cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From shaz...@apache.org
Subject [48/57] [abbrv] CB-5931 1/28 push latest of edge for Japanese Cordova 3.4
Date Thu, 30 Jan 2014 21:21:40 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/plugin.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/plugin.md
index 4bd442a..f30377a 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/plugin.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/plugin.md
@@ -16,119 +16,185 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # ブラックベリー 10 プラグイン
 
-これはコルドバのプラグイン開発ガイドの続きです。 今、そのコンテンツを確認してみましょう BlackBerry 10 プラットフォーム用エコー プラグインが必要とするものを見てください。 リコール エコー プラグインはどのような文字列、ユーザーは基本的を返しますを提供しています、 `window.echo` 機能。
+BlackBerry 10 プラットフォームにネイティブのプラグインのコードを実装する方法の詳細について説明します。 これを読む前に、プラグインの構造とその一般的な JavaScript のインターフェイスの概要についてアプリケーション ・ プラグインが参照してください。 このセクションは、ネイティブ プラットフォームに戻るコルドバ webview から通信するサンプル*エコー*プラグインを示すために続けています。
 
-    window.echo = function(str, callback) {
+エコー プラグインは基本的にどのような文字列を返します、 `window.echo` 関数は、JavaScript から送信します。
+
+        window.echo = function(str, callback) {
             cordova.exec(callback, function(err) {
                 callback('Nothing to echo.');
             }, "Echo", "echo", [str]);
         };
     
 
-コルドバのネイティブのブラックベリー 10 プラグイン JavaScript コードが含まれており、ネイティブ コードを含めることができます。 エコーのプラグインの例は、JavaScript からネイティブの機能を呼び出す方法を示します。 ネイティブと JavaScript コード JNEXT で提供されるフレームワークを介して互いに通信します。 すべてのプラグインも含める必要があります、 `plugin.xml` ファイル。
+ブラックベリー 10 コルドバ プラグインには JNEXT によって提供されるフレームワークを介して互いに通信する JavaScript およびネイティブ コードが含まれています。 すべてのプラグインも含める必要があります、 `plugin.xml` ファイル。
 
-## あなたのプラグインのネイティブのパーツを作成します。
+## ネイティブ クラスを作成します。
 
-あなたのプラグインのネイティブの部分を作成するブラックベリー 10 NDK IDE を開くし、ファイルを選択します > 新しい > ブラックベリー プロジェクト > ネイティブ拡張子 > ブラックベリー WebWorks。 目的のプロジェクト名を入力してください/場所やクリックして仕上げ。
+あなたのプラグインのネイティブの部分を作成するブラックベリー 10 NDK IDE を開きを選択します**ファイル → 新しいブラックベリー プロジェクト → ネイティブ拡張子 → ブラックベリー 10**。 **完了**を押し、目的のプロジェクト名と場所を入力してください。.
 
-IDE で作成されたプロジェクトには、メモリ プラグインのサンプル コードが含まれます。置換またはこれらのファイルを独自の機能を含めるを変更可能性があります。
+IDE で作成されたプロジェクトには、メモリ プラグインのサンプル コードが含まれます。置き換えるか、独自の機能を実装するこれらのファイルを変更可能性があります。
 
 *   `*name*_js.hpp`: JNEXT コード C++ ヘッダー。
 
 *   `*name*_js.cpp`: JNEXT の C++ コードです。
 
-JNEXT 拡張のネイティブのインターフェイスは、プロジェクトのパブリック ディレクトリにプラグイン ヘッダー ファイルで表示できます。 また、定数と、ネイティブ コードで使用できるユーティリティ関数が含まれています。 あなたのプラグインは、plugin.h で定義されている JSExt から派生する必要があります。つまり、次のクラスを実装する必要があります。
+JNEXT 拡張のネイティブのインターフェイスは、プロジェクトのパブリック ディレクトリにプラグイン ヘッダー ファイルで表示できます。 定数、ネイティブ コード内から使用できるユーティリティ関数もあります。 プラグインから派生する必要があります `JSExt` で定義される `plugin.h` 。 つまり、次のクラスを実装する必要があります。
 
-    JSExt クラス {0} パブリック: 仮想 ~JSExt() {};仮想文字列 InvokeMethod (const 文字列 & strCommand) = 0;仮想 bool CanDelete (ボイド) = 0;プライベート: std::string m_id;};
+        class JSExt
+        {
+        public:
+            virtual ~JSExt() {};
+            virtual string InvokeMethod( const string& strCommand ) = 0;
+            virtual bool CanDelete( void ) = 0;
+        private:
+            std::string m_id;
+        };
     
 
-したがって、あなたの拡張機能は、plugin.h ヘッダー ファイルを含める必要があります。エコーの例で使用する JSExt 次のように echo_js.hpp ファイル。
+拡張子を含める必要があります、 `plugin.h` ヘッダー ファイル。`Echo`を使用する例では、 `JSExt` で次のように、 `echo_js.hpp` ファイル。
 
-    #include"./public/plugin.h"< 文字列 > #ifndef ECHO_JS_H_ #define ECHO_JS_H_ #include クラス エコー: 公共 JSExt {公共: 明示的なエコー (const std::string & id);仮想 〜 Echo();仮想 std::string InvokeMethod (const std::string & コマンド);仮想 bool CanDelete();プライベート: std::string m_id;};#endif//ECHO_JS_H_
+        #include "../public/plugin.h"
+        #include <string>
+    
+        #ifndef ECHO_JS_H_
+        #define ECHO_JS_H_
+    
+        class Echo : public JSExt
+        {
+        public:
+            explicit Echo(const std::string& id);
+            virtual ~Echo();
+            virtual std::string InvokeMethod(const std::string& command);
+            virtual bool CanDelete();
+        private:
+            std::string m_id;
+        };
+    
+        #endif // ECHO_JS_H_
     
 
-`m_id`はこのオブジェクトの JNEXT id を含む属性です。 Id は、クラスにコンス トラクターへの引数として渡されます。 ネイティブ コードから JavaScript 側でイベントをトリガーする必要があります。 JNEXT CanDelete メソッドを使用して、ネイティブなオブジェクトを削除できるかどうかを決定します。 InvokeMethod 関数は、この特定のオブジェクトのメソッドを呼び出す JavaScript から要求から結果として呼び出されます。 この関数を唯一の引数は、このメソッドは、ネイティブ オブジェクトのメソッドを実行する必要がありますを決定するために解析する必要があります JavaScript から渡される文字列です。 今 echo_js.cpp でこれらの関数を実装します。エコーの例のとおり InvokeMethod 関数を実装します。
+`m_id`属性が含まれています、 `JNEXT` 、クラスにコンス トラクターへの引数として渡されるオブジェクトの id。 それは、JavaScript 側でイベントをトリガーするネイティブ側に必要です。 `CanDelete`メソッドは、ネイティブ オブジェクトを削除できるかどうかを判断します。 `InvokeMethod`関数はこの特定のオブジェクトのメソッドを呼び出す JavaScript から要求から結果として呼び出されます。 この関数を唯一の引数は、ネイティブ オブジェクトのメソッドのどれを実行する必要がありますを決定するこのメソッドで解析する JavaScript から渡される文字列です。 これらのメソッドが実装されて `echo_js.cpp` 。 ここでは、 `InvokeMethod` 関数、 `Echo` の例:
 
