cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From mwbro...@apache.org
Subject [03/51] [abbrv] [partial] Move Japanese to docs/ja and Korean to docs/ko.
Date Tue, 10 Sep 2013 17:36:48 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/android/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/android/index.md
new file mode 100644
index 0000000..c2f165c
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/android/index.md
@@ -0,0 +1,188 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements. See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership. The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied. See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+# Developing a Plugin on Android
+
+プラグインの開発には、 Cordova-Android のアーキテクチャの理解が必要です。
+Cordova-Android は Android WebView とそれに付属するコールバックから構成されます。
+これらのプラグインは config.xml ファイル内にクラスマッピングとして表されています。
+
+プラグインは `CordovaPlugin` クラスを継承した少なくとも1つの Java クラスによって構成されます。
+プラグインは `CordovaPlugin` の中の `execute` メソッドのうち1つを必ずオーバーライドしなければなりません。
+加えて、プラグイン作成のベストプラクティスとして、プラグインは pause と resume イベントをサポートし、またプラグイン間のメッセージのやりとりもサポートしているべきです。
+実行に時間がかかったり、バックグラウンドで動く (例: media の再生) もの、リスナーや内部状態を持つプラグインは `onReset()` メソッドが実装されているべきです。このメソッドは `WebView` が新しいページに遷移、もしくはリフレッシュした時、つまり JavaScript がリロードされた時に実行されます。
+
+## プラグインクラスのマッピング
+
+プラグインの JavaScript 部分は常に `cordova.exec` メソッドを以下のように使います:
+
+    exec(<successFunction>, <failFunction>, <service>, <action>, [<args>]);
+
+これは WebView から Android ネイティブ側へのリクエストを整理し、
+おおよそ要約すると `service` クラスで `action` メソッドを、
+`args` 配列で渡された引数と一緒に呼び出すということになります。
+
+プラグインを Java ファイルで提供するしろ JAR でするにしろ、プラグインは必ず Cordova-Anroid アプリケーションの `res/xml` フォルダーにある `config.xml` ファイルに追加されていなければなりません。
+
+    <plugin name="<service_name>" value="<full_name_including_namespace>"/>
+
+サービス名 (name) は JavaScript の `exec` の中で定義したものと一致している必要があり、値 (value) は Java クラスへのネームスペースを含んだフルパスになります。これがないと、プラグインはコンパイルはされますが、
+Cordova からアクセスできない状態となります。
+
+## Android Java プラグインの作成
+
+私たちはプラグインリクエストをネイティブ側に送る JavaScript を作成しました。
+また、正しく `config.xml` ファイルでマッピングされた Android Java プラグインもあります。
+では、最終的に Android Java プラグインのクラスがどのようになるのか見ていきましょう。
+
+JavaScript の `exec` 関数によってプラグインに割り当てられたものは、
+プラグインのクラスの `execute` メソッドに渡されます。大半の `execute`
+の実装は以下のようになります:
+
+    @Override
+    public boolean execute(String action, JSONArray args, CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+        if ("beep".equals(action)) {
+            this.beep(args.getLong(0));
+            callbackContext.success();
+            return true;
+        }
+        return false;  // "MethodNotFound" エラーのため false を返す
+    }
+
+`action` パラメーターの値を見て、クラス内の
+(プライベート) メソッドに割り振っていきます。
+また、任意でいくつかのパラメーターをそのメソッドに渡します。
+
+例外をキャッチしエラーを返すとき、 JavaScript へ返すエラーが Java で発生した例外に可能なかぎり近づけることは、明瞭さのためにも重要です。
+
+### スレッド
+
+WebView の中の JavaScript は UI スレッド上で実行 *されません*。
+WebCore スレッド上で動いています。 `execute` メソッドもまた WebCore スレッド上で実行されます。
+
+もし UI と何か処理をしたい場合は、以下のようにします:
+
+    @Override
+    public boolean execute(String action, JSONArray args, final CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+        if ("beep".equals(action)) {
+            final long duration = args.getLong(0);
+            cordova.getActivity().runOnUiThread(new Runnable() {
+                public void run() {
+                    ...
+                    callbackContext.success(); // スレッドセーフ
+                }
+            });
+            return true;
+        }
+        return false;
+    }
+
+もし UI スレッド上で動かす必要がなく、しかし WebCore スレッドをブロックしたくない場合は以下のようにします:
+
+    @Override
+    public boolean execute(String action, JSONArray args, final CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+        if ("beep".equals(action)) {
+            final long duration = args.getLong(0);
+            cordova.getThreadPool().execute(new Runnable() {
+                public void run() {
+                    ...
+                    callbackContext.success(); // スレッドセーフ
+                }
+            });
+            return true;
+        }
+        return false;
+    }
+
+### Android プラグインの Echo プラグイン
+
+次を config.xml に追加します:
+
+    <plugin name="Echo" value="org.apache.cordova.plugin.Echo" />
+
+そして、次を Cordova-Android アプリケーションの中の
+`src/org/apache/cordova/plugin/Echo.java` に追加します:
+
+
+    package org.apache.cordova.CordovaPlugin;
+
+    import org.apache.cordova.api.Plugin;
+    import org.apache.cordova.api.PluginResult;
+    import org.json.JSONArray;
+    import org.json.JSONException;
+    import org.json.JSONObject;
+
+    /**
+     * このクラスは JavaScript から呼び出された文字列をecho します。
+     */
+    public class Echo extends CordovaPlugin {
+        @Override
+        public boolean execute(String action, JSONArray args, CallbackContext callbackContext) throws JSONException {
+            if (action.equals("echo")) {
+                String message = args.getString(0);.
+                this.echo(message);
+                return true;
+            }
+            return false;
+        }
+
+        private void echo(String message, CallbackContext callbackContext) {
+            if (message != null && message.length() > 0) {.
