cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From ldel...@apache.org
Subject [01/53] [abbrv] Lisa testing pulling in plugins for plugin: cordova-docs
Date Wed, 28 May 2014 17:40:02 GMT
Repository: cordova-docs
Updated Branches:
  refs/heads/master 187a4fe99 -> 7a6bc544d


http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
index 940c064..4ac7a19 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/index.md
@@ -14,135 +14,237 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
    under the License.
 ---
 
-# Windows Phone 8 プラットフォーム ガイド
+# Windows Phone プラットフォーム ガイド
 
-このガイドは、Windows Phone 8 デバイス用 Cordova アプリを展開する SDK の開発環境を設定する方法を示します。 7.5 および 8 のデバイスをターゲットにする場合は、代わりに Windows Phone 7 プラットフォームのガイド詳細 Windows Phone 7 の開発します。 バージョン 7 は、Internet Explorer 10 で含まれているすべての高度な機能を持っていないが、同じ Api のセットを実装します。 Windows Phone 8 アプリは*ない*Windows Phone 7 デバイス上で実行します。
+This guide shows how to set up your SDK development environment to deploy Cordova apps for Windows Phone devices. It focuses on Windows Phone 8, but provides additional details on how to support Windows Phone 7.
 
-詳細なプラットフォーム固有の情報を両方のバージョンに適用される次を参照してください。
+It shows how to use either Windows Phone-specific shell tools to generate and build apps, or the cross-platform Cordova CLI discussed in The Command-Line Interface. (See the Overview for a comparison of these development workflows.) This section also shows how to open Cordova apps so that you can modify them within Visual Studio. Regardless of which approach you take, you need to install the Windows Phone SDK, as described below.
+
+See the following for details specific to the Windows Phone platform:
 
-*   Windows Phone のアップグレード
 *   Windows Phone のプラグイン
-*   Windows Phone のコマンド ライン ツール
+*   Windows Phone のアップグレード
+
+For the Windows Phone 8 platform, the Cordova WebView relies on Internet Explorer 10 as its rendering engine, so as a practical matter you can use IE10's powerful debugger to test any web content that doesn't invoke Cordova APIs. Windows Phone 開発者ブログは対等な WebKit ブラウザーと一緒に IE10 をサポートする方法について[有用なガイダンス][1]を提供します。
+
+ [1]: http://blogs.windows.com/windows_phone/b/wpdev/archive/2012/11/15/adapting-your-webkit-optimized-site-for-internet-explorer-10.aspx
+
+## 要件、およびサポート
+
+次が必要です。
+
+*   A 64-bit version of Windows 8 Pro, either an installation disk or an *ISO* disk image file. An evaluation version is available on the [Microsoft Developer Network][2]. The Pro version is necessary to run the device emulator.
+
+*   The [Windows Phone SDK][3].
+
+ [2]: http://msdn.microsoft.com/en-US/evalcenter/jj554510
+ [3]: https://dev.windowsphone.com/en-us/downloadsdk
+
+To develop Cordova apps for Windows Phone devices, you may use a PC running Windows, but you may also develop on a Mac, either by running a virtual machine environment or by using Boot Camp to dual-boot a Windows partition. Consult these resources to set up the required Windows development environment on a Mac:
+
+*   **VMWare Fusion**: To set up the Windows 8 virtual machine, follow the instructions provided by the [Microsoft Developer Network][4], then see Configuring VMWare Fusion for information on preparing the virtual environment to run the emulator bundled with the SDK.
+
+*   **Parallels Desktop**: To set up the Windows 8 virtual machine, follow the instructions provided by the [Microsoft Developer Network][5], then see Configuring Parallels Desktop for information on preparing the virtual environment to run the emulator bundled with the SDK.
+
+ [4]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945426
+ [5]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945424
+
+<!--
+- __VirtualBox__: To set up the Windows 8 virtual machine, follow the
+  installation instructions provided by the [Microsoft Developer
+  Network](http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945425).
+
+  2DO: virtualBox doesn't work yet; any extra config info?
+-->
+
+*   **Boot Camp**: To set up the Windows 8 partition, follow the installation instructions provided by the [Microsoft Developer Network][6].
+
+ [6]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945423
+
+If you are developing on a PC, its processor must support virtualization (*VT-x* on Intel) and [Second Level Address Translation (SLAT)][7]. Consult [Intel's list of supporting processors][8]. Virtualization is typically disabled by default, so you need to enable it in your BIOS settings. The PC should have at least 6.5GB of free hard disk space, and 4GB of RAM.
+
+ [7]: http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Level_Address_Translation
+ [8]: http://ark.intel.com/Products/VirtualizationTechnology
+
+## Using Cordova Shell Tools
+
+If you want to use Cordova's Windows Phone-centered shell tools in conjunction with the SDK, you have two basic options:
+
+*   Access them locally from project code generated by the CLI. They are available in the `platforms/wp8/cordova` directory after you add the `wp8` platform as described below.
+
+*   Download them from a separate distribution at [cordova.apache.org][9]. The Cordova distribution contains separate archives for each platform. Be sure to expand the appropriate archive, `cordova-wp8\wp8` in this case, within an empty directory. The relevant batch utilities are available in the top-level `bin` directory. (より詳細な指示が必要な場合は、 **README**ファイルを参照して)。
+
+ [9]: http://cordova.apache.org
+
+これらのシェルのツールを作成、構築、および Windows Phone アプリケーションを実行することができます。 すべてのプラットフォームのプラグイン機能を有効にする追加のコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。 詳細については、Windows Phone プラットフォームに固有のプラグイン、および Windows Phone プラグインを開発する方法に関するガイダンスについては、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
+
+## SDK をインストールします。
 
