cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ldel...@apache.org
Subject [05/53] [abbrv] docs commit: Lisa testing pulling in plugins for plugin: cordova-docs
Date Wed, 28 May 2014 17:40:06 GMT
Lisa testing pulling in plugins for plugin: cordova-docs


Project: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/repo
Commit: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/commit/026a7357
Tree: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/tree/026a7357
Diff: http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/diff/026a7357

Branch: refs/heads/master
Commit: 026a7357de497d399e60f44c7d1d4c3bc15028bf
Parents: 40c7291
Author: ldeluca <ldeluca@us.ibm.com>
Authored: Tue May 27 17:49:01 2014 -0400
Committer: ldeluca <ldeluca@us.ibm.com>
Committed: Tue May 27 17:49:01 2014 -0400

----------------------------------------------------------------------
 docs/ja/edge/config_ref/images.md               | 147 ++--
 docs/ja/edge/config_ref/index.md                |  10 +-
 docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md      |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/appdev/privacy/index.md      |   4 +-
 docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md    |  10 +-
 docs/ja/edge/guide/cli/index.md                 |  72 +-
 docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md      |  18 +-
 docs/ja/edge/guide/overview/index.md            |  30 +-
 .../edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md  |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md  |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md   | 244 ++++--
 docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md  |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md   |  42 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrade.md | 432 +++++++++++
 docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md |   2 +-
 .../edge/guide/platforms/blackberry/upgrade.md  | 419 ++++++++++
 .../edge/guide/platforms/blackberry10/config.md |   2 +-
 .../edge/guide/platforms/blackberry10/index.md  | 177 ++++-
 .../edge/guide/platforms/blackberry10/tools.md  |  32 +-
 .../guide/platforms/blackberry10/upgrade.md     | 466 +++++++++++
 docs/ja/edge/guide/platforms/firefoxos/index.md | 102 +++
 docs/ja/edge/guide/platforms/index.md           |  22 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md       |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/ios/plugin.md      |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md       |  20 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/ios/upgrade.md     | 770 +++++++++++++++++++
 docs/ja/edge/guide/platforms/ios/webview.md     |   2 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/tizen/index.md     |   6 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/ubuntu/index.md    |  10 +-
 docs/ja/edge/guide/platforms/win8/index.md      | 172 +++--
 docs/ja/edge/guide/platforms/win8/upgrade.md    |  56 ++
 docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md       | 246 ++++--
 docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md   |  36 +
 docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md      |   8 +
 docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/upgrade.md     | 418 ++++++++++
 docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md      |  36 +
 docs/ja/edge/guide/support/index.md             | 136 ++--
 docs/ja/edge/index.md                           |   4 +-
 docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md              |  27 +-
 docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md                 |  14 +-
 40 files changed, 3699 insertions(+), 505 deletions(-)
----------------------------------------------------------------------


http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/config_ref/images.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/config_ref/images.md b/docs/ja/edge/config_ref/images.md
index 3c57cb5..7c0df07 100644
--- a/docs/ja/edge/config_ref/images.md
+++ b/docs/ja/edge/config_ref/images.md
@@ -20,43 +20,107 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 ## CLI でアイコンを構成します。
 
-作業する場合、CLI で、アイコンのソース ファイル内にあるさまざまなプラットフォーム固有のサブディレクトリがあり、プロジェクトの `www/res/icons` ディレクトリ。 新しく作成したプロジェクトをターゲットにするプラットフォームを交換するためのコルドバのアイコンの既定のセットが付属します。
+When working in the CLI you can define app icon(s) via `<icon>` element (`config.xml`). If you do not specify an icon then the Apache Cordova logo is used.
 
-Android の低、中、高、および超高解像度アイコンを指定します。
+        <icon src="res/ios/icon.png" platform="ios" width="57" height="57" density="mdpi" />
+    
+
+src: (必須) www ディレクトリを基準にして、イメージ ファイルの場所を指定します。
+
+プラットフォーム: (省略可能) ターゲット プラットフォーム
+
+幅: (省略可能) アイコンの幅 (ピクセル単位)
+
+height: (optional) icon height in pixels
 
-        android/icon-36-ldpi.png
-        android/icon-48-mdpi.png
-        android/icon-72-hdpi.png
-        android/icon-96-xhdpi.png
+density: (optional) android specific, specifies icon density
+
+The following configuration can be used to define single default icon which will be used for all platforms.
+
+        <icon src="res/icon.png" />
     
 
-IOS プラットフォームは、Ipad 用 72 ピクセル正方形アイコンを指定し、網膜の高解像度の*2 倍*の亜種を Iphone や Ipod、57 ピクセルのアイコンが表示されます。
+For each platform you can also define a pixel-perfect icons set to fit different screen resolutions.
 
-        ios/icon-57-2x.png
-        ios/icon-57.png
-        ios/icon-72-2x.png
-        ios/icon-72.png
+アンドロイド
+
+         <platform name="android">
+                  <icon src="res/android/ldpi.png" density="ldpi" />
+                  <icon src="res/android/mdpi.png" density="mdpi" />
+                  <icon src="res/android/hdpi.png" density="hdpi" />
+                  <icon src="res/android/xhdpi.png" density="xhdpi" />
+         </platform>
     
 
-Windows Phone には、48 ピクセルの既定アイコンと共に様々 なデバイスのバック グラウンド アプリケーションを表すときに使用する画像を並べて表示を指定します。
+Blackberry10
 
-        windows-phone/icon-48.png
-        windows-phone/icon-62-tile.png
-        windows-phone/icon-173-tile.png
+         <platform name="blackberry10">
+                  <icon src="res/bb10/icon-86.png" />
+                  <icon src="res/bb10/icon-150.png" />
+         </platform>
     
 
-ブラックベリー 10 アイコンの要素を config.xml ファイルが必要です。
+See BlackBerry's documentation for targeting multiple sizes and locales. [http://developer.blackberry.com/html5/documentation/icon_element.html]
+
+Firefox OS
 
-        <icon src="blackberry10/icon-86.png" />
+         <platform name="firefoxos">
+                  <icon src="res/ff/logo.png" width="60" height="60" />
+         </platform>
     
 
-複数のサイズとロケールは、tareting のためのブラックベリーのマニュアルを参照してください。
+iOS
+
+         <platform name="ios">
+                  <!-- iOS 7.0+ -->
+                  <!-- iPhone / iPod Touch  -->
+                  <icon src="res/ios/icon-60.png" width="60" height="60" />
+                  <icon src="res/ios/icon-60@2x.png" width="120" height="120" />
+                  <!-- iPad -->
+                  <icon src="res/ios/icon-76.png" width="76" height="76" />
+                  <icon src="res/ios/icon-76@2x.png" width="152" height="152" />
+                  <!-- iOS 6.1 -->
+                  <!-- Spotlight Icon -->
+                  <icon src="res/ios/icon-40.png" width="40" height="40" />
+                  <icon src="res/ios/icon-40@2x.png" width="80" height="80" />
+                  <!-- iPhone / iPod Touch -->
+                  <icon src="res/ios/icon.png" width="57" height="57" />
+                  <icon src="res/ios/icon@2x.png" width="114" height="114" />
+                  <!-- iPad -->
+                  <icon src="res/ios/icon-72.png" width="72" height="72" />
+                  <icon src="res/ios/icon-72@2x.png" width="144" height="144" />
+                  <!-- iPhone Spotlight and Settings Icon -->
+                  <icon src="res/ios/icon-small.png" width="29" height="29" />
+                  <icon src="res/ios/icon-small@2x.png" width="58" height="58" />
+                  <!-- iPad Spotlight and Settings Icon -->
+                  <icon src="res/ios/icon-50.png" width="50" height="50" />
+                  <icon src="res/ios/icon-50@2x.png" width="100" height="100" />
+         </platform>
+    
+
+Tizen
+
+         <platform name="tizen">
+                  <icon src="res/tizen/icon-128.png" width="128" height="128" />
+         </platform>
+    
 
