cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From shaz...@apache.org
Subject [49/57] [abbrv] CB-5931 1/28 push latest of edge for Japanese Cordova 3.4
Date Thu, 30 Jan 2014 21:21:41 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/plugin.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/plugin.md
new file mode 100644
index 0000000..fef932b
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/plugin.md
@@ -0,0 +1,100 @@
+---
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied. See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# アマゾン火 OS プラグイン
+
+カスタム プラグインの開発の概要については Android プラグイン ガイドの指示に従います。
+
+## エコー アマゾン火 OS のプラグインの例
+
+アプリケーション ・ プラグインで説明する java スクリプトの設定インタ フェースの*エコー*機能を合わせて使用して、 `plugin.xml` を注入する、 `feature` ローカル プラットフォーム仕様 `config.xml` ファイル。
+
+    <platform name="amazon-fireos">
+        <config-file target="config.xml" parent="/*">
+            <feature name="Echo">
+                <param name="android-package" value="org.apache.cordova.plugin.Echo"/>
+            </feature>
+        </config-file>
+    </platform>
+    
+
+次を追加し、 `src/org/apache/cordova/plugin/Echo.java` ファイル。
+
+    package org.apache.cordova.plugin;
+    
+    import org.apache.cordova.CordovaPlugin;
+    import org.apache.cordova.CallbackContext;
+    
+    import org.json.JSONArray;
+    import org.json.JSONException;
+    import org.json.JSONObject;
+    
+    /**
+     * This class echoes a string called from JavaScript.
+     */
+    public class Echo extends CordovaPlugin {
+    
+        @Override
+        public boolean execute(String action, JSONArray args, CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+            if (action.equals("echo")) {
+                String message = args.getString(0);
+                this.echo(message, callbackContext);
+                return true;
+            }
+            return false;
+        }
+    
+        private void echo(String message, CallbackContext callbackContext) {
+            if (message != null && message.length() > 0) {
+                callbackContext.success(message);
+            } else {
+                callbackContext.error("Expected one non-empty string argument.");
+            }
+        }
+    }
+    
+
+アマゾン火 OS プラットフォーム Android プラグイン コードを再利用し、指す plugin.xml を変更、する場合は、 `android` 特定のソース ファイル。たとえば、
+
+    <platform name="amazon-fireos">
+        <config-file target="config.xml" parent="/*">
+            <feature name="Echo">
+                <param name="android-package" value="org.apache.cordova.plugin.Echo"/>
+            </feature>
+        </config-file>
+        <source-file src="src/android/Echo.java" target-dir="src/org/apache/cordova/plugin" />
+    </platform>
+    
+
+アマゾン火 OS プラットフォーム用のカスタマイズされたプラグインを書くという名前のフォルダーを作成し、たい場合 `amazon` プラグイン src の下/フォルダーを指す plugin.xml を変更し、 `amazon` 特定のソース ファイル。 たとえば、
+
+    <platform name="amazon-fireos">
+        <config-file target="config.xml" parent="/*">
+            <feature name="Echo">
+                <param name="android-package" value="org.apache.cordova.plugin.Echo"/>
+            </feature>
+        </config-file>
+        <source-file src="src/amazon/Echo.java" target-dir="src/org/apache/cordova/plugin" />
+    </platform>
+    
+
+## あなたのプラグインで Amazon の WebView を使用します。
+
+コルドバ アマゾン火 os はオープン ソース クロム プロジェクトに組み込まれているカスタムのアマゾン WebView を使用しています。それは加速し、Kindle の火災に流体のパフォーマンス用に最適化された GPU です。
+
+[Amazon 開発者ポータル][1]点検プロジェクトでアマゾンの WebView を最大限に活用する方法を理解するには.
+
+ [1]: https://developer.amazon.com/sdk/fire/IntegratingAWV.html
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/webview.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/webview.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/webview.md
new file mode 100644
index 0000000..e234903
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/amazonfireos/webview.md
@@ -0,0 +1,116 @@
+---
+
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more contributor license agreements. See the NOTICE file distributed with this work for additional information regarding copyright ownership. The ASF licenses this file to you under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+    
+
+   under the License.
+---
+
+# アマゾン火 OS web 表示
+
+3.0.0 以降、コルドバ アマゾン火 OS アプリケーションでコンポーネントとして使用できます。 アマゾン火 OS としてこのコンポーネントを指します `CordovaWebView` 。 `CordovaWebView`オープン ソース クロム プロジェクトに組み込まれているアマゾン WebView を拡張します。 この機能を活用してあなたの web アプリは現代のウェブ ランタイム エンジンで実行される最新の HTML5 web 標準を利用できます。
+
+## 前提条件
+
+*   コルドバ 3.0.0 以上
+
+*   最新の SDK を更新 android SDK
+
+*   アマゾン WebView SDK
+
+## アマゾン火 OS プロジェクトで CordovaWebView の使用へのガイドします。
+
+1.  ダウンロード[アマゾン WebView SDK][1]を展開しに awv_interface.jar をコピー `/framework/libs` ディレクトリ。 ライブラリを作成する/フォルダーが存在しない場合。
+
+2.  `cd``/framework`を実行 `ant jar` コルドバの jar を構築します。 として形成された .jar ファイルを作成します `cordova-x.x.x.jar` で、 `/framework` ディレクトリ。
+
+3.  編集アプリケーションの `main.xml` ファイル (下 `/res/layout` ) と、次のように、 `layout_height` 、 `layout_width` 、 `id` 、アプリケーションに合わせて変更します。
+    
+        <org.apache.cordova.CordovaWebView
+            android:id="@+id/tutorialView"
+            android:layout_width="match_parent"
+            android:layout_height="match_parent" />
+        
+
+4.  あなたの活動を変更して、それを実装する、 `CordovaInterface` 。 含まれているメソッドを実装する必要があります。 それらをコピーすることができます `/framework/src/org/apache/cordova/CordovaActivity.java` 、または独自に実装します。 インターフェイスを使用して、基本的なアプリケーションを次のコード片に示します。 参照先のビュー id と一致する方法に注意してください、 `id` 上記のように XML フラグメントで指定された属性。
+    
+        public class CordovaViewTestActivity extends Activity implements CordovaInterface {
+            CordovaWebView cwv;
+            /* Called when the activity is first created. */
+            @Override
+            public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
+                super.onCreate(savedInstanceState);
+                setContentView(R.layout.main);
+                cwv = (CordovaWebView) findViewById(R.id.tutorialView);
+                Config.init(this);
+                cwv.loadUrl(Config.getStartUrl());
+            }
+        
+
+ [1]: https://developer.amazon.com/sdk/fire/IntegratingAWV.html#installawv
+
+カメラを使用する場合もこれを実装する必要があります。
+
+        @Override
+        public void setActivityResultCallback(CordovaPlugin plugin) {
+            this.activityResultCallback = plugin;
+        }
+        /**
+         * Launch an activity for which you would like a result when it finished. When this activity exits,
+         * your onActivityResult() method is called.
+         *
+         * @param command           The command object
+         * @param intent            The intent to start
+         * @param requestCode       The request code that is passed to callback to identify the activity
+         */
+        public void startActivityForResult(CordovaPlugin command, Intent intent, int requestCode) {
+            this.activityResultCallback = command;
+            this.activityResultKeepRunning = this.keepRunning;
+    
+            // If multitasking turned on, then disable it for activities that return results
+            if (command != null) {
+                this.keepRunning = false;
+            }
+    
+            // Start activity
+            super.startActivityForResult(intent, requestCode);
+        }
+    
+        @Override
+        /**
+         * Called when an activity you launched exits, giving you the requestCode you started it with,
+         * the resultCode it returned, and any additional data from it.
+         *
+         * @param requestCode       The request code originally supplied to startActivityForResult(),
+         *                          allowing you to identify who this result came from.
+         * @param resultCode        The integer result code returned by the child activity through its setResult().
+         * @param data              An Intent, which can return result data to the caller (various data can be attached to Intent "extras").
+         */
+        protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent intent) {
+            super.onActivityResult(requestCode, resultCode, intent);
+            CordovaPlugin callback = this.activityResultCallback;
+            if (callback != null) {
+                callback.onActivityResult(requestCode, resultCode, intent);
+            }
+        }
+    
+
+最後に、スレッド プールを追加してください、それ以外の場合、プラグインには上で実行するスレッドはありません。
+
+        @Override
+        public ExecutorService getThreadPool() {
+            return threadPool;
+        }
+    
+
+1.  アプリケーションの HTML や JavaScript ファイル、プロジェクトにコピー アマゾン火 OS の `/assets/www` ディレクトリ。
+
+2.  コピー `config.xml` から `/framework/res/xml` プロジェクトの `/res/xml` ディレクトリ。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
index 8d5169d..9897353 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
@@ -18,36 +18,54 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 `config.xml`ファイルは、各アプリケーションと CordovaWebView のインスタンス全体に適用される、アプリの基本的な設定を制御します。 このセクションの詳細設定アンドロイドのビルドにのみ適用されます。 グローバル構成のオプションには、config.xml ファイル情報を参照してください。
 
