cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From victo...@apache.org
Subject [08/15] docs commit: CB-8860 cordova-docs documentation translation: cordova-docs
Date Tue, 28 Apr 2015 00:40:14 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/it/edge/plugin_ref/plugman.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/it/edge/plugin_ref/plugman.md b/docs/it/edge/plugin_ref/plugman.md
index 4d9cef9..11921f5 100644
--- a/docs/it/edge/plugin_ref/plugman.md
+++ b/docs/it/edge/plugin_ref/plugman.md
@@ -88,7 +88,7 @@ Plugman dispone di un comando di aiuto globale che può aiutarvi se rimani blocc
 Può anche aggiungere il `--debug|-d` bandiera a qualsiasi comando Plugman per eseguire quel comando in modalità dettagliata, che consentirà di visualizzare i messaggi di debug interni quanto vengono emessi e può aiutare a tenere traccia dei problemi come file mancanti.
 
     # Adding Android battery-status plugin to "myProject":
-    plugman -d --platform android --project myProject --plugin org.apache.cordova.battery-status
+    plugman -d --platform android --project myProject --plugin cordova-plugin-battery-status
     
 
 Infine, è possibile utilizzare il `--version|-v` bandiera per vedere quale versione di Plugman si utilizza.
@@ -132,38 +132,38 @@ Negli esempi seguenti mostrano come aggiungere plugin come necessario affinché
 
 *   cordova-plugin-battery-status
     
-    plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.battery-status
+    plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-battery-status
 
-*   cordova-plugin-camera plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.camera
+*   cordova-plugin-camera plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-camera
 
-*   cordova-plugin-console plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.console
+*   cordova-plugin-console plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-console
 
-*   cordova-plugin-contacts plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.contacts
+*   cordova-plugin-contacts plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-contacts
 
-*   cordova-plugin-device plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.device
+*   cordova-plugin-device plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device
 
-*   cordova-plugin-device-motion (accelerometer) plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.device-motion
+*   cordova-plugin-device-motion (accelerometer) plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device-motion
 
-*   cordova-plugin-device-orientation (compass) plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.device-orientation
+*   cordova-plugin-device-orientation (compass) plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-device-orientation
 
-*   cordova-plugin-dialogs plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.dialogs
+*   cordova-plugin-dialogs plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-dialogs
 
-*   cordova-plugin-file plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.file
+*   cordova-plugin-file plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-file
 
-*   cordova-plugin-file-transfer plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.file-transfer
+*   cordova-plugin-file-transfer plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-file-transfer
 
-*   cordova-plugin-geolocation plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.geolocation
+*   cordova-plugin-geolocation plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-geolocation
 
-*   cordova-plugin-globalization plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.globalization
+*   cordova-plugin-globalization plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-globalization
 
-*   cordova-plugin-inappbrowser plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.inappbrowser
+*   cordova-plugin-inappbrowser plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-inappbrowser
 
-*   cordova-plugin-media plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.media
+*   cordova-plugin-media plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-media
 
-*   cordova-plugin-media-capture plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.media-capture
+*   cordova-plugin-media-capture plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-media-capture
 
-*   cordova-plugin-network-information plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.network-information
+*   cordova-plugin-network-information plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-network-information
 
-*   cordova-plugin-splashscreen plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.splashscreen
+*   cordova-plugin-splashscreen plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-splashscreen
 
-*   cordova-plugin-vibration plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin org.apache.cordova.vibration
\ No newline at end of file
+*   cordova-plugin-vibration plugman --platform <ios|amazon-fireos|android|blackberry10|wp8> --project <directory> --plugin cordova-plugin-vibration
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/it/edge/plugin_ref/spec.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/it/edge/plugin_ref/spec.md b/docs/it/edge/plugin_ref/spec.md
index af75909..7fcd568 100644
--- a/docs/it/edge/plugin_ref/spec.md
+++ b/docs/it/edge/plugin_ref/spec.md
@@ -320,9 +320,28 @@ Esso supporta i seguenti attributi:
 
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsphone/develop/ff769509%28v=vs.105%29.aspx#BKMK_EXTENSIONSelement
 
+La piattaforma Windows supporta due attributi aggiuntivi (entrambi optional) quando colpisce il meta-nome `package.appxmanifest`:
+
+Il `device-target` attributo indica che il deve essere incluso solo quando la costruzione per il tipo di periferica di destinazione specificata. Valori supportati sono `win`, `phone`o `all`.
+
+L'attributo `versions` indica che manifesti di app per versioni specifiche di Windows dovrebbero essere modificati solo per le versioni che corrispondono alla stringa di versione specificato. Valore può essere qualsiasi stringa di gamma versione semantico nodo valido.
+
+Esempi di utilizzo di questi attributi specifici di Windows:
+
+    <config-file target="package.appxmanifest" parent="/Package/Capabilities" versions="<8.1.0">
+        <Capability Name="picturesLibrary" />
+        <DeviceCapability Name="webcam" />
+    </config-file>
+    <config-file target="package.appxmanifest" parent="/Package/Capabilities" versions=">=8.1.0" device-target="phone">
+        <DeviceCapability Name="webcam" />
+    </config-file>
+    
+
+L'esempio sopra imposterà pre-8.1 piattaforme (Windows 8, in particolare) richiedono la funzionalità del dispositivo di `webcam` e la capacità generale di `picturesLibrary` , e applicare la funzionalità del dispositivo `webcam` solo per progetti Windows 8.1 che costruiamo per Windows Phone. Windows desktop 8.1 sistemi sono non modificati.
+
 ## *plugin-plist* Elemento
 
-Questo è *superata* in quanto si applica solo a cordova-ios 2.2.0 e sotto. Uso il `<config-file>` tag per versioni più recenti di Cordova.
+Questo è *superata* in quanto si applica solo a cordova-ios 2.2.0 e sotto. Utilizzare il tag `< config-file >` versioni più recenti di Cordova.
 
