cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From shaz...@apache.org
Subject [50/57] [abbrv] CB-5931 1/28 push latest of edge for Japanese Cordova 3.4
Date Thu, 30 Jan 2014 21:21:42 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
index 78db2af..033bc85 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
@@ -16,7 +16,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # コマンド ライン インターフェイス
 
-このガイドでは、アプリケーションの作成し、を使用してさまざまなネイティブ モバイル プラットフォームに展開する方法を示します、 `cordova` コマンド ライン インターフェイス (CLI)。 このツールは、新しいプロジェクトの作成、異なるプラットフォームでビルドし、エミュレーター内で実行することができます。 CLI を使用して、プロジェクト コード、さらにそれらを開発する様々 なプラットフォームの Sdk を使用するが後を初期化することもできます。
+このガイドでは、アプリケーションの作成し、を使用してさまざまなネイティブ モバイル プラットフォームに展開する方法を示します、 `cordova` コマンド ライン インターフェイス (CLI)。 このツールは、新しいプロジェクトの作成、異なるプラットフォームでは、ビルド、またはエミュレーター内で実際のデバイスで実行することができます。 CLI は、クロス プラットフォームのワークフローに使用する主要なツール (様々 なワークフローの説明の概要を参照してください)。ただし、初期化のコード プロジェクトを使用するさまざまなプラットフォームの Sdk とシェル ツール継続的な開発のために CLI を使用することもできます。
 
 ## 前提条件
 
@@ -25,6 +25,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 サポートを追加する任意のプラットフォーム用のプロジェクトをリビルド プラットフォームの SDK をサポートしている同じマシンからコマンド ライン インターフェイスを実行する必要があります。CLI には、次の組み合わせをサポートします。
 
 *   iOS (Mac)
+*   アマゾン火 OS (Mac、Linux、Windows)
 *   アンドロイド (マック、Linux)
 *   ブラックベリー 10 (Mac、Linux、Windows)
 *   Windows Phone 7 (Windows)
@@ -46,6 +47,8 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         
     
     インストール ログすべてアンインストールされたプラットフォーム Sdk の誤差が生じる可能性があります。インストール後、実行することができる必要があります `cordova` コマンド ・ ラインで。
+    
+    **注**: `-g` 上記のフラグは、npm コルドバをグローバルにインストールします。 Npm ディレクトリ グローバルを呼び出すためにあなたのパスにインストールする npm モジュールを追加する必要があります。 Windows では、npm が通常あります `C:\Users\username\AppData\Roaming\npm` と Unix で`/usr/local/share/npm`.
 
  [1]: http://nodejs.org/
 
@@ -56,11 +59,13 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova create hello com.example.hello HelloWorld
     
 
-いくつかの時間がかかるを完了するコマンドがかかります。実行、 `cordova -d` の進行状況に関する情報を表示します。
+いくつかの時間がかかるを完了するコマンドがかかります。コマンドを実行して、 `-d` オプションは、進行状況に関する情報を表示します。
+
+最初の引数の*ハロー*プロジェクトに対して生成されるディレクトリを指定します。 このディレクトリは既に存在する必要があります、コルドバはあなたのために作成されます。 その `www` サブディレクトリ、アプリケーションのホーム ページで、下にあるさまざまなリソースと一緒に家 `css` 、 `js` と `img` 、一般的な web 開発ファイル名前付け規則に従いますが。 `config.xml`ファイルには生成し、アプリケーションの配布に必要な重要なメタデータが含まれています。
 
-最初の引数は、プロジェクトに対して生成される*こんにちは*ディレクトリを指定します。 その `www` サブディレクトリ、アプリケーションのホーム ページで、下にあるさまざまなリソースと一緒に家 `css` 、 `js` と `img` 、一般的な web 開発ファイル名前付け規則に従いますが。 `config.xml`ファイルには生成し、アプリケーションの配布に必要な重要なメタデータが含まれています。
+2 番目の引数 `com.example.hello` 逆引きドメイン スタイル識別子と、プロジェクトを提供します。 この引数はオプションですが、またので、引数が位置指定に 3 番目の引数を省略する場合にのみです。 値は編集できますこの後で、 `config.xml` ファイル、しかし、ことはの外で生成されたコードがあるかもしれないことに注意してください `config.xml` Java パッケージ名など、この値を使用します。 既定値は `io.cordova.hellocordova` が適切な値を選択することをお勧めします。
 
-他の 2 つの引数は省略可能: `com.example.hello` 引数は、逆ドメイン スタイル識別子を使用してプロジェクトを提供します、 `HelloWorld` アプリケーションの表示テキストを提供します。 これらの値の後の両方を編集することができます、 `config.xml` ファイル。
+3 番目の引数 `HelloWorld` アプリケーションの表示タイトルを提供します。 この引数は省略可能です。 値は編集できますこの後で、 `config.xml` ファイル、しかし、ことはの外で生成されたコードがあるかもしれないことに注意してください `config.xml` Java クラス名など、この値を使用します。 既定値は `HelloCordova` が適切な値を選択することをお勧めします。
 
 ## プラットフォームを追加します。
 
@@ -72,6 +77,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 プロジェクトをビルドする前に対象プラットフォームのセットを指定する必要があります。 これらのコマンドを実行する能力にあなたのマシンが各 SDK をサポートしているかどうかに依存し、各 SDK をインストールされて既にがあるかどうか。 Mac からこれらのいずれかを実行します。
 
         $ cordova platform add ios
+        $ cordova platform add amazon-fireos
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
         $ cordova platform add firefoxos
@@ -82,6 +88,7 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform add wp7
         $ cordova platform add wp8
         $ cordova platform add windows8
+        $ cordova platform add amazon-fireos
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
         $ cordova platform add firefoxos
@@ -97,18 +104,21 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
 プラットフォームを削除する次の同義のコマンドのいずれかを実行します。
 
         $ cordova platform remove blackberry10
+        $ cordova platform rm amazon-fireos
         $ cordova platform rm android
     
