cordova-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From mwbro...@apache.org
Subject [2/16] Copy docs/jp/2.1.0 to docs/jp/2.2.0
Date Thu, 14 Feb 2013 23:02:44 GMT
http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md
new file mode 100644
index 0000000..8c79c8f
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/plugin-development/windows-phone/index.md
@@ -0,0 +1,192 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Developing a Plugin on Windows Phone
+====================================
+
+Windows Phone プラグインの開発には、 Cordova のアーキテクチャの理解が必要です。
+Cordova-WP7 は Javascript コードをホストし、
+ネイティブの API 呼び出しを管理する WebBrowser から構成されています。
+C# には継承可能な BaseCommand (`WP7CordovaClassLib.Cordova.Commands.BaseCommand`) クラスがあり、
+このクラスは開発者のために大半の基本的な機能を保持しています。
+
+1. プロジェクトを選択し、右クリックから 'Add -> New Item ...' を選びます
+    - どこに追加するかはあなたの自由ですが、できれば 'Plugins' フォルダーに追加してください
+2. 'Class' を選択し `Echo.cs` と名前をつけます
+    - このクラスの名前は `cordova.exec(win, fail, "Echo", ...)` で呼び出す名前と完全に一致している必要があります
+3. ベースクラスをインクルードします
+
+        using WP7CordovaClassLib.Cordova;
+        using WP7CordovaClassLib.Cordova.Commands;
+        using WP7CordovaClassLib.Cordova.JSON;
+
+4. BaseCommand クラスを継承します
+
+        public class Echo : BaseCommand
+        {
+            // ...
+        }
+
+5. JS から呼び出し可能なメソッドを追加します
+
+        public class Echo : BaseCommand
+        {
+            public void echo(string options)
+            {
+                // 全ての JS から呼び出されるメソッドはこのシグネチャを持つ必要があります
+                // publicで, void を返し, string の引数が 1 つ
+            }
+        }
+
+ネームスペース
+----------
+
+コマンドのデフォルトのネームスペースは:
+
+    namespace Cordova.Extension.Commands
+    {
+        // ...
+    }
+
+もし別のネームスペースを使用したい場合は、 `cordova.exec` の呼び出しの際にネームスペースが省略されていないクラス名を指定する必要があります。
+例えば、もし以下のように C# のクラスを定義した場合は:
+
+    namespace com.mydomain.cordovaExtensions
+    {
+        public class Echo : BaseCommand
+        {
+            // ...
+        }
+    }
+
+JS では、 exec を以下のように呼び出します:
+
+    codova.exec(win, fail, "com.mydomain.cordovaExtensions.Echo", ...);
+
+C# での引数の読み取り
+----------------------------------
+
+プラグインメソッドから受け取った値は文字列ですが、
+JavaScript のコードを見ると、実は文字列の配列を渡そうとしていた、ということがあります。
+JS での `cordova.exec` の呼び出し部分をみると、 `[str]` を渡していることがわかります:
+
+    cordova.exec(win, fail, "Echo", "echo", ["input string"]);
+
+ここで `Echo.echo` メソッドに渡された文字列を検証すると、
+値は実際には次であることがわかります:
+
+    "[\"input string\"]"
+
+全ての Javascript の exec 引数は、 C# に渡される前に JSON エンコードされます。
+
+もしこれを期待している値にしたい場合は、デコードする必要があります。
+シンプルに JSON のデシリアライゼーションを使います。
+
+    string optVal = JsonHelper.Deserialize<string[]>(options)[0];
+    // optVal は "input string" となります
+
+C# から JS へ結果を渡す
+-----------------------------
+
+ベースクラスの BaseCommand はデータを JS のコールバックハンドラーに渡すためのメソッドを提供しています。
+追加情報が必要なく、単にコマンドが成功したことを通知するためには、
+シンプルに以下を呼びます:
+
+    DispatchCommandResult(); // 空のプラグイン結果とともに、成功したとみなされコールバックします
+
+データを返すには、異なる形式の `DispatchCommandResult` を呼ぶ必要があります:
+
+    DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.OK, "すべて計画通りにいきました。これは成功ハンドラーに渡される結果データです。"));
+
+構造化されたデータを JS に渡すには、 JSON 形式にエンコードされている必要があります:
+To pass structured object data back to JS, it should be encoded as a JSON string:
+
+    DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.OK, "{result:\"うまくいきました!\"}"));
+
+エラーが発生したことを通知する場合には、 `DispatchCommandResult` を `PluginResult` を伴って呼ぶことができます:
+
+    DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.ERROR, "Echo はエラーが発生したと伝えています"));
+
+プラグインの C# メソッドでのシリアライゼーションエラーの対処
+--------------------------------------------------------
+
+引数を解析するときに、万が一不正な入力があった場合のためにも try/catch ブロックを
+使用するとよいでしょう。以下は、 Cordova の C# コードで使われている方法です:
+
+    string optVal = null;
+
+    try 
+    {
+        optVal = JsonHelper.Deserialize<string[]>(options)[0];
+    }
+    catch(Exception)
+    {
+        // 例外をキャッチし、 null 値と例外を一緒に対処します
+    }
+
+    if (optVal == null)
+    {
+        DispatchCommandResult(new PluginResult(PluginResult.Status.JSON_EXCEPTION));
+    }
+    else
+    {
+        // ... 任意のコードを続けます
+    }
+
+一歩進んだプラグインの機能
+-----------------------------
+
+オーバーライドできるその他の機能については以下を参照してください:
+
+1. [BaseCommand.cs](https://github.com/apache/incubator-cordova-wp7/blob/master/templates/standalone/cordovalib/Commands/BaseCommand.cs)
+
+例えば、 'pause' や 'resume' といったアプリケーションイベントもオーバーライドできます。
+
+### プラグインのデバッグ
+
+C# 側でデバッグするには、 Visual Studio のデバッガーを使用します。クラスの任意の箇所に
+ブレークポイントを設置してください。
+
+Windows Phone での Javascript のデバッグは少し難しいです。 `console.log` を使用して
+プラグインの状態を出力するなどの方法をとる必要があるでしょう。
+
+よくある落とし穴
+---------------
+
+- JavaScript 実装時に、プラグインに渡す引数を決める際には十分に注意してください。
+  大半のデバイスは cordova.exec に渡される引数は配列であると期待していますが、
+  もし配列の中に異なる形式のオブジェクトが含まれる場合は、
+  デシリアライズが非常に困難、もしくは不可能となってしまいます。
+
+        cordova.exec(win, fail, "ServiceName", "MethodName", ["これは文字列です", 54, {literal:'trouble'}]);
+
+    - これは、以下のようなデコードが非常に困難な文字列を C# 側で受け取ることを意味します:
+
+            "[\"これは文字列です\", 54, { literal:'trouble' }]"
+
+    - exec を呼び出す前に、全てのパラメーターを文字列に変換することを考慮してください:
+
+            cordova.exec(win, fail, "ServiceName", "MethodName", ["これは文字列です", "54", "{literal:'trouble'}"])	;
+
+            string[] optValues = JsonHelper.Deserialize<string[]>(options);
+
+- exec を呼び出す前に JavaScript コード内でパラメーターのチェックをすることを心がけましょう。
+  これは JS のコードをプラグインの異なるネイティブ実装間で
+  再利用しやすくするという利点もあります。
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md
new file mode 100644
index 0000000..c97de1e
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/android/index.md
@@ -0,0 +1,172 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Android
