cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Trivial Update of "StorageConfiguration_JP" by MakiWatanabe
Date Thu, 10 Feb 2011 03:47:04 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "StorageConfiguration_JP" page has been changed by MakiWatanabe.
http://wiki.apache.org/cassandra/StorageConfiguration_JP?action=diff&rev1=75&rev2=76

--------------------------------------------------

   OrderPreservingPartitionerを使用した場合キーはリング上の配置を決定します。この構成の欠点は、仮に行がシーケンシャルなキーで挿入された場合、すべてのトラフィックが同じノードに集中するということです。
  
   || プロパティ名 || デフォルト値 ||
-  || `partitioner ` || `org.apache.cassandra.dht.RandomPartitioner` ||
+  || `partitioner` || `org.apache.cassandra.dht.RandomPartitioner` ||
  
   負荷の均等分散を保証したい場合は、トークンを明示的に指定することをお勧めします。
  
   * '''seeds'''
  
- Never use a node's own address as a seed if you are bootstrapping it by setting autobootstrap
to true!
+  autobootstrapをtrueに設定してブートストラッピングを行う場合は、絶対に自ノードのアドレスをseedsに設定しないように注意してください!
  
   * '''thrift_framed_transport_size_in_mb'''
  
- Setting this to '0' is how to denote using unframed (Buffered) transport, and a nonzero
value for framed transport.
+  この値を0以外に設定するとThriftにおいてframedトランスポートを使用することを意味します。0に設定するとunframedトランスポートを使用します。
  
- Default is: '15' mb.
+  || プロパティ名 || デフォルト値 ||
+  || `thrift_framed_transport_size_in_mb` || `15` ||
  
- == per-Keyspace Settings ==
+ 
+ == Keyspace単位の設定 ==
   * '''name'''
  
- Required field. Will not allow you to use dashes.
+  Keyspace名を指定する必須フィールドです。ダッシュ(-)を使用することはできません。
  
-  * '''replica_placement_strategy''' and '''replication_factor'''
+  * '''replica_placement_strategy'''、'''replication_factor'''
  
- Strategy: Setting this to the class that implements {{{IReplicaPlacementStrategy}}} will
change the way the node picker works. Out of the box, Cassandra provides {{{org.apache.cassandra.locator.RackUnawareStrategy}}}
and {{{org.apache.cassandra.locator.RackAwareStrategy}}} (place one replica in a different
datacenter, and the others on different racks in the same one.)
+  '''replica_placement_strategy''': {{{IReplicaPlacementStrategy}}}を実装したクラスを指定することによりレプリケーションノードの選択方法を変えることができます。標準では{{{org.apache.cassandra.locator.RackUnawareStrategy}}}と
{{{org.apache.cassandra.locator.RackAwareStrategy}}}を用意しています。{{{org.apache.cassandra.locator.RackAwareStrategy}}}を使用すると一つのレプリカは他のデータセンターのノードが使用され、その他のレプリカは同じデータセンター内の別のラックのノードを使用します。
  
- Note that the replication factor (RF) is the ''total'' number of nodes onto which the data
will be placed.  So, a replication factor of 1 means that only 1 node will have the data.
 It does '''not''' mean that one ''other'' node will have the data.
+  '''replication_factor''': レプリケーションファクタ(RF)はデータを配置するノード数の合計であることに注意してください。つまり、RFが1の場合はデータは1つのノードにしか保存されません。RFは「レプリケーション先」のノード数を意味しているわけではありません。RFには2以上を指定することを強くお勧めします。有効なノード数は(合計ノード数
/ RF)であることに注意してください。
  
- Defaults are: 'org.apache.cassandra.locator.RackUnawareStrategy' and '1'. RF of at least
2 is highly recommended, keeping in mind that your effective number of nodes is (N total nodes
/ RF).
+  || プロパティ名 || デフォルト値 ||
+  || `replica_placement_strategy` || `org.apache.cassandra.locator.RackUnawareStrategy` ||
+  || `replication_factor` || `1` ||
  
- == per-ColumnFamily Settings ==
+ 
+ == カラムファミリ単位の設定 ==
-  * '''comment''' and '''name'''
+  * '''comment'''、'''name'''
  
- You can describe a ColumnFamily in plain text by setting these properties.
+  これらのプロパティを設定するとカラムファミリをプレーンテキストでdescribeできます。
  
   * '''compare_with'''
  
- The {{{CompareWith}}} attribute tells Cassandra how to sort the columns for slicing operations.
 The default is {{{BytesType}}}, which is a straightforward lexical comparison of the bytes
in each column. Other options are {{{AsciiType}}}, {{{UTF8Type}}}, {{{LexicalUUIDType}}},
{{{TimeUUIDType}}}, and {{{LongType}}}.  You can also specify the fully-qualified class name
to a class of your choice extending {{{org.apache.cassandra.db.marshal.AbstractType}}}.
+  {{{CompareWith}}}属性はカラムをスライシングする際にどのようにソートするかを指定します。標準は{{{BytesType}}}であり、それぞれのカラムをバイト値で比較します。他には{{{AsciiType}}}、{{{UTF8Type}}}、{{{LexicalUUIDType}}}、{{{TimeUUIDType}}}、{{{LongType}}}から選択できます。{{{org.apache.cassandra.db.marshal.AbstractType}}}から派生させたクラスを指定することでカスタムのソート順序を指定することもできます。
  
-  a. {{{SuperColumns}}} have a similar {{{CompareSubcolumnsWith}}} attribute.
-  a. {{{BytesType}}}: Simple sort by byte value.  No validation is performed.
-  a. {{{AsciiType}}}: Like {{{BytesType}}}, but validates that the input can be parsed as
US-ASCII.
-  a. {{{UTF8Type}}}: A string encoded as UTF8
+   a. {{{SuperColumns}}}には類似の{{{CompareSubcolumnsWith}}}属性があります。
+   a. {{{BytesType}}}: バイト値による単純なソートです。バリデーションは行いません。
+   a. {{{AsciiType}}}: {{{BytesType}}}と似ていますが、入力がUS-ASCIIかバリデートします。
+   a. {{{UTF8Type}}}: UTF8でエンコードされた文字列としてソートします。
-  a. {{{LongType}}}: A 64bit long
+   a. {{{LongType}}}: 64bit long値としてソートします。
-  a. {{{LexicalUUIDType}}}: A 128bit UUID, compared lexically (by byte value)
-  a. {{{TimeUUIDType}}}: a 128bit version 1 UUID, compared by timestamp
+   a. {{{LexicalUUIDType}}}: 128bit UUIDとして、レキシカルにソートします。
+   a. {{{TimeUUIDType}}}: 128bit version 1 UUIDとして、タイムスタンプとしてソートします。
  
- These are currently the same types used for validators.
+  バリデータとして同じタイプが使用されます。
  
   * '''default_validation_class'''
  
- Used in conjunction with the validation_class property in the per-column settings to guarantee
the type of a column value.
+  カラム単位の設定におけるvalidation_classプロパティと組み合わせて、カラム値のデータタイプをバリデートします。
  
- Default is: 'BytesType', a no-op.
+  || プロパティ名 || デフォルト値 ||
+  || `default_validation_class` || `BytesType` (何もしません)||
  
   * '''gc_grace_seconds'''
  

Mime
View raw message