cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From mwbro...@apache.org
Subject [14/51] [abbrv] [partial] Move Japanese to docs/ja and Korean to docs/ko.
Date Tue, 10 Sep 2013 17:36:59 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/localstorage/localstorage.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/localstorage/localstorage.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/localstorage/localstorage.md
new file mode 100644
index 0000000..1aceaa8
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/localstorage/localstorage.md
@@ -0,0 +1,120 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+localStorage
+===============
+
+W3C Storage interface (http://dev.w3.org/html5/webstorage/#the-localstorage-attribute) へのアクセスを提供します。
+
+    var storage = window.localStorage;
+
+メソッド
+-------
+
+- __key__: キーの名前を返します
+- __getItem__: キーによって指定されたアイテムを返します
+- __setItem__: キーによって指定されたアイテムを保存します
+- __removeItem__: キーによって指定されたアイテムを削除します
+- __clear__: 全てのキーとアイテムを削除します
+
+詳細
+-----------
+
+localStorage は W3C Storage interface へのインターフェースを提供します。キーと値のペアでデータを管理します。
+
+注意: window.sessionStorage は同じインターフェースを提供しますが、アプリが起動するたびにこの値はクリアされます。
+
+サポートされているプラットフォーム
+-------------------
+
+- Android
+- BlackBerry WebWorks (OS 6.0 以上)
+- iPhone
+- Windows Phone 7
+- Tizen
+
+Key の例
+-------------
+
+    var keyName = window.localStorage.key(0);
+
+Set Item の例
+-------------
+
+    window.localStorage.setItem("key", "value");
+
+Get Item の例
+-------------
+
+    var value = window.localStorage.getItem("key");
+    // value の値は "value"
+
+Remove Item の例
+-------------
+
+    window.localStorage.removeItem("key");
+
+Clear の例
+-------------
+
+    window.localStorage.clear();
+
+詳細な使用例
+------------
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage の使用例</title>
+
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova-2.1.0.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+
+        // Cordova の読み込み完了まで待機
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+
+        // Cordova 準備完了
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            window.localStorage.setItem("key", "value");
+            var keyname = window.localStorage.key(i);
+            // key の値は "key"
+            var value = window.localStorage.getItem("key");
+            // value の値は "value"
+            window.localStorage.removeItem("key");
+            window.localStorage.setItem("key2", "value2");
+            window.localStorage.clear();
+            // localStorage は空
+        }
+
+
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>使用例</h1>
+        <p>localStorage のサンプル</p>
+      </body>
+    </html>
+
+
+Windows Phone 7 に関する注意点
+-------------
+
+- ドット表記は Windows Phone では使用できません。 window.localStorage.setItem/getItem メソッドを使用して、 W3C の仕様で定義されている window.localStorage.someKey = 'someValue'; の方法は使用しないでください。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/display_name.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/display_name.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/display_name.md
new file mode 100644
index 0000000..f4a780f
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/display_name.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+database_displayname
+==================
+
+実際に表示されるデータベース名です。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/name.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/name.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/name.md
new file mode 100644
index 0000000..069bcc2
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/name.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+database_name
+============
+
+データベース名です。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/size.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/size.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/size.md
new file mode 100644
index 0000000..7e726c3
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/size.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+database_size
+==============
+
+データベースのサイズです。バイト単位で表されます。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/version.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/version.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/version.md
new file mode 100644
index 0000000..a24b4e1
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/parameters/version.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+database_version
+=============
+
+データベースのバージョンです。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlerror/sqlerror.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlerror/sqlerror.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlerror/sqlerror.md
new file mode 100644
index 0000000..a55a362
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlerror/sqlerror.md
@@ -0,0 +1,47 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+SQLError
+========
+
+エラー発生時に投げられる `SQLError` オブジェクトです。
+
+プロパティー
+----------
+
+- __code:__ 事前に定義された以下のエラーコードのうちの1つを表します
+- __message:__ エラーの詳細メッセージを表します
+
+定数
+---------
+
+- `SQLError.UNKNOWN_ERR`
+- `SQLError.DATABASE_ERR
+- `SQLError.VERSION_ERR`
+- `SQLError.TOO_LARGE_ERR`
+- `SQLError.QUOTA_ERR`
+- `SQLError.SYNTAX_ERR`
+- `SQLError.CONSTRAINT_ERR`
+- `SQLError.TIMEOUT_ERR`
+
+概要
+-----------
+
+データベース操作時のエラーに対して投げられる `SQLError` オブジェクトです。
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md
new file mode 100644
index 0000000..07747bf
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultset/sqlresultset.md
@@ -0,0 +1,134 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+SQLResultSet
+=======
+
+SQLTransaction の executeSql メソッドが呼ばれるとき、 SQLResultSet とともにコールバック関数が呼び出されます。
+
+プロパティー
+-------
+
+- __insertId__: SQLResultSet オブジェクトの SQL 文によりデータベースに挿入された行の行番号を表します
+- __rowsAffected__: SQL 文によって変更された行数を表します。もし SQL 文がデータベースに変更を加えなかった場合は0を返します
+- __rows__: 結果を表す SQLResultSetRowList オブジェクトです。行が返されなかった場合、オブジェクトは空になります
+
+詳細
+-------
+