-    Echo::InvokeMethod 文字列 (const 文字列 & コマンド) {//parse コマンドと文字列 int インデックスから args = command.find_first_of("");文字列 strCommand = command.substr (0 インデックス);strValue の文字列 = command.substr (インデックス + 1、command.length());//関数を実行する必要がありますを決定する場合 (strCommand「エコー」= =) {返す strValue;} 他 {返す「サポートされていないメソッド」;}
-    }
+        string Echo::InvokeMethod(const string& command) {
+    
+            //parse command and args from string
+            int index = command.find_first_of(" ");
+            string strCommand = command.substr(0, index);
+            string strValue = command.substr(index + 1, command.length());
+    
+            // Determine which function should be executed
+            if (strCommand == "echo") {
+                return strValue;
+            } else {
+                return "Unsupported Method";
+            }
+        }
     
 
-あなたのネイティブ プラグイン次のコールバック関数を実装することもあります。
+ネイティブのプラグイン次のコールバック関数を実装することもあります。
 
 *   `extern char * onGetObjList (ボイド);`
 
 *   `extern JSExt * onCreateObject (const 文字列 & strClassName、const 文字列 & strObjId);`
 
-`onGetObjList`関数 JNEXT によってサポートされているクラスのカンマ区切りリストを返します。 JNEXT の JNEXT がインスタンス化できるクラスのセットを決定するこの関数を使用します。 私たちエコー プラグインで我々 に次がある `echo_js.cpp` :
+`onGetObjList`関数 JNEXT によってサポートされているクラスのコンマ区切りリストを返します。 JNEXT の JNEXT がインスタンス化できるクラスのセットを決定するこの関数を使用します。 `Echo`のプラグインでは、次を実装する `echo_js.cpp` :
 
-    char * onGetObjList() {静的チャー名 =「エコー」;返す名前;}
+        char* onGetObjList() {
+            static char name[] = "Echo";
+            return name;
+        }
     
 
-`onCreateObject`関数は 2 つのパラメーターを受け取ります。 最初のパラメーターは、JavaScript 側から作成される要求されたクラスの名前です。 無効な名前はそれらで返される `onGetObjList` 。 2 番目のパラメーターは、クラスの一意のオブジェクト id です。 このメソッドは作成したプラグイン オブジェクトへのポインターを返します。 私たちエコー プラグインで我々 に次がある `echo_js.cpp` :
+`onCreateObject`関数は 2 つのパラメーターを受け取ります。 最初に返されると有効な名前を持つ、JavaScript 側から作成される要求されたクラスの名前は `onGetObjList` です。 2 番目のパラメーターは、クラスの一意のオブジェクト id です。 このメソッドは作成したプラグイン オブジェクトへのポインターを返します。 `Echo`のプラグインでは、次を実装する `echo_js.cpp` :
 
-    JSExt * onCreateObject (const 文字列 & className、const 文字列 id) {場合 (クラス名「エコー」= =) {返す新しい Echo(id);}; NULL を返す}
+        JSExt* onCreateObject(const string& className, const string& id) {
+            if (className == "Echo") {
+                return new Echo(id);
+            }
+            return NULL;
+        }
     
 
-## あなたのプラグインの JavaScript の部分を作成します。
+## プラグインの java スクリプトの設定を作成します。
 
-あなたのプラグインの JavaScript の部分は、次のファイルを含める必要があります。
+プラグインは、次の JavaScript ファイルを含める必要があります。
 
-*   `client.js`: これはクライアント側とコルドバ アプリケーション呼び出すことができる API が含まれています。 API で `client.js` 呼び出しが呼び出しを行う `index.js` 。 API `client.js` また、コールバックをトリガーするイベントにコールバック関数を接続します。
+*   `client.js`: これはクライアント側とコルドバのアプリケーションで使用できる API が含まれています。 API で `client.js` 呼び出しが呼び出しを行う `index.js` 。 API `client.js` また、コールバックをトリガーするイベントにコールバック関数を接続します。
 
 *   `index.js`: コルドバを読み込みます `index.js` cordova.exec ブリッジを介してアクセス可能になります。 `client.js`ファイルがで API への呼び出しを行う、 `index.js` ファイルは、順番に呼び出すネイティブ側との通信に JNEXT。
 
-クライアント側とサーバー側 ( `client.js` と `index.js` ) を介して相互作用する、 `Cordova.exec` 関数です。 だから、 `client.js` を呼び出す、 `exec` 機能し、必要な引数を指定します。 エコー プラグインで我々 に次がある、 `client.js` ファイル。
+クライアント側とサーバー側 ( `client.js` と `index.js` ) を介して相互作用する、 `Cordova.exec` 関数です。 `client.js`を呼び出す必要があります、 `exec` 機能し、必要な引数を指定します。 `Echo`のプラグイン実装では、次の `client.js` ファイル。
 
-    var service = "org.apache.cordova.blackberry.echo",
-        exec = cordova.require("cordova/exec");
+        var service = "org.apache.cordova.blackberry.echo",
+            exec = cordova.require("cordova/exec");
     
-    module.exports = {
-        echo: function (data, success, fail) {
-            exec(success, fail, service, "echo", { data: data });
-        }
-    };
+        module.exports = {
+            echo: function (data, success, fail) {
+                exec(success, fail, service, "echo", { data: data });
+            }
+        };
     
 
-今、 `index.js` JNEXT を使用してネイティブ側と対話します。 だから JNEXT に Echo という名前のコンス トラクター関数をアタッチします。 コンス トラクター内で init 関数を使用して次のキー操作を実行します。
-
-*   ネイティブ側によってエクスポートされる必要なモジュールを指定します。必要なモジュールの名前は、共有ライブラリ (.so) ファイルの名前と一致する必要があります。
-
-`JNEXT.require("libecho")`
+`index.js`コンポーネント JNEXT を使用して、ネイティブ側との対話を。 名前付きのコンス トラクター関数をアタッチする `Echo` JNEXT を使用して次のキー操作を実行することができます、 `init` 関数。
 
-*   買収のモジュールを使用してオブジェクトを作成し、呼び出しによって返される ID を保存します。 self.m_id = JNEXT.createObject ("libecho。エコー");アプリケーション エコー関数を呼び出すとき `client.js` 、呼び出しがエコー関数を順番に呼び出す `index.js` PluginResult オブジェクトに戻る (データ) に応答を送信しますが、 `client.js` 。 以来、関数に渡された args 引数 JSON.stringfy() によって変換され、URIcomponent としてエンコード、次に呼び出す必要があります。
-
-`データ = JSON.parse(decodeURIComponent(args.data));`
-
-今すぐ戻ってデータを送信できます。すべて一緒に入れてみましょう:
+*   ネイティブ側によってエクスポートされる必要なモジュールを指定します。必要なモジュールの名前は共有ライブラリ ファイルの名前と一致する必要があります ( `.so` ファイル)。
+    
+        JNEXT.require("libecho")
+        
 
-    module.exports = {
+*   買収のモジュールを使用してオブジェクトを作成して、呼び出しによって返される ID を保存します。
     
-        echo: function (success, fail, args, env) {
+        self.m_id = JNEXT.createObject("libecho.Echo");
+        
     
