメニュー項目を選択します。
-
-3.  表示されたダイアログ ボックスから**既存のコードから Android プロジェクト**を選択し、**次**キーを押します。
-    
-    ![][6]
+詳細については、 [SDK パッケージのインストール][7]を参照してください。
 
-4.  CLI を使用している場合に移動、 `hello` にし、プロジェクトの作成ディレクトリの `platforms/android` サブディレクトリ。 代わりに、使用している場合、 `create` シェル ユーティリティと、単に移動、 `hello` ディレクトリ。
+ [7]: http://developer.android.com/sdk/installing/adding-packages.html
 
-5.  **終了**キーを押します。.
-
- [6]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
-
-Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
-
-1.  プロジェクト ディレクトリを右クリックします。
-
-2.  結果**のプロパティ**] ダイアログ [ **Android**ナビゲーション ウィンドウから。
-
-3.  プロジェクトのビルド ターゲットは、インストールされている最高の Android の API レベルを選択します。
-
-4.  **[Ok]**をクリックします.
-
-5.  **クリーン****をプロジェクト**メニューから選択します。これは、プロジェクト内のすべてのエラーを修正する必要があります。
-
-## プロジェクトをビルドします
+## エミュレーターを構成します。
 
-開発で CLI を使用している場合は、プロジェクト ディレクトリの最上位 `www` ディレクトリにソース ファイルが含まれています。アプリを再構築するには、プロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
+人造人間 sdk は既定で任意の既定のエミュレーターのインスタンスを提供しません。 コマンド ・ ラインで`android`を実行して新しいものを作成できます。 プレス**ツール → 管理 Avd** (Android 仮想デバイス)、**デバイスの定義**されたダイアログ ボックスから任意の項目を選択します。
 
-        $ コルドバ ビルド # 追加 $ コルドバをされたすべてのプラットフォームのビルド ビルド android # ビルド デバッグの唯一のアンドロイド $ コルドバ ビルド android--デバッグ # ビルド デバッグのみ $ コルドバ ビルド アンドロイドアンドロイド--唯一のアンドロイドのための # ビルドのリリースのために
-    
+![][8]
 
-開発で人造人間に固有のシェルのツールを使用している場合、別のアプローチがあります。 プロジェクトを生成した後、既定のアプリケーションのソースは、 `assets/www` サブディレクトリ。 後続のコマンドがその `cordova` サブディレクトリ。
+ [8]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
 
-`build`コマンドをプロジェクト ファイルを消去して、アプリを再構築します。ここでは、Mac と Windows の両方の構文です。 例の最初のペアを生成するデバッグ情報と 2 番目のリリースのアプリを構築します。
+プレス**AVD の作成**、必要に応じて、名前の変更、変更を受け入れて**[ok]**を押します。
 
-        $ /path/to/project/cordova/build --debug
-        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
-    
-        $ /path/to/project/cordova/build --release
-        C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
-    
+![][9]
 
-次の定義を追加する場合は、リリースのビルド時、 `local.properties` ファイルを APK は署名を取得し、Google Play ストアにアップロードする準備がされるように配置されます。
+ [9]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
 
-        key.store=/Users/me/Developer/mykeystore.jks key.alias=mykeyalias
-    
+これで、AVD **Android 仮想デバイス**リストに表示されます。
 
-ビルド スクリプトがあれば、キーストアおよび別名キー、パスワード、パスワードの求められます。 プロパティ ファイルでパスワードを定義する必要はありません。 それらを定義できます、プロンプトを回避する場合は、 `local.properties` として `key.store.password` と `key.alias.password` 。 これを行う場合、これらのパスワードでセキュリティ上の懸念の注意します。
+![][10]
 
-## エミュレーターを構成します。
+ [10]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
 
-いずれかを使用することができます、 `cordova` 、エミュレーターでアプリケーションを実行する CLI ユーティリティまたはコルドバのアンドロイドを中心としたシェル ツールします。 いずれかの方法では、SDK には、少なくとも 1 つのデバイスを表示する最初構成する必要があります。 Eclipse から個別に実行される Java アプリケーション アンドロイド SDK マネージャー使用します。 それを開く 2 つの方法があります。
+エミュレーターを開くには、個別のアプリケーションとして、AVD を選択し、**開始**を押します。ハードウェア ボタンで使用できるコントロールを追加して、デバイスのように多くを起動します。
 
-1.  実行 `android` コマンド ・ ラインで。
+![][11]
 
-2.  Eclipse、内でこのツールバー アイコンを押します。
-    
-    ![][7]
+ [11]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
 
- [7]: img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
+高速な経験のため、実行速度を向上させる`仮想マシン加速`を使用できます。 多くの近代的な Cpu をより効率的に仮想マシンを実行する拡張機能を提供します。 加速度のこのタイプを使用する前にかどうか、現在の開発システムの CPU をサポートしています 1 つ次の仮想化テクノロジを決定する必要があります。
 
-一度開いて、アンドロイド SDK マネージャーはさまざまなランタイム ライブラリが表示されます。
+*   **インテル バーチャライゼーション ・ テクノロジー**(VT-x、vmx) → [Intel VT-x 対応のプロセッサ一覧][12]
+*   **AMD の仮想化**AMD-V (SVM)、Linux のサポートだけ (2006 年 5 月以来すべての Cpu AMD を含める AMD-V Sempron を除く)。
 
-![][8]
+ [12]: http://ark.intel.com/products/virtualizationtechnology
 
- [8]: img/guide/platforms/android/asdk_window.png
+かどうか、インテル ・ プロセッサーの VT-x テクノロジをサポートする、`インテル プロセッサー識別ユーティリ ティー`を実行している、インテル[・ ダウンロード ・ センター][13]からダウンロードできます`windows`や`OS に依存しない`である[booteable ユーティリティ][14]を使用することができますを調べる別の方法.
 
-**ツール → 管理 Avd** (Android 仮想デバイス) を選択し、表示されたダイアログ ボックス内の**デバイス定義**から任意の項目を選択します。
+ [13]: https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?ProductID=1881&DwnldID=7838
+ [14]: https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?ProductID=1881&DwnldID=7840&lang=eng
 
-![][9]
+インストールし、`インテルのプロセッサー識別ユーティリ ティー`を実行後、Windows 上あなたの CPU 仮想化テクノロジをサポートしているかどうかを確認するために次のウィンドウを得るでしょう:
 
- [9]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
+![][15]
 
-プレス**AVD の作成**、必要に応じて、名前の変更、変更を受け入れて**[ok]**を押します。
+ [15]: img/guide/platforms/android/intel_pid_util_620px.png
 
-![][10]
+エミュレーターをスピードアップするためにダウンロードし、1 つ以上の`Intel x86 原子`システム イメージとして`インテル ハードウェア加速実行マネージャー (HAXM)`をインストールする必要があります。.
 