+                callbackContext.success(message);
+            } else {
+                callbackContext.error("Expected one non-empty string argument.");
+            }
+        }
+    }
+
+コードを見ていきましょう。一番上には、必要なすべての Cordova に関する
+`import` 文が並んでいます。クラスは `CordovaPlugin` を継承しています。
+exec() からメッセージを受け取るために、 execute() メソッドをオーバーライドします。
+メソッドは、最初に `action` を見ていきます。このプラグインは1つ
+のアクション `echo` のみをサポートしています。ほかのアクションは、 false を返します。
+これは、タイプが `INVALID_ACTION` のエラーとなります - これは JavaScript
+側でエラーコールバックへの呼び出しに変換されます。次に、 `args` に対して
+`getString` メソッドを使い、パラメーター配列から0番目のパラメーターを取得
+することにより、 echo する文字列を取り出します。ここで、少しパラメーターに
+対してチェックを行います: `null` チェックや文字列の長さが0でないかどうかなど
+です。もしそうであった場合は、 callbackContext.error() を呼びます (これはもう
+ご存知の通り JavaScript 側でエラーコールバックを呼び出します)。
+もしこれらのチェックをパスしたら、 callbackContext.success() を呼び出し、
+パラメーターとして渡された `message` 文字列を渡します。これが、
+JavaScript 側で成功コールバック関数に変換されます。
+また、 `message` パラメーターを JavaScript の成功コールバック関数に
+パラメーターとして渡します。
+
+## プラグインのデバッグ
+
+Eclipse は Android プロジェクトのデバッグに使用でき、 Java のソースファイルがプロジェクトに含まれている場合は、プラグインもデバッグできます。最新バージョンの Android Dev Tools のみ JAR にソースコードを付与でき、これは今回はフルでサポートされていません。
+
+## よくある落とし穴
+
+* プラグインは `CordovaInterface` オブジェクトへのアクセス権を持っています。このオブジェクトはアプリケーションで走っている Android の `Activity` へのアクセス権を持っています。この `Activity` は新しい Android `Intent` を起動するために必要な `Context` です。
+`CordovaInterface` は、結果として `Activity` を開始すること、また `Intent` がアプリケーションに戻ってきたときにコールバックをセットすることをプラグインに許可します。
+`Intent` システムは Android のプロセス間の連携に使われるため、これは非常に重要です。
+* プラグインは `Context` への直接アクセス権を以前のように持っていません。以前の `ctx` はもう廃止され、 2.0 リリースの6ヶ月後に削除されます。 `Context` にあった `ctx` が存在するすべてのメソッド、 `getContext()` と `getActivity()` は必要な正しいオブジェクトを返すことが可能です。
+
+## ソースコードを活用する
+
+プラグインを作成の準備としてもっとも良い方法のうちの一つは、
+[既に存在するプラグインを参考にすること](https://github.com/apache/incubator-cordova-android/tree/master/framework/src/org/apache/cordova) です。
+
+また、 [CordovaPlugin.java](https://github.com/apache/incubator-cordova-android/blob/master/framework/src/org/apache/cordova/api/CordovaPlugin.java) のコメントもひと通り読むべきでしょう。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/bada/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/bada/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/bada/index.md
new file mode 100644
index 0000000..2732582
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/bada/index.md
@@ -0,0 +1,74 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Developing a Plugin on Bada
+===========================
+
+プラグインは Bada 2.0 以上のみサポートしています。 Bada 1.2 はサポートしていません。
+
+Bada の実装はすべて JavaScript の実装です。そのため、カスタムプラグインを追加することは、プラグインコードによって CordovaJS を更新することになります。以下は、シンプルな _Hello World_ プラグインを追加するステップです:
+
+1. CordovaJS リポジトリーを clone します
+
+        git clone https://git-wip-us.apache.org/repos/asf/incubuator-cordova-js.git
+
+2. __lib/bada/plugin/bada/__ 以下に新しい JavaScript ファイルを作成し、 _HelloWorld.js_ と名前をつけます。以下の内容を追加します:
+
+        function HelloWorld() {
+        }
+
+        HelloWorld.prototype.printHello = function(success, fail, arg) {
+            alert(Osp.Core.StringHelper('Hello %1', arg[0]));
+        }
+
+        module.exports = new HelloWorld();
+
+3. __lib/bada/platform.js__ の objects プロパティーの下に、新しく作ったプラグインへのリンクを追加します:
+
+        objects: {
+            ...
+            HelloWorld: {
+                'cordova/plugin/bada/HelloWorld'
+            },
+            ...
+        }
+        ...
+4. __lib/bada/exec.js__ のプラグインリストを、作ったプラグインを含むように更新します
+
+        var plugins = {
+            ...
+            "HelloWorld": require('cordova/plugin/bada/HelloWorld')
+        };
+5. これで、好きなようにユーザー向けの JavaScript を書くことができます。しかし、プラグインを実行するためには、以下のメソッドを呼び出す必要があることを忘れないで下さい
+
+        exec(succes, fail, 'HelloWorld', 'printHello', ['Jackson!']);
+
+    success はプラグインが正常に終了したときに実行される成功コールバック関数です
+    fail はプラグインが正常に終了しなかったときに実行されるエラーコールバック関数です
+    'HelloWorld' はあなたのプラグインの名前です
+    'printHello' はあなたのプラグインのアクション名です
+    最後のパラメーターは、プラグインへの引数です
+
+6. 以下のコマンドを実行し、新しい共通 JavaScript を生成します (npm モジュールの jake がインストールされていることを確認して下さい)
+
+        jake
+
+7. 新しく生成された __pkg/cordova.bada.js__ を、 Bada プロジェクトの __Res/js__ 以下にコピーします
+
+6. 以上です!これで、あなたは新しい Bada プラグインを追加することができ、現在は Cordova Bada でサポートされていないたくさんの機能を実装できるようになりました。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/blackberry/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/blackberry/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/blackberry/index.md
new file mode 100644
index 0000000..11f4481
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/blackberry/index.md
@@ -0,0 +1,136 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Developing a Plugin on BlackBerry
+=================================
+
+## Blackberry での Echo プラグインの作り方
+
+このガイドでは、 BlackBerry での Echo プラグインの作り方について説明します。
+もし上位のガイドである JavaScript パートのプラグインについてのガイドを読んでいない場合は、それを最初に読むことをおすすめします。
+加えて、 [Cordova Blackberry repo](https://git-wip-us.apache.org/repos/asf?p=incubator-cordova-blackberry-webworks.git;a=summary) をダウンロードしてください。
+
+Cordova-BlackBerry プロジェクトは Torch, Bold, Playbook といった BlackBerry デバイスへのデプロイを可能にします。
+通常の携帯端末タイプの BlackBerry (例, Torch と Bold) とタブレットタイプの Playbook の間には、デプロイ方法に差があります。
+この2つのコードはベースが違うため、1つを開発しているときは、もう1つのためにコードを複製してあげる必要があります。
+そのため、このガイドでは携帯端末にフォーカスし、タブレットにはフォーカスしません。
+将来的には、両方のプラットフォームをカバーする予定です。
+
+
+前のガイドからの続きで、 Echo プラグインは基本的にユーザーが `window.echo`
+関数で与えたメッセージを返します。
+
+Echo 関数:
+
+    window.echo = function(str, callback) {
+            cordova.exec(callback, function(err) {
+                callback('Nothing to echo.');
+            }, "Echo", "echo", [str]);
+        };
+
+## plugins.xml の修正
+
+このファイルはプロジェクトの中の www フォルダーにあり、 Cordova プロジェクトが使用しているすべてのプラグインへの参照を含みます。
+新しい参照を追加して、 cordova.exec が呼ばれたときに、 Cordova が `cordova.exec` の "Echo" 引数を
+これから書くネイティブコードの Echo クラスにマッピングすることが分かるようにします。
+
+    <plugins>
+      ...