-            var result = new PluginResult(args, env),
-            data = JSON.parse(decodeURIComponent(args.data)),
-            response = echo.getInstance().echo(data);
-            result.ok(response, false);
-        }
-    };
+    アプリケーションを呼び出すとき、 `echo` で機能 `client.js` を呼び出す順番に呼び出し、 `echo` で機能 `index.js` 、どこで、 `PluginResult` オブジェクトへの応答としてデータを送信します `client.js` 。 以来、 `args` 関数に渡された引数によって変換された `JSON.stringfy()` としてエンコードされ、 `URIcomponent` 、次を呼び出す必要があります。
+    
+        data = JSON.parse(decodeURIComponent(args.data));
+        
+
+今、次のように戻って、データを送信できます。
+
+        module.exports = {
+            echo: function (success, fail, args, env) {
+                var result = new PluginResult(args, env),
+                data = JSON.parse(decodeURIComponent(args.data)),
+                response = echo.getInstance().echo(data);
+                result.ok(response, false);
+            }
+        };
     
 
-## プラグインのアーキテクチャ
+## プラグイン アーキテクチャ
 
-含むプラグインの成果物を置くことができます、 `plugin.xml` ファイル、JavaScript (C++)、ソース ファイルとバイナリ ファイル ( `.so` )、ディレクトリ構造内で、ファイルの場所が正しく指定されている限り、 `plugin.xml` ファイル。 典型的な構造はこのようになります:
+など、プラグインのアイテムを配置することができます、 `plugin.xml` ファイル、JavaScript および C++ のソース ファイルと `.so` ファイルの場所を正しく指定する限り、任意のディレクトリ構造内で、バイナリ ファイル、 `plugin.xml` ファイル。 典型的な構造を次に示します。
 
-***your\_project\_directory***(> plugin.xml)
+***project_directory***(> plugin.xml)
 
-*   **www**(> client.js)
+*   **www** (>client.js)
 *   **src** 
     *   **blackberry10**(> index.js、**ネイティブ**> *.cpp, *.hpp)
     *   **デバイス**(>*バイナリファイル** .so)
     *   **シミュレータ**(>*バイナリファイル** .so)
 
-(一覧を最上位のディレクトリ間の階層関係を示します。 かっこは、与えられたディレクトリの内容を示します。 すべてのディレクトリ名は太字で表示されます。 ファイル名が付きます、 `>` 記号)。
-
-## 内容は `plugin.xml` ファイル
-
-`plugin.xml`ファイルには拡張子とその他のメタデータの名前空間が含まれています。名前空間定義し、エコー プラグインのための他のメタデータを次のように指定します。
-
-    < プラグイン xmlns ="http://www.phonegap.com/ns/plugins/1.0"id="org.apache.cordova.blackberry.echo"バージョン =「1.0.0」>< js モジュール src ="www/client.js">< マージ ターゲット =「ナビゲーター」/></js モジュール >< プラットフォーム名 ="blackberry10">< ソース ファイル src="src/blackberry10/index.js"/>< lib ファイル src="src/blackberry10/native/device/libecho.so"アーチ =「デバイス」/>< lib ファイル src="src/blackberry10/native/simulator/libecho.so"アーチ「シミュレータ」=/>< config ファイル ターゲット ="www/config.xml"親 ="/ウィジェット">< name="org.apache.cordova.blackberry.echo 機能"value="org.apache.cordova.blackberry.echo"/></config ファイル ></プラットフォーム ></プラグイン >
\ No newline at end of file
+最上位のフォルダー間の階層関係を示します。 かっこは、与えられたディレクトリの内容を示します。 すべてのディレクトリ名は太字で表示されます。 ファイル名が付きます、 `>` 記号。
+
+## *Plugin.xml*ファイル
+
+`plugin.xml`ファイルには、拡張機能の名前空間とその他のメタデータが含まれています。セットアップの `Echo` 次のようにプラグイン:
+
+        <plugin xmlns="http://www.phonegap.com/ns/plugins/1.0"
+            id="org.apache.cordova.blackberry.echo"
+            version="1.0.0">
+            <js-module src="www/client.js">
+                <merges target="navigator" />
+            </js-module>
+            <platform name="blackberry10">
+                <source-file src="src/blackberry10/index.js" />
+                <lib-file src="src/blackberry10/native/device/libecho.so" arch="device" />
+                <lib-file src="src/blackberry10/native/simulator/libecho.so" arch="simulator" />
+                <config-file target="www/config.xml" parent="/widget">
+                    <feature name="org.apache.cordova.blackberry.echo" value="org.apache.cordova.blackberry.echo" />
+                </config-file>
+            </platform>
+        </plugin>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/tools.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/tools.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/tools.md
index f07925b..6ba0cab 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/tools.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/tools.md
@@ -20,9 +20,11 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: http://cordova.apache.org
 
+プラグインできるようにする低レベルのコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。概要については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
+
 以下に示すコマンドのヘルプを使用する場合は、コマンドを入力、に沿って、 `-h` または `-help` の引数をすべてのコマンドでサポートされている使用可能な引数のそれぞれの説明を提供します。
 
-## 作成します。
+## アプリを作成します。
 
 `create`コマンドは、新しいプロジェクトを作成します。
 
@@ -37,9 +39,9 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 *   `<project-name>`アプリケーションの表示名を指定します。
 
-**注:** 、 `create` コマンドによる依存関係のインストールをブートス トラップ、 `npm install` コマンド。 インストール ディレクトリとシステム権限に応じて、管理者特権が必要です。 Osx 版/Linux 上に問題がある場合実行 `sudo npm install` を使用する前に、 `create` コマンド。 Windows では、実行 `npm install` 管理者特権で開いたコマンド ライン ユーティリティです。
+**注**: `create` コマンドによる依存関係のインストールをブートス トラップ、 `npm install` コマンド。 インストール ディレクトリとシステム権限に応じて、管理者特権が必要です。 Osx 版/Linux 上に問題がある場合実行 `sudo npm install` を使用する前に、 `create` コマンド。 Windows では、実行 `npm install` 管理者特権で開いたコマンド ライン ユーティリティです。
 
-## ターゲット
+## ターゲットを作成します。
 
 `target`コマンドでは、エミュレーターまたはアプリのテストに使用するブラックベリー装置を管理することができます。追加または、ターゲットを削除または既定のターゲットとして、ターゲットを設定できます。
 
@@ -56,7 +58,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 *   `-p | --password <password>`デバイスまたはエミュレーターのパスワードを指定します。デバイスまたはエミュレーターがパスワード保護されている場合にのみ必要です。
 
-*   `--pin <device-pin>`デバッグ トークンの有効なホストとしてそのデバイスを識別して、BlackBerry デバイスの PIN を指定します。 デバッグ トークンを作成している場合にのみ、この引数が必要です。
+*   `--pin <device-pin>`デバッグ トークンの有効なホストとしてそのデバイスを識別して、BlackBerry デバイスの PIN を指定します。 この引数は、デバッグ トークンを作成するときにのみ必要です。
 
 ### ターゲットを削除します。
 
@@ -68,11 +70,11 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
     コルドバ/< プロジェクトへのパス > < 名前 > の既定をターゲットします。
     
 
-## ビルド
+## アプリをビルドします。
 
 `build`コマンド .bar ファイルとしてプロジェクトをビルドします。 どちらかリリース モード (符号付き .bar ファイルを生成します) または (符号なしの .bar ファイルで作り出す) デバッグ モードでアプリをビルドすることができます。
 
-### リリース モードでプロジェクトをビルドします。
+### リリース モードでアプリケーションを構築します。
 
     < プロジェクトへのパス >/コルドバ/リリースをビルド [-k |--keystorepass < パスワード >] [-b |--buildId < 番号 >] [-p |--params < params JSON ファイル >]
     
@@ -100,41 +102,37 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 *   `-ll | --loglevel <level>`ログ レベルを指定します。ログ レベルのいずれか可能性があります `error` 、 `warn` 、または`verbose`.
 