 Esempio:
 
@@ -333,7 +352,7 @@ Esempio:
     </config-file>
     
 
-Specifica una chiave e un valore da aggiungere per la corretta `AppInfo.plist` file in un progetto di Cordova iOS. Ad esempio:
+Specifica una chiave e un valore da aggiungere al file `AppInfo.plist` corretto in un progetto di Cordova iOS. Per esempio:
 
     <plugins-plist key="Foo" string="CDVFoo" />
     
@@ -349,7 +368,7 @@ Come file di origine, ma in particolare per piattaforme come iOS che distinguere
 
 Esempio di Android:
 
-    < src="FooPluginStrings.xml file di risorse" target="res/values/FooPluginStrings.xml" / >
+    <resource-file src="FooPluginStrings.xml" target="res/values/FooPluginStrings.xml" />
     
 
 ## *lib-file* Elemento
@@ -366,7 +385,7 @@ Attributi supportati:
 
 *   `arch`: L'architettura per la quale il `.so` file è stato costruito, o `device` o`simulator`.
 
-Per la piattaforma Windows, elemento `<lib-file>` permette l'inserimento di un `<SDKReference>` nel file di progetto di Windows generati.
+Per la piattaforma Windows, elemento `< lib-file >` permette l'inserimento di un `< SDKReference >` nel file di progetto di Windows generati.
 
 Attributi supportati:
 
@@ -374,7 +393,7 @@ Attributi supportati:
 
 *   `arch`: indica che il `<SDKReference>` solo deve essere incluso quando si compila per architettura specificato. Valori supportati sono `x86`, `x64` o `ARM`.
 
-*   `target`: indica che il `<SDKReference>` solo deve essere incluso quando si costruisce per il tipo di periferica di destinazione specificata. Valori supportati sono `win` (o `windows`), `phone` o `all`.
+*   `device-target`: indica che il `< SDKReference >` solo deve essere incluso quando si costruisce per il tipo di periferica di destinazione specificata. Valori supportati sono `win` (o `windows`), `phone` o `all`.
 
 *   `versions`: indica che il `<SDKReference>` solo deve essere incluso quando si costruisce per le versioni che corrispondono alla stringa di versione specificato. Valore può essere qualsiasi stringa di gamma versione semantico nodo valido.
 
@@ -416,7 +435,7 @@ La piattaforma Windows supporta tre attributi aggiuntivi (facoltativi) per affin
 
 L'attributo `arch` indica che il quadro solo deve essere incluso quando si compila per architettura specificato. Valori supportati sono `x86`, `x64` o `ARM`.
 
-L'attributo `target` indica che il framwork solo deve essere incluso quando si costruisce per il tipo di periferica di destinazione specificata. Valori supportati sono `win` (o `windows`), `phone` o `all`.
+Il `device-target` attributo indica che il quadro solo deve essere incluso quando si costruisce per il tipo di periferica di destinazione specificata. Valori supportati sono `win` (o `windows`), `phone` o `all`.
 
 L'attributo `versions` indica che il quadro solo deve essere incluso quando si costruisce per le versioni che corrispondono alla stringa di versione specificata. Valore può essere qualsiasi stringa di gamma versione semantico nodo valido.
 
@@ -435,10 +454,7 @@ Informazioni supplementari fornite agli utenti. Questo è utile quando si richie
     <info>
     You need to install __Google Play Services__ from the `Android Extras` section using the Android SDK manager (run `android`).
     
-    You need to add the following line to the `local.properties`:
-    
-    android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
-    </info>
+    È necessario aggiungere la seguente riga alla 'local.properties': android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib < / info >
     
 
 ## Variabili
@@ -462,7 +478,7 @@ plugman possibile richiedere agli utenti di specificare le variabili necessarie
     plugman --platform android --project /path/to/project --plugin name|git-url|path --variable API_KEY=!@CFATGWE%^WGSFDGSDFW$%^#$%YTHGsdfhsfhyer56734
     
 
-Per rendere obbligatoria la variabile, il tag `<platform>` deve contenere un tag `<preference>`. Per esempio:
+Per rendere obbligatoria la variabile, il tag `<platform>` deve contenere un tag `<preference>` . Per esempio:
 
     <preference name="API_KEY" />
     
@@ -473,4 +489,4 @@ Alcuni nomi di variabile dovrebbero essere riservati, come elencato di seguito.
 