 
-各指定されたプラットフォームがサブディレクトリとして追加またはプラットフォームに影響を与えるプロジェクトの*プラットフォーム*ディレクトリの内容を削除するコマンドを実行します。 *Www*ソース ディレクトリは再現などに表示されるプラットフォームごとのサブディレクトリ内で `platforms/ios/www` または `platforms/android/assets/www` 。 既定では、コルドバの Api のすべてにアクセスできるようにする各プラットフォームの構成ファイルが設定します。
+各指定されたプラットフォームがサブディレクトリとして追加またはプラットフォームに影響を与えるプロジェクトの*プラットフォーム*ディレクトリの内容を削除するコマンドを実行します。 *Www*ソース ディレクトリは再現などに表示されるプラットフォームごとのサブディレクトリ内で `platforms/ios/www` または `platforms/android/assets/www` 。 CLI 常にコピーするので*www*のソース フォルダーからファイルをこれらのファイルではなく*プラットフォーム*サブディレクトリの下にあるもののみ編集する必要があります。 バージョン管理ソフトウェアを使用する*マージ*フォルダーと共にこのソース*www*フォルダーをバージョン管理システムに追加してください。 (*マージ*フォルダーに関する詳細については、下記の各プラットフォームのカスタマ
 ズ セクションで発見ことができます)。
+
+**警告**: で任意のファイルの編集から勧めは、CLI を使用して、アプリケーションをビルド、するとき、 `/platforms/` フォルダーをあなたがやっているか具体的に言われているそれ以外の場合のマニュアルを知っている限り。 これは内のファイルは `/platforms/` ディレクトリが上書きされますに準備またはプラグインの再インストール。
+
+この時点でご希望の場合は作成したプロジェクトを開くに日食、Xcode など SDK を使用できます。 資産からの誘導体のセットを開く必要があります、 `/platforms/` ディレクトリの SDK を開発します。 これは、SDK の特定のメタデータ ファイルは、適切な内に格納されるため `/platform/` サブディレクトリ。 (各 IDE 内でアプリケーションを開発する方法についての情報のプラットフォームのガイドを参照)。あなたが単にしネイティブ作業用の SDK に切り替えるし、CLI を使用してプロジェクトを初期化する場合は、このアプローチを使用します。
 
-希望する場合は、この時点で、SDK を使用して作成したプロジェクトを開くことができます。 ただし、SDK 影響派生物内のプロジェクトへの編集は元クロスプラット フォームのソース ファイルではなく、資産の設定します。 単に、プロジェクトを初期化する場合は、このアプローチを使用します。 (各 SDK 内のアプリケーションを開発する方法についての情報のためのプラットフォームのガイドを参照)。記事を読む場合、開発サイクル全体のコマンド ライン ツールを使用したいです。
+記事を読む場合、開発サイクル全体のクロス プラットフォームのワークフロー アプローチ (CLI) を使用したいです。
 
 ## アプリをビルドします。
 
-既定で、 `cordova create` スクリプト生成骨格の web ベースのアプリケーションのホーム ページは、プロジェクトの `www/index.html` ファイル。 しかしが、初期化の一部として指定する必要がありますこのアプリケーションの編集、 `deviceready` から既定で参照されるイベント ハンドラーは、 `www/js/index.js` 。 <!-- XREF
-(See the Application Development Guide for details.)
-XREF -->
+既定で、 `cordova create` スクリプト生成骨格の web ベースのアプリケーションのホーム ページは、プロジェクトの `www/index.html` ファイル。 このアプリケーションが、任意の初期化の一部として指定する必要があります編集、 `deviceready` から既定で参照されるイベント ハンドラー`www/js/index.js`.
 
 繰り返しプロジェクトをビルドする、次のコマンドを実行します。
 
@@ -135,7 +145,11 @@ XREF -->
         $ cordova emulate android
     
 
-いくつかのモバイル プラットフォーム既定では、iOS のプロジェクトのため iPhone など、特定のデバイスをエミュレートします。 他のプラットフォーム用に最初のデバイス エミュレーターに関連付ける必要があります。 (詳細については、プラットフォームのガイドを参照)。たとえば、あなたが最初の実行、 `android` 人造人間 SDK を起動し、その既定の動作によると起動する特定のデバイスのイメージを実行するコマンド。
+いくつかのモバイル プラットフォーム既定では、iOS のプロジェクトのため iPhone など、特定のデバイスをエミュレートします。他のプラットフォーム用に最初のデバイス エミュレーターに関連付ける必要があります。
+
+注: エミュレーターのサポートは現在利用できませんアマゾン火 os
+
+(詳細については、プラットフォームのガイドを参照)。たとえば、あなたが最初の実行、 `android` 人造人間 SDK を起動し、その既定の動作によると起動する特定のデバイスのイメージを実行するコマンド。
 
 ![][2]
 
@@ -152,15 +166,29 @@ XREF -->
         $ cordova run android
     
 
-このコマンドを実行する前に必要、テスト デバイスを設定するプラットフォームごとに異なる手順に従います。 Android の場合、デバイス上の**USB デバッグ**オプションを有効にして、おそらく開発環境に応じて USB ドライバーを追加する必要があります。 各プラットフォームの要件の詳細については、プラットフォームのガイドを参照してください。
+このコマンドを実行する前に必要、テスト デバイスを設定するプラットフォームごとに異なる手順に従います。 人造人間とアマゾン火 OS のデバイス、デバイス上の**USB デバッグ**オプションを有効にして、おそらく開発環境に応じて USB ドライバーを追加する必要があります。 各プラットフォームの要件の詳細については、プラットフォームのガイドを参照してください。
 
-## 機能を追加します。
+## プラグイン機能を追加します。
 
 ビルド、新しいプロジェクトを表示すると表示される既定のアプリケーションは非常にしません。 標準の web テクノロジーを活用する多くの方法でアプリを変更することができますが、デバイス レベルのさまざまな機能と密接に通信するアプリ、コア コルドバ Api へのアクセスを提供するプラグインを追加する必要があります。
 
-*プラグイン*はネイティブ コンポーネントへのインタ フェースを提供するアドオン コードのビットです。 たとえば、ネイティブ コンポーネントを持つコルドバの WebView をミックスしたハイブリッド アプリを設計するときの独自のプラグイン インターフェイスをデザインできます。 (詳細については埋め込み web 表示とプラグイン開発ガイドを参照してください)。コルドバの基本的なデバイス ・ レベルの機能の 1 つを有効にするプラグインを追加するより一般的に、< ! ― ― 『 アプリケーション開発ガイド 』 で説明した外部参照と外部参照--> API リファレンスで詳しく説明します。
+*プラグイン*はネイティブ コンポーネントへのインタ フェースを提供するアドオン コードのビットです。 たとえば、ネイティブ コンポーネントを持つコルドバの WebView をミックスしたハイブリッド アプリを設計するときの独自のプラグイン インターフェイスをデザインできます。 (詳細については埋め込み web 表示とプラグイン開発ガイドを参照してください)。一般的に、コルドバの基本的なデバイス レベル機能は、API リファレンスの詳細のいずれかを有効にするプラグインを追加すると思います。 [Plugins.cordova.io][4]では、コミュニティによって提供される追加のプラグインを含む、これらのプラグインのリストがあります。 CLI を使用するには、このレジストリからプラグインを検索します。 たとえば、検索 `bar` と `code` 小文字部分
 文字列としての両方の条件に一致する 1 つの結果を生成します。
+
+ [4]: http://plugins.cordova.io/
+
+        $ cordova plugin search bar code
+    
+        com.phonegap.plugins.barcodescanner - Scans Barcodes
+    
+
+のみをお探しの `bar` 言葉の利回りと追加の結果。
+
+        org.apache.cordova.statusbar - Cordova StatusBar Plugin
+    
+
+`cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。 Web プロジェクト開発のワークフローに従います、CLI を使用すると、CLI は世話することプラットフォームごとの適切な場所にプラグインのコードを追加するに注意してください。 (場合ネイティブ プロジェクト Dev ワークフローに従っている、あなたが各プラットフォーム Plugman (ガイド リンクはここ)、複数回を使用してプラグインを追加する。)
 