-ある場合、既定のターゲットに定義した (以前のインストール済みデバッグ トークンを対象が BlackBerry デバイスの場合)、引数なしでスクリプトを実行して、スクリプトにアプリのパッケージを既定のターゲットを展開します。 たとえば。
+ある場合、既定のターゲットに定義した (以前のインストール済みデバッグ トークンを対象が BlackBerry デバイスの場合)、アプリに引数なしとスクリプト パッケージのスクリプトを実行することができ、既定のターゲットを展開します。 たとえば。
 
     < プロジェクトへのパス >/コルドバ/ビルドのデバッグ
     
 
-## 実行
+## アプリを実行します。
 
-`run`コマンドは指定された BlackBerry デバイスまたはエミュレーターでアプリケーションをデプロイします。 アプリを展開する前に、デバイスまたはエミュレーターを使用して、ターゲット ・ スクリプトにアプリを配置するターゲットを作成する必要があります。 配置スクリプトは、アプリの最新のビルドを展開します。
+`run`コマンドは指定された BlackBerry デバイスまたはエミュレーター上のアプリの最新ビルドを配置します。アプリを展開するにはターゲット デバイスまたはエミュレーターを指定する必要があります。
 
     コルドバ/< プロジェクトへのパス > < ターゲット > を実行します。
     
 
-どこ
-
-*   `<target>`以前に追加したターゲットの名前を指定します。 場合 `<target>` 、デバイスがそのデバイス USB 接続でお使いのコンピューターに接続する必要がありますまたはお使いのコンピューターと同じ Wi-Fi ネットワークに接続されています。
-
-## プラグイン
+... 僕 `<target>` 以前に追加したターゲットの名前を指定します。 場合 `<target>` は、デバイスをお使いのコンピューターと同じ Wi-Fi ネットワーク上または他の USB ケーブルを介してコンピューターに接続する必要があります。
 
-`target`コマンドの追加し、プラグインを削除することができます
+## プラグインを処理します。
 
-### ローカルでホストされているプラグインをフェッチします。
+`target`コマンドの追加し、プラグインを削除することができます。ローカルでホストされているプラグインをフェッチ。
 
     < プロジェクトへのパス > コルドバ/プラグイン フェッチ < パス-プラグイン >
     
 
-### インストールされているプラグインの一覧を表示します。
+インストールされているプラグインの一覧を表示します。
 
     < プロジェクトへのパス > コルドバ/プラグイン ls
     
 
-### プラグインを追加します。
+プラグインを追加します。
 
     < プロジェクトへのパス > < 名前 > を追加/コルドバ/プラグイン
     
 
-### プラグインを削除します。
+プラグインを削除します。
 
     < プロジェクトへのパス > コルドバ/プラグイン rm < 名前 >
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrading.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrading.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrading.md
index baae5d5..c6991a3 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrading.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/blackberry10/upgrading.md
@@ -14,10 +14,23 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
    under the License.
 ---
 
-# ブラックベリーのアップグレード
+# ブラックベリー 10 のアップグレード
 
 このガイドは、コルドバの旧バージョンからアップグレードするブラックベリー プロジェクトを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
 
+## 3.1.0 から 3.2.0 へのアップグレード
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` CLI バージョン。コマンド ライン インターフェイスを参照してください。
+
+2.  実行`cordova platform update blackberry`
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+        bin/更新 < project_path >
+    
+
 ## 3.1.0 3.0.0 からアップグレードします。
 
 1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.1.0 プロジェクトを作成します。
@@ -29,7 +42,7 @@ platform add blackberry10`.
 
 4.  コピーまたは元のプロジェクトから任意のネイティブの資産を上書き ( `Resources` など)。
 
-5.  コピー、 `config.xml` に、 `www` ディレクトリ、すべてのプラグインの定義を削除します。プラットフォーム ディレクトリの代わりにここでの設定を変更します。
+5.  コピー、 `config.xml` ファイルに、 `www` ディレクトリ、すべてのプラグインの定義を削除します。ここでいうよりプラットフォーム ディレクトリ内の設定を変更する必要があります。
 
 6.  コルドバ CLI ツールを使用して、必要な任意のプラグインをインストールします。 CLI 処理するすべてのコア Api のプラグインとして追加する必要がありますので注意してください。 プラグインだけマーク 3.0.0 と上記 CLI と互換性のあります。
 
@@ -41,14 +54,14 @@ CLI を専ら BlackBerry10 プラットフォームをサポートすること
 
 1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。
 
-2.  あなたのプラットフォームの追加、cordova のプロジェクトします。`cordova
+2.  たとえばコルドバ プロジェクトにあなたのプラットフォームを追加します。`cordova
 platform add blackberry10`.
 
 3.  元のプロジェクトの内容をコピー `www` ディレクトリを `www` で作成したコルドバ プロジェクトのルート ディレクトリ。
 
 4.  コピーまたは元のプロジェクトから任意のネイティブの資産を上書き ( `Resources` など)。
 
-5.  コピー、 `config.xml` に、 `www` ディレクトリ、すべてのプラグインの定義を削除します。プラットフォーム ディレクトリの代わりにここでの設定を変更します。
+5.  コピー、 `config.xml` ファイルに、 `www` ディレクトリ、すべてのプラグインの定義を削除します。ここでいうよりプラットフォーム ディレクトリ内の設定を変更する必要があります。
 
 6.  コルドバ CLI ツールを使用して、必要な任意のプラグインをインストールします。CLI 処理するすべてのコア Api のプラグインとして追加する必要がありますので注意してください。のみ 3.0.0 プラグインは CLI と互換性があります。
 
@@ -56,7 +69,7 @@ platform add blackberry10`.
 
 ## アップグレード 2.8.0 プロジェクト 2.9.0
 
-ブラックベリー 10:
+ブラックベリー 10: のため
 
 1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.9.0 ソースを展開`~/Cordova-2.9.0`.
 
@@ -70,7 +83,7 @@ platform add blackberry10`.
 
 6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova.js` ファイル。
 
-### BlackBerryOS/脚本
+BlackBerryOS/脚本。
 
 1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.9.0 ソースを展開`~/Cordova-2.9.0`.
 
@@ -90,9 +103,7 @@ platform add blackberry10`.
 
 9.  コピー、 `cordova` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `cordova` ディレクトリ。
 
-## アップグレード 2.7.0 2.8.0 にプロジェクトします。
-
-ブラックベリー 10:
+## アップグレード 2.7.0 2.8.0 にプロジェクト
 
 ブラックベリー 10 新しい CLI ツールを使用して、コア Api のプラグインとして管理します。 指示は更新、古いプロジェクトの複雑さのため、既存のプロジェクトを更新するのではなく、新しいプロジェクトにプロジェクトを移行します。 またメモ コルドバ js スクリプト ファイルは今 'cordova.js' と呼ばれもはやバージョン文字列が含まれています。
 
@@ -108,7 +119,7 @@ platform add blackberry10`.
 
