cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ste...@apache.org
Subject [1/5] git commit: Lisa testing pulling in plugins for plugin: cordova-plugin-camera
Date Tue, 03 Jun 2014 21:29:51 GMT
Repository: cordova-plugin-camera
Updated Branches:
  refs/heads/master 8ff4d3f16 -> 4c901d56b


Lisa testing pulling in plugins for plugin: cordova-plugin-camera


Project: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera/repo
Commit: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera/commit/9de98fcc
Tree: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera/tree/9de98fcc
Diff: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera/diff/9de98fcc

Branch: refs/heads/master
Commit: 9de98fcc0d0c7c25aa1950a21b96c14c6da66c7a
Parents: 68453f2
Author: ldeluca <ldeluca@us.ibm.com>
Authored: Tue May 27 17:49:11 2014 -0400
Committer: Steven Gill <stevengill97@gmail.com>
Committed: Tue Jun 3 14:29:41 2014 -0700

----------------------------------------------------------------------
 doc/ja/index.md | 379 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 1 file changed, 379 insertions(+)
----------------------------------------------------------------------


http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera/blob/9de98fcc/doc/ja/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/doc/ja/index.md b/doc/ja/index.md
new file mode 100644
index 0000000..8a2a66e
--- /dev/null
+++ b/doc/ja/index.md
@@ -0,0 +1,379 @@
+<!---
+    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+    or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+    distributed with this work for additional information
+    regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+    to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+    "License"); you may not use this file except in compliance
+    with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+      http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+    software distributed under the License is distributed on an
+    "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+    KIND, either express or implied.  See the License for the
+    specific language governing permissions and limitations
+    under the License.
+-->
+
+# org.apache.cordova.camera
+
+This plugin provides an API for taking pictures and for choosing images from the system's
image library.
+
+    cordova plugin add org.apache.cordova.camera
+    
+
+## navigator.camera.getPicture
+
+カメラを使用して写真を取るか、デバイスの画像ギャラリーから写真を取得します。
イメージは base64 エンコードとして成功時のコールバックに渡される
`String` 、またはイメージ ファイルの URI。 メソッド自体を返します、
`CameraPopoverHandle` オブジェクト ファイル選択ポップ オーバーの位置を変更するために使用することができます。
+
+    navigator.camera.getPicture( cameraSuccess, cameraError, [ cameraOptions ] );
+    
+
+### 説明
+
+`camera.getPicture`関数はデバイスのデフォルトのカメラ アプリケーションの写真をスナップするユーザーことができますを開きます。
既定では、この現象が発生したときに `Camera.sourceType` に等しい `Camera.PictureSourceType.CAMERA`
。 ユーザーは写真をスナップ、カメラ アプリケーションを閉じるし、アプリケーションが復元されます。
+
+場合 `Camera.sourceType` は、 `Camera.PictureSourceType.PHOTOLIBRARY` または `Camera.PictureSourceType.SAVEDPHOTOALBUM`
、その後、ダイアログが表示されますユーザーを既存のイメージを選択することができます。
`camera.getPicture`関数を返す、 `CameraPopoverHandle` オブジェクトは、たとえば、イメージの選択ダイアログには、デバイスの向きが変更されたときの位置を変更するために使用することができます。
+
+戻り値に送信されます、 `cameraSuccess` の指定によって、次の形式のいずれかのコールバック関数
`cameraOptions` :
+
+*   A `String` 写真の base64 でエンコードされたイメージを含んでいます。
+
+*   A `String` (既定値) のローカル記憶域上のイメージ ファイルの場所を表します。
+
+自由に変更、エンコードされたイメージ、または URI などを行うことができます。
+
+*   イメージをレンダリングする `<img>` 以下の例のように、タグ
+
+*   ローカル データの保存 ( `LocalStorage` 、 [Lawnchair][1]など)。
+
+*   リモート サーバーにデータを投稿します。
+
+ [1]: http://brianleroux.github.com/lawnchair/
+
+**注**: 新しいデバイス上の写真の解像度はかなり良いです。 デバイスのギャラリーから選択した写真が下方の品質に縮小しない場合でも、
`quality` パラメーターを指定します。 一般的なメモリの問題を回避する設定
`Camera.destinationType` を `FILE_URI` よりもむしろ`DATA_URL`.