-*   `KeepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): アプリケーション滞在後もバック グラウンドで実行されているかどうかを判断します、 `pause` イベントが発生します。
+*   `KeepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): アプリケーション滞在後もバック グラウンドで実行されているかどうかを判断します、 `pause` イベントが発生します。 注: これを false に設定がない殺すアプリ一時停止イベントの後、アプリはバック グラウンドでコルドバ webview でコードの実行を停止のみです。
     
         <preference name="KeepRunning" value="false"/>
         
 
-*   `ErrorUrl`: 400-500 の範囲で標準的な HTTP エラーへの応答に表示するエラー ページを指定します。 ホーム ページおよびその他の web 資産を含む最上位ディレクトリで指定されたファイルを配置します。
+*   `LoadUrlTimeoutValue`(数はミリ秒単位で、既定の `20000` 、20 秒間): タイムアウト エラーをスローする前に待機する時間の量、ページの読み込み中。 この例では 20 よりもむしろ 10 秒を指定します。
     
-        <preference name="ErrorUrl" value="error.html"/>
+        <preference name="LoadUrlTimeoutValue" value="10000"/>
         
 
-*   `LoadingDialog`: アプリをロードするとき、ネイティブのダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
+*   `SplashScreen`(文字列、既定値は `splash` ): からの拡張子を除いたファイル名、 `res/drawable` ディレクトリ。 様々 な資産は、さまざまなサブディレクトリでこの共通名を共有しなければなりません。
     
-        <preference name="LoadingDialog" value="Please wait, the app is loading"/>
+        <preference name="SplashScreen" value="mySplash"/>
         
 
-*   `LoadingPageDialog`: サブ ・ ページは、アプリ内での読み込み時ネイティブ ダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
+*   `SplashScreenDelay`(既定値は、ミリ秒単位で番号 `3000` ): スプラッシュ画面のイメージが表示されます時間の量。
     
-        <preference name="LoadingPageDialog" value="Please wait, the data is loading"/>
+        <preference name="SplashScreenDelay" value="10000"/>
         
 
-*   `LoadUrlTimeoutValue`(番号、既定値は `20000` ): タイムアウト エラーをスローする前に待機する時間の量、ページの読み込み中。 この例では 20 よりもむしろ 10 秒を指定します。
+*   `InAppBrowserStorageEnabled`(ブール値、既定値は `true` ): コントロール、InAppBrowser 内でページを開くかどうかとしてアクセスできます同じ localStorage および WebSQL ストレージ ページ、既定のブラウザーで開かれます。
     
-        <preference name="LoadUrlTimeoutValue" value="10000"/>
+        <preference name="InAppBrowserStorageEnabled" value="true"/>
         
 
-*   `SplashScreen`: からの拡張子を除いたファイル名、 `res/drawable` ディレクトリ。様々 な資産は、さまざまなサブディレクトリでこの共通名を共有しなければなりません。
+*   `LoadingDialog`(文字列、既定値は `null` ): 場合セット、スピナーは、アプリケーションの最初のページの読み込み時に指定したタイトルとメッセージ、ダイアログ ボックスが表示されます。 タイトルとメッセージは、この値の文字列でコンマで区切られます、ダイアログ ボックスが表示される前に、そのカンマが削除されます。
     
-        <preference name="SplashScreen" value="splash"/>
+        <preference name="LoadingDialog" value="My Title,My Message"/>
         
 
-*   `SplashScreenDelay`(数は、既定値は `5000` ): 時間量スプラッシュ スクリーンのイメージが表示されます。
+*   `LoadingPageDialog`(文字列、既定値は `null` ): と同じ `LoadingDialog` 、しかし、アプリケーションの最初のページの後のすべてのページをロードするため。
     
-        <preference name="SplashScreenDelay" value="10000"/>
\ No newline at end of file
+        <preference name="LoadingPageDialog" value="My Title,My Message"/>
+        
+
+*   `ErrorUrl`(デフォルトで、URL `null` ): 場合設定、「アプリケーション エラー」というタイトルのダイアログではなくアプリケーションで、エラー発生時に参照先のページが表示されます。
+    
+        <preference name="ErrorUrl" value="myErrorPage.html"/>
+        
+
+*   `ShowTitle`(ブール値、既定値は `false` ): 画面の上部にタイトルを表示します。
+    
+        <preference name="ShowTitle" value="true"/>
+        
+
+*   `LogLevel`(文字列、既定値は `ERROR` ): アプリケーションからメッセージ ログをフィルタ リングの最小のログ レベルを設定します。 有効な値は `ERROR` 、 `WARN` 、 `INFO` 、 `DEBUG` と`VERBOSE`.
+    
+        <preference name="LogLevel" value="VERBOSE"/>
+        
+
+*   `SetFullscreen`(ブール値、既定値は `false` ): と同じ、 `Fullscreen` でこの xml ファイルのグローバルな構成パラメーター。 このアンドロイド固有要素は推奨されませんグローバル `Fullscreen` 要素、将来のバージョンで削除されます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
index 5255ba1..4625181 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/index.md
@@ -16,7 +16,9 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Android プラットフォーム ガイド
 
-このガイドは、Android デバイスのための Cordova アプリを展開する SDK の開発環境を設定する方法を示します。詳細なプラットフォーム固有の情報は、次を参照してください。
+このガイドは、Android デバイスのための Cordova アプリを展開する SDK の開発環境を設定する方法を示します。 それの Android SDK をインストールする Eclipse SDK で Android プロジェクトを開くと、エミュレーターまたはデバイスに展開するプロセスについて説明します。 このガイドに従って少なくとも次ワークフローに関係なく、Android SDK をインストールをする必要があります。 ( *Web プロジェクト Dev*と*ネイティブのプラットフォーム開発*のワークフロー要求 Android SDK をインストールし、パス経由でアクセス可能)
+
+詳細なプラットフォーム固有の情報は、次を参照してください。
 
 *   Android の構成
 *   Android の web 表示
@@ -44,20 +46,19 @@ NOTE, doc said:
 
 開発者を使用する必要があります、 `cordova` 人造人間 SDK と共にユーティリティ。 それをインストール、追加プロジェクト、ビルドし、プロジェクトを配置する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
 
-## SDK をインストールします。
-
-[Developer.android.com/sdk][3]から Android SDK をインストールします。 それ以外の場合、ダウンロードした移動、SDK をインストールする場所の選択肢が表示されます `adt-bundle` ツリーの開発ツールを格納する場所を。
+Android SDK をインストールします。 [developer.android.com/sdk][3].Android の sdk として配布されて、' adt-バンドル-<os>-<arch>-<ver>' ファイル。Windows では、adt バンドルは、インストーラーにパッケージ化されます。OSX と Linux 上に簡単に解凍 'adt バンドル' 開発ツールを格納する場所。 [Android の SDK のセットアップに関する詳細情報をここで発見ことができます。][4]
 