+SQLTransaction の executeSql メソッドが呼び出されるとき、 SQLResultSet オブジェクトとともにコールバック関数が呼び出されます。この結果オブジェクトは3つのプロパティーを持っています。1つめは `insertId` で、 SQL の insert 文が成功した行の番号を返します。もし SQL 文が insert 文では無かった場合、 `insertId` はセットされません。2つめの `rowsAffected` は SQL の select 文に対しては常に0を返します。 insert もしくは update 文に対しては、修正された行数を返します。最後の SQLResultSetList は、 SQL の select 文によって返されたデータを保持します。
+
+サポートされているプラットフォーム
+-------------------
+
+- Android
+- BlackBerry WebWorks (OS 6.0 以上)
+- iPhone
+- webOS
+- Tizen
+
+Execute SQL の例
+------------------
+
+    function queryDB(tx) {
+        tx.executeSql('SELECT * FROM DEMO', [], querySuccess, errorCB);
+    }
+
+    function querySuccess(tx, results) {
+        console.log("検索された行 = " + results.rows.length);
+        // select 文のため、 rowsAffected は0となり、 true となります
+        if (!results.rowsAffected) {
+            console.log('どの行も変更されていません。');
+            return false;
+        }
+        // insert 文では、このプロパティーは挿入された最終行を表します
+        console.log("挿入された行 = " + results.insertId);
+    }
+
+    function errorCB(err) {
+        alert("SQL 実行中にエラーが発生しました: "+err.code);
+    }
+
+    var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+    db.transaction(queryDB, errorCB);
+
+詳細な使用例
+------------
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage の使用例</title>
+
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova-2.1.0.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+
+        // Cordova の読み込み完了まで待機
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+
+        // データベースを操作
+        //
+        function populateDB(tx) {
+            tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS DEMO');
+            tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS DEMO (id unique, data)');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (1, "First row")');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (2, "Second row")');
+        }
+
+        // データベースに問い合わせ
+        //
+        function queryDB(tx) {
+            tx.executeSql('SELECT * FROM DEMO', [], querySuccess, errorCB);
+        }
+
+        // 問い合わせ成功時のコールバック
+        //
+        function querySuccess(tx, results) {
+            console.log("検索された行 = " + results.rows.length);
+            // select 文のため、 rowsAffected は0となり、 true となります
+            if (!results.rowsAffected) {
+                console.log('どの行も変更されていません。');
+                return false;
+            }
+            // insert 文では、このプロパティーは挿入された最終行を表します
+            console.log("挿入された行 = " + results.insertId);
+        }
+
+        // トランザクション失敗時のコールバック
+        //
+        function successCB() {
+            var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+            db.transaction(queryDB, errorCB);
+        }
+
+        // Cordova 準備完了
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+            db.transaction(populateDB, errorCB, successCB);
+        }
+
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>使用例</h1>
+        <p>データベース</p>
+      </body>
+    </html>

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultsetlist/sqlresultsetlist.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultsetlist/sqlresultsetlist.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultsetlist/sqlresultsetlist.md
new file mode 100644
index 0000000..1f1ab37
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqlresultsetlist/sqlresultsetlist.md
@@ -0,0 +1,137 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+SQLResultSetList
+=======
+
+SQL 問い合わせから返される行を保持した SQLResultSet のプロパティーのうちの1つです。
+
+プロパティー
+-------
+
+- __length__: SQL 問い合わせによって返される行の行数を表します
+
+メソッド
+-------
+
+- __item__: 指定された行を JavaScript オブジェクトとして返します
+
+詳細
+-------
+
+SQLResultSetList は SQL の select 文によって返されるデータを保持しています。このオブジェクトは select 文によって返された行の数を表す length プロパティーを持っています。ある行のデータを取得するためには、行番号を指定した `item` メソッドを使用します。この item メソッドは JavaScript オブジェクトを返します。この JavaScript オブジェクトは select 文が実行されたデータベースのカラムをプロパティーとして持っています。
+
+サポートされているプラットフォーム
+-------------------
+
+- Android
+- BlackBerry WebWorks (OS 6.0 以上)
+- iPhone
+- webOS
+- Tizen
+
+Execute SQL の例
+------------------
+
+    function queryDB(tx) {
+        tx.executeSql('SELECT * FROM DEMO', [], querySuccess, errorCB);
+    }
+
+    function querySuccess(tx, results) {
+        var len = results.rows.length;
+        console.log("DEMO table: " + len + " 行見つかりました。");
+        for (var i=0; i<len; i++){
+            console.log("行 = " + i + " ID = " + results.rows.item(i).id + " Data = " + results.rows.item(i).data);
+        }
+    }
+
+    function errorCB(err) {
+        alert("SQL 実行中にエラーが発生しました: "+err.code);
+    }
+
+    var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+    db.transaction(queryDB, errorCB);
+
+詳細な使用例
+------------
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage の使用例</title>
+
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova-2.1.0.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+
+        // Cordova の読み込み完了まで待機
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+
+        // データベースを操作
+        //
+        function populateDB(tx) {
+            tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS DEMO');
+            tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS DEMO (id unique, data)');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (1, "First row")');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (2, "Second row")');
+        }
+
+        // データベースに問い合わせ
+        //
+        function queryDB(tx) {
+            tx.executeSql('SELECT * FROM DEMO', [], querySuccess, errorCB);
+        }
+
+        // 問い合わせ成功時のコールバック
+        //
+        function querySuccess(tx, results) {
+            var len = results.rows.length;
+            console.log("DEMO table: " + len + " 行見つかりました。");
+            for (var i=0; i<len; i++){
+                console.log("行 = " + i + " ID = " + results.rows.item(i).id + " Data = " + results.rows.item(i).data);
+            }
+        }
+
+        // トランザクション失敗時のコールバック
+        //