+
+### サポートされているプラットフォーム
+
+*   アマゾン火 OS
+*   アンドロイド
+*   ブラックベリー 10
+*   Firefox OS
+*   iOS
+*   Tizen
+*   Windows Phone 7 と 8
+*   Windows 8
+
+### Amazon Fire OS Quirks
+
+Amazon Fire OS uses intents to launch the camera activity on the device to capture images,
and on phones with low memory, the Cordova activity may be killed. このシナリオでは、コルドバの活動が復元されるとき、画像が表示されません。
+
+### Android の癖
+
+*Android 4.4 only*: Android 4.4 introduced a new [Storage Access Framework][2] that makes
it easier for users to browse and open documents across all of their preferred document storage
providers. Cordova has not yet been fully integrated with this new Storage Access Framework.
Because of this, the `getPicture()` method will not correctly return pictures when the user
selects from the "Recent", "Drive", "Images", or "External Storage" folders when the `destinationType`
is `FILE_URI`. However, the user will be able to correctly select any pictures if they go
through the "Gallery" app first. Potential workarounds for this issue are documented on [this
StackOverflow question][3]. Please see [CB-5398][4] to track this issue.
+
+ [2]: https://developer.android.com/guide/topics/providers/document-provider.html
+ [3]: http://stackoverflow.com/questions/19834842/android-gallery-on-kitkat-returns-different-uri-for-intent-action-get-content/20177611
+ [4]: https://issues.apache.org/jira/browse/CB-5398
+
+アンドロイド、イメージをキャプチャするデバイス上でカメラのアクティビティを開始する意図を使用し、メモリの少ない携帯電話、コルドバ活動が殺されるかもしれない。
In this scenario, the image may not appear when the Cordova activity is restored.
+
+### Firefox OS Quirks
+
+Camera plugin is currently implemented using [Web Activities][5].
+
+ [5]: https://hacks.mozilla.org/2013/01/introducing-web-activities/
+
+### iOS の癖
+
+JavaScript を含む `alert()` 関数コールバックのいずれかの問題を引き起こすことができます。
内でアラートのラップ、 `setTimeout()` iOS イメージ ピッカーまたはが完全に終了するまで、警告が表示されますポップ
オーバーを許可します。
+
+    setTimeout(function() {//ここにあなたのことを行います !}, 0);
+    
+
+### Windows Phone 7 の癖
+
+ネイティブ カメラ アプリケーションを呼び出すと、デバイスが Zune
を介して接続されている動作しませんし、エラー コールバックをトリガーします。
+
+### Tizen の癖
+
+Tizen のみをサポートしている、 `destinationType` の `Camera.DestinationType.FILE_URI`
と `sourceType` の`Camera.PictureSourceType.PHOTOLIBRARY`.
+
+### 例
+
+写真を撮るし、base64 エンコード イメージとして取得します。
+
+    navigator.camera.getPicture(onSuccess, onFail, { quality: 50,
+        destinationType: Camera.DestinationType.DATA_URL
+    });
+    
+    function onSuccess(imageData) {
+        var image = document.getElementById('myImage');
+        image.src = "data:image/jpeg;base64," + imageData;
+    }
+    
+    function onFail(message) {
+        alert('Failed because: ' + message);
+    }
+    
+
+写真を撮るし、イメージのファイルの場所を取得します。
+
+    navigator.camera.getPicture(onSuccess, onFail, { quality: 50,
+        destinationType: Camera.DestinationType.FILE_URI });
+    
+    function onSuccess(imageURI) {
+        var image = document.getElementById('myImage');
+        image.src = imageURI;
+    }
+    
+    function onFail(message) {
+        alert('Failed because: ' + message);
+    }
+    
+
+## CameraOptions
+
+カメラの設定をカスタマイズするオプションのパラメーター。
+
+    {品質: 75、destinationType: Camera.DestinationType.DATA_URL、sourceType: Camera.PictureSourceType.CAMERA、allowEdit:
true の場合、encodingType: Camera.EncodingType.JPEG、targetWidth: 100、targetHeight:
100、popoverOptions: CameraPopoverOptions、saveToPhotoAlbum: false};
+    
+
+### オプション
+
+*   **品質**: 0-100、100 がファイルの圧縮から損失なしで通常のフル解像度の範囲で表される、保存されたイメージの品質。
