cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Update of "MemtableSSTable_JP" by MakiWatanabe
Date Tue, 22 Mar 2011 15:55:57 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "MemtableSSTable_JP" page has been changed by MakiWatanabe.
The comment on this change is: Sync to EN#16: CFStoreMBean -> ColumnFamilyStoreMBean.
http://wiki.apache.org/cassandra/MemtableSSTable_JP?action=diff&rev1=10&rev2=11

--------------------------------------------------

  ## page was copied from MemtableSSTable
- ## ReSync translation to MemtableSStable#16  2011/03/22
  
  == Overview ==
  Cassandraの書き込みはまずコミットログ([[Durability|CommitLog]])に対して行われます。そして!ColumnFamilyごとにMemtableと呼ばれる構造体に対して書き込まれます。Memtableは基本的にキーで参照可能なデータ行のライトバックキャッシュです。つまりライトスルーキャッシュと違ってSSTableとしてディスクに書き込まれる前に、Memtableが一杯になるまで書き込まれます。
@@ -22, +21 @@

  
  コンパクションによって廃棄されたSSTableはJVMがGCを行う際に非同期に削除されます。必要に応じてjconsoleからGCを実行できますが、Cassandraはディスク容量が少なくなってきたのを検知すると自動でGCを実施します。また、GCが行われずに再起動した時のために、起動時に削除されるよう廃棄されるはずのSSTableにコンパクションの印を追加しておきます。
  
- CFStoreMBeanはSSTableが使用している領域に関して、getLiveDiskSpaceUsed(廃棄されていないファイルのみ含む)とgetTotalDiskSpaceUsed(すべてを含む)の操作を公開しています。
+ ColumnFamilyStoreMBeanはSSTableが使用している領域に関して、getLiveDiskSpaceUsed(廃棄されていないファイルのみ含む)とgetTotalDiskSpaceUsed(すべてを含む)の操作を公開しています。
  
  (Memtable/SStableの高レベルな設計と名前は、[[http://labs.google.com/papers/bigtable.html|GoogleのBigtableに関する論文]]のセクション5.3と5.4を参考にしています。ただしコンパクション周りの用語は若干異なります。)
  

Mime
View raw message