+        function errorCB(err) {
+            console.log("SQL 実行中にエラーが発生しました: "+err.code);
+        }
+
+        // トランザクション成功時のコールバック
+        //
+        function successCB() {
+            var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+            db.transaction(queryDB, errorCB);
+        }
+
+        // Cordova 準備完了
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+            db.transaction(populateDB, errorCB, successCB);
+        }
+
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>使用例</h1>
+        <p>データベース</p>
+      </body>
+    </html>

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md
new file mode 100644
index 0000000..553cfc8
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/sqltransaction/sqltransaction.md
@@ -0,0 +1,114 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+SQLTransaction
+=======
+
+データベースに対して SQL を実行するためのメソッドを提供します。
+
+メソッド
+-------
+
+- __executeSql__: SQL 文を実行します
+
+詳細
+-------
+
+Database オブジェクトの transaction メソッドを呼ぶとき、それに対応するコールバック関数が SQLTransaction オブジェクトと一緒に呼び出されます。 executeSql メソッドを複数回使用することで、データベーストランザクションを作成できます。
+
+サポートされているプラットフォーム
+-------------------
+
+- Android
+- BlackBerry WebWorks (OS 6.0 以上)
+- iPhone
+- webOS
+- Tizen
+
+Execute SQL の例
+------------------
+
+    function populateDB(tx) {
+        tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS DEMO');
+        tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS DEMO (id unique, data)');
+        tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (1, "First row")');
+        tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (2, "Second row")');
+    }
+
+    function errorCB(err) {
+        alert("SQL 実行中にエラーが発生しました: "+err);
+    }
+
+    function successCB() {
+        alert("成功しました。");
+    }
+
+    var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+    db.transaction(populateDB, errorCB, successCB);
+
+詳細な使用例
+------------
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage の使用例</title>
+
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova-2.1.0.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+
+        // Cordova の読み込み完了まで待機
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+
+        // Cordova 準備完了
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "Cordova Demo", 200000);
+            db.transaction(populateDB, errorCB, successCB);
+        }
+
+        // データベースを操作
+        //
+        function populateDB(tx) {
+            tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS DEMO');
+            tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS DEMO (id unique, data)');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (1, "First row")');
+            tx.executeSql('INSERT INTO DEMO (id, data) VALUES (2, "Second row")');
+        }
+
+        // トランザクション失敗時のコールバック
+        //
+        function errorCB(err) {
+            alert("SQL 実行中にエラーが発生しました: "+err);
+        }
+
+        // トランザクション成功時のコールバック
+        //
+        function successCB() {
+            alert("成功しました。");
+        }
+
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>使用例</h1>
+        <p>SQLトランザクション</p>
+      </body>
+    </html>

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.md
new file mode 100644
index 0000000..58e9de9
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.md
@@ -0,0 +1,83 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Storage
+==========
+
+> デバイスのストレージにアクセスする機能を提供します。
+
+この API は [W3C Web SQL Database 仕様書](http://dev.w3.org/html5/webdatabase/) と [W3C Web Storage API 仕様書](http://dev.w3.org/html5/webstorage/) をベースとしています。いくつかのデバイスではすでにこの機能の実装を提供しています。これらについては、 Cordova の実装ではなくビルトインのサポートが実行されます。ストレージのサポートがされてないデバイスについては、 Cordova の実装によって W3C の仕様に沿った機能が提供されます。
+
+メソッド
+-------
+
+- openDatabase
+
+引数
+---------
+
+- database_name
+- database_version
+- database_displayname
+- database_size
+
+オブジェクト
+-------
+
+- Database
+- SQLTransaction
+- SQLResultSet
+- SQLResultSetList
+- SQLError
+- localStorage
+
+パーミッション
+-----------
+
+### Android
+
+#### app/res/xml/plugins.xml
+
+    <plugin name="Storage" value="org.apache.cordova.Storage" />
+
+### Bada
+
+    パーミッションの設定は必要ありません。
+
+### BlackBerry WebWorks
+
+#### www/config.xml
+
+    <feature id="blackberry.widgetcache" required="true" version="1.0.0.0" />
+
+### iOS
+
+    パーミッションの設定は必要ありません。
+
+### webOS
+
+    パーミッションの設定は必要ありません。
+
+### Windows Phone
+
+    パーミッションの設定は必要ありません。
+
+### Tizen
+
+    パーミッションの設定は必要ありません。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md
new file mode 100644
index 0000000..f6fb169
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/cordova/storage/storage.opendatabase.md
@@ -0,0 +1,75 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+openDatabase
+===============
+
+Database オブジェクトを新規作成します。
+
+    var dbShell = window.openDatabase(database_name, database_version, database_displayname, database_size);
+
+概要
+-----------
+
+window.openDatabase メソッドは新しい Database オブジェクトを返します。
+
+このメソッドは SQLite のデータベースを新規作成し、 Database オブジェクトを返します。 Database オブジェクトは、データを操作するために使います。
+
+サポートされているプラットフォーム
+-------------------
+
+- Android
+- BlackBerry WebWorks (OS 6.0 以上)
+- iPhone
+- webOS
+- Tizen
+
+使用例
+-------------
+
+    var db = window.openDatabase("test", "1.0", "Test DB", 1000000);
+
+詳細な使用例
+------------
+
+    <!DOCTYPE html>
+    <html>
+      <head>
+        <title>Storage の使用例</title>
+
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova-2.1.0.js"></script>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8">
+
+        // Cordova の読み込み完了まで待機
+        //
+        document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
+
+        // Cordova 準備完了
+        //
+        function onDeviceReady() {
+            var db = window.openDatabase("test", "1.0", "Test DB", 1000000);
+        }
+
+        </script>
+      </head>
+      <body>
+        <h1>使用例</h1>
+        <p>データベースを開く</p>
+      </body>
+    </html>