  [3]: http://developer.android.com/sdk/
+ [4]: http://developer.android.com/sdk/installing/bundle.html
 
 コルドバ動作するコマンド ライン ツール、SDK の含まする必要があります `tools` と `platform-tools` パス環境のディレクトリ。 Mac、テキストエディターを使用して作成または変更することができます、 `~/.bash_profile` ファイルは、SDK のインストールに応じて、次のような行を追加します。
 
-    export PATH=${PATH}:/Development/adt-bundle/sdk/platform-tools:/Development/adt-bundle/sdk/tools
+    エクスポート パス ${path} を =:/開発/adt-バンドル/sdk/プラットフォーム固有のツール:/開発/adt-バンドル/sdk/ツール
     
 
 これは、SDK で新しくオープンしたターミナル windows のツールを公開します。それ以外の場合、現在のセッションで使用できるようにするこれを実行します。
 
-    $ source ~/.bash_profile
+    $ ソース ~/.bash_profile
     
 
 Windows 7 を道の環境を変更: する
@@ -79,14 +80,17 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
 
 また、コマンド ・ プロンプトとタイプ Java および Ant. オープンを有効にする必要があります `java` 、また入力と `ant` 。パスに追加いずれかを実行する失敗します。
 
-        %JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
+        ;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin
     
 
 ## SDK でプロジェクトを開く
 
 使用、 `cordova` コルドバのコマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトを設定するユーティリティ。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
 
-        $ コルドバ作成こんにちは com.example.hello"HelloWorld"$ cd こんにちは $ コルドバ プラットフォーム android $ コルドバ ビルドを追加
+        $ cordova create hello com.example.hello "HelloWorld"
+        $ cd hello
+        $ cordova platform add android
+        $ cordova build
     
 
 作成したらここでは、SDK を使用して、それを変更する方法です。
@@ -95,13 +99,15 @@ Windows 7 を道の環境を変更: する
 
 *   **新しいプロジェクト**のメニュー項目を選択します。
 
-*   表示されたダイアログ ボックスから**既存のコードから Android プロジェクト**を選択し、**次**キーを押します。 ![][4]
+*   表示されたダイアログ ボックスから**既存のコードから Android プロジェクト**を選択し、**次**キーを押します。 ![][5]
 
 *   移動する `hello` 、または好みのディレクトリに作成した、プロジェクトし、 `platforms/android` サブディレクトリ。
 
+*   必ず両方 `hello` と `hello-CordovaLib` をインポートするプロジェクトが選択されています。 `hello-CordovaLib`コルドバは .jar ファイルではなく Android ライブラリとして今使用されるためコルドバ 3.3.0 現在プロジェクトが必要です。
+
 *   **終了**キーを押します。.
 
- [4]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
+ [5]: img/guide/platforms/android/eclipse_new_project.png
 
 Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**が表示されます。もしそうなら、この追加の手順を実行します。
 
@@ -123,46 +129,46 @@ Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**
 
 *   Eclipse、内でこのツールバー アイコンを押します。
     
-    ![][5]
+    ![][6]
 
- [5]: img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
+ [6]: img/guide/platforms/android/eclipse_android_sdk_button.png
 
 一度開いて、アンドロイド SDK マネージャーはさまざまなランタイム ライブラリが表示されます。
 
-![][6]
+![][7]
 
- [6]: img/guide/platforms/android/asdk_window.png
+ [7]: img/guide/platforms/android/asdk_window.png
 
 **ツール → 管理 Avd** (Android 仮想デバイス) を選択し、表示されたダイアログ ボックス内の**デバイス定義**から任意の項目を選択します。
 
-![][7]
+![][8]
 
- [7]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
+ [8]: img/guide/platforms/android/asdk_device.png
 
 プレス**AVD の作成**、必要に応じて、名前の変更、変更を受け入れて**[ok]**を押します。
 
-![][8]
+![][9]
 
- [8]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
+ [9]: img/guide/platforms/android/asdk_newAVD.png
 
 これで、AVD **Android 仮想デバイス**リストに表示されます。
 
-![][9]
+![][10]
 
- [9]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
+ [10]: img/guide/platforms/android/asdk_avds.png
 
 エミュレーターを開くには、個別のアプリケーションとして、AVD を選択し、**開始**を押します。ハードウェア ボタンで使用できるコントロールを追加して、デバイスのように多くを起動します。
 
-![][10]
+![][11]
 
- [10]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
+ [11]: img/guide/platforms/android/asdk_emulator.png
 
 この時点で使用することができます、 `cordova` ユーティリティをコマンドラインからエミュレーターにアプリケーションを配置します。
 
-        $ コルドバ android をエミュレートします。
+        $ cordova emulate android
     
 
-代わりに Eclipse 内で作業している、プロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します。どれもが既に開かれている場合、AVD を指定しようとしています。
+Eclipse 内で作業する代わりに、プロジェクトを右クリックし、 **Android アプリケーション → として実行**を選択します。どれもが既に開かれている場合、AVD を指定しようとしています。
 
 高速な体験、Intel ベースのエミュレーター イメージを使用します。
 
@@ -176,13 +182,13 @@ Eclipse ウィンドウが開いたら、未解決の問題を示す赤い**X**
 
 ## デバイスへの配置します。
 
-デバイスに直接アプリをプッシュするには、 [Android 開発者向けサイト][11]で説明されているようにあなたのデバイスで USB デバッグを有効にかどうかを確認し、ミニ USB ケーブルを使用してあなたのシステムにプラグインします。
+デバイスに直接アプリをプッシュするには、 [Android 開発者向けサイト][12]で説明されているようにあなたのデバイスで USB デバッグを有効にかどうかを確認し、ミニ USB ケーブルを使用してあなたのシステムにプラグインします。
 
- [11]: http://developer.android.com/tools/device.html
+ [12]: http://developer.android.com/tools/device.html
 
 アプリをデバイスにプッシュするには、コマンド行から。
 
-        android を実行 $ コルドバ
+        $ cordova run android
     
 
 Eclipse、内でプロジェクトを右クリックし、**人造人間アプリケーション → として実行**を選択します.
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
index 0c24091..e921c26 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/plugin.md
@@ -16,145 +16,158 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Android のプラグイン
 
-プラグインを書くコルドバ Android のアーキテクチャの理解が必要です。 コルドバ アンドロイド Android の WebView それに取り付けられたフックで構成されます。 これらのプラグインのクラスへのマッピングとして表される、 `config.xml` ファイル。
+Android プラットフォームでネイティブのプラグインのコードを実装する方法の詳細について説明します。 これを読む前に、プラグインの構造とその一般的な JavaScript のインターフェイスの概要についてアプリケーション ・ プラグインが参照してください。 このセクションは、ネイティブ プラットフォームに戻るコルドバ webview から通信するサンプル*エコー*プラグインを示すために続けています。 別のサンプルも参照してください[CordovaPlugin.java][1]のコメント.
 