+=========================
+
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-2.0.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-2.1.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-2.1.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-2.1.0.js を使って更新します
+6. res/xml/config.xml を framework/res/xml/config.xml と同じとなるようにコピーします
+
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.9.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-2.0.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-2.0.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-2.0.0.js を使って更新します
+6. res/xml/config.xml を framework/res/xml/config.xml と同じとなるようにコピーします
+
+### 2.0.0 リリースに関する注意点
+config.xml は cordova.xml と plugins.xml に置き換わるものです。この新しい config.xml は前の2つのコンビネーションです。
+しかしながら古いファイルは廃止予定であり、現在はまだ動きますが、将来的のリリースでは動かなくなります。
+
+## 1.8.1 から 1.9.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.8.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.9.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.9.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.9.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+### 1.9.0 リリースに関する注意点
+
+- サードパーティーのプラグインは動く場合と、動かない場合があります。これは、 CordovaWebView がリリースされたためです。これらのプラグインはコンテキスト取得の際に、 getContext() または getActivity() を使用して CordovaInterface から取得する必要があります。
+もし Android アプリケーション開発を熟知していない場合は、プラグインの開発者に連絡を取り、彼らのバグトラッキングシステムにタスクとして登録するよう伝えてください。
+
+## 1.8.0 から 1.8.1 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.8.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.8.1.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.8.1.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.8.1.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.7.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.8.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.8.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.8.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 1.6.1 から 1.7.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.6.1.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.7.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.7.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 1.6.0 から 1.6.1 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.6.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.6.1.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.6.1.js をプロジェクトにコピーします
+5. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+## 1.5.0 から 1.6.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから cordova-1.5.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.6.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.6.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.6.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を、 framework/res/xml/cordova.xml と同じになるように res/xml/cordova.xml に置き換えます
+
+## 1.4.0 から 1.5.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.4.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに cordova-1.5.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい cordova-1.5.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい cordova-1.5.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を、 framework/res/xml/cordova.xml と同じになるように res/xml/cordova.xml に置き換えます
+
+## 1.3.0 から 1.4.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.3.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.4.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.4.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.4.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を framework/res/xml/phonegap.xml と同じになるように更新します
+
+
+## 1.2.0 から 1.3.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.2.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.3.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.3.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.3.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を framework/res/xml/phonegap.xml と同じになるように更新します
+
+
+## 1.1.0 から 1.2.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.1.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.2.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.2.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.2.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+7. res/xml/phonegap.xml を framework/res/xml/phonegap.xml と同じになるように更新します
+
+
+## 1.0.0 から 1.1.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-1.0.0.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.1.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.1.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.1.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+
+## 0.9.6 から 1.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. プロジェクトの libs ディレクトリから phonegap-0.9.6.jar を削除します
+2. プロジェクトの libs ディレクトリに phonegap-1.0.0.jar を追加します
+3. もし Eclipse を使用している場合は、プロジェクトをリフレッシュし clean を実行します
+4. 新しい phonegap-1.0.0.js をプロジェクトにコピーします
+5. HTML を、新しい phonegap-1.0.0.js を使って更新します
+6. res/xml/plugins.xml を framework/res/xml/plugins.xml と同じとなるように更新します
+
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md
new file mode 100644
index 0000000..0aa5a9b
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/bada/index.md
@@ -0,0 +1,48 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Bada
+======================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする
+必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. 新しい JavaScript ファイルを使って `Res/js/cordova.js` を更新します
+
+## 1.8.x から 1.9.0 へのアップグレード ##
+
+1. 新しい JavaScript ファイルを使って `Res/js/cordova.js` を更新します
+
+## 1.7.0 から 1.8.x へのアップグレード ##