 ## $PACKAGE_NAME
 
-L'identificatore univoco di stile retro-dominio per il pacchetto, corrispondente per il `CFBundleIdentifier` su iOS o il `package` attributo dell'elemento di primo livello `manifest` in un file `AndroidManifest.xml`.
\ No newline at end of file
+L'identificatore univoco di stile retro-dominio per il pacchetto, corrispondente per il `CFBundleIdentifier` su iOS o il `pacchetto` attributo dell'elemento di primo livello `manifesto` in un file `AndroidManifest.xml`.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/config_ref/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/config_ref/index.md b/docs/ja/edge/config_ref/index.md
index 34f36e9..e95340e 100644
--- a/docs/ja/edge/config_ref/index.md
+++ b/docs/ja/edge/config_ref/index.md
@@ -144,9 +144,22 @@ Android と iOS の両方、iOS のため、2 番目のバージョン文字列
     
     **注**: `既定` 値は、コルドバはその既定の動作にフォールバックするプラットフォームをできるようにプラットフォームのマニフェスト/構成ファイルから向き設定エントリを削除します。
 
+'default' は、コールバックの実装後にのみ肖像画 & ランドス ケープ モード - ことができます。私は可能性がおそらく再ワードこのとおり:
+
+IOS の方向ウィンドウで javascript コールバックを定義することによってプログラムで制御できます。
+
+    /** 
+    * @param {Number} degree - UIInterfaceOrientationPortrait: 0, UIInterfaceOrientationLandscapeRight: 90, UIInterfaceOrientationLandscapeLeft: -90, UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown: 180
+    * @returns {Boolean} Indicating if rotation should be allowed.
+    */
+    function shouldRotateToOrientation(degrees) {
+         return true;
+    }
+    
+
 ## *機能*要素
 
-使用して、CLI を使用してアプリケーションを構築する場合、 `plugin` デバイス Api を有効にするコマンド。 これは、最上位レベルは変更されません `config.xml` ファイル、そう、 `<feature>` 要素をワークフローに適用されません。 SDK およびプラットフォーム固有の使用で直接作業した場合 `config.xml` ファイルのソースとして使用する、 `<feature>` デバイス レベルの Api と外部プラグインを有効にするタグ。 プラットフォーム固有のカスタム値とともに表示されます多くの場合 `config.xml` ファイル。 たとえば、ここで Android プロジェクト用デバイス API を指定する方法は。
+CLI を使用してアプリケーションを構築する場合は`プラグイン`コマンドを使用するデバイス Api を有効にします。 これは、 `< 機能 >`要素をワークフローに適用されませんので、トップレベルの`config.xml`ファイルを変更しません。 SDK およびプラットフォーム固有の`config.xml`ファイルをソースとして使用で直接作業している場合は`< 機能 >`タグを使用するデバイス レベルの Api と外部プラグインを有効にします。 彼らはしばしばプラットフォーム固有の`config.xml`ファイルでカスタム値で表示されます。 たとえば、ここで Android プロジェクト用デバイス API を指定する方法は。
 
         <feature name="Device">
             <param name="android-package" value="org.apache.cordova.device.Device" />
@@ -164,7 +177,7 @@ Android と iOS の両方、iOS のため、2 番目のバージョン文字列
 
 ## *プラットフォーム*要素
 
-CLI を使用して、アプリケーションを構築する、環境設定や、特定のプラットフォームに固有の他の要素を指定する必要があります。 使用の `<platform>` 構成を指定する必要がありますだけが表示される単一プラットフォーム固有の要素 `config.xml` ファイル。 たとえば、ここではその唯一のアンドロイドがフルスクリーンの好みを使用するを指定する方法です。
+CLI を使用して、アプリケーションを構築する、環境設定や、特定のプラットフォームに固有の他の要素を指定する必要があります。 `< プラットフォーム >`要素を使用して構成する必要があります 1 つのプラットフォーム固有の`config.xml`ファイルにのみ表示されますを指定します。 たとえば、ここではその唯一のアンドロイドがフルスクリーンの好みを使用するを指定する方法です。
 
         <platform name="android">
             <preference name="Fullscreen" value="true" />

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/events/events.md b/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
index bf50b14..8156d0a 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
@@ -20,8 +20,8 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 ## イベントの種類
 
 *   deviceready
-*   一時停止します。
-*   再開
+*   pause
+*   resume
 *   backbutton
 *   menubutton
 *   searchbutton
@@ -30,17 +30,17 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 *   volumedownbutton
 *   volumeupbutton
 
-## [Org.apache.cordova.battery ステータス][1]によって追加されるイベント
+## [コルドバ プラグイン バッテリ ステータス][1]によって追加されるイベント
 
- [1]: https://github.com/apache/cordova-plugin-battery-status/blob/master/doc/index.md
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-plugin-battery-status/blob/master/README.md
 
 *   batterycritical
 *   batterylow
 *   batterystatus
 
-## [Org.apache.cordova.network 情報][2]によって追加されるイベント
+## [コルドバ プラグイン ネットワーク情報][2]によって追加されるイベント
 
- [2]: https://github.com/apache/cordova-plugin-network-information/blob/master/doc/index.md
+ [2]: https://github.com/apache/cordova-plugin-network-information/blob/master/README.md
 
 *   online
 *   offline
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/cordova/events/events.pause.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/events/events.pause.md b/docs/ja/edge/cordova/events/events.pause.md
index 11a230d..dec555c 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/events/events.pause.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/events/events.pause.md
@@ -13,7 +13,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 ## under the License.
 
-# 一時停止します。
+# pause
 
 アプリケーションは、背景に置かれたときに発生します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/cordova/events/events.resume.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/events/events.resume.md b/docs/ja/edge/cordova/events/events.resume.md
index cc6e0f9..6d4ae46 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/events/events.resume.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/events/events.resume.md
@@ -13,7 +13,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 ## under the License.
 