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/command-line/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/command-line/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/command-line/index.md
new file mode 100644
index 0000000..82af54c
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/command-line/index.md
@@ -0,0 +1,190 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+# コマンドライン使用ガイド
+
+クロスプラットフォームアプリケーションの開発を簡単にするために、
+Cordova はコマンドラインツールを提供しています。
+ビルド、クリーン、エミュレーターの起動などが一つのコマンドで可能です。
+このドキュメントは、入門ガイドの代替でもあります。
+入門ガイドがデフォルト IDE で開発を始めることをサポートするのに対し、
+コマンドライン使用ガイドではコマンドラインツールを使用して
+shell ベースで Cordova プロジェクトを作成し、
+開発することを目的としています。
+
+## サポートされているプラットフォーム
+
+* [iOS](#Command-Line%20Usage_ios)
+* [Android](#Command-Line%20Usage_android)
+* [BlackBerry](#Command-Line%20Usage_blackberry)
+
+## iOS
+
+iOS コマンドラインツールはシェルスクリプトで作られており、
+Xcode のコマンドラインツール (`xcode-select` や `xcodebuild` など) に依存しています。
+
+### プロジェクトの作成
+
+以下のパラメーターとともに `create` コマンドを実行します:
+
+* 新しい Cordova iOS プロジェクトへのパス
+* リバースドメインスタイルのパッケージ名
+* プロジェクト名
+
+<!-- -->
+
+    $ ./path/to/cordova-ios/bin/create /path/to/my_new_cordova_project com.example.cordova_project_name CordovaProjectName
+
+### プロジェクトのビルド
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/debug
+
+### エミュレーターの起動
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/emulate
+
+### ログ
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/log
+
+
+## Android
+
+Android のコマンドラインツールはシェルスクリプト作られています。
+PATH に、 Android SDK の `tools` 及び `platform-tools` フォルダーが
+必ずある必要があります。
+
+### プロジェクトの作成
+
+以下のパラメーターとともに `create` コマンドを実行します:
+
+* 新しい Cordova Android プロジェクトへのパス
+* リバースドメインスタイルのパッケージ名
+* Main Activity 名
+
+<!-- -->
+
+    $ /path/to/cordova-android/bin/create /path/to/my_new_cordova_project com.example.cordova_project_name CordovaProjectName
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/cordova-android/bin/create.bat /path/to/my_new_cordova_project com.example.cordova_project_name CordovaProjectName
+
+### プロジェクトのビルド
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/debug
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/debug.bat
+
+### エミュレーターの起動
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/emulate
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/emulate.bat
+
+少なくとも一つの Android Virtual Device が作成済みであることを確認して下さい。もしない場合は、 `android` コマンドを使用して作成してください。
+もし複数の AVD がある場合には、コマンド実行後に AVD を選択してください。
+
+### ログ
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/log
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/log.bat
+
+### クリーン
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/clean
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/clean.bat
+
+### クリーン、ビルド、デプロイ、起動
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/BOOM
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/BOOM.bat
+
+エミュレーターが起動中またはデバイスが接続されていることを確認してください。
+
+
+## BlackBerry
+
+BlackBerry のコマンドラインツールはシェルスクリプト作られています。
+
+### プロジェクトの作成
+
+以下のパラメーターとともに `create` コマンドを実行します:
+
+* 新しい Cordova BlackBerry プロジェクトへのパス
+* アプリケーション名
+
+<!-- -->
+
+    $ /path/to/cordova-blackberry-webworks/bin/create /path/to/my_new_cordova_project CordovaProjectName
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/cordova-blackberry-webworks/bin/create.bat /path/to/my_new_cordova_project CordovaProjectName
+
+### プロジェクトのビルド
+
+BlackBerry のプロジェクトでは、 Cordova プロジェクトフォルダーのルートにある
+`project.properties` ファイルをカスタマイズすることを確認してください。
+これは、 BlackBerry の signing key のパスワード、
+BlackBerry WebWorks SDK の位置、 BlackBerry シミュレーター実行ファイルの
+位置といった情報を与えるために必要です。
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/debug
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/debug.bat
+
+### エミュレーターの起動
+
+BlackBerry のプロジェクトでは、 Cordova プロジェクトフォルダーのルートにある
+`project.properties` ファイルをカスタマイズすることを確認してください。
+これは、 BlackBerry の signing key のパスワード、
+BlackBerry WebWorks SDK の位置、 BlackBerry シミュレーター実行ファイルの
+位置といった情報を与えるために必要です。
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/emulate
+
+**Windows** では
+
+    $ /path/to/my_new_cordova_project/cordova/emulate.bat
+
+### ログ
+
+残念ながら、デバイスから直接ログをストリーミングすることは現在サポート
+されていません。しかし、 BlackBerry は ビルトインの Web Inspector を
+BlackBerry OS 7.0 以上の Playbook と BlackBerry スマートフォンデバイスで
+提供しています。また、デバイス上のアプリケーションログ
+(`console.log` でのログも含む) へは、
+ホーム画面で ALT キーを長押しし、 "lglg" と打ち込むことにより
+アクセスします。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/android.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/android.md b/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/android.md
new file mode 100644
index 0000000..1904cc2
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/android.md
@@ -0,0 +1,66 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Embedding Cordova WebView on Android
+====================================
+
+Cordova 1.9 からは、`CordovaActivity` を用いて、 Cordova をネイティブ Android アプリケーションの中でコンポーネントとして使用できます。このコンポーネントは Android では `CordovaWebView` として知られています。
+1.9以降の新しい Cordova ベースのアプリケーションでは、昔の `DroidGap` アプローチが使用されているかどうかに関わらず、
+`CordovaWebView` をメインビューとして使用します。
+
+必要なものは Android アプリケーションの開発時と同じです。 Android の開発環境について知識があることが期待されます。
+もし知識が十分にない場合は、このアプローチを使用する前に入門ガイドを参照して、 Cordova アプリケーションを作成することから初めてください。
+これは Android Cordova アプリケーションを作成するメインアプローチではありません。そのため、この手順は現在は手作業となります。将来、この方法を自動化することも考えています。
+
+必要なもの
+-------------
+
+1. **Cordova 1.9** またはそれ以降
+2. リビジョン15 以降の Android SDK
+
+Android プロジェクトでの CordovaWebView 使用ガイド
+---------------------------------------------------
+
+1. `bin/create` を使用し commons-codec-1.6.jar を取得
+2. `/framework` に `cd` し、 cordova jar をビルドするために `ant jar` を実行
+   (これにより `cordova-x.x.x.jar` 形式で .jar ファイルを
+   `/framework` フォルダーに作成します)
+3. cordova jar を Android プロジェクトの中の `/libs` ディレクトリにコピーします
+4. アプリケーションの `/res/xml` 以下にある `main.xml` ファイルを、以下と同様になるよう編集します。 `layout_height`, `layout_width`, `id` はアプリケーションに合うように変更します
+
+        <org.apache.cordova.CordovaWebView
+            android:id="@+id/tutorialView"
+            android:layout_width="match_parent"
+            android:layout_height="match_parent" />
+
