cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ldel...@apache.org
Subject [04/53] [abbrv] Lisa testing pulling in plugins for plugin: cordova-docs
Date Wed, 28 May 2014 17:40:05 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
index 4625181..83c7ac9 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
@@ -16,179 +16,267 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Android プラットフォーム ガイド
 
-このガイドは、Android デバイスのための Cordova アプリを展開する SDK の開発環境を設定する方法を示します。 それの Android SDK をインストールする Eclipse SDK で Android プロジェクトを開くと、エミュレーターまたはデバイスに展開するプロセスについて説明します。 このガイドに従って少なくとも次ワークフローに関係なく、Android SDK をインストールをする必要があります。 ( *Web プロジェクト Dev*と*ネイティブのプラットフォーム開発*のワークフロー要求 Android SDK をインストールし、パス経由でアクセス可能)
-
-詳細なプラットフォーム固有の情報は、次を参照してください。
-
-*   Android の構成
-*   Android の web 表示
-*   Android のプラグイン
-*   Android のアップグレード
-*   Android のコマンド ライン ツール
-
-上記のコマンド ライン ツールはコルドバ 3.0 より前のバージョンを参照してください。現在のインタ フェースについての情報は、コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+このガイドは、Android デバイスのための Cordova アプリを展開する SDK 環境を設定する方法と必要に応じて開発ワークフローでアンドロイドを中心のコマンド ライン ツールを使用する方法を示します。 You need to install the Android SDK regardless of whether you want to use these platform-centered shell tools or cross-platform Cordova CLI for development. For a comparison of the two development paths, see the Overview. For details on the CLI, see The Command-Line Interface.
 
 ## 要件、およびサポート
 
-Android の SDK は、[システム要件][1]を参照してください。
+See the Android SDK's [System Requirements][1].
 
  [1]: http://developer.android.com/sdk/index.html
 
-コルドバは、アンドロイド 2.2、2.3、および 4.x をサポートしています。一般的なルールとしてプラットフォームは Google の[分布のダッシュ ボード][2]上の 5% を下回るように推奨されません。.
+Cordova supports Android 2.2, 2.3, and 4.x. As a general rule, platforms are deprecated as they dip below 5% on Google's [distribution dashboard][2].
 
  [2]: http://developer.android.com/about/dashboards/index.html
 
-<!--
-NOTE, doc said:
-- Android 2.1 (Deprecated May 2013)
-- Android 3.x (Deprecated May 2013)
--->
+## コルドバ シェル ツールをインストールします。
+
+SDK と一緒にコルドバのアンドロイドを中心のシェル ・ ツールを使用する場合は[cordova.apache.org][3]からコルドバをダウンロードします。 コマンド ライン インターフェイスで記述されているクロス プラットフォーム CLI ツールを使用する予定がある場合それ以外の場合このセクションを無視します。
 
-開発者を使用する必要があります、 `cordova` 人造人間 SDK と共にユーティリティ。 それをインストール、追加プロジェクト、ビルドし、プロジェクトを配置する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
+ [3]: http://cordova.apache.org
 
-Android SDK をインストールします。 [developer.android.com/sdk][3].Android の sdk として配布されて、' adt-バンドル-<os>-<arch>-<ver>' ファイル。Windows では、adt バンドルは、インストーラーにパッケージ化されます。OSX と Linux 上に簡単に解凍 'adt バンドル' 開発ツールを格納する場所。 [Android の SDK のセットアップに関する詳細情報をここで発見ことができます。][4]
+コルドバ ダウンロードには、プラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 適切なアーカイブを展開してください `android` この場合、空のディレクトリ内。 関連性の高い実行ユーティリティは、トップレベルで利用可能な `bin` ディレクトリ。 (より詳細な指示が必要な場合は、 **README**ファイルを参照して)。
 
- [3]: http://developer.android.com/sdk/
- [4]: http://developer.android.com/sdk/installing/bundle.html
+これらのシェルのツールを作成、構築、および Android アプリを実行することができます。 すべてのプラットフォームのプラグイン機能を有効にする追加のコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。 プラグインを開発する方法の詳細については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
 
-コルドバ動作するコマンド ライン ツール、SDK の含まする必要があります `tools` と `platform-tools` パス環境のディレクトリ。 Mac、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK のインストールに応じて、次のような行を追加します。
+[Developer.android.com/sdk][4]から Android SDK をインストールします。 The android sdk is distributed as an 'adt-bundle-<os>-<arch>-<ver>' file. On windows, the adt-bundle is packaged with an installer. On OSX and Linux, simply unpack the 'adt-bundle' in the location you store development tools. [More detailed information on Android SDK setup can be found here][5]
 
-    エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
+ [4]: http://developer.android.com/sdk/
+ [5]: http://developer.android.com/sdk/installing/bundle.html
+
+For Cordova command-line tools to work, or the CLI that is based upon them, you need to include the SDK's `tools` and `platform-tools` directories in your `PATH`. On a Mac, you can use a text editor to create or modify the `~/.bash_profile` file, adding a line such as the following, depending on where the SDK installs:
+
+        エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
     
 
-これは、SDK で新しくオープンしたターミナル windows のツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
+Add the paths for `java` and `ant` if needed. This line in `~/.bash_profile` exposes these tools in newly opened terminal windows. If your terminal window is already open in OSX, or to avoid a logout/login on Linux, run this to make them available in the current terminal window:
 
-    $ ソース ~/.bash_profile
+        $ ソース ~/.bash_profile
     
 
-Windows 7 を道の環境を変更: する
+To modify the `PATH` environment on Windows 7:
 
-*   デスクトップの左下隅の [**スタート**] メニューをクリックして、**コンピューター**を右クリックし、**プロパティ**をクリックします.
+1.  Click on the **Start** menu in the lower-left corner of the desktop, right-click on **Computer**, then select **Properties**.
 
-*   左側の列では、**システムの詳細設定**をクリックします。
+2.  Select **Advanced System Settings** in the column on the left.
 
-*   表示されたダイアログ ボックスで**環境変数**キーを押します。.
+3.  表示されたダイアログ ボックスで**環境変数**キーを押します。.
 
-*   **パス**変数を選択し、キーを押して**編集**.
+4.  **パス**変数を選択し、キーを押して**編集**.
 