+      <plugin name="Echo" value="org.apache.cordova.echo.Echo"/>
+      ...
+    </plugins>
+
+## Echo.java の追加
+
+もし value 属性の構造にお気づきなら、 Echo プラグインへの定義されたパスが見えるでしょう。
+Cordova BlackBerry Webworks のリポジトリーのルートフォルダーで、 framework と呼ばれるフォルダーを探してください。
+このフォルダーは BlackBerry 上で動くすべてのソースコードを含んでいます。
+このフォルダー以下の `framework/ext/src/org/apache/cordova` にフォルダーに辿りつくまで cd し続けます。
+この時すべてのプラグインフォルダーが見えるでしょう。また、それぞれのフォルダーの中身はプラグインのソースコードとなっています。
+ここで、フォルダー echo を `framework/ext/src/org/apache/cordova/echo` に作成し、
+`Echo.java` をこの中の `framework/ext/src/org/apache/cordova/echo/Echo.java` の位置に新規追加します。
+
+## Echo.java の実装
+
+プラグインの実装の基本的なアイデアは、 Plugin クラスを継承するクラスを作成し、
+PluginResult クラスを返す execute と呼ばれるメソッドを作成することです。
+cordova.exec へのすべての呼び出しは、クラス内で実行したいアクションと引数を渡します。
+この場合、 "echo" がクラス "Echo" 内で実行したいアクションで、 [str] が渡している引数です。
+
+    package org.apache.cordova.echo;
+
+    import org.apache.cordova.api.Plugin;
+    import org.apache.cordova.api.PluginResult;
+    import org.apache.cordova.json4j.JSONArray;
+    import org.apache.cordova.json4j.JSONException;
+    import org.apache.cordova.json4j.JSONObject;
+    /**
+     * BlackBerry でのプラグインの作り方デモのためのシンプルなプラグイン
+     * ユーザーがプラグインを呼び出したときのメッセージをそのまま返します
+     */
+    public final class Echo extends Plugin {
+
+        public static final String echo = "echo";
+
+        public PluginResult execute(String action, JSONArray args, String callbackId) {
+            PluginResult result = new PluginResult(PluginResult.Status.INVALID_ACTION, "Echo: Invalid action:" + action);
+            if(action.equals(echo)){
+                try {
+                    String theMsg = args.getString(0);
+                    if(theMsg!= null || theMsg.length()>0){
+                        result = new PluginResult(PluginResult.Status.OK, theMsg);
+                    }else{
+                        result = new PluginResult(PluginResult.Status.ERROR, "Nothing to echo.");
+                    }
+                } catch (JSONException e) {
+                    result = new PluginResult(PluginResult.Status.JSON_EXCEPTION, e.getMessage());
+                }
+            }
+
+            return result;
+        }
+
+    }
+
+上のコードを見てみると、 execute メソッドの中で、最初にどんなアクションが来たかを調べているのが分かります。
+この Echo プラグインは1つのアクション "echo" のみを持つので、それのみをチェックします。
+もしプラグインに複数のアクションがあった場合は、 if 文を追加していき、これらをチェックしていきます。
+
+
+次に、 args パラメーターによって与えられた引数からメッセージを取得します。
+`String theMsg = args.getString(0);` とすることで、シンプルに一番最初の引数を取得することができます。
+
+いくつかのエラーチェックをし、もしメッセージが大丈夫そうなら、 ok ステータス (PluginResult.Status.OK) とメッセージ (theMsg) を持つ
+新しい PluginResult インスタンスを作ります。
+その後、 JavaScript に渡し、成功コールバック関数を呼び出す result を返します。
+もし何かエラーが起きた場合、 PluginResult.Status.ERROR, PluginResult.Status.JSON_EXCEPTION, PluginResult.Status.INVALID_ACTION といったような何種類かのステータス例外を返すことが出来ます。
+もしこのタイプの例外が返されたとき、 JavaScript 側ではエラーコールバックが
+呼び出されます。
+
+## www フォルダーの .jar の更新
+
+あなたのプロジェクト内で Echo.java の追加分が更新される必要があります。 .jar ファイルをビルドするためには、 BlackBerry Webworks リポジトリーのルートディレクトリに cd します。
+次の ant コマンドを使用します:
+
+    ant update -Dproject.path="~/path_to_my_project"
+
+これは build/ext フォルダーの中の新しい .jar ファイルをビルドします。
+`build/ext/cordova.jar` ファイルを プロジェクトの www/ext フォルダーにコピーします。
+
+もしすべてが上手くいったら、 BlackBerry で Echo プラグインが使用できるようになっているはずです。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/index.md
new file mode 100644
index 0000000..81da8db
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/index.md
@@ -0,0 +1,112 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+# プラグイン開発ガイド
+
+Cordava プラグインは Cordova アプリケーション Webview と Cordava
+アプリケーションが走っているネイティブプラットフォームの機能的な
+橋渡しをします。プラグインはすべてのプラットフォームで使われる
+1つの JavaScript インターフェースに集約され、そのプラグイン
+インターフェースに従ったプラットフォーム独自のネイティブ実装が
+それぞれなされます。すべてのコア Cordova API はこのアーキテクチャ
+を用いて実装されています。
+
+このガイドはシンプルな Echo プラグインを書くために必要なステップを
+紹介していきます。 Echo プラグインは JavaScript から文字列を受け取り、
+それをサポートされているプラットフォームのネイティブ環境に渡します。
+このネイティブコードは同じ文字列を、プラグインの JavaScript の
+コールバックに含んで返します。
+
+このガイドから、より複雑なプラグインを書くために必要な概観や詳細が
+得られるはずです。
+
+## JavaScript
+
+すべてのプラグインの最初の一歩は JavaScript です。開発者が Cordova を
+使う理由は、 Objective-C でも Java でも C# でもなく、 JavaScript を使って
+コードが書けるからです。プラグインにとって JavaScript インターフェースは
+まさしく顔であり、もっとも重要な部分であると言えるでしょう。
+
+あなたはプラグインの JavaScript を好きなように構成できます。ただ一つ、
+Cordova JavaScript とネイティブ環境との間のコミュニケーションのために
+`cordova.exec` 関数を _使う必要があります_ 。以下が例です:
+
+    cordova.exec(function(winParam) {}, function(error) {}, "service",
+                 "action", ["firstArgument", "secondArgument", 42,
+                 false]);
+
+以下がパラメーターの詳細説明です:
+
+1. `function(winParam) {}` - 成功コールバック関数です。 `exec` の実行が
+   正常に完了したとき、この関数が呼び出されます
+   (任意で返されたパラメーターと一緒に呼び出されます)
+2. `function(error) {}` - エラーコールバック関数です。もし操作が正常に
+   完了しなかったとき、この関数が呼び出されます
+   (任意で返されたパラメーターと一緒に呼び出されます)
+3. `"service"` - ネイティブ側で呼び出されるサービス名です。これは
+   ネイティブクラスにマッピングされます。詳しくは、以下のネイティブ
+   ガイドで説明しています
+4. `"action"` - 呼び出されるアクション名です。 `exec` からの呼び出しを
+   受けるネイティブクラスで取り出され、プラットフォームに依存して、
+   クラスのメソッドにマッピングされます。詳しくは、以下のネイティブ
+   ガイドで説明しています
+5. `[/* arguments */]` - ネイティブ環境に渡される引数です
+
+
+### Echo プラグイン JavaScript の例
+
+    window.echo = function(str, callback) {
+        cordova.exec(callback, function(err) {
+            callback('Nothing to echo.');
+        }, "Echo", "echo", [str]);
+    };
+
+詳しく見ていきましょう。プラグインを `window` に `echo` 関数として
+付与しています。プラグインのユーザーは以下のように使用します:
+
+
+    window.echo("echome", function(echoValue) {
+        alert(echoValue == "echome"); // should alert true.
+    });
+
+はじめに、 `exec` 関数の後ろ3つの引数について見ていきましょう。
+私たちは、 `Echo` "サービス" を呼び出し、 `echo` "アクション" を
+リクエストし、そして `window.echo` 関数の最初のパラメーターである
+文字列を含んだ配列を引数として渡しています。
+
+`exec` に渡される成功コールバック関数は `window.echo` が受取る
+コールバック関数を単純に参照しています。エラーコールバックについては
+もう少し手を加えています: もしネイティブ側でエラーコールバックを呼び出した
+場合は、単純に成功コールバックを呼び出し、 "デフォルト" 文字列を渡します。
+
+## ネイティブ
+
+プラグインの JavaScript の定義が終わったら、それに少なくとも1つの
+ネイティブ実装を付け加える必要があります。以下は Cordova がサポート
+しているそれぞれのプラットフォームに特化したガイドになります。
+以下のガイドでは引き続き、このガイドで作り始めた Echo プラグインを
+作成していきます。
+
+- Developing a Plugin on Android
+- Developing a Plugin on Bada
+- Developing a Plugin on BlackBerry
+- Developing a Plugin on iOS
+- Developing a Plugin on webOS
+- Developing a Plugin on Windows Phone
+- Developing a Plugin on Tizen

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/ios/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/ios/index.md
new file mode 100644
index 0000000..1bc1bb5
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/ios/index.md
@@ -0,0 +1,173 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements. See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership. The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License. You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied. See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+# Developing a Plugin on iOS
+
+プラグインは `CDVPlugin` クラスを継承した Objective-C のクラスです。
+
+各プラグインクラスは Cordova.plist ファイルの Plugins キーを使用し登録されている必要があります。
+
+## プラグインクラスのマッピング
+
+プラグインの JavaScript 部分は常に `cordova.exec` メソッドを以下のように使います:
+
+    exec(<successFunction>, <failFunction>, <service>, <action>, [<args>]);
+
+これは UIWebView から iOS ネイティブ側へのリクエストを整理し、おおよそ要約すると `service` クラスで `action` メソッドを、 `args` 配列で渡された引数と一緒に呼び出すということになります。
+
+実行に時間がかかったり、バックグラウンドで動く (例: media の再生) もの、リスナーや内部状態を持つプラグインは `onReset()` メソッドが実装され、これらの動作を停止またはリセットすべきです。このメソッドは `UIWebView` が新しいページに遷移、もしくはリフレッシュした時、つまり JavaScript がリロードされた時に実行されます。
+
+このプラグインは、 Cordova-iOS アプリケーションのプロジェクトフォルダーの中の `Cordova.plist` ファイルの `Plugins` キー (辞書) に追加される必要があります。
+
+    <key>service_name</key>
+    <string>PluginClassName</string>
+
+`service_name` のキーは JavaScript の `exec` の中で使用しているものと一致している必要があり、値はプラグインの Objective-C クラスの名前になります。これがないと、プラグインはコンパイルされますが、 Cordova からアクセスできない状態となります。
+
+## iOS Cordova Plugin の作成
+
+私たちはプラグインリクエストをネイティブ側に送る JavaScript を作成しました。また、正しく `Cordova.plist` ファイルでマッピングされた iOS Objective-C プラグインもあります。では、最終的に iOS Objective-C プラグインのクラスがどのようになるのか見ていきましょう。
+
+JavaScript の `exec` 関数によってプラグインに割り当てられたものは、プラグインクラスの対応する `action` メソッドに渡されます。プラグインメソッドのシグネチャは次のようになります:
+
+    - (void)myMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command
+    {
+        CDVPluginResult* pluginResult = nil;
+        NSString* myarg = [command.arguments objectAtIndex:0];
+
+        if (myarg != nil) {
+            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK];
+        } else {
+            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_ERROR messageAsString:@"Arg was null"];
+        }
+        [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
+    }
+
+1. [CDVInvokedUrlCommand.h](https://github.com/apache/incubator-cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVInvokedUrlCommand.h)
+2. [CDVPluginResult.h](https://github.com/apache/incubator-cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPluginResult.h)
+
+
+## プラグインシグネチャ
+
+**Cordova 2.1.0** からサポートされた **新しいシグネチャ** は次のとおりです:
+
+        - (void)myMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command;
+
+**古い (非推奨)** シグネチャはつぎのとおりです:
+
+        - (void)myMethod:(NSMutableArray*)arguments withDict:(NSMutableDictionary*)options;
+
+基本的に、オプション辞書は新しいシグネチャでは削除されており、 callbackId は引数配列の 0 番目の要素ではなく、別のプロパティーとなっています。
+
+## iOS プラグインの Echo プラグイン
+
+`Cordova.plist` ファイルの `Plugins` キー (辞書) に以下を追加します:
+
+    <key>Echo</key>
+    <string>Echo</string>
+
+次のファイル (`Echo.h` と `Echo.m`) を Cordova-iOS アプリケーションフォルダーの中の
+プラグインフォルダーに追加します:
+
+    /********* Echo.h Cordova Plugin Header *******/
+
+    #import <Cordova/CDV.h>
+
+    @interface Echo : CDVPlugin
+
+    - (void)echo:(CDVInvokedUrlCommand*)command;
+
+    @end
+
+    /********* Echo.m Cordova Plugin Implementation *******/
+
+    #import "Echo.h"
+    #import <Cordova/CDV.h>
+
+    @implementation Echo
+
+    - (void)echo:(CDVInvokedUrlCommand*)command
+    {
+        CDVPluginResult* pluginResult = nil;
+        NSString* echo = [command.arguments objectAtIndex:0];
+
+        if (echo != nil && [echo length] > 0) {
+            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK messageAsString:echo];
+        } else {
+            pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_ERROR];
+        }
+
+        [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
+    }
+
+    @end
+
+
+コードを見ていきましょう。一番上には、必要なすべての Cordova に関する import 文が並んでいます。クラスは `CDVPlugin` を継承しています - これはとても重要です。
+
+このプラグインは 1 つのアクション `echo` のみをサポートしています。最初に、 `objectAtIndex` メソッドを `args` に使って引数配列 0 番目の要素である echo 用文字列を取得します。次に、 `objectAtIndex` メソッドを使って、引数配列の1番目の要素である echo 用文字列を取得します。ここで、少しパラメーターに対してチェックを行います: `nil` チェックや文字列の長さが0でないかどうかなどです。
+