+5. アクティビティを、 `CordovaInterface` を実装 (implements) するように変更します。含まれているメソッドを実装することが推奨されています。 `/framework/src/org/apache/cordova/DroidGap.java` からメソッドをコピーしたいかもしれませんし、または自身のメソッドを実装したいかもしれません。以下は、インターフェースを使用したベーシックなアプリケーションのコードの一部です (ビューの id の参照は上のステップ4の `id` 属性で指定されたものと一致することに注意してください):
+
+        public class CordovaViewTestActivity extends Activity implements CordovaInterface {
+            CordovaWebView cwv;
+            /* アクティビティが最初に作成されたときに呼び出されます。 */
+            @Override
+            public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
+                super.onCreate(savedInstanceState);
+                setContentView(R.layout.main);
+                cwv = (CordovaWebView) findViewById(R.id.tutorialView);
+                cwv.loadUrl("file:///android_asset/www/index.html");
+            }
+
+6. アプリケーションの HTML と JavaScript を Android プロジェクトの `/assets/www` ディレクトリにコピーします
+7. `/framework/res/xml` から `cordova.xml` と `plugins.xml` を Android プロジェクトの `/res/xml` フォルダーにコピーします

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/index.md
new file mode 100644
index 0000000..f0cf8cf
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/index.md
@@ -0,0 +1,27 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+WebView の埋め込み
+=================
+
+> Cordova WebView をプロジェクトで実装します。
+
+- Embedding Cordova WebView on Android
+- Embedding Cordova WebView on iOS
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/ios.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/ios.md b/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/ios.md
new file mode 100644
index 0000000..2e73f3c
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/cordova-webview/ios.md
@@ -0,0 +1,131 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Embedding Cordova WebView on iOS
+================================
+
+Cordova 1.4 からは、 Cordova を iOS アプリケーションの中でコンポーネントとして使用できます。このコンポーネントのコードネームは "Cleaver" です。
+
+Cordova 1.4 以降の Xcode テンプレートを用いて作られた新しい Cordova バースのアプリケーションは Cleaver を使用し、このテンプレートは Cleaver の参照実装と捉えられます。
+
+Cordova 2.0.0 以降は、 Cleaver を実装したサブプロジェクトのみをサポートしています。
+
+必要なもの
+-------------
+
+1. **Cordova 2.1.0** またはそれ以降
+2. **Xcode 4.3** またはそれ以降
+3. `Cordova.plist` ファイル ([新しく作成した](guide_command-line_index.md.html#Command-Line%20Usage_ios) Cordova プロジェクトから)
+
+
+Xcode プロジェクトへの Cleaver の追加 (CordovaLib サブプロジェクト)
+-------------------------------------------------------------
+
+1. ハードディスクの**恒久的なフォルダー** (例: ~/Documents/Cordova) に **Cordova をダウンロードし解凍**します
+2. Xcode が起動している場合、 **終了** します
+3. **Terminal.app** を使用して、Cordova をダウンロードしたディレクトリまで **移動**します
+4. `Cordova.plist` ファイルをディスクのプロジェクトフォルダー内に **コピー** します (上の **必要なもの** を参照してください)
+5. `Cordova.plist` ファイルを Xcode の Project Navigator に **ドラッグアンドドロップ** します
+6. **"Create groups for any added folders"** のラジオボタンを **選択** し、 **Finish** ボタンをクリックします
+7. `CordovaLib.xcodeproj` ファイルを Xcode の Project Navigator に **ドラッグアンドドロップ** します (上の、 CordovaLib のサブディレクトリ、恒久的なフォルダーから)
+8. Project Navigator で `CordovaLib.xcodeproj` を選択します
+9. **File Inspector** を開くため、 **Option-Command-1** キーを押します
+10. **Location** のドロップダウンメニューのため、 **File Inspector** から **"Relative to CORDOVALIB"** を選択します
+11. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Settings"** タブを選択します
+12. **"Other Linker Flags"** の値に `-all_load` と `-Obj-C` を追加します
+13. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Phases"** タブを選択します
+14. **"Link Binaries with Libraries"** を展開します
+15. **"+" ボタン** をクリックし、以下の **framework** を追加します (オプションで、 Project Navigator の中でこれらを Frameworks グループに **移動** します):
+
+        AddressBook.framework
+        AddressBookUI.framework
+        AudioToolbox.framework
+        AVFoundation.framework
+        CoreLocation.framework
+        MediaPlayer.framework
+        QuartzCore.framework
+        SystemConfiguration.framework
+        MobileCoreServices.framework
+        CoreMedia.framework
+
+16. **"Target Dependencies"** を展開します。 (もしこのラベルのボックスが複数ある場合は、一番上のものを選んでください)
+17. **"+" ボタン** をクリックし、 `CordovaLib` ビルドプロダクトを追加します
+18. **"Link Binaries with Libraries"** を展開します。
+    (もしこのラベルのボックスが複数ある場合は、一番上のものを選んでください)
+19. **"+" ボタン** をクリックし、 `libCordova.a` を追加します
+20. Xcode 設定 **"Xcode Preferences -> Locations -> Derived Data -> Advanced…"** を **"Unique"** にセットします
+21. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Settings"** タブを選択します
+22. **"Header Search Paths"** で検索をします。この設定に、以下の値を追加します (クォートを含む)
+
+        "$(TARGET_BUILD_DIR)/usr/local/lib/include"
+
+        "$(OBJROOT)/UninstalledProducts/include"
+
+        "$(BUILT_PRODUCTS_DIR)"
+
+    **Cordova 2.1.0** では、 CordovaLib は **Automatic Reference Counting (ARC)** を使用するようにアップグレードされました。 CordovaLib を使用するにあたって **ARC** にアップグレードする必要はありませんが、もしプロジェクトを **ARC** を使用するようにアップグレードしたい場合は、メニューから Xcode migration wizard : **Edit -> Refactor -> Convert to Objective-C ARC…** を使用して、 **libCordova.a を選択解除** し、ウィザードを完了してください。
+
+コード中での CDVViewController の使用法
+------------------------------------
+
+1. この **header** を追加します:
+
+        #import <Cordova/CDVViewController.h>
+
+2. **新しい** `CDVViewController` のインスタンスを作成し、どこかで保持します:
+
+        CDVViewController* viewController = [CDVViewController new];
+
+3. (_オプション_) `wwwFolderName` プロパティーをセットします (デフォルトは `"www"`):
+
+        viewController.wwwFolderName = @"myfolder";
+
+4. (_オプション_) `startPage` プロパティーをセットします (デフォルトは `"index.html"`):
+
+        viewController.startPage = @"mystartpage.html";
+
+5. (_オプション_) `useSplashScreen` プロパティーをセットします (デフォルトは `NO`):
+
+        viewController.useSplashScreen = YES;
+
+6. **view frame** をセットします (常にこれを最後のプロパティーとしてセットします):
+
+        viewController.view.frame = CGRectMake(0, 0, 320, 480);
+
+7. Cleaver を view に **追加** します:
+
+        [myView addSubview:viewController.view];
+
+HTML, CSS, JavaScript ファイルの追加
+-------------------------------------------
+
+1. **新しいフォルダー** を **ディスク上の** プロジェクト内に作成します。例として名前は `www` とします
+2. **HTML, CSS, JavaScript ファイル** をこのフォルダーの中に入れます
+3. このフォルダーを Xcode の Project Navigator に **ドラッグアンドドロップ** します
+4. **"Create groups for any added folders"** のラジオボタンを **選択** します