 6.  コルドバ スクリプト参照を更新して、 `www/index.html` ファイルとスクリプト参照が含まれている他のファイル) を指す、新しい `cordova.js` ファイル。
 
-BlackBerryOS/脚本:
+BlackBerryOS/脚本。
 
 1.  ダウンロードし、するたとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリ場所にコルドバ 2.8.0 ソースを展開`~/Cordova-2.8.0`.
 
@@ -128,7 +139,7 @@ BlackBerryOS/脚本:
 
 9.  コピー、 `cordova` 、古いを上書きする既存のプロジェクトに新しいプロジェクト ディレクトリ `cordova` ディレクトリ。
 
-## アップグレード 2.6.0 へ 2.7.0 プロジェクトします。
+## アップグレード 2.6.0 へ 2.7.0 プロジェクト
 
 1.  ダウンロードし、たとえば、ハード ドライブ上の永続的なディレクトリの場所へ 2.7.0 コルドバ ソースを抽出、`~/Cordova-2.7.0`.
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/index.md
index 91e90a1..203c613 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/index.md
@@ -22,6 +22,13 @@ Cordova アプリを開発するには、各モバイル プラットフォー
 
 以下に示す各*プラットフォーム ガイド*を各プラットフォームの開発環境をセットアップする知っている必要がありますがわかります: SDK 入手先、デバイス エミュレーターをセットアップする方法、直接テストするためのデバイスを接続する方法および署名キーの要件を管理する方法。 その他のガイドは、各プラットフォームの一連のユニークな構成オプションのプラグインを追加する手順に関する情報を提供各プラットフォーム、およびプラットフォーム固有のコマンド ライン ツールに低レベルの代替として機能するをアップグレードする方法、 `cordova` コマンド ライン ユーティリティです。
 
+## アマゾン火 OS
+
+*   アマゾン火 OS プラットフォーム ガイド
+*   アマゾン火 OS 構成
+*   アマゾン火 OS web 表示
+*   アマゾン火 OS プラグイン
+
 ## アンドロイド
 
 *   Android プラットフォーム ガイド
@@ -31,19 +38,13 @@ Cordova アプリを開発するには、各モバイル プラットフォー
 *   Android のコマンド ライン ツール
 *   Android のアップグレード
 
-## ブラックベリー
-
-*   BlackBerry プラットフォーム ガイド
-*   ブラックベリーの構成
-*   ブラックベリーのコマンド ライン ツール
-*   ブラックベリーのアップグレード
-
 ## ブラックベリー 10
 
 *   BlackBerry 10 プラットフォーム ガイド
 *   ブラックベリー 10 構成
 *   ブラックベリー 10 プラグイン
 *   ブラックベリー 10 コマンド ライン ツール
+*   ブラックベリー 10 のアップグレード
 
 ## iOS
 
@@ -54,6 +55,10 @@ Cordova アプリを開発するには、各モバイル プラットフォー
 *   iOS コマンド ライン ツール
 *   IOS のアップグレード
 
+## Ubuntu
+
+*   Ubuntu プラットフォーム ガイド
+
 ## Windows Phone
 
 *   Windows Phone 8 プラットフォーム ガイド

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
index d3c2491..479417c 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/config.md
@@ -18,12 +18,17 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 `config.xml`ファイルは、各アプリケーションと CordovaWebView のインスタンス全体に適用される、アプリの基本的な設定を制御します。 このセクションの詳細設定を iOS のビルドにのみ適用されます。 グローバル構成のオプションには、config.xml ファイル情報を参照してください。
 
-*   `EnableViewportScale`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` viewport メタ タグを使用して無効にするかユーザーのスケーリングの範囲を制限します。
+*   `EnableViewportScale`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` が既定で有効になっているビューポート メタ タグを無効にするかユーザーがスケーリングの範囲を制限できるようにします。
     
         <preference name="EnableViewportScale" value="true"/>
         
+    
+    次のように、ビューポートのスケーリングを無効にしてフィットする HTML レンダリング WebView 内柔軟にコンテンツ。
+    
+        < メタ名 = 'ビューポート' コンテンツ =' 幅初期スケール デバイス幅を = = 1、ユーザー スケーラブル = no'/>
+        
 
-*   `MediaPlaybackRequiresUserAction`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` を HTML5 の動画を自動的に遊ぶことから防ぐために、 `autoplay` 属性。 呼び出すときに適用されません `play()` ビデオ オブジェクト。
+*   `MediaPlaybackRequiresUserAction`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` を HTML5 ビデオまたはオーディオが自動的に遊ぶを防ぐために、 `autoplay` 属性または JavaScript を介して。
     
         <preference name="MediaPlaybackRequiresUserAction" value="true"/>
         
@@ -43,21 +48,6 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         <preference name="TopActivityIndicator" value="white"/>
         
 
-*   `FadeSplashScreen`(ブール値、既定値は `true` ): に設定されている `false` をフェードイン、フェードアウトその表示状態が変更されたとき、スプラッシュ画面を防ぐために。
-    
-        <preference name="FadeSplashScreen" value="false"/>
-        
-
-*   `FadeSplashScreenDuration`(float、既定値は `2` ): スプラッシュ スクリーンの秒数のフェードを実行する効果を指定します。
-    
-        <preference name="FadeSplashScreenDuration" value="4"/>
-        
-
-*   `ShowSplashScreenSpinner`(ブール値、既定値は `true` ): に設定されている `false` 、スプラッシュ スクリーンのスピン ボタンを非表示にします。
-    
-        <preference name="ShowSplashScreenSpinner" value="false"/>
-        
-
 *   `KeyboardDisplayRequiresUserAction`(ブール値、既定値は `true` ): に設定されている `false` を呼び出すときに表示されるキーボードを許可する `focus()` フォーム入力に。
     
         <preference name="KeyboardDisplayRequiresUserAction" value="false"/>
@@ -68,26 +58,26 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         <preference name="SuppressesIncrementalRendering" value="true"/>
         
 
-*   `KeyboardShrinksView`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` 、キーボードが表示されたら、ビューポートを垂直方向に縮小デフォルト beavior をオーバーライドする、webview を縮小します。 これは、Android アプリのためのデフォルトの動作と一致します。
-    
-        <preference name="KeyboardShrinksView" value="true"/>
-        
-
 *   `GapBetweenPages`(float、既定値は `` ): ページ間のポイントのギャップのサイズ。
     
-        < 設定名"GapBetweenPages"の値を = =「0」/>
+        <preference name="GapBetweenPages" value="0"/>
         
 
 *   `PageLength`(float、既定値は `` ): ページ フローの方向にポイント単位で指定する各ページのサイズ。 とき PaginationMode が右左からまたは左から右に、このプロパティは、各ページの幅を表します。 PaginationMode は、topToBottom または bottomToTop が、このプロパティの各ページの高さを表します。 既定値は 0、レイアウト ビューポートのサイズを使用して、ページの寸法を決定することを意味します。
     
-        < 設定名「か」値を = =「0」/>
+        <preference name="PageLength" value="0"/>
         
 
 *   `PaginationBreakingMode`(文字列、既定値は `page` ): 有効な値は `page` と `column` 。列またはページ分割が発生する方法です。 このプロパティは、特定の CSS プロパティの列とページ分割に関するを表彰するか無視するかどうかを決定します。 このプロパティ設定すると `column` 、コンテンツはページ区切りの場所で列区切りに関連した CSS プロパティを尊重します。
     
-        < 設定名"PaginationBreakingMode"の値を = ="page"/>
+        <preference name="PaginationBreakingMode" value="page"/>
         
