cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From agri...@apache.org
Subject [08/17] 10/2 push latest of edge for all languages
Date Wed, 02 Oct 2013 19:39:12 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/config_ref/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/config_ref/index.md b/docs/ja/edge/config_ref/index.md
index e0f1eb2..d59fd84 100644
--- a/docs/ja/edge/config_ref/index.md
+++ b/docs/ja/edge/config_ref/index.md
@@ -14,46 +14,119 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
    under the License.
 ---
 
-# 構成のリファレンス
+# Config.xml ファイル
 
-プラットフォームに依存しない構成ファイルを使って、アプリケーションの動作の多くの側面を制御できる `config.xml` 、W3C の[Web アプリのパッケージ化 (ウィジェット)][1]の仕様に基づいたフォーマットを。
+グローバル構成ファイルを使って、アプリの動作の多くの側面を制御できる `config.xml` は、アプリのホーム ページと共にトップレベル web アセット ディレクトリに配置されます。 このプラットフォームに依存しない XML ファイルは、W3C の[Web アプリのパッケージ化 (ウィジェット)][1]仕様に基づいてフォーマットされ、拡張コア コルドバ API 機能、プラグイン、およびプラットフォームに固有の設定を指定します。
 
  [1]: http://www.w3.org/TR/widgets/
 
-コルドバ CLI (コマンド ライン インターフェイスで説明します) で作成されたプロジェクト、このファイルは、トップレベルで発見ことができます `www` ディレクトリ。 CLI を使用してプロジェクトをビルドする内のさまざまなサブディレクトリにこのファイルのバージョンを再生する `platforms` 。 非 CLI プロジェクトの場合、各プラットフォーム固有のファイルは、ソースとして機能します。
+コルドバ CLI (コマンド ライン インターフェイスで説明します) で作成されたプロジェクト、このファイルは、トップレベルで発見ことができます `www` ディレクトリ。 内のさまざまなサブディレクトリにこのファイルのバージョンを再生、CLI を使用してプロジェクトをビルドする `platforms` 。 作成するプロジェクトが SDK にあなたのワークフローをシフトし、CLI を使用する場合、プラットフォーム固有のファイルは、ソースとして機能します。
 
-場所をしながら、 `config.xml` プラットフォームに応じてファイルを変更可能性があります、その内容は、一般的にしないでください。 いくつかのプラットフォーム固有の機能も同じ構成ファイルで指定されます。 詳細は以下の通りです。
+このセクションとクロス プラットフォームのグローバル構成オプションを詳細します。プラットフォーム固有のオプションの次のセクションを参照してください。
 
 *   iOS 構成
 *   Android の構成
 *   ブラックベリーの構成
 
-## config.xml の要素
+以下に詳述様々 な構成のオプションに加え、アプリケーションのコア セット各ターゲット ・ プラットフォーム用の画像も構成できます。詳細については、アイコンとスプラッシュ画面を参照してください。
 
-[Apache コルドバ][2]プロジェクト基準があります大きく駆動し、web コミュニティによって採用された web をほうふつし、web ベースの抽象化を介して抽象的な離れてネイティブ プラットフォーム仕様を努めています。 [Config.xml 仕様][1]に慣れるには数分してください、アプリケーション メタデータ コルドバ Apache プロジェクトのタイプを理解する抽象化しのための単純なエントリ ポイントを提供することを目指しています。
+## コア構成要素
 
- [2]: http://cordova.io
+この例では、既定の `config.xml` は CLI によって生成される `create` コマンドは、コマンド ライン インターフェイスで記述されています。
 
-例:
-
-        <widget>
-            <preference name="MySetting" value="true" />
-            <feature name="MyPlugin" value="MyPluginClass" />
-            <access origin="*" />
+        <widget id="com.example.hello" version="0.0.1">
+            <name>HelloWorld</name>
+            <description>
+                A sample Apache Cordova application that responds to the deviceready event.
+            </description>
+            <author email="dev@callback.apache.org" href="http://cordova.io">
+                Apache Cordova Team
+            </author>
             <content src="index.html" />
+            <access origin="*" />
+            <preference name="Fullscreen" value="true" />
+            <preference name="WebViewBounce" value="true" />
         </widget>
     
 
-Apache コルドバでサポートされる主要プラットフォーム間でサポートされている要素のリストに従ってください。
+<!-- QUERY: is WebViewBounce superseded by DisallowOverscroll? -->
+
+次の構成要素は最上位レベルに表示されます `config.xml` ファイル、およびすべてのサポートされているコルドバ プラットフォームがサポートされています。
+
+*   `<widget>`要素の `id` 属性をアプリの逆ドメイン識別子を提供します、 `version` その完全なバージョン番号のメジャー/マイナー/パッチ表記で表されます。
+
+*   `<name>`要素をデバイスのホーム画面とアプリ ストア インターフェイス内が表示されますアプリケーションの正式な名前を指定します。
+
+*   `<description>`と `<author>` 要素メタデータおよび app の店のリスト内に表示される連絡先の情報を指定します。
+
+*   省略可能な `<content>` 要素の最上位の web 資産ディレクトリに、アプリケーションの開始ページを定義します。 既定値は `index.html` 、トップレベルのプロジェクトで表示される習慣 `www` ディレクトリ。
+
+*   `<access>`要素は外部ドメインのアプリケーション通信を許可するとのセットを定義します。 上記の既定値の任意のサーバーにアクセスすることができます。 詳細についてはドメイン ホワイト リスト ガイドを参照してください。
+
+*   `<preference>`タグのペアとして様々 なオプションを設定します `name` / `value` の属性。 各設定項目 `name` 小文字は区別されません。 多くの設定は、このページの上部に記載されている特定のプラットフォームに固有です。 次のセクションでは、1 つ以上のプラットフォームに適用される設定を詳細します。
+
+## グローバル設定
+
+次のグローバル設定がすべてのプラットフォームに適用されます。
+
+*   `Fullscreen`画面の上部のステータス バーを非表示にすることができます。既定値は `false` です。例:
+    
+        <preference name="Fullscreen" value="true" />
+        
+
+*   `Orientation`向きをロックし、インターフェイスから回転の向きの変更に応答しないようにすることができます。 可能な値は `default` 、 `landscape` 、または `portrait` 。 例:
+    
+        <preference name="Orientation" value="landscape" />
+        
+    
+    **注:**`default`値は横向きと縦向きの*両方*が有効になっていることを意味します。 各プラットフォームの既定の設定 (通常肖像画のみ) を使用する場合のままにこのタグのうち、 `config.xml` ファイル。 また、ブラックベリーを使用して `auto` の代わりに `default` でその `config.xml` ファイル。 指定した場合 `default` 、グローバルで `config.xml` 、それに変換 `auto` ブラックベリー ビルドで。
+
+## マルチプラット フォーム環境の設定
 