+
+1. cordova.bada.js ファイルを Res/js ディレクトリから削除します
+2. 新しい cordova.js ファイルを Res/js ディレクトリに追加します
+3. Res/index.html を、 cordova.js ではなく cordova.bada.js を参照するように更新します
+
+この行を次から:
+
+    <script type="text/javascript" src="./js/cordova.bada.js"></script>
+次に変更します:
+
+    <script type="text/javascript" src="./js/cordova.js"></script>
+
+Cordova 1.8 では、 Bada 1.2 は既にサポートされていません。
+このリポジトリは今後も使用したい方のためにアーカイブとして存続します。このため、これにはいくつかの廃止された API が含まれます。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md
new file mode 100644
index 0000000..96b3506
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/blackberry/index.md
@@ -0,0 +1,117 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova BlackBerry
+============================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+www フォルダーのアップデート:
+
+1. アプリの `www/` フォルダーを開きます
+2. `ext/` フォルダーにある .jar ファイルを削除し更新します
+3. `ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. 新しい `cordova-2.0.0.js` をプロジェクトにコピーします
+    - playbook の場合は `playbook/` フォルダーの中の .js ファイルを更新します
+5. HTML を、新しい `cordova-2.0.0.js` を使って更新します
+6. `www/plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+
+サンプルフォルダーのアップデート (例, ant ツールを使ったアップデート):
+
+1. `sample/lib/` フォルダーを開きます
+2. `cordova.1.9.0/ext/` フォルダーにある .jar ファイルを更新します
+3. `cordova.1.9.0/ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. `cordova.1.9.0/javascript/` フォルダーにある .js ファイルを更新します
+5. `sample/lib/` フォルダーを開き、 `cordova.1.9.0/` フォルダーの名前を `cordova.2.0.0/` に変更します
+6. `www/` フォルダーを新しい Cordova でアップデートするため、 `ant blackberry build` または `ant playbook build` とタイプします
+7. `www/` フォルダーを開き、新しい `cordova-2.0.0.js` を使って HTML を更新します
+8. `www/` フォルダーを開き `plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+
+
+
+- 1.8.0 にアップグレードするには、 1.7.0 からアップグレードしてください
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレード ##
+
+www フォルダーのアップデート:
+
+1. アプリの `www/` フォルダーを開きます
+2. `ext/` フォルダーにある .jar ファイルを削除し更新します
+3. `ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. 新しい `cordova-1.8.0.js` をプロジェクトにコピーします
+    - playbook の場合は `playbook/` フォルダーの中の .js ファイルを更新します
+5. 新しい `cordova-1.8.0.js` を使って HTML を更新します
+6. `www/plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+
+サンプルフォルダーのアップデート (例, ant ツールを使ったアップデート):
+
+1. `sample/lib/` フォルダーを開きます
+2. `cordova.1.7.0/ext/` フォルダーにある .jar ファイルを更新します
+3. `cordova.1.7.0/ext-air/` フォルダーの内容を更新します
+4. `cordova.1.7.0/javascript/` フォルダーにある .js ファイルを更新します
+5. `sample/lib/` フォルダーを開き、 `cordova.1.7.0/` フォルダーを `cordova.1.8.0/` へリネームします
+6. `www/` フォルダーを新しい Cordova でアップデートするため、 `ant blackberry build` または `ant playbook build` とタイプします
+7. `www/` フォルダーを開き、HTML を、新しい `cordova-1.8.0.js` を使って更新します
+8. `www/` フォルダーを開き `plugins.xml` ファイルを更新します。2つのプラグインの
+   ネームスペース/サービスのラベルが変更されています。
+   古い Capture 及び Contact プラグインを次から:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.media.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contact" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+
+   次に変更します:
+
+        <plugin name="Capture" value="org.apache.cordova.capture.MediaCapture"/>
+        <plugin name="Contacts" value="org.apache.cordova.pim.Contact"/>
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/index.md
new file mode 100644
index 0000000..9109401
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/index.md
@@ -0,0 +1,32 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+アップグレードガイド
+================
+
+> アプリケーションを最新の Apache Cordova にアップグレードする方法を解説します。
+
+- Upgrading Cordova Android
+- Upgrading Cordova BlackBerry
+- Upgrading Cordova iOS
+- Upgrading Cordova Symbian
+- Upgrading Cordova webOS
+- Upgrading Cordova Windows Phone
+- Upgrading Cordova Bada
+- Upgrading Cordova Tizen

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/ios/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/ios/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/ios/index.md
new file mode 100644
index 0000000..5606d2e
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/ios/index.md
@@ -0,0 +1,290 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova iOS
+=====================
+
+**Xcode 4 が必須** であることに注意してください。 Apple App Store に提出するためには、最新バージョンの iOS SDK (iOS 5.1) を使用する必要があります。 iOS 5.1 は Xcode 4 を必要とします。
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 へのアップグレード ##
+
+**Cordova 2.1.0** では、 CordovaLib は **Automatic Reference Counting (ARC)** を使用するようにアップグレードされました。 CordovaLib を使用するにあたって **ARC** にアップグレードする必要はありませんが、もしプロジェクトを **ARC** を使用するようにアップグレードしたい場合は、メニューから Xcode migration wizard : **Edit -> Refactor -> Convert to Objective-C ARC…** を使用して、 **libCordova.a を選択解除** し、ウィザードを完了してください。
+
+1. ハードディスクの**恒久的なフォルダー** (例: ~/Documents/Cordova-2.1.0) に **Cordova 2.1.0 をダウンロードし解凍**します
+2. Xcode が起動している場合、 **終了** します
+3. **Terminal.app** を使用して、Cordova をダウンロードしたディレクトリまで **移動**します
+4. コマンドラインツールから [**新規プロジェクトを作成**](guide_command-line_index.md.html#Command-Line%20Usage_ios) します - この新規プロジェクトからアセットを持っていきます
+5. 新規プロジェクトから **www/cordova-2.1.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-2.0.0.js** ファイルを削除します
+6. **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-2.1.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+7. **AppDelegate.m** を新規プロジェクトから更新 (または、もしファイルを変更してなかった場合は置換) します:
+    - 編集されたもの -> application:didFinishLaunchingWithOptions:
+    - 追加されたもの -> application:supportedInterfaceOrientationsForWindow:
+8. **MainViewController.m** を新規プロジェクトから更新 (または、もしファイルを変更してなかった場合は置換) します:
+    - 追加されたもの -> viewWillAppear
+9. **"cordova"** フォルダーを新しいプロジェクトから既存プロジェクトのルートフォルダーにコピーします **(2.1.0 では、スペースを含むパスをサポートするようになりました)**
