cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Update of "Operations_JP" by MakiWatanabe
Date Fri, 11 Mar 2011 15:37:13 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "Operations_JP" page has been changed by MakiWatanabe.
http://wiki.apache.org/cassandra/Operations_JP?action=diff&rev1=100&rev2=101

--------------------------------------------------

  
  === nodetool repairの頻度 ===
  
- あなたのアプリケーションが削除をまったく行わないのでない限り、本番環境のクラスタのすべてのノードで定期的に`nodetool
repair`を実行することは不可欠です。repairの実行間隔の上限はGCGraceSecondsの設定値によって決まります([[DistributedDeletes|DistributedDelete]]
参照)。削除指示されたデータについて「削除の喪失」が発生しないようにするためには、すべてのノードでGCGraceSecondsで指定された期間の間に確実にrepairを実施する必要があります。
+ あなたのアプリケーションが削除をまったく行わないのでない限り、本番環境のクラスタのすべてのノードで定期的に`nodetool
repair`を実行することは不可欠です。repairの実行間隔の上限はGCGraceSecondsの設定値によって決まります([[DistributedDeletes_JP|DistributedDelete]]
参照)。削除指示されたデータについて「削除の喪失」が発生しないようにするためには、すべてのノードでGCGraceSecondsで指定された期間の間に確実にrepairを実施する必要があります。
  
  repairの実行スケジュールはよく検討してください。repairに関与するノードでは余分のdiskおよびCPU消費が発生するので、一般的にはrepairの実施を時間的に分散するのが良いでしょう。これによりrepairが多くのノードで同時に実行される可能性を減らすことができます。
  
  ==== GCGraceSeconds以内にnodetool repairが実施されなかった場合の対処 ====
  
- GCGraceSecondsが経過するまでに`nodetool repair`が一度も実行されない場合、「削除の喪失」が発生する可能性があります
([[DistributedDeletes]]参照)。
+ GCGraceSecondsが経過するまでに`nodetool repair`が一度も実行されない場合、「削除の喪失」が発生する可能性があります
([[DistributedDeletes_JP|DistributedDelete]]参照)。
  このようなケースでは、削除したはずのデータが再び現れる可能性に加えて、複数のレプリカノードから返される値に不整合が発生するかもしれません。このような不整合はread
repairや`nodetool repair`では解消されません。後者の問題については[[https://issues.apache.org/jira/browse/CASSANDRA-1316|CASSANDRA-1316]]に詳説されています。
  
  このシナリオが発生した場合の対処として少なくとも3つの方法が考えられます。

Mime
View raw message