-上記のコマンド ライン ツールはコルドバ 3.0 より前のバージョンを参照してください。現在のインタ フェースについての情報は、コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+[Dev.windowsphone.com][3]の**ダウンロード**エリアから Windows Phone SDK の最新バージョンをインストールします。 もっと最近エミュレーター更新プログラム パッケージをインストールすることも可能性があります。
 
-## システム要件
+![][10]
 
-*   オペレーティング システム:
+ [10]: img/guide/platforms/wp8/wp8_downloadSDK.png
+
+SDK をインストールした後 Windows コマンドラインで、SDK コルドバを利用できるように、システムのパスを変更する必要があります。
+
+*   最初のパス文字列を取得する必要があります。 **ファイル エクスプ ローラー**を開くに移動し、 `C:\Windows\Microsoft.NET\Framework` を開き、最新のフレームワーク。 それをコピーの完全パスの文字列を表示し、 **CTRL-c**を入力へのナビゲーション パスの右側をクリックします。
     
-    *   Windows 8 または Windows 8 Pro 
-        *   64 ビット バージョンの Windows の (64) が、SDK に必要です。
-        *   デバイス エミュレーターを実行できるようには、Pro バージョンの使用をお勧めします。
+    ![][11]
 
-*   ハードウェア:
+*   パスを変更する必要があります。Windows 8 のホーム画面の**アプリ**の領域内から**コントロール パネル**を開きます。
     
-    *   6.5 GB のハード ディスク空き容量
-    *   4 GB の RAM
-    *   64 ビット (x64) の CPU
+    ![][12]
 
-*   Windows Phone 8 エミュレーター
+*   **システム**のコントロール パネル アイテムを開きます。
     
-    *   電話エミュレーター使用ハイパー-V は、このリストにはこれらの前提が含まれています。
-    *   Windows 8 Pro の 64 ビット エディションまたはそれ以上
-    *   仮想化をサポートするプロセッサが必要ですと [2 番目のレベル アドレス変換 (SLAT)][1] 
-        *   [VT-x (仮想化) と EPT (SLAT) をサポートする Intel プロセッサのリスト][2]を見なさい
-    *   通常これは既定で無効になっていると、BIOS 設定で仮想化機能 (すなわち、VT-x インテル) を有効にします。
+    ![][13]
 
-*   SDK と IDE (Visual Studio)
+*   左側のリストから**システムの詳細設定**を選択します。
     
-    *   Visual Studio 2012 プロ、プレミアム、または究極の。 メモ Visual Studio Express の Windows Phone (SDK に同梱) はお勧めできません VS Express を使ってテンプレート (下記参照) を築くことができないのでのみ VS プロまたはそれ以上は、**テンプレートのエクスポート**機能を持っていないので。
+    ![][14]
 
-*   登録し、実際のデバイスでアプリをインストールまたは市場の場所に送信する場合に[Windows Phone デベロッパー センター][3]アカウントのお支払い。
+*   結果パネルの下部には**環境変数**ボタンを押してください。
+    
+    ![][15]
 
- [1]: http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Level_Address_Translation
- [2]: http://ark.intel.com/Products/VirtualizationTechnology
- [3]: http://dev.windowsphone.com/en-us/publish
+*   **ユーザー変数**から**パス**を選択し、キーを押して**編集します**。
+    
+    ![][16]
+    
+    それ以外の場合利用できる**パス**がない場合は**新しい**それを作成するキーを押します。
 
-**メモ**: SDK には、仮想マシンで実行されているいくつかの課題を提示可能性があります。 [Mac 上の Windows Phone][4]を開発するソリューションに洞察力を与えるこのブログの記事を読むことができます。.
+*   パス値が既に存在する場合はセミコロンを追加し、先ほどコピーしたパス文字列を貼り付けます。そうでなければ単に文字列を貼り付けます。
+    
+    ![][17]
+    
+    ここも指定するサンプル**のパス**値、 `npm` コルドバ CLI をインストールするために必要なユーティリティ:
+    
+    C:\Users\me\AppData\Roaming\npm;C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319
 
- [4]: http://aka.ms/BuildaWP8apponaMac
+ [11]: img/guide/platforms/wp8/modpath_copy.png
+ [12]: img/guide/platforms/wp8/modpath_control_panel.png
+ [13]: img/guide/platforms/wp8/modpath_system.png
+ [14]: img/guide/platforms/wp8/modpath_advanced.png
+ [15]: img/guide/platforms/wp8/modpath_environment.png
+ [16]: img/guide/platforms/wp8/modpath_edit.png
+ [17]: img/guide/platforms/wp8/modpath_append.png
 
-## SDK とコルドバをインストールします。
+## 新しいプロジェクトを作成します。
 
-ダウンロードし、 [Windows Phone SDK][5]のインストール.
+この時点で、新しいプロジェクトを作成する、コマンド ライン インターフェイスまたは Windows Phone 固有のシェル ツール セットで説明するクロス プラットフォーム CLI ツールの間に選択できます。 ソース コード ディレクトリ内からの場合、CLI アプローチここです:
 
- [5]: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35471
+        > cordova create hello com.example.hello HelloWorld
+        > cd hello
+        > cordova platform add wp8
+    
 
-ダウンロードし、[コルドバ][6]の最新のコピーを抽出します。`lib\windows-phone-8\wp8`サブディレクトリがどこで作業を行う必要があります。
+ここでは、対応する下位レベル シェル ツール アプローチ:
 
- [6]: http://phonegap.com/download
+        C:\path\to\cordova-wp8\bin\create.bat C:\path\to\new\hello com.example.hello HelloWorld
+    
 
-コピー、 `CordovaWP8_x_x_x.zip` ファイルを `\My Documents\Visual
-Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` ディレクトリ。
+## プロジェクトをビルドします
 
-## テンプレートの構築
+開発で CLI を使用している場合は、プロジェクト ディレクトリの最上位 `www` ディレクトリにソース ファイルが含まれています。アプリを再構築するには、プロジェクト ディレクトリ内のこれらのいずれかを実行します。
 
