cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Update of "Operations_JP" by MakiWatanabe
Date Sun, 20 Feb 2011 14:57:15 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "Operations_JP" page has been changed by MakiWatanabe.
The comment on this change is: Translation to Japanese completed.
http://wiki.apache.org/cassandra/Operations_JP?action=diff&rev1=95&rev2=96

--------------------------------------------------

  注意: バージョン0.7より、json2sstableとsstable2jsonはschemaをsystem tableからロードできるような環境で実行する必要があります。これはcassandra.yamlファイルがclasspath上に存在し、適切なストレージディレクトリを参照するように構成されていることを意味します。
  
  == 監視 ==
+ Cassandraは内部の統計情報をJMXデータとして公開しています。これはJVMの世界では一般的です。程度に差はあるもののOpenNMS、Nagios、MuninでJMXがサポートされています。JMXインターフェースの仕様はJmxInterfaceで解説されています。
- Cassandraは内部の統計情報をJMXデータとして公開しています。これはJVMの世界では一般的です。OpenNMS、Nagios
- Cassandra exposes internal metrics as JMX data.  This is a common standard in the JVM world;
OpenNMS, Nagios, and Munin at least offer some level of JMX support. The specifics of the
JMX Interface are documented at JmxInterface.
  
- Running `nodetool cfstats` can provide an overview of each Column Family, and important
metrics to graph your cluster. Some folks prefer having to deal with non-jmx clients, there
is a JMX-to-REST bridge available at http://code.google.com/p/polarrose-jmx-rest-bridge/
+ `nodetool cfstats`を実行するとカラムファミリごとの概略とクラスタの状態を示す主要な統計情報を取得できます。JMX以外のクライアントを使いたい場合には、JMXからRESTへのブリッジが利用可能です。http://code.google.com/p/polarrose-jmx-rest-bridge/
  
- Important metrics to watch on a per-Column Family basis would be: '''Read Count, Read Latency,
Write Count and Write Latency'''. '''Pending Tasks''' tell you if things are backing up. These
metrics can also be exposed using any JMX client such as `jconsole`.  (See also [[http://simplygenius.com/2010/08/jconsole-via-socks-ssh-tunnel.html]]
for how to proxy JConsole to firewalled machines.)
+ カラムファミリ単位の主要統計情報には次のような情報が含まれます:
'''Read Count、Read Latency、Write Count、Write Latency'''
+ '''Pending Tasks'''を見ると滞留しているタスクを知ることができます。これらの統計情報は`jconsole`のようなJMXクライアントでも確認できます。(JConsoleをファイアウォールの背後のマシンにプロキシするためには
[[http://simplygenius.com/2010/08/jconsole-via-socks-ssh-tunnel.html]]を参照して下さい。)
  
- You can also use jconsole, and the MBeans tab to look at PendingTasks for thread pools.
If you see one particular thread backing up, this can give you an indication of a problem.
One example would be ROW-MUTATION-STAGE indicating that write requests are arriving faster
than they can be handled. A more subtle example is the FLUSH stages: if these start backing
up, cassandra is accepting writes into memory fast enough, but the sort-and-write-to-disk
stages are falling behind.
+ スレッドプールのPendingTaskはconsoleのMBeansタブでも確認できます。もし特定のスレッドが滞留している場合、何か問題が発生している可能性があります。例えばROW-MUTATION-STAGEで滞留している場合、流入するwriteリクエストが多すぎて処理が追いついていないことを示します。より精妙な例はFLUSHステージです。FLUSHステージで滞留が発生している場合、Cassandraはwriteを十分に速くメモリに読み込んでいますが、ソート・ディスクへの書き込みで遅延が発生していることを示しています。
  
- If you are seeing a lot of tasks being built up, your hardware or configuration tuning is
probably the bottleneck.
+ 大量のタスクが滞留しているなら、おそらくハードウェアかパラメータチューニングがボトルネックです。
  
- Running `nodetool tpstats` will dump all of those threads to console if you don't want to
use jconsole. Example:
+ jconsoleを使いたくないのであれば、`nodetool tpstats`を実行することですべてのスレッドをダンプ出力できます。
  
+ 例:
  {{{
  Pool Name                    Active   Pending      Completed
  FILEUTILS-DELETE-POOL             0         0            119
@@ -248, +249 @@

  HINTED-HANDOFF-POOL               0         0            154
  }}}
  
- == Monitoring with MX4J ==
- mx4j provides an HTML and HTTP interface to JMX. Starting from version 0.7.0 cassandra lets
you hook up mx4j very easily.
- To enable mx4j on a Cassandra node:
-  * Download mx4j-tools.jar from http://mx4j.sourceforge.net/
-  * Add mx4j-tools.jar to the classpath (e.g. under lib/)
-  * Start cassandra
-  * In the log you should see a message such as Http``Atapter started on port 8081
-  * To choose a different port (8081 is the default) or a different listen address (0.0.0.0
is not the default) edit conf/cassandra-env.sh and uncomment #MX4J_ADDRESS="-Dmx4jaddress=0.0.0.0"
and #MX4J_PORT="-Dmx4jport=8081"
+ == MX4Jによる監視 ==
+ mx4jはJMXへのHTMLおよびHTTPインターフェースを提供します。Cassandra
0.7.0よりmx4jをより簡単に統合できます。
+ Cassandraノードでmx4jを有効にする手順は次の通りです:
+  * http://mx4j.sourceforge.net/ から mx4j-tools.jar をダウンロードします。
+  * mx4j-tools.jar をclasspathに追加します。(lib/ の下など)
+  * Cassandraを起動します。
+  * ログにHttp``Atapter started on port 8081のようなメッセージが出力されていることを確認します。
+  * 標準ポート(8081)以外のポートや、標準アドレス(0.0.0.0)以外でlistenしたい場合はconf/cassandra-env.shを編集し、#MX4J_ADDRESS="-Dmx4jaddress=0.0.0.0"
and #MX4J_PORT="-Dmx4jport=8081" がコメントアウトされている部分を戻して下さい。
  
- Now browse to http://cassandra:8081/ and use the HTML interface.
+ http://cassandra:8081/ にアクセスすればHTMLインターフェースが使用できます。
  
- If you want XML then add &template=identity to the end of any URL, e.g. http://cassandra:8081/?&template=identity
+ XMLが必要ならURLの最後に&template=identityを追加して下さい。(例:
http://cassandra:8081/?&template=identity )
  
- For more details see https://issues.apache.org/jira/browse/CASSANDRA-1068
+ 詳細は次のURLを参照して下さい。 https://issues.apache.org/jira/browse/CASSANDRA-1068
  

Mime
View raw message