 
 *   `PaginationMode`(文字列、既定値は `unpaginated` ): 有効な値は `unpaginated` 、 `leftToRight` 、 `topToBottom` 、 `bottomToTop` 、および `rightToLeft` 。 このプロパティは、web ビューのコンテンツは、時に、ビューの 1 つの画面を埋めるページに分割または 1 つの長いスクロール ビューとして表示されるかどうかを決定します。 場合は改ページ調整のフォームは、このプロパティに設定するとそのコンテンツを再配置するか、GapBetweenPages の値を使用する web ビューを引き起こすコンテンツの改ページ調整レイアウトを切り替えます。
     
-        < 設定名"PaginationMode"の値を = =「改」/>
\ No newline at end of file
+        <preference name="PaginationMode" value="unpaginated"/>
+        
+
+*   `UIWebViewDecelerationSpeed`(文字列、既定値は `normal` ): 有効な値は `normal` 、 `fast` 。 このプロパティは勢いのスクロールの減速速度を制御します。 `normal`ほとんどのネイティブ アプリの場合、既定の速度は、 `fast` モバイル Safari の既定値です。
+    
+        <preference name="UIWebViewDecelerationSpeed" value="fast" />
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
index a4b883d..a114546 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/index.md
@@ -112,7 +112,7 @@ Xcode のためのエミュレーターが付属、最新の iPhone と iPad の
 
 ## 一般的な問題
 
-**警告:**ときに、アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を変更または別の API に置き換え、*廃止*としてマークされます。 API は、短期的に動作しますが、最終的に削除されます。 これらの非推奨インターフェイスは Apache コルドバに反映され、Xcode 問題それらについての警告をビルドしてアプリケーションを配置するとき。
+**警告**: アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を変更または別の API に置き換え、それとしてマークされますが*使用されなくなりました*。 API は、短期的に動作しますが、最終的に削除されます。 これらの非推奨インターフェイスは Apache コルドバに反映され、Xcode 問題それらについての警告をビルドしてアプリケーションを配置するとき。
 
 Xcode の警告について、 `invokeString` メソッドは、カスタム URL からアプリを起動する機能にかかわる。 カスタム URL から読み込むためのメカニズムが変更されており、このコードはまだ存在している後方コルドバの古いバージョンで作成されたアプリの機能を提供します。 これらの警告を無視することができますので、サンプル アプリはこの機能を使用しません。 これらの警告が表示されないように、非推奨となった invokeString API を参照するコードを削除します。
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/plugin.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/plugin.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/plugin.md
index 0285c30..8ccc01c 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/plugin.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/plugin.md
@@ -16,181 +16,163 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # iOS のプラグイン
 
-プラグインは拡張する客観的 C クラスは `CDVPlugin` クラスです。
+IOS プラットフォームにネイティブのプラグインのコードを実装する方法の詳細について説明します。 これを読む前に、プラグインの構造とその一般的な JavaScript のインターフェイスの概要についてアプリケーション ・ プラグインが参照してください。 このセクションは、ネイティブ プラットフォームに戻るコルドバ webview から通信するサンプル*エコー*プラグインを示すために続けています。
 
-各プラグインのクラスとして登録する必要があります、 `<feature>` タグを `config.xml` ファイル。 その JavaScript はこの機構を介して `exec` メソッドの `service` パラメーター、Objective-C のクラスにマップします。
+IOS プラグインは拡張する客観的 C クラスとして実装され、 `CDVPlugin` クラス。 Javascript の `exec` メソッドの `service` 、Objective-C クラス、各プラグインにマップするパラメーターとして登録する必要があります、 `<feature>` タグの名前付きのアプリケーション ディレクトリに `config.xml` ファイル。
 
 ## プラグイン クラスのマッピング
 
-プラグインの JavaScript の部分を常に使用して、 `cordova.exec` メソッドは次のように。
+プラグインの JavaScript の部分を使用して、 `cordova.exec` メソッドは次のように。
 
-    exec(<successFunction>, <failFunction>, <service>, <action>, [<args>]);
+        exec(<successFunction>, <failFunction>, <service>, <action>, [<args>]);
     
 
-これから要求をマーシャ リングします、 `UIWebView` 、iOS ネイティブ側にもっとまたはより少なく通話にダウン沸騰、 `action` メソッド、 `service` に渡された引数を持つクラス、 `args` 配列。
+これからの要求をマーシャ リングします、 `UIWebView` iOS ネイティブ側を効果的に呼び出して、 `action` 法、 `service` に渡された引数を持つクラス、 `args` 配列。
 
-指定のプラグインとして、 `<feature>` 、コルドバ iOS アプリケーションのプロジェクトのタグ `config.xml` ファイル。
+としてプラグインを指定する、 `<feature>` タグ コルドバ iOS アプリケーションのプロジェクトに `config.xml` ファイルを使用して、 `plugin.xml` このマークアップをアプリケーション ・ プラグインで説明するように自動的に挿入するファイル。
 
-    <feature name="LocalStorage">
-        <param name="ios-package" value="CDVLocalStorage" />
-    </feature>
+        <feature name="LocalStorage">
+            <param name="ios-package" value="CDVLocalStorage" />
+        </feature>
     
 
-機能は、 `name` 属性は、JavaScript で使用すると一致する必要があります `exec` コールの `service` パラメーターと、 `value` 属性は、プラグインの Objective-C のクラスの名前と一致する必要があります。 `<param name>`私はする必要があります常に `"ios-package"` 。 このセットアップに従っていない場合、プラグイン コンパイル可能性がありますが、コルドバ到達されませんされます。
+機能の `name` として、java スクリプトの設定を指定する属性に一致する必要があります `exec` コールの `service` パラメーター。 `value`属性は、プラグインの Objective-C のクラスの名前と一致する必要があります。 `<param>`要素の `name` する必要があります常に `ios-package` 。 これらのガイドラインに従っていない場合、プラグインがありますコンパイルがコルドバ可能性がありますまだないそれにアクセスすることができます。
 
 ## プラグインの初期化と有効期間
 
-それぞれの人生のためのプラグイン オブジェクトの 1 つのインスタンスが作成されます `UIWebView` 。 プラグインはまでインスタンス化されない最初、JavaScript から呼び出しによって参照されている場合を除き `<param>` と、 `onload` `name` 属性を設定する `"true"` で `config.xml` 。 例えば。
+それぞれの人生のためのプラグイン オブジェクトの 1 つのインスタンスが作成されます `UIWebView` 。 JavaScript からの呼び出しによって最初に参照されたときに通常、プラグインがインスタンス化されます。 設定してインスタンス化することができますそれ以外の場合、 `param` という名前の `onload` を `true` で、 `config.xml` ファイル。
 
-    <feature name="Echo">
-        <param name="ios-package" value="Echo" />
-        <param name="onload" value="true" />
-    </feature>
+        <feature name="Echo">
+            <param name="ios-package" value="Echo" />
+            <param name="onload" value="true" />
+        </feature>
     
 
-*ない*プラグインの初期化子を指定します。代わりに、プラグインを使用する必要があります、 `pluginInitialize` 、スタート アップ ロジックのメソッド。
+*ない*プラグインの初期化子を指定します。代わりに、プラグインを使用する必要があります、 `pluginInitialize` 、スタートアップ ロジックのメソッド。
 