-# 再開
+# resume
 
 アプリケーションがバック グラウンドから取得されるときに発生します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md b/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
index 6acc7ff..56aa0df 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
@@ -11,9 +11,9 @@
 
 コルドバの Api は、最小限のセットが付属し、プロジェクトのプラグインを必要とするどのような余分な Api を追加します。
 
-[プラグイン レジストリ][1]を使用してすべての既存のプラグイン (などのサード パーティのプラグイン) を検索することができます。.
+[Npm][1] (サード パーティのプラグインを含む) すべての既存のプラグインを介して検索することができます。.
 
- [1]: http://plugins.cordova.io/
+ [1]: https://www.npmjs.com/search?q=ecosystem%3Acordova
 
 コアプラグイン コルドバの伝統的なセット次のとおりです。
 
@@ -93,24 +93,34 @@
     
     > 表示、非表示、ステータス バーの背景を構成するための API。
 
- [2]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.battery-status
- [3]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.camera
- [4]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.console
- [5]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.contacts
- [6]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.device
- [7]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.device-motion
- [8]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.device-orientation
- [9]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.dialogs
- [10]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.file
- [11]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.file-transfer
- [12]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.geolocation
- [13]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.globalization
- [14]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.inappbrowser
- [15]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.media
- [16]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.media-capture
- [17]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.network-information
- [18]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.splashscreen
- [19]: http://plugins.cordova.io/#/package/org.apache.cordova.vibration
- [20]: https://github.com/apache/cordova-plugin-statusbar/blob/master/doc/index.md
-
-これらのプラグインのドキュメントの翻訳を英語以外の言語コルドバ ドキュメントの古いバージョンを見て発見することができます。非常に右上のこのサイトでバージョンを切り替えるには、ドロップ ダウン メニューを使用します。
\ No newline at end of file
+*   [ホワイト リスト][21]
+    
+    > ホワイト リスト ネットワーク要求するプラグインです。アプリケーションを持っているすべてのネットワーク要求をインストールする必要があります。
+
+*   [従来のホワイト リスト][22]
+    
+    > うちリッピングされ、プラグインのホワイト リストを変更する前に、ホワイト リストの古いスタイルを使用するプラグインです。
+
+ [2]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-battery-status
+ [3]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-camera
+ [4]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-console
+ [5]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-contacts
+ [6]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-device
+ [7]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-device-motion
+ [8]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-device-orientation
+ [9]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-dialogs
+ [10]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-file
+ [11]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-file-transfer
+ [12]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-geolocation
+ [13]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-globalization
+ [14]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-inappbrowser
+ [15]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-media
+ [16]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-media-capture
+ [17]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-network-information
+ [18]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-splashscreen
+ [19]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-vibration
+ [20]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-statusbar
+ [21]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-whitelist
+ [22]: https://www.npmjs.com/package/cordova-plugin-legacy-whitelist
+
+これらのプラグインのドキュメントの翻訳を英語以外の言語はプラグイン github レポジトリに行くと、docs フォルダーで探して発見ことができます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/appdev/security/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/appdev/security/index.md b/docs/ja/edge/guide/appdev/security/index.md
index c2d6252..e3b7a48 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/appdev/security/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/appdev/security/index.md
@@ -1,11 +1,17 @@
 * * *
 
-免許証: アパッシュ ソフトウェア基礎 (ASF) を 1 つまたは複数の共同作成者のライセンス契約の下でライセンスされています。 著作権所有権に関する追加情報のためのこの仕事と分散 NOTICE ファイルを参照してください。 ASF は、Version 2.0 (「ライセンス」); Apache ライセンスの下であなたにこのファイルをライセンスします。ライセンスに従う場合、このファイルを使用可能性があります。 ライセンスのコピーを入手した可能性があります。
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
-           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0 ソフトウェア ライセンスの下で配布で配布されて適用される法律によって必要なまたは書面で合意した、しない限り、「そのまま」なし保証またはいかなる種類の保証、明示または黙示を問わず、基礎。  アクセス許可と制限を支配する特定の言語用のライセンスを参照してください。
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
     
 
-## ライセンス。
+## under the License.
 
 # セキュリティ ガイド
 
@@ -27,14 +33,8 @@
 
 *   読み取りし、ホワイト リスト ガイドを理解します。
 
-*   既定では、新しく作成されたアプリケーションのホワイト リストにより、を介してすべてのドメインへのアクセスを `<access>` タグ: `<access origin="*">` 、ホワイト リストに対して評価するネットワーク要求が必要な場合、この変更をのみアクセスする必要のあるドメインを許可することが重要です。 あるアプリケーション レベルの構成ファイルを編集することによってこれを: `{project}/config.xml` (最近プロジェクトの場合) または `{project}/www/config.xml` (古いプロジェクト)
-
-*   Android のホワイト リスト コルドバの 2.9.x は安全と見なされます、しかし、それは発見された foo.com がホワイト リストに含まれる場合、foo.com.evil.com ホワイト リストのテストに合格することができるでしょう。 これはコルドバで修正された 3.x。
-
 *   Android の API 10 と以下は、ホワイト リスト登録のドメインは動作しませんし、iframe の WP8 XMLHttpRequest。 つまり、攻撃者が iframe 内の任意のドメインに読み込むことができ、iframe 内のページのスクリプトも一切コルドバの JavaScript オブジェクトと対応するネイティブ Java オブジェクトに直接アクセスできます。 これらのプラットフォーム用のアプリケーションを構築する際、これを考慮に入れなければなりません。 実際にはつまり、ターゲット 10 より高い Android の API と、可能であればを使用しない iframe を読み込む外部コンテンツ - inAppBrowser プラグインや他のサードパーティ製プラグインを使用してください。
 
