cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From victo...@apache.org
Subject [13/27] docs commit: CB-8438 cordova-docs documentation translation: cordova-docs
Date Fri, 27 Feb 2015 18:46:01 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/45f14f0e/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/upgrade.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/upgrade.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/upgrade.md
index 0824ceb..4332a8c 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/upgrade.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/upgrade.md
@@ -1,33 +1,42 @@
----
-license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
-         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
-         distributed with this work for additional information
-         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
-         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
-         "License"); you may not use this file except in compliance
-         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+* * *
 
-           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-         under the License.
----
+    
+
+## under the License.
 
 # IOS のアップグレード
 
 このガイドは、コルドバの旧バージョンからアップグレードする iOS のプロジェクトを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
 
-**注**: Xcode 5 が必要です。 現在、Apple の App Store に提出する iOS ios 7 SDK の最新の出荷されたバージョンを使用する必要があります、これは Xcode 5 のみ含まれています。
+**注**: Xcode 6 が必要です。 現在、Apple の App Store に提出する iOS iOS 8 は SDK の最新の出荷されたバージョンを使用する必要があります、これは Xcode 6 のみ含まれています。
+
+## アップグレード 3.6.0 プロジェクト 4.0.0
+
+CLI 以外のプロジェクトを実行します。
+
+        bin/update path/to/project
+    
+
+CLI のプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  既存のプロジェクトで `cordova platform update ios` を実行します。
 
 ## アップグレード 3.3.0 プロジェクト 3.4.0
 
 CLI 以外のプロジェクトを実行します。
 
-        bin/パス/を/プロジェクトの更新
+        bin/update path/to/project
     
 
 CLI のプロジェクト。
@@ -40,7 +49,7 @@ CLI のプロジェクト。
 
 CLI 以外のプロジェクトを実行します。
 
-        bin/パス/を/プロジェクトの更新
+        bin/update path/to/project
     
 
 CLI のプロジェクト。
@@ -53,7 +62,7 @@ CLI のプロジェクト。
 
 CLI 以外のプロジェクトを実行します。
 
-        bin/パス/を/プロジェクトの更新
+        bin/update path/to/project
     
 
 CLI のプロジェクト。
@@ -66,7 +75,7 @@ CLI のプロジェクト。
 
 CLI 以外のプロジェクトを実行します。
 
-        bin/パス/を/プロジェクトの更新
+        bin/update path/to/project
     
 
 CLI のプロジェクト。
@@ -77,7 +86,7 @@ CLI のプロジェクト。
 
 iOS 7 の問題:
 
-1.  削除 `width=device-width, height=device-height` から、 `index.html` ファイルの `viewport` `meta` タグ。 ([関連するバグ][1]を参照してください。.)
+1.  削除 `width=device-width, height=device-height` `index.html` ファイル `viewport` `meta` タグから。 ([関連するバグ][1] を参照してください。.)
 
 2.  IOS 7 サポートのメディア、メディアのキャプチャ、splashscreen コア プラグインを更新します。
 
@@ -87,20 +96,20 @@ Xcode 5 問題:
 
 1.  Xcode 5 (問題ナビゲーター) でそうように求められます場合は、プロジェクトの設定を更新します。
 
-2.  更新、**コンパイラ C の/C + + Objective-C** **ビルド オプション**] セクションで [**ビルド設定**] タブで設定します。 **既定のコンパイラ (アップル LLVM 5.0)**を選択します。.
+2.  更新、**コンパイラ C の/C + + Objective-C** **ビルド オプション**] セクションで [**ビルド設定**] タブで設定します。 **既定のコンパイラ (アップル LLVM 5.0)** を選択します。.
 
 ## 2.9.0 から CLI (3.0.0) へのアップグレード
 
 1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。
 
-2.  たとえばコルドバ プロジェクトにあなたのプラットフォームを追加します。`cordova
+2.  たとえばコルドバ プロジェクトにプラットフォームを追加します: `cordova
 platform add ios`.
 
 3.  プロジェクトの内容をコピー `www` ディレクトリを `www` で作成したコルドバ プロジェクトのルート ディレクトリ。
 
-4.  コピーまたは元のプロジェクトから任意のネイティブの資産を上書き ( `Resources` など)、確実に新しいファイルを追加する、 `.xcodeproj` プロジェクト。 IOS のプロジェクトのビルド中、 `platforms\ios` ディレクトリ。
+4.  コピーまたは上書き (`リソース` など)、元のプロジェクトから任意のネイティブの資産を `.xcodeproj` プロジェクトに新しいファイルを追加することを確かめます。 IOS プロジェクトを `platforms\ios` ディレクトリ内に作成します。
 
-5.  コピー、 `config.xml` に、 `www` ディレクトリ、およびすべてのプラグインの定義を削除します。プラットフォーム ディレクトリの代わりにここでの設定を変更します。
+5.  `www` ディレクトリに `config.xml` をコピーし、任意のプラグインの定義を削除します。プラットフォーム ディレクトリの代わりにここでの設定を変更します。
 
 6.  コルドバ CLI ツールを使用して、必要な任意のプラグインをインストールします。CLI が処理するすべてのコア Api のプラグインとして追加する必要がありますので注意してください。のみ 3.0.0 プラグインは CLI と互換性があります。
 
@@ -108,7 +117,7 @@ platform add ios`.
 
 ## 3.0.0 にアップグレード 2.9.0 プロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 3.0.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-3.0.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-3.0.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 3.0.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -122,11 +131,11 @@ platform add ios`.
 
 7.  削除、 `CordovaLib` ディレクトリ、およびコピー、 `CordovaLib` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。
 
-**注**: コルドバ 3.0.0 を皮切りに、プラグインがあらかじめインストールされていないと使用する必要があります、 `plugman` それらを自分でインストールするコマンド ライン ユーティリティです。 Plugman を使用してプラグインを管理するを参照してください。
+**注**: プラグインが事前にインストールされていない、コルドバ 3.0.0 から始まると `plugman` コマンド ライン ユーティリティを使用して、それらを自分でインストールする必要があります。 Plugman を使用してプラグインを管理するを参照してください。
 
 ## アップグレード 2.8.0 プロジェクト 2.9.0
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.9.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.9.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.9.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.9.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -142,7 +151,7 @@ platform add ios`.
 
 ## アップグレード 2.7.0 2.8.0 にプロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.8.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.8.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.8.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.8.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -150,11 +159,11 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  コピー、 `www/cordova.js` (バージョン サフィックスをもうがない、ヘッダー ファイル自体には、バージョンに注意) ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.7.0.js` ファイル。
+5.  `www/cordova.js` コピー (バージョン サフィックスをもうがない、ヘッダー ファイル自体には、バージョンに注意) `www` ディレクトリに新しいプロジェクト ファイルし、`www/cordova-2.7.0.js` ファイルを削除します。
 
 6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova.js` ファイル。
 
-7.  更新 `<plugin>` 内のタグの `config.xml` ファイルを `<feature>` タグ。 既存のことに注意してください `<plugin>` タグまだ動作しますは推奨されません。 この情報をコピーすることができます、 `config.xml` 、新しいプロジェクト用のファイル。 たとえば。
+7.  `<plugin>` タグに、`config.xml` ファイルで `<feature>` タグを更新します。 メモこと既存の `<plugin>` タグまだ動作しますは推奨されません。 新しいプロジェクトの `config.xml` ファイルでこの情報をコピーできます。 たとえば。
     
         <plugins>
             <plugin name="LocalStorage" value="CDVLocalStorage" />
@@ -172,18 +181,19 @@ platform add ios`.
 