-*   たとえば、SDK をインストールしたに基づくパスに次を追加します。
+5.  Append the following to the `PATH` based on where you installed the SDK, for example:
     
         ;C:\Development\adt-bundle\sdk\platform-tools;C:\Development\adt-bundle\sdk\tools
         
 
-*   値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
+6.  値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
 
-また、コマンド ・ プロンプトとタイプ Java および Ant. オープンを有効にする必要があります `java` 、また入力と `ant` 。パスに追加いずれかを実行する失敗します。
+You may also need to enable Java and Ant. Open a command prompt and type `java`, and also type `ant`. Append to the `PATH` whichever of these fails to run:
 
         ;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
     
 
-## SDK でプロジェクトを開く
+## Open a New Project in the SDK
 
-使用、 `cordova` コルドバのコマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトを設定するユーティリティ。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
+At this point, to create a new project you can choose between the cross-platform CLI tool described in The Command-Line Interface, or the set of Android-specific shell tools. From within a source-code directory, here's the CLI approach:
 
-        $ cordova create hello com.example.hello "HelloWorld"
+        $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
         $ cd hello
         $ cordova platform add android
         $ cordova build
     
 
-作成したらここでは、SDK を使用して、それを変更する方法です。
+Here's the corresponding lower-level shell-tool approach for both Unix and Windows:
 
-*   **Eclipse**アプリケーションを起動します。
+        $ /path/to/cordova-android/bin/create /path/to/new/hello com.example.hello HelloWorld
+        C:\path\to\cordova-android\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
+    
 
-*   **新しいプロジェクト**のメニュー項目を選択します。
+Here's how to use the SDK to modify it:
 
-*   表示されたダイアログ ボックスから**既存のコードから Android プロジェクト**を選択し、**次**キーを押します。 ![][5]
+1.  **Eclipse**アプリケーションを起動します。
 
-*   移動する `hello` 、または好みのディレクトリに作成した、プロジェクトし、 `platforms/android` サブディレクトリ。
+2.  **新しいプロジェクト**のメニュー項目を選択します。
 
-*   必ず両方 `hello` と `hello-CordovaLib` をインポートするプロジェクトが選択されています。 `hello-CordovaLib`コルドバは .jar ファイルではなく Android ライブラリとして今使用されるためコルドバ 3.3.0 現在プロジェクトが必要です。
+3.  Choose **Android Project from Existing Code** from the resulting dialog box, and press **Next**:
+    
+    ![][6]
+
+4.  If you're using the CLI, navigate to the `hello` directory you created for the project, then to the `platforms/android` subdirectory. Alternately, if you use the `create` shell utility, simply navigate to the `hello` directory.
 
-*   **終了**キーを押します。.
+5.  **終了**キーを押します。.
 
- [5]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
+ [6]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
 
 Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
 
-*   プロジェクト ディレクトリを右クリックします。
+1.  プロジェクト ディレクトリを右クリックします。
 
-*   結果**のプロパティ**] ダイアログ [ **Android**ナビゲーション ウィンドウから。
+2.  結果**のプロパティ**] ダイアログ [ **Android**ナビゲーション ウィンドウから。
 
-*   プロジェクトのビルド ターゲットは、インストールされている最高の Android の API レベルを選択します。
+3.  プロジェクトのビルド ターゲットは、インストールされている最高の Android の API レベルを選択します。
 
-*   **[Ok]**をクリックします.
+4.  **[Ok]**をクリックします.
 
-*   **クリーン****をプロジェクト**メニューから選択します。これは、プロジェクト内のすべてのエラーを修正する必要があります。
+5.  **クリーン****をプロジェクト**メニューから選択します。これは、プロジェクト内のすべてのエラーを修正する必要があります。
 
-## エミュレーターへの展開します。
+## Build the Project
+
+開発で CLI を使用している場合は、プロジェクト ディレクトリの最上位 `www` ディレクトリにソース ファイルが含まれています。アプリを再構築するには、プロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
+
+        $ cordova build
+        $ cordova build android   # do not rebuild other platforms
+    
 
-使用できます、 `cordova` 、エミュレーターでアプリを実行するユーティリティが SDK 内で実行できます。 いずれかの方法では、SDK には、少なくとも 1 つのデバイスを表示する最初構成する必要があります。 Eclipse から個別に実行される Java アプリケーション アンドロイド SDK マネージャー使用します。 それを開く 2 つの方法があります。
+If you are using the Android-specific shell tools in development, there is a different approach. Once you generate the project, the default app's source is available in the `assets/www` subdirectory. Subsequent commands are available in its `cordova` subdirectory.
 
-*   実行 `android` コマンド ・ ラインで。
+The `build` command cleans project files and rebuilds the app. Here is the syntax for both Mac and Windows. The first pair of examples generate debugging information, and the second signs the apps for release:
 
-*   Eclipse、内でこのツールバー アイコンを押します。
+        $ /path/to/project/cordova/build --debug
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
+    
+        $ /path/to/project/cordova/build --release
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
     
-    ![][6]
 
- [6]: img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
+## Configure an Emulator
 
-一度開いて、アンドロイド SDK マネージャーはさまざまなランタイム ライブラリが表示されます。
+You can use either the `cordova` CLI utility or Cordova's Android-centered shell tools to run an app in an emulator. Either way, the SDK must first be configured to display at least one device. To do so, use the Android SDK Manager, a Java application that runs separately from Eclipse. There are two ways to open it:
 
-![][7]
+1.  Run `android` on the command line.
+
+2.  From within Eclipse, press this toolbar icon:
+    
+    ![][7]
 
- [7]: img/guide/platforms/android/asdk_window.png
+ [7]: img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
 
-**ツール → 管理 Avd** (Android 仮想デバイス) を選択し、表示されたダイアログ ボックス内の**デバイス定義**から任意の項目を選択します。
+Once open, the Android SDK Manager displays various runtime libraries:
 
 ![][8]
 
- [8]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
+ [8]: img/guide/platforms/android/asdk_window.png
 
-プレス**AVD の作成**、必要に応じて、名前の変更、変更を受け入れて**[ok]**を押します。
+Choose **Tools → Manage AVDs** (Android Virtual Devices), then choose any item from **Device Definitions** in the resulting dialog box:
 
 ![][9]
 
- [9]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
+ [9]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
 