-[http://developer.blackberry.com/html5/documentation/icon_element.html]
+Windows Phone8
 
-Tizen は、128 ピクセルのアイコンが必要です。
+         <platform name="wp8">
+                  <icon src="res/wp/ApplicationIcon.png" width="99" height="99" />
+                  <!-- tile image -->
+                  <icon src="res/wp/Background.png" width="159" height="159" />
+         </platform>
+    
+
+Windows8
 
-        tizen/icon-128.png
+         <platform name="windows8">
+                  <icon src="res/windows8/logo.png" width="150" height="150" />
+                  <icon src="res/windows8/smalllogo.png" width="30" height="30" />
+                  <icon src="res/windows8/storelogo.png" width="50" height="50" />
+         </platform>
     
 
 ## CLI でスプラッシュ スクリーンを構成します。
@@ -75,7 +139,7 @@ Android は両方の肖像画および横向きスプラッシュ画面画像の
         android/screen-xhdpi-portrait.png
     
 
-IOS プラットフォームの網膜ディスプレイの向きが異なる亜種の iPhone/iPod と iPad のバリエーションを指定します。*568 H*ファイルは iPhone 5 の背の高い画面に適用されます。
+IOS プラットフォームの網膜ディスプレイの向きが異なる亜種の iPhone/iPod と iPad のバリエーションを指定します。*568 h*ファイルは iPhone 5 の背の高い画面に適用されます。
 
         ios/screen-ipad-landscape-2x.png
         ios/screen-ipad-landscape.png
@@ -95,7 +159,7 @@ Windows Phone では、単一のスプラッシュ画面のイメージを指定
 
 次のセクションでは、プラットフォームのガイドで説明されている Sdk と関連するコマンド ライン ツールの操作時のスプラッシュ画面を設定する方法について詳しく説明します。
 
-使用する前に、SplashScreen プラグインをインストールすることを忘れないでください、 `navigator.splashscreen.hide()` または `navigator.splashscreen.show()` のメソッド。
+Don't forget to install the SplashScreen plugin before trying to use the `navigator.splashscreen.hide()` or `navigator.splashscreen.show()` methods.
 
 ## Android プラットフォーム用のスプラッシュ画面
 
@@ -110,47 +174,26 @@ Android プロジェクトで[9 patch 画像][1]ファイルを置きます `pla
 *   媒体 (開度計): 少なくとも 470 × 320
 *   小 (ldpi): 少なくとも 426 × 320
 
-コルドバで提供される既定のスプラッシュ画面画像を使用する場合は、png ファイルをコピーする必要があります `platforms/android/www/res/screen/android` を `platforms/android/res/drawable*/` :
-
-    cd platforms/android/res
-    mkdir drawable-port-ldpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-ldpi-portrait.png drawable-port-ldpi/screen.png
-    mkdir drawable-land-ldpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-ldpi-landscape.png drawable-land-ldpi/screen.png
-    mkdir drawable-port-mdpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-mdpi-portrait.png drawable-port-mdpi/screen.png
-    mkdir drawable-land-mdpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-mdpi-landscape.png drawable-land-mdpi/screen.png
-    mkdir drawable-port-hdpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-hdpi-portrait.png drawable-port-hdpi/screen.png
-    mkdir drawable-land-hdpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-hdpi-landscape.png drawable-land-hdpi/screen.png
-    mkdir drawable-port-xhdpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-xhdpi-portrait.png drawable-port-xhdpi/screen.png
-    mkdir drawable-land-xhdpi
-    cp -p ../assets/www/res/screen/android/screen-xhdpi-landscape.png drawable-land-xhdpi/screen.png
-    
-
-`drawable`[画面サイズ][2]と[代替のリソース][3]をサポート Android 規則に従ってディレクトリ名前をする必要があります.
+既定のスプラッシュ スクリーン イメージ、コルドバでサンプル アプリ既にあるべきで提供される新しい Android プロジェクトを作成するとき、 `platforms/android/res/drawable*` ディレクトリ。 Feel free to replace these with your own images. When providing your own splash screen images, you do not need to provide the same permutation of 8 as the Cordova default ones here. More or less optimization can be used. The `drawable` directory names must follow the Android conventions for supporting [screen sizes][2] and [alternate resources][3].
 
  [2]: http://developer.android.com/guide/practices/screens_support.html
  [3]: http://developer.android.com/guide/topics/resources/providing-resources.html#AlternativeResources
 
-`config.xml`、次の環境設定を追加:
+In the top-level `config.xml` file (not the one in `platforms`), add the following preferences:
 
-    <preference name="SplashScreen" value="splash" />
+    <preference name="SplashScreen" value="screen" />
     <preference name="SplashScreenDelay" value="10000" />
     
 
-最初の行ではスプラッシュ画面として表示するイメージを設定します。 これはファイル名で png 形式の `drawable*` ディレクトリ。 場合は任意の名前をイメージ以外 `splash.png` 、この行を変更する必要があります。 ファイル名の拡張子を含めないでください (すなわち、 `.png` )。 コルドバ上記で提供される既定のスプラッシュ スクリーンを使用する場合は、値を使用します`screen`.
+The first line sets the image to display as the splash screen. This is the file name of the png in the `drawable*` directories, minus the `.png` extension. The default value for SplashScreen is `screen` (for the file `platforms/android/res/drawable*/screen.png`), so if you name the image anything other than `screen.png` in the `drawable*` directories, you need to add/modify this line.
 
-2 番目の行 (ミリ秒単位) が表示されますどのように長いスプラッシュ ・ スクリーンのデフォルトの遅延を設定します。これは最大の予想開始時刻する必要があります。SplashScreenDelay の既定値は 3000 ミリ秒です。
+The second line sets the default delay of how long the splashscreen appears in milliseconds. This should be the worst-case expected start time. The default value for SplashScreenDelay is 3000 ms.
 
-最後に、スプラッシュ画面が表示されますのみ必要な限り。 アプリが開始され、webview が読み込まれる、アプリのメイン ビューが表示されるスプラッシュ画面を隠す必要があります。 アプリ開始時刻が異なるためかなりの要因の数が多いのため、アプリを明示的に呼び出すことをお勧め `navigator.splashscreen.hide()` 応答する Javascript のメソッドで、 `deviceready` イベント。 それ以外の場合、スプラッシュ スクリーンが上に構成されている SplashScreenDelay 値の表示されます。 このイベント駆動型のアプローチは、常に一定の時間に表示されるスプラッシュ画面を持つ対強くお勧めします。
+Finally, as a best practice, the splash screen should be present only as long as necessary. When your app has started and the webview has loaded, your app should hide the splash screen so that your main view is visible as soon as it is ready. Because the app start time will vary quite a bit due to a number of factors such as CPU speed and network, it is recommended that your app explicitly invoke `navigator.splashscreen.hide()` in the JavaScript method that responds to the `deviceready` event. Otherwise the splash screen will be visible for the SplashScreenDelay value that you configured above, which is likely longer than necessary. This event-driven approach is highly recommended versus having the splash screen visible for always a fixed duration.
 