*(数)*(カメラの解像度についての情報が利用できないことに注意してください)。
+
+*   **destinationType**: Choose the format of the return value. Defined in `navigator.camera.DestinationType`
*(Number)*
+    
+        Camera.DestinationType = {DATA_URL: 0、/base64 エンコード文字列 FILE_URI
としてイメージを返す/: 1、//画像ファイル URI NATIVE_URI を返す: 2//戻り画像ネイティブ
URI (例えば、資産ライブラリ://iOS またはコンテンツに://アンドロイド)};
+        
+
+*   **sourceType**: Set the source of the picture. Defined in `navigator.camera.PictureSourceType`
*(Number)*
+    
+        Camera.PictureSourceType = {フォト ライブラリ: 0, カメラ: 1、SAVEDPHOTOALBUM:
2};
+        
+
+*   **allowEdit**: 単純な選択の前に画像の編集を許可します。*(ブール値)*
+
+*   **encodingType**: Choose the returned image file's encoding. Defined in `navigator.camera.EncodingType`
*(Number)*
+    
+        Camera.EncodingType = {JPEG: 0//戻る JPEG PNG イメージをエンコード: 1/返す
PNG イメージをエンコードされた/};
+        
+
+*   **targetWidth**: スケール イメージにピクセル単位の幅。**TargetHeight**を使用する必要があります。縦横比は変わりません。*(数)*
+
+*   **targetHeight**: スケール イメージにピクセル単位の高さ。**TargetWidth**を使用する必要があります。縦横比は変わりません。*(数)*
+
+*   **mediaType**: から選択するメディアの種類を設定します。 場合にのみ働きます
`PictureSourceType` は `PHOTOLIBRARY` または `SAVEDPHOTOALBUM` 。 定義されている
`nagivator.camera.MediaType` *(番号)* 
+    
+        Camera.MediaType = {画像: 0//静止画のみを選択できます。 既定値です。
DestinationType ビデオを介して指定された形式が返されます: 1、/のみ、常に戻る
FILE_URI ALLMEDIA のビデオの選択を許可する/: 2//すべてのメディア タイプからの選択を許可
+        
+    
+    };
+
+*   **correctOrientation**: キャプチャ中に、デバイスの向きを修正する画像を回転させます。*(ブール値)*
+
+*   **saveToPhotoAlbum**: キャプチャ後、デバイス上のフォト アルバムに画像を保存します。*(ブール値)*
+
+*   **popoverOptions**: iPad のポップ オーバーの場所を指定する iOS のみのオプションです。定義されています。`CameraPopoverOptions`.
+
+*   **cameraDirection**: Choose the camera to use (front- or back-facing). Defined in `navigator.camera.Direction`
*(Number)*
+    
+        Camera.Direction = {戻る: 0、//後ろ向きカメラ前部を使用: 1/フロントに面したカメラを使用して/};
+        
+
+### Amazon Fire OSQuirks
+
+*   任意 `cameraDirection` 背面写真で結果の値します。
+
+*   無視、 `allowEdit` パラメーター。
+
+*   `Camera.PictureSourceType.PHOTOLIBRARY``Camera.PictureSourceType.SAVEDPHOTOALBUM`両方のアルバムが表示されます同じ写真。
+
+### Android の癖
+
+*   任意 `cameraDirection` 背面写真で結果の値します。
+
+*   無視、 `allowEdit` パラメーター。
+
+*   `Camera.PictureSourceType.PHOTOLIBRARY``Camera.PictureSourceType.SAVEDPHOTOALBUM`両方のアルバムが表示されます同じ写真。
+
+### ブラックベリー 10 癖
+
+*   無視、 `quality` パラメーター。
+
+*   無視、 `sourceType` パラメーター。
+
+*   無視、 `allowEdit` パラメーター。
+
+*   `Camera.MediaType`サポートされていません。
+
+*   無視、 `correctOrientation` パラメーター。
+
+*   無視、 `cameraDirection` パラメーター。
+
+### Firefox OS Quirks
+
+*   無視、 `quality` パラメーター。
+
+*   `Camera.DestinationType` is ignored and equals `1` (image file URI)
+
+*   無視、 `allowEdit` パラメーター。
+
+*   Ignores the `PictureSourceType` parameter (user chooses it in a dialog window)
+
+*   Ignores the `encodingType`
+
+*   Ignores the `targetWidth` and `targetHeight`
+
+*   `Camera.MediaType`サポートされていません。
+
+*   無視、 `correctOrientation` パラメーター。
+
+*   無視、 `cameraDirection` パラメーター。
+
+### iOS の癖
+
+*   設定 `quality` 一部のデバイスでメモリ不足エラーを避けるために
50 の下。
+
+*   使用する場合 `destinationType.FILE_URI` 、写真、アプリケーションの一時ディレクトリに保存されます。
使用して、このディレクトリの内容を削除可能性があります、 `navigator.fileMgr`
Api のストレージ スペースが必要な場合。
+
+### Tizen の癖
+
+*   サポートされていないオプション
+
+*   常にファイルの URI を返す
+
+### Windows Phone 7 と 8 癖
+
+*   無視、 `allowEdit` パラメーター。
+
+*   無視、 `correctOrientation` パラメーター。
+
+*   無視、 `cameraDirection` パラメーター。
+
+*   Ignores the `mediaType` property of `cameraOptions` as the Windows Phone SDK does not
provide a way to choose videos from PHOTOLIBRARY.