-*   コルドバ 3.6.0、現在 Android 上だ今ホワイト リストの Url、アプリケーションの外部に必要なアプリケーションは、これらの Url へのリンクを生成する場合。 アプリケーションを生成する場合 `tel:` 、 `geo:` 、 `sms:` 、 `intent:` または同じような Url をユーザーのブラウザーで開くことを期待し、あなたのホワイト リストを更新する必要があります外部コンテンツへのリンクを提供しますか。 詳細については、ホワイト リスト ガイドを参照してください。
-
 ## Iframe およびコールバック Id メカニズム
 
 ホワイト リストに登録ドメインから iframe のコンテンツを提供しています、そのドメイン ネイティブ コルドバ ブリッジにお越し。 これはつまり、サードパーティの広告ネットワークをホワイト リストしこれら広告 iframe を通じて、悪意のある広告が iframe を打破し、悪意のある操作を実行することができること可能です。 このため、一般に使用しないでください iframe iframe コンテンツをホストしているサーバーをコントロールしていないかぎり。 サード パーティのプラグインの広告ネットワークをサポートするために利用できるがあることに注意してください。 この文が true の iOS は、iframe の接続を含むすべてを横取りしないことに注意してください。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md b/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
index 6604d66..50dfc78 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
@@ -15,47 +15,51 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # ホワイト リスト ガイド
 
-ホワイト リスト登録のドメインのアクセスを制御するセキュリティ モデルは、アプリケーションが制御なしの外部ドメインに。 コルドバの既定のセキュリティ ポリシーは、任意のサイトにアクセスをできます。 生産へアプリケーションを移動する前に、ホワイト リストを策定し、特定のネットワーク ドメインおよびサブドメインにアクセスできるようにする必要があります。
+ホワイト リスト登録のドメインのアクセスを制御するセキュリティ モデルは、アプリケーションが制御なしの外部ドメインに。 コルドバは、外部サイトへのアクセスを定義する構成可能なセキュリティ ポリシーを提供します。 既定では、新しいアプリ任意のサイトへのアクセスを許可するように構成されています。 生産へアプリケーションを移動する前に、ホワイト リストを策定し、特定のネットワーク ドメインおよびサブドメインにアクセスできるようにする必要があります。
 
-コルドバに依存している[W3C のウィジェットのアクセス][1]仕様に準拠して、 `<access>` 、アプリ内での要素 `config.xml` 特定のドメインへのネットワーク アクセスを有効にするファイル。 コマンド ライン インターフェイスで記述された CLI ワークフローに依存するプロジェクトのためこのファイルにあるプロジェクトの最上位ディレクトリ それ以外の場合、プラットフォーム固有の開発パス場所は以下のセクションに表示されます。 (各プラットフォーム上のさまざまなプラットフォームのガイドの詳細を参照)。
+Android と iOS の (現在の 4.0 リリース) は、コルドバのセキュリティ ポリシーはプラグイン インター フェース経由で拡張可能です。 良いセキュリティとコルドバの以前のバージョンよりも構成を提供するので、アプリ[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]を使用してください。 それはホワイト リスト プラグインを実装することが可能ですが、アプリは非常に特定のセキュリティ ポリシーの必要性を持っていない限りは推奨されません。 使用法と構成[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。
 
- [1]: http://www.w3.org/TR/widgets-access/
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-plugin-whitelist
 
-ホワイト リストの構文を次の例に示します。
+他のプラットフォーム用コルドバは特定のドメインへのネットワーク アクセスを有効にするアプリの`config.xml`ファイル内で`<access>`要素に依存している[W3C のウィジェットのアクセス][2]仕様に準拠しています。 コマンド ライン インターフェイスで記述された CLI ワークフローに依存するプロジェクトのためこのファイルにあるプロジェクトの最上位ディレクトリ それ以外の場合、プラットフォーム固有の開発パス場所は以下のセクションに表示されます。 (各プラットフォーム上のさまざまなプラットフォームのガイドの詳細を参照)。
 
-*   [Google.com][2]へのアクセス:
+ [2]: http://www.w3.org/TR/widgets-access/
+
+次の例では、 `<access>`ホワイト リストの構文。
+
+*   [Google.com][3]へのアクセス:
     
         <access origin="http://google.com" />
         
 
-*   安全な[google.com][3]へのアクセス ( `https://` )。
+*   安全な[google.com][4]へのアクセス ( `https://` )。
     
         <access origin="https://google.com" />
         
 
-*   サブドメイン[maps.google.com][4]へのアクセス:
+*   サブドメイン[maps.google.com][5]へのアクセス:
     
         <access origin="http://maps.google.com" />
         
 
-*   すべてのサブドメインに[google.com][2]、たとえば[接続][5]と[docs.google.com][6]へのアクセス:
+*   すべてのサブドメインに[google.com][3]、たとえば[接続][6]と[docs.google.com][7]へのアクセス:
     
         <access origin="http://*.google.com" />
         
 
-*   たとえば、 [google.com][2]および[developer.mozilla.org][7]の*すべて*のドメインへのアクセス:
+*   たとえば、 [google.com][3]および[developer.mozilla.org][8]の*すべて*のドメインへのアクセス:
     