+5. `CDVViewController` をインスタンス化するとき、 **(1)** で作成したフォルダーに **適切な `wwwFolderName` と `startPage` プロパティーをセット** するか、デフォルト値を使用します (前のセクションを参照してください)。
+
+        /*
+         もし 'myfolder' という名前のフォルダーを作成し、
+         startPage として 'mypage.html' を
+         使用したい場合
+        */
+        viewController.wwwFolderName = @"myfolder";
+        viewController.startPage = @"mypage.html"
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/android/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/android/index.md
new file mode 100644
index 0000000..25cd8ad
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/android/index.md
@@ -0,0 +1,137 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Getting Started with Android
+============================
+
+このガイドは、 Cordova のための開発環境セットアップ方法、またシンプルなアプリの動かし方を解説します。 Cordova は以前は PhoneGap と呼ばれていたため、いくつかのサイトは PhoneGap という名前をまだ使用しています。
+
+
+1. 必要なもの
+---------------
+
+- Eclipse 3.4以上
+
+
+2. SDK と Cordova のインストール
+------------------------
+
+- [Eclipse Classic](http://www.eclipse.org/downloads/) のダウンロードとインストール
+- [Android SDK](http://developer.android.com/sdk/index.html) のダウンロードとインストール
+- [ADT Plugin](http://developer.android.com/sdk/eclipse-adt.html#installing) のダウンロードとインストール
+- [Cordova](http://phonegap.com/download) の最新版をダウンロードし解凍します。これから Android ディレクトリと一緒に作業を進めます。
+
+ 3. 新規プロジェクトの作成
+---------------------
+
+- Eclipse を起動し、メニューから **新規プロジェクト** を選択します
+    ![](img/guide/getting-started/android/step_1.png)
+- 新しいアプリケーションプロジェクトを指定します
+    ![](img/guide/getting-started/android/step_2.png)
+- アプリケーション名、プロジェクト名、ネームスペースを伴ったパッケージ名を指定します
+    ![](img/guide/getting-started/android/step_3.png)
+- ランチャーアイコンの設定をします
+    ![](img/guide/getting-started/android/step_4.png)
+- Blank Activity を作成します
+    ![](img/guide/getting-started/android/step_5.png)
+- Activity が何も継承していないことを確認して下さい。 PhoneGap が Eclipse のワークスペースに無いような状態です。これが終わったら、 Finish をクリックします
+
+- 作成したプロジェクトのルートディレクトリに、以下の2つの新しいディレクトリを作成します:
+    - **/libs**
+    - **assets/www**
+- ダウンロードした Cordova から **cordova-2.0.0.js** を **assets/www** にコピーしてください。
+- ダウンロードした Cordova から **cordova-2.0.0.jar** を **/libs** にコピーしてください。
+- ダウンロードした Cordova から **xml** フォルダーを **/res** にコピーしてください。
+
+- **cordova-2.0.0.jar** がプロジェクトのビルドパスに追加されていることを確認してください。 /libs フォルダーを右クリックし、 **ビルド・パス &gt; ビルド・パスの構成** を選択します。ライブラリータブで、 **cordova-2.0.0.jar** をプロジェクトに追加します。もしうまくいかない場合は、 F5 キーを押してプロジェクトをリフレッシュする必要があるかもしれません。
+
+    ![](img/guide/getting-started/android/buildPath.jpg)
+
+- 作成したプロジェクトの **src** フォルダーにあるメインの Java ファイルを編集します:
+    - **import org.apache.cordova.*;** を追加
+    - クラスの継承元を **Activity** から **DroidGap** に変更
+    - **setContentView()** の行を **super.loadUrl("file:///android_asset/www/index.html");** に置き換え
+
+    ![](img/guide/getting-started/android/javaSrc.jpg)
+
+- AndroidManifest.xml を右クリックし、 **アプリケーションから開く &gt; テキスト・エディター** を選択します
+- 以下のコードを、 **&lt;uses-sdk.../&gt;** と **&lt;application.../&gt;** タグの間に貼り付けてください。
+
+        <supports-screens
+            android:largeScreens="true"
+            android:normalScreens="true"
+            android:smallScreens="true"
+            android:resizeable="true"
+            android:anyDensity="true" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_COARSE_LOCATION" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_LOCATION_EXTRA_COMMANDS" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.READ_PHONE_STATE" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.RECEIVE_SMS" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.RECORD_AUDIO" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.MODIFY_AUDIO_SETTINGS" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.READ_CONTACTS" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_CONTACTS" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.GET_ACCOUNTS" />
+        <uses-permission android:name="android.permission.BROADCAST_STICKY" />
+*これにより、パーミッションの包括的なリストを追加していることに注意してください。 Google Play にアプリケーションを提出する前に、使用していないパーミッションは削除してください。
+- 画面の回転をサポートするために、以下を **&lt;activity&gt;** タグの中に貼り付けてください。
+
+        android:configChanges="orientation|keyboardHidden|keyboard|screenSize|locale"
+
+- AndroidManifest.xml は以下のようになります。
+
+    ![](img/guide/getting-started/android/manifest.png)
+
+4. Hello World の作成
+--------------
+
+- **index.html** という名前のファイルを **assets/www** ディレクトリに新規作成します。 以下のコードを貼り付けます:
+
+        <!DOCTYPE HTML>
+        <html>
+        <head>
+        <title>Cordova</title>
+        <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova-1.9.0.js"></script>
+        </head>
+        <body>
+        <h1>Hello World</h1>
+        </body>
+        </html>
+
+5A. シミュレーターへのデプロイ
+-----------------------
+
+- プロジェクトを右クリックし、次を **実行 &gt; Android Application** を選択
+- 適切な AVD を選択。 もしない場合は、作成する必要があります
+
+
+5B. デバイスへのデプロイ
+--------------------
+
+- デバイスの設定で USB デバッグが有効になっていること、またコンピュータに接続されていることを確認 (**設定 &gt; アプリケーション &gt; 開発**)
+- プロジェクトを右クリックし、次を **実行 > Android Application** を選択
+
+
+終了
+-----

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/bada/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/bada/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/bada/index.md
new file mode 100644
index 0000000..23743b3
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/bada/index.md
@@ -0,0 +1,93 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Getting Started with Bada
+=========================
+
+このガイドは、 Cordova のための開発環境セットアップ方法、またシンプルなアプリの動かし方を解説します。 Cordova は以前は PhoneGap と呼ばれていたため、いくつかのサイトは PhoneGap という名前をまだ使用しています。
+
+1. 必要なもの
+---------------
+
+- Windows
+- cordova-bada を使うためには、 bada 1.2 SDK が必要です (すでに Samsung のウェブサイトでは入手できません)
+
+2. SDK と Cordova のインストール
+-------------------------
+
+- [Bada SDK](http://developer.bada.com) のダウンロードとインストール (Windows のみ)
+- [Cordova](http://phonegap.com/download) の最新版をダウンロードし解凍します。 これから bada ディレクトリと一緒に作業を進めます。
+
+
+3. 新規プロジェクトの作成
+--------------------
+- Bada IDE で、 File -> Import project -> Bada C++ / Flash Project を選択します