- [10]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
+あなたアンドロイド SDK マネージャーを開き、テストするどちらかのバージョンの`Intel x86 原子`システム イメージを選択します。 `エクストラ`に行くと`Intel x86 エミュレーター アクセラレータ (HAXM)`を選択し、それらのパッケージをインストールします。
 
-これで、AVD **Android 仮想デバイス**リストに表示されます。
+![][16]
 
-![][11]
+ [16]: img/guide/platforms/android/asdk_man_intel_image_haxm.png
 
- [11]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
+ダウンロード後`エクストラ/インテル/Hardware_Accelerated_Execution_Manager`でアンドロイド SDK で提供されているインテル インストーラーを実行します。 **注**:`より多くの情報とステップ バイ ステップ ガイダンスこのチェックを見つけることができる場合は、パッケージのインストールに問題がある` [Intel の記事][17].
 
-エミュレーターを開くには、個別のアプリケーションとして、AVD を選択し、**開始**を押します。ハードウェア ボタンで使用できるコントロールを追加して、デバイスのように多くを起動します。
+ [17]: http://software.intel.com/en-us/android/articles/speeding-up-the-android-emulator-on-intel-architecture
 
-![][12]
+1.  1 つ以上の`Intel x86 原子`システム イメージとして、`インテル ハードウェア加速実行マネージャー`、**余分な物**の下で利用可能なインストールします。.
 
- [12]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
+2.  `エクストラ/インテル/Hardware_Accelerated_Execution_Manager`でアンドロイド SDK で提供されているインテルのインストーラーを実行します。.
 
-## エミュレーターへの展開します。
+3.  インテル画像に設定されているターゲットで新しい AVD を作成します。
 
-この時点で使用することができます、 `cordova` CLI ユーティリティ コマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
+4.  エミュレーターを起動するときはハックス モジュールのロードに失敗を示すエラー メッセージがない確認します。
 
-        $ コルドバ android をエミュレートします。
-    
+## 新しいプロジェクトを作成します。
 
-それ以外の場合、代替シェル インターフェイスを使用します。
+この時点で、新しいプロジェクトを作成する、コマンド ライン インターフェイスまたは人造人間固有のシェルのツールのセットで説明するクロス プラットフォーム CLI ツールの間に選択できます。 ソース コード ディレクトリ内からの場合、CLI アプローチここです:
 
-        $/path/to/project/cordova/run - エミュレーター
+        $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
+        $ cd hello
+        $ cordova platform add android
+        $ ccordova prepare              # or "cordova build"
     
 
-エミュレーターは、現在、SDK 内有効に頼らずに指定する名前ごとに参照できます。
+ここでは Unix および Windows の対応する低レベル シェル ツール アプローチ:
 
-        $/path/to/project/cordova/run - ターゲット名 =
+        $ /path/to/cordova-android/bin/create /path/to/new/hello com.example.hello HelloWorld
+        C:\path\to\cordova-android\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
     
 
-これは、ホーム画面にアプリをプッシュし、それを起動します。
-
-![][13]
-
- [13]: img/guide/platforms/android/emulator2x.png
+## プロジェクトをビルドします
 
-ときにあなた `run` 、アプリは、あなたも `build` それ。 追加を追加することができます `--debug` 、 `--release` 、および `--nobuild` 構築方法やも、再構築が必要かどうかを制御するフラグ。
+開発で CLI を使用している場合、プロジェクトの最上位レベルの`www`ディレクトリにはソース ファイルが含まれます。アプリを再構築するには、プロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
 
-        $/path/to/project/cordova/run - エミュレーター - nobuild
+        $ cordova build                   # build all platforms that were added
+        $ cordova build android           # build debug for only Android
+        $ cordova build android --debug   # build debug for only Android
+        $ cordova build android --release # build release for only Android
     
 
-代わりに Eclipse 内で作業している、プロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します。どれもが既に開かれている場合、AVD を指定しようとしています。
+開発で人造人間に固有のシェルのツールを使用している場合、別のアプローチがあります。 プロジェクトを生成した後、既定のアプリのソースは`資産/www`サブディレクトリで利用可能です。 以降のコマンドはその`コルドバ`サブディレクトリで利用できます。
 
-高速な体験を使用してできます、 `Virtual Machine Acceleration` の実行速度を向上させます。 多くの近代的な Cpu をより効率的に仮想マシンを実行する拡張機能を提供します。 加速度のこのタイプを使用する前にかどうか、現在の開発システムの CPU をサポートしています 1 つ次の仮想化テクノロジを決定する必要があります。
+`ビルド`コマンドをプロジェクト ファイルを消去して、アプリを再構築します。ここでは、Mac と Windows の両方の構文です。 例の最初のペアを生成するデバッグ情報と 2 番目のリリースのアプリを構築します。
 
-*   **インテル バーチャライゼーション ・ テクノロジー**(VT-x、vmx) → [Intel VT-x 対応のプロセッサ一覧][14]
-*   **AMD の仮想化**AMD-V (SVM)、Linux のサポートだけ (2006 年 5 月以来すべての Cpu AMD を含める AMD-V Sempron を除く)。
+        $ /path/to/project/cordova/build --debug
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
+    
+        $ /path/to/project/cordova/build --release
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
+    
 
- [14]: http://ark.intel.com/products/virtualizationtechnology
+## アプリを展開します。
 
-別の方法を見つける場合、インテル ・ プロセッサーの VT-x 技術をサポートする、それは実行することによって、 `Intel Processor Identification Utility` の `Windows` 、インテル[・ ダウンロード ・ センター][15]からダウンロードすることができますまたは、 [booteable ユーティリティ][16]は、使用することができます`OS Independent`.
+`コルドバ`CLI ユーティリティを使用して、コマンド ・ ラインから、エミュレーターまたはデバイスにアプリケーションを配置することができます。
 
- [15]: https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?ProductID=1881&DwnldID=7838
- [16]: https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?ProductID=1881&DwnldID=7840&lang=eng
+        $ cordova emulate android       #to deploy the app on a default iOS emulator
+        $ cordova run android --device  #to deploy the app on a connected device
+    
 
-後のインストールし、実行、 `Intel Processor Identification Utility` 、Windows 上あなたの CPU 仮想化テクノロジをサポートしているかどうかを確認するために次のウィンドウを得るでしょう。
+それ以外の場合は、代替シェル インターフェイスを使用します。
 
-![][17]
+        $ /path/to/project/cordova/run --emulator
+        $ /path/to/project/cordova/run --device
+    
 
- [17]: img/guide/platforms/android/intel_pid_util_620px.png
+使用することができます**cordova run android --list**を見るすべての利用可能なターゲットと**cordova run android --target=target_name** 、特定のデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションを実行する (たとえば、`cordova run android --target="Nexus4_emulator"`).
 