+10. **プロジェクト** から **VERSION** ファイルの参照を削除します (CordovaLib にあるものでは**ありません**)
+11. 次に、 CordovaLib のサブプロジェクトの参照を更新します。 Cordova 2.1.0 から、 CordovaLib がどこに存在するかを示す CORDOVALIB という Xcode の変数は使用しなくなり、絶対ファイル参照となりました。
+    1. **Terminal.app** を起動します
+    2. **ステップ 1** で Cordova をインストールした位置の、 **bin** サブフォルダーに移動します
+    3. 以下のスクリプトを走らせます。パラメーターは、プロジェクトの **.xcodeproj** ファイルへのパスです
+
+        `update_cordova_subproject path/to/your/project/xcodeproj`
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 2.0.0 を **インストール** します
+2. コマンドラインツールから [**新規プロジェクトを作成**](guide_command-line_index.md.html#Command-Line%20Usage_ios) します - この新規プロジェクトからアセットを持っていきます
+3. 新規プロジェクトから **www/cordova-2.0.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-1.9.0.js** ファイルを削除します
+4. **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-2.0.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+5. 新規プロジェクトから **"cordova"** フォルダーを、 root フォルダーにコピーします (もしコマンドラインツールを使用したい場合)
+6. **Cordova.plist** ファイル (**Supporting Files** グループの下) の中の **Plugins** 以下に新しいエントリーを **追加** します - キーは **Device** で値は **CDVDevice** です
+7. **Cordova.framework** を削除します
+8. **Supporting Files** グループから **verify.sh** を削除します
+9. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Settings"** タブを選択します
+10.  **"Preprocessor Macros"** を検索し、すべての **"CORDOVA_FRAMEWORK=1"** の値を削除します
+11. ハードドライブのホームディレクトリの下の **Documents** フォルダーにインストールされた **CordovaLib** フォルダーを開きます
+12. **CordovaLib** フォルダーの中にある **CordovaLib.xcodeproj** ファイルを見つけ、ファイルをプロジェクトに **ドラッグアンドドロップ** します - このフォルダは **サブプロジェクト** として表示されるはずです
+13. プロジェクトを **ビルド** します。いくつかの **#import** ディレクティブに関する **エラー** が検出されるはずです
+14. **#import に関するエラー** に対しては、すべての **引用符ベースの** import 文を、次から:
+
+        #import "CDV.h"
+
+    次の **山括弧ベース** のスタイルに変更します:
+
+        #import <Cordova/CDV.h>
+
+    そして、 **#ifdef** で囲まれたすべての Cordova に関する import を削除します。これらはもう必要ありません (import は **統合** されました)
+15. プロジェクトを再び **ビルド** します。ここでは、 **#import** エラーが検出されないはずです
+16. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Phases"** タブを選択します
+17. **"Target Dependencies"** phase を展開し、 **"+"** ボタンを選択します
+18. **"CordovaLib"** target を選択し、 **"Add"** ボタンを選択します
+19. 一番上の **"Link Binary with Libraries"** phase (既に多くの framework が入っているはずです) を展開し、 **"+"** ボタンを選択します
+20. **libCordova.a** static library を選択し、 **"Add"** ボタンを選択します
+21. **"Ran Script"** phase を削除します
+22. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Settings"** タブを選択します
+23. **"Other Linker Flags"** を探し、 **-all_load** と **-Obj-C** を値に追加します
+24. **"CordovaLib" sub-project** を展開します
+25. **"VERSION"** ファイルを見つけ、メインプロジェクトにドラッグします (ここではコピーではなくリンクを作成します)
+26. **"Create groups for any added folders"** ラジオボタンを選択し、 **"Finish"** ボタンを選択します
+27. 前のステップでドラッグした **"VERSION"** ファイルを選択します
+28. **File Inspector** を開くため、 **Option-Command-1** キーを押します (または、メニューから **View -> Utilities -> Show File Inspector**)
+29. **Location** のドロップダウンメニューのため、 **File Inspector** から **"Relative to CORDOVALIB"** を選択します
+30. プロジェクトを **ビルド** します。 **問題なく** コンパイルされるはずです
+31. **Scheme** ドロップダウンから **プロジェクトを選択** し、 **"iPhone 5.1 Simulator"** を選択します
+32. **Run** ボタンを選択します
+
+**注意1:**
+もしプロジェクトがシミュレーターで期待通りに **動かない** 場合は、 **Xcode のコンソールログ** にある **すべてのエラーに注意して** 原因を探ってください。
+
+**注意2:**
+**統合した #import ヘッダー** が機能するために、ビルドプロダクトは **同じビルドディレクトリでビルドする** 必要があります。 **"Xcode Preferences -> Locations -> Derived Data -> Advanced…"** の設定を **"Unique"** に変更する必要があるかもしれません。
+
+## 1.8.x から 1.9.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.9.0 を **インストール** します
+2. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持っていきます
+3. 新規プロジェクトから **www/cordova-1.9.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-1.8.x.js** ファイルを削除します
+4. **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-1.9.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+
+**注意:**
+
+1.9.0 は、 Cordova.plist で新しい boolean の **"BackupWebStorage"** 設定値をサポートします。デフォルトでは、これは有効に設定されています。 "false" と設定することで無効にすることができます (特に iOS 6 のため) 。詳しくは [Release Notes - Safari and UIKit Section](https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/#releasenotes/General/RN-iOSSDK-6_0/_index.html) を参照してください
+
+
+## 1.7.0 から 1.8.x へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.8.0 を **インストール** します
+2. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持っていきます
+3. 新規プロジェクトから **www/cordova-1.8.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-1.7.x.js** ファイルを削除します
+4. **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-1.8.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+
+もし **Capture API** を使う場合は、新しい **iPad retina-display** アセットが必要です:
+
+1.  新規プロジェクトから **Resources/Capture.bundle** を既存プロジェクトの **Resources/Capture.bundle** に上書きコピーします
+2.  既存プロジェクトで、 Xcode の Project Navigator の中の **Capture.bundle** を選択し、 **Delete** キーを押します。ポップアップダイアログで、 **Remove Reference** を選択します
+3.  ステップ1から新しい **Capture.bundle** を Xcode の Project Navigator 上にドラッグし、 **Create groups for any added folders** ラジオボタンを選択します
+
+## 1.6.x から 1.7.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.7.0 を **インストール** します
+2. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持っていきます
+3. 新規プロジェクトから **www/cordova-1.7.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-1.6.0.js** ファイルを削除します
+4. **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-1.7.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+
+## 1.5.0 から 1.6.x へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.6.1 を **インストール** します