-プラグイン拡張する少なくとも 1 つの Java クラスから成っている、 `CordovaPlugin` クラス。 プラグインの 1 つをオーバーライドする必要があります、 `execute` メソッドから `CordovaPlugin` 。 最高のプラグインが処理する実際には、 `pause` と `resume` イベント、およびプラグインの間のメッセージパッシング。 実行時間の長い要求は、メディアの再生、リスナー、または内部の状態などのバック グラウンド アクティビティでプラグインを実装する必要があります、 `onReset()` メソッドと同様です。 それを実行するとき、 `WebView` 、java スクリプトの設定を再読み込みを新しいページまたは更新に移動します。
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-android/blob/master/framework/src/org/apache/cordova/CordovaPlugin.java
+
+Android のプラグインはそれに取り付けられたフックを持つアンドロイドの WebView を成っているコルドバ アンドロイドに基づいています。 プラグインのクラスへのマッピングとして表される、 `config.xml` ファイル。 プラグイン拡張する少なくとも 1 つの Java クラスから成っている、 `CordovaPlugin` のいずれかをオーバーライドするクラスの `execute` メソッド。 ベスト プラクティス、プラグインも扱うべきです `pause` と `resume` イベントのプラグイン間のメッセージパッシングと共に。 実行時間の長い要求は、メディアの再生、リスナー、または内部の状態などのバック グラウンド アクティビティでプラグインを実装する必要があります、 `onReset()` メソッドと同様です。 それを実行するとき、 `WebView` 、java スクリプトの設定を再読み込みを新
 いページまたは更新に移動します。
 
 ## プラグイン クラスのマッピング
 
-プラグインの JavaScript の部分を常に使用して、 `cordova.exec` メソッドは次のように。
+プラグインの java スクリプトの設定インターフェイスを使用して、 `cordova.exec` メソッドは次のように。
+
+        exec(<successFunction>, <failFunction>, <service>, <action>, [<args>]);
+    
+
+これは、WebView から要求アンドロイド ネイティブの側では、効果的に呼び出しをマーシャ リングします、 `action` 法、 `service` クラスに渡される引数は、 `args` 配列。
+
+コルドバ Android アプリケーションのプラグインを指定する必要があります Java ファイルや独自の*jar*ファイルとしてプラグインを配布するかどうか `res/xml/config.xml` ファイル。 アプリケーション ・ プラグインを使用する方法の詳細についてを参照してください、 `plugin.xml` ファイルをこれを注入する `feature` 要素。
 
-    exec(<successFunction>, <failFunction>, <service>, <action>, [<args>]);
+        <feature name="<service_name>">
+            <param name="android-package" value="<full_name_including_namespace>" />
+        </feature>
     
 
-これは、アンドロイド ネイティブ側には、もっとまたはより少なく通話にダウン沸騰、WebView から要求をマーシャ リングします、 `action` 法、 `service` に渡された引数を持つクラス、 `args` 配列。
+サービス名は、JavaScript で使用されるものと一致する `exec` を呼び出します。 値は、Java クラスの完全修飾名前空間の識別子です。 それ以外の場合は、プラグイン コンパイルしますが、まだコルドバを利用できない可能性があります。
 
-プラグインを追加する必要がありますあなたのプラグインを Java ファイルや独自の jar ファイルとして配布するかどうか、 `config.xml` 、コルドバ Android アプリケーションでファイル `res/xml/` ディレクトリ。
+## プラグインの初期化と有効期間
 
-    <feature name="<service_name>">
+それぞれの人生のためのプラグイン オブジェクトの 1 つのインスタンスが作成されます `WebView` 。 プラグインはまでインスタンス化されない最初、JavaScript から呼び出しによって参照されている場合を除き `<param>` と、 `onload` `name` 属性を設定する `"true"` で `config.xml` 。 例えば。
+
+    <feature name="Echo">
         <param name="android-package" value="<full_name_including_namespace>" />
+        <param name="onload" value="true" />
     </feature>
     
 
-サービス名、JavaScript で使用されるものと一致する必要があります `exec` 呼び出し、および値は、Java クラスの完全名、名前空間を含みます。 それ以外の場合、プラグイン コンパイルしますが、まだコルドバで到達できません。
+プラグインを使用する必要があります、 `initialize` 、スタート アップ ロジックのメソッド。
 
-## Android の Java プラグインを書く
+    @override
+    public void initialize(CordovaInterface cordova, CordovaWebView webView) {
+        super.initialize(cordova, webView);
+        // your init code here
+    }
+    
 
-Java スクリプトの設定をネイティブ側に要求するプラグインが発生します。経由で Android の Java プラグインが正しくマップされている、 `config.xml` ファイル。だから最終的な Android の Java プラグイン クラスどのようか。
+## Android の Java プラグインを書く
 
-何を介して JavaScript のプラグインにディスパッチを取得 `exec` 関数で渡されるプラグイン クラスの `execute` メソッド。 ほとんど `execute` の実装のようになります。
+JavaScript 呼び出し火災ネイティブ側に要求するプラグインとそれに対応する Java プラグインが適切にマップされている、 `config.xml` ファイルがどのよう最終的な Android の Java プラグイン クラス見てですか? 何が、JavaScript のプラグインにディスパッチされる `exec` 関数はプラグイン クラスに渡されます `execute` メソッド。 ほとんど `execute` の実装のようになります。
 
-    @Override パブリック boolean 文字列操作、JSONArray args (CallbackContext callbackContext) を実行 JSONException がスローされます {場合 (「beep".equals(action)) {this.beep(args.getLong(0));callbackContext.success();返します true;} 戻り偽;//"MethodNotFound"エラーで誤った結果を返します。
-    }
+        @Override パブリック boolean 文字列操作、JSONArray args (CallbackContext callbackContext) を実行 JSONException がスローされます {場合 (「beep".equals(action)) {this.beep(args.getLong(0));callbackContext.success();返します true;} 戻り偽;//"MethodNotFound"エラーで誤った結果を返します。
+        }
     
 
-値と比較の `action` パラメーター、およびディスパッチ クラスでは、必要に応じて、一部のパラメーターをメソッドに渡します (プライベート) メソッドへのオフ要求。
+JavaScript は `exec` 関数の `action` パラメーターを省略可能なパラメーターとディスパッチ専用クラスのメソッドに対応します。
 
 とき例外をキャッチし、エラーを返す、エラー JavaScript の一致する Java の例外名を可能な限り明快のために重要です。
 
-### スレッド処理
+## スレッド処理
 
-WebView に JavaScript が*なく*UI スレッド上で実行します。WebCore スレッドで実行されます。`execute`メソッドも WebCore スレッドを実行します。
+プラグインの java スクリプトの設定が*ない*のメイン スレッドで実行、 `WebView` インタ フェース ; その代わりに、上で実行、 `WebCore` スレッドのように、 `execute` メソッド。 ユーザー インターフェイスと対話する必要がある場合次のバリエーションを使用する必要があります。
 
-UI と対話する必要がある場合、次を使用する必要があります。
-
-    @Override
-    public boolean execute(String action, JSONArray args, final CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
-        if ("beep".equals(action)) {
-            final long duration = args.getLong(0);
-            cordova.getActivity().runOnUiThread(new Runnable() {
-                public void run() {
-                    ...
-                    callbackContext.success(); // Thread-safe.
-                }
-            });
-            return true;
+        @Override
+        public boolean execute(String action, JSONArray args, final CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+            if ("beep".equals(action)) {
+                final long duration = args.getLong(0);
+                cordova.getActivity().runOnUiThread(new Runnable() {
+                    public void run() {
+                        ...
+                        callbackContext.success(); // Thread-safe.
+                    }
+                });
+                return true;
+            }
+            return false;
         }
-        return false;
-    }
     
 
-UI スレッド上で実行する必要がない場合 WebCore のスレッドをブロックしません。
+使用、次の主要なインターフェイスで実行する必要がない場合の糸、しかしブロックしたくない、 `WebCore` スレッドのいずれか。
 
-    @Override
-    public boolean execute(String action, JSONArray args, final CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
-        if ("beep".equals(action)) {
-            final long duration = args.getLong(0);
-            cordova.getThreadPool().execute(new Runnable() {
-                public void run() {
-                    ...
-                    callbackContext.success(); // Thread-safe.
-                }
-            });
-            return true;
+        @Override
+        public boolean execute(String action, JSONArray args, final CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+            if ("beep".equals(action)) {
+                final long duration = args.getLong(0);
+                cordova.getThreadPool().execute(new Runnable() {
+                    public void run() {
+                        ...
+                        callbackContext.success(); // Thread-safe.
+                    }
+                });
+                return true;
+            }
+            return false;
         }
-        return false;
-    }
     
 
-### エコー Android のプラグインの例
+## エコー Android のプラグインの例
 
-追加するのには、次の `config.xml` ファイル。
+アプリケーション ・ プラグインで説明する java スクリプトの設定インタ フェースの*エコー*機能を合わせて使用して、 `plugin.xml` を注入する、 `feature` ローカル プラットフォーム仕様 `config.xml` ファイル。
 