 ## IOS プラットフォーム用のスプラッシュ画面
 
-IOS プロジェクトにスプラッシュ画面画像をコピー `Resources/splash` ディレクトリ。 IPad や iPhone などをサポートするデバイスのためのこれらの画像を追加のみです。 各イメージのサイズをする必要があります。
+Copy splash screen images into the iOS project's `Resources/splash` directory. Only add those images for the devices you want to support, such as iPad or iPhone. The size of each image should be:
 
 *   Default-568h@2x~iphone.png (640x1136 pixels)
 *   Default-Landscape@2x~ipad.png (2048 x 1496 ピクセル)
@@ -162,7 +205,7 @@ IOS プロジェクトにスプラッシュ画面画像をコピー `Resources/s
 
 ## BlackBerry 10 プラットフォーム用のスプラッシュ画面
 
-各解像度とサポートしたいロケールの config.xml にリム: スプラッシュ要素を追加します。
+Add a rim:splash element to config.xml for each resolution and locale you wish to support:
 
 [http://developer.blackberry.com/html5/documentation/rim\_splash\_element.html][4]
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/config_ref/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/config_ref/index.md b/docs/ja/edge/config_ref/index.md
index d539b7d..80caf11 100644
--- a/docs/ja/edge/config_ref/index.md
+++ b/docs/ja/edge/config_ref/index.md
@@ -130,4 +130,12 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         </feature>
     
 
-各機能を指定する方法の詳細については API リファレンスを参照してください。プラグインの詳細については、プラグイン開発ガイドを参照してください。
\ No newline at end of file
+各機能を指定する方法の詳細については API リファレンスを参照してください。プラグインの詳細については、プラグイン開発ガイドを参照してください。
+
+## *プラットフォーム*要素
+
+CLI を使用して、アプリケーションを構築する、環境設定や、特定のプラットフォームに固有の他の要素を指定する必要があります。 使用の `<platform>` 構成を指定する必要がありますだけが表示される単一プラットフォーム固有の要素 `config.xml` ファイル。 たとえば、ここではその唯一のアンドロイドがフルスクリーンの好みを使用するを指定する方法です。
+
+        <platform name="android">
+            <preference name="Fullscreen" value="true" />
+        </platform>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md b/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
index cb1c516..e7ccb23 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/plugins/pluginapis.md
@@ -103,4 +103,4 @@
  [17]: https://github.com/apache/cordova-plugin-splashscreen/blob/master/doc/index.md
  [18]: https://github.com/apache/cordova-plugin-vibration/blob/master/doc/index.md
 
-これらのプラグインのドキュメントの翻訳を英語以外の言語は、コルドバのドキュメントの古いバージョンを見て発見ことができます。非常に右上のこのサイトでバージョンを切り替えるには、ドロップ ダウン メニューを使用します。
+これらのプラグインのドキュメントの翻訳を英語以外の言語は、コルドバのドキュメントの古いバージョンを見て発見ことができます。非常に右上のこのサイトでバージョンを切り替えるには、ドロップ ダウン メニューを使用します。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/appdev/privacy/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/appdev/privacy/index.md b/docs/ja/edge/guide/appdev/privacy/index.md
index 0cf3ee6..171f1c5 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/appdev/privacy/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/appdev/privacy/index.md
@@ -20,11 +20,11 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 モバイル アプリのプライバシーに関するこのガイドは、いくつかの最も重要な問題に対処する*プライマー*を考慮しなければなりません。 いくつかの広く受け入れられているベスト プラクティスを概説し、他のより詳細なガイドと参照への参照を提供します。
 
-*   **プライバシー ポリシー**: アプリ情報のどんなアプリ収集からまたはユーザーについて、その情報の使用方法、誰と共有している、ユーザーがアプリ内のプライバシー関連の選択肢をすることができますどのようなトピックに対応するプライバシー ポリシーを含める必要があります。理解を助けるため、平易な言葉を使用して技術的な専門用語を避ける必要があります。 あなたのプライバシー ポリシーをアプリのマーケットプ レースでアプリの説明のようなダウンロードする前にレビューするユーザーのために利用可能にする必要があります。 さらに、お客様のプライバシー ポリシーをアプリ自体の内で使用可能にする必要があります。 モバイル デバイスのディスプレイのサイズに制限はプライバシー ポリシーを表示するための
 課題を作成します。 最も重要な情報が含まれるポリシーの*短い形式*の開発を検討し、詳細に興味がある人「長い形式」ポリシーへのリンクを提供しています。 いくつかのグループは、プライバシーに関する声明は、一度これらの規格の成熟を考慮したいと思うことを通信するためのアイコン ベースの基準を開発しようとしています。
+*   **Privacy Policy**: You app should include a privacy policy that addresses topics such as what kind of information the app collects from or about your users, how that information is used, with whom it is shared, and how users can make privacy-related choices within the app. To aid understanding, you should use plain language and avoid technical jargon. あなたのプライバシー ポリシーをアプリのマーケットプ レースでアプリの説明のようなダウンロードする前にレビューするユーザーのために利用可能にする必要があります。 さらに、お客様のプライバシー ポリシーをアプリ自体の内で使用可能にする必要があります。 モバイル デバイスのディスプレイのサイズに制限はプライバシー ポリシーを表示するための課題を作成します。 最も重要な情報が含まれるポリシーの*短い形式*の開発を検討し、詳細に興味がある人「
 い形式」ポリシーへのリンクを提供しています。 いくつかのグループは、プライバシーに関する声明は、一度これらの規格の成熟を考慮したいと思うことを通信するためのアイコン ベースの基準を開発しようとしています。
 
 *   **機密性の高い情報の収集**: アプリの敏感な個人情報の収集を重要なプライバシーへの懸念を発生させます。 個人の機密情報の例は、個人の金融情報、健康およびからまたは子供についての情報。 また、特定のセンサーと携帯端末やタブレットの地理位置情報、連絡先/電話帳、マイク/カメラ ストアド画像/動画などで通常見られるデータベースから収集された情報が含まれています。 詳細については、次のマニュアル ページを参照してください:[カメラ][1]、[キャプチャ][2]、[連絡先][3]、および[ジオロケーション][4]。 一般に、機密情報を収集する前に、ユーザーの明示的な許可を取得してください、可能であれば、簡単に権限を変更することができます制御機構を提供します。 アプリケーションのオペレーティング システムは、
 レクションの前に、ユーザーの許可を求める - 時のダイアログ ボックスを提示することによっていくつかのインスタンスで助けることができます。 このような場合、必ず明確にどのようにアプリを使用して、該当する場合、このような情報を共有する] ダイアログ ボックスのテキストをカスタマイズするあらゆる機会を活用します。
 
-*   **ユーザーの驚きを回避する**: アプリを収集または場合 (たとえば、保存画像にアクセスする音楽プレーヤー) アプリの主な目的に照らしてユーザーに驚くべきことができる方法で情報を使用して、機密性の高い個人情報の収集と同様同様の対策を講じ必要があります。 それは、強くお勧め、ジャスト イン タイム ダイアログ ボックスの使用をコレクションについてユーザーに通知または情報の使用は、該当する場合は、対応するプライバシー制御を提供します。
+*   **Avoiding user surprise**: If the app collects or uses information in a way that may be surprising to users in light of the primary purpose of your app (for example, a music player that accesses stored pictures), you should take similar steps as with the collection of sensitive personal information. それは、強くお勧め、ジャスト イン タイム ダイアログ ボックスの使用をコレクションについてユーザーに通知または情報の使用は、該当する場合は、対応するプライバシー制御を提供します。
 
 *   **サード パーティ製データ収集または共有**: アプリは、別の会社に提供される情報を収集する場合ソーシャルネットワーキングプラット フォームまたは (たとえば、アプリに広告が表示される場合)--広告ネットワークなどをユーザーに通知するそのコレクションの共有と。 少なくとも、あなたのプライバシー ポリシー、情報収集を記述する必要があるし、必要に応じて、ユーザーをコントロールする能力を提供していますこのようなコレクションのオプトアウトまたは共有します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md b/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
index b242f80..4971bfa 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
@@ -89,7 +89,7 @@ IOS プラットフォーム上のワイルドカードは、 [W3C のウィジ
 