-### `<feature>`
+次の設定を 1 つ以上のプラットフォームができないそれらのすべてが適用されます。
 
-これらの要素は、アプリケーションにアクセスするネイティブ Api にマップします。 実行時に、Apache コルドバ フレームワーク マップ `<feature>` 、コルドバのアプリケーション デバイスできない典型的な web ベースのアプリケーションの Api へのアクセスを有効にするネイティブ コードへの要素。
+*   `DisallowOverscroll`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` ユーザーは過去の先頭または末尾のコンテンツのスクロール時に任意のフィードバックを表示するインターフェイスをしたくないかどうか。
+    
+        <preference name="DisallowOverscroll" value="true"/>
+        
+    
+    人造人間と iOS に適用されます。 IOS の overscroll ジェスチャー原因コンテンツは元の位置に戻って跳ねます。 Android 上で彼らはコンテンツの上部または下部のエッジに沿ってより微妙な光る効果を生成します。
 
-### `<access>`
+*   `BackgroundColor`: アプリケーションの背景色を設定します。 次の 3 バイトは、アルファ チャネルを表す最初のバイトと 4 バイトの 16 進値と標準の RGB 値をサポートしています。 この例では、青を指定します。
+    
+        <preference name="BackgroundColor" value="0xff0000ff"/>
+        
+    
+    アンドロイドおよびブラックベリーに適用されます。たとえば、*すべて*のプラットフォームそれ以外の場合利用可能な CSS をオーバーライドします。`body{background-color:blue}`.
+
+*   `HideKeyboardFormAccessoryBar`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` 貢献、キーボード上に表示される追加のツールバーを非表示にするユーザーを別の 1 つのフォーム入力から移動します。
+    
+        <preference name="HideKeyboardFormAccessoryBar" value="true"/>
+        
+    
+    IOS とブラックベリーに適用されます。
+    
+    **注:**有効値は、BlackBerry のため `enable` または`disable`.
 
-これらの要素はあなたのホワイト リストの動作を定義します。詳細についてはドメイン ホワイト リスト ガイドを参照してください。
+## `<feature>`要素
 
-### `<content>`
+使用して、CLI を使用してアプリケーションを構築する場合、 `plugin` デバイス Api を有効にするコマンド。 これは、最上位レベルは変更されません `config.xml` ファイル、そう、 `<feature>` 要素をワークフローに適用されません。 かどうか SDK で直接作業している特定のプラットフォームを使用して `config.xml` ファイルのソースとして使用する、 `<feature>` デバイス レベルの Api と外部プラグインを有効にするタグ。 彼らは通常、このフォームに表示されます。
+
+        <feature name="Plugin" value="PluginID" />
+    
+
+プラットフォーム固有のカスタム値とともに表示されます多くの場合 `config.xml` ファイル。たとえば、ここで Android プロジェクト用デバイス API を指定する方法は。
+
+        <feature name="Device">
+            <param name="android-package" value="org.apache.cordova.device.Device" />
+        </feature>
+    
+
+ここでは、iOS のプロジェクトのための要素の表示方法です。
+
+        <feature name="Device">
+            <param name="ios-package" value="CDVDevice" />
+        </feature>
+    
 
-この要素は、プロジェクトの標準的な web 資産ルート ディレクトリを基準にして、アプリケーションのスタート ページを定義します。この要素は省略可能、既定値は`index.html`.
\ No newline at end of file
+各機能を指定する方法の詳細については API リファレンスを参照してください。プラグインの詳細については、プラグイン開発ガイドを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/accelerometer/accelerometer.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/accelerometer/accelerometer.md b/docs/ja/edge/cordova/accelerometer/accelerometer.md
index b09e205..1bfc6e2 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/accelerometer/accelerometer.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/accelerometer/accelerometer.md
@@ -38,8 +38,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device-motion.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.device-motion
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-motion
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.device-motion' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.device-motion
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -81,4 +83,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/camera/camera.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/camera/camera.md b/docs/ja/edge/cordova/camera/camera.md
index 76995ea..3c20760 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/camera/camera.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/camera/camera.md
@@ -29,8 +29,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.camera
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.camera
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.camera' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.camera
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -89,4 +91,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
  [2]: https://developer.tizen.org/help/topic/org.tizen.help.gs/Creating%20a%20Project.html?path=0_1_1_3#8814682_CreatingaProject-EditingconfigxmlFeatures
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/compass/compass.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/compass/compass.md b/docs/ja/edge/cordova/compass/compass.md
index 92e19a2..5e647d9 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/compass/compass.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/compass/compass.md
@@ -37,8 +37,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device-orientation.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.device-orientation
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-orientation
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.device-orientation' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.device-orientation
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -68,4 +70,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/connection/connection.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/connection/connection.md b/docs/ja/edge/cordova/connection/connection.md
index 4c4d1ff..c084f79 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/connection/connection.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/connection/connection.md
@@ -37,8 +37,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-network-information.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.network-information
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.network-information
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.network-information' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.network-information
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -90,4 +92,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
  [2]: https://developer.tizen.org/help/topic/org.tizen.help.gs/Creating%20a%20Project.html?path=0_1_1_3#8814682_CreatingaProject-EditingconfigxmlFeatures
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/contacts/contacts.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/contacts/contacts.md b/docs/ja/edge/cordova/contacts/contacts.md
index fe84131..fd1aeb4 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/contacts/contacts.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/contacts/contacts.md
@@ -46,8 +46,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-contacts.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.contacts
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.contacts
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.contacts' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.contacts
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -98,4 +100,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.cordova.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.cordova.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.cordova.md
index 241b38d..8288918 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.cordova.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.cordova.md
@@ -57,7 +57,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         //
         function onDeviceReady() {
             var element = document.getElementById('deviceProperties');
-            element.innerHTML = 'Device Name: '     + device.name     + '<br />' +
+            element.innerHTML = 'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Cordova: '  + device.cordova  + '<br />' +
                                 'Device Platform: ' + device.platform + '<br />' +
                                 'Device UUID: '     + device.uuid     + '<br />' +