-    <feature name="Echo">
-        <param name="android-package" value="org.apache.cordova.plugin.Echo" />
-    </feature>
+        <platform name="android">
+            <config-file target="config.xml" parent="/*">
+                <feature name="Echo">
+                    <param name="android-package" value="org.apache.cordova.plugin.Echo"/>
+                </feature>
+            </config-file>
+        </platform>
     
 
-以下のファイルを追加し、 `src/org/apache/cordova/plugin/Echo.java` コルドバ Android アプリケーション内。
+次を追加し、 `src/org/apache/cordova/plugin/Echo.java` ファイル。
 
-    package org.apache.cordova.plugin;
+        package org.apache.cordova.plugin;
     
-    import org.apache.cordova.CordovaPlugin;
-    import org.apache.cordova.CallbackContext;
+        import org.apache.cordova.CordovaPlugin;
+        import org.apache.cordova.CallbackContext;
     
-    import org.json.JSONArray;
-    import org.json.JSONException;
-    import org.json.JSONObject;
+        import org.json.JSONArray;
+        import org.json.JSONException;
+        import org.json.JSONObject;
     
-    /**
-     * This class echoes a string called from JavaScript.
-     */
-    public class Echo extends CordovaPlugin {
+        /**
+         * This class echoes a string called from JavaScript.
+         */
+        public class Echo extends CordovaPlugin {
     
-        @Override
-        public boolean execute(String action, JSONArray args, CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
-            if (action.equals("echo")) {
-                String message = args.getString(0);
-                this.echo(message, callbackContext);
-                return true;
+            @Override
+            public boolean execute(String action, JSONArray args, CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+                if (action.equals("echo")) {
+                    String message = args.getString(0);
+                    this.echo(message, callbackContext);
+                    return true;
+                }
+                return false;
             }
-            return false;
-        }
     
-        private void echo(String message, CallbackContext callbackContext) {
-            if (message != null && message.length() > 0) {
-                callbackContext.success(message);
-            } else {
-                callbackContext.error("Expected one non-empty string argument.");
+            private void echo(String message, CallbackContext callbackContext) {
+                if (message != null && message.length() > 0) {
+                    callbackContext.success(message);
+                } else {
+                    callbackContext.error("Expected one non-empty string argument.");
+                }
             }
         }
-    }
     
 
-コードを見てをみましょう。 必要な `imports` が一番。 私たちのクラスから拡張 `CordovaPlugin` 。 Execute() メソッドをオーバーライドして、exec() からメッセージを受信します。 本手法はまず比較 `action` : このプラグインは 1 つのアクションのみをサポートします、 `echo` アクション。 その他のアクションを返します `false` 、タイプのエラーの結果が `INVALID_ACTION` 、JavaScript 側エラー コールバック呼び出しに変換します。 次に、私たちを使用してエコー文字列をつかむ、 `getString` メソッドに私たち `args` 、パラメーター配列の 0 番目のパラメーターを取得したいそれを伝えます。 パラメーターのチェックのビットを行う我々: それはないことを確認 `null` 、長さ 0 の文字列ではないことを確認しています。 我々 を呼び出す場合は、 `callbackConte
 xt.error()` (これは、今では、あなたが知っておくべきエラー コールバックを呼び出します)。 かどうかすべてのこれらのチェックに合格し、我々 を呼び出す `callbackContext.success()` を渡すと、 `message` 私たちをパラメーターとして受け取る文字列。 これは最後に、JavaScript 側成功コールバックの呼び出しに変換します。 それも通過、 `message` JavaScript の成功コールバック関数にパラメーターとしてパラメーター。
-
-## プラグインのデバッグ
-
-Eclipse を使用して Android プロジェクトをデバッグすることができます、プロジェクトに Java ソースが含まれる場合、プラグインをデバッグできます。 Android の開発者ツールの最新バージョンのみこの時点で完全にサポートされていないのでソース コード添付ファイル JAR の依存関係を許可するように知られています。
-
-## 一般的な落とし穴
-
-*   プラグインへのアクセスがある、 `CordovaInterface` オブジェクト。 このオブジェクトには、Android へのアクセスを `Activity` アプリケーションを実行しています。 これは、 `Context` 新しい Android を起動するために必要な `Intent` 。 `CordovaInterface`プラグインを開始することができます、 `Activity` 、結果とときのコールバックのプラグインを設定する、 `Intent` アプリケーションに戻ってくる。 これは重要ですが、以来、 `Intent` s システムは、Android とのプロセス間通信方法。
+ファイルの上部に必要な輸入品からクラスを拡張 `CordovaPlugin` 、その `execute()` メソッドからメッセージを受信する、オーバーライドする `exec()` 。 `execute()`メソッドは、最初の値をテスト `action` 、この場合が 1 つだけ有効な `echo` 値です。 その他のアクションを返します `false` の結果と、 `INVALID_ACTION` 、JavaScript 側に呼び出されるエラー コールバックに変換エラー。
 
-*   プラグインに直接アクセスする必要はありません、 `Context` 彼らは、過去に持っていると。 遺産 `ctx` メンバーは廃止され、6 ヶ月間 2.0 をリリースした後削除されます。 すべての `ctx` メソッドに存在する、 `Context` 、両方 `getContext()` と `getActivity()` に必要な適切なオブジェクトを返すことが可能です。
+次に、メソッドを使って文字列のエコーを取得、 `args` オブジェクトの `getString` メソッドは、最初のパラメーターを指定する、メソッドに渡されます。 プライベートに渡される後 `echo` 法、それはパラメーター チェックじゃないことを確認 `null` またはその場合、空の文字列 `callbackContext.error()` JavaScript のエラー コールバックを呼び出します。 様々 なチェックにパスした場合、 `callbackContext.success()` 元を渡します `message` への JavaScript の成功コールバックをパラメーターとして文字列。
 
-## ソースを使用してください。
+## Android の統合
 
-[既存のプラグインに目を通す][1]には、独自のプラグインを書くに自分自身を準備する最もよい方法の 1 つ.
+アンドロイドの特徴、 `Intent` プロセスが互いに通信することができますシステムです。 プラグインへのアクセスがある、 `CordovaInterface` 、Android にアクセスできるオブジェクト `Activity` アプリケーションを実行します。 これは、 `Context` 新しい Android を起動するために必要な `Intent` 。 `CordovaInterface`プラグインを開始することができます、 `Activity` 、結果とときのコールバックのプラグインを設定する、 `Intent` をアプリケーションに返します。
 
- [1]: https://github.com/apache/cordova-android/tree/master/framework/src/org/apache/cordova
+コルドバ 2.0 以降のプラグインにもはや直接アクセスできます、 `Context` 、および、従来の `ctx` メンバーは使用されなくなりました。 すべて `ctx` メソッドに存在する、 `Context` 、両方 `getContext()` と `getActivity()` の必要なオブジェクトを返すことができます。
 
-[CordovaPlugin.java][2]のコメントをまた読む必要があります。.
+## Android のプラグインのデバッグ
 
- [2]: https://github.com/apache/cordova-android/blob/master/framework/src/org/apache/cordova/CordovaPlugin.java
\ No newline at end of file
+Eclipse は、プロジェクトに含まれている Java ソースとしてプラグインをデバッグすることができます。 Android の開発者ツールの最新バージョンのみこの機能はまだ完全にできませんので、 *JAR*の依存関係にソースコードを接続することができます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
index 6f4df39..4e07a46 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/tools.md
@@ -20,6 +20,8 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: http://cordova.apache.org
 
+プラグインできるようにする低レベルのコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。概要については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
+
 ## プロジェクトを作成します。
 
 実行、 `create` プロジェクト、逆ドメイン スタイル パッケージ識別子、およびアプリケーションの表示名を既存のパスを指定するコマンドです。Mac と Windows の両方の構文を次に示します。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
index 8d4c530..49dc227 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
@@ -18,22 +18,43 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 このガイドは、コルドバの旧バージョンからアップグレードする Android プロジェクトを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
 
