cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
Subject [35/53] [abbrv] documentation translation: cordova-docs
Date Wed, 28 May 2014 17:40:36 GMT
diff --git a/docs/ja/edge/plugin_ref/ b/docs/ja/edge/plugin_ref/
index 75ccd1c..b5638af 100644
--- a/docs/ja/edge/plugin_ref/
+++ b/docs/ja/edge/plugin_ref/
@@ -18,19 +18,19 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or
more cont
 バージョン 3.0 以降、コルドバすべてデバイス Api のプラグインとして実装して、既定で無効になっているそれらを残します。
2 つの異なる方法もサポートしています。
-*   If you use a cross-platform workflow, you use the `cordova` CLI utility to add plugins,
as described in The Command-Line Interface. The CLI modifies plugins for all specified platforms
at once.
+*   使用するプラットフォーム間のワークフローを使用する場合、
`cordova` コマンド ライン インターフェイスでの説明に従って、プラグインを追加する
CLI ユーティリティ。 CLI を一度に指定のすべてのプラットフォーム用のプラグインを変更します。
-*   If you use a platform-centered workflow, you use a lower-level [Plugman][1] command-line
interface, separately for each targeted platform.
+*   プラットフォームを中心としたワークフローを使用する場合使用する下位[Plugman][1]のコマンド
ライン インターフェイス、別々 に各ターゲット プラットフォーム用。
-このセクションの詳細 Plugman ユーティリティ。 For more information on consuming
Plugman as a node module or modifying the source code, see [the README file in its repository][2].
+このセクションの詳細 Plugman ユーティリティ。 ノード モジュールとして
Plugman を消費したり、ソース コードの変更については、[そのリポジトリ内の
README ファイル][2]を参照してください。.
 ## Plugman をインストールします。
-Plugman をインストールするには、コンピューターにインストールされている[ノード][3]が必要です。
Then you can run the following command from anywhere in your environment to install plugman
globally, so that it is available from any directory:
+Plugman をインストールするには、コンピューターにインストールされている[ノード][3]が必要です。
@@ -39,10 +39,10 @@ Plugman をインストールするには、コンピューターにインスト
 あなたも持っている必要があります `git` に、 `PATH` プラグインをインストールするリモートの
git Url から直接ことができます。
-**TIP**: If you find that after installing plugman with `npm` you are still unable to run
any `plugman` commands, make sure that you have added the `/npm/` directory into your `PATH`.
+**ヒント**: と plugman をインストールした後ことが判明した場合 `npm`
あなたはまだいずれかを実行することができます `plugman` コマンドを追加したことを確認して、
`/npm/` ディレクトリに、`PATH`.
-**NOTE**: You can skip this step if you don't want to pollute your global `npm` namespace
by installing Plugman globally. If this is the case, then when you create a Cordova project
with the shell tools, there will be a `node_modules` directory inside your project which contains
Plugman. Since you did not install globally, you need to invoke `node` for each Plugman command,
for example `node
-./node_modules/plugman/main.js -version`. The rest of this guide assumes you have installed
Plugman globally, meaning you can invoke it with just `plugman`.
+**注**: グローバルな汚染するたくない場合は、この手順をスキップすることができます
`npm` Plugman をグローバルにインストールすることによって名前空間。
このような場合、そのシェル ツールとコルドバ プロジェクトを作成するときがある場合、
`node_modules` ディレクトリを Plugman を含むプロジェクト内。 グローバルにインストールしていないを呼び出す必要があります
`node` の例の各 Plugman コマンドを `node
+./node_modules/plugman/main.js -version` 。 このガイドの残りの部分だけでそれを呼び出すことができます意味、世界的に
Plugman をインストールしたと仮定します`plugman`.
 ## コルドバのプロジェクトを作成します。
@@ -57,15 +57,15 @@ Plugman インストールされているコルドバ プロジェクトを作
 最小限のパラメーターを使用して、このコマンドはコルドバ プロジェクトにプラグインをインストールします。
またを指定してくださいプラグインは、別の `--plugin` パラメーターを形成されています。
-*   `name`: The directory name where the plugin contents exist. This must be an existing
directory under the `--plugins_dir` path (see below for more info) or a plugin in the Cordova
+*   `name`: プラグイン コンテンツが存在するディレクトリ名。 これはの下で既存のディレクトリをする必要があります、
`--plugins_dir` コルドバ レジストリにプラグインまたはパス (さらに詳しい情報は、下記を参照)。
 *   `url`: Https://または git で始まる URL://クローンを含む有効な git リポジトリを指している、
`plugin.xml` ファイル。 このリポジトリの内容にコピーされる、`--plugins_dir`.