+2. プロジェクト内の **AppDelegate.m**, **AppDelegate.h**, **MainViewController.m**, **MainViewController.h**, **Cordova.plist** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. 以下のファイルを **新しい** プロジェクトから1.5.0ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します):
+
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        Cordova.plist
+5. すべての新しい **MainViewController** と **AppDelegate** ファイルを Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. 新規プロジェクトから **www/cordova-1.6.1.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-1.5.0.js** ファイルを削除します
+7.  **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-1.6.1.js** ファイルを参照するように **更新** します
+8. 新しい **Cordova.plist** ファイルをプロジェクトに **追加** します - これは、 Android や Blackberry のものと一致するような、統一した Cordova JavaScript ファイル (cordova-js) にするよう、コアプラグインサービス名を変更するためです
+9. **バックアップした Cordova.plist** にあった各設定, **Plugins**, **ExternalHosts** を新しい **Cordova.plist** に **統合** します
+10. **バックアップした AppDelegate.h 及び AppDelegate.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい AppDelegate ファイルに **統合** します。 **AppDelegate.m** の中の **UIWebViewDelegate** または **CDVCommandDelegate** にあったコードは MainViewController.m に移動します (詳しくはファイル中のコメントアウトされた箇所を参照してください)
+11. **バックアップした MainViewController.h 及び MainViewController.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい MainViewController ファイルに **統合** します
+12. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Project** を選択し、 **"Build Settings"** タブを選択します
+13. 検索フィールドに **"Compiler for C/C++/Objective-C"** と入力します
+14. **"Apple LLVM Compiler 3.1"** を選択します
+
+
+## 1.4.x から 1.5.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.5.0 を **インストール** します
+2. **新規プロジェクトを作成し** 一度実行します - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+3. 新規プロジェクトから **www/cordova-1.5.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/cordova-1.5.x.js** ファイルを削除します
+4. **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **cordova-1.5.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+5. Project Navigator から **"PhoneGap.framework"** を探し、選択します
+6. **Delete** キーを押して、 Project Navigator の中の **"PhoneGap.framework"** の参照を削除します
+7. **Option-Command-A** キーを押します。ファイルをプロジェクトに追加するためのドロップダウン画面 (**"Add Files.." 画面**) が開きます。 **"Created groups for any added folders"** のラジオボタンが選択されていることを確認します
+8. **Shift-Command-G** キーを押します。フォルダー移動のための別のドロップダウン画面 (**"Go to the folder:" 画面**) が開きます
+9. **"/Users/Shared/Cordova/Frameworks/Cordova.framework"** と入力し、 **"Go"** ボタンをクリックします
+10. **"Add Files.." 画面** で **"Add"** ボタンをクリックします
+11. Project Navigator で **"Cordova.framework" を選択** します
+12. **File Inspector** を開くため、 **Option-Command-1** キーを押します
+13. **Location** のドロップダウンメニューのため、 **File Inspector** から **"Absolute Path"** を選択します
+14. **Option-Command-A** キーを押します。ファイルをプロジェクトに追加するためのドロップダウン画面 (**"Add Files.." 画面**) が開きます。 **"Created groups for any added folders"** のラジオボタンが選択されていることを確認します
+15. **Shift-Command-G** キーを押します。フォルダー移動のための別のドロップダウン画面 (**"Go to the folder:" 画面**) が開きます
+16. **"~/Documents/CordovaLib/Classes/deprecated"** と入力し、 **"Go"** ボタンをクリックします
+17. **"Add Files.." 画面** で **"Add"** ボタンをクリックします
+18. **AppDelegate.h, AppDelegate.m, MainViewController.h** ファイルの **#ifdef PHONEGAP_FRAMEWORK** の部分を以下に置き換えます:
+
+        #import "CDVDeprecated.h"
+19. Project Navigator の **Project アイコン** をクリックし、 **Target** を選択し、 **"Build Settings"** タブを選択します
+20. **"Framework Search Paths"** を探します
+21. 値を **"/Users/Shared/Cordova/Frameworks"** に置き換えます
+22. **"Preprocessor Macros"** を探します
+23. 最初の (複合の) 値を **"CORDOVA_FRAMEWORK=YES"** に置き換えます
+24. **"Build Phases"** タブを選択します
+25. **"Run Script"** を展開します
+26. すべての **PhoneGap** を **Cordova** に置き換えます
+27. Project Navigator から **"PhoneGap.plist"** を探し、ファイル名をクリックしてファイル名が編集可能な状態にします
+28. ファイル名の **"PhoneGap.plist"** を **"Cordova.plist"** に変更します
+29. **"Cordova.plist"** を右クリックし、**"Open As" --> "Source Code"** を選択します
+30. **Option-Command-F** キーを押し、 Source ウィンドウ左上のドロップダウンから **"Replace"** を選択します
+31. 検索文字に **com.phonegap** 、置換文字に **org.apache.cordova** を入力します。 **"Replace All"** ボタンをクリックします
+32. 検索文字に **PG** 、置換文字に **CDV** を入力します。 **"Replace All"** ボタンをクリックします
+33. **Command-B** キーを押してビルドします。まだいくつかの非推奨コードが残っていますが、これらは取り除くことができます (**CDVDeprecated.h** を参照してください。ソースコードの中のクラスを、 PG* から CDV* に変更するなどが方法として挙げられます)
+
+## 1.4.0 から 1.4.1 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.4.1 を **インストール** します
+2. **MainViewController.m** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. **MainViewController.m** を **新しい** プロジェクトから1.4.0ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します)
+5. **MainViewController.m** を Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. **バックアップした MainViewController.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しいファイルに **統合** します
+7. phonegap-X.X.X.js ファイルは任意で更新してください。 JavaScript の中身は、1.4.0と1.4.1で違いがありません
+
+## 1.3.0 から 1.4.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.4.0 を **インストール** します
+2. **AppDelegate.m** と **AppDelegate.h** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. 以下のファイルを **新しい** プロジェクトから1.3.0ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します):
+
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
+5. すべての新しい **MainViewController** ファイルを Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. 新規プロジェクトから **www/phonegap-1.4.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/phonegap-1.3.0.js** ファイルを削除します
+7.  **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **phonegap-1.4.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+8. **PhoneGap.plist** ファイルの **Plugins** の下に新しい要素を **追加** します - キーは **com.phonegap.battery** で値は **PGBattery** です