+## 3.2.0 から 3.3.0 へのアップグレード
+
+用として同じ instructinos に従ってください。`3.2.0`.
+
+3.3.0 にはじまって、コルドバ ランタイム今 jar ファイルの代わりにアンドロイドをライブラリとしてコンパイルされます。 これがコマンドラインの使用法の効果がない IDE ユーザーが新しく追加されたインポートする必要があります `MyProject-CordovaLib` のワークスペースにプロジェクト。
+
+## 3.1.0 から 3.2.0 へのアップグレード
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  実行`cordova platform update android`
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+        bin/update <project_path>
+    
+
 ## 3.1.0 3.0.0 からアップグレード
 
 コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
 
-1.  更新、 `cordova` - CLI バージョンのコマンド ライン インターフェイスを参照してください 
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
 2.  実行`cordova platform update android`
 
 コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
 
-1.  `bin/更新 < project_path >`
+        bin/update <project_path>
+    
 
 ## 2.9.0 から CLI (3.0.0) へのアップグレード
 
 1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。
 
-2.  あなたのプラットフォームの追加、cordova のプロジェクトします。`cordova
+2.  コルドバ プロジェクトたとえば、プラットフォームの追加します。`cordova
 platform add android`.
 
 3.  プロジェクトの内容をコピー `www` ディレクトリを `www` で作成したコルドバ プロジェクトのルート ディレクトリ。
@@ -55,8 +76,8 @@ platform add android`.
 5.  非推奨アップグレードすることを確認 `<plugin>` あなたの古いからの参照 `config.xml` ファイルを新しい `<feature>` 仕様。
 
 6.  参照を更新、 `org.apache.cordova.api` パッケージになるまで`org.apache.cordova`.
-
-*   **注:**すべてのコア Api が削除されているし、のプラグインとしてインストールする必要があります。詳細についてを使用して Plugman 管理プラグイン ガイドを参照してください。
+    
+    **注**: すべてのコア Api が削除されているし、のプラグインとしてインストールする必要があります。詳細についてを使用して Plugman 管理プラグイン ガイドを参照してください。
 
 ## 2.8.0 から 2.9.0 へのアップグレードします。
 
@@ -68,17 +89,19 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
-4.  コピー、新しい `cordova.js` プロジェクトに。
+<!-- SS Eclipse -->
 
-5.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova.js` ファイル。
+1.  コピー、新しい `cordova.js` プロジェクトに。
 
-6.  コピー、 `res/xml/config.xml` と一致するファイル`framework/res/xml/config.xml`.
+2.  あなたの HTML を使用して、新しい更新 `cordova.js` ファイル。
 
-7.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
+3.  コピー、 `res/xml/config.xml` と一致するファイル`framework/res/xml/config.xml`.
 
-8.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
+4.  更新プログラム `framework/res/xml/config.xml` を以前のように同様の設定を持っています。
+
+5.  ファイルのコピー元 `bin/templates/cordova` プロジェクトの `cordova` ディレクトリ。
 
 ## 2.6.0 からへ 2.7.0 をアップグレードします。
 
@@ -86,7 +109,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.7.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -104,7 +127,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.6.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -124,7 +147,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.5.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -142,7 +165,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.4.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -158,7 +181,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.3.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -174,7 +197,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.2.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -190,7 +213,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.1.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -206,7 +229,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-2.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-2.0.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -214,9 +237,7 @@ platform add android`.
 
 6.  コピー、 `res/xml/config.xml` 一致するように`framework/res/xml/config.xml`.
 
-### 2.0.0 についてのメモをリリースします。
-
-`config.xml`交換は `cordova.xml` と `plugins.xml` 。 この新しいファイルは前の 2 つの組み合わせです。 ただし、古いファイルは廃止され、現在まだ仕事中、将来のリリースでの作業を停止します。
+2.0.0 リリース、 `config.xml` ファイルを結合し、置換 `cordova.xml` と `plugins.xml` 。 古いファイルは廃止され、彼らはまだ、2.0.0 で動作しながら、将来のリリースで動作しなくなります。
 
 ## 1.8.1 から 1.9.0 にアップグレードします。
 
@@ -224,7 +245,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.9.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.9.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -232,9 +253,7 @@ platform add android`.
 
 6.  更新 `res/xml/plugins.xml` 一致するように`framework/res/xml/plugins.xml`.
 
-### 1.9.0 についてのメモをリリースします。
-
-導入により、 `CordovaWebView` 、サード パーティのプラグインが動作しない場合があります。 これらのプラグインからコンテキストを取得する必要があります、 `CordovaInterface` を使用して `getContext()` または `getActivity()` 。 経験豊富なアンドロイドの開発者でない場合プラグインのメンテナに連絡して、バグ追跡システムにこのタスクを追加してください。
+導入により、 `CordovaWebView` では 1.9.0 リリースでは、サード パーティのプラグインが動作しません。 これらのプラグインからコンテキストを取得する必要があります、 `CordovaInterface` を使用して `getContext()` または `getActivity()` 。 経験豊富なアンドロイドの開発者でない場合プラグインのメンテナに連絡して、バグ追跡システムにこのタスクを追加してください。
 
 ## 1.8.0 から 1.8.0 へのアップグレードします。
 
@@ -242,7 +261,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.8.1.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.8.1.js` プロジェクトに。
 
@@ -256,7 +275,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.8.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -270,7 +289,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.8.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.8.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -284,7 +303,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.7.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.7.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -296,7 +315,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.6.1.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.6.1.js` プロジェクトに。
 
@@ -308,7 +327,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.6.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.6.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -324,7 +343,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `cordova-1.5.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `cordova-1.5.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -340,7 +359,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `phonegap-1.4.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `phonegap-1.4.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -356,7 +375,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `phonegap-1.3.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `phonegap-1.3.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -372,7 +391,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `phonegap-1.2.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `phonegap-1.2.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -388,7 +407,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `phonegap-1.1.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `phonegap-1.1.0.js` プロジェクトに。
 
@@ -402,7 +421,7 @@ platform add android`.
 
 2.  追加 `phonegap-1.0.0.jar` プロジェクトの `libs` ディレクトリ。
 
-3.  Eclipse を使用して eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
+3.  Eclipse を使用すると、Eclipse プロジェクトを更新して、クリーンを行います。
 
 4.  コピー、新しい `phonegap-1.0.0.js` プロジェクトに。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
index fa0255a..ad812ef 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/webview.md
@@ -16,23 +16,17 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Android の web 表示
 
-コルドバ 1.9 での援助にはじまって、 `CordovaActivity` 、コルドバ大きいネイティブ Android アプリケーションでコンポーネントとして使用できます。 Android としてこのコンポーネントを指す、 `CordovaWebView` 。 1.9 から新しいコルドバ ベースのアプリケーションを使用し、 `CordovaWebView` かどうかに関係なくそのメイン ビューとして、従来の `CordovaActivity` のアプローチが使用されます。
+このセクションを大きい人造人間アプリケーション内でのコルドバ有効 WebView コンポーネントを埋め込む方法を示します。これらのコンポーネントが互いと通信できる方法については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
 
-Android アプリケーションの開発に慣れていないしている場合は、WebView を含めようとして前にコルドバのアプリケーションを開発する Android プラットフォームのガイドをお読みください。 アンドロイド Cordova アプリを作成する主な方法ではありません。 これらの手順は、現在マニュアルですが可能性があります最終的に自動化されます。
+人造人間に慣れていないしている場合する必要があります最初 Android プラットフォーム ガイドに慣れるお持ち、WebView を埋め込みのより珍しい開発オプションを実行する前にインストールされている最新の人造人間 SDK。 コルドバ 1.9 を皮切りに、人造人間プラットホームに依存している、 `CordovaWebView` 、従来のビルド コンポーネント `CordovaActivity` 1.9 リリース前コンポーネント。
 
-## 前提条件
+1.  これらの指示に従って、最新コルドバ分布があることを確認します。[Cordova.apache.org][1]からダウンロードし、その Android パッケージを解凍します。
 
-*   コルドバ 1.9 以上
+2.  Android パッケージに移動 `/framework` ディレクトリと実行 `ant jar` 。Cordova が作成されます `.jar` として形成されたファイル`/framework/cordova-x.x.x.jar`.
 
