cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Trivial Update of "HintedHandoff_JP" by MakiWatanabe
Date Sat, 05 Feb 2011 07:35:09 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "HintedHandoff_JP" page has been changed by MakiWatanabe.
http://wiki.apache.org/cassandra/HintedHandoff_JP?action=diff&rev1=11&rev2=12

--------------------------------------------------

  
  If a write is made and a replica node for the key is down, Cassandra will write a hint to
a live replica node indicating that the write needs to be replayed to the unavailable node.
If no replica nodes are alive for this key and ConsistencyLevel.ANY was specified, the coordinating
node will write the hint locally. Cassandra uses hinted handoff as a way to (1) reduce the
time required for a temporarily failed node to become consistent again with live ones and
(2) provide extreme write availability when consistency is not required.
  
- Writeの際にそのキーを担当するレプリカノードの一つが停止していた場合、Cassandraはヒント情報を稼働しているレプリカノードの一つに保存します。ヒント情報は障害中のノードに対して当該の書き込みを再実行する必要があることを示します。そのキーに対して稼働中のレプリカノードが一つも存在せず、かつConsitencyLevel.ANYが指定されている場合、コーディネーティングノードはヒントをローカルに保存します。この機構をHinted
Handoffと呼びます。
+ Writeの際にそのキーを担当するレプリカノードの一つが停止していた場合、Cassandraはヒント情報を稼働しているレプリカノードの一つに保存します。ヒント情報は障害中のノードに対して当該の書き込みを再実行する必要があることを示します。この機構をHinted
Handoffと呼びます。あるキーに対して稼働中のレプリカノードが一つも存在せず、かつConsitencyLevel.ANYが指定されている場合、コーディネーティングノードは自ノードにヒントを保存します。
  CassandraはHinted Handoffを次の目的で使用しています。
  
   1. 一時的障害により他のレプリカとの一貫性を失ったノードが稼働中のレプリカと再同期するのに必要な時間を短縮する

Mime
View raw message