         <access origin="*" />
         
     
     これは、新しく作成した CLI プロジェクトの既定値です。
 
- [2]: http://google.com
- [3]: https://google.com
- [4]: http://maps.google.com
- [5]: http://mail.google.com
- [6]: http://docs.google.com
- [7]: http://developer.mozilla.org
+ [3]: http://google.com
+ [4]: https://google.com
+ [5]: http://maps.google.com
+ [6]: http://mail.google.com
+ [7]: http://docs.google.com
+ [8]: http://developer.mozilla.org
 
 Https プロトコルを使用してなどまたは国固有のドメインを別の url にいくつかのウェブサイトが自動的にリダイレクトをホームページからことを留意してください。 たとえば http://www.google.com https://www.google.com で SSL/TLS を使用するリダイレクトされ、さらに https://www.google.co.uk などの地理にリダイレクト可能性があります。 このようなシナリオは、初期の要件では、変更または追加のホワイト リストのエントリーを必要があります。 ホワイト リストを構築するいると、これをご検討ください。
 
@@ -67,97 +71,44 @@ Https プロトコルを使用してなどまたは国固有のドメインを
 
 ## Android のホワイト リスト
 
-プラットフォーム固有のホワイト リスト登録ルールの `res/xml/config.xml` で発見します。.
-
-**注**: `href` ハイパーリンクについてのみ動作アンドロイド 2.3 とドメイン ホワイト リスト登録の前に画像やスクリプトなどのリソース参照されていません。 アプリケーションに挿入されてからスクリプトを避けるために措置を取る。
-
-**注**: ように外部 Url を防ぐために `mailto:` コルドバ 3.6.0、現在コルドバ webview で開かれているから指定 `起源 ="*"` 場中 http および https プロトコルのルールが追加されます。 追加のカスタム プロトコルへのアクセスが必要な場合必要がありますもしてに追加明示的にホワイト リストに。 また「外部アプリケーション ホワイト リスト」URL を外部アプリケーションの起動の詳細について下記参照してください。
-
-**注**: いくつかネットワーク要求通過しないコルドバ ホワイト リスト。 < ビデオ > これが含まれていますと < オーディオ > 資源、WebSocket 接続 (Android 4.4 +)、および多分他非 http 要求。 アンドロイド 4.4 +、それらのリソースへのアクセスを制限する HTML ドキュメントで、[CSP][8] ヘッダーを含めることができます。 Android の古いバージョンはそれらを制限できないことがあります。
-
- [8]: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/Security/CSP/Introducing_Content_Security_Policy
-
-### 外部アプリケーションのホワイト リスト
-
-コルドバ 3.6.0 を制限するため、Url は、外部アプリケーションを起動する許可されている 2 番目ホワイトを紹介します。 コルドバ、http 以外のすべての Url の以前のバージョンのよう `mailto:`、`geo:`、`sms:` と `intent`、暗黙的に <a> タグのターゲットをことを許されました。 アプリケーション情報をリークする可能性があるのため、XSS の脆弱性により、攻撃者に任意のリンクの構築これらの Url でなければなりません同様、ホワイト リストに登録コルドバ 3.6.0 を開始します。
-
-外部アプリケーションを起動する URL パターンをできるように、`起動外部` 属性セットを使用して `config.xml` ファイルの < アクセス > タグを使用します。
-
-例:
-
-*   リンクを許可 SMS メッセージを送信します。
-    
-        <access origin="sms:*" launch-external="yes" />
-        
-
-*   リンクを許可マップを開きます。
-    
-        <access origin="geo:*" launch-external="yes" />
-        
-
-*   リンクを許可 example.com を外部のブラウザーで開くには。
-    
-        <access origin="http://example.com/*" launch-external="yes" />
-        
-
-*   すべてのホワイト リストに登録して非ウェブサイトを外部のブラウザーで開くように: (これはホワイト リストに登録して非 Url の以前の動作と同じ)
-    
-        <access origin="http://*" launch-external="yes" />
-        <access origin="https://*" launch-external="yes" />
-        
-
-*   アクセスを許可する (推奨しません) コルドバ 3.5.0 ポリシーに戻すすべての Url:
-    
-        <access origin="*" launch-external="yes" />
-        
-
-Interal ホワイト リストは、まず、テストからアプリケーション内の URL に移動するときや URL がない場合があるホワイト リストに登録、外部のホワイト リストはテストしました。 つまり、いずれかの `http:` または `https:` 両方のホワイト リストに一致する Url 外部ブラウザーを起動するのではなく、コルドバ アプリケーション内に開かれます。
+上記のように、[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。 コルドバ アンドロイド 4.0.0 の前に、このドキュメントの古いバージョンを参照してください。
 
 ## iOS ホワイト
 
-プラットフォームのホワイト リスト登録の規則は、名前付きアプリケーション ディレクトリの `config.xml` ファイルで発見されます。
-
-起源は、`http://www.apache.org` ではなく、`www.apache.org` などのプロトコルなしすべての `http`、`https`、`ftp`、および `ftps` のスキームに既定で指定されました。
-
-IOS プラットフォーム上のワイルドカードは、[W3C のウィジェット アクセス][1] 仕様よりも柔軟性です。 たとえば、次のアクセスすべてのサブドメイン、`.com` や `.net` といったトップレベル ドメイン。
-
-        <access origin="*.google.*" />
-    
-
-`Href` 経由でホワイト リストに登録して非ドメインへの移動、上述した Android のプラットフォームとは異なり iOS 上のハイパーリンクを防ぎますページすべてで開きます。
+上記のように、[コルドバ プラグイン ホワイト リスト][1]の詳細を参照してください。 コルドバ ios 4.0.0 の前に、このドキュメントの古いバージョンを参照してください。
 
 ## ブラックベリー 10 ホワイト
 
-`www/config.xml` でホワイト リスト登録ルールの発見します。.
+`Www/config.xml`でホワイト リスト登録ルールの発見します。.
 