+    - 注意: Bada 1.2 では "Bada Application Project" を選択します
+
+    ![](img/guide/getting-started/bada/import_bada_project.png)
+
+- "Select root directory" がチェックされていることを確認し、 Browse ボタンをクリックします
+- Cordova bada プロジェクトフォルダー (1.2にはbadaフォルダー、2.xにはbada-wacフォルダー) を選択します "Copy projects into workspace" がチェックされていることを確認します
+
+    ![](img/guide/getting-started/bada/import_bada_project.png)
+
+- "Finish" をクリックします
+
+    ![](img/guide/getting-started/bada/bada_project.png)
+
+4. Hello World の作成
+--------------
+
+**Bada 2.x**: HTML/CSS/Javascript のコードは Res/ フォルダー直下にあります。 以下の2行が index.html の <head> に含まれていることを確認します。
+
+
+        <link href="osp://webapp/css/style.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
+        <script type="text/javascript" src="osp://webapp/js/webapp_core.js"></script>
+
+**Bada 1.2**: HTML/CSS/Javascript のコードは Res/ フォルダー直下にあります。 以下の行が index.html に含まれていることを確認します。
+
+        <script type="text/javascript" src="cordova/cordova.js"> </script>
+
+5A. シミュレーターへのデプロイ
+-----------------------
+
+- **Bada 2.x**: プロジェクトで右クリックをし、 Run As -&gt; bada Emulator Web Application を選択します
+
+    ![](img/guide/getting-started/bada/bada_1_run.png)
+
+- **Bada 1.2**: プロジェクトで右クリックをし、 Build configurations -&g; Set Active -&gt; Simulator-Debugを選択します
+
+    ![](img/guide/getting-started/bada/bada_set_target.png)
+
+- プロジェクトで右クリックをし、 Run As -&gt; bada Simulator Application を選択します。 アプリを更新するたびに、エミュレーターを閉じる必要があります。
+
+5B. デバイスへのデプロイ
+--------------------
+
+- デバイスが適切に設定されていることを確認します
+
+**Bada 2.x**: プロジェクトで右クリックをし、 Run As -&gt; bada Target Web Application を選択します
+
+**Bada 1.2**:
+- プロジェクトで右クリックをし、 Build configurations -&g; Set Active -> Target-Debugを選択します
+- プロジェクトで右クリックをし、 Run As -> bada Target Application を選択します アプリを更新するたびに、エミュレーターを閉じる必要があります。
+
+
+終了
+-----

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/blackberry/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/blackberry/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/blackberry/index.md
new file mode 100644
index 0000000..008856f
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/blackberry/index.md
@@ -0,0 +1,101 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Getting Started with Blackberry
+============================
+
+Cordova for BlackBerry は [BlackBerry WebWorks framework](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5) を使用して作られています。 BlackBerry WebWorks ツールは Windows または Mac にて使用可能です。 WebWorks アプリケーションは OS 5.0以上の BlackBerry デバイスまたは BlackBerry PlayBook OS にのみデプロイ可能です。
+
+1. 必要なもの
+---------------
+
+- Windows XP (32-bit) またはWindows 7 (32-bit and 64-bit) または Mac OSX 10.6.4以上
+- Java Development Kit (JDK)
+    - Windows: [Oracle JDK](http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html#jdk) (32-Bit Version)
+    - Mac OS X: Mac OS X 10.7より前については、 Java はデフォルトで提供されています。 OS X 10.7以上については、 [Java](http://support.apple.com/kb/DL1421) のインストールが必要です
+- Apache Ant
+    - Windows: [Apache Ant](http://ant.apache.org/bindownload.cgi)
+    - Mac OS X: Apache Ant は Java と一緒にインストールされます
+
+2. SDK と Cordova のインストール
+-------------------------
+
+- PlayBook の開発には [Adobe Air SDK](http://www.adobe.com/devnet/air/air-sdk-download.html) が必要です
+- 1つ以上の WebWorks SDK をダウンロード、インストールします。 インストールしたディレクトリを覚えておいてください。
+    - スマートフォンの開発: [BlackBerry WebWorks Smartphone SDK](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5/download/sdk)
+    - PlayBook の開発: [BlackBerry WebWorks Tablet OS SDK](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5/download/sdk)
+- [Cordova](http://phonegap.com/download) の最新版をダウンロードし解凍します。
+
+3. 新規プロジェクトの作成
+--------------------
+
+- コマンドプロンプトまたはターミナルをひらいて、 Cordova をダウンロード、解凍したディレクトリまで移動します。
+- そのディレクトリには、 Cordova がサポートするプラットフォームごとにさらにディレクトリがあります。 blackberry のディレクトリに移動します。
+- blackberry のディレクトリには、 `sample` と `www` の2つのディレクトリがあります。 `sample` フォルダーには、完成した Cordova プロジェクトが入っています。 `sample` フォルダーをコンピュータ内の別の場所にコピーします。
+- コピーしたフォルダーに移動します。
+- project.properties ファイルをあなたの好きなエディタで開き、 `blackberry.bbwp.dir=` および/または `playbook.bbwp.dir=` の部分を編集します。 値には、先ほどインストールした WebWorks SDK の中の `bbwp` バイナリファイルの位置をセットします。
+
+4. Hello World の作成
+--------------
+
+サンプルプロジェクトのディレクトリ内でコマンドプロンプトまたはターミナルで `ant target build` とタイプすることで、サンプルプロジェクトをビルドします。ここで、 `target` は `blackberry` か `playbook` に置き換えてください。これは Cordova のサンプルプロジェクトで、普通の Hello World アプリではないことに注意してください。 www フォルダーにある index.html は多くの Cordova API の使用例を含みます。
+
+5A. シミュレーターへのデプロイ
+--------------------------------------
+
+BlackBerry スマートフォンシミュレーターは Windows でのみ利用可能です。 PlayBook シミュレーターは VMWare Player (Windows) または VMWare Fusion (Mac OS X) を必要とします。 WebWorks SDK はデフォルトのシミュレーターを提供しています。追加のシミュレーターも [入手可能](http://us.blackberry.com/developers/resources/simulators.jsp) です。
+
+- project.properties ファイルをお好きなエディタで開き、以下のプロパティーをカスタマイズします。
+    - スマートフォン (オプション)
+        - `blackberry.sim.dir` : シミュレーターのあるディレクトリへのパスを表します。 Windows では、ファイルセパレーターの '\' は '\\\' でエスケープされている必要があります。
+        - `blackberry.sim.bin` : 指定されたシミュレーターのディレクトリ内で、実行したいシミュレーターの名前を表します。
+    - Playbook
+        - `playbook.sim.ip` : シミュレーターのセキュリティ設定でデベロッパーモードにした場合の、取得する IP アドレスを表します。
+        - `playbook.sim.password` : シミュレーターのセキュリティ設定で設定できるシミュレータのパスワードを表します。
+- プロジェクトのディレクトリにいるときは、コマンドプロンプトまたはターミナルで `ant target load-simulator` とタイプしてください。 ここで、 `target` は `blackberry` か `playbook` に置き換えてください。 PlayBook では、シミュレーターのバーチャルイメージは既にスタートしている必要があることに注意してください。
+- アプリケーションは、シミュレーター内の All Applications セクションにインストールされます。 BlackBerry OS 5 ではアプリケーションは Download フォルダーにインストールされることに注意してください。
+
+5B. デバイスへのデプロイ (Windows and Mac)
+--------------------------------------
+
+- デバイスへのデプロイは、 RIM から取得できる signing keys が必要です。
+    - signing keys のリクエストのため、この [フォーム](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5/signingkey) に記入し提出してください。
+    - signing keys を受け取ったら、それらをインストールします:
+        - [Setup Smartphone Signing keys](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5/documentation/ww_publishing/signing_setup_smartphone_apps_1920010_11.html)