-*   最新の SDK を更新 android SDK
+3.  コピー、 `.jar` Android プロジェクトにファイル `/libs` ディレクトリ。
 
-## Android プロジェクトでの CordovaWebView の使用へのガイドします。
-
-1.  `cd``/framework`を実行 `ant jar` コルドバの jar を構築します。 として形成された .jar ファイルを作成します `cordova-x.x.x.jar` で、 `/framework` ディレクトリ。
-
-2.  コルドバ jar を Android プロジェクト内にコピー `/libs` ディレクトリ。
-
-3.  編集アプリケーションの `main.xml` ファイル (下 `/res/xml` ) と、次のように、 `layout_height` 、 `layout_width` 、 `id` 、アプリケーションに合わせて変更します。
+4.  次に、アプリケーションの追加 `/res/xml/main.xml` ファイルと、 `layout_height` 、 `layout_width` と `id` 、アプリケーションに合うように変更します。
     
         <org.apache.cordova.CordovaWebView
             android:id="@+id/tutorialView"
@@ -40,7 +34,7 @@ Android アプリケーションの開発に慣れていないしている場合
             android:layout_height="match_parent" />
         
 
-4.  あなたの活動を変更して、それを実装する、 `CordovaInterface` 。 含まれているメソッドを実装する必要があります。 それらをコピーすることができます `/framework/src/org/apache/cordova/CordovaActivity.java` 、または独自に実装します。 インターフェイスを使用して、基本的なアプリケーションを次のコード片に示します。 参照先のビュー id と一致する方法に注意してください、 `id` 上記のように XML フラグメントで指定された属性。
+5.  アクティビティを変更して、それを実装する、 `CordovaInterface` 。 それは含まれているメソッドを実装する必要があります。 それらをコピーすることができます `/framework/src/org/apache/cordova/CordovaActivity.java` 、または他、自分でそれらを実装します。 次のコードは、基本的なアプリケーションのインターフェイスに依存している示しています。 参照先のビュー id と一致する方法に注意してください、 `id` 上記のように XML フラグメントで指定された属性。
     
         public class CordovaViewTestActivity extends Activity implements CordovaInterface {
             CordovaWebView cwv;
@@ -55,8 +49,8 @@ Android アプリケーションの開発に慣れていないしている場合
             }
         
 
-カメラを使用する場合もこれを実装する必要があります。
-
+6.  アプリケーションは、カメラを使用する必要がある場合、次を実装します。
+    
         @Override
         public void setActivityResultCallback(CordovaPlugin plugin) {
             this.activityResultCallback = plugin;
@@ -72,16 +66,16 @@ Android アプリケーションの開発に慣れていないしている場合
         public void startActivityForResult(CordovaPlugin command, Intent intent, int requestCode) {
             this.activityResultCallback = command;
             this.activityResultKeepRunning = this.keepRunning;
-    
+        
             // If multitasking turned on, then disable it for activities that return results
             if (command != null) {
                 this.keepRunning = false;
             }
-    
+        
             // Start activity
             super.startActivityForResult(intent, requestCode);
         }   
-    
+        
         @Override
         /**
          * Called when an activity you launched exits, giving you the requestCode you started it with,
@@ -99,16 +93,18 @@ Android アプリケーションの開発に慣れていないしている場合
                 callback.onActivityResult(requestCode, resultCode, intent);
             }
         }
-    
-
-最後に、スレッド プールを追加してください、それ以外の場合、プラグインには上で実行するスレッドはありません。
+        
 
+7.  最後に、スレッド プールを追加してください、それ以外の場合プラグインには実行するスレッドはありません。
+    
         @Override
         public ExecutorService getThreadPool() {
             return threadPool;
         }
-    
+        
+
+8.  アプリケーションの HTML や JavaScript ファイル Android プロジェクトをコピー `/assets/www` ディレクトリ。
 
-1.  アプリケーションの HTML や JavaScript ファイル、プロジェクトにコピー Android の `/assets/www` ディレクトリ。
+9.  コピー、 `config.xml` ファイルから `/framework/res/xml` をプロジェクトの `/res/xml` ディレクトリ。
 
-2.  コピー `config.xml` から `/framework/res/xml` プロジェクトの `/res/xml` ディレクトリ。
\ No newline at end of file
+ [1]: http://cordova.apache.org
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
index 3c04e09..58b981d 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/config.md
@@ -14,7 +14,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
    under the License.
 ---
 
-# ブラックベリーの構成
+# ブラックベリー 10 構成
 
 `config.xml`ファイルは、各アプリケーションと CordovaWebView のインスタンス全体に適用される、アプリの基本的な設定を制御します。 ブラックベリー 10 にのみ適用されますこのセクションの詳細設定を構築します。 グローバル構成のオプションには、config.xml ファイル情報を参照してください。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
index 3d2cbad..e171d7e 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/index.md
@@ -36,17 +36,13 @@ Windows:
 
 *   ネイティブ SDK のインストール ディレクトリ パスに追加、たとえば。
     
-    ;C:\bbndk\host\_10\_1\_0\_132\darwin\x86\usr\bin\
+    ;C:\bbndk\host\_10\_2\_0\_132\darwin\x86\usr\bin\
 
 Mac および Linux:
 
 *   編集、 `~/.bash_profile` ネイティブ SDK のインストール先に応じて、次のような行を追加するファイル。
     
-    $ エクスポート パス ${path} =:/アプリケーション/bbndk/host\_10\_1\_0\_132/ダーウィン/x 86/usr/bin/
-    
-    または 10.2 ネイティブ SDK:
-    
-    $ 輸出 PATH=${PATH}:/Applications/Momentics.app/host\_10\_2\_0\_15/darwin/x86/usr/bin/
+    $ export PATH=${PATH}:/Applications/Momentics.app/host\_10\_2\_0\_15/darwin/x86/usr/bin/
 
 *   現在のセッションで変更を適用するのには、次を実行します。
     
@@ -56,22 +52,25 @@ Mac および Linux:
 
 デバイスのテストやブラックベリーの世界を通じてアプリケーションを配布する場合、システムはコード署名用のセットアップをなければなりません。
 
-署名キーを取得するためにブラックベリーのウェブサイトに移動し、指定したパスワードを保持することを確認します。 実行して、 `blackberry-signer` ユーティリティ ブラックベリー ネイティブ SDK に含まれています。
+署名キーを取得するために、\[ブラックベリー キー注文フォーム\] (https://www.blackberry.com/SignedKeys/codesigning.html) に移動します。
 
-- の詳細は、こちらをご覧ください。
+最初のチェック ボックスを選択します:"ブラックベリー NDK を使用して開発された BlackBerry10 アプリ」のため署名し、BBID を作成することも。
 
-*   [コード署名キーに登録します。][2]
+パスワードを入力し、「トークンの取得」bbidtoken.csk をダウンロードする] をクリックします。ダウンロード ページに表示されますお使いの OS のデフォルトの場所にこのファイルを保存します。
 
-*   [コードの署名用にシステムを設定します。][3]
+最後の手順は、署名証明書を生成します。
 
- [2]: https://www.blackberry.com/SignedKeys/codesigning.html
- [3]: https://developer.blackberry.com/html5/documentation/signing_setup_bb10_apps_2008396_11.html
+    $ blackberry-keytool -genkeypair -storepass <password> -author 'Your Name’
+    
 
 ## プロジェクトを作成します。
 
 使用の `cordova` コマンド ライン インターフェイスで説明されているように、新しいプロジェクトを設定するユーティリティ。たとえば、ソース コード ディレクトリ: で
 