-**注**: 場合この手順をスキップ、 `lib\windows-phone` ディレクトリが既に含まれている、 `CordovaWP8_x_x_x.zip` ファイル。
+        > cordova build
+        > cordova build wp8   # do not rebuild other platforms
+    
 
-簡単に開発をコルドバは Visual Studio テンプレートを構築するためのスクリプトをバンドルします。 これらは急速に Cordova アプリを生成することができ、必要に応じてそれらを変更することができます。 以下の手順は、それを生成する方法を示します。
+開発で Windows Phone 固有のシェルのツールを使用している場合、別のアプローチがあります。 プロジェクトを生成した後、既定のアプリケーションのソースは、 `projects\wp8\www` サブディレクトリ。 以降のコマンドは、 `cordova` 、同じレベルのサブディレクトリ。
 
-### 作成し、テンプレートをインストールするバッチ ファイルを実行します。
+`build`コマンドをプロジェクト ファイルを消去して、アプリを再構築します。最初の例では、デバッグ情報を生成して、2 番目のリリースのアプリに署名します。
 
-レポのルート ディレクトリが含まれている、 `createTemplates.bat` ファイル。 この 2 つを生成する] をダブルクリックします `.zip` ファイル: `CordovaWP7_x_x_x.zip` と `CordovaWP8_x_x_x.zip` 、 *x.x.x*は現在のバージョン番号。 Visual Studio で簡単にこれらのファイルを使用するにはそれらをコピー `My
-Documents\Visual Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\` 。 **Visual Studio のファイル → 新規プロジェクト**メニューから新しい Apache コルドバ Windows Phone アプリを作成することはし。
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --debug        
+        C:\path\to\project\cordova\build.bat --release
+    
 
-コマンドラインからバッチ ファイルを実行する場合も自動的にインストールするパラメーターで呼び出すことができます。
+`clean`コマンドは準備として、次のディレクトリを洗い流すのに役立ちます `build` :
 
-        > createTemplates.bat-インストール
+        C:\path\to\project\cordova\clean.bat
     
 
-## 新しいプロジェクトを設定します。
+## エミュレーターへの展開します。
 
-Visual Studio Express の Windows Phone を開き、**新しいプロジェクト**を選択します.
+この時点で使用することができます、 `cordova` CLI ユーティリティ コマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
 
-**CordovaWP8**を選択します。バージョン番号は、テンプレートの説明に表示されます。
+        > cordova emulate wp8
+    
 
-プロジェクト名を指定し、 **[ok]**を選択します.
+それ以外の場合、代替シェル インターフェイスを使用します。
 
-![][7]
+        C:\path\to\project\cordova\run
+    
 
- [7]: img/guide/platforms/wp8/StandAloneTemplate.png
+既定で、 `run` スクリプト エミュレーター フラグを呼び出すし、追加のビルド フラグを受け入れる `--debug` 、既定値を提供します。
 
-## プロジェクトの構造を確認します。
+        C:\path\to\project\cordova\run --emulator --debug
+        C:\path\to\project\cordova\run --emulator --release
+        C:\path\to\project\cordova\run --emulator --nobuild
+    
+
+エミュレーターはインストールされているアプリケーションとデバイス イメージを起動します。 ホーム画面から、 **HelloWorld**アプリケーションを起動するアプリのパネルに移動します。これはメイン インタ フェースに続いてそのスプラッシュ画面を起動するアプリを示しています。
 
-`www`ディレクトリの機能 `html` 、 `js` 、および `css` アプリが必要なサブディレクトリとその他のリソース。 Visual Studio プロジェクトの一部である必要がある追加のコンテンツとコンテンツとして設定する必要があります。
+![][18]
 
-2.3.0 を次のサンプル構造を表すプロジェクト, しかしインストール バージョンに応じて異なる場合があります。
+ [18]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator.png
 
-![][8]
+デバイスの画面の右上に、エミュレーターの基本的なコントロールを縦向きと横向きに切り替えることができます。 The **>>** button opens more controls that allow you to test more complex orientations and gestures:
 
- [8]: img/guide/platforms/wp8/projectStructure.png
+![][19]
 
-## エミュレーターをビルドおよび配置
+ [19]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_orient.png
 
-**Windows Phone エミュレーター**がメインのドロップ ダウン メニューで選択されていることを確認してください。
+これらの高度なコントロールを使用または動きのシーケンスをシミュレートするデバイスの場所を変更するしたりすることもできます。
 
-デバッグを開始するドロップ ダウン メニューの横に緑の**再生**ボタンを押すか、 **f5 キーを押してください**.
+![][20]
 
-![][9]
+ [20]: img/guide/platforms/wp8/wp8_emulator_loc.png
 
- [9]: img/guide/platforms/wp8/BuildEmulator.png
+## デバイスへの配置します。
 
-## デバイス プロジェクトをビルドします。
+デバイス上でアプリケーションをテストする前に、デバイスを登録する必要があります。 Windows Phone 8 でテストおよび展開する方法の詳細については、 [Microsoft のマニュアル][21]を参照してください。 Also, make sure the phone is connected to the computer, and the screen is unlocked.
 
-デバイス上でアプリケーションをテストする前に、デバイスを登録する必要があります。 Windows Phone 8 でテストおよび展開する方法の詳細については、 [Microsoft のマニュアル][10]を参照してください。 これらの基本的な手順は:
+ [21]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsphone/develop/ff402565(v=vs.105).aspx
 
- [10]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsphone/develop/ff402565(v=vs.105).aspx
+Then run the following CLI command to run the app on the device:
+
+        > cordova run wp8
+    
+
+この低レベルのシェル コマンドに対応しています。
+
+        C:\path\to\project\cordova\run --device
+    
 
-*   あなたの携帯電話は接続され、画面がロックされていることを確認します。
+Alternately, if you are working in Visual Studio, select **Windows Phone Device** from the drop-down menu at the top, then press the green **Play** button nearby or else type **F5**.
 