 ブラックベリー 10年使用ワイルドカードの次の 2 つの方法で他のプラットフォームによって異なります。
 
-*   によってアクセスできるコンテンツ `XMLHttpRequest` 明示的に宣言する必要があります。 設定 `origin="*"` この場合動作しません。 また、すべての web セキュリティできない可能性がありますを使用して、 `WebSecurity` 好みのブラックベリーの構成で説明:
+*   `XMLHttpRequest`によってアクセスできるコンテンツを明示的に宣言する必要があります。 設定`origin="*"`この場合動作しません。 また、すべての web セキュリティできない可能性がありますブラックベリーの構成で説明されている`WebSecurity`設定を使用しています。
     
         <preference name="websecurity" value="disable" />
         
 
-*   設定に代わるものとして `*.domain` 、セット、 `subdomains` 属性を `true` 。 設定する必要があります `false` デフォルトで。 たとえば、次のようにアクセスをできます `google.com` 、 `maps.google.com` 、および `docs.google.com` :
+*   設定`*.domain`に代わるものとして追加`サブドメイン`属性を`true`に設定します。 それはデフォルトで`false`に設定する必要があります。 たとえば、次のアクセス許可を`google.com`、 `maps.google.com`と`docs.google.com`:
     
         <access origin="http://google.com" subdomains="true" />
         
     
-    次の限定にアクセスする `google.com` :
+    `Google.com`へ次のナロウズ アクセス:
     
         <access origin="http://google.com" subdomains="false" />
         
     
-    ローカルを含むすべてのドメインへのアクセスを指定する `file://` プロトコル。
+    ローカル`file://`プロトコルを含むすべてのドメインへのアクセスを指定します。
     
     <access origin="*" subdomains="true" />
 
-(サポートの詳細については、マニュアル参照してくださいブラックベリーの [アクセス要素][9].)
+(サポートの詳細については、マニュアル参照してくださいブラックベリーの[アクセス要素][9].)
 
  [9]: https://developer.blackberry.com/html5/documentation/ww_developing/Access_element_834677_11.html
 
 ## Firefox の OS
 
-Firefox の OS でない概念はホワイト リストの特定のドメインです。 代わりに [SystemXHR][10] と呼ばれる特別なアクセス許可です。 このアクセス許可を `config.xml` に追加する必要があります。
+Firefox の OS でない概念はホワイト リストの特定のドメインです。 代わりに[SystemXHR][10]と呼ばれる特別なアクセス許可です。 このアクセス許可を`config.xml`に追加する必要があります。
 
  [10]: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/XMLHttpRequest#Permissions
 
@@ -166,7 +117,7 @@ Firefox の OS でない概念はホワイト リストの特定のドメイン
     </platform>
     
 
-`XMLHttpRequest` オブジェクトは 2 つのパラメーター `mozAnon` と `mozSystem` でインスタンス化する必要があります。
+`XMLHttpRequest`オブジェクトは 2 つのパラメーター `mozAnon`と`mozSystem`でインスタンス化する必要があります。
 
     var request = new XMLHttpRequest({
         mozAnon: true,
@@ -175,24 +126,12 @@ Firefox の OS でない概念はホワイト リストの特定のドメイン
 
 他のプラットフォーム用の違いはありませんので、このソリューションは透過的です。
 
-## 3.1.0 の iOS の変化
-
-前のバージョン 3.1.0、コルドバ iOS 他コルドバのプラットフォームでサポートされているドメイン whilelisting スキームをいくつかの非標準の拡張含まれています。 3.1.0、現在 iOS のホワイト リストは今このドキュメントの上部に記載されているリソースのホワイト リストの構文に準拠します。 Pre 3.1.0 からアップグレードする、これらの拡張機能を使用していた場合は、同じリソースのセットとして前にホワイト リスト登録を続行するために、`config.xml` ファイルを変更する必要があります。
-
-具体的には、これらのパターンを更新する必要があります。
-
-*   " `apache.org` "(プロトコル): これは以前と一致 `http` 、 `https` 、 `ftp` 、および `ftps` プロトコル。 変更" `*://apache.org/*` "に、すべてのプロトコルを含めたり、各プロトコルをサポートする必要がある行が含まれます。
-
-*   " `http://apache.*` "(ワイルドカード ドメインの終わりに): これは以前すべて上位-レベルの-ドメイン、すべての可能な 2 文字の Tld を含むと一致 (有用ではないドメインのようにしかし。 co.uk)。 行することが実際に制御、ホワイト リストに登録する必要がある各 TLD を含めます。
-
-*   " `h*t*://ap*he.o*g` "(行方不明のランダムな文字のワイルドカード文字): これらはサポートされていません; ドメインごとに行を含めるし、したプロトコルへの変更は、実際にホワイト リストする必要があります。
-
 ## Windows Phone のホワイト リスト
 