 9.  これら 2 つのフレームワークをプロジェクトに追加します。
     
-        OpenAL ImageIO
+        OpenAL
+        ImageIO
         
 
-10. ターゲット プロジェクトの**ビルド設定**を更新します。**リンク → その他のリンカーのフラグ**の下で編集する**"- Obj - C"** **"-ObjC」**.
+10. ターゲット プロジェクトの **ビルド設定** を更新します。下で **リンク → その他のリンカー フラグ**、編集する **"- Obj - C"** **"-ObjC」**.
 
-11. ターゲット プロジェクトの**ビルド設定**を更新します。 **リンク → その他のリンカーのフラグ**の下を変更**"-all_load"**を `-force\_load ${BUILT\_PRODUCTS\_DIR}/libCordova.a` 。 これを行うにで定義されている問題がある場合必要がありますのみ[この問題します][2]。.
+11. ターゲット プロジェクトの **ビルド設定** を更新します。 下で **リンク → その他のリンカー フラグ**、変更 **"-すべて _ ロード"** する `-force\_load ${BUILT\_PRODUCTS\_DIR}/libCordova.a`。 これを行うにで定義されている問題がある場合必要がありますのみ [この問題します][2]。.
 
  [2]: https://issues.apache.org/jira/browse/CB-3458
 
 ## アップグレード 2.6.0 へ 2.7.0 プロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、たとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリの場所へ 2.7.0 コルドバ ソースを抽出、`~/Documents/Cordova-2.7.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.7.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.7.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -195,9 +205,9 @@ platform add ios`.
 
 6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.7.0.js` ファイル。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `AppDelegate.m` ファイルから、新しい 1 つによると ([この diff][3]を見るプロジェクト).
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合) から、新しい 1 つによると、`AppDelegate.m` ファイル ([この diff][3] を見るプロジェクト).
 
-8.  `config.xml`ファイルに[この行を削除][4].
+8.  `Config.xml` ファイルで、[この行を削除][4].
 
 9.  削除、 `CordovaLib` ディレクトリ、およびコピー、 `CordovaLib` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。
 
@@ -206,7 +216,7 @@ platform add ios`.
 
 ## 2.6.0 にアップグレード 2.5.0 プロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.6.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.6.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.6.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.6.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -214,19 +224,19 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  プロジェクトのコピー `www/cordova-2.6.0.js` ファイルに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.5.0.js` ファイル。
+5.  `www` ディレクトリにプロジェクトの `www/cordova-2.6.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-2.5.0.js` ファイルを削除します。
 
-6.  コルドバのスクリプト参照を更新、 `www/index.html` と共に、スクリプトを参照する他のファイル) のファイルを指す、新しい `cordova-2.6.0.js` ファイル。
+6.  (スクリプトを参照する他のファイル) と共に `www/index.html` ファイルでコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.6.0.js` ファイルを参照します。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `AppDelegate.m` ファイルから、新しい 1 つによると ([この diff][5]を見るプロジェクト).
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合) から、新しい 1 つによると、`AppDelegate.m` ファイル ([この diff][5] を見るプロジェクト).
 
-8.  `config.xml`ファイルは、[この新しい行を追加][6].
+8.  `config.xml` ファイルで、[この新しい行を追加][6].
 
-9.  `config.xml`ファイルは、[この新しい行を追加][7].
+9.  `config.xml` ファイルで、[この新しい行を追加][7].
 
-10. `config.xml`ファイル、 [UIWebViewBounce DisallowOverscroll に変更されているしデフォルト値が異なる][8].
+10. `Config.xml` ファイルは、[UIWebViewBounce DisallowOverscroll に変更されているしデフォルト値が異なる][8].
 
-11. `config.xml`ファイル、 `EnableLocation` の好みは廃止されました。
+11. `config.xml` ファイルの `EnableLocation` 設定は廃止されました。
 
 12. 削除、 `CordovaLib` ディレクトリ、およびコピー、 `CordovaLib` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。
 
@@ -237,7 +247,7 @@ platform add ios`.
 
 ## アップグレード 2.4.0 2.5.0 にプロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.5.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.5.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.5.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.5.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -245,19 +255,19 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  コピー、 `www/cordova-2.5.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリと削除、 `www/cordova-2.4.0.js` ファイル。
+5.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-2.5.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-2.4.0.js` ファイルを削除します。
 
-6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.5.0.js` ファイル。
+6.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.5.0.js` ファイルを指します。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `AppDelegate.m` ファイルから、新しい 1 つによると ([この diff][9]を見るプロジェクト).
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合) から、新しい 1 つによると、`AppDelegate.m` ファイル ([この diff][9] を見るプロジェクト).
 
-8.  `config.xml`ファイル、[これらの新しい行を追加][10].
+8.  `config.xml` ファイルで、[これらの新しい行を追加][10].
 
-9.  `config.xml`ファイル、[ルート要素を編集する、ウィジェットにコルドバからそれを変える][11].
+9.  `config.xml` ファイルで、[ルート要素を編集する、ウィジェットにコルドバからそれを変える][11].
 
-10. `config.xml`ファイル、 [OpenAllWhitelistURLsInWebView 設定の削除][12].
+10. [削除する OpenAllWhitelistURLsInWebView 好み][12]、`config.xml` ファイルで.
 
-11. 削除、 `cordova` ディレクトリ、およびコピー、 `cordova` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。2.5.0 で、これはスクリプトを更新します。
+11. `コルドバ` ディレクトリを削除して `コルドバ` ディレクトリを新しいプロジェクトからプロジェクトのルート ディレクトリにコピーします。2.5.0 で、これはスクリプトを更新します。
 
 12. 削除、 `CordovaLib` ディレクトリ、およびコピー、 `CordovaLib` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。
 
@@ -268,7 +278,7 @@ platform add ios`.
 
 ## アップグレード 2.3.0 2.4.0 にプロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.4.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.4.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.4.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.4.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -276,21 +286,21 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  コピー、 `www/cordova-2.4.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.3.0.js` ファイル。
+5.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-2.4.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-2.3.0.js` ファイルを削除します。
 
-6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.4.0.js` ファイル。
+6.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.4.0.js` ファイルを指します。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `MainViewController.m` ファイルから、新しい 1 つによると ([この diff][13]を見るプロジェクト).
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合) から、新しい 1 つによると、`MainViewController.m` ファイル ([この diff][13] を見るプロジェクト).
 
-8.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `AppDelegate.m` ファイルから、新しい 1 つによると ([この diff][14]を見るプロジェクト).
+8.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合) から、新しい 1 つによると、`AppDelegate.m` ファイル ([この diff][14] を見るプロジェクト).
 
-9.  `config.xml`ファイルは、[この新しい行を追加][15].
+9.  `config.xml` ファイルで、[この新しい行を追加][15].
 
-10. 削除、 `cordova` ディレクトリ、およびコピー、 `cordova` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。2.4.0 でこのスクリプトを修正します。
+10. `コルドバ` ディレクトリを削除して `コルドバ` ディレクトリを新しいプロジェクトからプロジェクトのルート ディレクトリにコピーします。2.4.0 でこのスクリプトを修正します。
 
 11. 削除、 `CordovaLib` ディレクトリ、およびコピー、 `CordovaLib` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。
 
-12. リソースとしてプロジェクトに AssetsLibrary.framework を追加します。 ([マニュアル][16]参照してくださいアップルのこれを行う方法について。)。
+12. リソースとしてプロジェクトに AssetsLibrary.framework を追加します。 ([マニュアル][16] 参照してくださいアップルのこれを行う方法について。)。
 
  [13]: https://git-wip-us.apache.org/repos/asf?p=cordova-ios.git;a=blobdiff;f=bin/templates/project/__TESTING__/Classes/MainViewController.m;h=5f9eeac15c2437cd02a6eb5835b48374e9b94100;hp=89da1082d06ba5e5d0dffc5b2e75a3a06d5c2aa6;hb=b4a2e4ae0445ba7aec788090dce9b822d67edfd8;hpb=a484850f4610e73c7b20cd429a7794ba829ec997
  [14]: https://git-wip-us.apache.org/repos/asf?p=cordova-ios.git;a=blobdiff;f=bin/templates/project/__TESTING__/Classes/AppDelegate.m;h=6dc7bfc84f0ecede4cc43d2a3256ef7c5383b9fe;hp=1ca3dafeb354c4442b7e149da4f281675aa6b740;hb=6749c17640c5fed8a7d3a0b9cca204b89a855baa;hpb=deabeeb6fcb35bac9360b053c8bf902b45e6de4d
@@ -299,7 +309,7 @@ platform add ios`.
 