-*   Visual Studio では、上部にあるドロップ ダウン メニューから**デバイス**を選択します。
+## Modify the Project in the SDK
 
-*   または他の**f5 キーを押して**、デバッグを開始する主要なドロップ ダウン メニューの横に緑の**再生**ボタンを押す.
+Once you build a Cordova app as described above, you can open it with the SDK. The various `build` commands generates a Visual Studio Solution (*.sln*) file. Open the file to modify the project within Visual Studio. The web-based source code is available within the project's `www` directory. Along with other tools the SDK provides, the control below the menu allows you to launch the app in a Windows Phone emulator:
 
-![][11]
+![][22]
+
+ [22]: img/guide/platforms/wp8/wp8_vs.png
+
+Consult the Overview for advice on how to use Cordova's command-line tools or the SDK in your workflow. The Cordova CLI relies on cross-platform source code that routinely overwrites the platform-specific files used by the SDK. If you want to work within the SDK, use the lower-level shell tools as an alternative to the CLI.
+
+## Support for Windows Phone 7
+
+It's as easy to generate a Windows Phone 7 app as it is for Windows Phone 8, but it works much like adding a separate platform. If you're using the CLI, simply specify `wp7` along with or instead of `wp8`:
+
+        > cordova platform add wp7
+        > cordova build wp7
+        > cordova emulate wp7
+    
 
- [11]: img/guide/platforms/wp7/wpd.png
+The `emulate` command produces a Windows Phone 7 device emulator that displays a different interface:
 
-この時点でしています。
+![][23]
 
-## 詳細を読む
+ [23]: img/guide/platforms/wp8/wp7_emulator.png
 
-Windows Phone 開発者ブログ IE10 および WebKit のブラウザーとの両方をサポートする方法の違いに[役立つ情報][12]を提供します。
+If you are using the platform-centered shell-tool workflow, follow all the steps in the *Install Cordova Shell Tools* section above, except extract the tools from the `cordova-wp8\wp7` directory instead. All these tools work the same as their `wp8` counterparts.
 
- [12]: http://blogs.windows.com/windows_phone/b/wpdev/archive/2012/11/15/adapting-your-webkit-optimized-site-for-internet-explorer-10.aspx
\ No newline at end of file
+**NOTE**: The WebViews that underly Windows Phone 7 Cordova apps do *not* use Internet Explorer 10 as their rendering engine, and thus miss some advanced features available in Windows Phone 8 apps. Still, both implement the same set of APIs. You can run a Windows Phone 7 app on a Windows Phone 8 device, but not the other way around: Windows Phone 8 apps do *not* run on Windows Phone 7 devices.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
new file mode 100644
index 0000000..2df1d03
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/parallels.md
@@ -0,0 +1,36 @@
+-ライセンス: Apache ソフトウェア財団 (ASF) を 1 つまたは複数の共同作成者のライセンス契約の下でライセンスされています。 See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# 平行線デスクトップを構成します。
+
+このセクションはコルドバを使用して Windows Phone アプリケーションを生成することができますように、Mac を平行線デスクトップを構成する方法を示します。
+
+[マイクロソフトの開発者ネットワーク][1]は平行線デスクトップの下の Windows を実行する方法の一般的な説明を提供します。 Windows をインストールした後次の手順を実行します。
+
+ [1]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945424
+
+1.  平行線デスクトップの準備が Windows 8 のディスク イメージを選択し、**設定**を選択します.
+
+2.  **一般的な → Cpu**オプションを選択します。*2 つ*の Cpu を指定します。推奨条件の範囲外になる場合でも少なくとも 2 GB のメモリを指定します。
+    
+    ![][2]
+
+3.  Windows 8 の仮想マシン内でデバイス エミュレーター イメージを実行できる**最適化**オプションを選択し、**入れ子に仮想化**を有効にします。.
+    
+    ![][3]
+
+ [2]: img/guide/platforms/wp8/parallel_cpu_opts.png
+ [3]: img/guide/platforms/wp8/parallel_optimize_opts.png
+
+これらの手順が完了すると、Windows Phone SDK をインストールする準備が整いました。詳細については、Windows Phone プラットフォーム ガイドを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
index 2d27f33..bb1d567 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/plugin.md
@@ -134,6 +134,14 @@ JSON エンコードされた文字列を使用して、構造化されたオブ
         }
     
 
+## プラグインの有効期間
+
+実行時間の長い要求プラグイン活動を背景は、メディアの再生、リスナー、またはその内部状態を実装する必要がありますを維持するような `onReset` それらの活動をきれいにする方法。 メソッドは、java スクリプトの設定を再読み込みを新しいページまたは更新に移動します CordovaView WebBrowser 実行されます。
+
+        // defined in WPCordovaClassLib.Cordova.Commands.BaseCommand
+        public virtual void OnReset() { }
+    
+
 ## プラグインの XML
 