+        - [Setup Tablet Signing keys](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5/documentation/ww_publishing/signing_setup_tablet_apps_1920009_11.html)
+- サインされたアプリケーションを USB 接続されたスマートフォンデバイスにインストールするために、 [BlackBerry Desktop Sofware](http://us.blackberry.com/apps-software/desktop/) をインストールします。
+- project.properties ファイルをお好きなエディタで開き、以下のプロパティーをカスタマイズします:
+    - スマートフォン (オプション)
+        - `blackberry.sigtool.password` : signing keys が登録されたときに使われるパスワードを表します。 もし指定されていない場合は、プロンプトにより入力が促されます。
+    - Playbook (必須)
+        - `playbook.sigtool.csk.password` : Signing key のパスワードを表します。
+        - `playbook.sigtool.p12.password` : Signing key のパスワードを表します。
+        - `playbook.device.ip` : デバイスのセキュリティ設定でデベロッパーモードにした場合の、取得する IP アドレスを表します。
+        - `playbook.device.password` : デバイスのセキュリティ設定で設定できるデバイスのパスワードを表します。
+- プロジェクトのディレクトリにいるときは、コマンドプロンプトまたはターミナルで `ant target load-device` とタイプしてください。ここで、 `target` は `blackberry` か `playbook` に置き換えてください。
+- アプリケーションは、デバイス内の All Applications セクションにインストールされます。 BlackBerry OS 5 ではアプリケーションは Download フォルダーにインストールされることに注意してください。
+
+追加の情報
+----------------------
+
+以下の記事は、 BlackBerry WebWorks framework を使って Cordova アプリケーションを開発するときに役立ちます。
+
+- [BlackBerry WebWorks Development Pitfalls](http://supportforums.blackberry.com/t5/Web-and-WebWorks-Development/Common-BlackBerry-WebWorks-development-pitfalls-that-can-be/ta-p/624712)
+- [Best practices for packaging WebWorks applications](https://bdsc.webapps.blackberry.com/html5/documentation/ww_developing/bestpractice_compiling_ww_apps_1873324_11.html)
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/index.md
new file mode 100644
index 0000000..0a4300f
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/index.md
@@ -0,0 +1,30 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+入門ガイド
+======================
+
+- Getting Started with Android
+- Getting Started with Blackberry
+- Getting Started with iOS
+- Getting Started with Symbian
+- Getting Started with WebOS
+- Getting Started with Windows Phone
+- Getting Started with Bada
+- Getting Started with Tizen

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/e7168dd7/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/ios/index.md b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/ios/index.md
new file mode 100644
index 0000000..155c633
--- /dev/null
+++ b/docs/ja/2.1.0/guide/getting-started/ios/index.md
@@ -0,0 +1,116 @@
+/--
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Getting Started with iOS
+========================
+
+このガイドは、 Apache Cordova のための開発環境セットアップ方法、また Apache Cordova のサンプルアプリの動かし方を解説します。
+
+必要なもの
+---------------
+- Xcode 4.3+
+- Xcode コマンドラインツール
+- Intel ベースの Mac OS X Lion 以上 (10.7+)
+- デバイスへのインストールに必要なもの:
+    - Apple iOS デバイス (iPhone, iPad, iPod Touch)
+    - iOS デベロッパー証明書
+
+SDK と Apache Cordova のインストール
+------------------------
+
+- [Mac App Store](http://itunes.apple.com/us/app/xcode/id497799835?mt=12) または [Apple Developer Downloads](http://developer.apple.com/downloads) から **Xcode** をインストールします。
+- **Xcode コマンドラインツール** (**Xcode Preferences -> Downloads -> Components -> Command Line Tools -> Install**) をインストールします。
+- [Apache Cordova](http://phonegap.com/download) の最新版をダウンロードします。
+    - ダウンロードしたものを解凍します
+    - Apache Corder iOS は `lib/ios` ディレクトリ以下にあります
+
+CordovaLib のインストール
+------------------
+
+1. Cordova を **ダウンロード** します
+2. ダウンロードしたものを、ハードディスクの恒久的な場所に **解凍** します (例: ~/Documents/CordovaLib-2.X.X)
+3. Step 3 はありません
+
+新規プロジェクトの作成
+--------------------
+
+- **Terminal.app** を起動します
+- (上の **CordovaLib のインストール** セクションで解凍した恒久的な場所にある) **bin** フォルダーを Dock にある **Terminal.app** のアイコンにドラッグします。これにより、新しいターミナルのウィンドウが開きます
+- `./create <project_folder_path> <bundle_id> <project_name>` を入力し、 **"Enter"** を押します
+
+        <project_folder_path> は新しい Cordova iOS プロジェクトへのパスを表します (もし既に存在する場合は、空である必要があります)
+        <package_name> はリバースドメインスタイルのパッケージ名を表します
+        <project_name> はプロジェクト名を表します
+
+    ![](img/guide/getting-started/ios/bin_create_project.png)
+
+
+- たった今作成した新しいプロジェクトフォルダーを **見つけます**
+- フォルダーの中の .xcodeproj を **起動します**
+
+
+シミュレーターへのデプロイ
+-----------------------
+
+- ツールバーにあるドロップダウンメニューから **Target** を **"HelloWorld"** (あなたのプロジェクト名) に変更します
+- ツールバーにあるドロップダウンメニューから **Active SDK** を **iOS [version] Simulator** に変更します
+
+    ![](img/guide/getting-started/ios/active_scheme_simulator.png)
+
+- プロジェクトウィンドウのツールバーにある _Run_ ボタンをクリックします
+
+デバイスへのデプロイ
+--------------------
+
+- **Resources** グループの中にある `HelloWorld-Info.plist` を開きます
+- **BundleIdentifier** を Apple から提供された Identifer 、または自分の Identifer に変更します
+    - もし開発者ライセンスを持っている場合は、 [Assistant] (http://developer.apple.com/iphone/manage/overview/index.action) よりアプリを登録できます
+- ツールバーにあるドロップダウンメニューから **Target** を **"HelloWorld"** (あなたのプロジェクト名) に変更します
+- ツールバーにあるドロップダウンメニューから **Active SDK** を **[あなたのDevice名]** に変更します
+    - デバイスを USB で接続する必要があります
+
+    ![](img/guide/getting-started/ios/active_scheme_device.png)
+
+- プロジェクトウィンドウのツールバーにある _Run_ ボタンをクリックします
+
+結果
+----------------
+- 緑色の点滅した **"device is ready"** のメッセージを伴った画面が見えるはずです
+
+    ![](img/guide/getting-started/ios/HelloWorldStandard.png)
+
+Xcode の問題
+----------------
+もしヘッダーが無いなどに関連した編集での問題がある場合、ビルドプロダクトは **同じビルドディレクトリでビルドする** 必要があります。**"Xcode Preferences -> Locations -> Derived Data -> Advanced…"** の設定を **"Unique"** に変更する必要があるかもしれません。これは Xcode をインストールした直後のデフォルト設定ですが、もし古いバージョンからアップグレードした場合は昔の設定が残っており、その場合はアップデートする必要があります。
+
+
+
+アプリを作成
+--------------
+
+これで Xcode プロジェクトのセットアップが完了し、シミュレーターまたはデバイスでビルドし動かすことが出来ます。
+アプリを書くために、 Xcode を使用する必要はありません。
+あなたの好きなテキストエディターを使い、 Xcode 、またはプロジェクトフォルダ (**cordova** サブフォルダー) 内で [コマンドラインツール](guide_command-line_index.md.html) でリビルド作業を行えます。
+Xcode は自動的に `www` ディレクトリ内にあるファイルの変化を検出します。
+
+コマンドラインツールの問題
+----------------
+もし **"Error: No developer directory found at /Developer. Run /usr/bin/xcode-select to update the developer directory path."** というエラーを見る場合、 Developer フォルダーを設定するために以下を実行してください:
+
+    sudo /usr/bin/xcode-select -switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer


Mime
View raw message