 ## アップグレード 2.2.0 2.3.0 にプロジェクト
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.3.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.3.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.3.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.3.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -307,34 +317,34 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  コピー、 `www/cordova-2.3.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.2.0.js` ファイル。
+5.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-2.3.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-2.2.0.js` ファイルを削除します。
 
-6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.3.0.js` ファイル。
+6.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.3.0.js` ファイルを指します。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `MainViewController.m` 新しいプロジェクトからの 1 つによると。
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、新しいプロジェクトからの 1 つによると `MainViewController.m`。
 
-8.  削除、 `cordova` ディレクトリ、およびコピー、 `cordova` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。2.3.0、新しいスクリプトがあります。
+8.  `コルドバ` ディレクトリを削除して `コルドバ` ディレクトリを新しいプロジェクトからプロジェクトのルート ディレクトリにコピーします。2.3.0、新しいスクリプトがあります。
 
 9.  削除、 `CordovaLib` ディレクトリ、およびコピー、 `CordovaLib` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。
 
-10. 変換、 `Cordova.plist` ファイルを `config.xml` 、スクリプトを実行して `bin/cordova\_plist\_to\_config\_xml` プロジェクト ファイル。
+10. プロジェクト ファイルでスクリプトの `bin/cordova\_plist\_to\_config\_xml` を実行して `Cordova.plist` ファイル `config.xml` に変換します。
 
-11. InAppBrowser プラグインを追加、 `config.xml` の下でこのタグを追加することによって `<cordova><plugins>` :
+11. `< コルドバ >< プラグイン >` 下にこのタグを追加することによって InAppBrowser プラグイン `config.xml` に追加します。
     
         <plugin name="InAppBrowser" value="CDVInAppBrowser" />
         
 
-12. Objective-C のプラグインはもう*ない*ホワイト注意ください。 ホワイト リストにアプリケーションのホワイト リストとの接続を設定する必要が、 `User-Agent` メイン コルドバ WebView として同じユーザー エージェントへの接続のヘッダー。 アクセスしてこれを得ることができる、 `userAgent` メイン ビュー コント ローラーをオフ プロパティ。 メイン ビュー コント ローラー ( `CDVViewController` ) はまた、 `URLisAllowed` URL ホワイト リストを渡すかどうかをチェックするメソッド。
+12. ホワイト リストにアプリケーションのホワイト リストで接続する必要がメイン コルドバ WebView として同じユーザー エージェントに接続の *ユーザー エージェント* ヘッダーを設定します。 ホワイト リストにアプリケーションのホワイト リストで接続する必要がメイン コルドバ WebView として同じユーザー エージェントに接続の `ユーザー エージェント` ヘッダーを設定します。 メイン ビュー コント ローラーをオフ `userAgent` プロパティにアクセスしてこれを得ることができます。 メイン ビュー-コント ローラー (`CDVViewController`) URL ホワイト リストを渡すかどうかを確認するための `URLisAllowed` メソッドがあります。
 
 13. デバイス API の変更:
     
-    *   IOS は、device.platform を返すを使用して `iPhone` 、 `iPad` または `iPod Touch` (正しく) を返します今;`iOS`.
-    *   IOS は、ユーザーのデバイスの名前を返す使用 (すべてのプラットフォームでは非推奨今) device.name (例えば ' Shazron の iPhone 5 ');今、それを返すために使用どのような device.platform を返します: `iPhone` 、 `iPad` または`iPod Touch`.
-    *   すべてのプラットフォーム、device.model; と呼ばれる新しいプロパティがあります例えば、特定のデバイス モデルを返します `iPad2,5` (他のプラットフォームでは、返しますを返すために使用どのような device.name)。
+    *   IOS、`iPhone`、`iPad` または `iPod タッチ`; を返すに使用 device.platform今 `iOS` をで返します (正しく).
+    *   IOS は、ユーザーのデバイスの名前を返す使用 (すべてのプラットフォームでは非推奨今) device.name (例えば ' Shazron の iPhone 5 ');今、それを返すために使用どのような device.platform を返します: `iPhone`、`iPad` または `iPod のタッチ`.
+    *   すべてのプラットフォーム、device.model; と呼ばれる新しいプロパティがありますこれは、特定のデバイス モデル、例えば `iPad2 5` を返します (その他のプラットフォームでは、返しますを返すために使用どのような device.name)。
 
 ## 2.2.0 にプロジェクト アップグレード 2.1.0
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.2.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.2.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.2.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.2.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -342,31 +352,31 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  コピー、 `www/cordova-2.2.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.1.0.js` ファイル。
+5.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-2.2.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-2.1.0.js` ファイルを削除します。
 
-6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.2.0.js` ファイル。
+6.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.2.0.js` ファイルを指します。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `MainViewController.m` 新しいプロジェクトからの 1 つによると:
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、新しいプロジェクトからの 1 つによると `MainViewController.m`:
     
-    *   更新 → viewWillAppear
+    *   Updated → viewWillAppear
 
-8.  コピー、 `cordova` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。2.2.0、これは、更新されたエミュレート' スクリプト。
+8.  `コルドバ` ディレクトリにコピーします新しいプロジェクトからプロジェクトのルート ディレクトリ。2.2.0、これは、更新されたエミュレート' スクリプト。
 
-9.  次に、更新、 `CordovaLib` サブ プロジェクト参照。 コルドバ 2.1.0 以降では、使用していない CORDOVALIB Xcode 変数もうどこを参照するとき `CordovaLib` が存在する、参照は絶対参照、現在。
+9.  次に、`CordovaLib` サブ プロジェクト参照を更新します。 我々 はない変数を使用して、CORDOVALIB Xcode もうときコルドバ 2.1.0 にはじまって、`CordovaLib` が存在するを参照する参照は、絶対ファイル参照で今。
     
     1.  ターミナル.app を起動します。
-    2.  コルドバをインストールした場所に移動 (手順 1 を参照) で、 `bin` サブディレクトリ
-    3.  最初のパラメーターは、プロジェクトのパスをあなたの以下のスクリプトを実行 `.xcodeproj` ファイル。
+    2.  コルドバをインストールした場所に移動 (手順 1 を参照)、`bin` サブディレクトリ
+    3.  最初のパラメーターは、プロジェクトの `.xcodeproj` ファイルのパスを以下のスクリプトを実行します。
         
         `update_cordova_subproject path/to/your/project/xcodeproj`
 
-**注**: コードを至る 2.2.0 で、 `bin/create` スクリプトのコピーで、 `CordovaLib` プロジェクトにプロジェクトのサブ。 セットアップの同じようなものが、ちょうど右のコピー `CordovaLib` 更新をプロジェクト ディレクトリに、 `CordovaLib` サブテーマ Xcode ファイル インスペクター (プロジェクト) の相対位置。
+**注**: コードを至る 2.2.0 で `bin/を作成する` スクリプト `CordovaLib` サブ プロジェクトをプロジェクトにコピーします。 セットアップの同じようなものが、ちょうど右 `CordovaLib` で、プロジェクト ディレクトリにコピーを更新する、`CordovaLib` サブ プロジェクトの場所 (プロジェクト) を基準にして Xcode ファイル インスペクター
 