-`cordova plugin add`コマンドは、プラグインのコードのリポジトリを指定する必要があります。追加可能性があります機能の例を示します。
+CLI を使用アプリに機能を追加する方法の例を示します。
 
 *   基本的なデバイス情報 (デバイス API):
     
@@ -185,7 +213,7 @@ XREF -->
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.camera
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.media-capture
         $ cordova plugin add org.apache.cordova.media
-            
+        
 
 *   デバイスまたはネットワーク (File API) 上のアクセス ファイル:
     
@@ -232,17 +260,58 @@ XREF -->
 
 プラグインを削除するには、リストに表示される同じ識別子によってそれを参照してください。たとえば、ここではリリース バージョンからデバッグ コンソールのサポートを削除するだろう方法です。
 
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.console        
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.console
         $ cordova plugin remove org.apache.cordova.console    # same
     
 
-バッチ削除したりコマンドごとに 1 つ以上の引数を指定して、プラグインを追加できます。
+バッチ削除したりコマンドごとに 1 つ以上の引数を指定して、プラグインを追加します。
+
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console org.apache.cordova.device
+    
 
-## 各プラットフォームをカスタマイズします。
+## 高度なプラグインのオプション
+
+プラグインを追加するときいくつかのオプション プラグインを取得する場所からを指定することができます。 上記の例をよく知られている使用して `registry.cordova.io` レジストリ、およびプラグインで指定の `id` :
+
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
+    
+
+`id`の後に追加のプラグインのバージョン番号を含めることができます、 `@` 文字です。`latest`のバージョンは最新バージョンの別名です。たとえば。
+
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console@latest
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console@0.2.1
+    
+
+プラグインが登録されていない場合 `registry.cordova.io` が別の git リポジトリ内にある別の URL を指定することができます。
+
+        $ cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git
+    
+
+上記の git の例は、master ブランチの終わりからプラグインをフェッチが後、代替 git ref タグまたは分岐などを追加することができます、 `#` 文字。
+
+        $ cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugin-console.git#r0.2.0
+    
+
+場合は、プラグイン (とその `plugin.xml` ファイル) は git のレポ内のサブディレクトリでそれを指定することができます、 `:` 文字。 注意してください、 `#` 文字が必要であります。
+
+        $ cordova plugin add https://github.com/someone/aplugin.git#:/my/sub/dir
+    
+
+また、git ref とサブディレクトリの両方を組み合わせることができます。
+
+        $ cordova plugin add https://github.com/someone/aplugin.git#r0.0.1:/my/sub/dir
+    
+
+またはを含むプラグイン ディレクトリへのローカル パスを指定する、 `plugin.xml` ファイル。
+
+        $ cordova plugin add ../my_plugin_dir
+    
+
+## 各プラットフォームのカスタマイズを*マージ*を使用します。
 
 コルドバは、多くの異なるプラットフォーム用のアプリを簡単に展開することができます、間時々 カスタマイズを追加する必要があります。 この場合、様々 なソース ファイルを変更するたくない `www` 内の最上位レベルのディレクトリ `platforms` ディレクトリ、彼らしている定期的に置き換えられるので、最上位の `www` ディレクトリのクロスプラット フォームのソース。
 
-代わりに、最上位 `merges` ディレクトリの特定のプラットフォームに展開する資産を指定する場所を提供しています。 各プラットフォーム固有のサブディレクトリ内で `merges` のディレクトリ構造をミラー、 `www` ソース ツリーで、オーバーライドまたは必要に応じてファイルを追加することができます。 たとえば、使用する可能性がありますどのようにここでは `merges` Android デバイス用の既定のフォント サイズを後押しします。
+代わりに、最上位 `merges` ディレクトリの特定のプラットフォームに展開する資産を指定する場所を提供しています。 各プラットフォーム固有のサブディレクトリ内で `merges` のディレクトリ構造をミラー、 `www` ソース ツリーで、オーバーライドまたは必要に応じてファイルを追加することができます。 たとえば、使用する可能性がありますどのようにここでは `merges` Android とアマゾン火 OS デバイスの既定のフォント サイズを後押しします。
 
 *   編集、 `www/index.html` 、追加の CSS ファイルへのリンクを追加して、ファイル `overrides.css` この場合。
     
@@ -260,7 +329,24 @@ XREF -->
 
 また使用することができます `merges` 、元のファイルが存在しないを追加する `www` ディレクトリ。 たとえば、アプリ組み込むことができます*戻るボタン*グラフィック iOS インターフェイスに格納されている `merges/ios/img/back_button.png` 、Android のバージョンをキャプチャすることができます代わりに、 `backbutton` 、対応するハードウェア ボタンからのイベント。
 
-## コルドバの更新
+## ヘルプ コマンド
+
+コルドバ動けなくなるまたは問題が発生する場合に役立つことがあります、グローバルのコマンドのカップルを備えています。`help`コマンドは、コルドバのすべての利用可能なコマンドとその構文が表示されます。
+
+    $ cordova help
+    $ cordova        # same
+    
+
+`info`コマンドは、現在インストールされているプラットフォームとプラグイン、各プラットフォーム用の SDK バージョン CLI のバージョンなどの潜在的有用な詳細情報の一覧を生成して `node.js` :
+
+    $ cordova info
+    
+
+両方の画面に情報を提示し、地元の出力をキャプチャ `info.txt` ファイル。
+
+**注**: 現在、iOS および Android プラットフォームの詳細のみがあります。
+
+## コルドバとあなたのプロジェクトの更新
 
 インストールした後、 `cordova` ユーティリティ、常に更新できます、最新のバージョンに次のコマンドを実行します。
 
@@ -269,13 +355,19 @@ XREF -->
 
 特定のバージョンをインストールするには、この構文を使用します。
 
-        $ sudo 故宮をインストール-g cordova@3.1.0
+        $ sudo npm install -g cordova@3.1.0
     
 
-実行 `cordova -v` を現在実行中のバージョンを参照してください。 実行、 `npm
+実行 `cordova -v` を現在実行されているどのバージョンを参照してください。 実行、 `npm
 info` をその他の利用可能なバージョン番号と共に現在のバージョンを含む長い一覧のコマンド。
 
         $ npm info cordova
     
 
-コルドバ 3.0 は、このセクションで説明されているコマンド ライン インターフェイスをサポートするために最初のバージョンです。 前述のように、新しいプロジェクトを作成し、古いアプリケーション資産の最上位レベルにコピーする必要があります 3.0 以前のバージョンから更新する場合は `www` ディレクトリ。 該当する場合は、3.0 へのアップグレードに関する詳細はプラットフォームのガイドで利用できます。 アップグレードした後、 `cordova` コマンド ライン インターフェイスおよび使用 `npm update` 現在滞在より時間のかかる手順には、もはや関連。
\ No newline at end of file
+コルドバ 3.0 は、このセクションで説明されているコマンド ライン インターフェイスをサポートするために最初のバージョンです。 前述のように、新しいプロジェクトを作成し、古いアプリケーション資産の最上位レベルにコピーする必要があります 3.0 以前のバージョンから更新する場合は `www` ディレクトリ。 該当する場合は、3.0 へのアップグレードに関する詳細はプラットフォームのガイドで利用できます。 アップグレードした後、 `cordova` コマンド ライン インターフェイスおよび使用 `npm update` 現在滞在より時間のかかる手順には、もはや関連。
+
+コルドバ 3.0 + プロジェクト レベルのディレクトリ構造および他の依存関係に対するさまざまな変更必要があります。 実行した後、 `npm` コルドバ自体を更新する上記のコマンドで、最新バージョンの要件に準拠して、プロジェクトのリソースを確保する必要があります。 構築している各プラットフォームについては、次のようなコマンドを実行します。
+
+        $ cordova platform update android
+        $ cordova platform update ios
+        ...etc.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
index 49ec45c..6bbe014 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
@@ -16,36 +16,94 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # プラグイン開発ガイド
 