 使用する方法を示します、 `plugin.xml` ファイルを Windows Phone プラットフォーム上にプラグインのソース ファイルを指定します。 利用可能なオプションの詳細については、概要、およびプラグインの仕様のアプリケーション ・ プラグインを参照してください。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/upgrade.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/upgrade.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/upgrade.md
new file mode 100644
index 0000000..de4b1fd
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/upgrade.md
@@ -0,0 +1,418 @@
+---
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# Windows Phone のアップグレード
+
+このガイドは、Windows Phone プロジェクトでは、両方のバージョン 7 と 8 は、コルドバの旧バージョンからアップグレードするを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。 次のセクションは非 CLI プロジェクトからアップグレードする方法を示します。
+
+## 3.1.0 から 3.2.0 にアップグレードします。
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  実行 `cordova platform update wp8` (または `wp7` 、プロジェクトに追加するプラットフォームごと)。
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+        bin\update <project_path>
+    
+
+## 3.1.0 3.0.0 からアップグレードします。
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  実行 `cordova platform update wp8` (または `wp7` 、プロジェクトに追加するプラットフォームごと)。
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+        bin\update <project_path>
+    
+
+## 2.9.0 から CLI (3.0.0) へのアップグレード
+
+1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。
+
+2.  たとえばコルドバ プロジェクトにあなたのプラットフォームを追加します。`cordova
+platform add wp7 wp8`.
+
+3.  プロジェクトの内容をコピー `www` ディレクトリを `www` で作成したコルドバ プロジェクトのルート ディレクトリ。
+
+4.  コピーまたは元のプロジェクトから任意のネイティブの資産を上書き ( `SplashScreen` 、 `ApplicationIcon` 、等)、確かに新しいファイルを追加する、 `.csproj` ファイル。 携帯電話の窓の内部プロジェクトのビルド、 `platforms\wp7` または `platforms\wp8` ディレクトリ。
+
+5.  コルドバ CLI ツールを使用して、必要な任意のプラグインをインストールします。CLI 処理するすべてのコア Api のプラグインとして追加する必要がありますので注意してください。のみ 3.0.0 プラグインは CLI と互換性があります。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.9.0 から 3.0.0 (非 CLI) にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 3.0.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+4.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+5.  ビルドおよびテストします。
+
+**注**: すべてのコア Api コルドバは、バージョン 3.0 から削除され、別のプラグインとしてインストールする必要があります。 非 CLI ワークフローでこれらの機能を再度有効にする方法の詳細については、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。
+
+## 2.8.0 から 2.9.0 へのアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 2.9.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  名前を更新 `cordova.js` それはまだコルドバ VERSION.js (する必要がありますだけを使用している場合、HTML タグで`cordova.js`).
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクト、.csproj ファイルにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.8.0 へ 2.7.0 からのアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 2.8.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova.js` ファイル。(ファイル名にバージョン番号の欠如を注意してください)。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.6.0 からへ 2.7.0 をアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 2.7.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.7.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.5.0 から 2.6.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 2.6.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.6.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.4.0 から 2.5.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 2.5.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.5.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.3.0 から 2.4.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 WP8 2.4.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.4.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.2.0 から 2.3.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 2.3.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.3.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.1.0 から 2.2.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 2.2.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.2.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  作成新しい Apache コルドバ WP7 2.1.0 プロジェクトします。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.1.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 にアップグレードします。
+
+されているこのアップグレードする少し複雑を Apache コルドバ 2.0.0 の WP7 のプロジェクト構造を大幅に変更、その他。 本質的にこれは、アップグレードが、新しいプロジェクトと既存のソース ファイルのコピーを作成します。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  新しい Apache コルドバ WP7 2.0 プロジェクトを作成します。
+
+2.  Copy the contents of the `www` directory to the new project, and be sure these items are added to the VS project.
+
+3.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-2.0.0.js` ファイル。
+
+4.  コピーし、スプラッシュ スクリーンまたはアイコン イメージを上書きします。
+
+5.  任意のプラグイン経由でのコピー、 `plugins` ディレクトリを新しいプロジェクトし、VS プロジェクトにも追加されることを確認します。
+
+6.  ビルドおよびテストします。
+
+## 1.8.0 から 1.9.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.9.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.9.0.js` ファイル。
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.8.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.8.0.js` ファイル。
+
+## 1.6.0 から 1.7.0 へのアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.7.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.7.0.js` ファイル。
+
+## 1.6.0 から 1.6.1 へのアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.6.1.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.6.1.js` ファイル。
+
+## 1.5.0 から 1.6.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.6.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.6.0.js` ファイル。
+
+## 1.4.0 から 1.5.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.5.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.5.0.js` ファイル。
+
+## 1.3.0 から 1.4.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.4.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.4.0.js` ファイル。
+
+## 1.3.0 に 1.2.0 からアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.3.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.3.0.js` ファイル。
+
+## 1.1.0 から 1.2.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.2.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.2.0.js` ファイル。
+
+## 1.0.0 1.1.0 にアップグレードします。
+
+Visual Studio のソリューション エクスプ ローラー ウィンドウで次
+
+1.  削除 `GapLib/WP7CordovaClassLib.dll` プロジェクトから。
+
+2.  参照を削除する `WP7CordovaClassLib` **参照**ディレクトリ。
+
+3.  **参照**を右クリックし、 **[参照の追加**を選択します.
+
+4.  新しいディストリビューションに移動し、追加、 `WP7CordovaClassLib.dll` ファイル。
+    
+    **注**: DLL のバージョンを表示するには、参照を右クリックし、[**プロパティ**を.
+
+5.  コピー、新しい `cordova-1.1.0.js` プロジェクトに。(コンテンツとしてマークされていることを必ずしてください。)
+
+6.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova-1.1.0.js` ファイル。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
new file mode 100644
index 0000000..3cff757
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/wp8/vmware.md
@@ -0,0 +1,36 @@
+-ライセンス: Apache ソフトウェア財団 (ASF) を 1 つまたは複数の共同作成者のライセンス契約の下でライセンスされています。 著作権所有権に関する追加情報のためのこの仕事と分散 NOTICE ファイルを参照してください。 ASF は、Version 2.0 (「ライセンス」); Apache ライセンスの下であなたにこのファイルをライセンスします。ライセンスに従う場合、このファイルを使用可能性があります。 ライセンスのコピーを入手した可能性があります。
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0 ソフトウェア ライセンスの下で配布で配布されて適用される法律によって必要なまたは書面で合意した、しない限り、「そのまま」なし保証またはいかなる種類の保証、明示または黙示を問わず、基礎。  アクセス許可と制限を支配する特定の言語用のライセンスを参照してください。
+    
+
+## ライセンス。
+
+# VMWare Fusion の構成
+
+このセクションはコルドバを使用して Windows Phone アプリケーションを生成することができますように、Mac を VMWare Fusion を構成する方法を示します。
+
+[マイクロソフトの開発者ネットワーク][1]は VMWare 融解の下の Windows を実行する方法の一般的な説明を提供します。 Windows をインストールした後次の手順を実行します。
+
+ [1]: http://msdn.microsoft.com/en-US/library/windows/apps/jj945426
+
+1.  VMWare Fusion 内、Windows 8 ディスク イメージを選択する用意しており、**設定**を選択します.
+
+2.  **プロセッサとメモリ**の構成オプションを選択します。 *2 つ*のプロセッサ コアを指定することを確認し、**この仮想マシンでハイパーバイザー アプリケーションを有効に**します。
+    
+    ![][2]
+    
+    Windows Phone エミュレーターだけで VMWare の少なくとも 2 GB を予約する必要がありますので、全体的なメモリの半分の 1 メガバイトを使用します。
+
+3.  **高度な**設定を選択します。有効にすると、**優先仮想化エンジン: EPT で Intel VT-x**オプション。
+    
+    ![][3]
+
+4.  *.Vmx*ファイルを追加または変更、次の設定を変更します。
+    
+        hypervisor.cpuid.v0 ="FALSE"mce.enable ="TRUE"vhv.enable ="TRUE"
+        
+
+ [2]: img/guide/platforms/wp8/vmware_memory_opts.png
+ [3]: img/guide/platforms/wp8/vmware_advanced_opts.png
+
+これらの手順が完了すると、Windows Phone SDK をインストールする準備ができているし。詳細については、Windows Phone プラットフォーム ガイドを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/guide/support/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/support/index.md b/docs/ja/edge/guide/support/index.md
index 4ab20de..1835479 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/support/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/support/index.md
@@ -9,7 +9,9 @@
 