+9. **バックアップした AppDelegate.h 及び AppDelegate.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい AppDelegate ファイルに **統合** します
+
+## 1.2.0 から 1.3.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.3.0 を **インストール** します
+2. **AppDelegate.m** と **AppDelegate.h** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. 以下のファイルを **新しい** プロジェクトから1.2.0ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します):
+
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
+5. すべての新しい **MainViewController** ファイルを Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. 新規プロジェクトから **www/phonegap-1.3.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/phonegap-1.2.0.js** ファイルを削除します
+7.  **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **phonegap-1.3.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+8. **PhoneGap.plist** ファイルの **Plugins** の下に新しい要素を **追加** します - キーは **com.phonegap.battery** で値は **PGBattery** です
+9. **バックアップした AppDelegate.h 及び AppDelegate.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい AppDelegate ファイルに **統合** します
+
+## 1.1.0 から 1.2.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.2.0 を **インストール** します
+2. **AppDelegate.m** と **AppDelegate.h** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. 以下のファイルを **新しい** プロジェクトから1.1.0ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します):
+
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
+5. すべての新しい **MainViewController** ファイルを Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. 新規プロジェクトから **www/phonegap-1.2.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/phonegap-1.1.0.js** ファイルを削除します
+7.  **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **phonegap-1.2.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+8. **PhoneGap.plist** ファイルの **Plugins** の下に新しい要素を **追加** します - キーは **com.phonegap.battery** で値は **PGBattery** です
+9. **バックアップした AppDelegate.h 及び AppDelegate.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい AppDelegate ファイルに **統合** します
+
+## 1.0.0 から 1.1.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.1.0 を **インストール** します
+2. **AppDelegate.m** と **AppDelegate.h** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. 以下のファイルを **新しい** プロジェクトから1.1.0ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します):
+
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
+5. すべての新しい **MainViewController** ファイルを Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. 新規プロジェクトから **www/phonegap-1.2.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/phonegap-1.1.0.js** ファイルを削除します
+7.  **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **phonegap-1.2.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+8. **PhoneGap.plist** ファイルの **Plugins** の下に新しい要素を **追加** します - キーは **com.phonegap.battery** で値は **PGBattery** です
+9. **バックアップした AppDelegate.h 及び AppDelegate.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい AppDelegate ファイルに **統合** します
+
+## 0.9.6 から 1.0.0 へのアップグレード ##
+
+1. Cordova 1.0.0 を **インストール** します
+2. **AppDelegate.m** と **AppDelegate.h** の **バックアップを作成します**
+3. **新規プロジェクトを作成します** - この新規プロジェクトからアセットを持って行きます
+4. 以下のファイルを **新しい** プロジェクトから0.9.6ベースのプロジェクトのフォルダーにコピーし、古いファイルは **置き換え** ます (上のステップ2でファイルを **バックアップ** します):
+
+        AppDelegate.h
+        AppDelegate.m
+        MainViewController.h
+        MainViewController.m
+        MainViewController.xib
+5. すべての新しい **MainViewController** ファイルを Xcode プロジェクトに **追加** します
+6. 新規プロジェクトから **www/phonegap-1.0.0.js** ファイルを **www** フォルダーに **コピー** し、 **www/phonegap-0.9.6.js** ファイルを削除します
+7.  **www/index.html** ファイル (また、他に Cordova script を参照しているファイル) の Cordova script 参照部分を、新しい **phonegap-1.0.0.js** ファイルを参照するように **更新** します
+8. **PhoneGap.plist** ファイルの **Plugins** の下に新しい要素を **追加** します - キーは **com.phonegap.battery** で値は **PGBattery** です
+9. **バックアップした AppDelegate.h 及び AppDelegate.m** にあったプロジェクト固有のコードを新しい AppDelegate ファイルに **統合** します

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/symbian/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/symbian/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/symbian/index.md
new file mode 100644
index 0000000..77c3d0e
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/symbian/index.md
@@ -0,0 +1,21 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Symbian
+=========================

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/tizen/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/tizen/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/tizen/index.md
new file mode 100644
index 0000000..bea8495
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/tizen/index.md
@@ -0,0 +1,23 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Tizen
+======================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要が>ある人のためのドキュメントです。

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/webos/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/webos/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/webos/index.md
new file mode 100644
index 0000000..4e0914d
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/webos/index.md
@@ -0,0 +1,38 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova webOS
+=======================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 2.0.0 から 2.1.0 へのアップグレード ##
+
+1. cordova-2.0.0.js をプロジェクトから削除します
+
+2. index.html から次の行を更新します:
+
+    次から:
+    <script type="text/javascript" src="cordova-2.0.0.js"></script>
+
+    次に変更します:
+    <script type="text/javascript" src="cordova-2.1.0.js"></script>
+
+3. makefile を実行し、新しいバージョンの cordova-2.1.0.js ファイルを生成します
+