-これで、AVD **Android 仮想デバイス**リストに表示されます。
+Press **Create AVD**, optionally modifying the name, then press **OK** to accept the changes:
 
 ![][10]
 
- [10]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
+ [10]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
 
-エミュレーターを開くには、個別のアプリケーションとして、AVD を選択し、**開始**を押します。ハードウェア ボタンで使用できるコントロールを追加して、デバイスのように多くを起動します。
+The AVD then appears in the **Android Virtual Devices** list:
 
 ![][11]
 
- [11]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
+ [11]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
 
-この時点で使用することができます、 `cordova` ユーティリティをコマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
+To open the emulator as a separate application, select the AVD and press **Start**. It launches much as it would on the device, with additional controls available for hardware buttons:
+
+![][12]
+
+ [12]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
+
+## エミュレーターへの展開します。
+
+この時点で使用することができます、 `cordova` CLI ユーティリティ コマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
 
         $ cordova emulate android
     
 
-Eclipse 内で作業する代わりに、プロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します。どれもが既に開かれている場合、AVD を指定しようとしています。
+それ以外の場合、代替シェル インターフェイスを使用します。
+
+        $ /path/to/project/cordova/run --emulator
+    
 
-高速な体験、Intel ベースのエミュレーター イメージを使用します。
+Instead of relying on whichever emulator is currently enabled within the SDK, you can refer to each by the names you supply:
 
-*   1 つまたは複数インストール `Intel x86 Atom` システム イメージだけでなく、 `Intel Hardware Accelerated Execution Manager` 、**余分な物**の下で利用可能な.
+        $ /path/to/project/cordova/run --target=NAME
+    
 
-*   内でアンドロイド SDK で提供されているインテルのインストーラーを実行します。`extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager`.
+This pushes the app to the home screen and launches it:
 
-*   インテル画像に設定されているターゲットで新しい AVD を作成します。
+![][13]
 
-*   エミュレーターを起動するときはハックス モジュールのロードに失敗を示すエラー メッセージがない確認します。
+ [13]: img/guide/platforms/android/emulator2x.png
+
+When you `run` the app, you also `build` it. You can append additional `--debug`, `--release`, and `--nobuild` flags to control how it is built, or even whether a rebuild is necessary:
+
+        $ /path/to/project/cordova/run --emulator --nobuild
+    
+
+If instead you are working within Eclipse, right-click the project and choose **Run As → Android Application**. You may be asked to specify an AVD if none are already open.
+
+For a faster experience, you can use the `Virtual Machine Acceleration` to improve the execution speed. Many modern CPUs provide extensions to execute Virtual Machines more efficiently. Before attempting to use this type of acceleration, you need to determine if your current development system's CPU, supports one the following virtualization technologies:
+
+*   **Intel Virtualization Technology** (VT-x, vmx) → [Intel VT-x supported processor list][14]
+*   **AMD Virtualization** (AMD-V, SVM), only supported for Linux (Since May 2006, all CPUs AMD include AMD-V, except Sempron).
+
+ [14]: http://ark.intel.com/products/virtualizationtechnology
+
+Another way to find out if your Intel processor supports VT-x Technology, it's by executing the `Intel Processor Identification Utility`, for `Windows`you can download it from the Intel [Download Center][15], or you can use the [booteable utility][16], which is `OS Independent`.
+
+ [15]: https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?ProductID=1881&DwnldID=7838
+ [16]: https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?ProductID=1881&DwnldID=7840&lang=eng
+
+After install and execute the `Intel Processor Identification Utility` over Windows, you will get the following window, in order to check if your CPU supports the Virtualization Technologies:
+
+![][17]
+
+ [17]: img/guide/platforms/android/intel_pid_util_620px.png
+
+In order to speed up the emulator, you need to download and install one or more `Intel x86 Atom` System Images, as well as the `Intel Hardware Accelerated Execution Manager (HAXM)`.
+
+Open your Android SDK Manager, and select the `Intel x86 Atom` System Image, for whichever version that you want to test. Then go to `Extras` and select `Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM)`, and install those packages:
+
+![][18]
+
+ [18]: img/guide/platforms/android/asdk_man_intel_image_haxm.png
+
+After download, run the Intel installer, which is available within your Android SDK at `extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager`. **Note**:`If you have any problems installing the package, you can find more information and step by step guidance check this` [Intel Article][19].
+
+ [19]: http://software.intel.com/en-us/android/articles/speeding-up-the-android-emulator-on-intel-architecture
+
+1.  Install one or more `Intel x86 Atom` System Images as well as the `Intel Hardware Accelerated Execution Manager`, available under **Extras**.
+
+2.  Run the Intel installer, which is available within your Android SDK at `extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager`.
+
+3.  Create a new AVD with the target set to an Intel image.
+
+4.  When starting the emulator, ensure there are no error messages indicating a failure to load HAX modules.
 
 ## デバイスへの配置します。
 
-デバイスに直接アプリをプッシュするには、 [Android 開発者向けサイト][12]で説明されているようにあなたのデバイスで USB デバッグを有効にかどうかを確認し、ミニ USB ケーブルを使用してあなたのシステムにプラグインします。
+To push an app directly to the device, make sure USB debugging is enabled on your device as described on the [Android Developer Site][20], and use a mini USB cable to plug it into your system.
 
- [12]: http://developer.android.com/tools/device.html
+ [20]: http://developer.android.com/tools/device.html
 
-アプリをデバイスにプッシュするには、コマンド行から。
+You can use this CLI command to push the app to the device:
 
         $ cordova run android
     
 
-Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、**人造人間アプリケーション → として実行**を選択します.
\ No newline at end of file
+...or use this Android-centered shell interface:
+
+        $ /path/to/project/cordova/run --device
+    
+
+With no flags specified, the `run` command detects a connected device, or a currently running emulator if no device is found, otherwise it prompts to specify an emulator.
+
+To run the app from within Eclipse, right-click the project and choose **Run As → Android Application**.
+
+## Other Commands
+
+The following generates a detailed log of the app as it runs:
+
+        $ /path/to/project/cordova/log
+        C:\path\to\project\cordova\log.bat
+    
+
+The following cleans the project files:
+
+        $ /path/to/project/cordova/clean
+        C:\path\to\project\cordova\clean.bat
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
index e921c26..7f9d79c 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
@@ -61,7 +61,7 @@ Android のプラグインはそれに取り付けられたフックを持つア
 