 # プラットフォームのサポート
 
-開発ツールとそれぞれのモバイルプラット フォーム デバイス利用可能な Api のセットを次に示します。(列ヘッダーでは CLI の速記スタブが表示されます)。
+The following shows the set of development tools and device APIs available for each mobile platform. The device APIs listed here are provided by the core plugins, additional APIs are available via [third-party plugins][1]. Column headers display the CLI's shorthand names.
+
+ [1]: http://plugins.cordova.io
 
 <!-- START HTML -->
 
@@ -29,6 +31,10 @@
       </th>
       
       <th>
+        <tt>Firefox OS</tt>
+      </th>
+      
+      <th>
         <tt>ios</tt>
       </th>
       
@@ -71,6 +77,10 @@
           Mac、Windows
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="y">
+          Mac、Windows、Linux
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
           Mac
         </td>
@@ -90,8 +100,6 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
@@ -112,6 +120,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="n">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
           <a href="guide_platforms_ios_webview.md.html">(詳細を参照)</a>
         </td>
@@ -128,8 +139,6 @@
         <td data-col="win8"       class="n">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
@@ -151,6 +160,9 @@
           <a href="guide_guide_platforms_blackberry10_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
           <a href="guide_guide_platforms_ios_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
         </td>
@@ -169,8 +181,6 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
@@ -186,7 +196,7 @@
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_accelerometer_accelerometer.md.html">加速度センサー</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-device-motion/blob/dev/doc/index.md">加速度センサー</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -198,6 +208,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="y">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -213,15 +226,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_camera_camera.md.html">カメラ</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-camera/blob/dev/doc/index.md">カメラ</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -233,6 +244,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="y">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -248,15 +262,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_media_capture_capture.md.html">キャプチャ</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-media-capture/blob/dev/doc/index.md">キャプチャ</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -268,6 +280,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -283,15 +298,13 @@
         <td data-col="win8"       class="n">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_compass_compass.md.html">コンパス</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-device-orientation/blob/dev/doc/index.md">コンパス</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -303,8 +316,11 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
-          (3 GS +)
+          (3GS+)
         </td>
         
         <td data-col="ubuntu"        class="y">
@@ -319,15 +335,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_connection_connection.md.html">接続</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-network-information/blob/dev/doc/index.md">接続</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -339,6 +353,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -354,15 +371,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_contacts_contacts.md.html">連絡先</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-contacts/blob/dev/doc/index.md">連絡先</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -374,6 +389,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="y">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -389,15 +407,13 @@
         <td data-col="win8"       class="n">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_device_device.md.html">デバイス</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-device/blob/dev/doc/index.md">デバイス</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -409,6 +425,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="y">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -424,8 +443,6 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
@@ -444,6 +461,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -459,15 +479,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_file_file.md.html">ファイル</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-file/blob/dev/doc/index.md">ファイル</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -479,6 +497,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -494,15 +515,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_geolocation_geolocation.md.html">地理位置情報</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-geolocation/blob/dev/doc/index.md">地理位置情報</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -514,6 +533,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="y">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -529,15 +551,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_globalization_globalization.md.html">グローバリゼーション</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-globalization/blob/dev/doc/index.md">グローバリゼーション</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -549,6 +569,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="n">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -564,15 +587,13 @@
         <td data-col="win8"       class="n">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_inappbrowser_inappbrowser.md.html">InAppBrowser</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-inappbrowser/blob/dev/doc/index.md">InAppBrowser</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -584,6 +605,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -597,18 +621,16 @@
         </td>
         
         <td data-col="win8"       class="p">
-          iframe を使用してください。
+          uses iframe
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_media_media.md.html">メディア</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-media/blob/dev/doc/index.md">メディア</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -620,6 +642,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -635,15 +660,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_notification_notification.md.html">通知</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-dialogs/blob/dev/doc/index.md">通知</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -655,6 +678,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -670,15 +696,13 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr>
       