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.md
index 478a8e6..30ec2bf 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.md
@@ -20,28 +20,30 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 ## プロパティ
 
-*   device.name
+*   device.model
 *   device.cordova
 *   device.platform
 *   device.uuid
 *   device.version
-*   device.model
+*   device.name
 
 ## 変数のスコープ
 
 以来、 `device` に割り当てられている、 `window` オブジェクトは、グローバル スコープでは暗黙的に。
 
     // These reference the same `device`
-    var phoneName = window.device.name;
-    var phoneName = device.name;
+    var phoneModel = window.device.model;
+    var phoneModel = device.model;
     
 
 ## 機能へのアクセス
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.device
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.device' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.device
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -92,4 +94,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
  [2]: https://developer.tizen.org/help/topic/org.tizen.help.gs/Creating%20a%20Project.html?path=0_1_1_3#8814682_CreatingaProject-EditingconfigxmlFeatures
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.model.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.model.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.model.md
index 6d0bdda..98cbafa 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.model.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.model.md
@@ -57,11 +57,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         //
         function onDeviceReady() {
             var element = document.getElementById('deviceProperties');
-            element.innerHTML = 'Device Name: '     + device.name     + '<br />' +
+            element.innerHTML = 'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Cordova: '  + device.cordova  + '<br />' +
                                 'Device Platform: ' + device.platform + '<br />' +
                                 'Device UUID: '     + device.uuid     + '<br />' +
-                                'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Version: '  + device.version  + '<br />';
         }
     

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.name.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.name.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.name.md
index 40679a6..7f573a3 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.name.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.name.md
@@ -65,10 +65,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         function onDeviceReady() {
             var element = document.getElementById('deviceProperties');
             element.innerHTML = 'Device Name: '     + device.name     + '<br />' +
+                                'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Cordova: '  + device.cordova  + '<br />' +
                                 'Device Platform: ' + device.platform + '<br />' +
                                 'Device UUID: '     + device.uuid     + '<br />' +
-                                'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Version: '  + device.version  + '<br />';
         }
     

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.platform.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.platform.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.platform.md
index a2554b1..f0bb95f 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.platform.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.platform.md
@@ -59,7 +59,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         //
         function onDeviceReady() {
             var element = document.getElementById('deviceProperties');
-            element.innerHTML = 'Device Name: '     + device.name     + '<br />' +
+            element.innerHTML = 'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Cordova: '  + device.cordova  + '<br />' +
                                 'Device Platform: ' + device.platform + '<br />' +
                                 'Device UUID: '     + device.uuid     + '<br />' +

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.uuid.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.uuid.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.uuid.md
index f6156bc..0170ec3 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.uuid.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.uuid.md
@@ -62,7 +62,7 @@ UUID を生成する方法の詳細は、デバイスの製造元によって決
         //
         function onDeviceReady() {
             var element = document.getElementById('deviceProperties');
-            element.innerHTML = 'Device Name: '     + device.name     + '<br />' +
+            element.innerHTML = 'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Cordova: '  + device.cordova  + '<br />' +
                                 'Device Platform: ' + device.platform + '<br />' +
                                 'Device UUID: '     + device.uuid     + '<br />' +

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/device/device.version.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/device/device.version.md b/docs/ja/edge/cordova/device/device.version.md
index ba1ffea..d00727c 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/device/device.version.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/device/device.version.md
@@ -55,7 +55,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         //
         function onDeviceReady() {
             var element = document.getElementById('deviceProperties');
-            element.innerHTML = 'Device Name: '     + device.name     + '<br />' +
+            element.innerHTML = 'Device Model: '    + device.model    + '<br />' +
                                 'Device Cordova: '  + device.cordova  + '<br />' +
                                 'Device Platform: ' + device.platform + '<br />' +
                                 'Device UUID: '     + device.uuid     + '<br />' +

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/events/events.md b/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
index 2be3566..463fb09 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/events/events.md
@@ -40,8 +40,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0、コルドバ implements バッテリー状態と他のデバイス レベルの Api*のプラグイン*として。 バッテリのステータスに関係のない他のすべてのイベントへのアクセスは既定で有効になります。 CLI の使用して `plugin` で、コマンドライン ・ インタ フェースを有効または無効バッテリー イベント説明されたコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-battery-status.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.battery-status
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.battery-status
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.battery-status' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.battery-status
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -86,4 +88,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: https://developer.tizen.org/help/topic/org.tizen.help.gs/Creating%20a%20Project.html?path=0_1_1_3#8814682_CreatingaProject-EditingconfigxmlFeatures
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/file/file.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/file/file.md b/docs/ja/edge/cordova/file/file.md
index 82a8871..643a3af 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/file/file.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/file/file.md
@@ -42,14 +42,18 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-file.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.file
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.file
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.file' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.file
     
 
 ファイル転送プラグインを使用するには、を個別に追加する必要があります。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-file-transfer.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.file-transfer
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.file-transfer
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.file-transfer' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.file-transfer
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -97,4 +101,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         </feature>
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/geolocation/geolocation.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/geolocation/geolocation.md b/docs/ja/edge/cordova/geolocation/geolocation.md
index 2909909..19404df 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/geolocation/geolocation.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/geolocation/geolocation.md
@@ -48,8 +48,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-geolocation.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.geolocation
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.geolocation
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.geolocation' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.geolocation
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -98,4 +100,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [2]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/globalization/globalization.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/globalization/globalization.md b/docs/ja/edge/cordova/globalization/globalization.md
index 498cf62..85df493 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/globalization/globalization.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/globalization/globalization.md
@@ -49,8 +49,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-globalization.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.globalization
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.globalization
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.globalization' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.globalization
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -62,4 +64,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         </feature>
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/inappbrowser/inappbrowser.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/inappbrowser/inappbrowser.md b/docs/ja/edge/cordova/inappbrowser/inappbrowser.md
index 6d04331..9177c2e 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/inappbrowser/inappbrowser.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/inappbrowser/inappbrowser.md
@@ -16,11 +16,13 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # InAppBrowser
 