-コルドバ プラグイン橋コルドバ アプリケーションとネイティブ プラットフォーム コルドバ アプリケーション電源 WebView 間の機能のビットを実行しています。 プラグインはすべてのプラットフォーム、およびネイティブの実装を次の JavaScript への呼び出しをプラットフォーム固有のプラグインのインターフェイス間で使用される単一の java スクリプトの設定インタ フェースで構成されます。 コア コルドバ Api のすべては、このアーキテクチャを使用して実装されます。
+*プラグイン*は、それが実行されているネイティブ プラットフォームと通信を表示するアプリをコルドバ webview を許可する挿入されたコードのパッケージです。 プラグインは通常 web ベースのアプリケーションに使用可能なデバイスとプラットフォームの機能へのアクセスを提供します。 すべての主要なコルドバ API 機能、プラグインとして実装されますされ他の多くのバー コード スキャナー、NFC 通信などの機能を有効にするまたはインターフェイス カレンダーを調整します。
 
-このガイドの手順簡単なエコー プラグインを書くプロセス JavaScript から文字列を渡します、サポートされているプラットフォームのネイティブの環境に送信します。 ネイティブ コードは、プラグインの JavaScript の内部コールバックに戻る同じ文字列を返します。
+プラグインはサポートされる各プラットフォーム用の対応するネイティブ コード ライブラリと共に単一の java スクリプトの設定インタ フェースを構成します。 JavaScript からネイティブ プラットフォームとはるかに複雑な機能を構築するモデルとして使用することができます 1 つ背面に文字列を渡します、簡単な*エコー*プラグインを介してこのセクションの手順します。 基本的なプラグイン構造と向き JavaScript インターフェイスについて説明します。 各対応するネイティブ インターフェイスはこのセクションの最後にリストを参照してください。
 
-このガイドはあなたをより複雑なプラグインを書く構築する十分な概要を提供します。
+に加えてこれらの手順は、プラグインを作成する[既存のプラグイン][1]の指導のために目を通すことをお勧めする準備。
 
-## Java スクリプトの設定
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-android/tree/master/framework/src/org/apache/cordova
 
-JavaScript の任意のプラグインのエントリ ポイントです。 コルドバは使用できるように理由の開発者使用と書き込み客観的 C でないしない Java、JavaScript いない c#。 あなたのプラグインの java スクリプトの設定インターフェイスはコルドバ プラグインの前面と恐らく間違いなく最も重要な部分です。
+## プラグインの作成
 
-プラグインの java スクリプトの設定を構成するには、しかし、あなたのように。 コルドバ JavaScript およびネイティブ環境間の通信に使用する*必要があります*一つは、 `cordova.exec` 関数です。 ここで例に示します。
+アプリケーション開発者は、CLI を使用して `plugin add` コマンド (コマンド ライン インターフェイスで説明します)、プラグイン プロジェクトに適用します。 そのコマンドの引数は、プラグイン コードを含む*git*リポジトリの URL です。 この例では、コルドバのデバイス API を実装します。
 
-        cordova.exec(function(winParam) {}, function(error) {}, "service",
-                     "action", ["firstArgument", "secondArgument", 42,
-                     false]);
+        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device.git
     
 
-パラメーターは以下のとおりです。
+プラグイン ・ リポジトリーのトップレベル機能する必要があります `plugin.xml` マニフェスト ファイル。 詳細については、プラグインの仕様でこのファイルを構成する多くの方法があります。 この簡略化されたバージョンの `Device` プラグインのモデルとして使用する簡単な例を提供します。
+
+        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+        <plugin xmlns="http://apache.org/cordova/ns/plugins/1.0"
+                id="org.apache.cordova.device" version="0.2.3">
+            <name>Device</name>
+            <description>Cordova Device Plugin</description>
+            <license>Apache 2.0</license>
+            <keywords>cordova,device</keywords>
+            <js-module src="www/device.js" name="device">
+                <clobbers target="device" />
+            </js-module>
+            <platform name="ios">
+                <config-file target="config.xml" parent="/*">
+                    <feature name="Device">
+                        <param name="ios-package" value="CDVDevice"/>
+                    </feature>
+                </config-file>
+                <header-file src="src/ios/CDVDevice.h" />
+                <source-file src="src/ios/CDVDevice.m" />
+            </platform>
+        </plugin>
+    
+
+最上位レベル `plugin` タグの `id` 属性同じ逆ドメイン形式を使用して、彼らにアプリを追加しているプラグイン パッケージを識別します。 `js-module`タグを JavaScript の共通インターフェイスへのパスを指定します。 `platform`タグのネイティブ コードの対応する設定を指定します、 `ios` この場合のプラットフォーム。 `config-file`タグをカプセル化する `feature` はプラットフォーム固有に注入されるタグ `config.xml` 、プラットフォームの認識させる付加的なコード ライブラリ ファイル。 `header-file`と `source-file` タグ ライブラリのコンポーネント ファイルへのパスを指定します。
 
-*   `function(winParam) {}`: 成功時のコールバック関数。 仮定すると、 `exec` の呼び出しが正常に完了、この関数が呼び出されて (必要に応じて任意のパラメーターに渡す)。
+## プラグインの検証
 
-*   `function(error) {}`: エラー関数コールバック。操作が正常に完了しない場合 (必要に応じてエラーのパラメーター) を持つこの関数が呼び出されます。
+使用できます、 `plugman` 各プラットフォーム用のプラグインが正しくインストールされるかどうかを確認するユーティリティです。 インストール `plugman` [ノード][2]の次のコマンドで:
 
-*   `"service"`: ネイティブ側への呼び出しをサービスの名前です。これについての詳細は以下にネイティブ ガイドで利用可能なネイティブ クラスにマップされます。
+ [2]: http://nodejs.org/
+
+        $ npm install -g plugman
+    
+
+最上位レベルなど、有効なアプリケーション ソース ディレクトリ必要があります `www` コマンド ライン インターフェイスでの説明に従ってデフォルト CLI で生成されたプロジェクトに含まれているディレクトリ。 確認して、アプリの `index.html` ホーム ページ プラグインの java スクリプトの設定インタ フェースの名前を参照は、同じソース ディレクトリであった場合と同様。
+
+        <script src="myplugin.js"></script>
+    
 