+もしそうであった場合は、ステータスが `ERROR` の `PluginResult` を返します。もしこれらのチェックをパスしたら、ステータスが `OK` の `PluginResult` を返し、パラメーターとして受け取った `echo` 文字列を渡します。
+
+最後に、 `self.commandDelegate` に結果を返します。これは、 JavaScript 側で成功またはエラーコールバック関数を実行するような JavaScript を実行します。もし成功コールバックが呼ばれた場合は、 `echo` パラメーターをパラメーターとして渡します。
+
+## スレッド
+
+たとえ UIWebView が dedicated thread 上で実行されるとしても、プラグインメソッドは UI スレッドで実行されます。もしプラグインが尋常じゃない数のプロセスが必要、または処理をブロックする必要がある場合は、バックグラウンドスレッドを使用するべきです。使用例は次のとおりです:
+
+    - (void)myPluginMethod:(CDVInvokedUrlCommand*)command
+    {
+        // Check command.arguments here.
+        [self.commandDelegate runInBackground:^{
+            NSString* payload = nil;
+            // Some blocking logic...
+            CDVPluginResult* pluginResult = [CDVPluginResult resultWithStatus:CDVCommandStatus_OK messageAsString:payload];
+            // The sendPluginResult method is thread-safe.
+            [self.commandDelegate sendPluginResult:pluginResult callbackId:command.callbackId];
+        }];
+    }
+
+
+## 一歩進んだプラグインの機能
+
+他にも、オーバーライド出来るメソッドについては以下を参照してください:
+
+1. [CDVPlugin.h](https://github.com/apache/incubator-cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPlugin.h)
+2. [CDVPlugin.m](https://github.com/apache/incubator-cordova-ios/blob/master/CordovaLib/Classes/CDVPlugin.m)
+
+例えば、 pausa, resume, app terminate, handleOpenURL events といったような機能を実装できます。
+
+## プラグインのデバッグ
+
+Objective-C 側でデバッグするには、 Xcode のビルトインのデバッガーを使用します。 JavaScript 側では、 iOS 5.0 では [Apache Cordova Project の Weinre](https://github.com/apache/incubator-cordova-weinre) または [サードパーティ製の iWebInspector](http://www.iwebinspector.com/) を使用できます。
+
+iOS 6 では、 Safari 6.0 を使用して簡単に iOS 6 シミュレーター上で動いているアプリをデバッグできます。
+
+## よくある落とし穴
+
+* Cordova.plist にプラグインマッピングを追加することを忘れないでください - もし忘れている場合は、 Xcode のコンソールログにエラーが表示されます
+* 接続するすべてのホストを [ホワイトリスト](guide_whitelist_index.md.html#Domain%20Whitelist%20Guide) に追加することを忘れないで下さい - もし忘れている場合は、 Xcode のコンソールログにエラーが表示されます
+
+## 非推奨のプラグインシグネチャに関する注意点
+
+**古い (非推奨)** シグネチャはつぎのとおりです:
+
+        - (void) myMethod:(NSMutableArray*)arguments withDict:(NSMutableDictionary*)options;
+
+Objective-C プラグインメソッドの `options` パラメーターは非推奨であり、使われるべきではありません。レガシー的な理由で、 `args` 配列の最後の JavaScript オブジェクト要素は、 Objective-C 側メソッドの `options` 辞書に渡されます。どんな JavaScript オブジェクトでも `args` 配列の最後の要素として渡されるべきであり、もし配列の途中の要素に JavaScript オブジェクトがあると、それ以降の Objective-C 側の配列のインデックスがでたらめになることに十分注意してください。 options 辞書はただ1つの JavaScript オブジェクトのみをサポートしており、また配列の一番最後の要素のみネイティブメソッドに渡されます。このようにエラーを起こしやすいので、 `options` は非推奨となっています。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/tizen/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/tizen/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/tizen/index.md
new file mode 100644
index 0000000..c210a26
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/tizen/index.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Developing a Plugin on Tizen
+============================
+
+プラグインは Tizen プラットフォームでは現在サポートされていません。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/webos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/webos/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/webos/index.md
new file mode 100644
index 0000000..e341f4f
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/webos/index.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Developing a Plugin on webOS
+============================
+
+プラグインは webOS プラットフォームでは現在サポートされていません。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md
new file mode 100644
index 0000000..8c79c8f
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md
@@ -0,0 +1,192 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Developing a Plugin on Windows Phone
+====================================
+
+Windows Phone プラグインの開発には、 Cordova のアーキテクチャの理解が必要です。
+Cordova-WP7 は Javascript コードをホストし、
+ネイティブの API 呼び出しを管理する WebBrowser から構成されています。
+C# には継承可能な BaseCommand (`WP7CordovaClassLib.Cordova.Commands.BaseCommand`) クラスがあり、
+このクラスは開発者のために大半の基本的な機能を保持しています。
+
+1. プロジェクトを選択し、右クリックから 'Add -> New Item ...' を選びます
+    - どこに追加するかはあなたの自由ですが、できれば 'Plugins' フォルダーに追加してください
+2. 'Class' を選択し `Echo.cs` と名前をつけます
+    - このクラスの名前は `cordova.exec(win, fail, "Echo", ...)` で呼び出す名前と完全に一致している必要があります
+3. ベースクラスをインクルードします
+
+        using WP7CordovaClassLib.Cordova;
+        using WP7CordovaClassLib.Cordova.Commands;
+        using WP7CordovaClassLib.Cordova.JSON;
+
+4. BaseCommand クラスを継承します
+
+        public class Echo : BaseCommand
+        {
+            // ...
+        }
+
+5. JS から呼び出し可能なメソッドを追加します
+
+        public class Echo : BaseCommand
+        {
+            public void echo(string options)
+            {
+                // 全ての JS から呼び出されるメソッドはこのシグネチャを持つ必要があります
+                // publicで, void を返し, string の引数が 1 つ
+            }
+        }
+
+ネームスペース
+----------
+
+コマンドのデフォルトのネームスペースは:
+
+    namespace Cordova.Extension.Commands
+    {
+        // ...
+    }
+
+もし別のネームスペースを使用したい場合は、 `cordova.exec` の呼び出しの際にネームスペースが省略されていないクラス名を指定する必要があります。
+例えば、もし以下のように C# のクラスを定義した場合は:
+
+    namespace com.mydomain.cordovaExtensions
+    {
+        public class Echo : BaseCommand
+        {
+            // ...
+        }
+    }
+
+JS では、 exec を以下のように呼び出します:
+
+    codova.exec(win, fail, "com.mydomain.cordovaExtensions.Echo", ...);
+
+C# での引数の読み取り
+----------------------------------
+
+プラグインメソッドから受け取った値は文字列ですが、