-> `InAppBrowser`を呼び出すときに、アプリで表示 web ブラウザーです`window.open`.
+> `InAppBrowser`はときに表示する web ブラウザーのビューを呼び出す `window.open()` 、または時として形成されたリンクを開く`<a target="_blank">`.
 
     var ref = window.open('http://apache.org', '_blank', 'location=yes');
     
 
+**注:**InAppBrowser ウィンドウは標準的な web ブラウザーのように動作し、コルドバ Api にアクセスできません。
+
 ## 説明
 
 呼び出しから返されるオブジェクト`window.open`.
@@ -38,8 +40,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-inappbrowser.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.inappbrowser
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.inappbrowser
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.inappbrowser' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.inappbrowser
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -63,7 +67,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         <feature name="InAppBrowser" />
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
 
 # addEventListener
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/media/capture/capture.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/media/capture/capture.md b/docs/ja/edge/cordova/media/capture/capture.md
index 21165b2..11cbd6d 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/media/capture/capture.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/media/capture/capture.md
@@ -75,8 +75,10 @@ The `capture` object is assigned to the `navigator.device` object, and therefore
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-media-capture.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.media-capture
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.media-capture
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.media-capture' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.media-capture
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -107,4 +109,4 @@ The `capture` object is assigned to the `navigator.device` object, and therefore
         </Capabilities>
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/media/media.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/media/media.md b/docs/ja/edge/cordova/media/media.md
index 8c052c0..518f0a8 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/media/media.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/media/media.md
@@ -86,8 +86,8 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-media.git
-        
+        $ コルドバ プラグイン追加 org.apache.cordova.media $ コルドバ プラグイン ['org.apache.cordova.media'] ls $ コルドバ プラグイン rm org.apache.cordova.media
+     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
 
@@ -134,7 +134,7 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
  [1]: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509%28v=vs.92%29.aspx
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
 
 ### Windows Phone の癖
 

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.md b/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.md
index 09c025a..6b36083 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.md
@@ -30,10 +30,13 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-vibration.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-dialogs.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.dialogs
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.vibration
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.dialogs
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.vibration
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.dialogs',
+          'org.apache.cordova.vibration' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.dialogs
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.vibration
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -67,4 +70,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         </feature>
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.vibrate.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.vibrate.md b/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.vibrate.md
index 3d12185..00d894e 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.vibrate.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/notification/notification.vibrate.md
@@ -94,4 +94,11 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 *   **時間**: 指定された時間を無視し、時間の事前に設定された量のために振動します。
     
         navigator.notification.vibrate();
-        navigator.notification.vibrate(2500);   // 2500 is ignored
\ No newline at end of file
+        navigator.notification.vibrate(2500);   // 2500 is ignored
+        
+
+## BB10 の癖
+
+ナビゲーター オブジェクトによって所有されている関数を振動します。
+
+        navigator.vibrate(1000);  // vibrate for 1 second
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.md b/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.md
index 6b33e45..9c39029 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.md
@@ -27,8 +27,10 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 バージョン 3.0 は、コルドバ*のプラグイン*としてデバイス レベルの Api を実装します。 CLI の使用 `plugin` のコマンドライン ・ インタ フェースを追加または削除、プロジェクトに対してこの機能を記載されているコマンド。
 
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-splashscreen.git
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.splashscreen
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.splashscreen
+        $ cordova plugin ls
+        [ 'org.apache.cordova.splashscreen' ]
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.splashscreen
     
 
 これらのコマンドすべてのターゲット プラットフォームに適用されますが、以下のプラットフォームに固有の構成設定を変更します。
@@ -47,39 +49,6 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         </feature>
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
 
-## セットアップ
-
-### アンドロイド
-
-1.  Android プロジェクトにスプラッシュ スクリーンのイメージをコピー `res/drawable` ディレクトリ。各画像のサイズをする必要があります。
-
-*   エクストララージ (xhdpi): 少なくとも 960 × 720
-*   大 (hdpi): 少なくとも 640 × 480
-*   媒体 (開度計): 少なくとも 470 × 320
-*   小 (ldpi): 少なくとも 426 × 320
-    
-    [9 Patch 画像][1]にスプラッシュ スクリーンを使用してください。
-
- [1]: https://developer.android.com/tools/help/draw9patch.html
-
-1.  `onCreate`を拡張するクラスのメソッド `DroidGap` 、次の 2 行を追加。
-    
-        super.setIntegerProperty("splashscreen", R.drawable.splash);
-        super.loadUrl(Config.getStartUrl(), 10000);
-        
-    
-    最初の行は、splashscreen として表示するイメージを設定します。 場合は任意の名前をあなたのイメージよりも、他 `splash.png` 、この行を変更する必要があります。 2 行目は、通常の `super.loadUrl` ライン、しかしそれはスプラッシュ画面のタイムアウト値を指定する 2 番目のパラメーター。 この例ではスプラッシュ画面が 10 秒間表示されます。 アプリケーションが受信するスプラッシュ画面を却下する、 `deviceready` イベント、呼び出し、 `navigator.splashscreen.hide()` メソッド。
-
-### iOS
-
-IOS のプロジェクトに、スプラッシュ画面画像をコピー `Resources/splash` ディレクトリ。 IPad や iPhone などをサポートするデバイスのイメージだけを追加します。 各イメージのサイズをする必要があります。
-
-*   Default-568h@2x~iphone.png (640 x 1136 ピクセル)
-*   Default-Landscape@2x~ipad.png (2048 x 1496 ピクセル)
-*   デフォルト Landscape~ipad.png (1024 x 748 ピクセル)
-*   Default-Portrait@2x~ipad.png (2008 × 1536 ピクセル)
-*   デフォルト Portrait~ipad.png (1004 x 768 ピクセル)
-*   Default@2x~iphone.png (640 x 960 ピクセル)
-*   Default~iphone.png (320 x 480 ピクセル)
\ No newline at end of file
+これらのイメージを構成する方法の詳細については、アイコンとスプラッシュ画面を参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.show.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.show.md b/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.show.md
index 4e15810..4c8b289 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.show.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/splashscreen/splashscreen.show.md
@@ -28,7 +28,6 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 ## サポートされているプラットフォーム
 