-*   `"action"`: への呼び出しをアクション名。 これは、ネイティブ クラスの受信によってピックアップ、 `exec` 呼び出しと、プラットフォームに依存する本質的に、クラスのメソッドにマップします。 以下に示すネイティブのガイドの詳細を提供します。
+IOS の依存関係を正しく読み込むかどうかをテストするなど、次のコマンドを実行します。
 
-*   `[/* arguments */]`: ネイティブ環境に渡す引数。
+        $ plugman -platform ios /path/to/my/project/www /path/to/my/plugin
+    
+
+詳細については `plugman` オプションは、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。 実際にプラグインを*デバッグ*する方法については、このページの下部に記載されている各プラットフォームのネイティブ インターフェイスを参照してください。
+
+## Java スクリプトの設定インターフェイス
+
+JavaScript は、プラグインのおそらく最も重要な部分を作る正面のインターフェイスを提供します。 プラグインの java スクリプトの設定を構成するにはしかしを呼び出す必要があります `cordova.exec` 、次の構文を使用して、ネイティブ プラットフォームと通信するために:
+
+        cordova.exec(function(winParam) {},
+                     function(error) {},
+                     "service",
+                     "action",
+                     ["firstArgument", "secondArgument", 42, false]);
+    
 
-### エコーのプラグインの JavaScript の例
+ここでは、各パラメーターの動作です。
+
+*   `function(winParam) {}`: 成功コールバック関数。仮定すると、 `exec` の呼び出しが正常に完了、およびすべてのパラメーターを渡します。 この関数を実行します。
+
+*   `function(error) {}`エラー ・ コールバック関数。操作が正常に完了しない場合この関数は省略可能なエラーのパラメーターを持つ実行します。
+
+*   `"service"`: をネイティブ側で呼び出すサービス名。これは、詳細については以下にネイティブ ガイドで利用可能なネイティブ クラスに対応します。
+
+*   `"action"`: をネイティブ側で呼び出すアクション名。これは一般に、ネイティブ クラスのメソッドに対応します。次に示すネイティブのガイドを参照してください。
+
+*   `[/* arguments */]`: ネイティブ環境に渡す引数の配列。
+
+## サンプル java スクリプトの設定
+
+プラグインの java スクリプトの設定インターフェイスを実装する方法を示します。
 
         window.echo = function(str, callback) {
             cordova.exec(callback, function(err) {
@@ -54,42 +112,36 @@ JavaScript の任意のプラグインのエントリ ポイントです。 コ
         };
     
 
-これを詳しく見ていきましょう。プラグインを自分自身を添付 `window` 、具体的に、 `echo` 関数です。プラグインのユーザーは次としてそれを使用しました。
+この例では、プラグインを自分自身を添付、 `window` オブジェクトとして、 `echo` 関数は、プラグインのユーザーは次のように呼び出します。
 
         window.echo("echome", function(echoValue) {
             alert(echoValue == "echome"); // should alert true.
         });
     
 
-最初に、最後の 3 つの引数を見てみましょう、 `exec` 関数です。 私たちを呼び出すことは、 `Echo` 「サービス」を要求する、 `echo` 「アクション」とエコーの文字列引数の配列を渡すことに最初のパラメーターは、 `window.echo` 関数。
-
-成功時のコールバックに渡される `exec` は、コールバックへの参照を単に関数を `window.echo` かかります。 我々 は、もう少しエラー コールバック: 単に、成功時のコールバックを呼び出すし、「既定」の文字列を渡すネイティブ側エラー コールバックを起動、する場合。
-
-## プラグイン仕様
+最後の 3 つの引数を見て、 `cordova.exec` 関数です。 最初の呼び出し、 `Echo` *サービス*クラスの名前。 2 番目の要求、 `echo` *アクション*、そのクラス内のメソッドです。 3 番目はエコーの文字列を含む引数の配列は、 `window.echo` 関数の最初のパラメーター。
 
-コルドヴァにはアンドロイド, iOS の, ブラックベリー 10 および Windows Phone プラットフォームのプラグインの自動インストールを有効に利用できるプラグイン仕様。 追加すると、特定の方法であなたのプラグインを構築する `plugin.xml` マニフェスト ファイルは、コマンド ライン ツール経由であなたのプラグインをインストールするユーザーを有効にすることができます。
+成功時のコールバックに渡される `exec` は、コールバック関数への参照を単に `window.echo` かかります。 ネイティブ プラットフォーム エラー コールバックが起動し、成功コールバックを呼び出します単に既定の文字列を渡します。
 
-*   プラグイン仕様
+## ネイティブ ・ インタ フェース
 
-## ネイティブ
-
-あなたのプラグインの java スクリプトの設定を定義した後は、少なくとも 1 つのネイティブ実装を補完する必要があります。 プラットフォームごとに詳細を以下に示します。 これらのガイドは、上記で説明した単純なエコー プラグイン例に構築していきます。
+あなたのプラグインの java スクリプトの設定を定義した後は、少なくとも 1 つのネイティブ実装を補完する必要があります。 各プラットフォームの詳細は、以下のとおりし、エコー プラグインの簡単な例に基づいてそれぞれ。
 
+*   アマゾン火 OS プラグイン
 *   Android のプラグイン
-*   ブラックベリーのプラグイン
-*   ブラックベリー 10 プラグイン
 *   iOS のプラグイン
+*   ブラックベリー 10 プラグイン
 *   Windows Phone のプラグイン
 
-Tizen プラットフォームでは、現在のプラグインをサポートしていません。
+Tizen プラットフォームのプラグインをサポートしていません。
 
 ## 公開プラグイン
 
-あなたのプラグインを開発した後それを公開し、コミュニティと共有する場合があります。 あなたあなたのプラグイン ( [npmjs][1]に基づく) コルドバ レジストリに公開したり、他の npmjs に基づくレジストリ。 ユーザーは自動的に plugman またはコルドバ cli を使用してそれをインストールすることができます。
+一度あなたのプラグインを開発するに公開され、コミュニティと共有したい場合があります。 コルドバ レジストリをあなたのプラグインを公開できます (に基づく[ `npmjs` ][3]) またはその他 `npmjs` -レジストリ ベースします。 他の開発者が自動的にいずれかの方法をインストールすることができます `plugman` またはコルドバ CLI。 (各開発パスの詳細は、管理プラグインと、コマンド ライン インターフェイスを使用して Plugman を参照してください)。
 
- [1]: https://github.com/isaacs/npmjs.org
+ [3]: https://github.com/isaacs/npmjs.org
 
-プラグインを公開するには、plugman ツールを使用して、次の手順を通過する必要があります。
+使用する必要がありますプラグインを公開して、 `plugman` ツールし、次の手順を経る。
 
     $ plugman adduser # that is if you don't have an account yet
     $ plugman publish /path/to/your/plugin
@@ -97,4 +149,4 @@ Tizen プラットフォームでは、現在のプラグインをサポート
 
 だよ !
 