-*   `path`: A path to a directory containing a valid plugin which includes a `plugin.xml`
file. This path's contents will be copied into the `--plugins_dir`.
+*   `path`: を含む有効なプラグインが含まれているディレクトリへのパスを
`plugin.xml` ファイル。このパスのコンテンツにコピーされます、`--plugins_dir`.
-*   `--plugins_dir` defaults to `<project>/cordova/plugins`, but can be any directory
containing a subdirectory for each fetched plugin.
-*   `--www` defaults to the project's `www` folder location, but can be any directory that
is to be used as cordova project application web assets.
-*   `--variable` allows to specify certain variables at install time, necessary for certain
plugins requiring API keys or other custom, user-defined parameters. Please see the [plugin
specification][4] for more information.
+*   `--plugins_dir`既定値は `<project>/cordova/plugins` が、フェッチされるプラグイン任意のディレクトリの各サブディレクトリを含むことができます。
+*   `--www`デフォルトで、プロジェクトの `www` フォルダーの場所、コルドバ
プロジェクト アプリケーション web 資産として使用される任意のディレクトリにすることができます。
+*   `--variable`指定する特定の変数、インストール時に必要な特定のプラグイン
API キーまたはその他のカスタムのユーザー定義のパラメーターを必要とすることができます。
diff --git a/docs/ja/edge/plugin_ref/ b/docs/ja/edge/plugin_ref/
index ab691ca..6e336ce 100644
--- a/docs/ja/edge/plugin_ref/
+++ b/docs/ja/edge/plugin_ref/
@@ -159,7 +159,7 @@ plugman は、そのターゲット プロジェクトがエンジンの制約
         <asset src="www/new-foo.js" target="js/experimental/foo.js" />
-    creates the `js/experimental` directory within the `www` directory, unless already present,
then copies the `new-foo.js` file and renames it `foo.js`. If a file already exists at the
target location, plugman stops and reverses the installation process, issues a notification
about the conflict, and exits with a non-zero code.
+    作成、 `js/experimental` ディレクトリ内で、 `www` ディレクトリ、しない限り、既に存在し、コピー、
`new-foo.js` ファイルし、名前が変更されます `foo.js` 。 ターゲットの場所にファイルが既に存在する場合
plugman 停止しインストール プロセスを逆に、競合について通知を発行し、ゼロ以外のコードで終了します。
 ## *js モジュール*要素
@@ -188,7 +188,7 @@ plugman は、そのターゲット プロジェクトがエンジンの制約
     *   `<runs/>`あなたのコードで指定する必要があることを意味します
`cordova.require` にインストールされていないが、 `window` オブジェクト。
イベント ハンドラーをアタッチするモジュールを初期化する場合に便利ですまたはそれ以外の場合。
あなただけ 1 つまで持つことができます `<runs/>` タグ。 メモを含む、
`<runs/>` と `<clobbers/>` または `<merges/>` は冗長ですのでまた
`cordova.require` あなたのモジュール。
-    *   An empty `<js-module>` still loads and can be accessed in other modules via
+    *   空の `<js-module>` まだロードし、他のモジュール経由でアクセスすることができます`cordova.require`.
 場合 `src` plugman 停止インストールを逆に、問題の通知を発行し、0
@@ -378,19 +378,16 @@ Android の例:
 省略可能な `weak` 属性は、フレームワークが弱いリンクする必要があるかどうかを示すブール値。既定値は`false`.
-省略可能な `custom` 属性は、フレームワークがプラグイン ファイルの一部として含まれているかどうかを示すブール値
(従ってそれはシステム フレームワーク)。 The default is `false`.
+省略可能な `custom` 属性は、フレームワークがプラグイン ファイルの一部として含まれているかどうかを示すブール値
(従ってそれはシステム フレームワーク)。 既定値は`false`.
 ## *情報*要素
-Additional information provided to users. This is useful when you require extra steps that
can't be easily automated or are beyond plugman's scope. Examples:
plugman の範囲を超えていることが必要な場合に役立ちます。例:
     You need to install __Google Play Services__ from the `Android Extras` section using
the Android SDK manager (run `android`).
-    You need to add the following line to the ``:
-    android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
-    </info>
+    '' に次の行を追加する必要があります: android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
</情報 >
 ## 変数

View raw message