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/windows-phone/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/windows-phone/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/windows-phone/index.md
new file mode 100644
index 0000000..35af5aa
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/upgrading/windows-phone/index.md
@@ -0,0 +1,147 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+Upgrading Cordova Windows Phone
+===============================
+
+これは、 Cordova を古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードする必要がある人のためのドキュメントです。
+
+## 1.9.0 から 2.0.0 へのアップグレード ##
+
+Apache Cordova 2.0.0 では WP7 プロジェクト構成に対してかなりの変更が加えられたので、アップグレードは他とは少し違います。厳密に言うとアップグレードではなく、新規プロジェクトを作成し、既存のソースファイルをコピーするといったような手順になります。
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. 新しい Apache Cordova WP7 2.0 プロジェクトを作成します
+2. 'www' フォルダーの中身を新しいプロジェクトにコピーします。ここで、中身が VS のプロジェクトに追加されていることを確認して下さい
+3. 新しい cordova-2.0.0.js を使って HTML を更新します
+4. スプラッシュスクリーンやアイコン画像をコピーまたは上書きします
+5. プラグインフォルダーからすべてのプラグインを新しいプロジェクトにコピーします。ここで、プラグインが VS のプロジェクトに追加されていることを確認してください
+6. ビルドし、テストします
+
+
+## 1.8.0 から 1.9.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.9.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.9.0.js を使って HTML を更新します
+
+
+## 1.7.0 から 1.8.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.8.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.8.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.6.0 から 1.7.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.7.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.7.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.6.0 から 1.6.1 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.6.1.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.6.1.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.5.0 から 1.6.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.6.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.6.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.4.0 から 1.5.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.5.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.5.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.3.0 から 1.4.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.4.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.4.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.2.0 から 1.3.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.3.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.3.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.1.0 から 1.2.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.2.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.2.0.js を使って HTML を更新します
+
+## 1.0.0 から 1.1.0 へのアップグレード ##
+
+### Visual Studio の Solution Explorer ウィンドウ内:
+1. プロジェクトから GapLib/WP7CordovaClassLib.dll ファイルを削除します
+2. References フォルダー内の WP7CordovaClassLib への参照を削除します
+3. References を右クリックし、 'Add Reference' を選択します
+4. 新しいバージョンの 'WP7CordovaClassLib.dll' ファイルを追加します
+    - 注意: DLL のバージョンは、 reference を右クリックし Properties を選択することにより確認出来ます
+5. 新しい cordova-1.1.0.js をプロジェクトにコピーします (Content としてマークされていることを確認してください)
+6. 新しい cordova-1.1.0.js を使って HTML を更新します

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/guide/whitelist/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/guide/whitelist/index.md b/docs/jp/2.2.0/guide/whitelist/index.md
new file mode 100644
index 0000000..15aee5f
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/guide/whitelist/index.md
@@ -0,0 +1,191 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+ドメインホワイトリストガイド
+=====================
+
+概要
+--------
+
+Apache Cordova のドメインホワイトリストは、 `http://google.com` などの外部ドメインへのアクセスを制御するセキュリティモデルです。デフォルトのセキュリティポリシーは全てのネットワークアクセスをブロックします。アプリケーション開発者は、特定のネットワークのドメインやサブドメインへのアクセスを宣言して許可できます。
+
+仕様
+-------------
+
+ドメインホワイトリストは [W3C Widget Access][1] の仕様に基づいています。 Widget Access 仕様の中で、 `<access>` 要素はネットワークドメインへのアクセス許可を指定するために使われています。将来、 Apache Cordova はホワイトリスト実装のプラットフォームの W3C Widget Access 仕様書。しかしながら、現在は各プラットフォームは各々のドメインホワイトリストを実装する必要があります。
+
+シンタックス
+------
+
+[google.com][2] へのアクセス:
+
+    http://google.com
+
+[google.com][3] へのセキュアアクセス (`https://`):
+
+    https://google.com
+
+[maps.google.com][4] サブドメインへのアクセス:
+
+    http://maps.google.com
+
+[google.com][2] のすべてのサブドメインへのアクセス (例: [mail.google.com][5] 及び [docs.google.com][6]):
+
+    http://*.google.com
+
+すべてのドメインへのアクセス (例: [google.com][2] 及び [developer.mozilla.org][7]):
+
+    *
+
+Android
+-------
+
+### 詳細
+
+ホワイトリストのルールは `res/xml/config.xml` で見つけることができ、 `<access origin="..." />` 要素によって宣言できます。
+
+Android はホワイトリストのシンタックスをフルサポートしています。
+
+### シンタックス
+
+[google.com][2] へのアクセス:
+
+    <access origin="http://google.com" />
+
+Bada
+----
+
+ドメインホワイトリストは Bada ではサポートされていません。デフォルトとして、全てのドメインにアクセス可能です。
+
+BlackBerry
+----------
+
+### 詳細
+
+ホワイトリストのルールは `www/config.xml` で見つけることができ、 `<access uri="..." />` 要素によって宣言できます。
+
+詳細については、 [BlackBerry WebWorks Access Element documentation][8] を参照してください。
+
+### シンタックス
+
+[google.com][2] へのアクセス:
+
+    <access uri="http://google.com" subdomains="false" />
+
+[maps.google.com][4] へのアクセス:
+
+    <access uri="http://maps.google.com" subdomains="false" />
+
+[google.com][2] のすべてのサブドメインへのアクセス:
+
+    <access uri="http://google.com" subdomains="true" />
+
+`file://` プロトコルを含むすべてのドメインへのアクセス:
+
+    <access uri="*" subdomains="true" />
+
+iOS
+---
+
+### 詳細
+
+1. `Cordova.plist` を開きます
+    - Xcode 内では `AppName/Supporting Files/Cordova.plist` で見つけられます
+    - ディレクトリ内では `AppName/Cordova.plist` で見つけられます
+2. `ExternalHosts` キー配下に新しい文字列を追加します
+    - XML の直接編集を避けるため、 Xcode を使用することを勧めます
+
+
+### シンタックス