 ## Android の Java プラグインを書く
 
-JavaScript 呼び出し火災ネイティブ側に要求するプラグインとそれに対応する Java プラグインが適切にマップされている、 `config.xml` ファイルがどのよう最終的な Android の Java プラグイン クラス見てですか? 何が、JavaScript のプラグインにディスパッチされる `exec` 関数はプラグイン クラスに渡されます `execute` メソッド。 ほとんど `execute` の実装のようになります。
+A JavaScript call fires off a plugin request to the native side, and the corresponding Java plugin is mapped properly in the `config.xml` file, but what does the final Android Java Plugin class look like? 何が、JavaScript のプラグインにディスパッチされる `exec` 関数はプラグイン クラスに渡されます `execute` メソッド。 ほとんど `execute` の実装のようになります。
 
         @Override パブリック boolean 文字列操作、JSONArray args (CallbackContext callbackContext) を実行 JSONException がスローされます {場合 (「beep".equals(action)) {this.beep(args.getLong(0));callbackContext.success();返します true;} 戻り偽;//"MethodNotFound"エラーで誤った結果を返します。
         }

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
index 4e07a46..34bc915 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
@@ -14,55 +14,61 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
    under the License.
 ---
 
-# Android のコマンド ライン ツール
+# Android Shell Tool Guide
 
-`cordova`コマンド ライン ユーティリティは、一度にいくつかのプラットフォームでアプリケーションをビルドすることができます高度なツールです。 コルドバ フレームワークの古いバージョンをそれぞれのプラットフォームに固有のコマンド ライン ツールのセットを提供します。 CLI に代わるものとしてそれらを使用するには[cordova.apache.org][1]からコルドバのこのバージョンをダウンロードする必要があります。 ダウンロードには、プラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 ターゲットにするプラットフォームを展開します。 ここで説明したツールは、最上位レベルでふつう利用できる `bin` ディレクトリ、それ以外の場合より詳細な方向の**README**ファイルを参照してください。
+This guide shows how to use Cordova's set of platform-centered shell tools to develop Android apps. This development path, discussed in the Overview, may offer you a greater range of development options than the cross-platform CLI tool described in The Command-Line Interface. For example, you need to use shell tools when deploying a custom Cordova WebView alongside native components. Before using either development path, you must first configure the Android SDK environment as described in the Android Platform Guide.
+
+To enable shell tools for Android, download Cordova from [cordova.apache.org][1]. ダウンロードには、プラットフォームごとに別々 のアーカイブが含まれています。 Expand each you wish to target, `android` in this case. The relevant tools are typically available in the top-level `bin` directory, otherwise consult the **README** file for more detailed directions.
 
  [1]: http://cordova.apache.org
 
-プラグインできるようにする低レベルのコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。概要については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
+These tools allow you to create, build, and run Android apps. For information on the additional command-line interface that enables plugin features across all platforms, see Using Plugman to Manage Plugins. プラグインを開発する方法の詳細については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
 
 ## プロジェクトを作成します。
 
-実行、 `create` プロジェクト、逆ドメイン スタイル パッケージ識別子、およびアプリケーションの表示名を既存のパスを指定するコマンドです。Mac と Windows の両方の構文を次に示します。
+Run the `create` command, specifying the existing path to the project, the reverse-domain-style package identifier, and the app's display name. Here is the syntax for both Mac and Windows:
 
-    $ /path/to/cordova-android/bin/create /path/to/project com.example.project_name ProjectName
-    $ C:\path\to\cordova-android\bin\create.bat C:\path\to\project com.example.project_name ProjectName
+        $ /path/to/cordova-android/bin/create /path/to/project com.example.project_name ProjectName
+        $ C:\path\to\cordova-android\bin\create.bat C:\path\to\project com.example.project_name ProjectName
     
 
 ## ビルド
 
-これをきれいにし、プロジェクトをビルドします。
+This cleans then builds a project.
 
-Mac または Windows をデバッグします。
+Debug, on Mac or Windows:
 
-    $ /path/to/project/cordova/build --debug
-    $ C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
+        $ /path/to/project/cordova/build --debug
+        $ C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug
     
 
-Mac または Windows のリリース:
+Release, on Mac or Windows:
 
-    $ /path/to/project/cordova/build --release
-    $ C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
+        $ /path/to/project/cordova/build --release
+        $ C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
     
 
 ## アプリを実行します。
 
-`run`コマンドは、次の*省略可能な*パラメーターを受け入れます。
+The `run` command accepts the following *optional* parameters:
 
 *   ターゲットを指定します。これが含まれています `--emulator` 、 `--device` 、または`--target=<targetID>`.
 
 *   仕様を作成します。これが含まれています `--debug` 、 `--release` 、または`--nobuild`.
     
-    $/path/to/project/cordova/run [ターゲット] は、[ビルド] $ C:\path\to\project\cordova\run.bat [ターゲット] は、[ビルド]
+        $ /path/to/project/cordova/run [Target] [Build]
+        $ C:\path\to\project\cordova\run.bat [Target] [Build]
+        
 
-少なくとも 1 つ Android 仮想デバイスの作成、それ以外の場合でそうよう求められますかどうかを確認、 `android` コマンド。 AVD 1 つ以上のターゲットとして使用できる場合はいずれかを選択するよう求められます。 既定では、 `run` コマンドはデバイスが見つからない場合、接続先のデバイスまたは現在実行中のエミュレーターを検出します。
+Make sure you create at least one Android Virtual Device, otherwise you're prompted to do so with the `android` command. If more than one AVD is available as a target, you're prompted to select one. By default the `run` command detects a connected device, or a currently running emulator if no device is found.
 