-Windows Phone 8 のホワイト リスト登録の規則は、アプリケーションの `config.xml` ファイルで発見されます。
+Windows Phone 8 のホワイト リスト登録の規則は、アプリケーションの`config.xml`ファイルで発見されます。
 
 ## Tizen ホワイト
 
-ホワイト リスト登録の規則は、アプリケーションの `config.xml` ファイルで発見されます。 プラットフォームは、黒イチゴ ・ プラットホームと同じ `サブドメイン` 属性に依存します。 (サポートの詳細については、マニュアル参照してください Tizen の [access の要素][11].)
+ホワイト リスト登録の規則は、アプリケーションの`config.xml`ファイルで発見されます。 プラットフォームは、黒イチゴ ・ プラットホームと同じ`サブドメイン`属性に依存します。 (サポートの詳細については、マニュアル参照してください Tizen の[access の要素][11].)
 
  [11]: https://developer.tizen.org/help/index.jsp?topic=%2Forg.tizen.web.appprogramming%2Fhtml%2Fide_sdk_tools%2Fconfig_editor_w3celements.htm
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
index 3e5421e..f774c7e 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
@@ -206,71 +206,71 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 
 のみをお探しの `bar` 言葉の利回りと追加の結果。
 
-        org.apache.cordova.statusbar - Cordova StatusBar Plugin
+        cordova-plugin-statusbar - Cordova StatusBar Plugin
     
 
 `cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 *   基本的なデバイス情報 (デバイス API):
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-device
         
 
 *   ネットワーク接続とバッテリーのイベント:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.network-information
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.battery-status
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-network-information
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-battery-status
         
 
 *   加速度計、コンパス、および地理位置情報:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-motion
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-orientation
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.geolocation
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-device-motion
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-device-orientation
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-geolocation
         
 
 *   カメラ、メディアの再生とキャプチャ:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.camera
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.media-capture
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.media
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-camera
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-media-capture
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-media
         
 
 *   デバイスまたはネットワーク (File API) 上のアクセス ファイル:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.file
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.file-transfer
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-file
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-file-transfer
         
 
 *   ダイアログ ボックスまたは振動による通知:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.dialogs
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.vibration
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-dialogs
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-vibration
         
 
 *   連絡先:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.contacts
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-contacts
         
 
 *   グローバル化:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.globalization
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-globalization
         
 
 *   スプラッシュ ・ スクリーン:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.splashscreen
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-splashscreen
         
 
 *   開いている新しいブラウザー ウィンドウ (InAppBrowser):
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.inappbrowser
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-inappbrowser
         
 
 *   デバッグ コンソール:
     
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-console
         
 
 **メモ**: CLI プラットフォームごとの適切なプラグインのコードを追加します。 低レベルのシェルのツールやプラットフォーム Sdk の概要で説明されているようで開発する場合は、個別に各プラットフォーム用のプラグインを追加する Plugman ユーティリティを実行する必要があります。 (詳細については、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください)。
@@ -278,31 +278,31 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 使用 `plugin ls` (または `plugin list` 、または `plugin` 自体によって) 現在を表示するプラグインをインストールします。それぞれの識別子が表示されます。
 
         $ cordova plugin ls    # or 'plugin list'
-        [ 'org.apache.cordova.console' ]
+        [ 'cordova-plugin-console' ]
     
 
 プラグインを削除するには、リストに表示される同じ識別子によってそれを参照してください。たとえば、ここではリリース バージョンからデバッグ コンソールのサポートを削除するだろう方法です。
 
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.console
-        $ cordova plugin remove org.apache.cordova.console    # same
+        $ cordova plugin rm cordova-plugin-console
+        $ cordova plugin remove cordova-plugin-console    # same
     
 
 バッチ削除したり、各コマンドの 1 つ以上の引数を指定してプラグインを追加します。
 
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console org.apache.cordova.device
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-console cordova-plugin-device
     
 
 ## 高度なプラグインのオプション
 
 プラグインを追加するときいくつかのオプション プラグインを取得する場所からを指定することができます。 上記の例をよく知られている使用して `registry.cordova.io` レジストリ、およびプラグインで指定の `id` :
 
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-console
     
 
 `id`の後に追加のプラグインのバージョン番号を含めることができます、 `@` 文字です。`latest`のバージョンは最新バージョンの別名です。たとえば。
 
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console@latest
-        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console@0.2.1
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-console@latest
+        $ cordova plugin add cordova-plugin-console@0.2.1
     
 
 プラグインが登録されていない場合 `registry.cordova.io` が別の git リポジトリ内にある別の URL を指定することができます。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
index 2333577..7998f08 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
@@ -38,7 +38,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
         <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
         <plugin xmlns="http://apache.org/cordova/ns/plugins/1.0"
-                id="org.apache.cordova.device" version="0.2.3">
+                id="cordova-plugin-device" version="0.2.3">
             <name>Device</name>
             <description>Cordova Device Plugin</description>
             <license>Apache 2.0</license>

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/755545e2/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
index 3181130..db6cced 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
@@ -64,7 +64,7 @@ Mac、Linux または他の Unix ライクなプラットフォームで、テ
 
 これは新しくオープンしたターミナル ウィンドウで SDK ツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
 
-    $ ソース ~/.bash_profile
+    $ source ~/.bash_profile
     
 
 #### Windows パス


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message