+
+[google.com][2] のアクセス及び [google.com][3] へのセキュアアクセス (`https://`):
+
+    google.com
+
+[maps.google.com][4] サブドメインへのアクセス:
+
+    maps.google.com
+
+[google.com][2] のすべてのサブドメインへのアクセス (例: [mail.google.com][5] 及び [docs.google.com][6]):
+
+    *.google.com
+
+すべてのドメインへのアクセス (例: [google.com][2] 及び [developer.mozilla.org][7]):
+
+    *
+
+iOS のワイルドカード (`*`) は [W3C Widget Access][1] の仕様より柔軟です。
+
+すべてのサブドメインへ及び TLD (`.com`, `.net` など) へのアクセス:
+
+    *.google.*
+
+Symbian
+-------
+
+
+ドメインホワイトリストは Symbian ではサポートされていません。デフォルトとして、全てのドメインにアクセス可能です。
+
+webOS
+-----
+
+ドメインホワイトリストは webOS ではサポートされていません。デフォルトとして、全てのドメインにアクセス可能です。
+
+Windows Phone
+-------------
+
+ドメインホワイトリストは Windows Phone ではサポートされていません。デフォルトとして、全てのドメインにアクセス可能です。
+
+Tizen
+----------
+
+### 詳細
+
+ドメインホワイトリストのルールはアプリケーションのルートディレクトリにある `config.xml` で見つけることができます。
+これらは、 `<access origin="..." />` 要素によって宣言されています。
+詳細については、 [Tizen Accessing External Network Resources documentation][9] を参照してください。
+
+
+### シンタックス
+
+[google.com][2] のアクセス:
+
+    <access origin="http://google.com" subdomains="false" />
+
+[google.com][3] へのセキュアアクセス (`https://`):
+
+    <access origin="https://google.com" subdomains="false" />
+
+[google.com][2] のすべてのサブドメインへのアクセス:
+
+    <access origin="http://google.com" subdomains="true" />
+
+`file://` プロトコルを含むすべてのドメインへのアクセス:
+
+    <access origin="*" subdomains="true" />
+
+[1]: http://www.w3.org/TR/widgets-access/
+[2]: http://google.com
+[3]: https://google.com
+[4]: http://maps.google.com
+[5]: http://mail.google.com
+[6]: http://docs.google.com
+[7]: http://developer.mozilla.org
+[8]: https://developer.blackberry.com/html5/documentation/ww_developing/Access_element_834677_11.html
+[9]: https://developer.tizen.org/help/topic/org.tizen.help.gs/Creating%20a%20Project.html?path=0_1_1_4#8814682_CreatingaProject-AccessingExternalNetworkResources

http://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cordova-docs/blob/c45743bd/docs/jp/2.2.0/index.md
----------------------------------------------------------------------
diff --git a/docs/jp/2.2.0/index.md b/docs/jp/2.2.0/index.md
new file mode 100644
index 0000000..fd233d3
--- /dev/null
+++ b/docs/jp/2.2.0/index.md
@@ -0,0 +1,107 @@
+---
+license: Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one
+         or more contributor license agreements.  See the NOTICE file
+         distributed with this work for additional information
+         regarding copyright ownership.  The ASF licenses this file
+         to you under the Apache License, Version 2.0 (the
+         "License"); you may not use this file except in compliance
+         with the License.  You may obtain a copy of the License at
+
+           http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+         Unless required by applicable law or agreed to in writing,
+         software distributed under the License is distributed on an
+         "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY
+         KIND, either express or implied.  See the License for the
+         specific language governing permissions and limitations
+         under the License.
+---
+
+<div id="home">
+    <h1>API リファレンス</h1>
+    <ul>
+        <li>
+            <h2>Accelerometer</h2>
+            <span>デバイスの加速度センサー情報を取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Camera</h2>
+            <span>カメラを通じて写真を取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Capture</h2>
+            <span>デバイスのメディアキャプチャー機能を通じてメディアファイルを取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Compass</h2>
+            <span>コンパス方向を取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Connection</h2>
+            <span>ネットワークの状態および携帯電話ネットワークの情報を取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Contacts</h2>
+            <span>連絡先データベース情報を操作します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Device</h2>
+            <span>デバイス特有の情報を取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Events</h2>
+            <span>JavaScript を通じてネイティブイベントを操作します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>File</h2>
+            <span>JavaScript を通じてネイティブファイルシステムを操作します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Geolocation</h2>
+            <span>位置情報を取得します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Media</h2>
+            <span>オーディオの録音と再生を行います。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Notification</h2>
+            <span>視覚、聴覚、触覚を用いたデバイス通知機能を提供します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>Storage</h2>
+            <span>デバイスのネイティブストレージを操作します。</span>
+        </li>
+    </ul>
+    <h1>Guides</h1>
+    <ul>
+        <li>
+            <h2>入門ガイド</h2>
+            <span>SDK をセットアップして、最初の Cordova アプリケーションを作ります。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>コマンドライン使用ガイド</h2>
+            <span>コマンドラインからアプリケーションの作成、ビルド、デプロイ、デバッグを行います。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>アップグレードガイド</h2>
+            <span>アプリケーションを最新の Cordova にアップグレードします。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>プラグイン開発ガイド</h2>
+            <span>最初の Cordova プラグインを作ります。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>ドメインホワイトリストガイド</h2>
+            <span>アプリケーションに外部ドメインへのアクセス権を与えます。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2>WebView の埋め込み</h2>
+            <span>Cordova WebView をプロジェクトで実装します。</span>
+        </li>
+        <li>
+            <h2><a href="_index.html">索引</a></h2>
+            <span>Cordova ドキュメントの索引を見ます。</span>
+        </li>
+    </ul>
+</div>


Mime
View raw message