 ブラックベリー 10年使用ワイルドカードの次の 2 つの方法で他のプラットフォームによって異なります。
 
-*   によってアクセスできるコンテンツ `XMLHttpRequest` を明示的に宣言する必要があります。 設定 `origin="*"` この場合動作しません。 代わりに、すべての web セキュリティできない可能性がありますを使用して、 `WebSecurity` 好みのブラックベリーの構成で説明:
+*   によってアクセスできるコンテンツ `XMLHttpRequest` 明示的に宣言する必要があります。 設定 `origin="*"` この場合動作しません。 代わりに、すべての web セキュリティできない可能性がありますを使用して、 `WebSecurity` 好みのブラックベリーの構成で説明:
     
         <preference name="websecurity" value="disable" />
         
@@ -114,15 +114,15 @@ IOS プラットフォーム上のワイルドカードは、 [W3C のウィジ
 
 ## 3.1.0 の iOS の変化
 
-前のバージョン 3.1.0、コルドバ iOS 他コルドバのプラットフォームでサポートされているドメイン whilelisting スキームをいくつかの非標準の拡張含まれています。 3.1.0、現在 iOS のホワイト リストは今このドキュメントの上部に記載されているリソースのホワイト リストの構文に準拠します。 変更する必要があります前 3.1.0 からアップグレードする場合にこれらの拡張機能を使用していた、 `config.xml` として前にホワイト リスト登録リソースの同じセットを続行するためにファイル。
+Prior to version 3.1.0, Cordova-iOS included some non-standard extensions to the domain whilelisting scheme supported by other Cordova platforms. As of 3.1.0, the iOS whitelist now conforms to the resource whitelist syntax described at the top of this document. If you upgrade from pre-3.1.0, and you were using these extensions, you may have to change the `config.xml` file in order to continue whitelisting the same set of resources as before.
 
 具体的には、これらのパターンを更新する必要があります。
 
-*   `apache.org`(プロトコル): これは以前と一致 `http` 、 `https` 、 `ftp` 、および `ftps` プロトコル。 変更" `*://apache.org/*` "に、すべてのプロトコルを含めたり、各プロトコルをサポートする必要がある行が含まれます。
+*   "`apache.org`" (no protocol): This would previously match `http`, `https`, `ftp`, and `ftps` protocols. Change to "`*://apache.org/*`" to include all protocols, or include a line for each protocol you need to support.
 
-*   `http://apache.*`(ワイルドカード ドメインの終わりに): これは以前すべて上位-レベルの-ドメイン、すべての可能な 2 文字の Tld を含むと一致 (しかしように有用ではないドメイン。 co.uk)。 行することが実際に制御、ホワイト リストに登録する必要がある各 TLD を含めます。
+*   "`http://apache.*`" (wildcard at end of domain): This would previously match all top-level-domains, including all possible two-letter TLDs (but not useful domains like .co.uk). Include a line for each TLD which you actually control, and need to whitelist.
 
-*   `h*t*://ap*he.o*g`(行方不明のランダムな文字のワイルドカード文字): これらはサポートされていません。各ドメインをホワイト リストに実際に必要なプロトコルの行を含めるに変更します。
+*   "`h*t*://ap*he.o*g`" (wildcards for random missing letters): These are no longer supported; change to include a line for each domain and protocol that you actually need to whitelist.
 
 ## Windows Phone のホワイト リスト
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
index 4b9427a..1be368e 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
@@ -16,7 +16,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # コマンド ライン インターフェイス
 
-このガイドでは、アプリケーションの作成し、を使用してさまざまなネイティブ モバイル プラットフォームに展開する方法を示します、 `cordova` コマンド ライン インターフェイス (CLI)。 このツールは、新しいプロジェクトの作成、異なるプラットフォームでは、ビルド、またはエミュレーター内で実際のデバイスで実行することができます。 CLI は、クロス プラットフォームのワークフローに使用する主要なツール (様々 なワークフローの説明の概要を参照してください)。ただし、初期化のコード プロジェクトを使用するさまざまなプラットフォームの Sdk とシェル ツール継続的な開発のために CLI を使用することもできます。
+このガイドでは、アプリケーションの作成し、を使用してさまざまなネイティブ モバイル プラットフォームに展開する方法を示します、 `cordova` コマンド ライン インターフェイス (CLI)。 This tool allows you to create new projects, build them on different platforms, and run on real devices or within emulators. The CLI is the main tool to use for the cross-platform workflow described in the Overview. Otherwise you can also use the CLI to initialize project code, then switch to various platforms' SDKs and shell tools for continued development.
 
 ## 前提条件
 
@@ -26,7 +26,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 *   iOS (Mac)
 *   アマゾン火 OS (Mac、Linux、Windows)
-*   アンドロイド (マック、Linux)
+*   アンドロイド (Mac、Linux、Windows)
 *   ブラックベリー 10 (Mac、Linux、Windows)
 *   Windows Phone 7 (Windows)
 *   Windows Phone 8 (Windows)
@@ -35,37 +35,42 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経由で利用できます。PC 上だ*アクセサリー*の下で*コマンド プロンプト*として使用可能.
 
-多くの可能性、CLI リモート ソース コード リポジトリでは、ローカルの作業ディレクトリにプルダウンその資産を維持するために理にかなってより多くの異なるマシンからに実行することです。
+**NOTE**: For Windows-only platforms, you can still do your development on Mac hardware by running Windows in a virtual machine environment or in dual-boot mode. For available options, see the Windows Phone Platform Guide or the Windows 8 Platform Guide.
 
-インストールする、 `cordova` コマンド ライン ツールは、次の手順に従ってください。
+The more likely it is that you run the CLI from different machines, the more it makes sense to maintain a remote source code repository, whose assets you pull down to local working directories.
+
+To install the `cordova` command-line tool, follow these steps:
 
 1.  ダウンロードしてインストール[Node.js][1]。呼び出すことができる必要がありますインストール直後は、 `node` または `npm` コマンド ライン。
 
-2.  インストール、 `cordova` ユーティリティ。Unix では、プレフィックス、追加 `sudo` 開発ユーティリティをインストールする必要があるかもしれませんコマンドでディレクトリを制限されてそれ以外の場合。
+2.  Download and install a [git client][2], if you don't already have one. Following installation, you should be able to invoke `git` on your command line. Even though you won't be using `git` manually, the CLI does use it behind-the-scenes to download some assets when creating a new project.
+
+3.  Install the `cordova` utility. In Unix, prefixing the additional `sudo` command may be necessary to install development utilities in otherwise restricted directories:
     
-        $ sudo npm install -g cordova
+        $ sudo 故宮をインストール-g コルドバ
         
     
     インストール ログすべてアンインストールされたプラットフォーム Sdk の誤差が生じる可能性があります。インストール後、実行することができる必要があります `cordova` コマンド ・ ラインで。
     
-    **注**: `-g` 上記のフラグは、npm コルドバをグローバルにインストールします。 Npm ディレクトリ グローバルを呼び出すためにあなたのパスにインストールする npm モジュールを追加する必要があります。 Windows では、npm が通常あります `C:\Users\username\AppData\Roaming\npm` と Unix で`/usr/local/share/npm`.
+    **注**: `-g` 上記のフラグは、 `npm` コルドバをグローバルにインストールします。 追加する必要があります、 `npm` ディレクトリを `PATH` グローバルにインストールされているを呼び出すために `npm` モジュール。 Windows では、 `npm` 通常で発見することができます `C:\Users\username\AppData\Roaming\npm` と Unix で`/usr/local/share/npm`.
 