 *   アンドロイド
-*   ブラックベリー 10
 *   iOS
 *   Windows Phone 7 と 8
 *   Windows 8

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/cordova/storage/storage.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/cordova/storage/storage.md b/docs/ja/edge/cordova/storage/storage.md
index 9c98f82..3a4cba2 100644
--- a/docs/ja/edge/cordova/storage/storage.md
+++ b/docs/ja/edge/cordova/storage/storage.md
@@ -64,4 +64,4 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
         < id="blackberry.widgetcache 機能"必要な ="true"バージョン =「1.0.0.0」/>
         
 
-いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。概要については、プラットフォームのサポートを参照してください。
\ No newline at end of file
+いくつかのプラットフォームは特別な構成を必要とせずにこの機能をサポート可能性があります。*プラットフォームのサポート*の概要のセクションを参照してください。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md b/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
index 94d9392..ebc480b 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/appdev/whitelist/index.md
@@ -14,52 +14,68 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
    under the License.
 ---
 
-# ドメイン ホワイト リスト ガイド
+# ホワイト リスト ガイド
 
 ## 概要
 
-ドメイン ホワイト リストを制御するセキュリティ モデルなど、外部ドメインにアクセスが `http://google.com` 。 Apache コルドバの既定のセキュリティ ポリシーは、任意のサイトにアクセスをできます。 運用環境にアプリケーションを移動する前にそのホワイト リストを確認し、特定のネットワーク ドメインおよびサブドメインへのアクセスを宣言する必要があります。
+リソースのホワイト リストを制御するセキュリティ モデルなど、外部ネットワーク リソースにアクセスが `http://google.com` 。 Apache コルドバの既定のセキュリティ ポリシーは、インターネット上の任意のサイト上の任意のリソースにアクセスできます。 運用環境にアプリケーションを移動する前にそのホワイト リストを確認し、特定のネットワーク ドメインおよびサブドメインへのアクセスを宣言する必要があります。
 
 ## 仕様
 
-ドメイン ホワイト[W3C ウィジェット アクセス][1]仕様の土台となります。 ウィジェット アクセス仕様で、 `<access>` 要素を使用する特定のネットワーク ドメインにアクセスを宣言します。 将来的には、Apache コルドバは W3C のウィジェットのアクセス仕様にプラットフォームのホワイト リストの実装を抽象化します。 ただし、今のところ各プラットフォーム独自ドメイン ホワイト リストを実装する必要があります。
+ドメイン ホワイト[W3C ウィジェット アクセス][1]仕様の土台となります。 ウィジェット アクセス仕様で、 `<access>` 要素を使用する特定のネットワーク リソースへのアクセスを宣言します。 Apache コルドバは個々 のネットワーク リソース (Url) のホワイト リスト登録を許可するようにこの概念を拡張します。 将来的には、Apache コルドバはプラットフォームのホワイト リストの実装を抽象化します。 しかし、今のところ各プラットフォーム独自のリソースまたはドメイン ホワイト リストを実装します。 プラットフォームの実装の違いは、このドキュメントに記載されています。
 
  [1]: http://www.w3.org/TR/widgets-access/
 
+ホワイト リストのエントリーの一般的な形式の Google クロム パッケージ アプリ「[パターン一致][2]」仕様に従います。 リソースは、URL がアスタリスクによって指定されます (*) を示す任意の値が「行く」ここでいくつかの場所で「ワイルドカード」として文字を使用可能性があります。 具体的な例を紹介します。
+
+ [2]: http://developer.chrome.com/apps/match_patterns.html
+
 ## 構文
 
-[Google.com][2]へのアクセス:
+[Google.com][3]ですべてのリソースへのアクセス:
 
- [2]: http://google.com
+ [3]: http://google.com
 
-    http://google.com
+    http://google.com/*
     
 
-安全な[google.com][3]へのアクセス ( `https://` )。
+安全な[google.com][4]ですべてのリソースへのアクセス ( `https://` )。
 
- [3]: https://google.com
+ [4]: https://google.com
 
-    https://google.com
+    https://google.com/*
     
 
-サブドメイン[maps.google.com][4]へのアクセス:
+特定のサブドメイン[maps.google.com][5]へのアクセス:
 
- [4]: http://maps.google.com
+ [5]: http://maps.google.com
 
-    http://maps.google.com
+    http://maps.google.com/*
     
 
-[Google.com][2] (例えば、[接続][5]および[docs.google.com][6]) 上のすべてのサブドメインへのアクセス:
+[Google.com][3] (例えば、[接続][6]および[docs.google.com][7]) 上のすべてのサブドメインへのアクセス:
 
- [5]: http://mail.google.com
- [6]: http://docs.google.com
+ [6]: http://mail.google.com
+ [7]: http://docs.google.com
 
-    http://*.google.com
+    http://*.google.com/*
     
 
-(例えば、 [google.com][2]と[developer.mozilla.org][7]) のすべてのドメインへのアクセス:
+[Www.google.com][8] 「/モバイル」のパスの下にすべてのリソースへのアクセス:
 
- [7]: http://developer.mozilla.org
+ [8]: http://www.google.com
+
+    http://www.google.com/mobile/*
+    
+
+任意のプロトコル (例えば、HTTP、HTTPS、FTP など) で[google.com][3]へのアクセス:
+
+    *://google.com/*
+    
+
+(例えば、 [google.com][3]と[developer.mozilla.org][9]) のインターネット上のすべての資源へのアクセス:
+
+ [9]: http://developer.mozilla.org
 
     *
     
@@ -74,41 +90,48 @@ Android は完全にホワイト リスト構文をサポートします。
 
 ### 構文
 
-[Google.com][2]へのアクセス:
+[Google.com][3]へのアクセス:
 
-    <access origin="http://google.com" />
+    <access origin="http://google.com/*" />
     
 
-## ブラックベリー
+## ブラックベリー 10
 
 ### 詳細
 
-ホワイト リスト登録の規則は、 `www/config.xml` 要素で宣言されていると`<access uri="..." />`.
+ホワイト リスト登録の規則は、 `www/config.xml` 要素で宣言されていると`<access origin="..." />`.
 