-    $ コルドバ作成こんにちは com.example.hello $ cd こんにちは $ コルドバ プラットフォーム blackberry10 $ コルドバ ビルドを追加
+    $ cordova create hello com.example.hello
+    $ cd hello
+    $ cordova platform add blackberry10
+    $ cordova build
     
 
 ## エミュレーターへの展開します。
@@ -79,96 +78,74 @@ Mac および Linux:
 デバイス エミュレーターを実行する場合は、ダウンロードして、ブラックベリー 10 シミュレータをインストールします。
 
 *   [ダウンロード][1]
-*   [はじめに][4]
+*   [はじめに][2]
 
- [4]: http://developer.blackberry.com/devzone/develop/simulator/blackberry_10_simulator_start.html
+ [2]: http://developer.blackberry.com/devzone/develop/simulator/blackberry_10_simulator_start.html
 
-デバイスまたはエミュレーターでアプリケーションをテストする前に*ターゲット*プロジェクトを追加する必要があります。 それぞれ一意の名前で識別され、IP アドレスに関連付けられています。 アプリの表示に使用する前に、エミュレーターから IP アドレスを取得する必要があります。
+デバイスまたはエミュレーターでアプリケーションをテストする前に開発モードを有効にする必要があります。
 
 エミュレーター イメージを起動し、ホーム画面から**設定**を選択します。
 
-![][5]
-
- [5]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_home.png
+![][3]
 
-移動し、**セキュリティとプライバシー → 開発モード**セクションのオプションを有効にして IP アドレスを取得する:
+ [3]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_home.png
 
-![][6]
+移動し、**セキュリティとプライバシー → 開発モード**セクションし、オプションを有効にします。
 
- [6]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_devel.png
-
-コマンド ライン ユーティリティのセットを追加、プロジェクトの BlackBerry 10 プラットフォームを設定するときに含められます。 この場合、プロジェクトの最上位ディレクトリから呼び出される、次のコマンドは、 *emu*上に表示される IP アドレスを持つという名前のターゲットを関連付けます。
-
-*   Windows:
-    
-    $ platforms\blackberry10\cordova\target.bat -t のエミュー 169.254.0.1 シミュレータを追加します。
+![][4]
 
-*   Mac の/Linux: 上
-    
-    $ プラットフォーム/blackberry10/コルドバ/ターゲット追加エミュー 169.254.0.1-t シミュレータ
+ [4]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_devel.png
 
 その後、実行、 `emulate` アプリケーションを表示するコマンド。
 
-    $ コルドバ エミュレート blackberry10
+    $ cordova emulate blackberry10 --devicepass <password>
     
 
 ## デバイスへの配置します。
 
-デバイスへの配備をお使いのコンピューターに接続されていることを確認します。 開発モードを有効にして上記のエミュレーター desribed として IP アドレスを取得します。 ピンを取得する必要があります、下の**設定**アプリケーション**→ についてハードウェア**:
-
-![][7]
-
- [7]: img/guide/platforms/blackberry10/bb_pin.png
+デバイスへの配備をお使いのコンピューターに接続されているし、開発モードが有効になってを確認します。
 
-名前に関連付ける IP アドレス、デバイスのパスワードと PIN とターゲット コマンド ライン ユーティリティを実行します。
+その後、実行、 `run` アプリケーションを表示するコマンド。
 
-*   Windows:
+    $ cordova run blackberry10 --devicepass <password>
     
-    $ platforms\blackberry10\cordova\target.bat mydevice 169.254.0.1 t デバイス--パスワード 123456 - ピン FFFF972E を追加します。
 
-*   Mac の/Linux: 上
-    
-    $ プラットフォーム/blackberry10/コルドバ/ターゲット mydevice 169.254.0.1 t デバイス--パスワード 123456 - ピン FFFF972E を追加します。
+デバッグ トークンがまだない場合、デバイスの設定、エラー メッセージされたらパスワードを入力するときにアプリケーションに署名するお使いのコンピューターの構成を定義しています。
 
-場所:
+    $ cordova run blackberry10 --devicepass <password> --keystorepass <signing password>
+    
 
-*   `--password`デバイスのロックを解除するパスワードを指します。
+## WebInspector とデバッグ
 
-*   `--pin`デバイス**の設定**アプリケーションから取得した PIN を指します。
+デバイスまたはエミュレーター上でのデバッグ、アプリケーションの内部状態を表示するリモート WebInspector を実行ことがあります。 プロンプトは標準の web ブラウザーを使ってアプリを接続することができます URL を表示します。 詳細については、[デバッグ使用 WebInspector][5]を参照してください。.
 
-その後、実行、 `run` アプリケーションを表示するコマンド。
+ [5]: http://developer.blackberry.com/html5/documentation/web_inspector_overview_1553586_11.html
 
-    blackberry10 を実行 $ コルドバ
-    
+## リリース バージョンをビルド
 
-デバッグ トークンがまだ設定されていないデバイスの場合、エラー メッセージはキーに署名するための登録時に指定したパスワードでスクリプトを実行するプラットフォームを使用するよう指示します。
+既定では、実行して、 `cordova build` コマンドはデバイスまたはシミュレータにテストに適した符号なし*.bar*パッケージ ファイルを作成します。
 
-*   Windows:
-    
-    $ platforms\blackberry10\cordova\run.bat - デバイス - keystorepass mysecret
+使用する `--release` BlackBerry の世界を介して配信に適してリリース バージョンを作成します。
 
-*   Mac の/Linux: 上
+    $ cordova build --release --keystorepass <signing password>
     
-    $ プラットフォーム/blackberry10/コルドバ/実行--デバイス--keystorepass mysecret
 
-## WebInspector とデバッグ
+`--keystorepass`オプションに署名するお使いのコンピューターを構成するときに定義されたパスワードを指定しますアプリケーション。
 
-デバイスまたはエミュレーター上でのデバッグ、アプリケーションの内部状態を表示するリモート WebInspector を実行ことがあります。 プロンプトは標準の web ブラウザーを使ってアプリを接続することができます URL を表示します。 詳細については、[デバッグ使用 WebInspector][8]を参照してください。.
+## 他の場所に配置します。
 
- [8]: http://developer.blackberry.com/html5/documentation/web_inspector_overview_1553586_11.html
+上記の手順は、デバイスは USB 経由で接続されてまたはシミュレータが、ローカル コンピューターで実行されていると仮定します。また、他の場所に展開することが可能です。
 
-## リリース バージョンをビルド
-
-既定では、実行して、 `cordova build` コマンドはデバイスまたはシミュレータにテストに適した符号なし*.bar*パッケージ ファイルを作成します。
-
-別に実行する必要があります `build` のブラックベリーの世界を介して配信に適してリリース バージョンを作成するコマンド。 依存しない、 `cordova` CLI ツールし、代わりに、次の構文を使用します。
+コマンド ライン ユーティリティのセットを追加、プロジェクトの BlackBerry 10 プラットフォームを設定するときに含められます。 この場合、プロジェクトの最上位ディレクトリから呼び出される、次のコマンドは*emu* IP アドレスを持つという名前のターゲットを関連付けます。
 
 *   Windows:
     
-    $ platforms\blackberry10\cordova\build.bat - リリース--keystorepass mysecret
+    $ platforms\blackberry10\cordova\target.bat add emu 192.168.2.24 -t simulator
 
 *   Mac の/Linux: 上
     
-    $ プラットフォーム/blackberry10/コルドバ/ビルド - リリース--keystorepass mysecret
+    $ platforms/blackberry10/cordova/target add emu 192.168.2.24 -t simulator
+
+ターゲットが定義されたら、実行するコマンドを使用する提供できます `--target` :
 
-`--keystorepass`オプションに署名するお使いのコンピューターを構成するときに定義されたパスワードを指定しますアプリケーション。
\ No newline at end of file
+    $ cordova run blackberry10 --target=emu
\ No newline at end of file


Mime
View raw message