-実行時間の長い要求プラグイン背景活動 (例えば、再生中のメディア)、内部状態またはリスナーを実装する必要があります、 `onReset` メソッドと停止またはそれらの活動をクリーンアップします。 このメソッドが実行されます、 `UIWebView` 、java スクリプトの設定を再読み込みを新しいページまたは更新に移動します。
+実行時間の長い要求プラグイン活動を背景は、メディアの再生、リスナー、またはその内部状態を実装する必要がありますを維持するような `onReset` それらの活動をきれいにする方法。 メソッドの実行タイミング、 `UIWebView` 、java スクリプトの設定を再読み込みを新しいページまたは更新に移動します。
 
 ## IOS コルドバ プラグインを書く
 
-Java スクリプトの設定をネイティブ側に要求するプラグイン火があります。 我々 は持っている iOS Objective-C プラグイン経由で適切に割り当てられて、 `config.xml` ファイル。 だから最終的な iOS Objective-C のプラグイン クラスどのようか。
+JavaScript 呼び出し火災ネイティブ側に要求するプラグインおよび対応する iOS Objective-C プラグインが適切にマップされている、 `config.xml` ファイル、しかし最終的な iOS Objective-C のプラグイン クラスの一見はどんなですか? 何が、JavaScript のプラグインにディスパッチされる `exec` 関数は、対応するプラグインのクラスに渡されます `action` メソッド。 プラグインのメソッドは、この署名。
 
-どのような JavaScript の経由でプラグインにディスパッチを取得 `exec` 関数で渡される対応するプラグイン クラスの `action` メソッド。プラグインのメソッドは、この署名。
-
-    - (void)myMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command
-    {
-        CDVPluginResult* pluginResult = nil;
-        NSString* myarg = [command.arguments objectAtIndex:0];
+        - (void)myMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command
+        {
+            CDVPluginResult* pluginResult = nil;
+            NSString* myarg = [command.arguments objectAtIndex:0];
     
-        if (myarg != nil) {
-            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK];
-        } else {
-            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_ERROR messageAsString:@"Arg was null"];
+            if (myarg != nil) {
+                pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK];
+            } else {
+                pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_ERROR messageAsString:@"Arg was null"];
+            }
+            [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
         }
-        [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
-    }
     
 
-1.  [CDVInvokedUrlCommand.h][1]
-
-2.  [CDVPluginResult.h][2]
-
-3.  [CDVCommandDelegate.h][3]
-
- [1]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVInvokedUrlCommand.h
- [2]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPluginResult.h
- [3]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVCommandDelegate.h
+詳細についてを参照してください `[CDVInvokedUrlCommand.h](https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVInvokedUrlCommand.h)` 、 `[CDVPluginResult.h](https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPluginResult.h)` 、と。`[CDVCommandDelegate.h](https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVCommandDelegate.h)`.
 
 ## iOS CDVPluginResult のメッセージの種類
 
-CDVPluginResult を使用してを返すことができますさまざまな結果型を JavaScript コールバックに戻るのようなクラスのメソッドを使用しています。
+使用できる `CDVPluginResult` をさまざまな結果を返す型に戻る JavaScript コールバックこのパターンに従うクラスのメソッドを使用して。
 
-    + (CDVPluginResult*)resultWithStatus:(CDVCommandStatus)statusOrdinal messageAs...
+        + (CDVPluginResult*)resultWithStatus:(CDVCommandStatus)statusOrdinal messageAs...
     
 
-作成することができます `String` 、 `Int` 、 `Double` 、 `Bool` 、 `Array` 、 `Dictionary` 、 `ArrayBuffer` 、および `Multipart` の種類。 または、任意の引数 (ちょうど送信ステータス) を添付しないでください。 または、エラーを返します。 その場合、コールバックは発生しませんないすべてで任意のプラグインの結果を送信することもできます。
+作成することができます `String` 、 `Int` 、 `Double` 、 `Bool` 、 `Array` 、 `Dictionary` 、 `ArrayBuffer` 、および `Multipart` の種類。 また、ステータスを送信したり、エラーを返すへの引数を省略またはも任意のプラグインの結果を送信しないように選択することができます、その場合ではどちらのコールバックが発生します。
 
-### メモ
+複雑な戻り値について次に注意してください。
 
-*   `messageAsArrayBuffer`期待 `NSData*` に変換し、 `ArrayBuffer` JavaScript コールバック (と `ArrayBuffers` JavaScript からプラグインに送信に変換`NSData*`).
-*   `messageAsMultipart` 期待して、 `NSArray *` サポートされている他のいずれかを含む型ととして配列全体を送信します `引数` JavaScript のコールバック。 
-    *   気まぐれ: これはちょうど構文糖 (ただし、それは甘い) です。 こうすると、すべての引数はシリアル化または必要に応じて逆シリアル化します。 例えば、それに返しても安全 `NSData*` が、マルチパートとしてではなく `Array` /`Dictionary`.
+*   `messageAsArrayBuffer`期待 `NSData*` に変換し、 `ArrayBuffer` JavaScript コールバックで。 同様に、いずれかの `ArrayBuffer` に変換され、プラグインに JavaScript 送信されます`NSData*`.
 
-## エコー プラグイン iOS プラグイン
+*   `messageAsMultipart`期待して、 `NSArray*` 型、サポートされている他のいずれかを含むととして配列全体を送信します、 `arguments` JavaScript コールバックします。 この方法にすべての引数はシリアル化またはに返しても安全ですので、必要に応じて逆シリアル化される `NSData*` が、マルチパートとしてではなく `Array` /`Dictionary`.
 
-我々 は、次のプロジェクトに追加の `config.xml` ファイル。
+## IOS は、例えばプラグインをエコーします。
 
-    <feature name="Echo">
-        <param name="ios-package" value="Echo" />
-    </feature>
+アプリケーション ・ プラグインで説明する java スクリプトの設定インタ フェースの*エコー*機能を合わせて使用して、 `plugin.xml` を注入する、 `feature` ローカル プラットフォーム仕様 `config.xml` ファイル。
+
+        <platform name="ios">
+            <config-file target="config.xml" parent="/*">
+                <feature name="Echo">
+                    <param name="ios-package" value="Echo" />
+                </feature>
+            </config-file>
+        </platform>
     
 
-我々 は、次のファイルを追加し、( `Echo.h` および `Echo.m` ) 私たちコルドバ iOS アプリケーション ディレクトリ内のプラグイン ディレクトリに。
+我々 は、次を追加して `Echo.h` および `Echo.m` ファイルを `Plugins` コルドバ iOS アプリケーション ディレクトリ内のフォルダー。
 
-    /********* Echo.h Cordova Plugin Header *******/
+        /********* Echo.h Cordova Plugin Header *******/
     
-    #import <Cordova/CDV.h>
+        #import <Cordova/CDV.h>
     
-    @interface Echo : CDVPlugin
+        @interface Echo : CDVPlugin
     
-    - (void)echo:(CDVInvokedUrlCommand*)command;
+        - (void)echo:(CDVInvokedUrlCommand*)command;
     
-    @end
+        @end
     
-    /********* Echo.m Cordova Plugin Implementation *******/
+        /********* Echo.m Cordova Plugin Implementation *******/
     
-    #import "Echo.h"
-    #import <Cordova/CDV.h>
+        #import "Echo.h"
+        #import <Cordova/CDV.h>
     