 ## アップグレード 2.0.0 プロジェクト 2.1.0
 
-コルドバ 2.1.0 と `CordovaLib` を**自動参照カウント (ARC)**を使用してアップグレードされました。 必要な**アーク**を使用する CordovaLib が**アーク**を使用してプロジェクトをアップグレードする場合にアップグレードするください使用しないメニューから Xcode 移行ウィザード:**編集 → → リファクタリング... Objective-C の弧に変換**、libCordova.a の選択を解除し、ウィザードを完了するまで実行します。
+コルドバ 2.1.0 と `CordovaLib` を **自動参照カウント (ARC)** を使用してアップグレードされています。 必要な **アーク** を使用する CordovaLib が **アーク** を使用してプロジェクトをアップグレードする場合にアップグレードするください使用しないメニューから Xcode 移行ウィザード: **編集 → リファクタリング →... Objective-C の弧に変換**、libCordova.a の選択を解除し、ウィザードを完了するまで実行します。
 
-1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.1.0 ソースを展開`~/Documents/Cordova-2.1.0`.
+1.  ダウンロードし、`~/Documents/Cordova-2.1.0` にたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.1.0 ソース抽出.
 
 2.  それが実行されている場合は、Xcode を終了します。
 
@@ -374,28 +384,28 @@ platform add ios`.
 
 4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-5.  コピー、 `www/cordova-2.1.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.0.0.js` ファイル。
+5.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-2.1.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-2.0.0.js` ファイルを削除します。
 
-6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.1.0.js` ファイル。
+6.  `Www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.1.0.js` ファイルを指します。
 
-7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `AppDelegate.m` 新しいプロジェクトからの 1 つによると:
+7.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、新しいプロジェクトからの 1 つによると `AppDelegate.m`:
     
-    *   編集 → アプリケーション: didFinishLaunchingWithOptions:
-    *   追加 → アプリケーション: supportedInterfaceOrientationsForWindow:
+    *   Edited → application:didFinishLaunchingWithOptions:
+    *   Added → application:supportedInterfaceOrientationsForWindow:
 
-8.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、 `MainViewController.m` 新しいプロジェクトからの 1 つによると:
+8.  更新 (または置き換えるには、決してファイルを変更した場合)、新しいプロジェクトからの 1 つによると `MainViewController.m`:
     
-    *   追加 → viewWillAppear
+    *   Added → viewWillAppear
 
-9.  コピー、 `cordova` プロジェクトのルート ディレクトリに新しいプロジェクト ディレクトリ。2.1.0 でスペースを含むパスをサポートする更新されたスクリプトがあります。
+9.  `コルドバ` ディレクトリにコピーします新しいプロジェクトからプロジェクトのルート ディレクトリ。2.1.0 でスペースを含むパスをサポートする更新されたスクリプトがあります。
 
-10. 削除する、 `VERSION` ファイルをプロジェクトから参照 (*ない*1 つで`CordovaLib`).
+10. `バージョン` ファイル参照 (*ない* 1 つ `CordovaLib` のプロジェクトから削除します。).
 
-11. 次に、更新、 `CordovaLib` サブ プロジェクト参照。 コルドバ 2.1.0 以降では、使用していない CORDOVALIB Xcode 変数もうどこを参照するとき `CordovaLib` が存在する、参照は絶対参照、現在。
+11. 次に、`CordovaLib` サブ プロジェクト参照を更新します。 我々 はない変数を使用して、CORDOVALIB Xcode もうときコルドバ 2.1.0 にはじまって、`CordovaLib` が存在するを参照する参照は、絶対ファイル参照で今。
     
     1.  ターミナル.app を起動します。
-    2.  コルドバをインストールした場所に移動 (手順 1 を参照) で、 `bin` サブディレクトリ
-    3.  最初のパラメーターは、プロジェクトのパスをあなたの以下のスクリプトを実行 `.xcodeproj` ファイル。
+    2.  コルドバをインストールした場所に移動 (手順 1 を参照)、`bin` サブディレクトリ
+    3.  最初のパラメーターは、プロジェクトの `.xcodeproj` ファイルのパスを以下のスクリプトを実行します。
         
         `update_cordova_subproject path/to/your/project/xcodeproj`
 
@@ -405,87 +415,91 @@ platform add ios`.
 
 2.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
 
-3.  コピー、 `www/cordova-2.0.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-1.9.0.js` ファイル。
+3.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-2.0.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-1.9.0.js` ファイルを削除します。
 
-4.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.0.0.js` ファイル。
+4.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 2.0.0.js` ファイルを指します。
 
-5.  コピー、 `cordova` プロジェクトのルート ディレクトリ (場合は、プロジェクトのコマンド ライン ツール) に新しいプロジェクト ディレクトリ。
+5.  `コルドバ` ディレクトリにコピーします新しいプロジェクトからプロジェクトのルート ディレクトリ (場合は、プロジェクトのコマンド ライン ツール)。
 
-6.  下で新しいエントリを追加する `Plugins` で、 `Cordova.plist` ファイル、**サポート ファイル**のグループの下。 キーが `Device` で、値は`CDVDevice`.
+6.  `Cordova.plist` ファイルの **関連ファイル** のグループで `プラグイン` の下の新しいエントリを追加します。 キーは `Device` で、値は `CDVDevice`.
 
-7.  削除`Cordova.framework`.
+7.  `Cordova.framework` を削除します。.
 
-8.  削除 `verify.sh` **サポート ファイル**グループから。
+8.  **サポート ファイル** グループから `verify.sh` を削除します。
 
-9.  プロジェクト ナビゲーターでプロジェクト アイコンを選択して、**ターゲット**プロジェクトを選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
+9.  プロジェクト ナビゲーターでプロジェクト アイコンを選択して、**ターゲット** プロジェクトを選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
 
-10. **プリプロセッサ マクロ**を検索し、すべて削除します**CORDOVA_FRAMEWORK = 1**の値。
+10. **プリプロセッサ マクロ** を検索し、すべて削除します **CORDOVA_FRAMEWORK = 1** の値。
 
-11. 検索、 `CordovaLib` ホーム ・ フォルダーの下に、ハード ドライブにインストールされているディレクトリ `Documents` サブディレクトリ。
+11. ホーム フォルダーの `ドキュメント` のサブディレクトリの下に、ハード ドライブにインストールされている `CordovaLib` ディレクトリに移動します。
 
-12. 検索、 `CordovaLib.xcodeproj` ファイルで、 `CordovaLib` ディレクトリ、その後ドラッグ アンド ドロップ、ファイルをプロジェクトに。それは、サブプロジェクトとして表示されます。
+12. `CordovaLib` ディレクトリで `CordovaLib.xcodeproj` ファイルを探ししにドラッグ アンド ドロップ、ファイル、プロジェクト。それは、サブプロジェクトとして表示されます。
 
-13. プロジェクトをビルドし、関連するいくつかのエラーを取得する必要があります `#import` ディレクティブ。
+13. プロジェクトをビルドする、`#import` ディレクティブに関するいくつかのエラーを取得する必要があります。
 
-14. ため、 `#import` エラー、変更このスタイルでの輸入品を任意の引用:
+14. `#import` エラーこのスタイルでの輸入品を任意の見積もりを変更します。
     
-        #import"CDV.h"
+        #import "CDV.h"
         