-エミュレーターをスピードアップするためにダウンロードし、1 つまたは複数をインストールする必要があります `Intel x86 Atom` システム イメージだけでなく、`Intel Hardware Accelerated Execution Manager (HAXM)`.
+**コルドバの実行 - ヘルプ**を使用して、追加のビルドを参照してください、オプションを実行することもできます。
 
-あなたアンドロイド SDK マネージャーを開き、選択、 `Intel x86 Atom` どちらかのバージョンをテストするためのシステム イメージ。 移動し、 `Extras` を選択します `Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM)` 、それらのパッケージをインストール。
+これは、ホーム画面にアプリをプッシュし、それを起動します。
 
 ![][18]
 
- [18]: img/guide/platforms/android/asdk_man_intel_image_haxm.png
+ [18]: img/guide/platforms/android/emulator2x.png
 
-ダウンロード後、Android SDK で利用可能です、インテル インストーラーを実行 `extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager` 。 **注**: `If you have any problems installing the package, you can find more information and step by step guidance check this` [インテル記事][19] .
+ときにアプリを`実行`を`構築`することもそれ。 追加を追加することができます`--デバッグ`、 `-リリース`、および構築方法や、再構築が必要かどうかも制御する`--nobuild`フラグ。
 
- [19]: http://software.intel.com/en-us/android/articles/speeding-up-the-android-emulator-on-intel-architecture
+        $ /path/to/project/cordova/run --emulator --nobuild
+    
 
-1.  1 つまたは複数インストール `Intel x86 Atom` システム イメージだけでなく、 `Intel Hardware Accelerated Execution Manager` 、**余分な物**の下で利用可能な.
+## その他のコマンド
 
-2.  内でアンドロイド SDK で提供されているインテルのインストーラーを実行します。`extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager`.
+実行時のアプリケーションの詳細なログを生成します。
 
-3.  インテル画像に設定されているターゲットで新しい AVD を作成します。
+        $ /path/to/project/cordova/log
+        C:\path\to\project\cordova\log.bat
+    
 
-4.  エミュレーターを起動するときはハックス モジュールのロードに失敗を示すエラー メッセージがない確認します。
+次のプロジェクト ファイルが消去されます。
 
-## デバイスへの配置します。
+        $ /path/to/project/cordova/clean
+        C:\path\to\project\cordova\clean.bat
+    
 
-デバイスに直接アプリをプッシュするには、 [Android 開発者向けサイト][20]で説明されているようにあなたのデバイスで USB デバッグを有効にかどうかを確認し、ミニ USB ケーブルを使用してあなたのシステムにプラグインします。
+## SDK で新しいプロジェクトを開く
 
- [20]: http://developer.android.com/tools/device.html
+Android プラットフォームは、プロジェクトに追加されます、一度[Android Studio][6]内からそれを開くことができます。
 
-この CLI コマンドを使用してアプリをデバイスにプッシュすることができます。
+1.  **アンドロイド Studio**アプリケーションを起動します。
 
-        android を実行 $ コルドバ
+2.  **インポート プロジェクト (Eclipse ADT、Gradle など)**を選択します.
     
+    ![][19]
 
-.. またはこの人造人間中心のシェル インターフェイスを使用します。
-
-        $/path/to/project/cordova/run - デバイス
+3.  Android プラットフォームは、ストアド`あなた/プロジェクト/プラットフォーム/android`の場所を選択します。).
     
+    ![][20]
 
-指定したフラグなしで、 `run` コマンドはデバイスが見つからない場合、接続先のデバイスまたは現在実行中のエミュレーターを検出し、それ以外の場合、エミュレーターを指定するよう求められます。
+4.  `Gradle 同期`質問の単に答えが**はい**.
 
-Eclipse 内からアプリケーションを実行するには、プロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します.
+ [19]: img/guide/platforms/android/asdk_import_project.png
+ [20]: img/guide/platforms/android/asdk_import_select_location.png
 
-## その他のコマンド
+あなたを構築し、 `Android のスタジオ`から直接アプリケーションを実行することができますすべての現在設定されて.
 
-実行時のアプリケーションの詳細なログを生成します。
+![][21]
 
-        $/path/to/project/cordova/log C:\path\to\project\cordova\log.bat
-    
+ [21]: img/guide/platforms/android/asdk_import_done.png
 
-次のプロジェクト ファイルが消去されます。
+[Android のスタジオの概要][22]を参照してください、そして[建物と Android Studio から実行する][23]詳細については。
 
-        $/path/to/project/cordova/clean C:\path\to\project\cordova\clean.bat
\ No newline at end of file
+ [22]: http://developer.android.com/tools/studio/index.html
+ [23]: http://developer.android.com/tools/building/building-studio.html
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
index 9286bf3..dd56406 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
@@ -65,6 +65,38 @@ Mac の/Linux または Windows のリリース:
 
 少なくとも 1 つの Android 仮想デバイス、それ以外の場合でそうよう求められますを作成するかどうかを確認、 `android` コマンド。 AVD 1 つ以上のターゲットとして使用できる場合はいずれかを選択するよう求められます。 既定では、 `run` コマンド デバイスが見つからない場合に接続されているデバイス、または現在実行中のエミュレーターを検出します。
 
+## アプリケーションの署名
+
+署名の要件ここで Android アプリを確認することができます: http://developer.android.com/tools/publishing/app-signing.html
+
+アプリを署名する必要があります、次のパラメーター: * キーストア (`--キーストア`): キーのセットを保持できるバイナリ ファイルへのパス。 * キーストア パスワード (`--storePassword`): キーストア パスワード * エイリアス (`--別名`): 歌うことのために使用される秘密のキーを指定する id。 * パスワード (`--password`): 指定された秘密キーのパスワード。 * キーストア (`--keystoreType`) のタイプ: jks pkcs12 (デフォルト: 自動検出ファイル拡張子に基づいて)`ビルド`または`実行`スクリプトを上記のコマンドライン引数を使用してこれらのパラメーターを指定することができます。
+
+また、(`-buildConfig`) 引数を使用してビルド構成ファイル (build.json) で指定する可能性があります。ビルドの構成ファイルのサンプルを次に示します。
+
+    {
+         "android": {
+             "debug": {
+                 "keystore": "..\android.keystore",
+                 "storePassword": "android",
+                 "alias": "mykey1",
+                 "password" : "password",
+                 "keystoreType": ""
+             },
+             "release": {
+                 "keystore": "..\android.keystore",
+                 "storePassword": "",
+                 "alias": "mykey2",
+                 "password" : "password",
+                 "keystoreType": ""
+             }
+         }
+     }
+    
+
+リリース署名用パスワードを除外することができ、ビルド システムは、パスワードを求めるプロンプトを発行します。
+
+ミックスし、一致するコマンドライン引数と build.json ファイル内のパラメーターへのサポートがあります。 コマンドライン引数の値は、優先順位を取得します。 これは、コマンドラインでパスワードを指定するために役立ちますすることができます。
+
 ## ログの記録
 