-レジストリ ベースのコマンドは利用可能な `plugman --help` は、使用できるコマンドは何およびそれらを使用する方法のリストを与えます。
\ No newline at end of file
+実行している `plugman --help` 他の使用可能なレジストリ ベースのコマンド一覧が表示されます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/hybrid/webviews/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/hybrid/webviews/index.md b/docs/ja/edge/guide/hybrid/webviews/index.md
index 584384f..c7919a2 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/hybrid/webviews/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/hybrid/webviews/index.md
@@ -16,7 +16,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # 埋め込み web 表示
 
-> 独自のプロジェクトにコルドバ WebView を実装します。
+Cordova アプリ通常ネイティブ モバイル プラットフォーム内でブラウザ ベース*WebView*として実装されます。 このセクション使用方法示します、プラットフォームをサポートするため、独自の WebView を作成するフル コンポーネント コルドバ Api の。 その後、ハイブリッド アプリケーションでのネイティブ コンポーネントと共にこれらコルドバのアプリケーション コンポーネントを展開できます。
 
+WebView を展開するには、各ネイティブ プログラミング環境に精通する必要があります。サポートされているプラットフォームの説明を次に示します。
+
+*   アマゾン火 OS web 表示
 *   Android の web 表示
 *   iOS の web 表示
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/overview/index.md b/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
index a91c66b..97a3caa 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
@@ -32,672 +32,32 @@ Cordova アプリ共通に頼る `config.xml` ファイルをアプリケーシ
 
  [1]: http://www.w3.org/TR/widgets/
 
-アプリケーション自体が web ページとして実装されている、既定では、どのような CSS、JavaScript、画像、メディア ファイルを参照、 *index.html*という名前またはその他のリソースを実行するために必要な。 アプリは、アプリ ストアに配布するネイティブ アプリケーションのラッパー内の*WebView*として実行します。 方法ネイティブ アプリをさまざまなデバイスの機能と対話する web アプリは、それも参照する必要があります、 `cordova.js` ファイルは、API のバインディングを提供します。 <!-- XREF
-(See the API Reference for an overview, and the Application
-Development Guide for examples of how to use them.)
-XREF -->
+アプリケーション自体が web ページとして実装されている、既定では、どのような CSS、JavaScript、画像、メディア ファイルを参照、 *index.html*という名前またはその他のリソースを実行するために必要な。 アプリは、アプリ ストアに配布するネイティブ アプリケーションのラッパー内の*WebView*として実行します。 方法ネイティブ アプリをさまざまなデバイスの機能と対話する web アプリは、それも参照する必要があります、 `cordova.js` ファイルは、API のバインディングを提供します。
 
 コルドバ有効 WebView その全体のユーザー インターフェイスを持つアプリケーションがあります。 ネイティブ アプリケーションのコンポーネント、WebView にまじって、大きな、ハイブリッド アプリケーション内のコンポーネントがあります。 コルドバは、これらのコンポーネントが互いに通信するための*プラグイン*インターフェイスを提供します。
 
 ## 開発パス
 
-実行するアプリケーションを設定する最も簡単な方法は、 `cordova` とも呼ばれる、*コマンド ライン インターフェイス*(CLI) コマンド ライン ユーティリティです。 (CLI をインストールのコマンド ライン インターフェイスを参照してください)。ターゲットにするプラットフォームの設定に応じて、開発サイクルの漸進的により大きい共有用の CLI を頼ることができます。
+バージョン 3.0 は、モバイル アプリケーションを作成するのに 2 つの基本的なワークフローを使用できます。 中に両方のワークフローを使用して同じことを達成することができます、特定のタスクを 1 つのワークフローを使用して、他の上に適しています。 この理由のための最高の状況に最適なツールを使用できるように、両方のワークフローを理解してください。
 
-*   最も基本的なシナリオでは、単に、新しいプロジェクトを作成が設定された既定の構成を変更すると、CLI を使用できます。
+サポートされている 2 つの主なワークフローは、 *Web プロジェクト開発*ワークフローと*ネイティブ プラットフォーム開発*ワークフローです。
+
+### Web プロジェクト開発
 
-*   多くのモバイル プラットフォーム、また各 SDK 内のコンパイルに必要な追加のプロジェクト ファイルを設定、CLI を使用できます。 このため動作するように、各ターゲットのプラットフォーム SDK をインストールする必要があります。 (手順についてはプラットフォームのガイドを参照)。次のプラットフォームのサポート表で示されているように、ターゲット プラットフォームに応じて、異なるオペレーティング システムで CLI を実行する必要があります。
+*Web プロジェクト開発*ワークフローとしてワークフローの最初の考えることができます。 可能な限り少量のプラットフォーム固有の開発作業をできるだけ多くのモバイル オペレーティング システム上で実行されるコルドバ アプリケーションを作成する場合は、このワークフローを使用してください。 このワークフローはコルドバ*コマンド ライン インターフェイス*(CLI) の作成とコルドバ 3.0 で存在に入って来た。 CLI を捨象してアプリケーションを構築に関与の詳細の世話をする低レベルのシェル スクリプトの機能の多くは、プラットフォーム特定の構成変更を加えたり、特定を実行している各モバイル プラットフォームのための適切なフォルダーに web 資産構築アプリケーション バイナリを生成するスクリプトのコピーなど。 続きを
 読むことができます*Web プロジェクト開発*ワークフロー コマンド ライン インターフェイスでに関する。 多くの人々 は、"CLI"の話すときにこの*プロジェクトの Web Dev*ワークフローについて話していることに注意してください。
 
-*   プラットフォームをサポートするため、CLI 実行アプリケーションをコンパイルし、SDK ベースのデバイス エミュレーターで実行できます。 <!-(を参照してくださいアプリケーション開発ガイド詳細の) 外部参照外部参照--> 包括的なテストのため、またアプリケーション ファイルを生成し、デバイスに直接インストールできます。
+### ネイティブ プラットフォーム開発
 
-開発サイクルの任意の時点で特定のプラットフォーム SDK ツールは、オプションの豊富なセットを提供することがまた頼ることができます。 (設定については各プラットフォームの SDK ツール プラットフォーム ガイドを参照してください)。SDK 環境は web ベース、およびネイティブのアプリケーション コンポーネントをミックスしたハイブリッド アプリを実装する場合に適しています。 <!-あなた--> (を参照してくださいハイブリッド アプリケーション ガイド詳細情報のため) 外部参照外部参照でコマンド ライン ユーティリティを使用して最初のアプリを生成する可能性がありますまたは繰り返し SDK ツールに更新されたコードを供給するその後。 アプリケーションの構成ファイルは自分でもビルド可能性があります。 <!-- XREF
-(See The config.xml File for details.)
-XREF -->
+2 番目のワークフローは、*ネイティブ プラットフォーム開発*ワークフローと考えることができます。 単一プラットフォームのアプリケーションの構築に焦点を当てるし、下位レベルのプラットフォームの詳細を変更することに興味がある場合は、それを使用する必要があります。 まだこのワークフローを使用して、クロス プラットフォーム アプリケーションを構築することができます、さまざまなビルド手順を抽象するツールの欠如は難しくより。 たとえば、Plugman を使用して、サポートする各プラットフォームに対して 1 回ずつ同じプラグインをインストールする必要があります。 この*ネイティブのプラットフォーム開発*のワークフローを使用する利点は、それをビルドしてテスト アプリケーション, ので、もし低レベルのシェル 
 スクリプトをアクセスことができます物事のネイティブ側ハッキングは、このワークフローは、変更をテストする最も効率的な方法です。 このワークフローより大規模なネイティブ アプリケーションのごく一部として、CordovaWebView を使用する場合に適切なまた (埋め込み web 表示ガイドを参照してください)。このワークフローが別のシェル ツール ガイドは、例えば、シェル ツール ガイドの Android と iOS シェル ツール ガイドで読むことができます。
 