     
     このブラケット ベース スタイル。
     
-        #import < Cordova/CDV.h >
+        #import <Cordova/CDV.h>
         
     
-    いずれかを削除して `#ifdef` 、コルドバの周囲にラッパーをインポートして、彼らはもはや必要ありません (輸入が今統一される)
+    インポートのコルドバの任意の `#ifdef` ラッパーを削除する、彼らはもはや必要ありません (輸入が今統一される)
 
-15. もう一度、プロジェクトをビルドしする必要はありませんいずれか `#import` エラー。
+15. プロジェクトを再度ビルドする必要があります `#import` エラーしていません。
 
-16. プロジェクト ナビゲーターで**プロジェクトのアイコン**を選択、**ターゲット**プロジェクトを選択し、[**ビルド フェーズ**] タブを選択します。
+16. プロジェクト ナビゲーターで **プロジェクトのアイコン** を選択、**ターゲット** プロジェクトを選択し、[**ビルド フェーズ**] タブを選択します。
 
-17. **ターゲットの依存関係**の位相、し選択**+**ボタンを展開します。
+17. **ターゲットの依存関係** の位相、し選択 **+** ボタンを展開します。
 
-18. 選択して、 `CordovaLib` ターゲット、し**追加**] ボタンを選択します。
+18. `CordovaLib` ターゲットを選択し、[**追加**] ボタンを選択します。
 
-19. 最初の**リンク ライブラリとバイナリ**フェーズ (フレームワークの束を既に含める必要があります) を展開し、 **+**を選択ボタン。
+19. 最初の **リンク ライブラリとバイナリ** フェーズ (フレームワークの束を既に含める必要があります) を展開し、**+** を選択ボタン。
 
-20. 選択、 `libCordova.a` スタティック ライブラリは、[**追加**] ボタンを選択します。
+20. `LibCordova.a` 静的ライブラリを選択し、[**追加**] ボタンを選択します。
 
-21. **スクリプトの実行**フェーズを削除します。
+21. **スクリプトの実行** フェーズを削除します。
 
-22. プロジェクト ナビゲーターで**プロジェクトのアイコン**を選択、**ターゲット**プロジェクトを選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
+22. プロジェクト ナビゲーターで **プロジェクトのアイコン** を選択、**ターゲット** プロジェクトを選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
 
-23. **その他のリンカーのフラグ**を検索し、値を追加**-force_load**と**Obj-C**.
+23. **その他のリンカーのフラグ** を検索し、値を追加 **-force_load** と **- Obj - C**.
 
-24. 展開、 `CordovaLib` サブ プロジェクト。
+24. `CordovaLib` サブ プロジェクトを展開します。
 
-25. 検索、 `VERSION` ファイルは、(コピーではなく、それへのリンクを作成する) をメイン プロジェクトにドラッグします。
+25. `VERSION` ファイルを見つけて、(コピーではなく、それへのリンクを作成する) をメイン プロジェクトにドラッグします。
 
-26. **追加フォルダーを作成するグループ**のラジオボタンを選択し、[**完了**] ボタンを選択します。
+26. **追加フォルダーを作成するグループ** のラジオボタンを選択し、[**完了**] ボタンを選択します。
 
-27. 選択、 `VERSION` 、前の手順でドラッグしたファイル。
+27. 前の手順でドラッグした `VERSION` のファイルを選択します。
 
-28. **ファイル インスペクター**を表示する**オプション コマンド 1**のキーの組み合わせ入力 (または menuitem**表示 → ユーティリティ → ファイル インスペクターの表示**).
+28. **ファイル インスペクター** を表示する **オプション コマンド 1** のキーの組み合わせ入力 (または menuitem **ビュー → ユーティリティ → ファイル インスペクターの表示**).
 
-29. ドロップ ダウン メニューを**ファイル検査**で**場所**に対して**相対 CORDOVALIB**を選択します。.
+29. ドロップ ダウン メニューを **ファイル検査** で **場所** に対して **相対 CORDOVALIB** を選択します。.
 
-30. 設定、Xcode **Xcode 設定 → 場所 → 派生データ高度な...**を**ユニークな**統一されたヘッダーを見つけることができますように。
+30. Xcode を設定 **Xcode 好み → 場所 → 派生データ → 高度な...** を **ユニークな** 統一されたヘッダーを見つけることができますように。
 
-31. プロジェクト ナビゲーターで**プロジェクトのアイコン**を選択、**ターゲット**を選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
+31. プロジェクト ナビゲーターで **プロジェクトのアイコン** を選択、**ターゲット** を選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
 
-32. **ヘッダー検索パス**で検索します。この設定では、これら 3 つの値は、引用符を含むを追加します。
+32. **ヘッダー検索パス** で検索します。この設定では、これら 3 つの値は、引用符を含むを追加します。
     
-        "$(TARGET_BUILD_DIR)/usr/ローカル/lib/含む」(BUILT_PRODUCTS_DIR) を"$(OBJROOT)/UninstalledProducts/include"「$」
+        "$(TARGET_BUILD_DIR)/usr/local/lib/include"
+        
+        "$(OBJROOT)/UninstalledProducts/include"
+        
+        "$(BUILT_PRODUCTS_DIR)"
         
 
-33. **その他のリンカーのフラグ**を検索します。この設定では、この値を追加します。
+33. **その他のリンカーのフラグ** を検索します。この設定では、この値を追加します。
     
         -weak_framework CoreFoundation
         
 
-34. プロジェクトをビルドし、それをコンパイルして問題**なく**リンクする必要があります。.
+34. プロジェクトをビルドし、それをコンパイルして問題 **なく** リンクする必要があります。.
 
-35. **スキーム**] ドロップダウンから、プロジェクトを選択し、[ **iPhone 5.1 シミュレータ**.
+35. **スキーム**] ドロップダウンから、プロジェクトを選択し、[**iPhone 5.1 シミュレータ**.
 
 36. [**実行**] ボタンを選択します。
 
@@ -497,11 +511,11 @@ platform add ios`.
 
 2.  新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産の一部を必要があります。
 
-3.  コピー、 `www/cordova-1.9.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-1.8.x.js` ファイル。
+3.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-1.9.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-1.8.x.js` ファイルを削除します。
 
-4.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-1.9.0.js` ファイル。
+4.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 1.9.0.js` ファイルを指します。
 
-**注**: 1.9.0 サポートする新しい `BackupWebStorage` ブール `Cordova.plist` 設定。 それはデフォルトで有効になっているので、設定それ `false` 特に iOS の 6 で、それを無効にします。 参照してください[リリース ノート: サファリと UIKit セクション][17]
+**注**: 1.9.0 に新しい `BackupWebStorage` ブール `Cordova.plist` 設定をサポートしています。 それが既定で有効になって、そうに設定 `false` iOS の 6 で特に、それを無効にします。 参照してください [リリース ノート: サファリと UIKit セクション][17]
 
  [17]: https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/#releasenotes/General/RN-iOSSDK-6_0/_index.html
 
@@ -511,17 +525,17 @@ platform add ios`.
 