         $ /path/to/project/cordova/log
@@ -81,13 +113,13 @@ Mac の/Linux または Windows のリリース:
 
 ## Gradle の構築
 
-Cordova-android@4.0.0、現在プロジェクトは [Gradle][2] を使用してビルドされます。ANT の建物には古いバージョンのドキュメントを参照してください。
+Cordova-android@4.0.0、現在プロジェクトは[Gradle][2]を使用してビルドされます。 ANT の建物には古いバージョンのドキュメントを参照してください。
 
  [2]: http://www.gradle.org/
 
 ### Gradle プロパティ
 
-これらの [プロパティ][3] は、ビルドのカスタマイズを設定できます。
+これらの[プロパティ][3]は、ビルドのカスタマイズを設定できます。
 
  [3]: http://www.gradle.org/docs/current/userguide/tutorial_this_and_that.html
 
@@ -132,7 +164,7 @@ Cordova-android@4.0.0、現在プロジェクトは [Gradle][2] を使用して
 
 ### 拡張 build.gradle
 
-`build.gradle`、カスタマイズするのではなく、直接編集する必要がある場合 `ビルド extras.gradle` をという名前の兄弟ファイルを作成する必要があります。 このファイルは、メインの `build.gradle` が存在する場合にインクルードされます。 ここで例に示します。
+`Build.gradle`、カスタマイズするのではなく、直接編集する必要がある場合`ビルド extras.gradle`をという名前の兄弟ファイルを作成する必要があります。 このファイルは、メインの`build.gradle`が存在する場合にインクルードされます。 ここで例に示します。
 
     # Example build-extras.gradle
     # This file is included at the beginning of `build.gradle`
@@ -143,7 +175,7 @@ Cordova-android@4.0.0、現在プロジェクトは [Gradle][2] を使用して
     }
     
 
-プラグインは `ビルド extras.gradle` 経由でのファイルも含めることができます注意してください。
+プラグインは`ビルド extras.gradle`経由でのファイルも含めることができます注意してください。
 
     <framework src="some.gradle" custom="true" type="gradleReference" />
     

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
index a218ab3..6b1dc88 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
@@ -17,7 +17,57 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 このガイドは、コルドバの旧バージョンからアップグレードする Android プロジェクトを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
 
-## アップグレード 3.6.0 プロジェクト 4.0.0
+## 4.0.0 へのアップグレード
+
+4.0.0 では重要な変更を活用するために必要な特定のアップグレード手順があります。 まず、以下の通り、共通のアップグレードの手順が必要です。
+
+CLI 以外のプロジェクトを実行します。
+
+        bin/update path/to/project
+    
+
+CLI のプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  既存のプロジェクトで `cordova platform update android` を実行します。
+
+### ホワイト リストをアップグレードします。
+
+ホワイト リストのすべての機能は、今のプラグインを介して実装されます。 プラグインを使わず、アプリはもはや 4.0.0 へのアップグレード後にホワイト リストによって保護されます。 コルドヴァには 2 つのホワイト リストのプラグインは、異なるレベルの保護を提供します。
+
+1.  `ホワイト リスト コルドバ-プラグイン`プラグイン*(推奨)*
+    
+    *   このプラグインは強くお勧めします、それはより安全でより以前のバージョンでホワイト リストも設定可能
+    *   必要な構成変更の[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。
+    *   Run: `cordova plugin add cordova-plugin-crosswalk-webview`
+
+2.  `コルドバ プラグイン レガシー ホワイト`プラグイン
+    
+    *   この動作は以前のバージョンと同じホワイト リストを提供します。[コルドバのプラグイン-レガシー ホワイト リスト][2]を参照してください。
+    *   構成の変更は必要ありませんが推奨されるプラグインよりも少ないの保護を提供します
+    *   Run: `cordova plugin add cordova-plugin-legacy-whitelist`
+
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-plugin-whitelist
+ [2]: https://github.com/apache/cordova-plugin-legacy-whitelist
+
+### 横断歩道の WebView を使用します。
+
+既定では、アプリは WebView デバイスによって提供されるシステムを使用していきます。 横断歩道の WebView を代わりに使用する場合は、単に、クロスウォーク ・ プラグインを追加します。
+
+    cordova plugin add cordova-plugin-crosswalk-webview
+    
+
+プラグインを追加時に、アプリは横断歩道 WebView 正しくインストールおよび構成を取得します。
+
+### Splashscreen プラグインへのアップグレード
+
+アプリになる場合、スプラッシュ スクリーンの使用機能をプラグインに移動されていること。 スプラッシュ スクリーン用の構成オプションは変更されません。 必要な唯一のアップグレード手順は、プラグインを追加します。
+
+    cordova plugin add cordova-plugin-splashscreen
+    
+
+## 3.6.0 から 3.7.1 にアップグレードします。
 
 CLI 以外のプロジェクトを実行します。
 
@@ -32,9 +82,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 3.2.0 から 3.3.0 へのアップグレード
 
-`3.2.0` として同じ指示に従ってください。.
+`3.2.0`として同じ指示に従ってください。.
 
-3.3.0 にはじまって、コルドバ ランタイム今 jar ファイルの代わりにアンドロイドをライブラリとしてコンパイルされます。 これがコマンドラインの使用法の効果がない IDE ユーザーのワークスペースに新しく追加された `MyProject-CordovaLib` プロジェクトをインポートする必要があります。
+3.3.0 にはじまって、コルドバ ランタイム今 jar ファイルの代わりにアンドロイドをライブラリとしてコンパイルされます。 これがコマンドラインの使用法の効果がない IDE ユーザーのワークスペースに新しく追加された`MyProject-CordovaLib`プロジェクトをインポートする必要があります。
 
 ## 3.1.0 から 3.2.0 へのアップグレード
 
@@ -42,14 +92,14 @@ CLI のプロジェクト。
 
 1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
 
-2.  実行`cordova platform update android`
+2.  Run `cordova platform update android`
 
 コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
 
         bin/update <project_path>
     
 
-**警告:**アンドロイド 4.4 - アンドロイド 4.4.3、ファイルを作成する入力型を持つ要素 =「ファイル」ファイル選択ダイアログ ボックスは開きません。 これは Android 上のクロムと回帰であり、問題を再現することができますスタンドアロン クロムブラウザー Android 上でアンドロイド 4.4 のファイル転送とファイルのプラグインを使用するは、回避策 (http://code.google.com/p/android/issues/detail?id=62220 を参照)。入力の型から、onClick イベントをリッスンすることができます「ファイル」を = し、ファイル ピッカー UI をポップアップします。 アップロードとフォーム データのネクタイ、するために JavaScript を使用して、出色のマルチパートのポストの要求にフォームの値をアタッチすることができます。
+**警告:** アンドロイド 4.4 - アンドロイド 4.4.3、ファイルを作成する入力型を持つ要素 =「ファイル」ファイル選択ダイアログ ボックスは開きません。 これは Android 上のクロムと回帰であり、問題を再現することができますスタンドアロン クロムブラウザー Android 上でアンドロイド 4.4 のファイル転送とファイルのプラグインを使用するは、回避策 (http://code.google.com/p/android/issues/detail?id=62220 を参照)。入力の型から、onClick イベントをリッスンすることができます「ファイル」を = し、ファイル ピッカー UI をポップアップします。 アップロードとフォーム データのネクタイ、するために JavaScript を使用して、出色のマルチパートのポストの要求にフォームの値をアタッチすることができます。
 
 ## 3.1.0 3.0.0 からアップグレード
 
@@ -57,7 +107,7 @@ CLI のプロジェクト。
 
 1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
 
-2.  実行`cordova platform update android`
+2.  Run `cordova platform update android`
 
 コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
 
@@ -68,11 +118,11 @@ CLI のプロジェクト。
 
 1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。
 
-2.  コルドバ プロジェクトたとえば、プラットフォームの追加: `cordova platform add android を追加`.
+2.  コルドバ プロジェクトたとえば、プラットフォームの追加:`cordova platform add android`.
 
-3.  作成したコルドバ プロジェクトのルートでの `www` ディレクトリにプロジェクトの `www` ディレクトリの内容をコピーします。
+3.  作成したコルドバ プロジェクトのルートでの`www`ディレクトリにプロジェクトの`www`ディレクトリの内容をコピーします。
 
-4.  `platforms/android` の下の適切なディレクトリに、古いプロジェクトから、ネイティブ アセットをコピー: このディレクトリには、ネイティブのコルドバ android プロジェクトが存在します。
+4.  `プラットフォーム/android`の下の適切なディレクトリに、古いプロジェクトから、ネイティブ アセットをコピー: このディレクトリには、ネイティブのコルドバ android プロジェクトが存在します。
 
 5.  コルドバ CLI ツールを使用して、必要な任意のプラグインをインストールします。CLI が処理するすべてのコア Api のプラグインとして追加する必要がありますので注意してください。のみ 3.0.0 プラグインは CLI と互換性があります。
 
@@ -80,37 +130,37 @@ CLI のプロジェクト。
 
 1.  新しい Apache コルドバ Android プロジェクトを作成します。
 
-2.  `www` ディレクトリの内容を新しいプロジェクトにコピーします。
+2.  `Www`ディレクトリの内容を新しいプロジェクトにコピーします。
 
-3.  新しいプロジェクトに、ネイティブ Android 資産 `res` ディレクトリからコピーします。
+3.  新しいプロジェクトに、ネイティブ Android 資産`res`ディレクトリからコピーします。
 
-4.  新しいプロジェクトに `src` サブディレクトリからインストールされている任意のプラグインをコピーします。
+4.  新しいプロジェクトに`src`サブディレクトリからインストールされている任意のプラグインをコピーします。
 
-5.  いずれかのアップグレードを確認古い `config.xml` ファイルから新しい `<plugin>` 仕様への `<feature>` 参照使用されなくなりました。
+5.  いずれかのアップグレードを確認古い`config.xml`ファイルから新しい`< 機能 >`仕様への`< プラグイン >`参照使用されなくなりました。
 
-6.  `Org.apache.cordova` である `org.apache.cordova.api` パッケージへの参照を更新します。.
+6.  `Org.apache.cordova`である`org.apache.cordova.api`パッケージへの参照を更新します。.
     
     **注**: すべてのコア Api が削除されているし、のプラグインとしてインストールする必要があります。詳細についてを使用して Plugman 管理プラグイン ガイドを参照してください。
 
 ## 2.8.0 から 2.9.0 へのアップグレードします。
 
-1.  `bin/update <project_path>` を実行します。.
+1.  Run `bin/update <project_path>`.
 
 ## 2.8.0 へ 2.7.0 からのアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.7.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.8.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.8.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 <!-- SS Eclipse -->
 
-1.  プロジェクトに新しい `cordova.js` をコピーします。
+1.  プロジェクトに新しい`cordova.js`をコピーします。
 
-2.  新しい `cordova.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+2.  新しい`cordova.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
-3.  `Framework/res/xml/config.xml` を一致するように `res/xml/config.xml` ファイルをコピーします。.
+3.  `Framework/res/xml/config.xml`を一致するように`res/xml/config.xml`ファイルをコピーします。.
 
 4.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
 
@@ -118,15 +168,15 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.6.0 からへ 2.7.0 をアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.6.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.7.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.7.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 2.7.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`コルドバ 2.7.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `コルドバ 2.7.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`cordova-2.7.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
 
@@ -136,9 +186,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.5.0 から 2.6.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.5.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.6.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.6.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -156,9 +206,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.4.0 から 2.5.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.4.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.5.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.5.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -174,9 +224,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.3.0 から 2.4.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.3.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.4.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.4.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -190,9 +240,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.2.0 から 2.3.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.2.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.3.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.3.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -206,9 +256,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.1.0 から 2.2.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.1.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.2.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.2.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -222,9 +272,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 2.0.0 から 2.1.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 2.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-2.0.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.1.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.1.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -238,9 +288,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 1.9.0 から 2.0.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 1.9.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-1.9.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 2.0.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-2.0.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -250,43 +300,43 @@ CLI のプロジェクト。
 
 6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
 
-2.0.0 のリリースでは、`config.xml` ファイルを組み合わせた、`cordova.xml` と `plugins.xml` に置き換えられます。 古いファイルは廃止され、彼らはまだ、2.0.0 で作業中、将来のリリースで動作しなくなります。
+2.0.0 のリリースでは、 `config.xml`ファイルを組み合わせた、 `cordova.xml`と`plugins.xml`に置き換えられます。 古いファイルは廃止され、彼らはまだ、2.0.0 で作業中、将来のリリースで動作しなくなります。
 
 ## 1.8.1 から 1.9.0 にアップグレードします。
 
-1.  削除 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+1.  `cordova-1.8.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 1.9.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-1.9.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 1.9.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`cordova-1.9.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `コルドバ 1.9.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`cordova- 1.9.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
-解放は 1.9.0 に `CordovaWebView` の導入により、サード パーティのプラグインが動作しない場合があります。 これらのプラグインは、`getContext()` または `getActivity()` を使用して `CordovaInterface` からコンテキストを取得する必要があります。 経験豊富なアンドロイドの開発者でない場合プラグインのメンテナに連絡して、バグ追跡システムにこのタスクを追加してください。
+解放は 1.9.0 に`CordovaWebView`の導入により、サード パーティのプラグインが動作しない場合があります。 これらのプラグインは、 `getContext()`または`getActivity()`を使用して`CordovaInterface`からコンテキストを取得する必要があります。 経験豊富なアンドロイドの開発者でない場合プラグインのメンテナに連絡して、バグ追跡システムにこのタスクを追加してください。
 