  [1]: http://nodejs.org/
+ [2]: http://git-scm.com/
 
 ## アプリを作成します。
 
-ソース コードを維持する、ディレクトリに移動し、次のようなコマンドを実行します。
+Go to the directory where you maintain your source code, and run a command such as the following:
 
         $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
     
 
-いくつかの時間がかかるを完了するコマンドがかかります。コマンドを実行して、 `-d` オプションは、進行状況に関する情報を表示します。
+It may take some time for the command to complete, so be patient. Running the command with the `-d` option displays information about its progress.
 
-最初の引数の*ハロー*プロジェクトに対して生成されるディレクトリを指定します。 このディレクトリは既に存在する必要があります、コルドバはあなたのために作成されます。 その `www` サブディレクトリ、アプリケーションのホーム ページで、下にあるさまざまなリソースと一緒に家 `css` 、 `js` と `img` 、一般的な web 開発ファイル名前付け規則に従いますが。 `config.xml`ファイルには生成し、アプリケーションの配布に必要な重要なメタデータが含まれています。
+The first argument *hello* specifies a directory to be generated for your project. This directory should not already exist, Cordova will create it for you. Its `www` subdirectory houses your application's home page, along with various resources under `css`, `js`, and `img`, which follow common web development file-naming conventions. The `config.xml` file contains important metadata needed to generate and distribute the application.
 
-2 番目の引数 `com.example.hello` 逆引きドメイン スタイル識別子と、プロジェクトを提供します。 この引数はオプションですが、またので、引数が位置指定に 3 番目の引数を省略する場合にのみです。 値は編集できますこの後で、 `config.xml` ファイル、しかし、ことはの外で生成されたコードがあるかもしれないことに注意してください `config.xml` Java パッケージ名など、この値を使用します。 既定値は `io.cordova.hellocordova` が適切な値を選択することをお勧めします。
+The second argument `com.example.hello` provides your project with a reverse domain-style identifier. This argument is optional, but only if you also omit the third argument, since the arguments are positional. You can edit this value later in the `config.xml` file, but do be aware that there may be code generated outside of `config.xml` using this value, such as Java package names. The default value is `io.cordova.hellocordova`, but it is recommended that you select an appropriate value.
 
-3 番目の引数 `HelloWorld` アプリケーションの表示タイトルを提供します。 この引数は省略可能です。 値は編集できますこの後で、 `config.xml` ファイル、しかし、ことはの外で生成されたコードがあるかもしれないことに注意してください `config.xml` Java クラス名など、この値を使用します。 既定値は `HelloCordova` が適切な値を選択することをお勧めします。
+3 番目の引数 `HelloWorld` アプリケーションの表示タイトルを提供します。 この引数は省略可能です。 この値は編集できます後で、 `config.xml` ファイル、しかし、ことはの外で生成されたコードがあるかもしれないことに注意してください `config.xml` Java クラス名など、この値を使用して。 既定値は `HelloCordova` が適切な値を選択することをお勧めします。
 
 ## プラットフォームを追加します。
 
@@ -108,9 +113,9 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform rm android
     
 
-各指定されたプラットフォームがサブディレクトリとして追加またはプラットフォームに影響を与えるプロジェクトの*プラットフォーム*ディレクトリの内容を削除するコマンドを実行します。 *Www*ソース ディレクトリは再現などに表示されるプラットフォームごとのサブディレクトリ内で `platforms/ios/www` または `platforms/android/assets/www` 。 CLI 常にコピーするので*www*のソース フォルダーからファイルをこれらのファイルではなく*プラットフォーム*サブディレクトリの下にあるもののみ編集する必要があります。 バージョン管理ソフトウェアを使用する*マージ*フォルダーと共にこのソース*www*フォルダーをバージョン管理システムに追加してください。 (*マージ*フォルダーに関する詳細については、下記の各プラットフォームのカスタマ
 ズ セクションで発見ことができます)。
+各指定されたプラットフォームがサブディレクトリとして追加またはプラットフォームに影響を与えるプロジェクトの*プラットフォーム*ディレクトリの内容を削除するコマンドを実行します。 *Www*ソース ディレクトリは再現などに表示されるプラットフォームごとのサブディレクトリ内で `platforms/ios/www` または `platforms/android/assets/www` 。 CLI は常にソース*www*フォルダーからファイルをコピー、ためこれらのファイルではなく*プラットフォーム*サブディレクトリの下にあるもののみ編集してください。 バージョン管理ソフトウェアを使用する*マージ*フォルダーと共にこのソース*www*フォルダーをバージョン管理システムに追加してください。 (*マージ*フォルダーについての詳細は、下記の各プラットフォームのカスタマイズ セクション
 発見ことができます)。
 
-**警告**: で任意のファイルの編集から勧めは、CLI を使用して、アプリケーションをビルド、するとき、 `/platforms/` フォルダーをあなたがやっているか具体的に言われているそれ以外の場合のマニュアルを知っている限り。 これは内のファイルは `/platforms/` ディレクトリが上書きされますに準備またはプラグインの再インストール。
+**警告**:*ない*編集のいずれかのファイルは、CLI を使用して、アプリケーションをビルド、するとき、 `/platforms/` のマニュアル場合それ以外の場合あなたが何をやっている知っている限り、またはディレクトリ。 このディレクトリ内のファイルは、日常的に構築するためのアプリケーションを準備するとき、またはプラグインの再インストール時に上書きされます。
 
 この時点でご希望の場合は作成したプロジェクトを開くに日食、Xcode など SDK を使用できます。 資産からの誘導体のセットを開く必要があります、 `/platforms/` ディレクトリの SDK を開発します。 これは、SDK の特定のメタデータ ファイルは、適切な内に格納されるため `/platform/` サブディレクトリ。 (各 IDE 内でアプリケーションを開発する方法についての情報のプラットフォームのガイドを参照)。あなたが単にしネイティブ作業用の SDK に切り替えるし、CLI を使用してプロジェクトを初期化する場合は、このアプローチを使用します。
 
@@ -147,34 +152,35 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 
 いくつかのモバイル プラットフォーム既定では、iOS のプロジェクトのため iPhone など、特定のデバイスをエミュレートします。他のプラットフォーム用に最初のデバイス エミュレーターに関連付ける必要があります。
 
-注: エミュレーターのサポートは現在利用できませんアマゾン火 os
+**注**: エミュレーターのサポートは、現在アマゾン火 OS のため利用できません。
 
 (詳細については、プラットフォームのガイドを参照)。たとえば、あなたが最初の実行、 `android` 人造人間 SDK を起動し、その既定の動作によると起動する特定のデバイスのイメージを実行するコマンド。
 
-![][2]
+![][3]
 
- [2]: img/guide/cli/android_emulate_init.png
+ [3]: img/guide/cli/android_emulate_init.png
 
 フォロー アップで、 `cordova emulate` コマンドは、ホーム画面から起動できるようになります最新のアプリケーションを表示するエミュレーター イメージを更新します。
 
-![][3]
+![][4]
 
- [3]: img/guide/cli/android_emulate_install.png
+ [4]: img/guide/cli/android_emulate_install.png
 
