cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Trivial Update of "Operations_JP" by MakiWatanabe
Date Fri, 01 Apr 2011 06:12:16 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "Operations_JP" page has been changed by MakiWatanabe.
The comment on this change is: Fix typo.
http://wiki.apache.org/cassandra/Operations_JP?action=diff&rev1=103&rev2=104

--------------------------------------------------

   3. もう一つのオプションは、単純に'nodetool repair'を全ノードで実施した後、compactionを実行してtombstoneをexpireするすることです。以降はread
repairと通常の'nodetool repair'によってシステムの整合性が回復します。この方法は前の手法よりも実施が容易ですが、より多くの「削除の喪失」が発生することになるでしょう。
  
  === ノード障害への対処 ===
- ノードが一時的な停止の後で回復した場合にデータの整合性を回復するには通常のrepair機構で十分でしょう。しかし注意して頂きたいのは、ノードの停止中に更新が実行され、設定されたGCGraceSeconds(標準値は10日)以内にノードのrepairが行われなかった場合は、その期間の削除操作が完全に失われるということです。あなたのアプリ-ションが削除をまったく行わないのでない限り、このようなケースでは障害ノードのデータを完全に削除し、再ブートストラップし、従来使用していたトークンについてremovetokenを実行する必要があります(下記を参照)。
+ ノードが一時的な停止の後で回復した場合にデータの整合性を回復するには通常のrepair機構で十分でしょう。しかし注意して頂きたいのは、ノードの停止中に更新が実行され、設定されたGCGraceSeconds(標準値は10日)以内にノードのrepairが行われなかった場合は、その期間の削除操作が完全に失われるということです。あなたのアプリケーションが削除をまったく行わないのでない限り、このようなケースでは障害ノードのデータを完全に削除し、再ブートストラップし、従来使用していたトークンについてremovetokenを実行する必要があります(下記を参照)。
  
  ノードが完全に停止し、回復の見込みがない場合は、2つの選択肢があります:
  

Mime
View raw message