-<!-- XREF
-To build projects on some platforms, you may need to apply digital signatures.
-See Distributing Applications for information on how to upload your app to various store portals.
-XREF -->
+ときに最初に出始めて、ワークフローを使用して、*プロジェクトの Web Dev*アプリケーションを作成する最も簡単な場合があります。 (CLI をインストールのコマンド ライン インターフェイスを参照してください)。ターゲットにするプラットフォームの設定に応じて、開発サイクルの漸進的により大きい共有用の CLI を頼ることができます。
+
+*   最も基本的なシナリオでは、単に、新しいプロジェクトを作成が設定された既定の構成を変更すると、CLI を使用できます。
 
-## プラットフォームのサポート
+*   多くのモバイル プラットフォーム、また各 SDK 内のコンパイルに必要な追加のプロジェクト ファイルを設定、CLI を使用できます。 このため動作するように、各ターゲットのプラットフォーム SDK をインストールする必要があります。 (手順についてはプラットフォームのガイドを参照)。プラットフォームのサポート表で示されているように、ターゲット プラットフォームに応じて、異なるオペレーティング システムで CLI を実行する必要があります。
 
-開発ツールとそれぞれのモバイルプラット フォーム デバイス利用可能な Api のセットを次に示します。(列ヘッダーでは CLI の速記スタブが表示されます)。
+*   プラットフォームをサポートするため、CLI 実行アプリケーションをコンパイルし、SDK ベースのデバイス エミュレーターで実行できます。 包括的なテストもアプリケーション ファイルを生成し、デバイス上で直接インストールできます。
 
-<!-- START HTML -->
+開発サイクルの任意の時点ではより多く、*ネイティブ プラットフォーム開発*ワークフローの使用に切り替えることができます。 提供されている特定のプラットフォーム SDK ツール オプションの豊富なセットがあります。 (設定については各プラットフォームの SDK ツール プラットフォーム ガイドを参照してください)。
 