-完全なリファレンス[はブラックベリー WebWorks アクセス要素のドキュメント][8]を参照してください。.
+ブラックベリー 10 2 つの方法で他のプラットフォームとは異なるワイルドカードを処理します。
 
- [8]: https://developer.blackberry.com/html5/documentation/ww_developing/Access_element_834677_11.html
+1) XMLHttpRequest によってアクセスされるコンテンツは、明示的に宣言されなければなりません。起源 ="*"このユースケースは尊敬できません。また、web のすべてのセキュリティが好みを使用して無効になります。
+
+サブドメイン 2) ="true"の代わりに使用される可能性があります"* .domain"
 
 ### 構文
 
-[Google.com][2]へのアクセス:
+[Google.com][3]へのアクセス:
 
-    <access uri="http://google.com" subdomains="false" />
+    <access origin="http://google.com" subdomains="false" />
     
 
-[Maps.google.com][4]へのアクセス:
+[Maps.google.com][5]へのアクセス:
 
-    <access uri="http://maps.google.com" subdomains="false" />
+    <access origin="http://maps.google.com" subdomains="false" />
     
 
-[Google.com][2]でのすべてのサブドメインへのアクセス:
+[Google.com][3]でのすべてのサブドメインへのアクセス:
 
-    <access uri="http://google.com" subdomains="true" />
+    <access origin="http://google.com" subdomains="true" />
     
 
 含むすべてのドメインへのアクセスを `file://` プロトコル。
 
-    <access uri="*" subdomains="true" />
+    <access origin="*" subdomains="true" />
+    
+
+すべての web セキュリティを無効にします。
+
+    <preference name="websecurity" value="disable" />
     
 
 ## iOS
@@ -119,26 +142,32 @@ Android は完全にホワイト リスト構文をサポートします。
 
 iOS は完全にホワイト リスト構文をサポートします。
 
-**注:**起源のようなプロトコルを使わずに指定 `www.apache.org` よりもむしろ `http://www.apache.org` 、すべてのデフォルト、 `http` 、 `https` 、 `ftp` と `ftps` スキーム。
+### 3.1.0 で変更されました。
 
-### 構文
+前のバージョン 3.1.0、コルドバ iOS 他コルドバのプラットフォームでサポートされているドメイン whilelisting スキームをいくつかの非標準の拡張含まれています。 3.1.0、現在 iOS のホワイト リストは今このドキュメントの上部に記載されているリソースのホワイト リストの構文に準拠します。 変更する必要があります前 3.1.0 からアップグレードする場合にこれらの拡張機能を使用していた、 `config.xml` として前にホワイト リスト登録リソースの同じセットを続行するためにファイル。
+
+具体的には、これらのパターンを更新する必要があります。
+
+*   " `apache.org` "(プロトコル): これは以前と一致 `http` 、 `https` 、 `ftp` 、および `ftps` プロトコル。 変更" `*://apache.org/*` "に、すべてのプロトコルを含めたり、各プロトコルをサポートする必要がある行が含まれます。
 
-IOS にワイルドカードを使用 ( `*` ) [W3C ウィジェット アクセス][1]仕様よりも柔軟性します。
+*   " `http://apache.*` "(ワイルドカード ドメインの終わりに): これは以前すべて上位-レベルの-ドメイン、すべての可能な 2 文字の Tld を含むと一致 (有用ではないドメインのようにしかし。 co.uk)。 行することが実際に制御、ホワイト リストに登録する必要がある各 TLD を含めます。
 
-すべてのサブドメイン、Tld へのアクセス ( `.com` 、 `.net` 、等)。
+*   " `h*t*://ap*he.o*g` "(行方不明のランダムな文字のワイルドカード文字): これらはサポートされていません; ドメインごとに行を含めるし、したプロトコルへの変更は、実際にホワイト リストする必要があります。
 
-    *.google.*
+### 構文
+
+[Google.com][3]へのアクセス:
+
+    <access origin="http://google.com/*" />
     
 
 ## Windows Phone (7 & 8)
 
 ホワイト リスト登録の規則は、 `config.xml` 要素で宣言されていると`<access origin="..." />`.
 
-Android は完全にホワイト リスト構文をサポートします。
-
 ### 構文
 
-[Google.com][2]へのアクセス:
+[Google.com][3]へのアクセス:
 
     <access origin="http://google.com" />
     
@@ -147,21 +176,23 @@ Android は完全にホワイト リスト構文をサポートします。
 
 ### 詳細
 
-アプリケーションのルート ディレクトリの `config.xml` ファイルを使用してドメイン ホワイト リスト登録のルールを指定します、 `<access origin="..." />` の要素。 完全なリファレンス [Tizen 外部ネットワーク リソースへのアクセス マニュアル」を参照してください。 [10]。
+アプリケーションのルート ディレクトリの `config.xml` ファイルを使用してドメイン ホワイト リスト登録のルールを指定します、 `<access origin="..." />` の要素。 完全なリファレンス[Tizen 外部ネットワーク リソースへのアクセスのドキュメント][10]を参照してください。.
+
+ [10]: https://developer.tizen.org/help/topic/org.tizen.help.gs/Creating%20a%20Project.html?path=0_1_1_4#8814682_CreatingaProject-AccessingExternalNetworkResources
 
 ### 構文
 
-[Google.com][2]へのアクセス:
+[Google.com][3]へのアクセス:
 
     <access origin="http://google.com" subdomains="false" />
     
 
-安全な[google.com][3]へのアクセス ( `https://` )。
+安全な[google.com][4]へのアクセス ( `https://` )。
 
     <access origin="https://google.com" subdomains="false" />
     
 
-[Google.com][2]でのすべてのサブドメインへのアクセス:
+[Google.com][3]でのすべてのサブドメインへのアクセス:
 
     <access origin="http://google.com" subdomains="true" />
     

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
index f887edd..78db2af 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/cli/index.md
@@ -29,6 +29,8 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 *   ブラックベリー 10 (Mac、Linux、Windows)
 *   Windows Phone 7 (Windows)
 *   Windows Phone 8 (Windows)
+*   Windows 8 (Windows)
+*   Firefox OS (Mac、Linux、Windows)
 
 Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経由で利用できます。PC 上だ*アクセサリー*の下で*コマンド プロンプト*として使用可能.
 