 ## ログの記録
 
-    $/path/to/project/cordova/log $ C:\path\to\project\cordova\log.bat
+        $ /path/to/project/cordova/log
+        $ C:\path\to\project\cordova\log.bat
     
 
 ### クリーニング
 
-    $/path/to/project/cordova/clean $ C:\path\to\project\cordova\clean.bat
\ No newline at end of file
+        $ /path/to/project/cordova/clean
+        $ C:\path\to\project\cordova\clean.bat
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
new file mode 100644
index 0000000..7aed80d
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md
@@ -0,0 +1,432 @@
+---
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# Android のアップグレード
+
+このガイドは、コルドバの旧バージョンからアップグレードする Android プロジェクトを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
+
+## 3.2.0 から 3.3.0 へのアップグレード
+
+用として同じ指示に従ってください。`3.2.0`.
+
+3.3.0 にはじまって、コルドバ ランタイム今 jar ファイルの代わりにアンドロイドをライブラリとしてコンパイルされます。 これがコマンドラインの使用法の効果がない IDE ユーザーが新しく追加されたインポートする必要があります `MyProject-CordovaLib` のワークスペースにプロジェクト。
+
+## 3.1.0 から 3.2.0 へのアップグレード
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  実行`cordova platform update android`
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+        bin/update <project_path>
+    
+
+**WARNING:** Starting on Android 4.4, creating a file input element with type="file" will not open the file picker dialog. これは Android 上のクロムと回帰であり、問題を再現することができますスタンドアロン クロムブラウザー Android 上でアンドロイド 4.4 のファイル転送とファイルのプラグインを使用するは、回避策 (http://code.google.com/p/android/issues/detail?id=62220 を参照)。入力の型から、onClick イベントをリッスンすることができます「ファイル」を = し、ファイル ピッカー UI をポップアップします。 アップロードとフォーム データのネクタイ、するために JavaScript を使用して、出色のマルチパートのポストの要求にフォームの値をアタッチすることができます。 This bug still exists as of Android 4.4.2
+
+## 3.1.0 3.0.0 からアップグレード
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  実行`cordova platform update android`
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+        bin/update <project_path>
+    
+
+## 2.9.0 から CLI (3.0.0) へのアップグレード
+
+1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。
+
+2.  コルドバ プロジェクトたとえば、プラットフォームの追加します。`cordova
+platform add android`.
+
+3.  プロジェクトの内容をコピー `www` ディレクトリを `www` で作成したコルドバ プロジェクトのルート ディレクトリ。
+
+4.  下で適切なディレクトリに、古いプロジェクトから、ネイティブ アセットをコピー `platforms/android` : このディレクトリには、ネイティブのコルドバ android プロジェクトが存在します。
+
+5.  コルドバ CLI ツールを使用して、必要な任意のプラグインをインストールします。CLI 処理するすべてのコア Api のプラグインとして追加する必要がありますので注意してください。のみ 3.0.0 プラグインは CLI と互換性があります。
+
+## 2.9.0 から 3.0.0 にアップグレードします。
+
+1.  新しい Apache コルドバ Android プロジェクトを作成します。
+
+2.  内容をコピー、 `www` を新しいプロジェクト ディレクトリ。
+
+3.  コピーからネイティブ Android 資産、 `res` を新しいプロジェクト ディレクトリ。
+
+4.  インストールされている任意のプラグイン経由でのコピー、 `src` サブディレクトリを新しいプロジェクトにします。
+
+5.  非推奨アップグレードすることを確認 `<plugin>` あなたの古いからの参照 `config.xml` ファイルを新しい `<feature>` 仕様。
+
+6.  参照を更新、 `org.apache.cordova.api` パッケージになるまで`org.apache.cordova`.
+    
+    **注**: すべてのコア Api が削除されているし、のプラグインとしてインストールする必要があります。詳細についてを使用して Plugman 管理プラグイン ガイドを参照してください。
+
+## 2.8.0 から 2.9.0 へのアップグレードします。
+
+1.  実行`bin/update <project_path>`.
+
+## 2.8.0 へ 2.7.0 からのアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+<!-- SS Eclipse -->
+
+1.  コピー、新しい `cordova.js` プロジェクトに。
+
+2.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova.js` ファイル。
+
+3.  コピー、 `res/xml/config.xml` と一致するファイル`framework/res/xml/config.xml`.
+
+4.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
+
+5.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.6.0 からへ 2.7.0 をアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.7.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.7.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
+
+8.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.5.0 から 2.6.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.6.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.6.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
+
+8.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+実行 `bin/update <project>` プロジェクト パスを持つコルドバのソース ディレクトリに表示されます。
+
+## 2.4.0 から 2.5.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.5.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.5.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
+
+8.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.3.0 から 2.4.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.4.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.4.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.2.0 から 2.3.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.3.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.3.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.1.0 から 2.2.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.2.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.2.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-2.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.1.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.1.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+7.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.9.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-2.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.0.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.0.0.js` ファイル。
+
+6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
+
+2.0.0 リリース、 `config.xml` ファイルを結合し、置換 `cordova.xml` と `plugins.xml` 。 古いファイルは廃止され、彼らはまだ、2.0.0 で作業中、将来のリリースで動作しなくなります。
+
+## 1.8.1 から 1.9.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.9.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.9.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.9.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+導入により、 `CordovaWebView` では 1.9.0 リリースでは、サード パーティのプラグインが動作しません。 These plugins need to get a context from the `CordovaInterface` using `getContext()` or `getActivity()`. If you are not an experienced Android developer, please contact the plugin maintainer and add this task to their bug tracker.
+
+## 1.8.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.8.1.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.8.1.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.8.1.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.8.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.8.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.8.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.8.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+## 1.6.1 から 1.7.0 へのアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.6.1.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.7.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+## 1.6.0 から 1.6.1 へのアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.6.1.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.6.1.js` プロジェクトに。
+
+5.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+## 1.5.0 から 1.6.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `cordova-1.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.6.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.6.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+7.  交換 `res/xml/phonegap.xml` と `res/xml/cordova.xml` と一致するには`framework/res/xml/cordova.xml`.
+
+## 1.4.0 から 1.5.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `phonegap-1.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `cordova-1.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.5.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.5.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+7.  交換 `res/xml/phonegap.xml` と `res/xml/cordova.xml` と一致するには`framework/res/xml/cordova.xml`.
+
+## 1.3.0 から 1.4.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `phonegap-1.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `phonegap-1.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `phonegap-1.4.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.4.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+7.  更新 `res/xml/phonegap.xml` 一致するように`framework/res/xml/phonegap.xml`.
+
+## 1.3.0 に 1.2.0 からアップグレードします。
+
+1.  削除 `phonegap-1.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `phonegap-1.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `phonegap-1.3.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.2.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+7.  更新 `res/xml/phonegap.xml` 一致するように`framework/res/xml/phonegap.xml`.
+
+## 1.1.0 から 1.2.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `phonegap-1.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `phonegap-1.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `phonegap-1.2.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.2.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+7.  更新 `res/xml/phonegap.xml` 一致するように`framework/res/xml/phonegap.xml`.
+
+## 1.0.0 1.1.0 にアップグレードします。
+
+1.  削除 `phonegap-1.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `phonegap-1.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `phonegap-1.1.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.1.0.js` ファイル。
+
+6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
+
+## 0.9.6 から 1.0.0 へのアップグレードします。
+
+1.  削除 `phonegap-0.9.6.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+2.  追加 `phonegap-1.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
+
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+
+4.  コピー、新しい `phonegap-1.0.0.js` プロジェクトに。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `phonegap-1.0.0.js` ファイル。
+
+6.  追加の `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
index ad812ef..6d7e4af 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
@@ -16,7 +16,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Android の web 表示
 