 代わりに、携帯電話をお使いのコンピューターに差し込み、アプリを直接テストすることができます。
 
         $ cordova run android
     
 
-このコマンドを実行する前に必要、テスト デバイスを設定するプラットフォームごとに異なる手順に従います。 人造人間とアマゾン火 OS のデバイス、デバイス上の**USB デバッグ**オプションを有効にして、おそらく開発環境に応じて USB ドライバーを追加する必要があります。 各プラットフォームの要件の詳細については、プラットフォームのガイドを参照してください。
+このコマンドを実行する前にする必要があるテストで、デバイスを設定するプラットフォームごとに異なる手順に従います。 人造人間とアマゾン火 OS のデバイス、デバイス上の**USB デバッグ**オプションを有効にして、おそらく開発環境に応じて USB ドライバーを追加する必要があります。 各プラットフォームの要件の詳細については、プラットフォームのガイドを参照してください。
 
 ## プラグイン機能を追加します。
 
 ビルド、新しいプロジェクトを表示すると表示される既定のアプリケーションは非常にしません。 標準の web テクノロジーを活用する多くの方法でアプリを変更することができますが、デバイス レベルのさまざまな機能と密接に通信するアプリ、コア コルドバ Api へのアクセスを提供するプラグインを追加する必要があります。
 
-*プラグイン*はネイティブ コンポーネントへのインタ フェースを提供するアドオン コードのビットです。 たとえば、ネイティブ コンポーネントを持つコルドバの WebView をミックスしたハイブリッド アプリを設計するときの独自のプラグイン インターフェイスをデザインできます。 (詳細については埋め込み web 表示とプラグイン開発ガイドを参照してください)。一般的に、コルドバの基本的なデバイス レベル機能は、API リファレンスの詳細のいずれかを有効にするプラグインを追加すると思います。 [Plugins.cordova.io][4]では、コミュニティによって提供される追加のプラグインを含む、これらのプラグインのリストがあります。 CLI を使用するには、このレジストリからプラグインを検索します。 たとえば、検索 `bar` と `code` 小文字部分
 文字列としての両方の条件に一致する 1 つの結果を生成します。
+*プラグイン*はネイティブ コンポーネントへのインタ フェースを提供するアドオン コードのビットです。 たとえば、ネイティブ コンポーネントを持つコルドバの WebView をミックスしたハイブリッド アプリを設計するときの独自のプラグイン インターフェイスをデザインできます。 (詳細については埋め込み web 表示と[プラグイン開発ガイド][5]を参照してください)。一般的に、コルドバの基本的なデバイス レベル機能は、API リファレンスの詳細のいずれかを有効にするプラグインを追加すると思います。 A list of these plugins, including additional third-party plugins provided by the community, can be found in the registry at [plugins.cordova.io][6]. CLI を使用するには、このレジストリからプラグインを検索します。 たとえば、検索 `bar` と `code` 小文字部分文字列とし
 の両方の条件に一致する 1 つの結果を生成します。
 
- [4]: http://plugins.cordova.io/
+ [5]: guide_hybrid_plugins_index.md.html#Plugin%20Development%20Guide
+ [6]: http://plugins.cordova.io/
 
         $ cordova plugin search bar code
     
@@ -186,9 +192,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         org.apache.cordova.statusbar - Cordova StatusBar Plugin
     
 
-`cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。 Web プロジェクト開発のワークフローに従います、CLI を使用すると、CLI は世話することプラットフォームごとの適切な場所にプラグインのコードを追加するに注意してください。 (場合ネイティブ プロジェクト Dev ワークフローに従っている、あなたが各プラットフォーム Plugman (ガイド リンクはここ)、複数回を使用してプラグインを追加する。)
-
-CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
+`cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 *   基本的なデバイス情報 (デバイス API):
     
@@ -252,6 +256,8 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
         
 
+**メモ**: CLI プラットフォームごとの適切なプラグインのコードを追加します。 低レベルのシェルのツールやプラットフォーム Sdk の概要で説明されているようで開発する場合は、個別に各プラットフォーム用のプラグインを追加する Plugman ユーティリティを実行する必要があります。 (詳細については、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください)。
+
 使用 `plugin ls` (または `plugin list` 、または `plugin` 自体によって) 現在を表示するプラグインをインストールします。それぞれの識別子が表示されます。
 
         $ cordova plugin ls    # or 'plugin list'
@@ -264,7 +270,7 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
         $ cordova plugin remove org.apache.cordova.console    # same
     
 
-バッチ削除したりコマンドごとに 1 つ以上の引数を指定して、プラグインを追加します。
+バッチ削除したり、各コマンドの 1 つ以上の引数を指定してプラグインを追加します。
 
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.console org.apache.cordova.device
     
@@ -309,7 +315,7 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 ## 各プラットフォームのカスタマイズを*マージ*を使用します。
 
-コルドバは、多くの異なるプラットフォーム用のアプリを簡単に展開することができます、間時々 カスタマイズを追加する必要があります。 この場合、様々 なソース ファイルを変更するたくない `www` 内の最上位レベルのディレクトリ `platforms` ディレクトリ、彼らしている定期的に置き換えられるので、最上位の `www` ディレクトリのクロスプラット フォームのソース。
+コルドバは、多くの異なるプラットフォーム用のアプリを簡単に展開することができます、間時々 カスタマイズを追加する必要があります。 この場合、様々 なソース ファイルを変更するたくない `www` 内の最上位レベルのディレクトリ `platforms` ディレクトリ、トップレベルで定期的に取り替えられるため `www` ディレクトリのクロスプラット フォームのソース。
 
 代わりに、最上位 `merges` ディレクトリの特定のプラットフォームに展開する資産を指定する場所を提供しています。 各プラットフォーム固有のサブディレクトリ内で `merges` のディレクトリ構造をミラー、 `www` ソース ツリーで、オーバーライドまたは必要に応じてファイルを追加することができます。 たとえば、使用する可能性がありますどのようにここでは `merges` Android とアマゾン火 OS デバイスの既定のフォント サイズを後押しします。
 
@@ -348,26 +354,26 @@ CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 ## コルドバとあなたのプロジェクトの更新
 
-インストールした後、 `cordova` ユーティリティ、常に更新できます、最新のバージョンに次のコマンドを実行します。
+インストールした後、 `cordova` ユーティリティは、常に更新できますそれを最新バージョンに次のコマンドを実行します。
 
         $ sudo npm update -g cordova
     
 
-特定のバージョンをインストールするには、この構文を使用します。
+Use this syntax to install a specific version:
 
         $ sudo npm install -g cordova@3.1.0-0.2.0
     
 
-実行 `cordova -v` を現在実行されているどのバージョンを参照してください。 実行、 `npm
-info` をその他の利用可能なバージョン番号と共に現在のバージョンを含む長い一覧のコマンド。
+Run `cordova -v` to see which version is currently running. Run the `npm
+info` command for a longer listing that includes the current version along with other available version numbers:
 
         $ npm info cordova
     
 
-コルドバ 3.0 は、このセクションで説明されているコマンド ライン インターフェイスをサポートするために最初のバージョンです。 前述のように、新しいプロジェクトを作成し、古いアプリケーション資産の最上位レベルにコピーする必要があります 3.0 以前のバージョンから更新する場合は `www` ディレクトリ。 該当する場合は、3.0 へのアップグレードに関する詳細はプラットフォームのガイドで利用できます。 アップグレードした後、 `cordova` コマンド ライン インターフェイスおよび使用 `npm update` 現在滞在より時間のかかる手順には、もはや関連。
+Cordova 3.0 is the first version to support the command-line interface described in this section. If you are updating from a version prior to 3.0, you need to create a new project as described above, then copy the older application's assets into the top-level `www` directory. Where applicable, further details about upgrading to 3.0 are available in the Platform Guides. Once you upgrade to the `cordova` command-line interface and use `npm update` to stay current, the more time-consuming procedures described there are no longer relevant.
 