-<table class="compat" width="100%">
-  <tr>
-    <th>
-      </td> <th>
-        <tt>アンドロイド</tt>
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>ブラックベリー</tt>(6)
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>blackberry10</tt>
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>ios</tt>
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>wp7</tt>(Windows<br />携帯電話 7)
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>wp8</tt>(Windows<br />電話 8)
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>win8</tt><br />(Windows 8)
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>firefoxos</tt>
-      </th>
-      
-      <th>
-        <tt>tizen</tt>
-      </th></tr> </thead> 
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="guide_cli_index.md.html">コルドバ<br />CLI</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-          Mac、Windows、Linux
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="n">
-          Mac、Windows
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-          Mac、Windows
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-          Mac
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-          Windows
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-          Windows
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="guide_hybrid_webviews_index.md.html">埋め込み<br />WebView</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-          <a href="guide_platforms_android_webview.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-          <a href="guide_platforms_ios_webview.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="guide_hybrid_plugins_index.md.html">プラグイン<br />インターフェイス</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-          <a href="guide_guide_platforms_android_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-          <a href="guide_guide_platforms_blackberry_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-          <a href="guide_guide_platforms_blackberry10_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-          <a href="guide_guide_platforms_ios_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-          <a href="guide_guide_platforms_wp8_plugin.md.html">(詳細を参照)</a>
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-        </th>
-        
-        <th colspan="20">
-          プラットフォーム Api
-        </th>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_accelerometer_accelerometer.md.html">加速度センサー</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_camera_camera.md.html">カメラ</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_media_capture_capture.md.html">キャプチャ</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_compass_compass.md.html">コンパス</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-          (3 GS +)
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_connection_connection.md.html">接続</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_contacts_contacts.md.html">連絡先</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_device_device.md.html">デバイス</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_events_events.md.html">イベント</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_file_file.md.html">ファイル</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="p">
-          ないファイル転送
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="p">
-          ないファイル転送
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_geolocation_geolocation.md.html">地理位置情報</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_globalization_globalization.md.html">グローバリゼーション</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_inappbrowser_inappbrowser.md.html">InAppBrowser</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_media_media.md.html">メディア</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_notification_notification.md.html">通知</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_splashscreen_splashscreen.md.html">スプラッシュ スクリーン</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="n">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="n">
-        </td>
-      </tr>
-      
-      <tr>
-        <th>
-          <a href="cordova_storage_storage.md.html">ストレージ</a>
-        </th>
-        
-        <td data-col="android"    class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="blackberry10" class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="ios"        class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone7"  class="p">
-          localStorage のみ
-        </td>
-        
-        <td data-col="winphone8"  class="p">
-          localStorage のみ
-        </td>
-        
-        <td data-col="win8"       class="y">
-        </td>
-        
-        <td data-col="tizen"       class="y">
-        </td>
-      </tr></table> 
-      
-      <!-- END HTML -->
\ No newline at end of file
+SDK 環境は web ベース、およびネイティブのアプリケーション コンポーネントをミックスしたハイブリッド アプリを実装する場合に適しています。 コマンド ライン ユーティリティを使用して最初のアプリを生成する可能性がありますまたは繰り返し SDK ツールに更新されたコードを供給するその後。 アプリケーションの構成ファイルは自分でもビルド可能性があります。 (Config.xml ファイルの詳細を参照してください)。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/config.md
new file mode 100644
index 0000000..3d41aad
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/config.md
@@ -0,0 +1,53 @@
+---
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied. See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# アマゾン火 OS 構成
+
+`config.xml`ファイルは、各アプリケーションと CordovaWebView のインスタンス全体に適用される、アプリの基本的な設定を制御します。 アマゾンの火の OS にのみ適用されますこのセクションの詳細設定を構築します。 グローバル構成のオプションには、config.xml ファイル情報を参照してください。
+
+*   `KeepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): アプリケーション滞在後もバック グラウンドで実行されているかどうかを判断します、 `pause` イベントが発生します。
+    
+        <preference name="KeepRunning" value="false"/>
+        
+
+*   `ErrorUrl`: 400-500 の範囲で標準的な HTTP エラーへの応答に表示するエラー ページを指定します。 ホーム ページおよびその他の web 資産を含む最上位ディレクトリで指定されたファイルを配置します。
+    
+        <preference name="ErrorUrl" value="error.html"/>
+        
+
+*   `LoadingDialog`: アプリをロードするとき、ネイティブのダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
+    
+        <preference name="LoadingDialog" value="Please wait, the app is loading"/>
+        
+
+*   `LoadingPageDialog`: サブ ・ ページは、アプリ内での読み込み時ネイティブ ダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
+    
+        <preference name="LoadingPageDialog" value="Please wait, the data is loading"/>
+        
+
+*   `LoadUrlTimeoutValue`(番号、既定値は `20000` ): タイムアウト エラーをスローする前に待機する時間の量、ページの読み込み中。 この例では 20 よりもむしろ 10 秒を指定します。
+    
+        <preference name="LoadUrlTimeoutValue" value="10000"/>
+        
+
+*   `SplashScreen`: からの拡張子を除いたファイル名、 `res/drawable` ディレクトリ。様々 な資産は、さまざまなサブディレクトリでこの共通名を共有しなければなりません。
+    
+        <preference name="SplashScreen" value="splash"/>
+        
+
+*   `SplashScreenDelay`(数は、既定値は `5000` ): 時間量スプラッシュ スクリーンのイメージが表示されます。
+    
+        <preference name="SplashScreenDelay" value="10000"/>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
new file mode 100644
index 0000000..c88da30
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/index.md
@@ -0,0 +1,127 @@
+---
+
+免許証: アパッシュ ソフトウェア基礎 (ASF) を 1 つまたは複数の共同作成者のライセンス契約の下でライセンスされています。 著作権所有権に関する追加情報のためのこの仕事と分散 NOTICE ファイルを参照してください。 ASF は、Version 2.0 (「ライセンス」); Apache ライセンスの下であなたにこのファイルをライセンスします。ライセンスに従う場合、このファイルを使用可能性があります。 ライセンスのコピーを入手した可能性があります。
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0 ライセンスの下で配布されるソフトウェアで配布されて適用される法律によって必要なまたは書面で合意した、しない限り、"AS IS"なしの保証または条件、いかなる種類の明示的または黙示的、基礎。  アクセス許可と制限を支配する特定の言語用のライセンスを参照してください。
+    
+
+## ライセンス。
+
+# アマゾン火 OS プラットフォーム ガイド
+
+このガイドの Kindle 火災 HDX などのアマゾン火 OS デバイス Cordova アプリを展開する SDK の開発環境を設定する方法を示します。
+
+詳細なプラットフォーム固有の情報は、次を参照してください。
+
+*   アマゾン火 OS 構成
+*   アマゾン火 OS web 表示
+*   アマゾン火 OS プラグイン
+
+## 要件、およびサポート
+
+アマゾン火 OS 用 Cordova アプリの開発には Android の SDK とアマゾン WebView SDK が必要です。以下のリンクでこれらの Sdk の要件を確認してください。
+
+*   [Android の SDK システム][1]
+
+*   [アマゾン WebView SDK][2]
+
+ [1]: http://developer.android.com/sdk/
+ [2]: https://developer.amazon.com/sdk/fire/IntegratingAWV.html#installawv
+
+## インストール
+
+### Android の SDK
+
+[Developer.android.com/sdk][1]から Android SDK をインストールします。 それ以外の場合、ダウンロードした移動、SDK をインストールする場所の選択肢が表示されます `adt-bundle` ツリーの開発ツールを格納する場所を。
+
+コルドバ動作するコマンド ライン ツール、SDK の含まする必要があります `tools` と `platform-tools` パス環境のディレクトリ。
+
+Mac、Linux または他の Unix ライクなプラットフォームで、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK のインストールに応じて、次のような行を追加します。
+
+    エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
+    
+
+これは、SDK で新しくオープンしたターミナル windows のツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
+
+    $ ソース ~/.bash_profile
+    
+
+Windows 7 を道の環境を変更: する
+
+*   デスクトップの左下隅の [**スタート**] メニューをクリックして、**コンピューター**を右クリックし、**プロパティ**をクリックします.
+
+*   左側の列では、**システムの詳細設定**をクリックします。
+
+*   表示されたダイアログ ボックスで**環境変数**キーを押します。.
+
+*   **パス**変数を選択し、キーを押して**編集**.
+
+*   たとえば、SDK をインストールしたに基づくパスに次を追加します。
+    
+        ;C:\Development\adt-bundle\sdk\platform-tools;C:\Development\adt-bundle\sdk\tools
+        
+
+*   値を保存して両方のダイアログ ボックスを閉じます。
+
+また、コマンド ・ プロンプトとタイプ Java および Ant. オープンを有効にする必要があります `java` 、また入力と `ant` 。パスに追加いずれかを実行する失敗します。
+
+    ;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
+    
+
+### アマゾン WebView SDK
+
+[Amazon 開発者ポータル][2]からアマゾン WebView SDK をダウンロードします。.
+
+*   作成、 `libs/` フォルダーに `~/.cordova/lib/amazon-fireos/cordova/3.1.0/` フォルダー。
+*   追加の `awv_interface.jar` をダウンロードした SDK から`~/.cordova/lib/amazon-fireos/cordova/3.1.0/libs/`
+
+## SDK でプロジェクトを開く
+
+使用、 `cordova` コルドバのコマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトを設定するユーティリティ。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
+
+    $ cordova create hello com.example.hello "HelloWorld"
+    $ cd hello
+    $ cordova platform add amazon-fireos
+    $ cordova build
+    
+
+作成したらここでは、SDK を使用して、それを変更する方法です。
+
+*   **Eclipse**アプリケーションを起動します。
+
+*   **新しいプロジェクト**のメニュー項目を選択します。
+
+*   表示されたダイアログ ボックスから**既存のコードから Android プロジェクト**を選択し、**次**キーを押します。 ![][3]
+
+*   移動する `hello` 、または好みのディレクトリに作成した、プロジェクトし、 `platforms/amazon-fireos` サブディレクトリ。
+
+*   **終了**キーを押します。.
+
+ [3]: img/guide/platforms//eclipse_new_project.png
+
+Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
+
+*   プロジェクト ディレクトリを右クリックします。
+
+*   結果**のプロパティ**] ダイアログ [ **Android**ナビゲーション ウィンドウから。
+
+*   プロジェクトのビルド ターゲットは、インストールされている最高の Android の API レベルを選択します。
+
+*   **[Ok]**をクリックします.
+
+*   **クリーン****をプロジェクト**メニューから選択します。これは、プロジェクト内のすべてのエラーを修正する必要があります。
+
+## デバイスへの配置します。
+
+デバイスに直接アプリをプッシュするには、 [Android 開発者向けサイト][4]で説明されているようにあなたのデバイスで USB デバッグを有効にかどうかを確認し、ミニ USB ケーブルを使用してあなたのシステムにプラグインします。
+
+ [4]: http://developer.android.com/tools/device.html
+
+アプリをデバイスにプッシュするには、コマンド行から。
+
+    $ cordova run amazon-fireos
+    
+
+Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、**人造人間アプリケーション → として実行**を選択します.
+
+**注**: 現在、エミュレーターを介してテストはサポートされていませんアマゾン WebView ベースのアプリ。
\ No newline at end of file


Mime
View raw message