+JavaScript のコードを見ると、実は文字列の配列を渡そうとしていた、ということがあります。
+JS での `cordova.exec` の呼び出し部分をみると、 `[str]` を渡していることがわかります:
+
+    cordova.exec(win, fail, "Echo", "echo", ["input string"]);
+
+ここで `Echo.echo` メソッドに渡された文字列を検証すると、
+値は実際には次であることがわかります:
+
+    "[\"input string\"]"
+
+全ての Javascript の exec 引数は、 C# に渡される前に JSON エンコードされます。
+
+もしこれを期待している値にしたい場合は、デコードする必要があります。
+シンプルに JSON のデシリアライゼーションを使います。
+
+    string optVal = JsonHelper.Deserialize<string[]>(options)[0];
+    // optVal は "input string" となります
+
+C# から JS へ結果を渡す
+-----------------------------
+
+ベースクラスの BaseCommand はデータを JS のコールバックハンドラーに渡すためのメソッドを提供しています。
+追加情報が必要なく、単にコマンドが成功したことを通知するためには、
+シンプルに以下を呼びます:
+
+    DispatchCommandResult(); // 空のプラグイン結果とともに、成功したとみなされコールバックします
+
+データを返すには、異なる形式の `DispatchCommandResult` を呼ぶ必要があります:
+
+    DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.OK, "すべて計画通りにいきました。これは成功ハンドラーに渡される結果データです。"));
+
+構造化されたデータを JS に渡すには、 JSON 形式にエンコードされている必要があります:
+To pass structured object data back to JS, it should be encoded as a JSON string:
+
+    DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.OK, "{result:\"うまくいきました!\"}"));
+
+エラーが発生したことを通知する場合には、 `DispatchCommandResult` を `PluginResult` を伴って呼ぶことができます:
+
+    DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.ERROR, "Echo はエラーが発生したと伝えています"));
+
+プラグインの C# メソッドでのシリアライゼーションエラーの対処
+--------------------------------------------------------
+
+引数を解析するときに、万が一不正な入力があった場合のためにも try/catch ブロックを
+使用するとよいでしょう。以下は、 Cordova の C# コードで使われている方法です:
+
+    string optVal = null;
+
+    try 
+    {
+        optVal = JsonHelper.Deserialize<string[]>(options)[0];
+    }
+    catch(Exception)
+    {
+        // 例外をキャッチし、 null 値と例外を一緒に対処します
+    }
+
+    if (optVal == null)
+    {
+        DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.JSON_EXCEPTION));
+    }
+    else
+    {
+        // ... 任意のコードを続けます
+    }
+
+一歩進んだプラグインの機能
+-----------------------------
+
+オーバーライドできるその他の機能については以下を参照してください:
+
+1. [BaseCommand.cs](https://github.com/apache/incubator-cordova-wp7/blob/master/templates/standalone/cordovalib/Commands/BaseCommand.cs)
+
+例えば、 'pause' や 'resume' といったアプリケーションイベントもオーバーライドできます。
+
+### プラグインのデバッグ
+
+C# 側でデバッグするには、 Visual Studio のデバッガーを使用します。クラスの任意の箇所に
+ブレークポイントを設置してください。
+
+Windows Phone での Javascript のデバッグは少し難しいです。 `console.log` を使用して
+プラグインの状態を出力するなどの方法をとる必要があるでしょう。
+
+よくある落とし穴
+---------------
+
+- JavaScript 実装時に、プラグインに渡す引数を決める際には十分に注意してください。
+  大半のデバイスは cordova.exec に渡される引数は配列であると期待していますが、
+  もし配列の中に異なる形式のオブジェクトが含まれる場合は、
+  デシリアライズが非常に困難、もしくは不可能となってしまいます。
+
+        cordova.exec(win, fail, "ServiceName", "MethodName", ["これは文字列です", 54, {literal:'trouble'}]);
+
+    - これは、以下のようなデコードが非常に困難な文字列を C# 側で受け取ることを意味します:
+
+            "[\"これは文字列です\", 54, { literal:'trouble' }]"
+
+    - exec を呼び出す前に、全てのパラメーターを文字列に変換することを考慮してください:
+
+            cordova.exec(win, fail, "ServiceName", "MethodName", ["これは文字列です", "54", "{literal:'trouble'}"])	;
+
+            string[] optValues = JsonHelper.Deserialize<string[]>(options);
+
+- exec を呼び出す前に JavaScript コード内でパラメーターのチェックをすることを心がけましょう。
+  これは JS のコードをプラグインの異なるネイティブ実装間で
+  再利用しやすくするという利点もあります。
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/index.md
new file mode 100644
index 0000000..343b2f7
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/index.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+プロジェクトの設定
+================
+
+- Project Settings for iOS

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/ios/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/ios/index.md
new file mode 100644
index 0000000..331e3d2
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/project-settings/ios/index.md
@@ -0,0 +1,53 @@
+<!--
+#
+# Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+# or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+# distributed with this work for additional information
+# regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+# to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+# "License"); you may not use this file except in compliance
+# with the License.  You may obtain a copy of the License at
+#
+# http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+#
+# Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+# software distributed under the License is distributed on an
+# "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+#  KIND, either express or implied.  See the License for the
+# specific language governing permissions and limitations
+# under the License.
+#
+-->
+
+Project Settings for iOS
+========================
+
+**Cordova.plist 設定ファイル** は Cordova の多くの設定を管理します。これはアプリケーション全体の設定であり、 CDVViewController インスタンス毎の設定ではありません。
+
+1. CDVViewController で使用出来る **プラグイン** のリスト (Plugins 辞書 - キーは JavaScript で servicename として使用されているもの、値はプラグインのための Objective-C のクラス (CDVPlugin のサブクラス))
+2. Cordova が接続できるホスト (スキーマやパスなしで、ホスト名または IP アドレスのみ) の **ホワイトリスト** (ExternalHosts 配列に設定 - ワイルドカード使用可能)
+3. **その他** 色々な設定 (既存のアプリを壊さないようにデフォルトは設定されています)
+
+    a. **UIWebViewBounce (boolean, デフォルト YES)** - もし WebView をバウンスさせたくない場合は NO を設定します
+
+    b. **TopActivityIndicator (string, デフォルト 'gray')** - ステータスバーにあるインジケーターの色を指定します。有効な値は "whiteLarge" と "white" と"gray" です
+
+    c. **EnableLocation (boolean, デフォルト NO)** - YES に設定することで、 Geolocation プラグインをアプリ起動時から初期化します (位置情報がより正確になります)