 2.  新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産の一部を必要があります。
 
-3.  コピー、 `www/cordova-1.8.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-1.7.x.js` ファイル。
+3.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-1.8.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-1.7.x.js` ファイルを削除します。
 
-4.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-1.8.0.js` ファイル。
+4.  `Www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 1.8.0.js` ファイルを指します。
 
-キャプチャ API を使用する、新しい**ipad と網膜ディスプレイ**資産必要があります。
+キャプチャ API を使用する、新しい **ipad と網膜ディスプレイ** 資産必要があります。
 
-1.  コピー、 `Resources/Capture.bundle` 、上書き、既存のプロジェクトのディレクトリに新しいプロジェクトからの項目 `Resources/Capture.bundle` アイテム。
+1.  新しいプロジェクトから過剰書き込み、既存の `Resources/Capture.bundle` アイテムをプロジェクト ディレクトリに `Resources/Capture.bundle` 項目をコピーします。
 
-2.  プロジェクトでは、選択、 `Capture.bundle` 項目 xcode プロジェクト ナビゲーターのあなたに**削除**キーを入力し、表示されるダイアログ ボックスから**削除する参照**を選択します。
+2.  プロジェクトでは、Xcode では、プロジェクト ナビゲーターに `Capture.bundle` 項目を選択し、**削除** キーを入力して表示されるダイアログ ボックスから **削除する参照** を選択します。
 
-3.  新しいドラッグ `Capture.bundle` xcode プロジェクト ナビゲーターはあなたに上記の手順 1 でオプションを選択、**追加フォルダーを作成するグループ**。
+3.  Xcode では、プロジェクト ナビゲーターに上記のステップ 1 から新しい `Capture.bundle` をドラッグし **、追加するフォルダーのグループを作成**」ラジオボタンを選択します。
 
 ## 1.7.0 1.6.x プロジェクトのアップグレード
 
@@ -529,15 +543,15 @@ platform add ios`.
 
 2.  新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産の一部を必要があります。
 
-3.  コピー、 `www/cordova-1.7.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-1.6.0.js` ファイル。
+3.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-1.7.0.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-1.6.0.js` ファイルを削除します。
 
-4.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-1.7.0.js` ファイル。
+4.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 1.7.0.js` ファイルを指します。
 
 ## アップグレード 1.5.0 1.6.x にプロジェクト
 
 1.  コルドバ 1.6.1 をインストールします。
 
-2.  バックアップを作成 `AppDelegate.m` 、 `AppDelegate.h` 、 `MainViewController.m` 、 `MainViewController.h` 、および `Cordova.plist` プロジェクト内。
+2.  プロジェクトで `AppDelegate.m`、`AppDelegate.h`、`MainViewController.m`、`MainViewController.h`、および `Cordova.plist` のバックアップを作成します。
 
 3.  新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産の一部を必要があります。
 
@@ -550,25 +564,25 @@ platform add ios`.
         Cordova.plist
         
 
-5.  追加するすべての新しい `MainViewController` と `AppDelegate` 、Xcode プロジェクトへファイルを。
+5.  Xcode プロジェクトに新しい `MainViewController` と `AppDelegate` ファイルを追加します。
 
-6.  コピー、 `www/cordova-1.6.1.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-1.5.0.js` ファイル。
+6.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-1.6.1.js` ファイルをコピーし、`www/cordova-1.5.0.js` ファイルを削除します。
 
-7.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-1.6.1.js` ファイル。
+7.  `Www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `コルドバ 1.6.1.js` ファイルを指します。
 
-8.  追加、新しい `Cordova.plist` ファイルをプロジェクトに。 統一コルドバ JavaScript ファイル (Android とブラックベリーからのものと一致するコアのプラグインのサービスの名前を変更する必要がありますので、これは必要です。`cordova-js`).
+8.  新しい `Cordova.plist` ファイルをプロジェクトに追加します。 統一コルドバ JavaScript ファイル (`コルドバ-js` は、Android とブラックベリーからのものと一致するコアのプラグインのサービスの名前を変更する必要がありますので、これは必要です。).
 
-9.  統合の設定、新しいにあなたの**バックアップ Cordova.plist**でいた**プラグイン**と**ExternalHosts**のエントリ`Cordova.plist`.
+9.  統合の設定、**プラグイン** と **ExternalHosts** のエントリが新しい `Cordova.plist` にあなたの **バックアップ Cordova.plist** であった.
 
-10. 統合、バックアップ内にあるプロジェクトに固有のコード `AppDelegate.h` と `AppDelegate.m` に新しい `AppDelegate` ファイル。 任意 `UIWebViewDelegate` または `CDVCommandDelegate` でコード `AppDelegate.m` に行く必要がある `MainViewController.m` 今 (そのファイル内のコメント アウト セクションを参照してください)。
+10. 新しい `AppDelegate` ファイルにバックアップ `AppDelegate.h` と `AppDelegate.m` でいるプロジェクトに固有のコードを統合します。 `AppDelegate.m` で、`UIWebViewDelegate` や `CDVCommandDelegate` コード (そのファイル内のコメント アウト セクションを参照してください) `MainViewController.m` に今行く必要があります。
 
-11. あなたのバックアップであるプロジェクトに固有のコードを統合 `MainViewController.h` と `MainViewController.m` に新しい MainViewController ファイル。
+11. 新しい MainViewController ファイルにバックアップ `MainViewController.h` と `MainViewController.m` でいるプロジェクトに固有のコードを統合します。
 
-12. プロジェクト ナビゲーターでプロジェクト アイコンをクリックして、**プロジェクト**を選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
+12. プロジェクト ナビゲーターでプロジェクト アイコンをクリックして、**プロジェクト** を選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
 
-13. 入力**コンパイラ C の/C + + Objective-C**の検索フィールド。
+13. 入力 **コンパイラ C の/C + + Objective-C** の検索フィールド。
 
-14. **アップル LLVM コンパイラ 3.1**値を選択します。
+14. **アップル LLVM コンパイラ 3.1** 値を選択します。
 
 ## 1.4.x プロジェクト 1.5.0 をアップグレードします。
 
@@ -576,86 +590,86 @@ platform add ios`.
 
 2.  新しいプロジェクトを作成し、一度それを実行します。この新しいプロジェクトから資産の一部を必要があります。
 
-3.  コピー、 `www/cordova-1.5.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/phonegap-1.4.x.js` ファイル。
+3.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/cordova-1.5.0.js` ファイルをコピーし、`www/phonegap-1.4.x.js` ファイルを削除します。
 
-4.  コルドバのスクリプト参照を更新、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す新しいコルドバ `cordova-1.5.0.js` ファイル。
+4.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しいコルドバ `コルドバ 1.5.0.js` ファイルを指すようにします。
 
-5.  検索 `PhoneGap.framework` 、プロジェクト ナビゲーターでそれを選択します。
+5.  プロジェクト ナビゲーターで `PhoneGap.framework` を見つける、それを選択します。
 
-6.  **削除**キーを入力し、削除、 `PhoneGap.framework` プロジェクト ナビゲーターの参照。
+6.  **削除** キーを入力し、プロジェクト ナビゲーターの `PhoneGap.framework` 参照を削除します。
 
-7.  (**ファイルの追加**シート) プロジェクトにファイルを追加するシートをドロップダウンする必要があります**オプション コマンド A**のキーの組み合わせを入力します。 **追加フォルダーを作成済みグループ**のラジオボタンが選択されていることを確認してください。
+7.  (**ファイルの追加** シート) プロジェクトにファイルを追加するシートをドロップダウンする必要があります **オプション コマンド A** のキーの組み合わせを入力します。 **追加フォルダーを作成済みグループ** のラジオボタンが選択されていることを確認してください。
 
-8.  フォルダーに移動するための別のシートにドロップダウンする必要があります**シフト コマンド G**のキーの組み合わせ入力 (、**フォルダーに移動する:**シート)。
+8.  フォルダーに移動するための別のシートにドロップダウンする必要があります **シフト コマンド G** のキーの組み合わせ入力 (、**フォルダーに移動する:** シート)。
 
-9.  入力してください `/Users/Shared/Cordova/Frameworks/Cordova.framework` で、**フォルダーに移動する:**シートし、 **[移動**] ボタンを押します。
+9.  `/Users/Shared/Cordova/Frameworks/Cordova.framework` を入力して、**フォルダーに移動する:** シートし、**[移動**] ボタンを押します。
 
-10. **ファイルの追加**シートで、**追加**ボタンを押します。
+10. **ファイルの追加** シートで、**追加** ボタンを押します。
 
-11. 選択 `Cordova.framework` プロジェクト ナビゲーターで。
+11. プロジェクト ナビゲーターで `Cordova.framework` を選択します。
 
-12. **ファイル インスペクター**を表示する**オプション コマンド 1**のキーの組み合わせを入力します。.
+12. **ファイル インスペクター** を表示する **オプション コマンド 1** のキーの組み合わせを入力します。.
 
