cassandra-commits mailing list archives

Site index · List index
Message view « Date » · « Thread »
Top « Date » · « Thread »
From Apache Wiki <wikidi...@apache.org>
Subject [Cassandra Wiki] Trivial Update of "CassandraHardware_JP" by yukim
Date Thu, 01 Apr 2010 13:33:38 GMT
Dear Wiki user,

You have subscribed to a wiki page or wiki category on "Cassandra Wiki" for change notification.

The "CassandraHardware_JP" page has been changed by yukim.
http://wiki.apache.org/cassandra/CassandraHardware_JP?action=diff&rev1=14&rev2=15

--------------------------------------------------

  ## page was copied from CassandraHardware
  === メモリ ===
- 最新の書き込みデータはメモリ内のテーブル([[MemtableThresholds|Memtable]])に存在します。しかしディスクに書き出された古いデータはOSのファイルシステムキャッシュに格納されます。言い換えると
''メモリは多ければ多い程良く''、仮想化環境では最低でも1GBを推奨します。もちろん最新のデータセットに必要なRAM以上を用意するのは無駄ですが、専用ハードウェアにおいては4GB以下で使用する理由はありません。ハイエンドの構成では、16もしくは32GB以上のノードで構成されるクラスタが存在します。
+ 最新の書き込みデータはメモリ内のテーブル([[MemtableThresholds_JP|Memtable]])に存在します。しかしディスクに書き出された古いデータはOSのファイルシステムキャッシュに格納されます。言い換えると
''メモリは多ければ多い程良く''、仮想化環境では最低でも1GBを推奨します。もちろん最新のデータセットに必要なRAM以上を用意するのは無駄ですが、専用ハードウェアにおいては4GB以下で使用する理由はありません。ハイエンドの構成では、16もしくは32GB以上のノードで構成されるクラスタが存在します。
  
  RAMはキーキャッシュ(0.5で導入)や、行キャッシュ(0.6で導入)にも役立ちます。
  
@@ -19, +19 @@

  
  まとめると、`CommitLogDirectory`に異なるデバイスを使用する場合、そのディスク容量は多い必要はありませんが、すべての書き込み(アペンド)要求(すなわちシーケンシャルI/O)を受け取れるよう十分速くなければなりません。そして`DataFileDirectories`に複数のディスクを使用します。それらのディスクにはすべてのデータを保持できるだけの十分な容量で、かつメモリにキャッシュされていないデータの読み込みと、SSTableへの書き出し、コンパクションという書き込みの両方を満たせるだけの十分な速度が必要です。
  
- [[MemtableSSTable]]で述べているように、コンパクションは最悪の場合、一時的にひとつのボリューム(つまりデータディレクトリ)に対して最大そのデータと同じだけの空き領域を要求します。したがってディスクキャパシティが50%以下に近づいている場合、データディレクトリのボリュームをRAID0にすべきです。
B. Todd Burruss はメーリングリストで「Cassandraや他のデータベース製品のファイルサイズについて語るとき、[RAIDの]ストライプサイズは関係ないように見える。私の場合は128kに設定しているが、16kや256kに設定しても同じ結果だった。」とコメントしています。
+ [[MemtableSSTable_JP|MemtableSSTable]]で述べているように、コンパクションは最悪の場合、一時的にひとつのボリューム(つまりデータディレクトリ)に対して最大そのデータと同じだけの空き領域を要求します。したがってディスクキャパシティが50%以下に近づいている場合、データディレクトリのボリュームをRAID0にすべきです。
B. Todd Burruss はメーリングリストで「Cassandraや他のデータベース製品のファイルサイズについて語るとき、[RAIDの]ストライプサイズは関係ないように見える。私の場合は128kに設定しているが、16kや256kに設定しても同じ結果だった。」とコメントしています。
  
  ext2/ext3では、64bit環境でも最大ファイルサイズが2TBです。ext4ではそれが16TBになります。Cassandraは1つのファイルでディスクスペースの半分を占めることもあるため、容量の大きいディスクでRAIDを組んでいる場合はXFSを使用した方がよいでしょう。特に32bitカーネルを使用している場合はそうです。XFSのファイルサイズ制限は32bitカーネルで最大16TB、64bitでは基本的に無制限です。
  

Mime
View raw message