-このセクションを大きい人造人間アプリケーション内でのコルドバ有効 WebView コンポーネントを埋め込む方法を示します。これらのコンポーネントが互いと通信できる方法については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
+This guide shows how to embed a Cordova-enabled WebView component within a larger Android application. For details on how these components can communicate with each other, see Application Plugins.
 
 人造人間に慣れていないしている場合する必要があります最初 Android プラットフォーム ガイドに慣れるお持ち、WebView を埋め込みのより珍しい開発オプションを実行する前にインストールされている最新の人造人間 SDK。 コルドバ 1.9 を皮切りに、人造人間プラットホームに依存している、 `CordovaWebView` 、従来のビルド コンポーネント `CordovaActivity` 1.9 リリース前コンポーネント。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry/upgrade.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry/upgrade.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry/upgrade.md
new file mode 100644
index 0000000..fd5b6a3
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry/upgrade.md
@@ -0,0 +1,419 @@
+---
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# Upgrading BlackBerry
+
+This guide shows how to modify BlackBerry projects to upgrade from older versions of Cordova. These instructions apply to projects created with an older set of command-line tools that precede the `cordova` CLI utility. See The Command-line Interface for information how to update the version of the CLI.
+
+## Upgrading 2.8.0 projects to 2.9.0
+
+BlackBerry 10:
+
+1.  Download and extract the Cordova 2.9.0 source to a permanent location on your hard drive, for example to `~/Cordova-2.9.0`.
+
+2.  SDK ツールを実行する任意の終了: Eclipse、Momentics など。
+
+3.  端末のような unix を使用して、上記ダウンロードしたソースを配置したディレクトリに移動します: ターミナル.app、Bash、Cygwin など。
+
+4.  Create a new project, as described in BlackBerry Shell Tool Guide. This becomes the home of your updated project.
+
+5.  Copy your project's source from the old project's `/www` directory to the new project's `/www` directory.
+
+6.  Update the Cordova script reference in the `www/index.html` file (and any other files that contain the script reference) to point to the new `cordova.js` file.
+
+### BlackBerryOS/Playbook
+
+1.  Download and extract the Cordova 2.9.0 source to a permanent location on your hard drive, for example to `~/Cordova-2.9.0`.
+
+2.  SDK ツールを実行する任意の終了: Eclipse、Momentics など。
+
+3.  端末のような unix を使用して、上記ダウンロードしたソースを配置したディレクトリに移動します: ターミナル.app、Bash、Cygwin など。
+
+4.  Create a new project, as described in iOS Shell Tool Guide. You need the assets from this new project.
+
+5.  Copy the `www/cordova.js` file from the new project into the `www` directory, and delete the `www/cordova.js` file.
+
+6.  Update the Cordova script reference in the `www/index.html` file (and any other files that contain the script reference) to point to the new `cordova.js` file.
+
+7.  コピー、 `native` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `native` ディレクトリ。
+
+8.  コピー、 `lib` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `lib` ディレクトリ。
+
+9.  コピー、 `cordova` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `cordova` ディレクトリ。
+
+## Upgrading 2.7.0 projects to 2.8.0
+
+BlackBerry 10:
+
+ブラックベリー 10 新しい CLI ツールを使用して、コア Api のプラグインとして管理します。 指示は更新、古いプロジェクトの複雑さのため、既存のプロジェクトを更新するのではなく、新しいプロジェクトにプロジェクトを移行します。 またメモ コルドバ js スクリプト ファイルは今 'cordova.js' と呼ばれもはやバージョン文字列が含まれています。
+
+1.  Download and extract the Cordova 2.8.0 source to a permanent location on your hard drive, for example to `~/Cordova-2.8.0`.
+
+2.  SDK ツールを実行する任意の終了: Eclipse、Momentics など。
+
+3.  端末のような unix を使用して、上記ダウンロードしたソースを配置したディレクトリに移動します: ターミナル.app、Bash、Cygwin など。
+
+4.  Create a new project, as described in BlackBerry Shell Tool Guide. This becomes the home of your updated project.
+
+5.  Copy your project's source from the old project's `/www` directory to the new project's `/www` directory.
+
+6.  Update the Cordova script reference in the `www/index.html` file (and any other files that contain the script reference) to point to the new `cordova.js` file.
+
+BlackBerryOS/Playbook:
+
+1.  Download and extract the Cordova 2.8.0 source to a permanent location on your hard drive, for example to `~/Cordova-2.8.0`.
+
+2.  SDK ツールを実行する任意の終了: Eclipse、Momentics など。
+
+3.  端末のような unix を使用して、上記ダウンロードしたソースを配置したディレクトリに移動します: ターミナル.app、Bash、Cygwin など。
+
+4.  IOS シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
+
+5.  コピー、 `www/cordova.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova.js` ファイル。
+
+6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova.js` ファイル。
+
+7.  コピー、 `native` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `native` ディレクトリ。
+
+8.  コピー、 `lib` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `lib` ディレクトリ。
+
+9.  コピー、 `cordova` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `cordova` ディレクトリ。
+
+## アップグレード 2.6.0 へ 2.7.0 プロジェクトします。
+
+1.  ダウンロードして、たとえば、ハード ドライブ上の永続的な場所へ 2.7.0 コルドバ ソースを抽出するには`~/Cordova-2.7.0`.
+
+2.  SDK ツールを実行する任意の終了: Eclipse、Momentics など。
+
+3.  端末のような unix を使用して、上記ダウンロードしたソースを配置したディレクトリに移動します: ターミナル.app、Bash、Cygwin など。
+
+4.  ブラックベリー シェル ツール ガイドで説明されているように、新しいプロジェクトを作成します。この新しいプロジェクトから資産必要があります。
+
+5.  コピー、 `www/cordova-2.7.0.js` ファイルから新しいプロジェクトに、 `www` ディレクトリ、および削除、 `www/cordova-2.6.0.js` ファイル。
+