       <tr>
         <th>
-          <a href="cordova_splashscreen_splashscreen.md.html">スプラッシュ スクリーン</a>
+          <a href="https://github.com/apache/cordova-plugin-splashscreen/blob/dev/doc/index.md">スプラッシュ スクリーン</a>
         </th>
         
         <td data-col="amazon-fireos" class="y">
@@ -690,6 +714,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -705,8 +732,6 @@
         <td data-col="win8"       class="y">
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="n">
         </td>
       </tr>
@@ -725,6 +750,9 @@
         <td data-col="blackberry10" class="y">
         </td>
         
+        <td data-col="firefoxos" class="n">
+        </td>
+        
         <td data-col="ios"        class="y">
         </td>
         
@@ -743,8 +771,6 @@
           localStorage & indexedDB
         </td>
         
-        <!--        <td data-col="firefoxos"  class="n"></td> -->
-        
         <td data-col="tizen"       class="y">
         </td>
       </tr></table> 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/index.md b/docs/ja/edge/index.md
index fe791fd..48e5c0f 100644
--- a/docs/ja/edge/index.md
+++ b/docs/ja/edge/index.md
@@ -57,10 +57,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
     </li>
     <li>
       <h2>
-        Config.xml ファイル
+        The config.xml File
       </h2>
       
-      <span>アプリの機能をカスタマイズします。</span>
+      <span>Customize the app's features.</span>
     </li>
     <li>
       <h2>

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md b/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
index 9da7593..75ccd1c 100644
--- a/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
+++ b/docs/ja/edge/plugin_ref/plugman.md
@@ -16,17 +16,21 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Plugman を使用してプラグインを管理するには
 
-バージョン 3.0 以降、コルドバすべてデバイス Api のプラグインとして実装して、既定で無効になっているそれらを残します。 追加し、プラグインを削除する 2 つの異なる方法もサポートしています。 最初を使用して、 `cordova` CLI コマンド ライン インターフェイスで記述されています。 低レベルの[Plugman][1]コマンド ライン インターフェイス ("ネイティブ プラットフォーム dev"ワークフロー。) を使用して 2 番目のです。これら 2 つの開発パスの主な違いはこと Plugman にのみ追加できますプラグイン 1 つのプラットフォームに、CLI が対象とするプラットフォームのすべてにプラグインを追加します。 このためときに、使用する Plugman している密接にそれ故に、単一のプラットフォームで、ワークフローの"ネイティブ プラットフォーム Dev"
 名前より理にかなって。
+バージョン 3.0 以降、コルドバすべてデバイス Api のプラグインとして実装して、既定で無効になっているそれらを残します。 追加し、「概要」で説明したワークフローの選択に応じて、プラグインを削除する 2 つの異なる方法もサポートしています。
+
+*   If you use a cross-platform workflow, you use the `cordova` CLI utility to add plugins, as described in The Command-Line Interface. The CLI modifies plugins for all specified platforms at once.
+
+*   If you use a platform-centered workflow, you use a lower-level [Plugman][1] command-line interface, separately for each targeted platform.
 
  [1]: https://github.com/apache/cordova-plugman/
 
-についての詳細 Plugman、特に消費するノード モジュールとして Plugman または Plugman コード上でのハッキングに興味があるなら、[そのリポジトリ内の readme][2]を参照してください。.
+このセクションの詳細 Plugman ユーティリティ。 For more information on consuming Plugman as a node module or modifying the source code, see [the README file in its repository][2].
 
  [2]: https://github.com/apache/cordova-plugman/blob/master/README.md
 
 ## Plugman をインストールします。
 
-Plugman をインストールするには、コンピューターにインストールされている[ノード][3]が必要です。 その後、次を実行することができますがあなたのマシン上の任意のディレクトリから使用可能な世界的に、plugman をインストールする環境内で任意の場所からコマンド。
+Plugman をインストールするには、コンピューターにインストールされている[ノード][3]が必要です。 Then you can run the following command from anywhere in your environment to install plugman globally, so that it is available from any directory:
 
  [3]: http://nodejs.org/
 
@@ -35,9 +39,10 @@ Plugman をインストールするには、コンピューターにインスト
 
 あなたも持っている必要があります `git` に、 `PATH` プラグインをインストールするリモートの git Url から直接ことができます。
 
-**のヒント:**Plugman 故宮をインストールした後あなたがいないまだいずれかを実行することができますを見つける場合 `plugman` 、コマンドを追加したことを確認して、 `/npm/` ディレクトリにあなた`PATH`.
+**TIP**: If you find that after installing plugman with `npm` you are still unable to run any `plugman` commands, make sure that you have added the `/npm/` directory into your `PATH`.
 
-**注:**グローバル Plugman をインストールすることによって、グローバル npm の名前空間を煩雑にしたくない場合は、この手順を省略できます。 このような場合、そのシェル ツールとコルドバ プロジェクトを作成するときがある場合、 `node_modules` ディレクトリを Plugman を含むプロジェクト内。 たとえばすべての Plugman コマンドのノードを起動する必要がありますのであなたがグローバルではなく instally、 `node ./node_modules/plugman/main.js -version` 。 このガイドの残りの部分だけでそれを呼び出すことができます意味、世界的に Plugman をインストールしたと仮定します`plugman`.
+**NOTE**: You can skip this step if you don't want to pollute your global `npm` namespace by installing Plugman globally. If this is the case, then when you create a Cordova project with the shell tools, there will be a `node_modules` directory inside your project which contains Plugman. Since you did not install globally, you need to invoke `node` for each Plugman command, for example `node
+./node_modules/plugman/main.js -version`. The rest of this guide assumes you have installed Plugman globally, meaning you can invoke it with just `plugman`.
 