@@ -72,14 +74,17 @@ Mac のコマンドラインです*ターミナル*アプリケーション経
         $ cordova platform add ios
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
+        $ cordova platform add firefoxos
     
 
 *Wp*は Windows Phone オペレーティング システムの異なるバージョンを参照 Windows マシンからこれらのいずれかを実行します。
 
         $ cordova platform add wp7
         $ cordova platform add wp8
+        $ cordova platform add windows8
         $ cordova platform add android
         $ cordova platform add blackberry10
+        $ cordova platform add firefoxos
     
 
 現在のプラットフォームのセットを確認するこれを実行します。
@@ -159,76 +164,76 @@ XREF -->
 
 *   基本的なデバイス情報 (デバイス API):
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device
         
 
 *   ネットワーク接続とバッテリーのイベント:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-network-information.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-battery-status.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.network-information
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.battery-status
         
 
 *   加速度計、コンパス、および地理位置情報:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device-motion.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-device-orientation.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-geolocation.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-motion
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.device-orientation
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.geolocation
         
 
 *   カメラ、メディアの再生とキャプチャ:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-camera.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-media-capture.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-media.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.camera
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.media-capture
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.media
             
 
 *   デバイスまたはネットワーク (File API) 上のアクセス ファイル:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-file.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-file-transfer.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.file
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.file-transfer
         
 
 *   ダイアログ ボックスまたは振動による通知:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-dialogs.git
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-vibration.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.dialogs
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.vibration
         
 
 *   連絡先:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-contacts.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.contacts
         
 
 *   グローバル化:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-globalization.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.globalization
         
 
 *   スプラッシュ ・ スクリーン:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-splashscreen.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.splashscreen
         
 
 *   開いている新しいブラウザー ウィンドウ (InAppBrowser):
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-inappbrowser.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.inappbrowser
         
 
 *   デバッグ コンソール:
     
-        $ cordova plugin add https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-plugin-console.git
+        $ cordova plugin add org.apache.cordova.console
         
 
 使用 `plugin ls` (または `plugin list` 、または `plugin` 自体によって) 現在を表示するプラグインをインストールします。それぞれの識別子が表示されます。
 
         $ cordova plugin ls    # or 'plugin list'
-        [ 'org.apache.cordova.core.console' ]
+        [ 'org.apache.cordova.console' ]
     
 
 プラグインを削除するには、リストに表示される同じ識別子によってそれを参照してください。たとえば、ここではリリース バージョンからデバッグ コンソールのサポートを削除するだろう方法です。
 
-        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.core.console        
-        $ cordova plugin remove org.apache.cordova.core.console    # same
+        $ cordova plugin rm org.apache.cordova.console        
+        $ cordova plugin remove org.apache.cordova.console    # same
     
 
 バッチ削除したりコマンドごとに 1 つ以上の引数を指定して、プラグインを追加できます。
@@ -264,7 +269,7 @@ XREF -->
 
 特定のバージョンをインストールするには、この構文を使用します。
 
-        $ sudo npm install -g cordova@3.0.0
+        $ sudo 故宮をインストール-g cordova@3.1.0
     
 
 実行 `cordova -v` を現在実行中のバージョンを参照してください。 実行、 `npm

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
index c434bd8..49ec45c 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/hybrid/plugins/index.md
@@ -81,4 +81,20 @@ JavaScript の任意のプラグインのエントリ ポイントです。 コ
 *   iOS のプラグイン
 *   Windows Phone のプラグイン
 
-Tizen プラットフォームでは、現在のプラグインをサポートしていません。
\ No newline at end of file
+Tizen プラットフォームでは、現在のプラグインをサポートしていません。
+
+## 公開プラグイン
+
+あなたのプラグインを開発した後それを公開し、コミュニティと共有する場合があります。 あなたあなたのプラグイン ( [npmjs][1]に基づく) コルドバ レジストリに公開したり、他の npmjs に基づくレジストリ。 ユーザーは自動的に plugman またはコルドバ cli を使用してそれをインストールすることができます。
+
+ [1]: https://github.com/isaacs/npmjs.org
+
+プラグインを公開するには、plugman ツールを使用して、次の手順を通過する必要があります。
+
+    $ plugman adduser # that is if you don't have an account yet
+    $ plugman publish /path/to/your/plugin
+    
+
+だよ !
+
+レジストリ ベースのコマンドは利用可能な `plugman --help` は、使用できるコマンドは何およびそれらを使用する方法のリストを与えます。
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/overview/index.md b/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
index 3ab74e6..a91c66b 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/overview/index.md
@@ -50,7 +50,7 @@ XREF -->
 *   プラットフォームをサポートするため、CLI 実行アプリケーションをコンパイルし、SDK ベースのデバイス エミュレーターで実行できます。 <!-(を参照してくださいアプリケーション開発ガイド詳細の) 外部参照外部参照--> 包括的なテストのため、またアプリケーション ファイルを生成し、デバイスに直接インストールできます。
 
 開発サイクルの任意の時点で特定のプラットフォーム SDK ツールは、オプションの豊富なセットを提供することがまた頼ることができます。 (設定については各プラットフォームの SDK ツール プラットフォーム ガイドを参照してください)。SDK 環境は web ベース、およびネイティブのアプリケーション コンポーネントをミックスしたハイブリッド アプリを実装する場合に適しています。 <!-あなた--> (を参照してくださいハイブリッド アプリケーション ガイド詳細情報のため) 外部参照外部参照でコマンド ライン ユーティリティを使用して最初のアプリを生成する可能性がありますまたは繰り返し SDK ツールに更新されたコードを供給するその後。 アプリケーションの構成ファイルは自分でもビルド可能性があります。 <!-- XREF
-(See Configuration Reference for details.)
+(See The config.xml File for details.)
 XREF -->
 