+6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova-2.7.0.js` ファイル。
+
+7.  コピー、 `native` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `native` ディレクトリ。
+
+8.  コピー、 `lib` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `lib` ディレクトリ。
+
+9.  コピー、 `cordova` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `cordova` ディレクトリ。
+
+## 2.5.0 から 2.6.0 にアップグレードします。
+
+PhoneGap のダウンロード ディレクトリを更新しています。
+
+ディレクトリ全体の新鮮なコピーをダウンロードすることをお勧めします。
+
+ただし、段階的な部分の更新に必要な新しいパーツ以下します。
+
+1.  Cordova.blackberry.js ファイルを更新する、 `Phonegap-2.6.0/lib/blackberry/javascript` ディレクトリ。
+
+2.  更新プログラム、 `ext` 、 `ext-air` 、および `ext-qnx` で、 `Phonegap-2.6.0/lib/blackberry/framework` ディレクトリ。
+
+3.  更新、 `build.xml` ファイルで、 `Phonegap-2.6.0/lib/blackberry` ディレクトリ。
+
+4.  更新、 `Phonegap-2.6.0/lib/blackberry/bin` ディレクトリ。
+
+5.  更新、 `VERSION` ファイルで、 `Phonegap-2.6.0/lib/blackberry` ディレクトリ。
+
+更新、 `example/` ディレクトリまたは既存のプロジェクトを移行します。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  内容を更新、 `ext-qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  コピー、新しい `cordova-2.6.0.js` プロジェクトに。
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.6.0.js` ファイル。
+
+## 2.4.0 から 2.5.0 にアップグレードします。
+
+PhoneGap のダウンロード ディレクトリを更新しています。
+
+ディレクトリ全体の新鮮なコピーをダウンロードすることをお勧めします。
+
+ただし、段階的な部分の更新に必要な新しいパーツ以下します。
+
+1.  Cordova.blackberry.js ファイルを更新する、 `Phonegap-2.5.0/lib/blackberry/javascript` ディレクトリ。
+
+2.  更新プログラム、 `ext` 、 `ext-air` 、および `ext-qnx` で、 `Phonegap-2.5.0/lib/blackberry/framework` ディレクトリ。
+
+3.  更新、 `build.xml` ファイルで、 `Phonegap-2.5.0/lib/blackberry` ディレクトリ。
+
+4.  更新、 `Phonegap-2.5.0/lib/blackberry/bin` ディレクトリ。
+
+5.  更新、 `VERSION` ファイルで、 `Phonegap-2.5.0/lib/blackberry` ディレクトリ。
+
+例を更新/ディレクトリまたは、既存の移行プロジェクト:
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  内容を更新、 `ext-qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  コピー、新しい `cordova-2.5.0.js` プロジェクトに。
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.5.0.js` ファイル。
+
+## 2.3.0 から 2.4.0 にアップグレードします。
+
+更新、ちょうど `www` ディレクトリ。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.4.0.js` プロジェクトに。
+    
+    *   脚本、それから更新の .js ファイルの場合、 `playbook/` ディレクトリ。
+    *   ブラックベリー 10、.js ファイルで更新かどうか、 `qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.4.0.js` ファイル。
+
+(すなわち、更新ツールを使用して、ant) サンプル ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリ。
+
+2.  末尾が .jar のファイル更新、 `cordova.2.3.0/ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `cordova.2.3.0/ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  内容を更新、 `cordova.2.3.0/ext-qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  .Js ファイル更新、 `cordova.2.3.0/javascript/` ディレクトリ。
+
+6.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリおよび名前の変更、 `cordova.2.3.0/` ディレクトリを`cordova.2.4.0/`.
+
+7.  タイプ `ant blackberry build` または `ant playbook build` を更新する、 `www` 更新コルドバとディレクトリ。
+
+8.  オープン、 `www` ディレクトリを使用して、新しい HTML の更新と `cordova-2.4.0.js` ファイル。
+
+## 2.2.0 から 2.3.0 にアップグレードします。
+
+更新、ちょうど `www` ディレクトリ。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.3.0.js` プロジェクトに。
+    
+    *   脚本、それから更新の .js ファイルの場合、 `playbook/` ディレクトリ。
+    *   ブラックベリー 10、.js ファイルで更新かどうか、 `qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.3.0.js` ファイル。
+
+(すなわち、更新ツールを使用して、ant) サンプル ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリ。
+
+2.  末尾が .jar のファイル更新、 `cordova.2.2.0/ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `cordova.2.2.0/ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  内容を更新、 `cordova.2.2.0/ext-qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  .Js ファイル更新、 `cordova.2.2.0/javascript/` ディレクトリ。
+
+6.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリおよび名前の変更、 `cordova.2.2.0/` ディレクトリを`cordova.2.3.0/`.
+
+7.  タイプ `ant blackberry build` または `ant playbook build` を更新する、 `www` 更新コルドバとディレクトリ。
+
+8.  オープン、 `www` ディレクトリを使用して、新しい HTML の更新と `cordova-2.3.0.js` ファイル。
+
+## 2.1.0 から 2.2.0 にアップグレードします。
+
+ちょうど www ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.2.0.js` プロジェクトに。
+    
+    *   脚本、それから更新の .js ファイルの場合、 `playbook/` ディレクトリ。
+    *   ブラックベリー 10、.js ファイルで更新かどうか、 `qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.2.0.js` ファイル。
+
+(すなわち、更新ツールを使用して、ant) サンプル ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリ。
+
+2.  末尾が .jar のファイル更新、 `cordova.2.1.0/ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `cordova.2.1.0/ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  内容を更新、 `cordova.2.1.0/ext-qnx/` ディレクトリ。
+
+5.  .Js ファイル更新、 `cordova.2.1.0/javascript/` ディレクトリ。
+
+6.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリおよび名前の変更、 `cordova.2.1.0/` ディレクトリを`cordova.2.2.0/`.
+
+7.  タイプ `ant blackberry build` または `ant playbook build` を更新する、 `www` 更新コルドバとディレクトリ。
+
+8.  オープン、 `www` ディレクトリを使用して、新しい HTML の更新と `cordova-2.2.0.js` ファイル。
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 にアップグレードします。
+
+更新、ちょうど `www` ディレクトリ。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.1.0.js` プロジェクトに。
+    
+    *   脚本、それから更新の .js ファイルの場合、 `playbook/` ディレクトリ。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.1.0.js` ファイル。
+
+(すなわち、更新ツールを使用して、ant) サンプル ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリ。
+