-13. ドロップ ダウン メニューを**ファイル検査**で**場所**の**絶対パス**を選択します。.
+13. ドロップ ダウン メニューを **ファイル検査** で **場所** の **絶対パス** を選択します。.
 
-14. (**ファイルの追加**シート) プロジェクトにファイルを追加するシートをドロップダウンする必要があります**オプション コマンド A**のキーの組み合わせを入力します。 **追加フォルダーを作成済みグループ**のラジオボタンが選択されていることを確認してください。
+14. (**ファイルの追加** シート) プロジェクトにファイルを追加するシートをドロップダウンする必要があります **オプション コマンド A** のキーの組み合わせを入力します。 **追加フォルダーを作成済みグループ** のラジオボタンが選択されていることを確認してください。
 
-15. フォルダーに移動するための別のシートにドロップダウンする必要があります**シフト コマンド G**のキーの組み合わせ入力 (、**フォルダーに移動する:**シート)。
+15. フォルダーに移動するための別のシートにドロップダウンする必要があります **シフト コマンド G** のキーの組み合わせ入力 (、**フォルダーに移動する:** シート)。
 
-16. 入力してください `~/Documents/CordovaLib/Classes/deprecated` で、**フォルダーに移動する:**シートし、 **[移動**] ボタンを押します。
+16. `~/Documents/CordovaLib/Classes/deprecated` を入力して、**フォルダーに移動する:** シートし、**[移動**] ボタンを押します。
 
-17. **ファイルの追加**シートで、**追加**ボタンを押します。
+17. **ファイルの追加** シートで、**追加** ボタンを押します。
 
-18. `AppDelegate.h`、 `AppDelegate.m` 、および `MainViewController.h` 、ファイル全体を置き換える `#ifdef PHONEGAP_FRAMEWORK` とブロックします。
+18. `AppDelegate.h`、`AppDelegate.m`、および `MainViewController.h` ファイルと全体の `#ifdef PHONEGAP_FRAMEWORK` ブロックに置き換えます。
     
         #import "CDVDeprecated.h"
         
 
-19. プロジェクト ナビゲーターで**プロジェクト アイコン**をクリックして、**ターゲット**を選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
+19. プロジェクト ナビゲーターで **プロジェクト アイコン** をクリックして、**ターゲット** を選択し、[**ビルド設定**] タブを選択します。
 
-20. **フレームワークの検索パス**の検索.
+20. **フレームワークの検索パス** の検索.
 
-21. 既存の値を置き換える`/Users/Shared/Cordova/Frameworks`.
+21. `/ユーザ/共有/コルドバ/フレームワーク` の既存の値を置き換える.
 
-22. **プリプロセッサ マクロ**の検索.
+22. **プリプロセッサ マクロ** の検索.
 
-23. 最初の (結合された) 値と値を交換してください**CORDOVA_FRAMEWORK = はい**。.
+23. 最初の (結合された) 値と値を交換してください **CORDOVA_FRAMEWORK = はい**。.
 
 24. **構築フェーズ**] タブを選択します。
 
-25. 展開**スクリプトを実行**.
+25. 展開 **スクリプトを実行**.
 
-26. **コルドバ**の**PhoneGap**の出現を置き換える.
+26. **コルドバ** の **PhoneGap** の出現を置き換える.
 
-27. 見つける、 `PhoneGap.plist` プロジェクト ナビゲーターのファイルし、一度名前編集モードを入力するファイル名をクリックします。
+27. プロジェクト ナビゲーターの `PhoneGap.plist` ファイルを見つけるし、一度名前編集モードを入力するファイル名をクリックします。
 
-28. 名前を変更する `PhoneGap.plist` に`Cordova.plist`.
+28. `Cordova.plist` に `PhoneGap.plist` をの名前を変更します。.
 
-29. 右クリックして `Cordova.plist` **→ としてオープン ソース コード**を選択します。.
+29. `Cordova.plist` を右クリックし、選択 **としてオープン → ソース コード**.
 
-30. **オプション コマンド F**キーを押して、ソース ウィンドウの左上のドロップダウンから**置換**を選択します。
+30. **オプション コマンド F** キーを押して、ソース ウィンドウの左上のドロップダウンから **置換** を選択します。
 
-31. 入力してください `com.phonegap` の検索文字列と `org.apache.cordova` の置換文字列を**すべて置換**ボタンを押します。
+31. 検索文字列と置換文字列のための `org.apache.cordova` の `com.phonegap` を入力し、**すべて置換** ボタンを押します。
 
-32. 置換文字列検索文字列と**CDV**の**PG**を入力し、**すべて置換**ボタンを押します。
+32. 置換文字列検索文字列と **CDV** の **PG** を入力し、**すべて置換** ボタンを押します。
 
-33. 構築する**コマンド + B**キーを押します。 あなたは、将来の取り除くことができます廃止まだがある (参照してください `CDVDeprecated.h` 。 置換コード クラスを PG * に CDV * を使用するなど)。
+33. 構築する **コマンド + B** キーを押します。 あなたは、将来の取り除くことができます廃止まだがある (`CDVDeprecated.h` を参照してください。 置換コード クラスを PG * に CDV * を使用するなど)。
 
 ## 1.4.1 にアップグレード 1.4.0 プロジェクト
 
 1.  コルドバ 1.4.1 をインストールします。
 
-2.  バックアップを作成します。`MainViewController.m`.
+2.  `MainViewController.m` のバックアップを作成します。.
 
 3.  新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産の一部を必要があります。
 
-4.  コピー、 `MainViewController.m` プロジェクトの 1.4.0-based ディレクトリに新しいプロジェクトから古いファイルを置き換える、ディスク上のファイル (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2)。
+4.  新しいプロジェクトから古いファイルを置き換える、ディスク上 1.4.0-based プロジェクトのディレクトリに `MainViewController.m` ファイルをコピー (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2)。
 
-5.  追加、 `MainViewController.m` 、Xcode プロジェクトにファイル。
+5.  Xcode プロジェクトに `MainViewController.m` ファイルを追加します。
 
-6.  統合、バックアップ内にあるプロジェクトに固有のコード `MainViewController.m` 新しいファイルに。
+6.  新しいファイルに、バックアップ `MainViewController.m` でいるプロジェクトに固有のコードを統合します。
 
-7.  更新、 `phonegap-1.4.0.js` ファイルは省略可能、何も JavaScript 1.4.0 と 1.4.1 の間で変わった。
+7.  `Phonegap 1.4.0.js` ファイルの更新は省略可能、何も JavaScript 1.4.0 と 1.4.1 の間で変わった。
 
 ## アップグレード 1.3.0 プロジェクト 1.4.0
 
@@ -667,14 +681,18 @@ platform add ios`.
 