 ## 1.8.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
 
-1.  削除 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+1.  `cordova-1.8.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 1.8.1.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-1.8.1.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 1.8.1.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`cordova-1.8.1.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `コルドバ 1.8.1.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`cordova-1.8.1.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
 ## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
 
-1.  削除 `cordova-1.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+1.  `cordova-1.7.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  追加 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+2.  `cordova-1.8.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -298,9 +348,9 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
 
-1.  削除 `cordova-1.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+1.  `cordova-1.7.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  追加 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+2.  `cordova-1.8.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
@@ -312,71 +362,71 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 1.6.1 から 1.7.0 へのアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 1.6.1.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-1.6.1.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 1.7.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-1.7.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 1.7.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`cordova-1.7.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
 5.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
 ## 1.6.0 から 1.6.1 へのアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 1.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova- 1.6.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 1.6.1.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-1.6.1.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 1.6.1.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`cordova-1.6.1.js`がプロジェクトにコピーします。
 
 5.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
 ## 1.5.0 から 1.6.0 にアップグレードします。
 
-1.  `コルドバ 1.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `cordova-1.5.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 1.6.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-1.6.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 1.6.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`cordova-1.6.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `コルドバ 1.6.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`cordova-1.6.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
-7.  交換 `res/xml/phonegap.xml` と `res/xml/cordova.xml` と一致するには`framework/res/xml/cordova.xml`.
+7.  `Res/xml/cordova.xml` `framework/res/xml/cordova.xml`を一致するように`res/xml/phonegap.xml`を置き換える.
 
 ## 1.4.0 から 1.5.0 にアップグレードします。
 
-1.  `Phonegap 1.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `phonegap-1.4.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `コルドバ 1.5.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `cordova-1.5.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `コルドバ 1.5.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`cordova- 1.5.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `コルドバ 1.5.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`cordova-1.5.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
-7.  交換 `res/xml/phonegap.xml` と `res/xml/cordova.xml` と一致するには`framework/res/xml/cordova.xml`.
+7.  `Res/xml/cordova.xml` `framework/res/xml/cordova.xml`を一致するように`res/xml/phonegap.xml`を置き換える.
 
 ## 1.3.0 から 1.4.0 にアップグレードします。
 
-1.  `Phonegap 1.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `phonegap-1.3.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `Phonegap 1.4.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `phonegap-1.4.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `phonegap 1.4.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`phonegap-1.4.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `phonegap 1.4.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`phonegap-1.4.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
@@ -384,15 +434,15 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 1.3.0 に 1.2.0 からアップグレードします。
 
-1.  `Phonegap 1.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `phonegap-1.2.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `Phonegap 1.3.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `phonegap-1.3.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `phonegap 1.3.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい `phonegap-1.1.0.js` がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.2.0.js` ファイル。
+5.  新しい`phonegap-1.2.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
@@ -400,15 +450,15 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 1.1.0 から 1.2.0 にアップグレードします。
 
-1.  `Phonegap 1.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `phonegap-1.1.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `Phonegap 1.2.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `phonegap-1.2.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `phonegap 1.2.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`phonegap-1.2.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.2.0.js` ファイル。
+5.  新しい`phonegap-1.2.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
@@ -416,28 +466,28 @@ CLI のプロジェクト。
 
 ## 1.0.0 1.1.0 にアップグレードします。
 
-1.  `Phonegap 1.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `phonegap-1.0.0.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `Phonegap 1.1.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `phonegap-1.1.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `phonegap 1.1.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`phonegap-1.1.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `phonegap 1.1.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`phonegap-1.1.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
 ## 0.9.6 から 1.0.0 へのアップグレードします。
 
-1.  `Phonegap 0.9.6.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリから削除します。
+1.  `phonegap-0.9.6.jar`プロジェクトの`libs`ディレクトリから削除します。
 
-2.  `Phonegap 1.0.0.jar` プロジェクトの `lib` ディレクトリに追加します。
+2.  `phonegap-1.0.0.jar`プロジェクトの`lib`ディレクトリに追加します。
 
 3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  新しい `phonegap 1.0.0.js` がプロジェクトにコピーします。
+4.  新しい`phonegap-1.0.0.js`がプロジェクトにコピーします。
 
-5.  新しい `phonegap 1.0.0.js` ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
+5.  新しい`phonegap-1.0.0.js`ファイルを使用してあなたの HTML を更新します。
 
-6.  `Framework/res/xml/plugins.xml` を一致するように `res/xml/plugins.xml` を追加します。.
\ No newline at end of file
+6.  `Framework/res/xml/plugins.xml`を一致するように`res/xml/plugins.xml`を追加します。.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
index bcb9932..991ae69 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
@@ -77,7 +77,7 @@ Mac および Linux:
 
 *   現在のセッションで変更を適用するのには、次を実行します。
     
-        $ ソース ~/.bash_profile
+        $ source ~/.bash_profile
         
 
 得た場合は、環境問題、コマンド ・ ラインからネイティブ SDK を使用して、実行、適切なプラットフォーム用のファイル、インストール先のパス内にある:

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrade.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrade.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrade.md
index c515686..628330d 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrade.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrade.md
@@ -103,7 +103,7 @@ BlackBerryOS/脚本。
 
 3.  端末のような unix を使用して、上記ダウンロードしたソースを配置したディレクトリに移動します: ターミナル.app、Bash、Cygwin など。
 
-4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
+4.  ブラックベリー シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
 5.  コピー、 `www/cordova.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova.js` ファイル。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/firefoxos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/firefoxos/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/firefoxos/index.md
index 1062e9b..bff0b17 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/firefoxos/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/firefoxos/index.md
@@ -50,8 +50,8 @@ Firefox の OS アプリ www ディレクトリ内に Firefox のマニフェス
 
 この時点で、あなたは行く準備ができて-何でもしたいアプリになるをテスト-アプリ/www 内部コードを変更します。 たとえばを使用して"コルドバ プラグイン"を追加、アプリを[プラグインのサポート]()を追加できます。
 
-    cordova plugin add org.apache.cordova.device
-    cordova plugin add org.apache.cordova.vibration
+    cordova plugin add cordova-plugin-device
+    cordova plugin add cordova-plugin-vibration
     