 コルドバ 3.0 + プロジェクト レベルのディレクトリ構造および他の依存関係に対するさまざまな変更必要があります。 実行した後、 `npm` コルドバ自体を更新する上記のコマンドで、最新バージョンの要件に準拠して、プロジェクトのリソースを確保する必要があります。 構築している各プラットフォームについては、次のようなコマンドを実行します。
 
         $ cordova platform update android
         $ cordova platform update ios
-        ...etc.
+        ...etc.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
index 6bbe014..ac2f44f 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
@@ -16,13 +16,15 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # プラグイン開発ガイド
 
-*プラグイン*は、それが実行されているネイティブ プラットフォームと通信を表示するアプリをコルドバ webview を許可する挿入されたコードのパッケージです。 プラグインは通常 web ベースのアプリケーションに使用可能なデバイスとプラットフォームの機能へのアクセスを提供します。 すべての主要なコルドバ API 機能、プラグインとして実装されますされ他の多くのバー コード スキャナー、NFC 通信などの機能を有効にするまたはインターフェイス カレンダーを調整します。
+A *plugin* is a package of injected code that allows the Cordova webview within which the app renders to communicate with the native platform on which it runs. プラグインは通常 web ベースのアプリケーションに使用可能なデバイスとプラットフォームの機能へのアクセスを提供します。 すべての主要なコルドバ API 機能、プラグインとして実装されますされ他の多くのバー コード スキャナー、NFC 通信などの機能を有効にするまたはインターフェイス カレンダーを調整します。 There is a [registry][1] of available plugins.
+
+ [1]: http://plugins.cordova.io
 
 プラグインはサポートされる各プラットフォーム用の対応するネイティブ コード ライブラリと共に単一の java スクリプトの設定インタ フェースを構成します。 JavaScript からネイティブ プラットフォームとはるかに複雑な機能を構築するモデルとして使用することができます 1 つ背面に文字列を渡します、簡単な*エコー*プラグインを介してこのセクションの手順します。 基本的なプラグイン構造と向き JavaScript インターフェイスについて説明します。 各対応するネイティブ インターフェイスはこのセクションの最後にリストを参照してください。
 
-に加えてこれらの手順は、プラグインを作成する[既存のプラグイン][1]の指導のために目を通すことをお勧めする準備。
+In addition to these instructions, when preparing to write a plugin it is best to look over [existing plugins][2] for guidance.
 
- [1]: https://github.com/apache/cordova-android/tree/master/framework/src/org/apache/cordova
+ [2]: http://cordova.apache.org/#contribute
 
 ## プラグインの作成
 
@@ -59,9 +61,9 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 ## プラグインの検証
 
-使用できます、 `plugman` 各プラットフォーム用のプラグインが正しくインストールされるかどうかを確認するユーティリティです。 インストール `plugman` [ノード][2]の次のコマンドで:
+使用できます、 `plugman` 各プラットフォーム用のプラグインが正しくインストールされるかどうかを確認するユーティリティです。 インストール `plugman` [ノード][3]の次のコマンドで:
 
- [2]: http://nodejs.org/
+ [3]: http://nodejs.org/
 
         $ npm install -g plugman
     
@@ -73,7 +75,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 IOS の依存関係を正しく読み込むかどうかをテストするなど、次のコマンドを実行します。
 
-        $ plugman -platform ios /path/to/my/project/www /path/to/my/plugin
+         $ plugman install --platform ios --project /path/to/my/project/www --plugin /path/to/my/plugin
     
 
 詳細については `plugman` オプションは、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。 実際にプラグインを*デバッグ*する方法については、このページの下部に記載されている各プラットフォームのネイティブ インターフェイスを参照してください。
@@ -137,9 +139,9 @@ Tizen プラットフォームのプラグインをサポートしていませ
 
 ## 公開プラグイン
 
-一度あなたのプラグインを開発するに公開され、コミュニティと共有したい場合があります。 コルドバ レジストリをあなたのプラグインを公開できます (に基づく[ `npmjs` ][3]) またはその他 `npmjs` -レジストリ ベースします。 他の開発者が自動的にいずれかの方法をインストールすることができます `plugman` またはコルドバ CLI。 (各開発パスの詳細は、管理プラグインと、コマンド ライン インターフェイスを使用して Plugman を参照してください)。
+一度あなたのプラグインを開発するに公開され、コミュニティと共有したい場合があります。 You can publish your plugin to the Cordova [registry][1] (based on [`npmjs`][4]) or to any other `npmjs`-based registry. 他の開発者が自動的にいずれかの方法をインストールすることができます `plugman` またはコルドバ CLI。 (各開発パスの詳細は、管理プラグインと、コマンド ライン インターフェイスを使用して Plugman を参照してください)。
 
- [3]: https://github.com/isaacs/npmjs.org
+ [4]: https://github.com/isaacs/npmjs.org
 
 使用する必要がありますプラグインを公開して、 `plugman` ツールし、次の手順を経る。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/overview/index.md b/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
index 97a3caa..72c2f78 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
@@ -32,32 +32,24 @@ Cordova アプリ共通に頼る `config.xml` ファイルをアプリケーシ
 
  [1]: http://www.w3.org/TR/widgets/
 
-アプリケーション自体が web ページとして実装されている、既定では、どのような CSS、JavaScript、画像、メディア ファイルを参照、 *index.html*という名前またはその他のリソースを実行するために必要な。 アプリは、アプリ ストアに配布するネイティブ アプリケーションのラッパー内の*WebView*として実行します。 方法ネイティブ アプリをさまざまなデバイスの機能と対話する web アプリは、それも参照する必要があります、 `cordova.js` ファイルは、API のバインディングを提供します。
+アプリケーション自体が web ページとして実装されている、既定では、どのような CSS、JavaScript、画像、メディア ファイルを参照、 *index.html*という名前またはその他のリソースを実行するために必要な。 アプリは、アプリ ストアに配布するネイティブ アプリケーションのラッパー内の*WebView*として実行します。
 
-コルドバ有効 WebView その全体のユーザー インターフェイスを持つアプリケーションがあります。 ネイティブ アプリケーションのコンポーネント、WebView にまじって、大きな、ハイブリッド アプリケーション内のコンポーネントがあります。 コルドバは、これらのコンポーネントが互いに通信するための*プラグイン*インターフェイスを提供します。
+コルドバ有効 WebView その全体のユーザー インターフェイスを持つアプリケーションがあります。 On some platforms, it can also be a component within a larger, hybrid application that mixes the WebView with native application components. (See Embedding WebViews for details.)
 
-## 開発パス
-
-バージョン 3.0 は、モバイル アプリケーションを作成するのに 2 つの基本的なワークフローを使用できます。 中に両方のワークフローを使用して同じことを達成することができます、特定のタスクを 1 つのワークフローを使用して、他の上に適しています。 この理由のための最高の状況に最適なツールを使用できるように、両方のワークフローを理解してください。
-
-サポートされている 2 つの主なワークフローは、 *Web プロジェクト開発*ワークフローと*ネイティブ プラットフォーム開発*ワークフローです。
+A *plugin* interface is available for Cordova and native components to communicate with each other. This enables you to invoke native code from JavaScript. As of version 3.0, plugins provide bindings to standard device APIs. Third-party plugins provide additional bindings to features not necessarily available on all platforms. You can find these third-party plugins in the [plugin registry][2] and use them in your application. You can also develop your own plugins, as described in the Plugin Development Guide. Plugins may be necessary, for example, to communicate between Cordova and custom native components.
 