-    @implementation Echo
+        @implementation Echo
     
-    - (void)echo:(CDVInvokedUrlCommand*)command
-    {
-        CDVPluginResult* pluginResult = nil;
-        NSString* echo = [command.arguments objectAtIndex:0];
+        - (void)echo:(CDVInvokedUrlCommand*)command
+        {
+            CDVPluginResult* pluginResult = nil;
+            NSString* echo = [command.arguments objectAtIndex:0];
     
-        if (echo != nil && [echo length] > 0) {
-            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK messageAsString:echo];
-        } else {
-            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_ERROR];
-        }
+            if (echo != nil && [echo length] > 0) {
+                pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK messageAsString:echo];
+            } else {
+                pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_ERROR];
+            }
     
-        [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
-    }
+            [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
+        }
     
-    @end
+        @end
     
 
-コードを見てをみましょう。上部に我々 はすべての必要なコルドバ輸入があります。私たちのクラスから拡張 `CDVPlugin` (非常に重要)。
+ファイルの上部に必要な輸入品からクラスを拡張 `CDVPlugin` 。 この場合、プラグインは 1 つのみをサポートします。 `echo` アクション。 エコー文字列を呼び出すことによって取得、 `objectAtIndex` の最初のパラメーターでメソッドを取得、 `arguments` 、JavaScript によって渡される配列の引数に対応する `exec()` 関数。
 
-このプラグインは 1 つのアクションのみをサポートします、 `echo` アクション。 最初に、私たちを使用してエコー文字列をつかむ、 `objectAtIndex` メソッドに私たち `args` 、引数配列の 0 番目のパラメーターを取得したいそれを伝えます。 パラメーターのチェックのビットを行う我々: それはないことを確認 `nil` 、長さ 0 の文字列ではないことを確認しています。
+それじゃないことを確認するパラメーターをチェックします `nil` または空の文字列を返す、 `PluginResult` と、 `ERROR` 状態であれば。 かどうかは、パラメーター チェックに合格して、それを返します、 `PluginResult` と、 `OK` 元を渡してステータス `echo` 文字列。 最後に、結果を送信 `self.commandDelegate` 、これを実行する、 `exec` 側の JavaScript メソッドの成功または失敗のコールバック。 成功時のコールバックが呼び出されると、それを渡します、 `echo` パラメーター。
 
-私たちを返すかどうかは、 `PluginResult` と、 `ERROR` 状態。 すべてのそれらのチェックに合格し、私たちを返すかどうか、 `PluginResult` と、 `OK` の状態、およびパス、 `echo` 我々 は最初の場所で、パラメーターとして受け取った文字列。
+## iOS の統合
 
-最後に、我々 に結果を送信 `self.commandDelegate` 、これを実行する、 `exec` 側の JavaScript メソッドの成功または失敗のコールバック。 成功時のコールバックが呼び出されると、それを渡します、 `echo` パラメーター。
+`CDVPlugin`クラスを備えてあなたのプラグインをオーバーライドすることができます他の方法。 たとえば、キャプチャすることができます、 `pause` 、 `resume` 、アプリを終了して `handleOpenURL` イベント。 指導のための[CDVPlugin.h][1]および[CDVPlugin.m][2]のクラスを参照してください。
 
-## スレッド処理
+ [1]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPlugin.h
+ [2]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPlugin.m
 
-プラグインのメソッドは、UI と同じスレッドで実行されます。あなたのプラグイン大量の処理が必要です、ブロッキング呼び出しを必要とする場合は、バック グラウンド スレッドを使用してください。たとえば。
+## スレッド処理
 
-    - (void)myPluginMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command
-    {
-        // Check command.arguments here.
-        [self.commandDelegate runInBackground:^{
-            NSString* payload = nil;
-            // Some blocking logic...
-            CDVPluginResult* pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK messageAsString:payload];
-            // The sendPluginResult method is thread-safe.
-            [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
-        }];
-    }
+プラグインのメソッドは、通常メイン インターフェイスとして同じスレッドで実行します。 あなたのプラグイン大量の処理が必要です、ブロッキング呼び出しを必要とする場合は、バック グラウンド スレッドを使用してください。 たとえば。
+
+        - (void)myPluginMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command
+        {
+            // Check command.arguments here.
+            [self.commandDelegate runInBackground:^{
+                NSString* payload = nil;
+                // Some blocking logic...
+                CDVPluginResult* pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK messageAsString:payload];
+                // The sendPluginResult method is thread-safe.
+                [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
+            }];
+        }
     
 
-## 高度なプラグイン機能
-
-他のメソッドでオーバーライドすることができますを参照してください。
-
-*   [CDVPlugin.h][4]
-
-*   [CDVPlugin.m][5]
-
- [4]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPlugin.h
- [5]: https://github.com/apache/cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPlugin.m
-
-たとえばにフックすることができます、 `pause` 、 `resume` 、アプリを終了して `handleOpenURL` イベント。
-
-## プラグインのデバッグ
-
-Objective-C 側をデバッグするときは Xcode の組み込みのデバッガー。 JavaScript では、iOS の 5.0 使用できます[Weinre、Apache コルドバ プロジェクト][6]や[iWebInspector、サード パーティ製ユーティリティ][7]
+## IOS のプラグインのデバッグ
 
- [6]: https://github.com/apache/cordova-weinre
- [7]: http://www.iwebinspector.com/
+Objective-C 側デバッグ、Xcode の組み込みのデバッガーが必要です。 Javascript は、iOS の 5.0 使用できます[Weinre、Apache コルドバ プロジェクト][3]や[iWebInspector、サード パーティ製ユーティリティ][4]。 Ios 6, iOS の内 6 シミュレータを実行しているアプリをサファリ 6.0 を添付できます。
 
-IOS の 6, サファリ 6.0 を使用して単に ios 6 シミュレータを実行しているアプリにアタッチすると思います。
+ [3]: https://github.com/apache/cordova-weinre
+ [4]: http://www.iwebinspector.com/
 
 ## 一般的な落とし穴
 
-*   Config.xml にプラグインのマッピングを追加することを忘れないでください。忘れた場合は、Xcode のコンソールにエラーが記録されます。
+*   あなたのプラグインのマッピングを追加することを忘れないでください `config.xml` 。忘れた場合は、Xcode のコンソールにエラーが記録されます。
 
 *   ドメイン ホワイト リスト ガイドで説明されているように、ホワイト リストに接続するすべてのホストを追加することを忘れないでください。忘れた場合は、Xcode のコンソールにエラーが記録されます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d017b43d/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
index 8148641..2c5555d 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/ios/tools.md
@@ -22,6 +22,8 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 IOS コマンド ライン ツール シェル スクリプトの上に成り立っているし、など、Xcode のコマンド ライン ツールに頼る `xcode-select` と`xcodebuild`.
 
+プラグインできるようにする低レベルのコマンド ライン インターフェイスについては、管理プラグインを使用して Plugman を参照してください。概要については、アプリケーション ・ プラグインを参照してください。
+
 ## プロジェクトを作成します。
 
 実行、 `create` プロジェクト、逆ドメイン スタイル パッケージ識別子、およびアプリケーションの表示名を既存のパスを指定するコマンドです。
@@ -34,7 +36,7 @@ IOS コマンド ライン ツール シェル スクリプトの上に成り立
     $ /path/to/my_new_project/cordova/build
     
 
-## エミュレーターでアプリを実行します。
+## アプリケーションをエミュレーター上で実行します。
 
     $ /path/to/my_new_project/cordova/run
     


Mime
View raw message