+
+## CameraError
+
+エラー メッセージを提供する onError コールバック関数。
+
+    function(message) {
+        // Show a helpful message
+    }
+    
+
+### パラメーター
+
+*   **メッセージ**: メッセージは、デバイスのネイティブ コードによって提供されます。*(文字列)*
+
+## cameraSuccess
+
+画像データを提供する onSuccess コールバック関数。
+
+    function(imageData) {
+        // Do something with the image
+    }
+    
+
+### パラメーター
+
+*   **imagedata を扱う**: Base64 エンコード イメージのデータ、*または*画像ファイルによって
URI の `cameraOptions` 効果。*(文字列)*
+
+### 例
+
+    // Show image
+    //
+    function cameraCallback(imageData) {
+        var image = document.getElementById('myImage');
+        image.src = "data:image/jpeg;base64," + imageData;
+    }
+    
+
+## CameraPopoverHandle
+
+A handle to the popover dialog created by `navigator.camera.getPicture`.
+
+### メソッド
+
+*   **setPosition**: ポップ オーバーの位置を設定します。
+
+### サポートされているプラットフォーム
+
+*   iOS
+
+### setPosition
+
+ポップ オーバーの位置を設定します。
+
+**パラメーター**:
+
+*   `cameraPopoverOptions`:、 `CameraPopoverOptions` の新しい位置を指定します。
+
+### 例
+
+     var cameraPopoverHandle = navigator.camera.getPicture(onSuccess, onFail,
+         { destinationType: Camera.DestinationType.FILE_URI,
+           sourceType: Camera.PictureSourceType.PHOTOLIBRARY,
+           popoverOptions: new CameraPopoverOptions(300, 300, 100, 100, Camera.PopoverArrowDirection.ARROW_ANY)
+         });
+    
+     // Reposition the popover if the orientation changes.
+     window.onorientationchange = function() {
+         var cameraPopoverOptions = new CameraPopoverOptions(0, 0, 100, 100, Camera.PopoverArrowDirection.ARROW_ANY);
+         cameraPopoverHandle.setPosition(cameraPopoverOptions);
+     }
+    
+
+## CameraPopoverOptions
+
+iOS だけ指定パラメーターをポップ オーバーのアンカー要素の場所および矢印方向計算されたライブラリまたはアルバムから画像を選択するとき。
+
+    {x: 0, y: 32、幅: 320、高さ: 480、arrowDir: Camera.PopoverArrowDirection.ARROW_ANY};
+    
+
+### CameraPopoverOptions
+
+*   **x**: ピクセルの x 座標画面要素にポップ オーバーのアンカーになります。*(数)*
+
+*   **y**: y ピクセル座標の画面要素にポップ オーバーのアンカーになります。*(数)*
+
+*   **幅**: ポップ オーバーのアンカーになる上の画面要素のピクセル単位の幅。*(数)*
+
+*   **高さ**: ポップ オーバーのアンカーになる上の画面要素のピクセル単位の高さ。*(数)*
+
+*   **arrowDir**: 方向のポップ オーバーで矢印をポイントする必要があります。定義されている
`Camera.PopoverArrowDirection` *(番号)* 
+    
+            Camera.PopoverArrowDirection = {ARROW_UP: 1、/iOS UIPopoverArrowDirection 定数
ARROW_DOWN と一致する/: 2、ARROW_LEFT: 4、ARROW_RIGHT: 8、ARROW_ANY: 15};
+        
+
+矢印の方向と、画面の向きを調整するポップ オーバーのサイズを変更可能性がありますに注意してください。
アンカー要素の位置を指定するときの方向の変化を考慮することを確認します。
+
+## navigator.camera.cleanup
+
+削除中間一時ストレージからカメラで撮影した写真。
+
+    navigator.camera.cleanup( cameraSuccess, cameraError );
+    
+
+### 説明
+
+削除を呼び出した後に一時記憶域に保存されている画像ファイルを中間
`camera.getPicture` 。 場合にのみ適用されるの値 `Camera.sourceType` に等しい
`Camera.PictureSourceType.CAMERA` と、 `Camera.destinationType` に等しい`Camera.DestinationType.FILE_URI`.
+
+### サポートされているプラットフォーム
+
+*   iOS
+
+### 例
+
+    navigator.camera.cleanup(onSuccess, onFail);
+    
+    function onSuccess() {
+        console.log("Camera cleanup success.")
+    }
+    
+    function onFail(message) {
+        alert('Failed because: ' + message);
+    }
\ No newline at end of file


Mime
View raw message