-### Web プロジェクト開発
+ [2]: http://plugins.cordova.io
 
-*Web プロジェクト開発*ワークフローとしてワークフローの最初の考えることができます。 可能な限り少量のプラットフォーム固有の開発作業をできるだけ多くのモバイル オペレーティング システム上で実行されるコルドバ アプリケーションを作成する場合は、このワークフローを使用してください。 このワークフローはコルドバ*コマンド ライン インターフェイス*(CLI) の作成とコルドバ 3.0 で存在に入って来た。 CLI を捨象してアプリケーションを構築に関与の詳細の世話をする低レベルのシェル スクリプトの機能の多くは、プラットフォーム特定の構成変更を加えたり、特定を実行している各モバイル プラットフォームのための適切なフォルダーに web 資産構築アプリケーション バイナリを生成するスクリプトのコピーなど。 続きを
 読むことができます*Web プロジェクト開発*ワークフロー コマンド ライン インターフェイスでに関する。 多くの人々 は、"CLI"の話すときにこの*プロジェクトの Web Dev*ワークフローについて話していることに注意してください。
-
-### ネイティブ プラットフォーム開発
-
-2 番目のワークフローは、*ネイティブ プラットフォーム開発*ワークフローと考えることができます。 単一プラットフォームのアプリケーションの構築に焦点を当てるし、下位レベルのプラットフォームの詳細を変更することに興味がある場合は、それを使用する必要があります。 まだこのワークフローを使用して、クロス プラットフォーム アプリケーションを構築することができます、さまざまなビルド手順を抽象するツールの欠如は難しくより。 たとえば、Plugman を使用して、サポートする各プラットフォームに対して 1 回ずつ同じプラグインをインストールする必要があります。 この*ネイティブのプラットフォーム開発*のワークフローを使用する利点は、それをビルドしてテスト アプリケーション, ので、もし低レベルのシェル 
 スクリプトをアクセスことができます物事のネイティブ側ハッキングは、このワークフローは、変更をテストする最も効率的な方法です。 このワークフローより大規模なネイティブ アプリケーションのごく一部として、CordovaWebView を使用する場合に適切なまた (埋め込み web 表示ガイドを参照してください)。このワークフローが別のシェル ツール ガイドは、例えば、シェル ツール ガイドの Android と iOS シェル ツール ガイドで読むことができます。
+## 開発パス
 
-ときに最初に出始めて、ワークフローを使用して、*プロジェクトの Web Dev*アプリケーションを作成する最も簡単な場合があります。 (CLI をインストールのコマンド ライン インターフェイスを参照してください)。ターゲットにするプラットフォームの設定に応じて、開発サイクルの漸進的により大きい共有用の CLI を頼ることができます。
+As of version 3.0, you can use two basic workflows to create a mobile app. While you can often use either workflow to accomplish the same task, they each offer advantages:
 
-*   最も基本的なシナリオでは、単に、新しいプロジェクトを作成が設定された既定の構成を変更すると、CLI を使用できます。
+*   **Cross-platform workflow**: Use this workflow if you want your app to run on as many different mobile operating systems as possible, with little need for platform-specific development. This workflow centers around the `cordova` utility, otherwise known as the Cordova *CLI*, that was introduced with Cordova 3.0. The CLI is a high-level tool that allows you to build projects for many platforms at once, abstracting away much of the functionality of lower-level shell scripts. The CLI copies a common set of web assets into subdirectories for each mobile platform, makes any necessary configuration changes for each, runs build scripts to generate application binaries. The CLI also provides a common interface to apply plugins to your app. (For details on the CLI, see The Command-Line Interface.)
 
-*   多くのモバイル プラットフォーム、また各 SDK 内のコンパイルに必要な追加のプロジェクト ファイルを設定、CLI を使用できます。 このため動作するように、各ターゲットのプラットフォーム SDK をインストールする必要があります。 (手順についてはプラットフォームのガイドを参照)。プラットフォームのサポート表で示されているように、ターゲット プラットフォームに応じて、異なるオペレーティング システムで CLI を実行する必要があります。
+*   **Platform-centered workflow**: Use this workflow if you want to focus on building an app for a single platform and need to be able to modify it at a lower level. You need to use this approach, for example, if you want your app to mix custom native components with web-based Cordova components, as discussed in Embedding WebViews. As a rule of thumb, use this workflow if you need to modify the project within the SDK. This workflow relies on a set of lower-level shell scripts that are tailored for each supported platform, and a separate Plugman utility that allows you to apply plugins. While you can use this workflow to build cross-platform apps, it is generally more difficult because the lack of a higher-level tool means separate build cycles and plugin modifications for each platform. Still, this workflow allows you greater access to development options provided by each SDK, and is essential for complex hybrid apps. (See the various Platform Guides for details on each platform's 
 available shell utilities.)
 
-*   プラットフォームをサポートするため、CLI 実行アプリケーションをコンパイルし、SDK ベースのデバイス エミュレーターで実行できます。 包括的なテストもアプリケーション ファイルを生成し、デバイス上で直接インストールできます。
+When first starting out, it may be easiest to use the cross-platform workflow to create an app, as described in The Command-line Interface. You then have the option to switch to a platform-centered workflow if you need the greater control the SDK provides. Lower-level shell utilities are available at [cordova.apache.org][3] in a separate distribution than the CLI. For projects initially generated by the CLI, these shell tools are also available in the project's various `platforms/*/cordova` directories.
 
-開発サイクルの任意の時点ではより多く、*ネイティブ プラットフォーム開発*ワークフローの使用に切り替えることができます。 提供されている特定のプラットフォーム SDK ツール オプションの豊富なセットがあります。 (設定については各プラットフォームの SDK ツール プラットフォーム ガイドを参照してください)。
+ [3]: http://cordova.apache.org
 
-SDK 環境は web ベース、およびネイティブのアプリケーション コンポーネントをミックスしたハイブリッド アプリを実装する場合に適しています。 コマンド ライン ユーティリティを使用して最初のアプリを生成する可能性がありますまたは繰り返し SDK ツールに更新されたコードを供給するその後。 アプリケーションの構成ファイルは自分でもビルド可能性があります。 (Config.xml ファイルの詳細を参照してください)。
\ No newline at end of file
+**NOTE**: Once you switch from the CLI-based workflow to one centered around the platform-specific SDKs and shell tools, you can't go back. The CLI maintains a common set of cross-platform source code, which on each build it uses to write over platform-specific source code. To preserve any modifications you make to the platform-specific assets, you need to switch to the platform-centered shell tools, which ignore the cross-platform source code, and instead relies on the platform-specific source code.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
index c88da30..1747711 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
@@ -85,7 +85,7 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
     $ cordova build
     
 
-作成したらここでは、SDK を使用して、それを変更する方法です。
+Once created, you can use the Eclipse that comes along with the Android SDK to modify it:
 
 *   **Eclipse**アプリケーションを起動します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
index 9897353..e7b3f27 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
@@ -18,7 +18,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 `config.xml`ファイルは、各アプリケーションと CordovaWebView のインスタンス全体に適用される、アプリの基本的な設定を制御します。 このセクションの詳細設定アンドロイドのビルドにのみ適用されます。 グローバル構成のオプションには、config.xml ファイル情報を参照してください。
 
-*   `KeepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): アプリケーション滞在後もバック グラウンドで実行されているかどうかを判断します、 `pause` イベントが発生します。 注: これを false に設定がない殺すアプリ一時停止イベントの後、アプリはバック グラウンドでコルドバ webview でコードの実行を停止のみです。
+*   `KeepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): アプリケーション滞在後もバック グラウンドで実行されているかどうかを判断します、 `pause` イベントが発生します。 Setting this to `false` does not kill the app after a `pause` event, but simply halts execution of code within the cordova webview while the app is in the background.
     
         <preference name="KeepRunning" value="false"/>
         


Mime
View raw message