+
+    d. **EnableViewportScale (boolean, デフォルト NO)** - YES に設定することで、メタタグでの viewport のスケーリングを防ぎます
+
+    e. **AutoHideSplashScreen (boolean, デフォルト YES)** - NO に設定した場合、 JavaScript API によっていつスプラッシュスクリーンが非表示になるかを管理します
+
+    f. **ShowSplashScreenSpinner (boolean, デフォルト YES)** - NO に設定した場合、スプラッシュスクリーンのスピナーを非表示にします
+
+    g. **MediaPlaybackRequiresUserAction (boolean, デフォルト NO)** - YES に設定することで、 HTML5 ビデオの自動再生を禁止します
+
+    h. **AllowInlineMediaPlayback (boolean, デフォルト NO)** - YES に設定することで、インラインの HTML5 メディアの再生を許可します。また、 HTML 内の video 要素は webkit-playsinline 属性を含む必要があります
+
+    i. **OpenAllWhitelistURLsInWebView (boolean, デフォルト NO)** - YES に設定することで、メインの WebView 内ですべてのホワイトリストの URL を開きます
+
+    j. **BackupWebStorage (string, デフォルト 'cloud')** - 有効な値は 'none' と 'cloud' と 'local' です。 Set to 'cloud' と設定することで、 web storage data の iCloud でのバックアップを許可します。 'local' はローカルバックアップ (iTunes との同期によるバックアップ) のみ許可します。 'none' は web storage のいかなるバックアップも許可しません。
+
+    k. **KeyboardDisplayRequiresUserAction (boolean, デフォルト YES)** - NO に設定することで、 JavaScript の focus() が呼び出されてフォーム要素がフォーカスされた時、キーボードが開くようにします
+
+    l. **SuppressesIncrementalRendering (boolean, デフォルト NO)** - YES に設定することで、レンダリングの前にすべての新しい view コンテンツがロードされるのを待ちます

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md
new file mode 100644
index 0000000..db7272d
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md
@@ -0,0 +1,182 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Android
+=========================
+
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 2.1.0 から 2.2.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-2.1.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-2.2.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-2.2.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-2.2.0.js を使って更新します
+6. res/xml/config.xml を framework/res/xml/config.xml と同じとなるようにコピーします
+
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-2.0.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-2.1.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-2.1.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-2.1.0.js を使って更新します
+6. res/xml/config.xml を framework/res/xml/config.xml と同じとなるようにコピーします
+
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.9.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-2.0.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-2.0.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-2.0.0.js を使って更新します
+6. res/xml/config.xml を framework/res/xml/config.xml と同じとなるようにコピーします
+
+### 2.0.0 リリースに関する注意点
+config.xml は cordova.xml と plugins.xml に置き換わるものです。この新しい config.xml は前の2つのコンビネーションです。
+しかしながら古いファイルは廃止予定であり、現在はまだ動きますが、将来的のリリースでは動かなくなります。
+
+## 1.8.1 から 1.9.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.8.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.9.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.9.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.9.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+### 1.9.0 リリースに関する注意点
+
+- サードパーティーのプラグインは動く場合と、動かない場合があります。これは、 CordovaWebView がリリースされたためです。これらのプラグインはコンテキスト取得の際に、 getContext() または getActivity() を使用して CordovaInterface から取得する必要があります。
+もし Android アプリケーション開発を熟知していない場合は、プラグインの開発者に連絡を取り、彼らのバグトラッキングシステムにタスクとして登録するよう伝えてください。
+
+## 1.8.0 から 1.8.1 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.8.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.8.1.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.8.1.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.8.1.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.7.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.8.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.8.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.8.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 1.6.1 から 1.7.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.6.1.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.7.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.7.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 1.6.0 から 1.6.1 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.6.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.6.1.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.6.1.js をプロジェクトにコピーします
+5. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+## 1.5.0 から 1.6.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.5.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.6.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.6.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.6.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を、 framework/res/xml/cordova.xml と同じになるように res/xml/cordova.xml に置き換えます
+
+## 1.4.0 から 1.5.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.4.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.5.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.5.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.5.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を、 framework/res/xml/cordova.xml と同じになるように res/xml/cordova.xml に置き換えます
+
+## 1.3.0 から 1.4.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.3.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.4.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.4.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.4.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を framework/res/xml/phonegap.xml と同じになるように更新します