 4.  1.3.0-based プロジェクトのディレクトリ (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2) すべての古いファイルを置き換える、ディスク上に新しいプロジェクトからこれらのファイルをコピーします。
     
-        AppDelegate.h AppDelegate.m MainViewController.h MainViewController.m MainViewController.xib
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
         
 
 5.  すべて追加の `MainViewController` Xcode プロジェクトへファイルを。
 
-6.  コピー、 `www/phonegap-1.4.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/phonegap-1.3.0.js` ファイル。
+6.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/phonegap-1.4.0.js` ファイルをコピーし、`www/phonegap-1.3.0.js` ファイルを削除します。
 
-7.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `phonegap-1.4.0.js` ファイル。
+7.  `Www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `phonegap 1.4.0.js` ファイルを指すようにします。
 
 8.  下で新しいエントリを追加する `Plugins` で、 `PhoneGap.plist` ファイル。キーが `com.phonegap.battery` で、値は`PGBattery`.
 
@@ -690,14 +708,18 @@ platform add ios`.
 
 4.  1.2.0-based プロジェクトのディレクトリ (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2) すべての古いファイルを置き換える、ディスク上に新しいプロジェクトからこれらのファイルをコピーします。
     
-        AppDelegate.h AppDelegate.m MainViewController.h MainViewController.m MainViewController.xib
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
         
 
 5.  すべて追加の `MainViewController` Xcode プロジェクトへファイルを。
 
-6.  コピー、 `www/phonegap-1.3.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/phonegap-1.2.0.js` ファイル。
+6.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/phonegap-1.3.0.js` ファイルをコピーし、`www/phonegap-1.2.0.js` ファイルを削除します。
 
-7.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `phonegap-1.3.0.js` ファイル。
+7.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `phonegap 1.3.0.js` ファイルを指すようにします。
 
 8.  下で新しいエントリを追加する `Plugins` で、 `PhoneGap.plist` ファイル。キーが `com.phonegap.battery` で、値は`PGBattery`.
 
@@ -713,14 +735,18 @@ platform add ios`.
 
 4.  1.1.0-based プロジェクトのディレクトリ (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2) すべての古いファイルを置き換える、ディスク上に新しいプロジェクトからこれらのファイルをコピーします。
     
-        AppDelegate.h AppDelegate.m MainViewController.h MainViewController.m MainViewController.xib
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
         
 
 5.  すべて追加の `MainViewController` Xcode プロジェクトへファイルを。
 
-6.  コピー、 `www/phonegap-1.2.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/phonegap-1.1.0.js` ファイル。
+6.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/phonegap-1.2.0.js` ファイルをコピーし、`www/phonegap-1.1.0.js` ファイルを削除します。
 
-7.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `phonegap-1.2.0.js` ファイル。
+7.  `Www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `phonegap 1.2.0.js` ファイルを指すようにします。
 
 8.  下で新しいエントリを追加する `Plugins` で、 `PhoneGap.plist` ファイル。キーが `com.phonegap.battery` で、値は`PGBattery`.
 
@@ -736,14 +762,18 @@ platform add ios`.
 
 4.  1.0.0-based プロジェクトのディレクトリ (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2) すべての古いファイルを置き換える、ディスク上に新しいプロジェクトからこれらのファイルをコピーします。
     
-        AppDelegate.h AppDelegate.m MainViewController.h MainViewController.m MainViewController.xib
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
         
 
 5.  すべて追加の `MainViewController` Xcode プロジェクトへファイルを。
 
-6.  コピー、 `www/phonegap-1.1.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/phonegap-1.0.0.js` ファイル。
+6.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/phonegap-1.1.0.js` ファイルをコピーし、`www/phonegap-1.0.0.js` ファイルを削除します。
 
-7.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `phonegap-1.1.0.js` ファイル。
+7.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `phonegap 1.1.0.js` ファイルを指すようにします。
 
 8.  下で新しいエントリを追加する `Plugins` で、 `PhoneGap.plist` ファイル。キーが `com.phonegap.battery` で、値は`PGBattery`.
 
@@ -759,14 +789,18 @@ platform add ios`.
 
 4.  0.9.6-based プロジェクトのディレクトリ (バックアップ ファイルを最初から上記の手順 2) すべての古いファイルを置き換える、ディスク上に新しいプロジェクトからこれらのファイルをコピーします。
     
-        AppDelegate.h AppDelegate.m MainViewController.h MainViewController.m MainViewController.xib
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
         
 
 5.  すべて追加の `MainViewController` Xcode プロジェクトへファイルを。
 
-6.  コピー、 `www/phonegap-1.0.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/phonegap-0.9.6.js` ファイル。
+6.  新しいプロジェクトから `www` ディレクトリに `www/phonegap-1.0.0.js` ファイルをコピーし、`www/phonegap-0.9.6.js` ファイルを削除します。
 
-7.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `phonegap-1.0.0.js` ファイル。
+7.  `www/index.html` ファイル (とスクリプト参照が含まれている他のファイル) でコルドバ スクリプト参照を更新して新しい `phonegap 1.0.0.js` ファイルを指すようにします。
 
 8.  下で新しいエントリを追加する `Plugins` で、 `PhoneGap.plist` ファイル。キーが `com.phonegap.battery` で、値は`PGBattery`.
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/45f14f0e/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
index 98f1fd3..885239b 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md
@@ -1,21 +1,17 @@
----
-license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
-         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
-         distributed with this work for additional information
-         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
-         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
-         "License"); you may not use this file except in compliance
-         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+* * *
 
-           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-         under the License.
----
+    
+
+## under the License.
 
 # iOS の web 表示
 
@@ -23,7 +19,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
 
 コルドバ 1.4、始まる iOS web 表示のサポートを使用して、 `Cleaver` コンポーネント Xcode テンプレートを参照実装として提供しています。 コルドバ 2.0 およびそれ以降のバージョンのみサブプロジェクト ベース包丁実装をサポートします。
 
-これらの手順を少なくとも必要とコルドバ 2.3 と Xcode 4.5 と一緒に、 `config.xml` iOS の新しく作成されたプロジェクトからのファイル。 ことができます手順をコマンド ライン インターフェイスで、新しいプロジェクトを作成し、取得する、 `config.xml` 内で名前付きアプリケーションのサブディレクトリ内のファイルから`platforms/ios`.
+これらの手順を少なくとも必要とコルドバ 3.x と iOS の新しく作成されたプロジェクトから `config.xml` ファイルと共に、Xcode 6.0。 ことができます手順をコマンド ライン インターフェイスで、新しいプロジェクトを作成し、取得する、 `config.xml` 内で名前付きアプリケーションのサブディレクトリ内のファイルから`platforms/ios`.
 
 これらの指示に従って、最新コルドバ分布があることを確認します。[Cordova.apache.org][1]からダウンロードし、その iOS パッケージを解凍します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/45f14f0e/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
index d40f47e..b461870 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md
@@ -1,21 +1,17 @@
----
-license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
-         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
-         distributed with this work for additional information
-         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
-         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
-         "License"); you may not use this file except in compliance
-         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+* * *
 
-           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-         under the License.
----
+    
+
+## under the License.
 
 # Tizen プラットフォーム ガイド
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/45f14f0e/docs/ja/edge/guide/platforms/ubuntu/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ubuntu/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ubuntu/index.md
index 78c5f98..32a329e 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ubuntu/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ubuntu/index.md
@@ -1,21 +1,17 @@
----
-license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
-         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
-         distributed with this work for additional information
-         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
-         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
-         "License"); you may not use this file except in compliance
-         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+* * *
 
-           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
 
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
          Unless required by applicable law or agreed to in writing,
          software distributed under the License is distributed on an
          "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
          KIND, either express or implied.  See the License for the
          specific language governing permissions and limitations
-         under the License.
----
+    
+
+## under the License.
 
 # Ubuntu プラットフォーム ガイド
 


---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: commits-unsubscribe@cordova.apache.org
For additional commands, e-mail: commits-help@cordova.apache.org


Mime
View raw message