 <!-- XREF
@@ -96,6 +96,10 @@ XREF -->
       </th>
       
       <th>
+        <tt>firefoxos</tt>
+      </th>
+      
+      <th>
         <tt>tizen</tt>
       </th></tr> </thead> 
       

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
index 4d9d9c6..8d5169d 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/config.md
@@ -16,30 +16,38 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 # Android の構成
 
-`config.xml`ファイルは、コルドバのさまざまな設定を制御します。これらは、アプリケーション全体で、CordovaWebView のインスタンスごとに適用されます。
+`config.xml`ファイルは、各アプリケーションと CordovaWebView のインスタンス全体に適用される、アプリの基本的な設定を制御します。 このセクションの詳細設定アンドロイドのビルドにのみ適用されます。 グローバル構成のオプションには、config.xml ファイル情報を参照してください。
 
-## `< 優先順位 >`
-
-その他の環境設定 (として `<preference>` タグ) 既存のアプリケーションを壊さずに既定します。利用可能な設定は次のとおりです。
-
-*   `useBrowserHistory`(ブール値、既定値は `true` ): に設定されている `false` 歴史修正前の人造人間 3.x で現在のハッシュ エラーを回避するために使用された歴史 shim を使用する場合。 (注: この設定は 2013 年 4 月で廃止)
-
-*   `loadingDialog`: アプリの読み込み時にネイティブの読み込み] ダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
-
-*   `loadingPageDialog`: サブ ・ ページの読み込み時のネイティブの読み込み] ダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
-
-*   `errorUrl`: アプリケーションのエラー ページを設定します。人造人間プロジェクトである必要があります。`file://android_asset/www/`
-
-*   `backgroundColor`: アプリケーションの背景色を設定します。 最初のバイトを表すアルファ値、および標準的な RGB 値を持つ次の 3 バイト、4 バイトの 16 進値をサポートします。 たとえば、 `0x00000000` は黒です。
+*   `KeepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): アプリケーション滞在後もバック グラウンドで実行されているかどうかを判断します、 `pause` イベントが発生します。
+    
+        <preference name="KeepRunning" value="false"/>
+        
 
-*   `loadUrlTimeoutValue`: コルドバは、アプリケーションでタイムアウト エラーをスローする前に待つ必要がありますどのくらいの時間。
+*   `ErrorUrl`: 400-500 の範囲で標準的な HTTP エラーへの応答に表示するエラー ページを指定します。 ホーム ページおよびその他の web 資産を含む最上位ディレクトリで指定されたファイルを配置します。
+    
+        <preference name="ErrorUrl" value="error.html"/>
+        
 
-*   `keepRunning`(ブール値、既定値は `true` ): コルドバまま、バック グラウンドで実行されているかどうかを決定します。
+*   `LoadingDialog`: アプリをロードするとき、ネイティブのダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
+    
+        <preference name="LoadingDialog" value="Please wait, the app is loading"/>
+        
 
-*   `splashscreen`: からの拡張子を除いたファイル名、 `res/drawable` ディレクトリ。 複数の資産がある場合彼らはすべて、それぞれのディレクトリにこの共通名を共有する必要があります。
+*   `LoadingPageDialog`: サブ ・ ページは、アプリ内での読み込み時ネイティブ ダイアログを表示します。値の形式は、*タイトル、メッセージです。*
+    
+        <preference name="LoadingPageDialog" value="Please wait, the data is loading"/>
+        
 
-*   `disallowOverscroll`(ブール値、既定値は `false` ): に設定されている `true` 、webview の端を超えてスクロール時、グローを無効にします。
+*   `LoadUrlTimeoutValue`(番号、既定値は `20000` ): タイムアウト エラーをスローする前に待機する時間の量、ページの読み込み中。 この例では 20 よりもむしろ 10 秒を指定します。
+    
+        <preference name="LoadUrlTimeoutValue" value="10000"/>
+        
 
-## `< プラグイン >`
+*   `SplashScreen`: からの拡張子を除いたファイル名、 `res/drawable` ディレクトリ。様々 な資産は、さまざまなサブディレクトリでこの共通名を共有しなければなりません。
+    
+        <preference name="SplashScreen" value="splash"/>
+        
 
-アンドロイドの使用をサポートする `<feature>` へのアナログとして `<plugin>` の要素。
\ No newline at end of file
+*   `SplashScreenDelay`(数は、既定値は `5000` ): 時間量スプラッシュ スクリーンのイメージが表示されます。
+    
+        <preference name="SplashScreenDelay" value="10000"/>
\ No newline at end of file

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/d8c45add/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
index 7885478..8d4c530 100644
--- a/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
+++ b/docs/ja/edge/guide/platforms/android/upgrading.md
@@ -18,6 +18,17 @@ license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more cont
 
 このガイドは、コルドバの旧バージョンからアップグレードする Android プロジェクトを変更する方法を示します。 これらの命令のほとんど、古いの前にあるコマンド ライン ツールのセットで作成されたプロジェクトに適用されます、 `cordova` CLI ユーティリティ。 CLI のバージョンを更新する方法については、コマンド ライン インターフェイス参照してください。
 
+## 3.1.0 3.0.0 からアップグレード
+
+コルドバ CLI で作成されたプロジェクト。
+
+1.  更新、 `cordova` - CLI バージョンのコマンド ライン インターフェイスを参照してください 
+2.  実行`cordova platform update android`
+
+コルドバ CLI で作成されていないプロジェクトの場合に実行します。
+
+1.  `bin/更新 < project_path >`
+
 ## 2.9.0 から CLI (3.0.0) へのアップグレード
 
 1.  コマンド ライン インターフェイスで説明されているようにコルドバ、CLI を使用して新しい Apache コルドバ 3.0.0 プロジェクトを作成します。


Mime
View raw message