 
 アプリのコードが書き込まれるとき、変更を使用してプロジェクトに追加した Firefox OS アプリに配置します。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
index 1bad925..ee0b05b 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
@@ -33,34 +33,62 @@ Apple ® ツール インテル ベースの Mac OS X オペレーティング 
 
  [1]: https://developer.apple.com/programs/ios/
 
+[Ios の sim][2]と[ios-deploy][3]ツール - iOS のシミュレータに iOS アプリと iOS デバイスをコマンドラインから起動することができます。
+
+ [2]: https://www.npmjs.org/package/ios-sim
+ [3]: https://www.npmjs.org/package/ios-deploy
+
 ## SDK をインストールします。
 
 Xcode をダウンロードする 2 つの方法があります。
 
-*   から[App Store][2]、 **App Store**のアプリケーションで「Xcode」を捜すことによって利用できます。
+*   から[App Store][4]、 **App Store**のアプリケーションで「Xcode」を捜すことによって利用できます。
 
-*   [Apple の開発者のダウンロード][3]アップルの開発者として登録する必要があります。
+*   [Apple の開発者のダウンロード][5]アップルの開発者として登録する必要があります。
 
- [2]: https://itunes.apple.com/us/app/xcode/id497799835?mt=12
- [3]: https://developer.apple.com/downloads/index.action
+ [4]: https://itunes.apple.com/us/app/xcode/id497799835?mt=12
+ [5]: https://developer.apple.com/downloads/index.action
 
 Xcode をインストールすると、いくつかのコマンド ライン ツールはコルドバを実行するを有効にする必要があります。 **Xcode**メニューから**環境設定**の [**ダウンロード**] タブを選択します。 [**コンポーネント**] パネルから**コマンド ライン ツール**の一覧の横にある [**インストール**] ボタンを押します。
 
-## SDK でプロジェクトを開く
+## インストール展開ツール
+
+Comman ライン ・ ターミナルから実行します。
+
+        $ npm install -g ios-sim
+        $ npm install -g ios-deploy
+    
+
+## 新しいプロジェクトを作成します。
 
-使用、 `cordova` コルドバのコマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトを設定するユーティリティ。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
+コルドバのコマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトをセットアップする`コルドバ`ユーティリティを使用します。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
 
-        $ cordova create hello com.example.hello "HelloWorld"
-        $ cd hello
-        $ cordova platform add ios
-        $ cordova prepare              # or "cordova build"
+        $ コルドバ作成こんにちは com.example.hello"HelloWorld"$ cd こんにちは $ コルドバ プラットフォームは、ios を追加 $ コルドバ準備 # または"構築コルドバ"
     
 
-作成後は、Xcode の内でからそれを開くことができます。ダブルクリックして開き、 `hello/platforms/ios/hello.xcodeproj` ファイル。このような画面になります。
+## アプリを展開します。
 
-![][4]
+接続されている iOS デバイス上のアプリを展開。
 
- [4]: img/guide/platforms/ios/helloworld_project.png
+        $ cordova run ios --device
+    
+
+デフォルト iOS エミュレーター上でアプリケーションを展開するには
+
+        $ cordova emulate ios
+    
+
+使用することができます**cordova run ios --list**を見るすべての利用可能なターゲットと**cordova run ios --target=target_name** 、特定のデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションを実行する (たとえば、`cordova run ios --target="iPhone-6"`).
+
+**コルドバの実行 - ヘルプ**を使用して、追加のビルドを参照してください、オプションを実行することもできます。
+
+## SDK でプロジェクトを開く
+
+Ios プラットフォームをプロジェクトに追加すると、Xcode の内でからそれを開くことができます。`Hello/platforms/ios/hello.xcodeproj`ファイルを開くをダブルクリックします。このような画面になります。
+
+![][6]
+
+ [6]: img/guide/platforms/ios/helloworld_project.png
 
 ## エミュレーターへの展開します。
 
@@ -72,32 +100,32 @@ Xcode をインストールすると、いくつかのコマンド ライン ツ
 
 3.  ツールバーの**配色**メニューから目的のデバイスを選択します、iPhone などとして 6.0 シミュレータはここに強調:
     
-    ![][5]
+    ![][7]
 
 4.  **スキーム**の左側に同じツールバーに表示される**実行**ボタンを押します。 ビルド、配置、エミュレーターでアプリケーションを実行します。 独立したエミュレータ アプリケーションは、アプリを表示するが開きます。
     
-    ![][6]
+    ![][8]
     
     1 つだけのエミュレーターでは一度に実行可能性がありますので、別のエミュレーターでアプリケーションをテストする場合は、エミュレーターのアプリケーションを終了し、Xcode の内で別のターゲットを実行する必要があります。
 
- [5]: img/guide/platforms/ios/select_xcode_scheme.png
- [6]: img/guide/platforms/ios/HelloWorldStandard.png
+ [7]: img/guide/platforms/ios/select_xcode_scheme.png
+ [8]: img/guide/platforms/ios/HelloWorldStandard.png
 
 Xcode は、iPhone および iPad の最新バージョン用のエミュレーターが付属しています。 古いバージョンはから入手できます、 **Xcode → 設定 → ダウンロード → コンポーネント**パネル。
 
 ## デバイスへの配置します。
 
-デバイスに展開するさまざまな要件の詳細については Apple の[iOS 用ツール ワークフロー ガイド][7]の*構成の開発と配布の資産*セクションを参照してください。 簡単に言えば、展開する前に以下を行う必要があります。
+デバイスに展開するさまざまな要件の詳細については Apple の[iOS 用ツール ワークフロー ガイド][9]の*構成の開発と配布の資産*セクションを参照してください。 簡単に言えば、展開する前に以下を行う必要があります。
 
- [7]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/Xcode/Conceptual/ios_development_workflow/00-About_the_iOS_Application_Development_Workflow/introduction.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007959
+ [9]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/Xcode/Conceptual/ios_development_workflow/00-About_the_iOS_Application_Development_Workflow/introduction.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007959
 
 1.  アップルの iOS 開発者プログラムに参加します。
 
-2.  *プロビジョニング プロファイル* [iOS プロビジョニング ポータル][8]内を作成します。 その*開発のプロビジョニングのアシスタント*を使用して作成し、プロファイルをインストールすることができ、Xcode の証明書が必要です。
+2.  *プロビジョニング プロファイル* [iOS プロビジョニング ポータル][10]内を作成します。 その*開発のプロビジョニングのアシスタント*を使用して作成し、プロファイルをインストールすることができ、Xcode の証明書が必要です。
 
 3.  プロジェクトの設定内の [*コード署名*] セクションの*コード署名 Id*プロビジョニング プロファイル名に設定されていることを確認します。
 
- [8]: https://developer.apple.com/ios/manage/overview/index.action
+ [10]: https://developer.apple.com/ios/manage/overview/index.action
 