+2.  末尾が .jar のファイル更新、 `cordova.2.0.0/ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `cordova.2.0.0/ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  .Js ファイル更新、 `cordova.2.0.0/javascript/` ディレクトリ。
+
+5.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリおよび名前の変更、 `cordova.2.0.0/` ディレクトリを`cordova.2.1.0/`.
+
+6.  タイプ `ant blackberry build` または `ant playbook build` を更新する、 `www` 更新コルドバとディレクトリ。
+
+7.  オープン、 `www` ディレクトリを使用して、新しい HTML の更新と `cordova-2.1.0.js` ファイル。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 にアップグレードします。
+
+更新、ちょうど `www` ディレクトリ。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-2.0.0.js` プロジェクトに。
+    
+    *   脚本、それから更新の .js ファイルの場合、 `playbook/` ディレクトリ。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.0.0.js` ファイル。
+
+6.  更新、 `www/plugins.xml` ファイル。2 つのプラグインの名前空間のサービス ラベルを変更。キャプチャと接触のプラグインからの古いエントリを変更します。
+    
+        < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>< プラグイン名 =「お問い合わせ」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+        
+    
+    宛先:
+    
+        < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>< プラグイン名「連絡先」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/= >
+        
+
+(すなわち、更新ツールを使用して、ant) サンプル ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリ。
+
+2.  末尾が .jar のファイル更新、 `cordova.1.9.0/ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `cordova.1.9.0/ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  .Js ファイル更新、 `cordova.1.9.0/javascript/` ディレクトリ。
+
+5.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリおよび名前の変更、 `cordova.1.9.0/` ディレクトリを`cordova.2.0.0/`.
+
+6.  タイプ `ant blackberry build` または `ant playbook build` を更新する、 `www` 更新コルドバとディレクトリ。
+
+7.  Open the `www` directory and update your HTML to use the new `cordova-2.0.0.js` file.
+
+8.  Open the `www` directory and update the `plugins.xml` file. Two plugins changed their namespace/service label. Change the old entries for the Capture and Contact plugins from:
+    
+         < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>< プラグイン名 =「お問い合わせ」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+        
+    
+    宛先:
+    
+         < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>< プラグイン名「連絡先」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/= >
+        
+
+*   1.8.0 へのアップグレード、1.7.0 から行ってください。
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
+
+更新、ちょうど `www` ディレクトリ。
+
+1.  オープン、 `www` アプリケーションを含むディレクトリ。
+
+2.  削除し、更新の .jar ファイルは `ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  コピー、新しい `cordova-1.8.0.js` プロジェクトに。
+    
+    *   脚本、それから更新の .js ファイルの場合、 `playbook/` ディレクトリ。
+
+5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.8.0.js` ファイル。
+
+6.  更新、 `www/plugins.xml` ファイル。2 つのプラグインの名前空間のサービス ラベルを変更。キャプチャと接触のプラグインからの古いエントリを変更します。
+    
+        < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>< プラグイン名 =「お問い合わせ」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+        
+    
+    宛先:
+    
+        < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>< プラグイン名「連絡先」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/= >
+        
+
+(すなわち、更新ツールを使用して、ant) サンプル ディレクトリを更新しています。
+
+1.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリ。
+
+2.  末尾が .jar のファイル更新、 `cordova.1.7.0/ext/` ディレクトリ。
+
+3.  内容を更新、 `cordova.1.7.0/ext-air/` ディレクトリ。
+
+4.  .Js ファイル更新、 `cordova.1.7.0/javascript/` ディレクトリ。
+
+5.  オープン、 `sample/lib/` ディレクトリおよび名前の変更、 `cordova.1.7.0/` ディレクトリを`cordova.1.8.0/`.
+
+6.  タイプ `ant blackberry build` または `ant playbook build` を更新する、 `www` 更新コルドバとディレクトリ。
+
+7.  Open the `www` directory and update your HTML to use the new `cordova-1.8.0.js` file.
+
+8.  Open the `www` directory and update the `plugins.xml` file. Two plugins changed their namespace/service label. Change the old entries for the Capture and Contact plugins from:
+    
+         < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>< プラグイン名 =「お問い合わせ」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+        
+    
+    宛先:
+    
+         < プラグイン名 =「キャプチャ」value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>< プラグイン名「連絡先」value="org.apache.cordova.pim.Contact"/= >
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
index 58b981d..67c1db8 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
@@ -28,6 +28,6 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         <preference name="PopupBlocker" value="enable"/>
         
 
-*   `WebSecurity`( `disable` またはデフォルト `enable` ): に設定されている `disable` 未知のソースからリモート コンテンツにアクセスできるように、web のセキュリティ設定をオーバーライドします。 この設定は、開発の利便性だけ、ので削除して配布用アプリケーションのパッケージとして用います。 知られているとホワイト リストに登録を使用してリリースされたアプリは、すべての Uri がする必要があります、 `<access>` ドメイン ホワイト リスト ガイドで説明されている要素。
+*   `WebSecurity`( `disable` またはデフォルト `enable` ): に設定されている `disable` 未知のソースからリモート コンテンツにアクセスできるように、web のセキュリティ設定をオーバーライドします。 This preference is intended as a development convenience only, so remove it before packaging the app for distribution. 知られているとホワイト リストに登録を使用してリリースされたアプリは、すべての Uri がする必要があります、 `<access>` ドメイン ホワイト リスト ガイドで説明されている要素。
     
         <preference name="WebSecurity" value="disable"/>
\ No newline at end of file


Mime
View raw message