 ## コルドバのプロジェクトを作成します。
 
@@ -52,17 +57,17 @@ Plugman インストールされているコルドバ プロジェクトを作
 
 最小限のパラメーターを使用して、このコマンドはコルドバ プロジェクトにプラグインをインストールします。 そのプラットフォーム用のプラットフォームとコルドバのプロジェクトの場所を指定する必要があります。 またを指定してくださいプラグインは、別の `--plugin` パラメーターを形成されています。
 
-*   `name`: プラグイン コンテンツが存在するディレクトリ名。 これはの下で既存のディレクトリをする必要があります、 `--plugins_dir` コルドバ レジストリにプラグインまたはパス (さらに詳しい情報は、下記を参照)。
+*   `name`: The directory name where the plugin contents exist. This must be an existing directory under the `--plugins_dir` path (see below for more info) or a plugin in the Cordova registry.
 *   `url`: Https://または git で始まる URL://クローンを含む有効な git リポジトリを指している、 `plugin.xml` ファイル。 このリポジトリの内容にコピーされる、`--plugins_dir`.
-*   `path`: を含む有効なプラグインが含まれているディレクトリへのパスを `plugin.xml` ファイル。このパスのコンテンツにコピーされます、`--plugins_dir`.
+*   `path`: A path to a directory containing a valid plugin which includes a `plugin.xml` file. This path's contents will be copied into the `--plugins_dir`.
 
 その他のパラメーター:
 
-*   `--plugins_dir`既定値は `<project>/cordova/plugins` が、フェッチされるプラグイン任意のディレクトリの各サブディレクトリを含むことができます。
-*   `--www`デフォルトで、プロジェクトの `www` フォルダーの場所、コルドバ プロジェクト アプリケーション web 資産として使用される任意のディレクトリにすることができます。
-*   `--variable`指定する特定の変数、インストール時に必要な特定のプラグイン API キーまたはその他のカスタムのユーザー定義のパラメーターを必要とすることができます。 詳細については、[プラグインの仕様][4]を参照してください。
+*   `--plugins_dir` defaults to `<project>/cordova/plugins`, but can be any directory containing a subdirectory for each fetched plugin.
+*   `--www` defaults to the project's `www` folder location, but can be any directory that is to be used as cordova project application web assets.
+*   `--variable` allows to specify certain variables at install time, necessary for certain plugins requiring API keys or other custom, user-defined parameters. Please see the [plugin specification][4] for more information.
 
- [4]: plugin_spec.md
+ [4]: plugin_ref_spec.md.html#Plugin%20Specification
 
 ## プラグインを削除します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/026a7357/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md b/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
index 7883a16..ab691ca 100644
--- a/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
+++ b/docs/ja/edge/plugin_ref/spec.md
@@ -156,9 +156,10 @@ plugman は、そのターゲット プロジェクトがエンジンの制約
     
     ファイルまたはディレクトリ場所 Cordova アプリでは、相対的に、 `www` ディレクトリ。資産などのサブディレクトリを対象とすることができます。
     
-    <asset src="www/new-foo.js" target="js/experimental/foo.js" />
+        <asset src="www/new-foo.js" target="js/experimental/foo.js" />
+        
     
-    作成、 `js/experimental` ディレクトリ内で、 `www` ディレクトリ、しない限り、既に存在、しコピーする、 `new-foo.js` ファイルし、名前が変更されます `foo.js` 。 ターゲットの場所にファイルが既に存在する場合 plugman 停止しインストール プロセスを逆に、競合について通知を発行し、ゼロ以外のコードで終了します。
+    creates the `js/experimental` directory within the `www` directory, unless already present, then copies the `new-foo.js` file and renames it `foo.js`. If a file already exists at the target location, plugman stops and reverses the installation process, issues a notification about the conflict, and exits with a non-zero code.
 
 ## *js モジュール*要素
 
@@ -187,7 +188,7 @@ plugman は、そのターゲット プロジェクトがエンジンの制約
     
     *   `<runs/>`あなたのコードで指定する必要があることを意味します `cordova.require` にインストールされていないが、 `window` オブジェクト。 イベント ハンドラーをアタッチするモジュールを初期化する場合に便利ですまたはそれ以外の場合。 あなただけ 1 つまで持つことができます `<runs/>` タグ。 メモを含む、 `<runs/>` と `<clobbers/>` または `<merges/>` は冗長ですのでまた `cordova.require` あなたのモジュール。
     
-    *   空の `<js-module>` がまだロードでき他のモジュール経由でアクセスされます。`cordova.require`.
+    *   An empty `<js-module>` still loads and can be accessed in other modules via `cordova.require`.
 
 場合 `src` plugman 停止インストールを逆に、問題の通知を発行し、0 以外のコードで終了します、既存のファイルに解決されません。
 
@@ -370,20 +371,23 @@ Android の例:
 
     <framework src="libsqlite3.dylib" />
     <framework src="social.framework" weak="true" />
+    <framework src="relative/path/to/my.framework" custom="true" />
     
 
 `src`属性を plugman 与えられたプラットフォームの正しいファッションでのコルドバ プロジェクトに追加しようとしています。 フレームワークを識別します。
 
 省略可能な `weak` 属性は、フレームワークが弱いリンクする必要があるかどうかを示すブール値。既定値は`false`.
 
+省略可能な `custom` 属性は、フレームワークがプラグイン ファイルの一部として含まれているかどうかを示すブール値 (従ってそれはシステム フレームワーク)。 The default is `false`.
+
 ## *情報*要素
 
-追加の情報をユーザーに提供します。これは、余分な手順を簡単に自動化することはできませんまたは plugman の範囲を超えていることが必要な場合に役立ちます。例:
+Additional information provided to users. This is useful when you require extra steps that can't be easily automated or are beyond plugman's scope. Examples:
 
     <info>
     You need to install __Google Play Services__ from the `Android Extras` section using the Android SDK manager (run `android`).
     
-    You need to add the following line to your `local.properties`
+    You need to add the following line to the `local.properties`:
     
     android.library.reference.1=PATH_TO_ANDROID_SDK/sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
     </info>


Mime
View raw message