+
+
+## 1.2.0 から 1.3.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.2.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.3.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.3.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.3.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を framework/res/xml/phonegap.xml と同じになるように更新します
+
+
+## 1.1.0 から 1.2.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.1.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.2.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.2.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.2.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を framework/res/xml/phonegap.xml と同じになるように更新します
+
+
+## 1.0.0 から 1.1.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.0.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.1.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.1.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.1.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 0.9.6 から 1.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-0.9.6.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.0.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.0.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.0.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md
new file mode 100644
index 0000000..0aa5a9b
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md
@@ -0,0 +1,48 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Bada
+======================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする
+必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. 新しい JavaScript ファイルを使って `Res/js/cordova.js` を更新します
+
+## 1.8.x から 1.9.0 へのアップグレード ##
+
+1. 新しい JavaScript ファイルを使って `Res/js/cordova.js` を更新します
+
+## 1.7.0 から 1.8.x へのアップグレード ##
+
+1. cordova.bada.js ファイルを Res/js ディレクトリから削除します
+2. 新しい cordova.js ファイルを Res/js ディレクトリに追加します
+3. Res/index.html を、 cordova.js ではなく cordova.bada.js を参照するように更新します
+
+この行を次から:
+
+    <script type="text/javascript" src="./js/cordova.bada.js"></script>
+次に変更します:
+
+    <script type="text/javascript" src="./js/cordova.js"></script>
+
+Cordova 1.8 では、 Bada 1.2 は既にサポートされていません。
+このリポジトリは今後も使用したい方のためにアーカイブとして存続します。このため、これにはいくつかの廃止された API が含まれます。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md
new file mode 100644
index 0000000..96b3506
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md
@@ -0,0 +1,117 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova BlackBerry
+============================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+www フォルダーのアップデート:
+
+1. アプリの `www/` フォルダーを開きます
+2. `ext/` フォルダーにある .jar ファイルを削除し更新します
+3. `ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. 新しい `cordova-2.0.0.js` をプロジェクトにコピーします
+    - playbook の場合は `playbook/` フォルダーの中の .js ファイルを更新します
+5. HTML を、新しい `cordova-2.0.0.js` を使って更新します
+6. `www/plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+
+サンプルフォルダーのアップデート (例, ant ツールを使ったアップデート):
+
+1. `sample/lib/` フォルダーを開きます
+2. `cordova.1.9.0/ext/` フォルダーにある .jar ファイルを更新します
+3. `cordova.1.9.0/ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. `cordova.1.9.0/javascript/` フォルダーにある .js ファイルを更新します
+5. `sample/lib/` フォルダーを開き、 `cordova.1.9.0/` フォルダーの名前を `cordova.2.0.0/` に変更します
+6. `www/` フォルダーを新しい Cordova でアップデートするため、 `ant blackberry build` または `ant playbook build` とタイプします
+7. `www/` フォルダーを開き、新しい `cordova-2.0.0.js` を使って HTML を更新します
+8. `www/` フォルダーを開き `plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+
+
+
+- 1.8.0 にアップグレードするには、 1.7.0 からアップグレードしてください
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレード ##
+
+www フォルダーのアップデート:
+
+1. アプリの `www/` フォルダーを開きます
+2. `ext/` フォルダーにある .jar ファイルを削除し更新します
+3. `ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. 新しい `cordova-1.8.0.js` をプロジェクトにコピーします
+    - playbook の場合は `playbook/` フォルダーの中の .js ファイルを更新します
+5. 新しい `cordova-1.8.0.js` を使って HTML を更新します
+6. `www/plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+
+サンプルフォルダーのアップデート (例, ant ツールを使ったアップデート):
+
+1. `sample/lib/` フォルダーを開きます
+2. `cordova.1.7.0/ext/` フォルダーにある .jar ファイルを更新します
+3. `cordova.1.7.0/ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. `cordova.1.7.0/javascript/` フォルダーにある .js ファイルを更新します
+5. `sample/lib/` フォルダーを開き、 `cordova.1.7.0/` フォルダーを `cordova.1.8.0/` へリネームします
+6. `www/` フォルダーを新しい Cordova でアップデートするため、 `ant blackberry build` または `ant playbook build` とタイプします
+7. `www/` フォルダーを開き、HTML を、新しい `cordova-1.8.0.js` を使って更新します
+8. `www/` フォルダーを開き `plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/index.md b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/index.md
new file mode 100644
index 0000000..9109401
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.2.0/guide/upgrading/index.md
@@ -0,0 +1,32 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+アップグレードガイド
+================
+
+> アプリケーションを最新の Apache Cordova にアップグレードする方法を解説します。
+
+- Upgrading Cordova Android
+- Upgrading Cordova BlackBerry
+- Upgrading Cordova iOS
+- Upgrading Cordova Symbian
+- Upgrading Cordova webOS
+- Upgrading Cordova Windows Phone
+- Upgrading Cordova Bada
+- Upgrading Cordova Tizen


Mime
View raw message