 デバイスに展開します。
 
@@ -113,11 +141,26 @@ Xcode は、iPhone および iPad の最新バージョン用のエミュレー
 
 **警告**: アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を変更または別の API に置き換え、それとしてマークされますが*使用されなくなりました*。 API は、短期的に動作しますが、最終的に削除されます。 これらの非推奨インターフェイスは Apache コルドバに反映され、Xcode 問題それらについての警告をビルドしてアプリケーションを配置するとき。
 
-Xcode の警告について、 `invokeString` メソッドは、カスタム URL からアプリを起動する機能にかかわる。 カスタム URL から読み込むためのメカニズムが変更されており、このコードはまだ存在している後方コルドバの古いバージョンで作成されたアプリの機能を提供します。 これらの警告を無視することができますので、サンプル アプリはこの機能を使用しません。 これらの警告が表示されないように、非推奨となった invokeString API を参照するコードを削除します。
+Xcode の警告`invokeString`方法についてカスタム URL からアプリケーションを起動する機能にかかわる。 カスタム URL から読み込むためのメカニズムが変更されており、このコードはまだ存在している後方コルドバの古いバージョンで作成されたアプリの機能を提供します。 これらの警告を無視することができますので、サンプル アプリはこの機能を使用しません。 これらの警告が表示されないように、非推奨となった invokeString API を参照するコードを削除します。
 
 *   *Classes/MainViewController.m*ファイルを編集して、コードの次のブロックを囲む `/*` および `*/` 下図のように、そのタイプのコメント**コマンドの**ファイルを保存します。
     
-        (void) webViewDidFinishLoad:(UIWebView*) theWebView {//___PROJECTNAME__ Info.plist を処理するプロトコルを指定した場合にのみ有効/* 場合 (self.invokeString) {//deviceready NSLog を受信したときの js でアクセスすることができますので、deviceready イベントが発生する前に渡されます (@"非推奨: window.invokeString - 常によばれるカスタム スキームの url を使用してアプリを起動したとき、代わりに window.handleOpenURL(url) 関数を使用します");。NSString * jsString = [NSString stringWithFormat:@"var invokeString = \"% @\「;」、self.invokeString];[theWebView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:jsString];} *//黒の基本色/背景に一致するネイティブ アプリ theWebView.backgroundColor = [UIColor blackColor];[スーパー webViewDidFinishLoad: theWebView] を返します。}
+        (void)webViewDidFinishLoad:(UIWebView*)theWebView
+        {
+        // only valid if ___PROJECTNAME__-Info.plist specifies a protocol to handle
+        /*
+        if (self.invokeString) {
+          // this is passed before the deviceready event is fired, so you can access it in js when you receive deviceready
+          NSLog(@"DEPRECATED: window.invokeString - use the window.handleOpenURL(url) function instead, which is always called when the app is launched through a custom scheme url.");
+          NSString* jsString = [NSString stringWithFormat:@"var invokeString = \"%@\";", self.invokeString];
+          [theWebView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:jsString];
+        }
+        */
+        // Black base color for background matches the native apps
+        theWebView.backgroundColor = [UIColor blackColor];
+        
+        return [super webViewDidFinishLoad:theWebView];
+        }
         
 
 *   下図のように、2 つのスラッシュを挿入して次の行をコメント アウト、 *Classes/AppViewDelegate.m*ファイルを編集し、**コマンドの**ファイルを保存する入力します。
@@ -135,30 +178,30 @@ Xcode の警告について、 `invokeString` メソッドは、カスタム URL
 
 2.  **派生データ**] セクションで、**詳細設定**ボタンを押しますをここに示すように**ビルド場所**として**ユニークな**を選択します。
     
-    ![][9]
+    ![][11]
 
- [9]: img/guide/platforms/ios/xcode_build_location.png
+ [11]: img/guide/platforms/ios/xcode_build_location.png
 
 これは新しい Xcode のインストールの既定の設定が異なる Xcode の旧バージョンからのアップグレード、次を設定可能性があります。
 
 詳細は、Apple のドキュメントを参照してください。
 
-*   [開発開始 iOS アプリ今日][10]iOS アプリを開発するための手順の概要を提供します。
+*   [開発開始 iOS アプリ今日][12]iOS アプリを開発するための手順の概要を提供します。
 
-*   [メンバー センターのホーム ページ][11]はテクニカル リソース テクニカル リソース、プロビジョニング ポータル、配布ガイドおよびコミュニティ フォーラムを含むいくつかの iOS へのリンクを提供します。
+*   [メンバー センターのホーム ページ][13]はテクニカル リソース テクニカル リソース、プロビジョニング ポータル、配布ガイドおよびコミュニティ フォーラムを含むいくつかの iOS へのリンクを提供します。
 
-*   [IOS 用ツール ワークフロー ガイド][7]
+*   [IOS 用ツール ワークフロー ガイド][9]
 
-*   [Xcode 4 ユーザー ガイド][12]
+*   [Xcode ユーザー ガイド][14]
 
-*   アップル世界広い開発者会議 2012 (WWDC2012) からの[セッションのビデオ][13]
+*   アップル世界広い開発者会議 2012 (WWDC2012) からの[セッションのビデオ][15]
 
-*   [Xcode 選択コマンド][14]が複数ある場合、Xcode の正しいバージョンを指定することができますがインストールされています。
+*   [Xcode 選択コマンド][16]が複数ある場合、Xcode の正しいバージョンを指定することができますがインストールされています。
 
- [10]: http://developer.apple.com/library/ios/#referencelibrary/GettingStarted/RoadMapiOS/index.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011343
- [11]: https://developer.apple.com/membercenter/index.action
- [12]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/ToolsLanguages/Conceptual/Xcode4UserGuide/000-About_Xcode/about.html#//apple_ref/doc/uid/TP40010215
- [13]: https://developer.apple.com/videos/wwdc/2012/
- [14]: http://developer.apple.com/library/mac/#documentation/Darwin/Reference/ManPages/man1/xcode-select.1.html
+ [12]: http://developer.apple.com/library/ios/#referencelibrary/GettingStarted/RoadMapiOS/index.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011343
+ [13]: https://developer.apple.com/membercenter/index.action
+ [14]: http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/ToolsLanguages/Conceptual/Xcode4UserGuide/000-About_Xcode/about.html#//apple_ref/doc/uid/TP40010215
+ [15]: https://developer.apple.com/videos/wwdc/2012/
+ [16]: http://developer.apple.com/library/mac/#documentation/Darwin/Reference/ManPages/man1/xcode-select.1.html
 
 (Mac ® OS X ® アップル ®、Xcode ® アプリ Store℠、iPad ®、iPhone ®、iPod ® ファインダー ® はアップル社の商標です)
\ No newline at end of file


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message